オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベもどきを置いていきます。

WカードEX PCDF/8

 

WカードEX PCDF8
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「それでは、奴を追いかけます」
 町中、住宅街、大きな川そばの道路を走る車中で、何処かと通信しているであろうカーディンの声が響く
 「はい、それでは後から追いかけてくるということで、そちらの方では、はい、うちのバトルポリストレーラーが囚われているようで、他にも、エンジェ、デェビル」
 「それだけじゃない」
 「それだけじゃねぇな」
 それだけじゃない?
 思わず、後ろの二人の方に振り返り問う、
 「どういうこと?他にも囚われてるのがいるってこと?あの鎧男に・・・」
 「ああ、橙色の」
 「そんな感じの玉がもう一個あったぜ」
 「あの中に誰か囚われてるんじゃないか?」
 「誰かは知らないがな・・・」
 誰かって、そういえば、バトルポリストレーラーが捕まったのもそんな球体だったような・・・
 「でも、球体なんて僕見なかったけど・・・?」
 「私も直には見なかったが、センサーが、空に穴が空いたときに三つ、妙な物体を観測したな・・・」
 え・・・そうなの?カーディンが言うなら何かあったのかな、でも、
 「妙な物体・・・って?それって・・・」
 「おそらく、バトルポリストレーラーが囚われた球体と同じものだろう・・・」
 あれと同じもの・・・なるほどね・・・
 「あ、それでは、そういうわけで、通信を切ります」
 ブツッ
 カーディンから通信を切る時特有のノイズ音が聞こえた、しかし、
 「にしても、あのセピア色が広がった時、一切動けなかった、いつの間にか戻ってたけど・・・」
 「一切・・・?」
 「動けなかった・・・?」
 創造君が口元に右手を当てて、双我君が両腕を組んで目をつぶり、それぞれが何かを思い出そうとする
 「確か、エンジェとデェビルが囚われた時も・・・」
 「そんなのが広がってたな、確か・・・」
 この二人もそういう場面を目撃したのか・・・
 「私としては、時が止まったことより、意識があったりしたことの方が不思議だったが・・・」
 「ん?どういうこと?」
 「仮に時間が止まったとしよう、大抵の場合は時が止まったことを認識すらできないだろう」
 「へ?」
 「おそらく、あいつが時を止めたのは、次元を全て固定したせいだ」
 「固定って・・・?」
 「簡単に言えば、すべてが凍った状態、とでも言おうか・・・」
 「でも、それだと中にいる人間は生きていない気が・・・」
 「その通りだ、だが、次元が凍結する場合も解凍する場合も、すべてが認識できないほどに一瞬、それに、冷凍状態による水分の変化なども起きない、運動エネルギーなどもすべて保存されたままだ、それがために、解凍した場合、あたかも時間が止まったように錯覚する」
 「でもそれだと・・・」
 「そう、凍らされた側は時間が止まったことを認識できない、おそらく、奴が自在に動くための副産物なのだろうが、一体どうやったのやら・・・」
 「ううん、でもさ、そのセピア色に巻き込まれたもう二体、」
 再度、後ろの二人の方を見る
 「エンジェとデェビルって言ったっけ、それってどういうの?人間でもロボットでも、動物でもないんでしょ?」
 「クリエイターだ」
 「デストロイヤーだな」
 「え?え?え?」
 唐突に知らない単語出されてもわかんないんだけど・・・
 「なるほど・・・地球外知的生命体だな!!」
 「ち?地球外知的・・・」
 「知的生命体・・・?」
 突然のカーディンの台詞に思わず考える構えを解き戸惑う二人
 「その二体は地球外の存在なのだろう?」
 「言われてみりゃ、そうだけど・・・」
 「言われてみりゃ、そうだが・・・」
 「きちんとした知能があり、言葉もしゃべるか?」
 「まぁ、うん・・・」
 「お、おお・・・」
 「なら・・・定義からしてみれば、地球外知的生命体だ!!」
 二人とも驚いてるじゃない・・・
 「でも、せめて、そうだな・・・次元外・・・」
 「そうだよな、次元外知的・・・」
 「次元外知的生命体とでも呼んだ方が・・・」
 「次元外知的生命体とかそんなかんじゃねぇか・・・」
 「二人とも、わけわかんないこと言ってないで、クリエイターとデストロイヤーについて聞かせて」
 おもわず問答を止めて別の話題に振る
 「って言われてもな・・・」
 「俺達も学校で教わったこと以外は、っていうか、あいつら当人達も深くは知らないっぽいし」
 「実際、人とは何か、っていう問いかけに近いし・・・」
 「だよなぁ・・・」
 「って、ちょっと待って!?学校で教わるの!?」
 「え・・・そうだけど・・・あ!」
 「そうだが・・・あ!」
 「そうか、こっちじゃ、クリエイターとデストロイヤーの侵攻が起きてないのか!!」
 「そのかわりにロボットがいる、と・・・」
 「けど、それじゃあ、おかしい、あまりにもここは僕達の世界に似すぎている・・・」
 「俺もそう思うぜ、デストロイヤーとクリエイターとロボットの件以外はな・・・」
 「そんな事ってあり得るの?」
 「ありえない話ではないな・・・」
 と、今度はカーディン
 「世界が始まる時に全く同じ、もしくは極端に似た状態であったのならば可能性としてはあり得る話だ、もしくは、世界には生き物のようにDNAでもあるのか、あるいは似た世界は惹かれあうのか」
 「そういうものなの?」
 「全ては過去からの連鎖で成り立っている、一番不確定要素が少ないであろう最初の状態に似た状態であるのならば当然、そういったことも起こりうる」
 「ううん・・・でもそれは・・・何かレールの上を走っているようで」
 「しかし、すでに私達はこの世界が本来行くべき道と違う道を歩み始めている、他の世界が干渉することによって」
 「あ・・・!」
 「全ての存在は、他者とのかかわりによってその在り方を変えていくものも多い、最初は同じでも、関わる物が違えば、違う存在へと変わって行くそれにだ・・・それに・・・」
 それに・・・?
 「双歩は、運命に従って生きたいと思っているわけではあるまい」
 「う、うん」
 「運命など、見つけた時にぶっ飛ばせばいい、誰かの手の平の上で生きるのは、のちにその誰かの都合によって必ず破滅へと導かれる、誰かの掌の上か、それに、色々なことを調べたり見極めたりすること、それらも含め、大切なのは、今を、きちんと考えて生きることだ」
 「うん、そうだよね!!」
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

 

WカードEX PCDF/7 妖魔版

 
WカードEX PCDF7 妖魔版
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 全員でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に、
 「リチャージ!」「リチャージ!」「リチャージ!」「リチャージ!」
 「リチャージ・・・!」
 続けて、山札の一番上のカードを引く、
 「ドロー!」「ドロー!」「ドロー!」「ドロー!」
 「ドロー・・・!」
 引いたカードは・・・よし!
 こいつを1番に裏側に、続けて手札から一枚チャージゾーンに・・・ 
 「セット!」「セット!」「セット!」「セット!」
 「セット・・・!」
 向こうは・・・カード発動無しか・・・?なら・・・
 1番に裏置いたカードを表に!
 「オープン!」「オープン!」「オープン!」「オープン!」
 「オープン・・・!」
 それじゃあ、僕から!
 「来い!バトルマシンズ ライフブレイカーS・L!!」
 
名前:バトルマシンズ ライフブレイカーS・L
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2800
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このモンスターが戦闘で相手モンスターに勝利した時
        相手のライフカードが1枚以上ある時
効果:相手のライフカード1枚を相手の手札に加えさせる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:ブレイカ
テキスト:頭と最前部の角で斬り削り裂き走る!!
     超特急機関車ロボ!!
 
 「続けて僕が!」
 「さらに俺が!」
 「削刃の戦士 ライフブレイカーヘッデサト!!」
 「削刃の戦士 ライフブレイカーヘッデサト!!」
 
名前:削刃の戦士 ライフブレイカーヘッデサト
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2800
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このモンスターが戦闘で相手モンスターに勝利した時
        相手のライフカードが1枚以上ある時
効果:相手のライフカード1枚を相手の手札に加えさせる
カテゴリ1:エンジェルナイツ カテゴリ2:デモンウォーリアーズ
テキスト:その角刃で相手の命を削り取る恐れられるべき戦士
 
 「それじゃあ、僕も、行くよ、ライフブレイカードラゴン!!」
 
名前:ライフブレイカードラゴン
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2800
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このモンスターが戦闘で相手モンスターに勝利した時
        相手のライフカードが1枚以上ある時
効果:相手のライフカード1枚を相手の手札に加えさせる
カテゴリ1:ドラゴン カテゴリ2:ブレイカ
テキスト:一見、角の無いように見えるが
     透明な角が頭の上に生えており、
     その角で相手の命を知らぬ間に削り取る
 
 僕達の後ろから走ってきたのは、金縁紺色の機関車、鋼鎧と筋肉の戦士、そして、赤く獰猛な肉食恐竜のようなドラゴンである、
 ドラゴンが右手側外側を通り、右手側の前で立ち止まる、
 赤い鱗に全身が覆われ、二足歩行前傾姿勢で肉食恐竜が如く前肢が小さく後足、頭、尻尾が大きい、
 後ろ足はあくまで力強く前肢と共に三本の指を持ち円錐の尻尾に鋭い眼光持つ瞳と鋭い歯を幾多も備えた大きな口持つ大きい頭を持つ、
 そして、左手の方からは外側を通り、戦士が左手前に躍り出た、
 その額には鎧を右上半とその対角線上に着け、反対の左上半と反対側からは鋭い大きな角の本体が見え、
 目の部分には赤い透明なバイザーが、その下には真一文字に結わえつけた口元があり、
 胸部に鋼の鎧が、腹部に腹筋が、右腕左足にも鋼の鎧を付けており、左腕は筋肉質な素腕で、右足にも筋肉が浮き出た青いズボンが見える、
 そして、僕のすぐ右手からギリギリで機関車が通り過ぎて前に止まり、
 パトライトと翼が象られた金色のエンブレムが中央にある機首の上から内藍外白銀の片刃の角が立ち上がり、
 そこで機体中部から後ろが上下に分割、上の方が左右に分かれ、機首を胸部として両肩を広げる様に展開し、端の部分が拳の様に開いて下の降ろされ、両手を地に着け全体を浮かせ、
 そこに中部から後部で分離した下の部分が両足を下に出すように転回しながら中程から下が左右に分かれて両足と変わりその上が腰部となって、それを地に着けすっくと立ち上がり、機首上から伏せていた顔を上げる様に頭のようなものが立ち上がり、その額にも後頭部から機首上と同じ内藍外白銀の片刃が立ち上がる!
 それは、兜や胸部や腹部、両肩、手と足の中部から下は黄色で縁取られた藍色で着色され、両手両足の中ほどは白く、
 機関車を模したカクカクした兜をかぶり、その額に刃の角を持って、口元に中ほどに上下に折り目の付いた薄灰色の鋼鉄のマスクを着けていて、緑の機瞳で正面を見据えて、
 それが、後ろにいたカーディンに後は任せろと言わんばかりに右腕でカーディンを制止する
 「ふん、パワーだけのでくの坊ではないか、ならば我も呼ぼう、来い、ギャラクシー・スリー・アルデベガ!!」
 宇宙に至る星々、その中から三つの星が、三角形の光を降り注がせ、新たな存在を現出させる!
 それは、様々な金鋼の頭部が頭、両肩、両膝に付いた、大きな星々の翼持つ宇宙色の筋肉宙士
 左右両肩を古式和の烏帽子をかぶる男、羽衣をまとい頭に豪著な櫛さす女が務め、左右両した腕を鷲の顔と琴が、両膝に翼と幾重の弦の意図がある土踏まずまでの足鎧を付け、頭が白鳥の頭が上、翼が左右に、牛の顔がその白鳥の頭の下に付いた黒漆の木の牛車の車部分のように四角く左右に車輪が付き、左目のみ壊れた隙間から大きな光出す星として見えていて
 
名前:ギャラクシー・スリー・アルデベガ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2600
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
        ・次の戦闘に参加す相手のモンスターのコストが3だった時
効果:次の戦闘までこのモンスターのパワーを200上げる
カテゴリ1:銀河 カテゴリ2:大三角
テキスト:巨大な三角により、その二人は繋がっているのか、
     その問いは静観者たる白鳥のみが知る
 
 「続けてコストの見せ合いだ!!」
 「いいだろう!」
 「行くよ!」
 「行こうぜ!」
 「いいよ!」
 皆がチャージゾーンの三枚のカードを表にしていく、
 「僕はバトルマシンズ ライフブレイカーS・Lのコストに、バトルマシンズ カーディン カーモード、バトルマシンズブースト、バトルマシンズフルブーストを指定!!」
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800
 
名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
名前:バトルマシンズフルブースト
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで700上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで500上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:さらにパワーが上がっていく!!
     もう、止まらない!!
 
 「僕は削刃の戦士 ライフブレイカーヘッデサトのコストにオーラエナジーHBとオーラエナジーSGともう一枚を指定!!」
 「俺は削刃の戦士 ライフブレイカーヘッデサトのコストにオーラエナジーHBとオーラエナジーSGともう一枚を指定!!」
 
名前:オーラエナジーHB
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘
 
名前:オーラエナジーSG
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで600上げる、
   次の戦闘に参加する自分のモンスターが
   カテゴリ:エンジェルナイツもしくはカテゴリ:デモンウォーリアーズ
   を持っていた時、片方だけ持っていた時は200、
   両方持っていた時は600パワーをアップする
カテゴリ1:エンジェルナイツ カテゴリ2:デモンウォーリアーズ
テキスト:ほっ!!はっ!!とう!!
     気合が、高まっていく!!
 
 「僕はライフブレイカードラゴンのコストに勇気のバックラー トリケン、それに、トリケン魂とアンモジュエルの激昂を指定!!」
 
名前:勇気のバックラー トリケン
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1000
 
名前:トリケン魂
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
名前:アンモジュエルの激昂
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次に戦闘を行う相手モンスターが
        発動タイミング:戦闘前を持っている時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを次の戦闘の間だけ800上げる
カテゴリ1:ジュエル カテゴリ2:スピリット
テキスト:うわぁぁぁ宝石が欲しかっただけなのに~
     とあるトレジャーハンターからの手記より
 
 「はん!、いずれもごり押しのライフブレイカーではないかっ!」
 「なっ!?」
 「なんだと!?」
 「なんだとこら!!」
 「まぁ、そうなんだけど・・・」
 驚く僕含む三人と苦笑する一人・・・
 「そんなもの、それを超える宇宙のゴリ押しで通してくれる!!」
 宇宙のゴリ押しって・・・
 「我は、ギャラクシー・スリー・アルデベガのコストに銀河の連矢 ~銀河の輝きの矢~、銀河の光 ~銀河が陰り始め~、そして・・・」
 一気に三枚めのカードを表にしてきた!
 「銀河物語 ~わしことはくちょう~を指定しその効果を発動!パワーが同じだった場合にこちらが勝利する!!」
 「っつ!?」
 「くっ!!」
 「ぐっ!!」
 「あれは・・・ライフブレイカー対策カードかっ!!」
 右手の方から驚愕の声が聞こえる、確かに、そんな感じはするが・・・
 「行け!!ギャラクシー・スリー・アルデベガ!!」
 ギャラクシーが右手を大きく前に出し、宣言してくる!!
 
名前:銀河物語 ~わしことはくちょう~
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:コストで表になった時
効果の発動条件:自分のモンスタゾーンにいる、
        コスト3で、カテゴリ、銀河を持ち、
        同じ場所にいる相手のコスト3
        のモンスターを指定できた時
効果:戦闘すぐ前、指定した自分のモンスターと、
   戦闘を行う相手のモンスターのパワーが同じだった時、
   戦闘時のみ、指定した自分のモンスターのパワーを100上げる
   ・このカードは発動時にトラッシュに送られず、
    上記の効果が発動しなかった場合、ターン終了時にトラッシュに送られる
カテゴリ1:銀河 カテゴリ2:物語
テキスト:天のかわにより隔てられた二人は、ただただ再会することをのぞむ、
     そして、時の日にて顔を合わせ、引き離され、
     また、一日千秋の時を歩む・・・
 
名前:銀河の連矢 ~銀河の輝きの矢~
種類:FS フュージネックス コスト:2
効果コスト:カテゴリ:銀河を持つハンド・スマッシュ・リサイクル
      それぞれ1枚ずつ
チャージゾーン・手札コスト条件:トラッシュが1枚以下の時
効果の発動タイミング:セット前
 
名前:銀河の光 ~銀河が陰り始め~
種類:H ハンド コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
ギャラクシー
モンスターゾーン
ギャラクシー・スリー・アルデベガ M コスト:3 パワー:2600
チャージゾーン
裏:0表:3
 
鋼野 双歩
モンスターゾーン
バトルマシンズ ライフブレイカーS・L M コスト:3 パワー:2800
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
チャージゾーン
裏:0表:3
 
???&???
モンスターゾーン
削刃の戦士 ライフブレイカーヘッデサト M コスト:3 パワー:2800
時き鎌の戦士 サイズワンタイム FM コスト:2 パワー:1800
チャージゾーン
裏:0表:2
 
???
モンスターゾーン
ライフブレイカードラゴン M コスト:3 パワー:2800
幼砂竜 スナノコ M コスト:1 パワー:600
チャージゾーン
裏:0表:3
 
ギャラクシー・スリー・アルデベガ M コスト:3 パワー:4800
 
FIGHT!!
 
バトルマシンズ ライフブレイカーS・L M コスト:3 パワー:2800
削刃の戦士 ライフブレイカーヘッデサト M コスト:3 パワー:2800
ライフブレイカードラゴン M コスト:3 パワー:2800
 
 アルデベガがこちらに向けて走り出す、同時に、それに呼応するように駆け出すライフブレイカーズ
 まず、S・Lが近づき、牽制の右拳!これをアルデベガが右腕の琴で弾き、
 テトテン
 ん?なんだ今の音・・・
 一瞬、ほんの一瞬だけ、音が響き渡った途端、S・Lが硬直する!
 な・・・!?
 次の瞬間には、S・Lは右足で思い切り蹴っ飛ばされ、吹っ飛んでいた!
 続けて、ヘッデサトが頭の角を前に出し、突進していく!
 それを、アルデベガは思い切りふわりと浮いて跳躍避け、
 上空より両腕を翼のように一気に横から前に出し、猛風を放出!ヘッデサトを吹き飛ばす!
 その隙にライフブレイカードラゴン、が大跳躍!頭を振りかざし、アルデベガに迫る!
 あれ?あのコース、頭をぶつけるには少々尺が足らない気が・・・
 が、アルデベガは思い切り左足を振り回し、ライフブレイカードラゴン、の頭上に叩き付けた!
 ガキンッ!
 何も無いはずの空間に、足と何かがぶつかる音がして、アルデベガの足が止まる、
 って、ああ!ライフブレイカードラゴンの額の上、星の光に反射して、うっすらと刃の角のようなものが見える!
 そうか、透明度の高い角にすることで、存在を隠していたんだな!!
 が、そのままライフブレイカードラゴンが押し負け、吹っ飛ばされ、着地、そばにいたS・L、ヘッデサトと共に再度走り出す!
 「そろそろいいだろう、」不意にギャラクシーが右手を前に出す!「私は、ギャラクシー・スリー・アルデベガの効果を三回発動!!行け、ギャラクシー・スリー・アルデベガ!!」
 そこからの宣言により、アルデベガの体に逆三角の頂点が浮かび上がり、上空に夜空の大三角が映し出され、二つのトライアングルから三角の蒼白光が放たれる!
 
名前:ギャラクシー・スリー・アルデベガ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2600
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
        ・次の戦闘に参加す相手のモンスターのコストが3だった時
効果:次の戦闘までこのモンスターのパワーを200上げる
 
 その光を浴び、ライフブレイカーズの動きが苦しみだし、
 それでも、先に進もうとする三体!
 が、そこでアルデベガが右手の琴を左手で引き始め、
 テトテトテン
 早打ちがなるような響くような音、それが三体に響き渡ると、ライフブレイカーズは完全に硬直、手足を震わせながら足を止め、
 「ぐ・・・これでは援護が・・・」カーディンの動きも硬直!
 そのまま、アルデベガの右足蹴りがS・Lに叩き込まれ吹っ飛び、
 ヘッデサトに近づけばその右拳で壁まで飛ばし叩き付け、
 ライフブレイカードラゴンの前まで移動すれば、その頭突きで地から壁まで飛ばし、
 大きく両腕を抱えて力を溜め、一気に解放!二つの三角形の同じ方向の頂点二つずつがそれぞれ三体に向かって行き体当たりし、三体の中央から光に包んでいき、
 三体が光に包まれた後、壁と床に埋もれ倒れたまま爆発!消滅する!!
 
ギャラクシー・スリー・アルデベガ M コスト:3
パワー:4800+200+200+200+100 パワー合計:6500
 
FINISH!!
 
バトルマシンズ ライフブレイカーS・L M コスト:3 パワー:2800 TRASH!!
削刃の戦士 ライフブレイカーヘッデサト M コスト:3 パワー:2800 TRASH!!
ライフブレイカードラゴン M コスト:3 パワー:2800 TRASH!!
パワー:2800+2800+2800 パワー合計:6400
 
 「ライフブレイカードラゴン!!ライフブレイカーヘッデサト!!ライフブレイカーS・L!!ぐっ!う、動ける!行くぞみんな!!」
 カーディンがビックハンドを手に付けたまま、サイズワンタイム、スナノコと共に走り出す!
 すると、ギャラクシーの前に宇宙と星々が縮小したかが如くに銀河の壁が現れ、
 「はぁあああ!!」
 カーディンがビックハンドを叩き付け、手首からジェット噴射しさらに押し付け!!
 サイズワンタイムが大剣を床に叩き付け、鎌を取り出して二閃し、大剣に戻してその大剣を振り上げ叩き斬りそのまま重量で押して行き、
 スナノコがその頭を突進でぶつけ押していく!!
 その猛攻に、その壁も少しずつひびが入り、とうとう崩壊、辺りに星々の光と闇の衝撃波をまき散らす!
 が、ギャラクシーは右手で受け流し
 「なめるなよ!小僧どもが!!」
 突如、大声を響き渡らせた!!
 
ギャラクシー
 
FIGHT!!
 
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
時き鎌の戦士 サイズワンタイム FM コスト:2 パワー:1800
幼砂竜 スナノコ M コスト:1 パワー:600
 
ギャラクシー ダメージ
 
FINISH!!
 
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
時き鎌の戦士 サイズワンタイム FM コスト:2 パワー:1800
幼砂竜 スナノコ M コスト:1 パワー:600
 
ギャラクシー
山札:27枚 手札:2枚 ライフカード:4枚
チャージゾーン:3枚 トラッシュ:3枚
モンスターゾーン
ギャラクシー・スリー・アルデベガ M コスト:3 パワー:2600
 
VS
 
双歩
山札:27枚 手札:3枚 ライフカード:4枚
チャージゾーン:3枚 トラッシュ:2枚
モンスターゾーン
無し
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
???&???
山札:27枚 手札:2枚 ライフカード:4枚
チャージゾーン:2枚 トラッシュ:4枚
モンスターゾーン
無し
時き鎌の戦士 サイズワンタイム FM コスト:2 パワー:1800
 
???
山札:27枚 手札:3枚 ライフカード:4枚
チャージゾーン:3枚 トラッシュ:2枚
モンスターゾーン
無し
幼砂竜 スナノコ M コスト:1 パワー:600
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

 

WカードEX PCDF/7

 
WカードEX PCDF7
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 全員でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に、
 「リチャージ!」「リチャージ!」「リチャージ!」「リチャージ!」
 「リチャージ・・・!」
 続けて、山札の一番上のカードを引く、
 「ドロー!」「ドロー!」「ドロー!」「ドロー!」
 「ドロー・・・!」
 引いたカードは・・・よし!
 こいつを1番に裏側に、続けて手札から一枚チャージゾーンに・・・ 
 「セット!」「セット!」「セット!」「セット!」
 「セット・・・!」
 向こうは・・・カード発動無しか・・・?なら・・・
 1番に裏置いたカードを表に!
 「オープン!」「オープン!」「オープン!」「オープン!」
 「オープン・・・!」
 それじゃあ、僕から!
 「来い!バトルマシンズ ライフブレイカーS・L!!」
 「続けて僕が!」
 「さらに俺が!」
 「削刃の戦士 ライフブレイカーヘッデサト!!」
 「削刃の戦士 ライフブレイカーヘッデサト!!」
 「それじゃあ、僕も、行くよ、ライフブレイカードラゴン!!」
 僕達の後ろから走ってきたのは、金縁紺色の機関車、鋼鎧と筋肉の戦士、そして、赤く獰猛な肉食恐竜のようなドラゴンである、
 ドラゴンが右手側外側を通り、右手側の前で立ち止まる、
 赤い鱗に全身が覆われ、二足歩行前傾姿勢で肉食恐竜が如く前肢が小さく後足、頭、尻尾が大きい、
 後ろ足はあくまで力強く前肢と共に三本の指を持ち円錐の尻尾に鋭い眼光持つ瞳と鋭い歯を幾多も備えた大きな口持つ大きい頭を持つ、
 そして、左手の方からは外側を通り、戦士が左手前に躍り出た、
 その額には鎧を右上半とその対角線上に着け、反対の左上半と反対側からは鋭い大きな角の本体が見え、
 目の部分には赤い透明なバイザーが、その下には真一文字に結わえつけた口元があり、
 胸部に鋼の鎧が、腹部に腹筋が、右腕左足にも鋼の鎧を付けており、左腕は筋肉質な素腕で、右足にも筋肉が浮き出た青いズボンが見える、
 そして、僕のすぐ右手からギリギリで機関車が通り過ぎて前に止まり、
 パトライトと翼が象られた金色のエンブレムが中央にある機首の上から内藍外白銀の片刃の角が立ち上がり、
 そこで機体中部から後ろが上下に分割、上の方が左右に分かれ、機首を胸部として両肩を広げる様に展開し、端の部分が拳の様に開いて下の降ろされ、両手を地に着け全体を浮かせ、
 そこに中部から後部で分離した下の部分が両足を下に出すように転回しながら中程から下が左右に分かれて両足と変わりその上が腰部となって、それを地に着けすっくと立ち上がり、機首上から伏せていた顔を上げる様に頭のようなものが立ち上がり、その額にも後頭部から機首上と同じ内藍外白銀の片刃が立ち上がる!
 それは、兜や胸部や腹部、両肩、手と足の中部から下は黄色で縁取られた藍色で着色され、両手両足の中ほどは白く、
 機関車を模したカクカクした兜をかぶり、その額に刃の角を持って、口元に中ほどに上下に折り目の付いた薄灰色の鋼鉄のマスクを着けていて、緑の機瞳で正面を見据えて、
 それが、後ろにいたカーディンに後は任せろと言わんばかりに右腕でカーディンを制止する
 「ふん、パワーだけのでくの坊ではないか、ならば我も呼ぼう、来い、ギャラクシー・スリー・アルデベガ!!」
 宇宙に至る星々、その中から三つの星が、三角形の光を降り注がせ、新たな存在を現出させる!
 それは、様々な金鋼の頭部が頭、両肩、両膝に付いた、大きな星々の翼持つ宇宙色の筋肉宙士
 左右両肩を古式和の烏帽子をかぶる男、羽衣をまとい頭に豪著な櫛さす女が務め、左右両した腕を鷲の顔と琴が、両膝に翼と幾重の弦の意図がある土踏まずまでの足鎧を付け、頭が白鳥の頭が上、翼が左右に、牛の顔がその白鳥の頭の下に付いた黒漆の木の牛車の車部分のように四角く左右に車輪が付き、左目のみ壊れた隙間から大きな光出す星として見えていて
 「続けてコストの見せ合いだ!!」
 「いいだろう!」
 「行くよ!」
 「行こうぜ!」
 「いいよ!」
 皆がチャージゾーンの三枚のカードを表にしていく、
 「僕はバトルマシンズ ライフブレイカーS・Lのコストに、バトルマシンズ カーディン カーモード、バトルマシンズブースト、バトルマシンズフルブーストを指定!!」
 「僕は削刃の戦士 ライフブレイカーヘッデサトのコストにオーラエナジーHBとオーラエナジーSGともう一枚を指定!!」
 「俺は削刃の戦士 ライフブレイカーヘッデサトのコストにオーラエナジーHBとオーラエナジーSGともう一枚を指定!!」
 「僕はライフブレイカードラゴンのコストに勇気のバックラー トリケン、それに、トリケン魂とアンモジュエルの激昂を指定!!」
 「はん!、いずれもごり押しのライフブレイカーではないかっ!」
 「なっ!?」
 「なんだと!?」
 「なんだとこら!!」
 「まぁ、そうなんだけど・・・」
 驚く僕含む三人と苦笑する一人・・・
 「そんなもの、それを超える宇宙のゴリ押しで通してくれる!!」
 宇宙のゴリ押しって・・・
 「我は、ギャラクシー・スリー・アルデベガのコストに銀河の連矢 ~銀河の輝きの矢~、銀河の光 ~銀河が陰り始め~、そして・・・」
 一気に三枚めのカードを表にしてきた!
 「銀河物語 ~わしことはくちょう~を指定しその効果を発動!パワーが同じだった場合にこちらが勝利する!!」
 「っつ!?」
 「くっ!!」
 「ぐっ!!」
 「あれは・・・ライフブレイカー対策カードかっ!!」
 右手の方から驚愕の声が聞こえる、確かに、そんな感じはするが・・・
 「行け!!ギャラクシー・スリー・アルデベガ!!」
 ギャラクシーが右手を大きく前に出し、宣言してくる!!
 アルデベガがこちらに向けて走り出す、同時に、それに呼応するように駆け出すライフブレイカーズ
 まず、S・Lが近づき、牽制の右拳!これをアルデベガが右腕の琴で弾き、
 テトテン
 ん?なんだ今の音・・・
 一瞬、ほんの一瞬だけ、音が響き渡った途端、S・Lが硬直する!
 な・・・!?
 次の瞬間には、S・Lは右足で思い切り蹴っ飛ばされ、吹っ飛んでいた!
 続けて、ヘッデサトが頭の角を前に出し、突進していく!
 それを、アルデベガは思い切りふわりと浮いて跳躍避け、
 上空より両腕を翼のように一気に横から前に出し、猛風を放出!ヘッデサトを吹き飛ばす!
 その隙にライフブレイカードラゴン、が大跳躍!頭を振りかざし、アルデベガに迫る!
 あれ?あのコース、頭をぶつけるには少々尺が足らない気が・・・
 が、アルデベガは思い切り左足を振り回し、ライフブレイカードラゴン、の頭上に叩き付けた!
 ガキンッ!
 何も無いはずの空間に、足と何かがぶつかる音がして、アルデベガの足が止まる、
 って、ああ!ライフブレイカードラゴンの額の上、星の光に反射して、うっすらと刃の角のようなものが見える!
 そうか、透明度の高い角にすることで、存在を隠していたんだな!!
 が、そのままライフブレイカードラゴンが押し負け、吹っ飛ばされ、着地、そばにいたS・L、ヘッデサトと共に再度走り出す!
 「そろそろいいだろう、」不意にギャラクシーが右手を前に出す!「私は、ギャラクシー・スリー・アルデベガの効果を三回発動!!行け、ギャラクシー・スリー・アルデベガ!!」
 そこからの宣言により、アルデベガの体に逆三角の頂点が浮かび上がり、上空に夜空の大三角が映し出され、二つのトライアングルから三角の蒼白光が放たれる!
 その光を浴び、ライフブレイカーズの動きが苦しみだし、
 それでも、先に進もうとする三体!
 が、そこでアルデベガが右手の琴を左手で引き始め、
 テトテトテン
 早打ちがなるような響くような音、それが三体に響き渡ると、ライフブレイカーズは完全に硬直、手足を震わせながら足を止め、
 「ぐ・・・これでは援護が・・・」カーディンの動きも硬直!
 そのまま、アルデベガの右足蹴りがS・Lに叩き込まれ吹っ飛び、
 ヘッデサトに近づけばその右拳で壁まで飛ばし叩き付け、
 ライフブレイカードラゴンの前まで移動すれば、その頭突きで地から壁まで飛ばし、
 大きく両腕を抱えて力を溜め、一気に解放!二つの三角形の同じ方向の頂点二つずつがそれぞれ三体に向かって行き体当たりし、三体の中央から光に包んでいき、
 三体が光に包まれた後、壁と床に埋もれ倒れたまま爆発!消滅する!!
 「ライフブレイカードラゴン!!ライフブレイカーヘッデサト!!ライフブレイカーS・L!!ぐっ!う、動ける!行くぞみんな!!」
 カーディンがビックハンドを手に付けたまま、サイズワンタイム、スナノコと共に走り出す!
 すると、ギャラクシーの前に宇宙と星々が縮小したかが如くに銀河の壁が現れ、
 「はぁあああ!!」
 カーディンがビックハンドを叩き付け、手首からジェット噴射しさらに押し付け!!
 サイズワンタイムが大剣を床に叩き付け、鎌を取り出して二閃し、大剣に戻してその大剣を振り上げ叩き斬りそのまま重量で押して行き、
 スナノコがその頭を突進でぶつけ押していく!!
 その猛攻に、その壁も少しずつひびが入り、とうとう崩壊、辺りに星々の光と闇の衝撃波をまき散らす!
 が、ギャラクシーは右手で受け流し
 「なめるなよ!小僧どもが!!」
 突如、大声を響き渡らせた!!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com