オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベもどきを置いていきます。

美人タヌキの水難騒ぎ/2 妖魔版

 
美人タヌキの水難騒ぎ2 妖魔版
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
ろい
 
 「はっはっはっ、そうですか」
 「いえいえまったくで・・・」
 定期船船内に備え付けられた少ししゃれた白い机と椅子、そこにはつるがあしらわれた模様の向かい合ったそれに座り、私と老紳士は笑う、
 その老紳士は、紳士的という言葉が似合う好々爺で、頭に黒く縁の丸い帽子をかぶり、体に黒い背広をはおり、中に白い烏賊胸の正装衣を来て、首元を赤い紳士たいで決め、その顔は白いひげを蓄えており優しげだ、
 この椅子に座って窓から外を眺めていたところ、正面の席に座ってきて、暇なので話し掛けたところ、すっかり意気投合してしまった、
 「互いに古い友人に会いに行くとは、これも縁ですかな?」
 「あはは、良縁だといいですね」
 何でも、故郷に帰るついでに友人に会うのだそう、故郷に直近な家族はもういないが、甥はいるし、その友人から見せたいものがあると連絡を受け、楽しみにしているらしい、
 「そういえば、聞いたことがありますかな?」
 「ん、なんです?」
 聞いたことがありかと言われても、その内容を聞かないことにはいかんともしがたい、
 私がこう返したのもごく自然な事だろう
 「ここ近年、この辺りの海域の船が沈没事故に見舞われているとか」
 「ほほお」
 ずいぶん興味深い話だ、人間だけでなく、空の飛べない狸の妖怪も人や荷物に化けて船に乗る、軽い川ぐらいなら泳げばどうにかなるが、さすがに海ともなるとねぇ・・・
 ん?乗り賃の心配をしておる?無賃乗船じゃないかって?まぁ、葉っぱの金は偽札見破り技術の進歩で使えなくなってきたものの、
 何せ狸は化けることができる、人間社会に入り込み、ある程度働けば、金などすぐに入ってくるのだ、私の様に、な、
 この点、鬼や雪女とは違う、なんせ、奴らは力だけが取り柄だったり冬の雪山にしかあらわれなかったりする、
 上位の奴らになればさすがに人に化けることも出来るようになるものの、下位の奴らは結局、辺境の地に追いやられておる、
 上位の奴らも下位の奴らを守るためにそいつらと一緒に引きこもることを余儀なくされておるのだ、いやぁ、哀れ哀れ、
 戸籍?そんなもん、公務員に就職した仲間がちょいちょいと、とと、これ以上は漏らせんわ
 「どうかしましたか?」
 「あ、いや、なんでもないです、少し考え事を・・・」
 いかんいかん、話の最中じゃったわ
 「ふむ・・・で、さっきの話ですが」
 「船が最近沈没してるという話でしたね?」
 老紳士がかすかに首を縦に振った
 「そう、何でも定期的に船が沈没しているとか・・・」
 「それはそれは物騒な話ですね、この船が沈没したら敵いません」
 と、思わず右手で右目を覆い、両目閉じて悩むふりを取ってしまった
 「いえいえ、大丈夫ですよ」
 その言葉に指の隙間から開けた目をのぞかせ眼光鋭く
 「論拠は・・・?」
 放てた、と思う発言に老紳士が朗らかに笑う
 「あっはっはっ!なぁに、電話で聞いた話だと、どうやら、島から出て行く船ばかりが沈没しているようで、出版社にいたころなら本の種の一つにでもしたのですがな」
 「へぇ、出版社にお勤めで?」
 姿勢を戻し、改めて老紳士と向かい合う
 「ええ、ずいぶん前の話で、私を頼ってくる人間もいなくなってしまったのですがな」
 「なるほど・・・、ま、島に向かうこの船が沈むことは無いと」
 「そうですな、もっとも、島から出られなくなるかもしれませんが・・・いや、こんな美女と一緒なら、島に閉じ込められるのもいいかもしれませんな」
 「あはは、お世辞を」
 「いえいえ、はっはっはっ!」
 ん・・・?
 いきなり感じた違和感、これは、何か物理的な違和感ではない、もっとこう、第六感的な・・・
 「どうしましたか」
 大破砕音
 いきなり聞こえた大きな音とともに伝わった地響きと共にあたりが大きく揺れる
 いや、地面の上にいるんじゃないから地響きではない、って言ってる場合じゃない
 老紳士が慌てて辺りを見回し始める
 「一体どうしたんじゃ!?」
 「落ち着いて、こういった場合は冷静に対処を」するべきだ
 言いかけて、絶望とも呼べるものが目に写った、向こうの通路から通路を覆い尽くすほどの大量の水が迫ってきていたからだ、
 私と老紳士はあっけなくその水に巻き込まれ、
 「ぬわぁあああ!」
 「ぐわぁあああ!」
 老紳士が全く別の方向に流れて行くのを見て手を伸ばすも、
 その手は届くことは無く、
 いつの間にか意識も海の底へと沈んで行った・・・
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 f:id:OirenW:20180612132002p:plain

 

 f:id:OirenW:20180612132633p:plain

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com