オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベを置いていきます。

本当の、未来への最終決戦!!双歩VSカーディン!!/7 カードゲーム小説WカードFu

f:id:OirenW:20170807090856j:plain
 
カードゲームライトノベル Wカードフュージョン18話 本当の、未来への最終決戦!!双歩VSカーディン!!7
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に、
 すると、カーディンの方も右手で自身のチャージゾーンの表のカードを裏側表示にし
 「リチャージ!」
 「リチャージ!」
 これで何か出なければこのターンで僕は手札0になるが・・・
 続けて、右手で山札の一番上のカードを引き、
 カーディンの方も右の手で山札の一番上のカードを引いてきたっ!
 「ドロー!」
 「ドロー!」
 引いたのは・・・よしっ、一か八か・・・
 右手で引いたカードと共に左手の手札から一枚引いて提示し、宣言!
 「僕はフィッシュフライ・タルタルの効果を発動!スライスフィッシュ&フィッシュボーンスープをトラッシュに送り、山札から一枚引く!」
 目の前に向かい銀に光る魚が宙を泳いでくる、
 あれは・・・スズキかっ!?
 そこに包丁が現れ、いきなりスズキの頭部を切り落とす!
 ザシュ!!
 さらに、身の部分前少し右半身側から一気にその身を切り、反転、今度は少々左半身側から切り、三枚に降ろす!
 ザザザシュ!!
 そこで木のまな板が現れる!
 右の切り身がまな板の上に横たわり、その上で包丁がスライド!鱗が剥がされ、
 塩コショウがかけられ、白い薄力粉がかかって、そこにボールと卵が出現、
 卵がボールにぶつかり
 ガッ!!
 卵にひびが入ってその卵がボールの上に移動、卵が割られ、
 パカッ!!
 卵の中身がボールの中に入り、そこに木の箸が現れてボールに差し込まれ、ボールの中で卵をかき混ぜ始める!
 チャチャチャチャチャチャ!!
 さらに、卵をかき混ぜ終えると切り身がボールの中に放りこまれ、卵をたっぷりと付けられて、
 卵の付いた切り身が上げられ、次いでその上に四角のパン斤が現れると、包丁が縦横無尽にパン斤を切る!
 ザシュ!!ザザザザザシュシュシュシュシュ!!
 切られたパンは粉みじんとなって卵の付いた切り身の上に降り注ぎ、その下にボールに替わって油のたっぷり入り下に火の付いた黒い大鍋が現れ、そこに切り身が放りこまれた!
 ジュウウウウウ!!
 油の匂いが当たりに漂い、魚の切り身がきつね色に染まり、
 今度は左の切り身がまな板の上に移動して、その上を包丁が横滑りし、鱗を剥がし、そのまま包丁が切り身を縦に薄く切って行く、
 シュ!!シュシュシュシュシュ!!
 白銀の残光と共に薄く切られた切り身が、下の斜めに傾いたまな板と上の方から押して行く包丁に導かれ、
 いつの間にか下の方にあった、青と白で海の高波が描かれていて、少し奥に細く千切りされた大根、右手前に薄緑色のわさびが少し盛られた長方形の皿の上中央に乗せられ、
 続けて、真ん中の切り身の下に水の張った大きな鉄鍋が出現、その鉄鍋の下に火が付いて、真ん中の切り身がスズキの頭と共に放りこまれた!
 さらに、その鍋の上に味噌の入ったお玉が現れ、そのお玉が鍋の中に入って、箸によってかきまぜられ味噌をとかされていく!
 チャチャチャチャチャチャ
 味噌が鍋に溶かされ、その鍋の上にねぎと白菜が現れたと思ったら、そこに包丁が向かって行って、ねぎを斜め均等に、白菜を四角四面に、切る!
 サシュ!!ザザザシュ!!
 切られたねぎと白菜がそのまま鍋に放り込まれ、そこに塩がパラパラと振りかけられると、
 味噌を入れていたお玉の味噌がいつの間にかなくなっていて、そのお玉が鍋の味噌汁を掬い上げ、
 そばに突如現れた外黒内赤の木の椀に注ぎ、
 左手前に刺身、大根、ワサビの乗った青と白の皿が、右手前に味噌汁の入った木の椀が置かれて、
 そこで、一番左手側にご飯の盛られた白い椀が、一番右手になすときゅうりのッ付け物と黄色いたくあんが短冊切りされ置かれた白い小皿が、その奥に黒い醤油がたまりいれられた白と青の丸小皿が、
 中央には、奥にキャベツの千切り、右手奥に八等分されたトマトが二切れほど置かれた白く、大きな皿が現れて、
 そこで、油の張られた鉄鍋に木の箸が入れられて、
 中からきつね色に上げられた魚のフライが上がり、白い皿の中央に尾を右にし置かれる、
 次いで、その上にマヨネーズに卵の切り身と刻みピクルスが混ぜられたソースがかかり、
 手前、左の方に茶色い木の箸置きが配され、その上に先ほどとは別の木の箸が置かれた!
 とその木の箸が浮かんで魚のフライ左側に刺さり、箸を左右に開いてその身を分ける
 ザクッ!!
 そして、左側の小さい方の身を持ち、僕の方に飛んでくる、が、僕が
 「いい」
 と一言かけると、そのまま豪華セットごと消えてしまった
 「ふむ、食事か、私は取らないが、なぜおいしいと感じるのだろう?」
 「厳密にいうと、」
 向こうからエルドガンの声?
 「食事は本来、体に必要な行為だが、体に負担のかかる行為でもある、それらを軽減し、体に必要だと分からせるために、あえて快楽物質を出させているのだろう、味覚があるのも大元をたどれば、味覚によって毒や腐ったものを見分けるためだな、味分ける、と言った方がいいかもしれんが・・・」
 そうやって説明をこぼすエルドガン、あまりにも身もふたもない話ではある、
 いや、それよりも、だ、
 フィッシュフライ・タルタルの効果により、右手で山札の上三枚を、引くっ!
 出てきたのはバトルマシンズ スケルトンキューブと・・・よしっ!
 引いたカードを一旦左手の手札に入れ、入れた内の一枚を右手で1番に裏側で置き、
 続けて、もう一枚引いてチャージゾーンに裏で置いて、
 カーディンの方も僕のカードを見て、左手の手札から一枚引いて2番の場所に裏側で置いて、
 さらに、もう一枚左手の手札から引いて自身のチャージゾーンに裏で置き
 「セット!」
 「セット!」
 そして、僕が1番に置いたカードを右手で表にすると、
 カーディンが2番に裏側で置いたカードを表にしてきたっ!
 「オープン!!」
 「オープン!!」
 「バトルマシンズ スケルトンキューブ!!」
 「バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター!!」
 右手後ろの方から穴の開いた鉄骨で出来た立方体が飛んできて転がり
 ビヨヨ~ン!!
 バネの様にはじけ飛び、人型となった!
 それは幾多もの穴開きの鉄骨が集められ、無作為に組み合わさって人型となった存在!
 と、その反対側から、ヘリコプターが飛んで来た!
 流線型のボディ持つ水色のヘリコプターで、上に白い二連プロペラ、奥に同色のローターを持ち、後ろのローター部との接続部は細く、所々が凍っている、
 と、ローターの部分が尾翼ごと上下180度反転!!そこから斜め上下左右に分かれ、
 下に行ったローターの無い上翼部分は下に行って両足となり、
 ローター部を擁する下の方は左右に両腕を伸ばすように移動、そのまま接続部分を肘を下に曲げるように転回させ、ローターを両肩の場所に持ってきて、下の方を先を広げ両手両腕とし、
 さらに、プロペラ部が後ろに移動しながらプロペラ部のあった部分に前から顔を起こすように顔が出現した!
 ヘリの前部をイメージした水色の兜をかぶった精悍な鋼鉄の顔で、その下のその体は左足と右腕がちょっと凍っており、
 その水色の氷瞳で宙からキューブの方を見据えている、
 よし、それじゃあコストの見せ合いだ、
 僕が右手でチャージゾーンのカードを二枚前に出すと、
 カーディンの方も自身のチャージゾーンから右の手で三枚のカードを前に出してきた!
 「それでいい?カーディン?」
 「ああ、」
 「それじゃあ、」
 「表に!」
 互いに右手で前に出したカードを表にしていく
 まずは、僕が表にしたカード!
 バトルマシンズ カーディン カーモードとバトルマシンズ カーディン ロボモード Vol2、
 続けて、カーディンが表にしたカード!
 バトルマシンズ カーディン カーモードにバトルマシンズ カーディン ロボモード、バトルマシンズ タイトバトル、
 互いに召喚できるのは一枚のみ、よって、互いに召喚は、無し!
 と、カーディンが改めてこちらを見据える
 「双歩に今このカードを防ぐ手立てはない、このためにここまで積み立ててきた、」
 カーディンが右手を大きく前に出す!
 「私は、バトルマシンズ ツインオーバレットの効果を発動!バトルマシンズ スケルトンキューブとルストショルダーハンド・パイルバンカーのパワーを1000下げ、ルストショルダーハンド・パイルバンカーをトラッシュに送る!このカードはフュージョン、モンスター対象の効果は発動できない、さらに、前のターンで発動したバトルマシンズ クレイバーフィールドの効果でバトルマシンズブーストも使えない、さらに、パワーはこちらが勝っている!」
 いいや、どうにかできる!!
 チャージゾーンのカードを右手で一枚表にしつつ、宣言!
 「僕は機原荒野の風の効果を発動!前のターンと違って、バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプターがいるため、発動条件を満たしてる!そして、その効果で、バトルマシンズ ツインオーバレットの効果を相殺するっ!」
 「なっ!?しまった、そのカードが・・・」
 さらに続けて、右手でチャージゾーンのカードを二枚表にし、宣言!
 「僕はバトルマシンズブースト Voの効果を発動!バトルマシンズブーストをコストにし、バトルマシンズ スケルトンキューブのパワーを1200上げる!!」
 ツインオーバレットはフュージョン、よって、そう簡単にカードは発動できないはず、
 このまま一気に・・・行く!
 右手を前に出し、宣言!
 「1番戦闘、行け!バトルマシンズ スケルトンキューブ!!機箱骨アタック!!」
 キューブがツインオーに向かって走り出す!
 ツインオーがそれに反応、右手のマシンガンでキューブの方に銃弾を放つ!
 銃が着弾する寸前に華麗に右手側に跳び回避するキューブ、しかし、マシンガンは追って行く!
 弾丸が地面に着弾していくも、大きく回り込みながら近づくことでマシンガンの範囲から逃れ続けるキューブ、
 対応しきれないツインオー、
 キューブが背後に回り込み、右拳を振り上げる!
 そこに、銃を撃つのをやめ、とっさにツインオーが後ろ右回し蹴りを繰り出した!
 右拳が当たった瞬間蹴り飛ばされ吹っ飛ばされるキューブ!
 吹っ飛ばされた直後にマシンガンの照準が向いていく!
 が、キューブは吹っ飛ばされても両足をバネの様にして勢いを吸収、一気に戻るように駆け出した!
 さっきよりも速い!マシンガンの照準が定まりきらない!
 キューブが近づき切り、
 ドン!
 そのわき腹に一発の弾丸を受けていた!
 あれは、スナイパーライフル!?左手から!?
 思わず足を止めるキューブ、その間にマシンガンの照準が向く
 突如、キューブの後ろから砂の津波が巻き起こる!
 それでも、マシンガンの銃弾は放たれ、ついでとばかりにスナイパーライフルも向き、撃ち放される!
 キューブはそれでもその砂の津波の勢いに背中に押され乗り、一気にツインオーに接近し、
 ツインオーが対応する間もなく、その右拳を振り上げ、叩き込んだ!!
 その衝撃にツインオーが爆発!消滅する!!
 「ツインオーバレットォオオ!!だがっ!」
 カーディンが右手を前に出し
 「この戦闘はこちらが勝つ!行け!バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター!ジャイロブリザード!!」
 ジャイロとルストが宙に飛ぶ、
 そこでルストがジャイロに突撃!
 ジャイロが両肩と背中のローターとプロペラから吹雪を放出!
 しかし、吹雪が強まりきる前にルストがジャイロに到達!ルストがその頭を勢いよく突き出す!
 ジャイロがあわててルストの頭部を両手で掴み、間一髪、その反動で距離を取り、再度吹雪を放出!
 今度はつっきり切れないと判断したか、ルストが右半身上側前へと飛び吹雪を避ける、
 そのまま吹雪を放出し狙い定めるジャイロ、避け飛ぶルスト、
 だが、このままではらちが明かないと考えたのか、ジャイロが吹雪を止め一気にルストに向かい、飛んだ!
 突き出される右拳、ルストはスピードを上げてこれを避け、大きく回ってジャイロに向かう、
 ジャイロは吹雪を出さず、迎え撃つかのように構える!
 が、ルストの方が速い!
 慌てて右手に飛び回避するジャイロ、そこでカウンター気味に右手でチョップを繰り出す!
 対するルストは高速で前に飛び、このチョップを弾いた!
 やはり、ただの格闘攻撃なら、ルストには通じない!
 再び対峙するルストとジャイロ・・・間合いを計り・・・互いに向かって行くっ!
 そして、その間合いを計って・・・ジャイロがルストを捕まえた!
 すかさず、体のローターとプロペラから吹雪を放出するジャイロ!
 対して、頭を飛び出させるルスト!しかし、ジャイロは離さない!
 そのまま体が凍っていくルスト、
 そして、ジャイロの両腕ごと完全に凍った!
 そこでジャイロは、何とか動く両腕の肘と肩の部分を動かしてルストを上の方に向け、下に向かせながら全体重をかけ一気に地上に降下!
 バリィイイイン!!
 凍りの砕ける音と共にルストを地上に叩き付け、爆発させ、消滅させた!
 「ここで私はバトルマシンズ サージャバッシュの効果を発動!山札から1枚引いて、次の次の戦闘でコスト1以下のモンスター、リサイクルカードを発動できなくする!!」
 なっ・・・!?あんなカード・・・
 手札がもうないから、次のターン、セットで置けなくなることを避けたか・・・
 そして、カーディンが山札から右手でカードを一枚引いて左手の手札に移し
 「ターンエンド!」
 「ターンエンド!」
 宣言してきたのをすかさず返す
 このターンは五分と五分、
 とにかく、確実に勝って行かないと、逆転もおぼつかないが・・・

次へ
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com