オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベを置いていきます。

Demon'Blacksmith Bustle 魔鍛冶師の喧騒/22

Demon'Blacksmith Bustle 魔鍛冶師の喧騒 22
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

f:id:OirenW:20201022213333p:plain
 
 いきなり足元よりねじれた闇が岩のように飛び出してくる!
 まさかこいつ、城そのものを操れるのか?!
 だが、俺は対抗し、プロペラシールドを用いて大ジャンプを敢行!!
 「ぬ・・・」
 思い切り俺を狙って横ぶりされる大剣の上を取りつつ着地し一気に大剣も上を走り込みながらも、
 いきなりねじれた闇を大量に城から生み出し俺の全方向に浮かして俺を狙い、魔神の盾の文字が光ると同時に向かって来る!
 一直線に前に跳びつつ剣の回転切りで岩の第一波を全て弾きつつプロペラシールドで加速!ねじれた闇がが俺のいた場所を狙って連続的に集中して弾かれ、
 正面から来たねじれた闇は袈裟懸けと逆袈裟懸けに斬り弾く!1、2、3、4、5!!
 が、向こうは盾を大きく振り下ろして俺を潰そうとして来る!
 プロペラシールドで真上に大跳躍しつつ、調節し時計回りに上下反転し、盾の上に乗る!
 「何だと!?」
 そこから一気に魔神の背後にまで跳躍!
 「さて、ここからだ・・・!」
 プロペラシールドで魔神の真後ろにまで回り込みながら杖を使い、炎水龍を召喚、そばに侍らせつつさらに銃に全開の魔力を込め、銃弾を撃ち込み、その銃弾ごと俺にまとわせるように、後ろにプロペラシールドを出して推進力とし、
 「必殺・・・四方螺旋!!」
 突き出した剣とその先の銃弾に追従するように炎水龍が螺旋を描き、後ろのプロペラシールドからの風を推進力として、グライダスの体を背より一気に貫いていく!!
 「グワァアアア!!」
 無駄に赤い肉体を突き抜けていくその先で、突如、銃弾が弾かれ飛び、剣に何かが突き刺さる・・・!
 そう、国王の胸にあった・・・賢者の石!
 「さぁ、何が出てくるかな・・・!」
 剣を突き刺したまま槌を思い切り叩きつけていく!!
 「グワァアア!!賢者の石が吸い込まれていく!?」
 出てきたのは、黒い羽と白い羽持つ、長い灰の髪と白い女性と黒い男性の体を左右半分半分に持つ美子
 「何だあんたは?」
 出てきたやつが無為に俺を見下ろし
 「我は、堕天使とでも呼んでもらおう、本来なら、貴様なぞには影すら召喚できぬ存在・・・」
 「じゃあなんで出てきたんだ?やっぱり、賢者の石の恩恵ってやつか?」
 「違う・・・」
 「なに?」
 その堕天使は静かに語る
 「この者たちの意思のため、この戦いを終わらせるほどの力を持つ者を求めた・・・」
 「けっ、それなら神様でも呼んで来ればよかったのに・・・」
 「正しき神なぞ呼べば、この場でお前の罪も裁かれることになろう、それでもよいのか?」
 「へいへい、どうせ俺は清く正しい生き方なぞしてませんよ」
 「貴様・・・ルシファー!我の邪魔をするか!!」
 「どうやら、呼んでるようだぜ、ルシファー様?」
 ルシファー様がため息一つ
 「はぁ、全く、我の気も知らずに・・・いいか、我がこやつを抑える、その間に剣を仕上げておくのだぞ!!」
 「りょーかい」
 すると、ルシファーが、おっと、堕天使が両手を左右に出し、
 「ぬん!!」
 その手からそ光と闇の細い電撃を幾条も出す!!
 「グワァアアア!!」
 その間に槌を叩き続け、とうとう俺の剣は賢者の石を完全に吸収し、その姿を現す・・・
 真っ黒な両刃の黒き刃に螺旋の一陣の刃のような持ち手守り、鍔中央には立法ひし形の紫の宝石が付き、剣もその色のオーラに包まれている・・・
 ううん・・・デザインもいけてるぜ!ま、自画自賛だがな!!
 「おりゃああ!!」
 俺が剣を大きく横ぶりしつつグライダスから血しぶきと共に飛び出し
 「ガァアアアア!!」
 グライダスの前に着地し振り返る、すると、堕天使も俺のそばに、
 俺はグライアスを見たまま
 「おいおい、もう帰っていいんだぜ?」
 「この一撃を放つまでだ」
 「っち、しょうがねぇなぁ・・・」
 俺が剣を振り上げると、堕天使もその手を携え、先より伸びる巨大な黒き闇のエネルギーが噴出する刃を支える・・・
 「これで・・・」
 「これで・・・」
 「終わりだぁあああ!!」
 「終わりだぁあああ!!」
 振り下ろされた剣はグライダスを斬り裂き、同時に光と闇の爆発を引き起こして、この城を吹き飛ばすように崩壊させ、無へと帰していった・・・
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

Demon'Blacksmith Bustle 魔鍛冶師の喧騒/21

Demon'Blacksmith Bustle 魔鍛冶師の喧騒 21
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 f:id:OirenW:20201022213333p:plain
 
 「我は魔神グライダス、三者の意思が融合し生まれた魔神なり・・・」
 現れたのは、降臨を祝うが如くに両腕と羽を振り上げた城から生えた前面を覆う巨大な上半身に羽持つ悪魔が剣と盾持ったような存在、
 筋骨隆々の真っ黒な体に山羊のような二つの角持つ厳つい顔、魔に染まり切った両の赤き瞳、膜持つ両羽根・・・
 それが俺を尊大に見降ろし
 「三つの意思により貴様を倒す・・・」
 「おもしれえ、奴ら全員まとめて葬ってやる・・・!」
 銃を前に出し撃ちまくる!
 向こうは着実に盾で防ぎ、直後に巨大な剣を振り下ろしてくる!
 ・・・攻撃範囲はデカいが遅い!!
 俺に真横に剣を跳び避けつつ銃を打ち込むが、きっちり盾で防いできやがった・・・
 「ならこれは?」
 俺は着地しつつ杖を取り出し、炎水龍を呼び出しグライダスの周りに輪と成させ
 「消えろ・・・」
 炎と水が尾を噛んだそれぞれの龍たちの内部に血管のように内部に張り巡らされ、
 一気に爆発!あたりに水蒸気をまき散らす!!
 さらにおまけだ・・・!
 そのいざこざに紛れ、ありったけ銃をぶっぱなす!
 「うぉおおおお!!」
 これは・・・風!?
 グライダスがその両翼で風を起こして水蒸気を吹き飛ばす!!
 同時に、俺の放った銃弾も・・・
 こいつは・・・
 グライダス厳つき両の眼で俺の方を見下ろし見据えてくる
 「どうした・・・?その程度か・・・?」
 面白い・・・ならそろそろ、
 「スタイリッシュアクション、行きますか!!」
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

Demon'Blacksmith Bustle 魔鍛冶師の喧騒/20

Demon'Blacksmith Bustle 魔鍛冶師の喧騒 20
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 f:id:OirenW:20201022213333p:plain
 
 「ぬぉおおお!!」
 気合の入った声に声を発している爺さんの方を見て見れば、
 力む爺さんの背中から骨と化した悪魔の羽が生えていく・・・
 「爺さん、そんなもん隠し持ってたのか・・・?」
 「既にこの身は人ではない・・・これぐらいはできる・・・」
 「おお!いいねぇ、これで」
 ズドン!
 俺は顔だけこちらに向けて何か吐きつつ空の彼方へ行こうとしていたリッキーを銃で撃つ、もっとも、羽をかすっただけだったが・・・
 リッキーの奴、目を見開いて点になってこちらを見てやがる
 「・・・マジ?」
 「マジだ、とっとと戻ってこい」
 「ふん、面白い・・・若造が!!」
 国王陛下が走り込んでくる・・・最も・・・
 盾で風を起こして、国王に吹っ掛ける!
 「その程度!!」
 しかし、そのまま突っ込んでくる、だが、その足取りは風によって少し遅れている!!
 俺は風を消しつつ一気に突撃し、そのわき腹を斬り裂く!!
 「っつ!」
 国王の苦痛に顔が歪むさまが微かに見える
 「馬鹿な!ミスリルで出来た鎧と神に与えられた肉体に傷だと!?」
 「おあいにく様、この剣はミスリルとデーモンに特攻を持ってるんでな・・・」
 「そんな言い訳が利くか!!」
 ズドン!
 いきなり放たれた闇の弾を俺は出入口とは反対側に一回転跳び避ける
 「何をやっておるか!いつまでたっても甘いままじゃのう!!」
 国王が驚きに目を見開きながら出入口の爺さんの方を見る
 「く・・・親父!!」
 「爺さん、無理はあまりよくないぜ?」
 「てりゃぁああ!!」
 上から突撃してくるリッキーを体を傾け避けると、向こうに飛んでいき加わる
 「もうこうなったら破れかぶれだ!!」
 向こうに三角形の頂点を描くように三体が並び立つ・・・
 こちらにリッキーが突進してくると同時に国王と爺さんが盾と両腕を前に出し、精神を集中させ、一気に闇の波動を撃ち出してくる!
 それをリッキーが受け、闇をまとう王子のように闇の剣を振りかざし、こちらに一直線に突進してくる・・・
 「なら、本気出しますかね・・・」
 杖に精神を集中しつつ銃を乱射!!
 が、闇のリッキーはその剣で銃弾をはじいていく、しかしだ、やはり速度は遅くなっている・・・
 炎と水の龍を生み出し、大きくリッキーたちにまとわりつかせる!
 「こんなもの!」
 リッキーは剣を振るい斬ろうとするが既に遅い、
 俺は自身の剣を振りかざし、リッキーとつばぜり合いに
 「その程度で俺に勝とうってか?」
 「いいえ、今のこの力、あなたには負けません!」
 確かに、力自体は一進一退である、しかしだ・・・
 ボンッ!
 辺りを駆け巡った炎水龍が互いの尾をはみ、突如爆発し、辺りに大量の水蒸気をまき散らす!
 「何ですと!?」
 その水蒸気に紛れ俺は
 「ぐはっ!」
 「ぬぅうう!」
 「ぐへぁっ!」
 ・・・水蒸気が晴れると、三人は地に倒れ伏していた・・・
 そう、水蒸気に紛れ、一気に三人を順番に叩き斬ったのだ・・・
 「さて、これで終わりかな・・・」
 俺はおもむろに国王の方に近づき、
 多分、あの胸元のまだら紫の宝石が例の物だよなぁ・・・
 まだら紫の宝石、すなわち、賢者の石を取ろうと身をかがめ・・・
 「ぐぐぐ・・・まだだ・・・!」
 ん、国王、まだ何か・・・と思う内に国王の体が浮き、
 何だ!?向こうの方に三人が飛んでいき、融合していく・・・!?
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――