オイレンのラノベもどき置き場

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベもどきを置いていきます。

疾走、荒野の向こう/21 カードゲーム小説WカードFu

f:id:OirenW:20170816084422j:plain


カードゲームライトノベル Wカードフュージョン10話 疾走、荒野の向こう21

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

カード紹介コーナーフュージョン 第10回 瞬輪極突破 フォードライグ
 
 鋼野 双歩(以後 双歩)「さぁ、このまま・・・」
 カーディン(以後 カー)「抜き去って見せる!!」
 フォートップ(以後 フォ)「それはどうかな!!」
 双歩「それにしてもすごい速さだったね」
 カー「ああ、そのとおりだな」
 フォ「チャンピオンは伊達ではないという事だ」
 双歩「でも勝ったね」
 カー「運が良かったし、何よりルールが味方してくれた」
 フォ「おかげで、魂にもう一度火が付いた気分さ」
 双歩「んじゃ、そろそろ、注意事項!このコーナーのキャラクターは本編と一切関係無いよ、あらかじめ了承しておいてね!」
 双歩「そして、今回紹介するカードはこちら!瞬輪極突破 フォードライグ!!」
 
名前:瞬輪極突破 フォードライグ
種類:M モンスター
コスト:4 パワー:3400
効果の発動タイミング:オープン後
効果の発動条件:このモンスターが召喚されたターンだった時
        ・このカードを除いて自分のモンスターゾーンに
         戦闘を行えるカードが無く、チャージゾーンに、
         表側表示でモンスターカードが存在していない時
効果:このターン、このモンスターが
   相手モンスターと戦闘で勝利した瞬間、
   カードの効果によるパワーを維持したまま
   戦闘後移行前に次の戦闘が行われる場所に
   その場所に戦闘を行えるカードが無い場合に限り移動する、
   この際、次の戦闘が行われるまでの時限パワー変化も
   その次の戦闘が行われるまで持ちこされる、
   次の戦闘が行われずターンが終了する際は1番に移動し、
   時限パワー変化も通常通りに戻り、
   次の戦闘が行われるまでの時限パワー変化も無しになる
カテゴリ1:瞬輪極突破 カテゴリ2:輪兵
テキスト:走る、ただ走る、先に走り抜くことだけを目指して走る、
     周りなど関係ない、観客など関係ない、
     ただ走り抜くこと、周りがどうあろうと、ただ、それだけだ
 
 フォ「そう、これこそトップを走り続ける男のカード!」
 双歩「コスト4、パワー3400、基本スペックは高いほうだよね?」
 フォ「なんで疑問形!?、高いよ、そりゃあもう」
 カー「しかし、基本スペックが高いだけではないのだろう?」
 フォ「もちろん!効果の発動タイミングはそうそう相殺されないオープン後、そして肝心の効果、それは相手のモンスターに対しての連続攻撃だ!」
 双歩「連続攻撃?」
 カー「連続攻撃?」
 フォ「その通り、条件が、モンスターゾーンにこのカードを除いて戦闘を行えるカードが、チャージゾーンに表側表示のモンスターが、それぞれいない、というふうに、少々厳しいが、その分、相手を一気に叩く爽快感はたまらない!!」
 双歩「コスト4だからチャージゾーンにカードが無くての返り討ちがネックだけどね」
 フォ「そうならないために、しっかりリサイクルやスマッシュで補ってくれ、素のパワーが負けてないならそうそうやられることは無いはずだ」
 カー「一番最初の1番戦闘がきついか?」
 フォ「代わりに、そこさえ乗り越えれば相手を全滅にまで追い込めるかもしれないぞ!」
 双歩「相手が1番と2番だけとか、1番と3番だけとか、2番と3番だけとか、そういう状況にも注意だね!」
 フォ「その場合は相手に一ダメージプレゼントできる、言い換えるなら、相手を全滅させるか、相手に一ダメージ与えるか、このカードがトラッシュに送られるか、というカードでもあるな」
 カー「そう言われるとずいぶんとリスキーに思えるな・・・」
 フォ「トップというものは、堅実とリスキー、両方振り切ってこそだ!!」
 双歩「振り切っちゃっていいの・・・?」
 カー「ううむ、私にはよくわからん」
 双歩「僕にもよくわかんないって!」
 フォ「トップに二言は無い!!」
 双歩「あ・・・まぁ、その言葉もよくわかんないけど、もうそろそろ次行くよ」
 カー「私はいいぞ」
 フォ「語れるだけ語ったしな、進んでくれていい」
 双歩「と、いうわけで、それじゃ、改めて、Wカードフュージョン11話 策謀の中の少女に、続く!!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 双歩「待っててね映命さん、必ず・・・」
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

 

疾走、荒野の向こう/20 カードゲーム小説WカードFu

f:id:OirenW:20170721181016j:plain

 
カードゲームライトノベル Wカードフュージョン10話 疾走、荒野の向こう20
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「さて、この辺りだな!」
 サーキットを出た後、来た道を戻りつつカーディンが唐突にUターンをし、とある店の前に停まる
 「おばちゃん、クリスタバーガー一つ!」
 「あいよ!」
 そこは木材な石材で構成された八百屋みたいな土産物屋、
 そう、レースの情報をくれた鉱椀食料品店という、み・や・げ・も・の・や、である、
 そして、カーディンが後部座席の窓を開けつつ、そこに補助アームを突っ込み、後部座席のさっきの金属袋から金色の金貨のような物を取り出し、
 一方のロボおばちゃんの方はといえば、中央の台の上にある包みの一つを右手に取りカーディンの方に向き直り
 「これでいいか?」
 カーディンが取り出した金貨をロボおばに見せる、と、ロボおばちゃんがその金貨を見
 「おお!これでいいよ、センサーにも本物って出てるしねぇ、ああ、おつり渡さないと、ほれ!」
 おばロボが左手にお金を受け取りつつ右手の包みをカーディンの補助アームに持たせ、
 カーディンが包みを後部座席に入れている間に左手の金貨みたいなものをお腹のポケットに入れつつお腹のポケットから銀貨をいくつか取り出し
 「そういえばさぁ」
 「ん、なんだ?」
 おばちゃんロボがこちらの方に視線を戻す、一体何だろ・・・?
 「あんた、人探しって言ってたよねぇ、古い癖でそう言っちゃう奴もたまにいるけどさ、その言い方はやめといたほうがいいよ、おおかた、どこかのロボットだとは思うけどねぇ、あ、そうだ、誰か探しているならさ、メインサーバにアクセスしたらいいじゃないかい」
 「メインサーバ、あのガイキシンが守護しているという?」
 「そうそう、そのメインサーバだよ」
 そういえば、レースする前にそんな説明を聞いた気が・・・
 「なんでも、世界の全てを記録しているという話しでね、情報の閲覧にはガイキシン様の許可がいるけど、きっと、訪ねロボが見つかるさね」
 そんな便利なもんがあったのか・・・そして、それをあのガイキシンが守っている、と
 「なるほど、それは話が早そうだ、それで、それは、一体どこに?」
 「ここからずーっと」ロボオちゃんが左手と左人差し指を思い切り道路の先の方に伸ばし、指し示す「北にいったところさね、ここ、シャムシャール・リッジから、まずはフランベルジュ・ヒルトにまで行って、そこでまた聞きなさいな、そこまでならこの道路を」今度は左手を前後にクイクイッと動かし「このまままっすぐに行けばいいからさ、なぁに、有名どころだから、すぐに知ってるロボが見つかると思うよ」
 「ありがとう!」
 ロボおばちゃんが姿勢を戻し左手の銀貨みたいなものを差出し、それをカーディンが補助アームで受け取り、後部座席の金属袋に入れる
 「それでは!」
 そして、カーディンは後部座席の窓を閉めつつ走り去って行く・・・
 「またねぇ~」
 右手を上げて振るおばちゃんロボットの声を聞きながら・・・
 「さて双歩!」
 「え、なに?」
 「食料が手に入ったぞ!」
 「は?食料・・・?」
 食料が手に入ったって、今手に入れたのはあの包みしか・・・
 「ああ!センサーで簡易検査をしてみたが大丈夫、人の食べられるものだ、後ろの包みに入っているから開けてみるといい!」
 はぁ、あの包みにねぇ・・・さっきの店には食料品らしきものなんて一切なかったのだが・・・
 仕方なく、後部座席に置かれているさっきの包みを体と右腕を伸ばしてなんとか、あとちょっと・・・右手中指にひっかけて引き寄せて取り、助手席に座り直す、
 砂色の紙包みに丸平っべったく包まれたそれは、手の感触から中身が石のように硬く感じる・・・・
 「さぁ、開けてみてくれ!」
 「あ・・・うん・・・」
 両手に持ち直しつつ右手で少し紙包みを引くと、下手前の方からはがれて行ったのでそのまま包みを右手の方のみ外して半分残した状態で包みの無い部分を上にするように持ち直す、
 それは、上下のパンが肌色の石で、間のハンバーグが平丸円柱の濃い紫の分厚い宝石で出来たハンバーガーだった、
 食べ物ではなく工芸品である、揶揄ではなくそう感じる、石化したレタスのような菜っ葉が中央下に少ししかれている所からもそう感じる、
 上下のパンズは正確には肌色で粘土質の石で出来、中央の宝石はよく見ると重黒紫の宝石であり、レタスのような菜っ葉も黒緑色の石だ
 「それの名前はクリスタバーガー!」
 クリスタ、バーガー?クリスタルのハンバーガーという意味だろうか?
 「タイセキ大陸、タイセキクリスタ地方、このシャムシャール国あたり発祥の名物で、上のパンは擬似化石粉、下に食用石ダマスを高熱殺菌して焼かれたパンで、内部のそれは食用人工宝石だ、もちろん、食べられるぞ、元は食用石ダマスで上下をはさみ、内部の宝石も天然物を高熱殺菌していた物を使用していたのだが産出量の減少により現在の人工物に置き換えられていったという歴史が・・・」
 「え・・・いや、そうじゃなくてさ・・・」思わず言葉が突いて出た、僕が聞きたいことは多分、そんな事じゃない
 「ん?なんだ」
 「いやあ、その・・・これが食料っていうのも正直半信半疑なんだけど、ううん、そう、なんでこんなもん買ったのさ・・・すごくなんというか・・・うん、食いづらそうなんだけど・・・」
 「腹持ちがいいからだ!!」
 「・・・」
 思わず呆れてしまった、これは、とりあえず食べてみないと話が始まりそうにない
 「さぁ、食べてみてくれ!」
 ま、まぁ、さっきの説明を聞けば少しはおいしそうに、おいしそうに・・・ええい!
 意を決し、思い切りかぶりつく!
 ガキン!!冷徹なる音が響いた!
 ・・・
 「かってぇぇぇぇぇえええええええ!!!」
 
Wカードフュージョン10話 疾走、荒野の向こう
FINISH!!
Wカードフュージョン11話 策謀の中の少女に、続く!!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

疾走、荒野の向こう/19 カードゲーム小説WカードFu

f:id:OirenW:20170721181016j:plain
 
カードゲームライトノベル Wカードフュージョン10話 疾走、荒野の向こう19
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「おめでとう!ブルー鷹・ネイビー!!」
 「ありがとう!フォートップ!!」
 フォートップがヘッドライトを点滅させると、返事を返すようにカーディンも両肩のヘッドライトを点滅させた、ようだ、視界の左右からそういう感じの光が見えた
 「にしても、まさか変形型だったとは・・・」
 「ぜぇはぁぜぇはぁ・・・変形型だと何か不都合でもあるの」
 さっきのダメージが残る中で思わず質問してしまった
 「変形型だと、非変形型より基本スペックが落ちるんだ、変形機構やらなんやら、色々組み込まなきゃならなくなるからな」
 なるほど・・・
 「ハハハハハ!!」
 う・・・この声は・・・
 上の方から鎧飛行機が飛んできて人型に変形する、畳んでいた足を伸ばし、前に閉じていた両肩を左右に開き、
 コクピットの部分を後ろに回すと同時に前に下げていた頭を上げる
 「よくやった!ブルー鷹・ネイビーよ!おぬしに褒美を取らせよう!」
 わぁあああああ!
 辺りの歓声が響く中、ガイキシンが右手を思い切り上に上げ、そこに上から大きな金属色の袋が降ってきた!が、ガイキシンはその金属色の袋を上げた右手一本で受け止め、僕達の方に降りて来、金属の袋を差し出す、
 ・・・ふむ・・・
 降りてきたガイキシンに時折太陽の光が透過したり、周囲の光に合わせるようにちょっぴり明るくなったり暗くなったりする、
 遠くから見る分には気付かなかったけど、なるほど、これはカーディンの言っていた通り、ホログラム、立体映像だ、
 上から降ってきた金属袋も、よく見れば上に向かう線が付いている、あの線を操作して、袋を受け取ったように見せかけているのだろう、ホログラムや袋にカメラの類が付いてないところを見ると、僕がいることにも気づかなさそうだ
 「ありがとうございます!」
 カーディンが両手で袋を受け取ると同時に、その袋についていた線もプツッと切れてしまった
 「皆のもの!新たなるチャンピオンの誕生に、歓声を!」
 ワァアアアア!!
 カーディンが両腕を思い切り振って歓声を受ける、
 カーディンと一緒になって受ける歓声は・・・悪い気分ではない
 「それでは失礼!」
 と、ここでカーディンが両手で金属袋を放り上げ、
 胸の鷹部分を上下逆に戻しつつ両腕が両肩と共に上の方に立ち戻り、腰部分が前後180度回って両足が思い切り膝を曲げるように曲げ体全体が後ろに倒れ、僕のいる助手席に後ろの運転席、それに、後部座席の左右セットが前方を向くように回転、助手席が左手の方にスライドしつつ、反対側に運転席が、後ろに後部座席が収まり、
 完全にカーディンが車の形に戻る、
 そして、助手席側から補助アームを出し、宙から降ってきた金属の袋を受け取って、後部の窓をほんの少しの間開けて袋を後部座席に放り込み窓を閉め、サーキットの入ってきた場所から颯爽と走り去って行った・・・
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com