バハムートの焼肉@オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベを置いていきます。

オリジネイト番外 オリジネイト・ヘッドリオ/2

オリジネイト番外 オリジネイト・ヘッドリオ 2
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

 
第2話 対決!炎の怪人!!
 
 「お前の頭じゃ、勝てないぜ!!」
 「寄越せ!!」
 私の方に怪物が向かって来る、だけど!
 「ふん!!」
 振り上げる右足の一撃で吹っ飛び転がる怪物
 やはりこの程度・・・魔石から出来た怪物ではなぁ!!
 気配から察することの出来た正体、
 「この!」
 立ち上がってくるが
 「ダイナソーフレイム!」
 右手の恐竜から吹かれる炎に、怪物は大きく怯む!
 「ぐぉおおお!」
 さらに!
 右拳から「がっ!」怪物の怯み声が聞こえつつの連撃!!回し蹴り「ぐっ」左ストレートにつなげる!
 「がはっ!このぉ!」
 胸元に両手を合わせかざし体中の血管のような場所に炎を巡らせ大きな焔色の弾を形成し、こちらに放り投げる!?
 だけど、このエネルギー量とスピードじゃ!
 右の頭で挟み受け止め
 「返すぜ!」
 投げ返す!
 それを怪物はもろに喰らう!
 「がはっ!」
 そろそろ行くか!
 額の魔石を押す!
 ワオーッ!ワオーッ!ワオーッ!ワオーッ!・・・
 この警告音から、さらに額の魔石を押す!
 「ジェラシックブレイク!!」
 怪物に向かって走り込み歯の間から漏れる炎に包まれる恐竜の頭を全速力で怪物に叩き込んでいく!!
 「はぁああああ!!はあ!!」
 「が・・・ぐわぁああああ!!」
 怪物が爆散し、爆散した怪物が再び収束、赤く、一点の地から幾つも生える水晶のような形の魔石へと変わる!!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

オリジネイト番外 オリジネイト・ヘッドリオ/1 妖魔版

オリジネイト番外 オリジネイト・ヘッドリオ 1 妖魔版
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

 
第1話 ブレイズ・ダイナソー
 
 「あ~おねぇちゃん腕に何つけてるの~?」
 「ガブガブ~」
 半袖半ズボンの幼い男の子に対して腕に付けた黄色いキツネ系の肉食動物の顔型のパペットの口を開閉させ遊ぶ
 「わ~」
 子供がふざけて頭を抱えるふりをした後、触ってこようとする、
 私は慌ててパペットを下げ
 「ダメよ~これおねぇさんの商売道具なの、歯がものすごく鋭いのよ」
 男の子が無邪気に私を見上げる
 「そうなの~?おねぇさんの仕事は何~?」
 「おねぇさんはね、彫刻士をしてるの~ここに彫刻を売りに来たのよ~」
 白いスカートと青く長い髪を翻し、中央に噴水などある大きな石煉瓦造りの街の広場の少し中央から離れた場所で、ウエストバッグから布と商品の彫像を取り出しながら布を敷いて床に座り
 彫刻を並べ売り始める、
 「いらっしゃ~い!腕によりをかけた逸品だよ~!!」
 犬や猫などを模したもので、旅で持ち運ぶために細かい装飾は無いが、額にとあるものを埋め込んでおり、雀の涙ほどだが置いた場所の周りの人の生命力なんかを増強してくれる代物だ、
 「匂う、匂うぞ~魔石の匂いだぁ~」
 不気味な声が聞こえたと思ったら、突如上より何かが降り注ぎ、私の前に立つ!?
 それは、漆黒の筋肉質の人型だが岩のような身体、口には鋭い牙、頭の上両側からねじりまがった角が生えている・・・
 そして、周りに恐怖を生む強烈な魔力・・・
 明らかに怪物と呼ぶべき存在である、それが、私の方に来て、商品を見降ろす、
 私は反対にそれを見上げ
 「お金を払ってくれるんなら怪物にだって売るけど?」
 既に周りの人は退避し始めている、この魔力のせいだろう、人に恐怖を与える魔法に似た魔力を常に放出している、と言っていい、
 怪物は見下ろしたまま
 「断る・・・全て寄こせっ!!」
 私は慌てて商品たちをウェストバッグに仕舞い、怪物に対峙する!
 「残念だけど、強盗行為はお断りよっ!!」
 パペットで怪物の体を噛みちぎり取る!!
 「ぐわっ!!!」
 そして、パペットの口を咀嚼させ、中から石を吐き出させ右手に取る、
 石・・・宝石のような・・・赤い丸ーい魔石だ・・・
 私はパペットの首上のスイッチを押してパペットの額の蓋を開け、魔石をぴったり入れられる穴を出し、
 ワオーッ!ワオーッ!ワオーッ!ワオーッ!・・・
 パペットから鳴り響く獣の唸り声のような警告音が鳴る中でパペットの額に魔石を入れてふたを閉め、魔石を押す!
 「変身」
 グワーーーーーーーー-オッ!!
 獣の吠え声と共に全身が炎とともに変わる、
 体格、筋骨的に男性に近いほどに強く大きくなり、声も野太く中性的に手先や足先まで包む長袖長ズボンの黒い全身インナーに赤い目の様な形状の宝石の付いた頭全てを包む黒いヘッドギア、
 それに炎のような意図のパーツが胸部、頭、頬、両肩、腰、足先から長ブーツのように、左手にガントレットの様に付き、
 パペットが炎宿す肉食恐竜のティラノの顔のようになる・・・
 「ブレイズ・ダイナソ~♪!ブレイズダイナソー!!」
 
燃やし尽くすぜ!!
 魔の匂いがするなぁ・・・
 そこかぁ!!
 
炎の怪人 フレイムバンチャー オリジネイト・ヘッドリオ
M モンスター
使役1          第一効果
魔力1100       ☆1次の戦闘にこのモンスターと
無機・火属性       魔力0以下の相手のモンスターが参加する時』
効果           次の戦闘に参加する相手のモンスターを
戦闘前          相手の山札の一番上に戻す
自任意
時限無し
                   ☆1・条主対象:☆を全て指定すること
                     ★0・以外:★を全て指定すること
 
炎の魔石により変身!!
 炎と恐竜のハイブリッド!!
 この力で・・・皆を守る!!
 
ヘッドリオ ブレイズ・ダイナソー オリジネイト・ヘッドリオ
M モンスター
賃金1          第一効果
生命力900       ☆1次の戦闘にこのモンスターと
哺乳・火属性       相手のモンスターが参加する時』
効果           次の戦闘に参加する相手のモンスターの
戦闘前          生命力を300下げる
自任意
次の戦闘終了まで
                   ☆1・条主対象:☆を全て指定すること
                     ★0・以外:★を全て指定すること
 
はっはっは!吹っ飛ばす!!
 はぁああああ!!
 
怪人タックル! オリジネイト・ヘッドリオ
R リサイクル
使役0          第一効果
スピリット・火属性    ☆1次の戦闘に参加する自分のモンスター』
効果           ☆2次の戦闘に参加する相手のモンスター』
戦闘前          次の戦闘に参加する自分のモンスターの
自任意          生命力を300上げ、☆1が
次の戦闘終了時まで    名前に怪人と入っていた時
             さらに☆2の生命力を200下げる
                   ☆2・条主対象:☆を全て指定すること
                     ★0・以外:★を全て指定すること
 
心を燃やし
 その熱気で突き進む!!
 
オリジネイトフレイムマインド オリジネイト・ヘッドリオ
R リサイクル
賃金0          第一効果
スピリット・火属性    ☆1次の戦闘に参加する自分のモンスター』
効果           の生命力を400上げる
戦闘前          ☆1が名前にオリジネイトが入っていた時、
自任意          いずれかを持っていた時、
次の戦闘終了時まで    さらに☆1の生命力を200上げる
                   ☆1・条主対象:☆を全て指定すること
                     ★0・以外:★を全て指定すること
 
怪人群         VS リオ
炎の怪人           ヘッドリオ
フレイムバンチャー      ブレイズ・ダイナソー
オリジネイト・ヘッドリオ   オリジネイト・ヘッドリオ
使役1            賃金1
魔力1000         生命力900
無機・火属性         哺乳・火属性
戦闘前            戦闘前
☆1             ☆1
裏:0表:1         裏:0表:1
 
炎の怪人        VS ヘッドリオ
フレイムバンチャー      ブレイズ・ダイナソー
オリジネイト・ヘッドリオ   オリジネイト・ヘッドリオ
使役1            賃金1
魔力1000         生命力900
無機・火属性         哺乳・火属性
戦闘前            戦闘前
☆1             ☆1
 
ヘッドリオ ブレイズ・ダイナソー オリジネイト・ヘッドリオ
M モンスター
賃金1          第一効果
生命力900       ☆1次の戦闘にこのモンスターと
哺乳・火属性       相手のモンスターが参加する時』
効果           次の戦闘に参加する相手のモンスターの
戦闘前          生命力を300下げる
自任意
次の戦闘終了まで
                   ☆1・条主対象:☆を全て指定すること
                     ★0・以外:★を全て指定すること
 
炎の怪人        VS ヘッドリオ
フレイムバンチャー      ブレイズ・ダイナソー
オリジネイト・ヘッドリオ   オリジネイト・ヘッドリオ
使役1            賃金1
魔力1000         生命力900+300
-300
計700
無機・火属性         哺乳・火属性
戦闘前            戦闘前
☆1             ☆1
トラッシュ!
 
ええい!負けか!!
 だが、お前も道連れだぁ!!
 
怪人爆炎弾!! オリジネイト・ヘッドリオ
H ハンド
使役0          第一効果
エフェクト・火属性    ☆1この戦闘に参加し相手のモンスターに
効果           勝利、敗北、引き分けた、魔力持ちで
戦闘後          使役を持つモンスター』
自任意          ☆2互いに何のカードも置かれていない場所が
このターンのみ      存在する時』、その場所1つ、自分の方に
             後述のモンスターを使役0扱いで召喚する
             これは時限を過ぎるか場所を移動したとき消滅する
             ・魔力0、効果無しそれ以外は
              このハンドに準拠したモンスター
                   ☆2・条主対象:☆を全て指定すること
                     ★0・以外:★を全て指定すること
 
怪人爆炎弾!!     VS リオ
オリジネイト・ヘッドリオ
使役0
魔力0
エフェクト・火属性
 
怪人爆炎弾!!     VS リオ
オリジネイト・ヘッドリオ   ダメージ
使役0
魔力0
エフェクト・火属性
 
怪人群         VS リオ
山札:29枚         山札:29枚
手札:4枚          手札:5枚
ライフカード:5枚      ライフカード:4枚
チャージゾーン:1枚     チャージゾーン:1枚
トラッシュ:2枚       トラッシュ:0枚
モンスターゾーン       モンスターゾーン
無し             ヘッドリオ
               ブレイズ・ダイナソー
               オリジネイト・ヘッドリオ
               賃金1
               命力900
               哺乳・火属性
               戦闘前
               ☆1
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

オリジネイト番外 オリジネイト・ヘッドリオ/1

オリジネイト番外 オリジネイト・ヘッドリオ 1
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

 
第1話 ブレイズ・ダイナソー
 
 「あ~おねぇちゃん腕に何つけてるの~?」
 「ガブガブ~」
 半袖半ズボンの幼い男の子に対して腕に付けた黄色いキツネ系の肉食動物の顔型のパペットの口を開閉させ遊ぶ
 「わ~」
 子供がふざけて頭を抱えるふりをした後、触ってこようとする、
 私は慌ててパペットを下げ
 「ダメよ~これおねぇさんの商売道具なの、歯がものすごく鋭いのよ」
 男の子が無邪気に私を見上げる
 「そうなの~?おねぇさんの仕事は何~?」
 「おねぇさんはね、彫刻士をしてるの~ここに彫刻を売りに来たのよ~」
 白いスカートと青く長い髪を翻し、中央に噴水などある大きな石煉瓦造りの街の広場の少し中央から離れた場所で、ウエストバッグから布と商品の彫像を取り出しながら布を敷いて床に座り
 彫刻を並べ売り始める、
 「いらっしゃ~い!腕によりをかけた逸品だよ~!!」
 犬や猫などを模したもので、旅で持ち運ぶために細かい装飾は無いが、額にとあるものを埋め込んでおり、雀の涙ほどだが置いた場所の周りの人の生命力なんかを増強してくれる代物だ、
 「匂う、匂うぞ~魔石の匂いだぁ~」
 不気味な声が聞こえたと思ったら、突如上より何かが降り注ぎ、私の前に立つ!?
 それは、漆黒の筋肉質の人型だが岩のような身体、口には鋭い牙、頭の上両側からねじりまがった角が生えている・・・
 そして、周りに恐怖を生む強烈な魔力・・・
 明らかに怪物と呼ぶべき存在である、それが、私の方に来て、商品を見降ろす、
 私は反対にそれを見上げ
 「お金を払ってくれるんなら怪物にだって売るけど?」
 既に周りの人は退避し始めている、この魔力のせいだろう、人に恐怖を与える魔法に似た魔力を常に放出している、と言っていい、
 怪物は見下ろしたまま
 「断る・・・全て寄こせっ!!」
 私は慌てて商品たちをウェストバッグに仕舞い、怪物に対峙する!
 「残念だけど、強盗行為はお断りよっ!!」
 パペットで怪物の体を噛みちぎり取る!!
 「ぐわっ!!!」
 そして、パペットの口を咀嚼させ、中から石を吐き出させ右手に取る、
 石・・・宝石のような・・・赤い丸ーい魔石だ・・・
 私はパペットの首上のスイッチを押してパペットの額の蓋を開け、魔石をぴったり入れられる穴を出し、
 ワオーッ!ワオーッ!ワオーッ!ワオーッ!・・・
 パペットから鳴り響く獣の唸り声のような警告音が鳴る中でパペットの額に魔石を入れてふたを閉め、魔石を押す!
 「変身」
 グワーーーーーーーー-オッ!!
 獣の吠え声と共に全身が炎とともに変わる、
 体格、筋骨的に男性に近いほどに強く大きくなり、声も野太く中性的に手先や足先まで包む長袖長ズボンの黒い全身インナーに赤い目の様な形状の宝石の付いた頭全てを包む黒いヘッドギア、
 それに炎のような意図のパーツが胸部、頭、頬、両肩、腰、足先から長ブーツのように、左手にガントレットの様に付き、
 パペットが炎宿す肉食恐竜のティラノの顔のようになる・・・
 「ブレイズ・ダイナソ~♪!ブレイズダイナソー!!」
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――