オイレンのラノベもどき置き場

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベもどきを置いていきます。

参上、ブラックカーディン/13 カードゲーム小説WカードFu

f:id:OirenW:20170803115433j:plain
 
カードゲームライトノベル Wカードフュージョン12話 参上、ブラックカーディン13
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「よそ見してる暇は無いぜぇ!」
 その間にもカーディンに向かってBカーディン達が向かって行く!
 「カーディン、大丈夫、そっちに対処し、てっ!」
 言いつつも、僕は輪っかの裏に隠れて銃弾を回避する、
 それでも、少しずつ散開して行っている以上、こっちに銃弾が来るのは時間の問題だろう、
 カーディンが迷いながらもBカーディン達の方を向き、こちらの方をチラチラ見てすぐにフォローに入れるように距離を調整してきている、
 しかし、こちらに注意力を回している状態でどこまで耐えられるのやら・・・
 それなら、やはり、先に進めるしかないっ!
 まず、ライフカードを取れって指示が出てるから、右手で右から二番目のライフカードを取るっ!
 出てきたのはバトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ!
 今、こいつじゃどうにもならないな、ならば、次だ!
 先に右手で表になっているチャージゾーンのカードを裏に返し、
 「リチャージ!」
 「行くぜぇええ!」
 Bカーディンが下からの左足蹴り上げ!
 「ぐっ!」
 カーディンはこれを後ろに下がりかわす!
 右手で山札の一番上のカードを引くっ!
 「ドロー!」
 「まだまだぁ!」
 「このう!」
 カーディンが右拳を撃ち出す、も、Bカーディンが先に右足を振り下げ、その勢いで放った左拳で打ち消す!
 ガィン!!
 今僕が引いたのは・・・これは!
 まず、こいつをチャージゾーンに置き、
 続けて、左手の手札からバトルマシンズ ビックハンドを引いて1番に裏側で置き、
 「セット!」
 「今だ行けぇ!!」
 Bカーディンの合図を聞き、BビックハンドとBキューブがカーディンに向かって行く!
 「くそぅ!」
 先鋒のBビックハンドが拳を握って突進してきた!これをカーディンは両腕を体の前に出して防ぎつつ両の腕を大きく前に出して弾き飛ばし、その横を縫うように突き出してきたBキューブの右の拳を一旦胴で受け流しながらその右腕を両手で握り横方向に体を一回り回してぶん投げる!
 が、そこにBカーディンの右足跳び膝蹴りが飛んで来た!
 さらに、散開した黒銃使いの一人が左奥の方から銃を僕の方に向ける!
 右手で一番に裏側で置いたカードを表に!
 「オープン!バトルマシンズ ビックハンド!!」
 「もらったぜぇ!!」
 
名前:バトルマシンズ ビックハンド
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:900
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        ・次の戦闘に参加する相手のモンスターが効果を持っていて、
         かつ、発動条件を満たしていない以外の理由で
         効果を発動できない状態でない時で
         このターン、効果を発動していない時
効果:次の戦闘に参加する相手のモンスターは
   このターン、効果を発動できなくなる、
   ・次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを500上げる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:機手
テキスト:巨大な右手が、相手を握りつぶす!!
 
名前:黒き機械の逸らし発破力
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるか次の相殺が起こるまで100上げる
   ・この戦闘前で相殺含め何のカードも発動していなかった時、
    上げる数値を200増やす
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    このカードを自分の手札に戻すかどうか選択できる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:ブラックバトルマシンズブーストブラフ
     黒き力は見えなくするもの、
     見えなくしたものの真実を隠す・・・
 
 現れた等間隔に穴の開いた四角い鉄骨で作られ手首にジェットエンジンなぞ付けられ作られた鉄の右拳がカーディンの方に飛んで行き、Bカーディンを吹っ飛ばす!
 ドグァ!!
 「めごっ!!」
 と、僕を狙う黒銃使の銃のトリガーに指がかかる!
 銃一丁程度なら!
 とっさに右手に動いて狙いを外させた
 「あれ本当に人間か?」
 誰かの呆れる声が聞こえたが気にしない!
 そこにビックハンドが飛んできてその手を開き、僕を狙ってた奴もろとも黒い銃使い達をひとまとめにしつつ右奥の方に吹っ飛ばす!
 向こうは表にしてきたのは戦闘前タイミングのリサイクルカードだから、これなら、行ける!
 よし、ここで、右手でチャージゾーンのカードを三枚表に!
 「僕はバトルマシンズ ビックハンドのコストに機原ストーンアックスを指定!機原ストーンアックスを1番のバトルマシンズ ビックハンドに装備させる!コストにはバトルマシンズ カーディン カーモードと機原盾石の大岩を指定し、バトルマシンズ カーディン カーモードは召喚しない!」
 
名前:機原ストーンアックス
種類:E イクイップ
コスト:2 パワー:+1200
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このイクイップを装備したモンスターが
        カテゴリもしくは名前に「機」「マシン」
        のいずれかの言葉を持っていて、
        ・次の戦闘に自分の戦闘を行うカードが何も参加しない時
効果:このイクイップを装備したモンスターを
   次の戦闘を行う場所に移動させる
   このイクイップはトラッシュに送り、
   移動したモンスターは効果を発動していても発動していない物とする
   ・次の戦闘を行う場所の相手モンスターが
    このイクイップを装備した移動する前のモンスター以下のパワーで、
    自分の方の場所に戦闘を行えるカードが無かった時、
    次の戦闘のみをスキップする
カテゴリ1:斧 カテゴリ2:機原
テキスト:古き時代より突き立つ斧、
     それが存在する理由はいずれか、誰にもわからず、
     現在調査が進んでいる
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800
 
名前:機原盾石の大岩
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 上の方から大きな斧が降ってきた!
 橙色の石でできた上に左右に中長の大きな刃の付いた柄が長めの大斧だ!!
 「あ、あれは、機荒原ストーンアックス」
 突如、右手コンソール裏の研究員ロボの一体が斧を驚きであろう目で見て話し出す、知ってんのか・・・?
 「かつて人類の古い記録に記録にも出て来たと言われている斧!観光名所になっていたが荒原にあっては風化して行く可能性を指摘され改修計画が進められていたという!」
 カードにとっといて悪いけどこの大地ってそこそこ変なもんあるのな、・・・僕達の世界でも一緒か・・・
 その斧をビックハンドが受け取り、Bカーディンに振り下ろす!
 「なんのぉ!」
 Bカーディンがその斧を両手で挟み、真剣白羽取り!
 
名前:黒き機械の一時しのぎ
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:コストで表になった時
効果の発動条件:自分のモンスターゾーンにいる、
        カテゴリもしくは名前に「黒」「ブラック」を持つ
        コスト1以上の裏側表示モンスターカードを指定出来た時
        ・相手のチャージゾーンにある表側表示の、
         カテゴリもしくは名前に「機」「マシン」
         付いたカードを指定できた時
        ・相手と自分の山札が2枚以上存在していた時
効果:このターンの終了時に互いに自分の山札から1枚引いて自分の手札にし、
   自分の手札の1枚を山札の上から2番目に置く、
   その後、自分のみ、自分の山札の1番上のカードを引く
   ・このカードと同時にコストになったリサイクルカードを
    1枚選択することができる、
    選択したリサイクルカードは
    タイミングと条件を満たした時に表側表示であることを除き、
    発動できる状態であれば
    即座に効果を発動するか選択できる、
    この時、相手はカードの効果で相殺することができる
    発動しなかった時はそのターン、効果を発動できない
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:メークシフト
テキスト:ブラックバトルマシンズメークシフト
     戦いの中で、消耗した体力と己を無視して戦い続ける!!
 
名前:黒き機械の発破力
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで100上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで500上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:ブラックバトルマシンズブースト
     黒き力が湧きあがり、
     邪力を持って、叩き潰す!!
 
名前:黒き機械の逸らし発破力
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 あれ?向こうのチャージゾーンのカードが三枚表になってる?
 あ、そっか、黒き機械の臨機力で召喚したBバトルマシンズ ブラックビックハンドの後払いのコストか、後払いのせいか一枚コストが増えてるし、
 それで、あの真剣白羽取りは表になった黒き機械の一時しのぎの効果で、
 その黒き機械の一時しのぎの効果でこのターンの終了時に山札から一枚引き、
 
ブラックカーディン
モンスターゾーン
ブラックカーディン ロボモード M コスト:3 パワー:2000
Bバトルマシンズ ブラックビックハンド M コスト:1 パワー:900
チャージゾーン
裏:0表:2
 
双歩
モンスターゾーン
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 機原ストーンアックス E コスト:2 パワー:+1500
チャージゾ-ン裏
チャージゾーン
裏:2表:2
 
ブラックカーディン ロボモード M コスト:3 パワー:2000
 
FIGHT!!
 
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
 次の戦闘前で黒き機械の発破力が発動するっと
 「でやぁあああ!!」
 
名前:黒き機械の発破力
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで100上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで500上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
 
 Bカーディンが両手の斧を振り上げ、放り投げようとする!
 「僕はバトルマシンズブーストを発動、黒き機械の発破力を相殺っと」
 
名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで300上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで300上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
 
黒き機械の発破力
 
相殺
 
バトルマシンズブースト
 
 右手でチャージゾーンのカードを一枚表にしつつ宣言すると、放り投げたはずの斧がビックハンドを基軸に奥からグルンと回ってBカーディンの脳天を下からカチ割る!
 ゴッ!
 「ぐはぁ!!」
 が、すぐにBカーディンは右手で斧を抜き取り、大降りに斧をビックハンドごと大きく放り投げ、今度こそ斧を離した、
 頭には傷が付いているものの、やはり、これぐらいではどうにもならないか・・・
 「やってくれるじゃねぇか・・・」
 そこにカーディンがBビックハンドとBキューブの間を走り込み、宙に跳んでその右手にビックハンドを合体させつつBカーディンに向かって行く!
 「また上から来るってか!?」
 「いいや!」
 今度は上から斧を振り投げる!
 「その程度!」
 これをBカーディン、右手で斧の刃を受け取り防ぎ、
 瞬間、カーディンが着地しつつ一気に間合いを詰め、下からアッパーを繰り出す!思わず斧を取り落すBカーディン!
 「うぉう!?」
 この斧をカーディンは受け取りつつ右方向に思い切り振り回す!Bカーディンはあわてて後ろに引き、
 そこにカーディンの背後からBビックハンドとBキューブが向かって行く!
 が、これをカーディン、斧を大きく後ろに回すことで牽制し、ビックハンドを斧ごと切り離した!
 「何だとっ!?」
 「後は行ける!!」
 ビックハンドがその場にとどまりながら斧を振り回してBビックハンドとBキューブを牽制する中、
 カーディンはBカーディンが驚いている間に右肩を前に出しタックル!
 「ぐっ!」
 見事にBカーディンの懐に入りつつひるませ、続けて左拳でのアッパーカット!
 「ぐおっ!?」
 さらに右手にぐるりと回転しつつ右肘を腹に叩き込み
 「ぐはぁ!!」
 そのまま両手を広げての掌底!
 「ぐわぁ!!」
 吹っ飛ばしたところに跳び込んでの右拳を胴に叩き込んで
 「がふぅ!!」
 左拳も続けて同じ場所に叩き入れてひるませ
 「がっ!!」
 「ぬぉおおおおお!!」
 最後にその右拳のストレートをBカーディンの左頬にぶっこんで
 ドグシャアアアアアァアア!!
 吹っ飛ばす!!
 「がぁああああああ!!」
 ドン!!
 
ブラックカーディン ロボモード M コスト:3
パワー:2000 パワー合計:2000
 
FINISH!!
 
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1
パワー:900+1200 パワー合計:2100
 
 Bカーディンが背中から床に叩きつけられる!
 が、すぐに上半身を上げ、右腕で口元をぬぐうマネをし
 「ま・・・まだだ・・・」
 そう呟いた
 ぐっ、まだ生きてたか、あんなラッシュを喰らったのに・・・
 
Bバトルマシンズ ブラックビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
ATTACK!!
 
双歩&カーディン
 
 と、Bカーディンが右手を上げ
 「来い!ブラックビックハンド!!」
 Bビックハンドが素早く大きく上から回ってBカーディンの元に飛ぶ!
 一方のビックハンドは斧を持っているせいで大きく出遅れた、
 BビックハンドはBカーディンの右手に付き、そのロケットブースターでBカーディンのを立ち上がらせる
 「さぁ・・・第2ラウンドだ・・・!!」
 「ぐっ・・・」
 それなら・・・
 「それなら・・・」
 こうだ!!
 「こうだ!!」
 「僕は機原ストーンアックスの効果を発動!ビックハンドを2番に移動しつつ3番戦闘をスキップ!!」
 「来い!ビックハンド!!」
 
名前:機原ストーンアックス
種類:E イクイップ
コスト:2 パワー:+1200
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このイクイップを装備したモンスターが
        カテゴリもしくは名前に「機」「マシン」
        のいずれかの言葉を持っていて、
        ・次の戦闘に自分の戦闘を行うカードが何も参加しない時
効果:このイクイップを装備したモンスターを
   次の戦闘を行う場所に移動させる
   このイクイップはトラッシュに送り、
   移動したモンスターは効果を発動していても発動していない物とする
   ・次の戦闘を行う場所の相手モンスターが
    このイクイップを装備した移動する前のモンスター以下のパワーで、
    自分の方の場所に戦闘を行えるカードが無かった時、
    次の戦闘のみをスキップする
 
 僕が右手を前に出して宣言したと同時に、カーディンがBカーディンと同じく右手を上に上げ叫ぶ!!
 そこでビックハンドが斧をBキューブに投げ、その刃上でガッ!っとBキューブの腹を床に縫い付け、
 一気にカーディンに向かって飛んで行き、その右手と一体化する!
 「行くぞっ!!」
 カーディンがBカーディンに向かって走り出す!
 「こいっ!!」
 対するBカーディンもカーディンに向かって駆け出していく!
 互いに近づきつつも鉄右拳を飛ばす!
 飛ばされた右鉄拳はぶつかり、
 ゴッ!
 その勢いで互いの元の場所に戻って行き、右拳に戻った両者、空中に跳んで宙で右拳を互いの左頬に正面から叩き込む!!
 ズガァッ!!
 そのまま鉄の右拳が飛んで互いの後方の壁に吹っ飛んで行くもお互い両手を鉄拳ひっかけて体を上げて右足を乗せ鉄拳を足場に前方に跳躍し右足を前に出してキック!
 ガッ!
 右足同士が反発して跳ね返り着地、そして、それぞれの右鉄拳が互いの右拳に戻り、構える、
 互角・・・まさかここまでとは・・・でも、このままと言うわけにはいかない・・・
 「カーディン!」
 「ん?」
 カーディンが僕の方を見る、
 僕が首を一つ縦に振ると、カーディンも首を縦に一つ振り、返してきた
 「けっ!どんな手でも俺様が返してやるぜ!!」Bカーディンが右口角を上げて笑った、気がする
 言ったな、それなら、やってやる!
 右手を前に出し、宣言!!
 「僕はバトルマシンズ ビックハンドの効果を発動!パワーを500上げる!!カーディン!!」
 「任せろ!!」
 
名前:バトルマシンズ ビックハンド
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:900
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        ・次の戦闘に参加する相手のモンスターが効果を持っていて、
         かつ、発動条件を満たしていない以外の理由で
         効果を発動できない状態でない時で
         このターン、効果を発動していない時
効果:次の戦闘に参加する相手のモンスターは
   このターン、効果を発動できなくなる、
   ・次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを500上げる
 
 カーディンがビックハンドの手首からブースターをかけ、高速で駆ける!!
 「その程度ぉ!!」
 Bカーディンも対抗してBビックハンドのブースターをふかして走り込む!!
 両者、その鉄右拳を相手の右鉄拳に叩き付ける!!
 今度も互角、互いに押し合い、いいや!
 「ば・・・馬鹿な・・・」
 カーディンが押し始め、Bカーディン悔しさにつぶやきを漏らした!
 「ま・・まだだ・・・!!」
 が、ここでBカーディンが一気に押し、ブースターの推進力を互鉄拳の反発力が上回り、互いに弾きあうところまで持って行き、弾く!しかし、カーディンのビックハンドのブースターはまだ切れてはいない!!
 「馬鹿な・・・2段!?」
 「うぉおおおおお!!」
 狙いはBビックハンド!カーディンが一気に前進し、Bカーディンの右拳となっていたBビックハンドを叩いて
 「そこだぁあああ!!」
 弾く!!
 さらに、カーディンはそのまま右の拳を少し引いて一気に振り抜きビックハンドを飛ばし、Bビックハンドを貫き、Bビックハンドは爆発!消滅した!!
 「ブラックビックハンドォオオオオオ!!」
 「まだだぁあああ!!」
 そのままBカーディンに再度振り上げた右拳を叩き込み!
 「ぐふぉ!!」
 Bカーディンをひるませて上に右拳を掲げ、そこにビックハンドが戻ってきて再度装着!!
 「ぬぉおおおおお!!」
 力を込めに込めに込め、ありったけの力と共に、その鉄右拳をBカーディンに撃ちこむ!!
 ズッガァアアアアアアン!!
 
Bバトルマシンズ ブラックビックハンド M コスト:1
パワー:900 パワー合計:900
 
FINISH!!
 
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1
パワー:900+500 パワー合計:1400
 
 Bカーディンが背中をすりながら吹っ飛んで行き、止まる・・・
 
Bバトルマシンズ ブラックビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
ATTACK!!
 
双歩&カーディン
 
Bバトルマシンズ ブラックビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
SKIP!!
 
双歩&カーディン
 
 「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・」
 カーディンが肩で息をしている、
 そこで、Bキューブを止めていた斧がパキン!と何かが割れた澄んだ音と共に割れて消滅し
 「ぐっ・・・まさか、ここまで追い詰められるとは、俺様の方が性能は上のはずなのに、さすがはオリジナルってところか・・・?」
 「オリジナルだとかコピーだとかは関係無い、そもそも」
 「そうだっ!関係無い!!来い!!」
 Bキューブがすかさず大回りにBカーディンのそばまで駆けより、バズーカ馬もBカーディンの後ろに陣取った
 「ここからが本当の勝負よう!!」
 Bカーディンがゆっくりと立ち上がり、カーディンの方を睨む
 「さぁ・・・やろうじゃないか・・・!!」
 「ぐっ・・・」
 カーディンがひるみ、ビックハンドを右拳に着けたまま右拳を前に出して構え、
 同時に、黒銃使い達がようやく起きて僕の方に銃を向ける、
 さて、ここからどうする、カーディン!!
 
ブラックカーディン
デッキ:25枚 手札:1枚 ライフカード:5枚
チャージゾーン:4枚 トラッシュ:5枚
モンスターゾーン
無し
無し
Bバトルマシンズ ブラックスケルトンキューブ M コスト:2 パワー:1400
 
VS
 
双歩
デッキ:26枚 手札:3枚 ライフカード:3枚
チャージゾーン:4枚 トラッシュ:3枚
モンスターゾーン
無し
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

 

参上、ブラックカーディン/12 カードゲーム小説WカードFu

f:id:OirenW:20170802122808j:plain
 
カードゲームライトノベル Wカードフュージョン12話 参上、ブラックカーディン12
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 一気に行くぞ!まずは右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に返し、
 「リチャージ!」
 「さぁ、これで終わりか!?」
 Bカーディンが右手の平を上にして五指をクイクイと曲げ挑発してくる、
 ううむ、早い内にどうにかしないと・・・
 右の手で山札の一番上のカードを引きつつ、
 「ドロー!」
 「どうした!どうした!」
 「ぐっ・・・」
 カーディンが息をつめながらもBカーディンとの間合いを計り、少し近づく
 「歯がゆいぜ・・・それなら・・・」
 今僕が引いたのは飛び出し、キット、ニンジャ!!
 これは左手の手札に移して、代わりにこいつを右の手で引いて1番に裏で!
 チャージゾーンには・・・よし!バトルマシンズブーストを置いておこう!
 右手で左手の手札からバトルマシンズブーストのカードを引いてチャージゾーンに裏側で置き、
 「セット!」
 「こっちから行くぜっ!!」
 Bカーディンが走り出す!
 「くっ!うぉおおお!!」
 「おっとぉ!!」
 カーディンが走り出そうとした瞬間、バズーカ馬がバズーカを発射し、カーディンのにぶち当ててカーディンの足を一瞬留めさせた!
 「ナイスだぜ!今だ!!」
 Bカーディンが跳躍し、カーディンに向かい、右拳を振り上げる!
 さらに、僕の上からBビックハンドがその拳を握って降り注ぎ、黒づくめの銃使い達が改めて僕の方に銃の照準を向ける!
 ええい!みんなまとめて吹っ飛ばせ!!
 僕は1番に裏側で置いたカードを右手で表にするっ!
 「オープン!来い!!バトルマシンズ ライフブレイカーS・L!!」
 
名前:バトルマシンズ ライフブレイカーS・L
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2800
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このモンスターが戦闘で相手モンスターに勝利した時
        相手のライフカードが1枚以上ある時
効果:相手のライフカード1枚を相手の手札に加えさせる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:ブレイカー
テキスト:頭と最前部の角で斬り削り裂き走る!!
     超特急機関車ロボ!!
 
名前:黒き機械の逸らし発破力
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるか次の相殺が起こるまで100上げる
   ・この戦闘前で相殺含め何のカードも発動していなかった時、
    上げる数値を200増やす
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    このカードを自分の手札に戻すかどうか選択できる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:ブラックバトルマシンズブーストブラフ
     黒き力は見えなくするもの、
     見えなくしたものの真実を隠す・・・
 
 突如、右手の方から黄ふち藍色の機関車が走ってきた!!
 「でぇい!!」
 刹那僕は後ろに跳んで上から降ってきたBビックハンドを回避!!
 そこに機関車が走り込みBビックハンドを吹っ飛ばし壁にめり込ませつつ流れるように右弦にターンし僕の方に銃撃してきた黒銃使の銃弾を走りながらこれも右ターンでバズーカ馬ごとふっとばし、今度は手前にターンしてBカーディンの方に向かって行く!
 「そろそろ来ると思ってたぜ!!」
 突如、Bカーディンが着地しつつ、その右拳を機関車に向け、両足を踏ん張り、機関車に右の拳を叩きつけた!
 ガィン!!
 だが、機関車の方もそれだけではふきとばないっ!踏みとどまり、Bカーディンの拳との押し問答に入
 「こいつも付けて欲しいってかぁ!?」
 次の瞬間、Bカーディンが左の拳を振り上げ、機関車を思い切り殴り飛ばす!!
 機関車が宙に吹っ飛んだ!
 だが、その時、パトランプと翼が象られている金のエンブレムの付いた機首の上から、外銀内藍の片刃が立ち上がる!!
 すると、機体の中から後部が上下に分割しつつ、分割した上の方が左右に分かれて機首を中心に機首を胸部として後ろの両肩を左右に移動させるように出し、
 そのまま脇を閉めるようにその先を下に降ろして後ろ端の部分が握った拳を開くように展開して両手となり、
 中部から後ろに分かれた後部が下の方に回って中から下が左右に分かれ両足となり、その上が腰部となってその両足で地上に着地、足元で火花を散らしつつ後ろの方にこすれ、
 そこで機首の上から前の方に下げていた頭を上げるようにカクカクした兜の付いた頭が上がった!
 そして、その頭の上、額の方に兜の後の方から機首の上と同じ銀外藍内の片側刃が立ち上がった!
 そいつは、黄色で縁取られている藍色で兜に胸部に腹部に両肩の手と足の中ほどから下が彩色され、
 両腕と両足の中部は白く塗られており、
 顔の口元には薄灰色の鋼鉄のマスクを付け、緑色の機瞳でBカーディン達の方を見据えていた!
 よし、召喚成功!そして、向こうの方はリサイクルカードでオープン時のコストは無し!おっし、それなら、こっちのバトルマシンズ ライフブレイカーS・Lのコスト支払だ!
 右手でチャージゾーンのカードを三枚表に!
 「僕はバトルマシンズ ライフブレイカーS・Lのコストにバトルマシンズ カーディン カーモード、機鱗の盾、機原盾石の大岩を指定!バトルマシンズ カーディン カーモードは召喚できるけど、今回は追加召喚無し!!」
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800
 
名前:機鱗の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
名前:機原盾石の大岩
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
ブラックカーディン
モンスターゾーン
ブラックカーディン ロボモード M コスト:3 パワー:2000
Bバトルマシンズ ブラックビックハンド M コスト:1 パワー:900
チャージゾーン
裏:3表:0
 
双歩
モンスターゾーン
バトルマシンズ ライフブレイカーS・L M コスト:3 パワー:2800
チャージゾ-ン裏
チャージゾーン
裏:1表:3
 
ブラックカーディン ロボモード M コスト:3 パワー:2000
 
FIGHT!!
 
バトルマシンズ ライフブレイカーS・L M コスト:3 パワー:2800
 
 S・Lが突如、カーディンを助けに走り出した!
 「面白れぇ、それなら俺様が相手してやるぜ!!」
 BカーディンがS・Lに向かって走り、互いに対峙する!
 「私も」「おっと!!」いきなり吹っ飛ばされて地面に転がっていた大筒馬が立ち上がり僕の方にバズーカを向けて撃つ!
 慌てて右足側の方に走る!「っと!」
 ドガン!!
 弾はカーディンの横の方を通り抜けつつ見事に僕のいた場所に着弾!!
 「双歩!?」
 「行かせねぇぜ!」再度の馬頭の砲弾がカーディンの足元の床に直撃!
 「ぐっ!」
 二体の向こう側にいる、鉄筒馬の方をカーディンがゆっくりと向く、
 その間にも、S・LとBカーディンが走り出す!!
 同時に、鉄筒馬が僕の方に大筒を向ける!
 「させるかっ!」
 そこにカーディンが二体を避けつつ走り込んで行き、
 その間にも、S・LがいきなりBカーディンに向かって右回し蹴りを繰り出し、そこでBカーディンが後ろに跳躍しつつさらに高く跳躍、空中で右の足を上に振り上げ振り降ろす!
 S・Lはとっさに両腕を出して防御しつつ両腕を大きく外側に撃ち出して吹っ飛ばした!
 Bカーディンは吹っ飛ばされつつも着地、そのまま右足前に走り出して車形態に変形!S・Lの左半身側大きく後ろまで一直線に走り込みつつS・Lの真後ろに急ターンしてその勢いのままロボ形態に変形して走りながら右拳を振り上げる!!S・Lは後ろを振り返ろうとして対応出来ていない!!
 ズガン!
 カーディンが大筒馬のバズーカを左手で弾く!
 S・Lはそのまま振り返りきれずBカーディンの拳を背後から受けて吹っ飛ぶ!
 が刹那、Bカーディンが自らの背中からバズーカの弾を受けた!
 「うおっ!?」
 さっきカーディンが弾く途中に大筒から発射された弾だ!
 いつの間にか、S・L、Bカーディン、カーディン、筒馬という並びになっていて、カーディンとBカーディンが背中合わせになっていたためこういうことが起きたんだ!
 「おい、てめぇ、何しやがる!!」
 Bカーディンが鉄筒馬の方を向き、いきなり怒り出す
 「おいおい、ちょっと吹っ飛ばされただけだろう・・・」
 筒馬頭もあきれてものを言いだし
 そこにS・LがBカーディンを後ろから右拳を振り上げ殴り掛かる!
 「見えてんだよっ!!」
 だが、いきなりBカーディンが後ろを向きつつ右手で右腕を掴み、振り返りながら掴んだ右の腕を前の方に振ってS・Lごと床に叩き付ける一本背負い!!
 
名前:黒き機械の逸らし発破力
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるか次の相殺が起こるまで100上げる
   ・この戦闘前で相殺含め何のカードも発動していなかった時、
    上げる数値を200増やす
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    このカードを自分の手札に戻すかどうか選択できる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:ブラックバトルマシンズブーストブラフ
     黒き力は見えなくするもの、
     見えなくしたものの真実を隠す・・・
 
 ズガンッ!!
 げ、黒き機械の逸らし発破力!?これって今の一本背負い!?カード扱いかよ!?
 「っち、少し演技がしょっぱかったか・・・」
 Bカーディンの舌打ちが聞こえ
 「次はこれでもくらいやがれぇ!」
 次の瞬間、Bカーディンが上に跳び、肘をS・Lの腹の方に向ける!
 
名前:黒き機械の発破力
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで100上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで500上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
 
 あれは、黒き機械の発破力!?でも、それを決めさせるわけにはいかないな!
 右手でチャージゾーンのカードを一枚表にしつつ宣言!
 「僕はバトルマシンズブーストの効果を発動!黒き機械の発破力のカードを相殺する!!」
 
名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで300上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで300上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:パワーを上げる!!
     出力を上げ、一気にたたみかける!!
 
黒き機械の発破力
 
相殺
 
バトルマシンズブースト
 
 S・Lが突如両手を上げ、Bカーディンを受け止めるように掴み、そのまま自身の足下の方に放り投げる!
 が、Bカーディンは軽々と着地し、
 「ちぃ、そう簡単にはいかないってか・・・」
 舌打ちを鳴らす、
 よし、これでさっき発動した黒き機械の逸らし発破力で上がったパワー分も無しになったな、
 ってあれ?向こうのチャージゾーンの黒き機械の逸らし発破力が無くなってら、そうか、黒き機械の逸らし発破力自身の効果で手札に戻したのか・・・
 「なら、続けてこいつだぁ!」
 
名前:黒き機械の臨機力
種類:H ハンド コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで100上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    自分の手札にある、カテゴリ:バトルマシンズを持つ、
    そのカードを除く自分のチャージゾーンの裏側表示のカードの数よりも
    コストの低くかつ、コスト3以下のカードと、
    戦闘するカードが置かれていない場所1つを選択し、
    そのカードをコスト0扱いで選択した場所に召喚することができる、
    このコストは1増やして次のオープン直後前に追加で支払わなければならない
    支払えなかった場合、召喚したモンスターはトラッシュに送る
    召喚したこのターン、自分のモンスターは
    戦闘で相手のライフカードにダメージを与えることはできない
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
 
 画面に黒き機械の臨機力がっ!?
 Bカーディンが走り出し、右拳を振り上げる!
 その間にもS・Lが跳び上がるように跳ねあがり、こちらも右の拳を握って振り上げ、ぶつけ合う!!
 ドガァ!!
 拳同士は互角!でも、黒き機械の臨機力出たにも関わらずさっきのと違って力押しな気が・・・
 と思った次の瞬間、Bカーディンがバズーカ馬頭の方を向く、一体何を?
 と、大筒馬が今度は明確にS・Lに向かってバズーカを向ける!
 「やらせはしないっ!」
 そこにカーディンが立ちはだかり、鉄筒馬頭を右拳で殴りにかかる!
 「おおっとぉ!」
 いきなりここでバズーカ馬頭が上に跳躍しつつ黒銃使達の方をチラリと見た!
 いったい・・・
 「させるかぁ!!」
 カーディンが鉄筒馬を追い上に跳ぶ!と同時に、黒い銃使いの一体がカーディンに向かって跳躍!
 「うおっ!?」
 カーディンを踏み台にしつつさらに上に跳びながらその黒いローブを脱ぎ、なぜか大筒馬のバズーカの中に入り
 「発射!」
 バズーカ馬が入り込んだ黒い銃使を撃ち出した!
 それは、黒い、穴開きの鉄骨で出来た立方体!
 そうか、あいつは!!
 それがまた瞬く間にS・Lの前まで飛んで行き、
 「S・・・」
 ビヨヨヨ~ン!!
 S・Lの間で弾けるように伸びて人型となる!!
 
名前:Bバトルマシンズ ブラックスケルトンキューブ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターと
        相手のモンスターが参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーを1000下げ、
   ・次の戦闘に参加する相手のモンスターの居る場所にある、
    相手のジェイル、インヴォークを、
    相手のチャージゾーンに裏側表示で送る
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:機骨箱
テキスト:ビヨヨヨ~ン!!
     黒鉄骨を組み合わせて作られた鉄箱が反発したように伸び、人型となる!!
 
 これにはS・Lも驚いて一瞬ひるみ、
 「もらったぁ!」
 
名前:黒き機械の生命破壊
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に「ブラックカーディン」と名前に付いた
        コスト3以上の自分のモンスターが参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで800上げる
   ・次の戦闘に自分のモンスターが勝利した時、
    このターンの間、
    自分のモンスターの効果、発動タイミング、発動条件を無しにし、
    戦闘に勝った相手のモンスターの
    効果、発動タイミング、発動条件を得ることができるか選択できる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:媚びぬっ!!
テキスト:ブラックカーディンライフブレイク
     悪鬼の一撃が、相手の生命ごと吹っ飛ばす!
 
 次の瞬間、Bカーディンが下からアッパーをかけてS・LとBスケルトンキューブをぶん殴ってS・Lの姿勢を崩しBスケルトンキューブをを上に吹っ飛ばす!と同時にスライディング!S・Lの姿勢を崩して後ろに転倒させ
 「お前も来い!ブラックビックハンド!!」
 叫んだ瞬間、BビックハンドがS・Lの上まで飛んできて刹那Bカーディンも立ち上がりつつ真上に跳躍!上にいたBスケルトンキューブが右拳を下に下げ、
 そこに飛行してきたBビックハンドとBカーディンも右拳を下に下げ、そのまま落下、
 三体の右拳をS・Lの腹に同時に叩きこんだ!
 S・Lもこれには耐えきれず、腹が裂け、爆発!消滅した!!
 「ライフブレイカーS・Lゥウウウウ!!」
 「ついでだ、行って来い!!」爆発の爆炎からBビックハンドがカーディンに向かって飛んできてカーディンを殴り飛ばしていく!!
 
ブラックカーディン ロボモード M コスト:3
パワー:2000 パワー合計:
 
FINISH!!
 
バトルマシンズ ライフブレイカーS・L M コスト:3
パワー:2800 パワー合計:
 
名前:ブラックカーディン ロボモード
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2000
 
双歩&カーディン ダメージ
 
 あれが、画面に出た、黒き機械の生命破壊・・・
 S・Lの効果を逆用された・・・
 
Bバトルマシンズ ブラックビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
ATTACK!!
 
双歩&カーディン
 
 「このぅ!」
 カーディンが吹っ飛ばされながらも着地し、
 「てりゃあぁあああ!!」
 一気にBビックハンドとの間合いを詰め、右拳を振り上げ殴り飛ばす!
 
Bバトルマシンズ ブラックビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
NO DAMAGE
 
双歩&カーディン
 
 「っち、次はお前だ!行け!!」
 Bカーディンの声を聞き、Bスケルトンキューブ、Bキューブがカーディンに向かって走り出す!
 
Bバトルマシンズ ブラックスケルトンキューブ M コスト:2 パワー:1400
 
ATTACK!!
 
双歩&カーディン
 
 「何の!」
 カーディンが今度はBキューブに向かって走り込み、大きく右足を振り回す!
 Bキューブはそれを箱状になって避け
 「甘い!」
 カーディンは無理矢理右足を下げて両足を地に付けつつ箱状態のBキューブを両手に持ち
 ビヨヨ
 「甘いと言っているっ!!」
 次の瞬間、人型となりつつあったBキューブに頭突きを食らわした!
 ズゴン!!
 これにはBキューブも上半身だけ人のような形となりつつ変形を停止
 「でりゃあああ!!」
 このBキューブをカーディンはBカーディンの方に投げ返した!!
 
Bバトルマシンズ ブラックスケルトンキューブ M コスト:2 パワー:1400
 
NO DAMAGE
 
双歩&カーディン
 
 ほっ・・・ダメージが黒き機械の生命破壊の分以外無かったのは幸いだが、無かった分、BビックハンドとBキューブの分のダメージが無かったのは黒き機械の臨機力の効果である、そのせいで向こうには援軍が来てこっちがピンチに陥っている・・・
 「やはり、個々では無理があったか・・・」いや、黒き機械の臨機力で無理に呼んだせいなので次のターンには・・・「だが!!」
 Bカーディンがカーディンに向い、右拳を前に出して構える、
 そして、その左手にBビックハンドが五指を波の様に揺らがせながら止まり、右手にBキューブが右拳を少し防御するように構えを取って並ぶ
 「次はこうはいかないぜ・・・!」
 確かに、次のターンからはダメージが、くる!
 「くっ・・・」
 「ぐっ・・・」
 「なら、こっちはこうだ!」
 と、大筒馬の指示により、思い出したかのように黒い銃使い達が少し散開しつつ、僕に銃の照準を向け、
 「へっ・・・?」
 銃を撃ってきた!!
 「うっだぁああ!!」
 「双歩!?」
 
ブラックカーディン
デッキ:27枚 手札:1枚 ライフカード:5枚
チャージゾーン:1枚 トラッシュ:3枚
モンスターゾーン
ブラックカーディン ロボモード M コスト:3 パワー:2000
Bバトルマシンズ ブラックビックハンド M コスト:1 パワー:900
Bバトルマシンズ ブラックスケルトンキューブ M コスト:2 パワー:1400
 
VS
 
双歩
デッキ:27枚 手札:4枚 ライフカード:3枚
チャージゾーン:4枚 トラッシュ:2枚
モンスターゾーン
無し
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

 

参上、ブラックカーディン/12 カードゲーム小説WカードFu

f:id:OirenW:20170802122808j:plain
 
カードゲームライトノベル Wカードフュージョン12話 参上、ブラックカーディン12
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 一気に行くぞ!まずは右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に返し、
 「リチャージ!」
 「さぁ、これで終わりか!?」
 Bカーディンが右手の平を上にして五指をクイクイと曲げ挑発してくる、
 ううむ、早い内にどうにかしないと・・・
 右の手で山札の一番上のカードを引きつつ、
 「ドロー!」
 「どうした!どうした!」
 「ぐっ・・・」
 カーディンが息をつめながらもBカーディンとの間合いを計り、少し近づく
 「歯がゆいぜ・・・それなら・・・」
 今僕が引いたのは飛び出し、キット、ニンジャ!!
 これは左手の手札に移して、代わりにこいつを右の手で引いて1番に裏で!
 チャージゾーンには・・・よし!バトルマシンズブーストを置いておこう!
 右手で左手の手札からバトルマシンズブーストのカードを引いてチャージゾーンに裏側で置き、
 「セット!」
 「こっちから行くぜっ!!」
 Bカーディンが走り出す!
 「くっ!うぉおおお!!」
 「おっとぉ!!」
 カーディンが走り出そうとした瞬間、バズーカ馬がバズーカを発射し、カーディンのにぶち当ててカーディンの足を一瞬留めさせた!
 「ナイスだぜ!今だ!!」
 Bカーディンが跳躍し、カーディンに向かい、右拳を振り上げる!
 さらに、僕の上からBビックハンドがその拳を握って降り注ぎ、黒づくめの銃使い達が改めて僕の方に銃の照準を向ける!
 ええい!みんなまとめて吹っ飛ばせ!!
 僕は1番に裏側で置いたカードを右手で表にするっ!
 「オープン!来い!!バトルマシンズ ライフブレイカーS・L!!」
 突如、右手の方から黄ふち藍色の機関車が走ってきた!!
 「でぇい!!」
 刹那僕は後ろに跳んで上から降ってきたBビックハンドを回避!!
 そこに機関車が走り込みBビックハンドを吹っ飛ばし壁にめり込ませつつ流れるように右弦にターンし僕の方に銃撃してきた黒銃使の銃弾を走りながらこれも右ターンでバズーカ馬ごとふっとばし、今度は手前にターンしてBカーディンの方に向かって行く!
 「そろそろ来ると思ってたぜ!!」
 突如、Bカーディンが着地しつつ、その右拳を機関車に向け、両足を踏ん張り、機関車に右の拳を叩きつけた!
 ガィン!!
 だが、機関車の方もそれだけではふきとばないっ!踏みとどまり、Bカーディンの拳との押し問答に入
 「こいつも付けて欲しいってかぁ!?」
 次の瞬間、Bカーディンが左の拳を振り上げ、機関車を思い切り殴り飛ばす!!
 機関車が宙に吹っ飛んだ!
 だが、その時、パトランプと翼が象られている金のエンブレムの付いた機首の上から、外銀内藍の片刃が立ち上がる!!
 すると、機体の中から後部が上下に分割しつつ、分割した上の方が左右に分かれて機首を中心に機首を胸部として後ろの両肩を左右に移動させるように出し、
 そのまま脇を閉めるようにその先を下に降ろして後ろ端の部分が握った拳を開くように展開して両手となり、
 中部から後ろに分かれた後部が下の方に回って中から下が左右に分かれ両足となり、その上が腰部となってその両足で地上に着地、足元で火花を散らしつつ後ろの方にこすれ、
 そこで機首の上から前の方に下げていた頭を上げるようにカクカクした兜の付いた頭が上がった!
 そして、その頭の上、額の方に兜の後の方から機首の上と同じ銀外藍内の片側刃が立ち上がった!
 そいつは、黄色で縁取られている藍色で兜に胸部に腹部に両肩の手と足の中ほどから下が彩色され、
 両腕と両足の中部は白く塗られており、
 顔の口元には薄灰色の鋼鉄のマスクを付け、緑色の機瞳でBカーディン達の方を見据えていた!
 よし、召喚成功!そして、向こうの方はリサイクルカードでオープン時のコストは無し!おっし、それなら、こっちのバトルマシンズ ライフブレイカーS・Lのコスト支払だ!
 右手でチャージゾーンのカードを三枚表に!
 「僕はバトルマシンズ ライフブレイカーS・Lのコストにバトルマシンズ カーディン カーモード、機鱗の盾、機原盾石の大岩を指定!バトルマシンズ カーディン カーモードは召喚できるけど、今回は追加召喚無し!!」
 S・Lが突如、カーディンを助けに走り出した!
 「面白れぇ、それなら俺様が相手してやるぜ!!」
 BカーディンがS・Lに向かって走り、互いに対峙する!
 「私も」「おっと!!」いきなり吹っ飛ばされて地面に転がっていた大筒馬が立ち上がり僕の方にバズーカを向けて撃つ!
 慌てて右足側の方に走る!「っと!」
 ドガン!!
 弾はカーディンの横の方を通り抜けつつ見事に僕のいた場所に着弾!!
 「双歩!?」
 「行かせねぇぜ!」再度の馬頭の砲弾がカーディンの足元の床に直撃!
 「ぐっ!」
 二体の向こう側にいる、鉄筒馬の方をカーディンがゆっくりと向く、
 その間にも、S・LとBカーディンが走り出す!!
 同時に、鉄筒馬が僕の方に大筒を向ける!
 「させるかっ!」
 そこにカーディンが二体を避けつつ走り込んで行き、
 その間にも、S・LがいきなりBカーディンに向かって右回し蹴りを繰り出し、そこでBカーディンが後ろに跳躍しつつさらに高く跳躍、空中で右の足を上に振り上げ振り降ろす!
 S・Lはとっさに両腕を出して防御しつつ両腕を大きく外側に撃ち出して吹っ飛ばした!
 Bカーディンは吹っ飛ばされつつも着地、そのまま右足前に走り出して車形態に変形!S・Lの左半身側大きく後ろまで一直線に走り込みつつS・Lの真後ろに急ターンしてその勢いのままロボ形態に変形して走りながら右拳を振り上げる!!S・Lは後ろを振り返ろうとして対応出来ていない!!
 ズガン!
 カーディンが大筒馬のバズーカを左手で弾く!
 S・Lはそのまま振り返りきれずBカーディンの拳を背後から受けて吹っ飛ぶ!
 が刹那、Bカーディンが自らの背中からバズーカの弾を受けた!
 「うおっ!?」
 さっきカーディンが弾く途中に大筒から発射された弾だ!
 いつの間にか、S・L、Bカーディン、カーディン、筒馬という並びになっていて、カーディンとBカーディンが背中合わせになっていたためこういうことが起きたんだ!
 「おい、てめぇ、何しやがる!!」
 Bカーディンが鉄筒馬の方を向き、いきなり怒り出す
 「おいおい、ちょっと吹っ飛ばされただけだろう・・・」
 筒馬頭もあきれてものを言いだし
 そこにS・LがBカーディンを後ろから右拳を振り上げ殴り掛かる!
 「見えてんだよっ!!」
 だが、いきなりBカーディンが後ろを向きつつ右手で右腕を掴み、振り返りながら掴んだ右の腕を前の方に振ってS・Lごと床に叩き付ける一本背負い!!
 ズガンッ!!
 げ、黒き機械の逸らし発破力!?これって今の一本背負い!?カード扱いかよ!?
 「っち、少し演技がしょっぱかったか・・・」
 Bカーディンの舌打ちが聞こえ
 「次はこれでもくらいやがれぇ!」
 次の瞬間、Bカーディンが上に跳び、肘をS・Lの腹の方に向ける!
 あれは、黒き機械の発破力!?でも、それを決めさせるわけにはいかないな!
 右手でチャージゾーンのカードを一枚表にしつつ宣言!
 「僕はバトルマシンズブーストの効果を発動!黒き機械の発破力のカードを相殺する!!」
 S・Lが突如両手を上げ、Bカーディンを受け止めるように掴み、そのまま自身の足下の方に放り投げる!
 が、Bカーディンは軽々と着地し、
 「ちぃ、そう簡単にはいかないってか・・・」
 舌打ちを鳴らす、
 よし、これでさっき発動した黒き機械の逸らし発破力で上がったパワー分も無しになったな、
 ってあれ?向こうのチャージゾーンの黒き機械の逸らし発破力が無くなってら、そうか、黒き機械の逸らし発破力自身の効果で手札に戻したのか・・・
 「なら、続けてこいつだぁ!」画面に黒き機械の臨機力がっ!?
 Bカーディンが走り出し、右拳を振り上げる!
 その間にもS・Lが跳び上がるように跳ねあがり、こちらも右の拳を握って振り上げ、ぶつけ合う!!
 ドガァ!!
 拳同士は互角!でも、黒き機械の臨機力出たにも関わらずさっきのと違って力押しな気が・・・
 と思った次の瞬間、Bカーディンがバズーカ馬頭の方を向く、一体何を?
 と、大筒馬が今度は明確にS・Lに向かってバズーカを向ける!
 「やらせはしないっ!」
 そこにカーディンが立ちはだかり、鉄筒馬頭を右拳で殴りにかかる!
 「おおっとぉ!」
 いきなりここでバズーカ馬頭が上に跳躍しつつ黒銃使達の方をチラリと見た!
 いったい・・・
 「させるかぁ!!」
 カーディンが鉄筒馬を追い上に跳ぶ!と同時に、黒い銃使いの一体がカーディンに向かって跳躍!
 「うおっ!?」
 カーディンを踏み台にしつつさらに上に跳びながらその黒いローブを脱ぎ、なぜか大筒馬のバズーカの中に入り
 「発射!」
 バズーカ馬が入り込んだ黒い銃使を撃ち出した!
 それは、黒い、穴開きの鉄骨で出来た立方体!
 そうか、あいつは!!
 それがまた瞬く間にS・Lの前まで飛んで行き、
 「S・・・」
 ビヨヨヨ~ン!!
 S・Lの間で弾けるように伸びて人型となる!!
 これにはS・Lも驚いて一瞬ひるみ、
 「もらったぁ!」
 次の瞬間、Bカーディンが下からアッパーをかけてS・LとBスケルトンキューブをぶん殴ってS・Lの姿勢を崩しBスケルトンキューブをを上に吹っ飛ばす!と同時にスライディング!S・Lの姿勢を崩して後ろに転倒させ
 「お前も来い!ブラックビックハンド!!」
 叫んだ瞬間、BビックハンドがS・Lの上まで飛んできて刹那Bカーディンも立ち上がりつつ真上に跳躍!上にいたBスケルトンキューブが右拳を下に下げ、
 そこに飛行してきたBビックハンドとBカーディンも右拳を下に下げ、そのまま落下、
 三体の右拳をS・Lの腹に同時に叩きこんだ!
 S・Lもこれには耐えきれず、腹が裂け、爆発!消滅した!!
 「ライフブレイカーS・Lゥウウウウ!!」
 「ついでだ、行って来い!!」爆発の爆炎からBビックハンドがカーディンに向かって飛んできてカーディンを殴り飛ばしていく!!
 あれが、画面に出た、黒き機械の生命破壊・・・S・Lの効果を逆用された・・・
 「このぅ!」
 カーディンが吹っ飛ばされながらも着地し、
 「てりゃあぁあああ!!」
 一気にBビックハンドとの間合いを詰め、右拳を振り上げ殴り飛ばす!
 「っち、次はお前だ!行け!!」
 Bカーディンの声を聞き、Bスケルトンキューブ、Bキューブがカーディンに向かって走り出す!
 「何の!」
 カーディンが今度はBキューブに向かって走り込み、大きく右足を振り回す!
 Bキューブはそれを箱状になって避け
 「甘い!」
 カーディンは無理矢理右足を下げて両足を地に付けつつ箱状態のBキューブを両手に持ち
 ビヨヨ
 「甘いと言っているっ!!」
 次の瞬間、人型となりつつあったBキューブに頭突きを食らわした!
 ズゴン!!
 これにはBキューブも上半身だけ人のような形となりつつ変形を停止
 「でりゃあああ!!」
 このBキューブをカーディンはBカーディンの方に投げ返した!!
 ほっ・・・ダメージが黒き機械の生命破壊でS・Lの効果を逆用された分以外無かったのは幸いだが、無かった分、BビックハンドとBキューブの分のダメージが無かったのは黒き機械の臨機力の効果である、そのせいで向こうには援軍が来てこっちがピンチに陥っている・・・
 「やはり、個々では無理があったか・・・」いや、黒き機械の臨機力で無理に呼んだせいなので次のターンには・・・「だが!!」
 Bカーディンがカーディンに向い、右拳を前に出して構える、
 そして、その左手にBビックハンドが五指を波の様に揺らがせながら止まり、右手にBキューブが右拳を少し防御するように構えを取って並ぶ
 「次はこうはいかないぜ・・・!」
 確かに、次のターンからはダメージが、くる!
 「くっ・・・」
 「ぐっ・・・」
 「なら、こっちはこうだ!」
 と、大筒馬の指示により、思い出したかのように黒い銃使い達が少し散開しつつ、僕に銃の照準を向け、
 「へっ・・・?」
 銃を撃ってきた!!
 「うっだぁああ!!」
 「双歩!?」
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com