オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベもどきを置いていきます。

美人タヌキの水難騒ぎ/1

 
美人タヌキの水難騒ぎ1
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
いち
 
 「さぁ、沈没事件の犯人よ、その姿を現せぇい」
 定期船のへさきの海が割れ、巨大な蛸がその姿を現した、
 違う、こやつではない・・・
 思わず冷や汗が吹き出てたらりとたれる
 剥げた頭にまんまる両瞳、長い輪っか口に八本の吸盤付き触手、
 其れは曇り空の海に擬態するかのごとく全身が濃紺となっている、
 大蛸・・・それが目の前に現れた正体・・・
 が、重ねて言うがこやつではないのだ・・・
 ぐぬぅ、いいだろう・・・
 愕然とした思考を振りほどき、左手を左の腰に付く大きめの素朴な袋に突っ込む
 「姿を見せぬというのならぁ、あ、見せなければならぬ状況に追い込むまでよ」
 袋から引っこ抜いた手、そこでは狸が尾を握られすっとんきょうな顔をさらしている、
 まるでなぜ引っこ抜かれたかわからない、そんな感じで瞳を小さくし首を回してあたりをきょろきょろと見回して蛸を見つけて呆け見る、
 「姐さん、私にあれと戦えというつもりですか、私は妖気のひとかけらも無いただの狸ですぜ」
 「問題は無い、」
 右腰のきんちゃくより、私の念じに答え、札が一枚飛び出して来た、
 「妖気なら、」
 華麗にそれを右手に掴み、
 「私のを貸しちゃる」
 狸を宙に放りだし、その額に思い切り札を叩き付け
 その勢いで鉄の床に落ちたが、落ちたと思うたら煙に包まれ、
 「さぁさぁ、ここからが見せ場も見せ場、行けぃ!」
 煙の中から、狼がその姿を現した、
 黒き見事な毛でおおわれた獣狼は、黄ん色の瞳で大蛸をねめつける
 「姐さん、これは、ぐるるるる・・・わぉおおおおお、力が・・・力があふれてくるぜぇええええ」
 「今のおぬしは狸ではない、狼じゃ、さぁ、行って来いっ!」
 「俺が噛み砕いてくれるぁ」
 一声吠えて四肢を振るい駆け出す狼、対峙する大蛸は右四つの足を同時に叩きつけて行く、にしても、性格変わりすぎじゃろう・・・
 船が蛸足を叩きつけられた衝撃で大きく揺れる中、まがみは蛸の足をとっさに右前足側に長く跳び回避、
 「っつあ、なんの」
 が、反対側からももう四本が叩きつけられていく
 「まだまだぁ」
 これをこちらも反対に跳び避けるものの、まがみはいいが船がまたも大きく揺れる
 しかし、私の目はごまかせん、あれは妖力で練り上げられた幻影にすぎん、ならば
 「吠えろ狸よ、船頭はお前じゃ」
 巾着から飛び出た札を思う存分右手で捉え、見せつけ、唱える
 「陰陽ぽんぽん騙し騙りて真を見極め、子午巳戌未辰たぬたぬ、百鬼夜行よ、すべてを飲み込め」
 「わぉおおおおお、いくぜお前らぁ」
 我が背後より百鬼夜行が湧き出てゆく、鬼、雪女、九尾、等々
 これらは一例、どのような妖怪が出たのかは想像にお任せしよう、とにもかくにも、多量の妖怪が出現し、大蛸へと向かう、
 無論、それを先導するのは我らがまがみ狸、
 大蛸の足がそれらを止めようと叩きつけられていくも、百鬼夜行に触れた足は消滅し、まがみ狸を狙ったものは手早い跳躍で避けられる、
 そして、まがみ狸がへさきに立ち
 「わぉおおおおおおおおぉぉぉおおお」
 高らかに遠吠えすると、百鬼夜行が蛸坊主に襲い掛かって行き、
 百鬼夜行が通り過ぎ去った後、たった一本の触手を左舷に残して消え去った
 「あれじゃ!あれが妖力を操っておるのじゃ!」
 右人指す指を指し指示すると同時にまがみ狸が反応、触手に飛びかかり、その一部を喰い千切る、
 が、触手が即座に海中に引っ込んだ
 「あっ、てめえ、待ちやがれ」
 しかし、海中に飛び込むわけにもいかず、まがみ狸は海面を恨めしそうに見るのみ、
 じゃが、あの大蛸もこのままではすまさぬじゃろう、本体の一部に傷を負わせたとはいえ、な、
 それに、まだ黒幕が姿を現していない、あの蛸、無論、蛸の本体の方じゃが、あの蛸は所詮そやつの下僕にすぎんのだ
 黒幕の奴、すぐに姿を現すと思ったのじゃが・・・
 「姐さん、危ねぇぇぇえ」
 「ん?」
 まがみ狸と頭上の妖力に、見上げてみれば、大蛸の足の一つが私の目前にまで迫ってきている所だった、
 黒幕とまだ対面すらしておらんというに

次へ
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  

f:id:OirenW:20180611173009p:plain

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com