オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベを置いていきます。

トップ一覧

はじめに、はここをクリック  ツイッタータイムラインはこちら
妖魔版は通常版読了後に読むことを推奨します
現行・ダブモン4話 1/ 2/ 3/ 4/ 5/ 6/ 7/ 8/ 9/ 10/ 11/ 12/ 13/ 妖魔版 1/ 2/ 3/ 4/ 5/ 6/ 7/ 8/ 9/ 10/ 11/ 12/

ダブモン3話 1/ 2/ 3/ 4/ 5/ 6/ 7/ 8/ 9/ 10/ 11/ 12/ 13/ 14/ 15/ 16/ 17/ 18/ 19/ 20/ 21/ 22/ 23/ 24/ 妖魔版 1/ 2/ 3/ 4/ 5/ 6/ 7/ 8/ 9/ 10/ 11/ 12/ 13/ 14/ 15/ 16/ 17/ 18/ 19/ 20/ 21/ 22/ 23/ 24/
ダブモン1話 1/ 2/ 3/ 4/ 5/ 6/ 7/ 8/ 9/ 10/ 11/ 12/ 13/ 14/ 15/ 16/ 17/ 18/ 19 妖魔版 1/ 2/ 3/ 4/ 5/ 6/ 7/ 8/ 9/ 10/ 11/ 12/ 13/ 14/ 15/ 16/ 17/ 18/ 19
ダブモン 1/ 2/ 3/ 4/ 妖魔版 1/ 2/ 3/ 4/
フュージョン 1/ 2/ 3/ 4/ 4/ 5/ 6/ 7/ 8/ 8/ 9/ 9/ 10/ 11/ 11/ 12/ 13/ 14/ 15/ 16/ 17/ 18
短編・EX 狸1/ 狸2/ 魔王1/ 魔王2/ アイドル1/ アイドル2/ 地雷1/ 地雷2/ 星間戦争編1/ 星間戦争編2/ ex-1/ ex-2/ 妖魔版 狸1/ 狸2/ 魔王1/ 魔王2/ アイドル1/ アイドル2/ 地雷1/ 地雷2/ ex-1/ ex-2/ 星間戦争編1/ 星間戦争編2/

まとめ フュージョン/ 短編/ EX/

到着!魔道都市マジカラ!! ダブモン!!5話/05 妖魔版

 
到着!魔道都市マジカラ!! ダブモン!!5話/05 妖魔版
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

f:id:OirenW:20190515121044p:plain 
 
 「走れ!あれはダブモンだ!!」
 「あれもダブモンなのかよ!?」
 夜の宮殿の廊下で岩に追いかけられ、走り出す俺達・・・
 「こっち!」
 カンテーラは一旦キッチンの前まで戻り、左手側の廊下に逃げ込む、
 俺達も急ぎそちらに入り込んだ
 幸い、兵士たちは曲がり角を曲がったのか見えない
 と、岩が何と、俺達がいた場所近くの壁の直前で何事も無かったかのようにピタリと止まったではないか・・・!
 「あれ~おかしいな~この辺りに誰かいたように見えたんだけどな~」
 岩から声が聞こえ、それは丸まった体を伸ばすように岩がのび、頭と手足と尻尾が生える、なんか、タヌキみたいだ、
 全体的に茶色い体だが、鼻先が尖り丸い耳持つ頭、後ろに生えた尻尾は焦げ茶と茶色の縞々でふわふわだが、体の側部から背部は岩のようにゴツイ、岩の甲羅でも背負ってるみてぇ、
 それに、よく見ると、体の左脇から上に先に二つに分かれた葉っぱが付いてる緑のつるが生えてたりするな・・・
 等と観察していると、そいつが、体を縮めながら後ろ、俺達がいた場所までその鼻を体を回して移動させて地面に寄せ・・・
 「ふんふん、確かに嗅いだ事の無い人とダブモンの匂いがするなぁ、でも、こっちに来たばかりな上、ここ最近新しい警備の人がたくさん入ってきて、まだ全員の匂いを記憶しきれてないんだなぁ・・・相手がだれか確認しないと・・・」
 「っち、あれは化かし岩のコーヒー嗅ぎ、コヒカヌキだ」カンテーラが覗きながら愚痴り出した「知ってるのかカンテーラ?」「鼻がとにかく効くんだよ、まずい、こっちにくる・・・」
 カンテーラの言う通り、コヒカヌキはこっちに向いてのっそりのっそり歩いてくる・・・
 「まずいな、このまま移動しても匂いを嗅ぎつけられるだけだぞ・・・」
 匂いか・・・
 「なぁ、カンテーラ・・・」カンテーラの耳元、多分、人間ならそのあたり、に口を寄せ
 ごにょごにょごにょごにょ
 思いついた作戦をごにょごにょ小声で伝える・・・
 すると、カンテーラがこちらに、少しの期待からかそんな感じに素早く目線を向ける
 「お、確かに、やらないよりかはましだな・・・よし!とにかく離れよう・・・」
 俺達はキッチンとコヒカヌキから離れるように廊下の奥に向かって走り出し、そのまま次の曲がり角を左に・・・、曲がり角の影から見ればコヒカヌキものったりのったりとだが確実に追ってきて・・・
 そんなコヒカヌキの様子を見て廊下の奥に向かい・・・十字路を右に曲がり次の次の十字路を左に曲がり、その先で作戦にちょうどいい場所を見つける・・・左に長い田の字の廊下で四つの部屋が繋がった場所、コヒカヌキのいるであろう廊下とは直接は繋がっていなさそうだ・・・
 「カンテーラ、ウィルピー、人の気配は・・・?」
 「大丈夫だと思う、だが、急いだほうがいい」
 「ですね・・・」
 ううむ時間は無いか、
 「だが、ここなら好都合だろう、」
 お!カンテーラもそう思ってたか!!
 「おし、」横の方からチラと微小に後ろの皆を見る「みんな、走れ!」
 「仕方無い・・・」
 「見つからないようにね!」
 「私もやるの・・・?しょうがないわねぇ・・・」
 そして、そこで俺達はほんの少しの間、コヒカヌキがひとつ前の曲がり角を曲がる前にがむしゃらに走り抜け、一番左手前の所で集まり、やはり曲がり角の影から先ほどいた場所を見守っていると、コヒカヌキが俺達のいた場所に出てきた!
 「あれ・・・匂いが分散してる・・・」鼻をしきりに三方の廊下に順繰りに向けて匂いを嗅ぐが・・・顔を上げ、「これ・・・どっちに行けばいいんだぁ!?」
 よし!コヒカヌキが嘆いて混乱して動きを止めてる
 「それとももしかして、元からあった匂いなのかぁ!?ああ、匂いが消えちゃう!!とりあえず・・・」コヒカヌキが唐突に顔を向こうに向ける「みぎだぁ!!」
 おっし!
 コヒカヌキが右に曲がり、いよいよもって俺達から離れて行く・・・
 「今のうちに行くぞ、すぐ後ろ十字路から離れる方の先に階段があった、少し狭目の階段だからコヒカヌキは通れないだろう、匂いも直ぐに感知できなくなるようだし、早めに行けば感づかれないはずだ」
 俺達はカンテーラの案内に従い通路を走ると・・・
 右手の方の前方に、壁材を使い同化するように作ったような二階への階段を発見した・・・
 
名・化かし岩のコーヒー嗅ぎ コヒカヌキ ダブモンNo.69
概・M モンスター コスト2 パワー1400 両生・風属性
発・戦闘前・自任意・時限無し・条文の頭に指定:
条・主対象:このモンスターが次の戦闘に参加する時
  ・相手の手札が1枚以上存在している時
効・第一効果:無し
  ・相手の手札をランダムに1枚見てそれがハンドカードだった場合、
   相手のトラッシュに送る
文・岩に化けたりして着実にコーヒーを探すウスリータヌキ型ダブモン、
  葉っぱまで生やして間抜けなように見えて嗅覚が鋭い、敵地にちゃっかり入り
  込むなど、得体のしれない側面がある
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

到着!魔道都市マジカラ!! ダブモン!!5話/05

 
到着!魔道都市マジカラ!! ダブモン!!5話/05
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

f:id:OirenW:20190515121044p:plain 
 
 「走れ!あれはダブモンだ!!」
 「あれもダブモンなのかよ!?」
 夜の宮殿の廊下で岩に追いかけられ、走り出す俺達・・・
 「こっち!」
 カンテーラは一旦キッチンの前まで戻り、左手側の廊下に逃げ込む、
 俺達も急ぎそちらに入り込んだ
 幸い、兵士たちは曲がり角を曲がったのか見えない
 と、岩が何と、俺達がいた場所近くの壁の直前で何事も無かったかのようにピタリと止まったではないか・・・!
 「あれ~おかしいな~この辺りに誰かいたように見えたんだけどな~」
 岩から声が聞こえ、それは丸まった体を伸ばすように岩がのび、頭と手足と尻尾が生える、なんか、タヌキみたいだ、
 全体的に茶色い体だが、鼻先が尖り丸い耳持つ頭、後ろに生えた尻尾は焦げ茶と茶色の縞々でふわふわだが、体の側部から背部は岩のようにゴツイ、岩の甲羅でも背負ってるみてぇ、
 それに、よく見ると、体の左脇から上に先に二つに分かれた葉っぱが付いてる緑のつるが生えてたりするな・・・
 等と観察していると、そいつが、体を縮めながら後ろ、俺達がいた場所までその鼻を体を回して移動させて地面に寄せ・・・
 「ふんふん、確かに嗅いだ事の無い人とダブモンの匂いがするなぁ、でも、こっちに来たばかりな上、ここ最近新しい警備の人がたくさん入ってきて、まだ全員の匂いを記憶しきれてないんだなぁ・・・相手がだれか確認しないと・・・」
 「っち、あれは化かし岩のコーヒー嗅ぎ、コヒカヌキだ」カンテーラが覗きながら愚痴り出した「知ってるのかカンテーラ?」「鼻がとにかく効くんだよ、まずい、こっちにくる・・・」
 カンテーラの言う通り、コヒカヌキはこっちに向いてのっそりのっそり歩いてくる・・・
 「まずいな、このまま移動しても匂いを嗅ぎつけられるだけだぞ・・・」
 匂いか・・・
 「なぁ、カンテーラ・・・」カンテーラの耳元、多分、人間ならそのあたり、に口を寄せ
 ごにょごにょごにょごにょ
 思いついた作戦をごにょごにょ小声で伝える・・・
 すると、カンテーラがこちらに、少しの期待からかそんな感じに素早く目線を向ける
 「お、確かに、やらないよりかはましだな・・・よし!とにかく離れよう・・・」
 俺達はキッチンとコヒカヌキから離れるように廊下の奥に向かって走り出し、そのまま次の曲がり角を左に・・・、曲がり角の影から見ればコヒカヌキものったりのったりとだが確実に追ってきて・・・
 そんなコヒカヌキの様子を見て廊下の奥に向かい・・・十字路を右に曲がり次の次の十字路を左に曲がり、その先で作戦にちょうどいい場所を見つける・・・左に長い田の字の廊下で四つの部屋が繋がった場所、コヒカヌキのいるであろう廊下とは直接は繋がっていなさそうだ・・・
 「カンテーラ、ウィルピー、人の気配は・・・?」
 「大丈夫だと思う、だが、急いだほうがいい」
 「ですね・・・」
 ううむ時間は無いか、
 「だが、ここなら好都合だろう、」
 お!カンテーラもそう思ってたか!!
 「おし、」横の方からチラと微小に後ろの皆を見る「みんな、走れ!」
 「仕方無い・・・」
 「見つからないようにね!」
 「私もやるの・・・?しょうがないわねぇ・・・」
 そして、そこで俺達はほんの少しの間、コヒカヌキがひとつ前の曲がり角を曲がる前にがむしゃらに走り抜け、一番左手前の所で集まり、やはり曲がり角の影から先ほどいた場所を見守っていると、コヒカヌキが俺達のいた場所に出てきた!
 「あれ・・・匂いが分散してる・・・」鼻をしきりに三方の廊下に順繰りに向けて匂いを嗅ぐが・・・顔を上げ、「これ・・・どっちに行けばいいんだぁ!?」
 よし!コヒカヌキが嘆いて混乱して動きを止めてる
 「それとももしかして、元からあった匂いなのかぁ!?ああ、匂いが消えちゃう!!とりあえず・・・」コヒカヌキが唐突に顔を向こうに向ける「みぎだぁ!!」
 おっし!
 コヒカヌキが右に曲がり、いよいよもって俺達から離れて行く・・・
 「今のうちに行くぞ、すぐ後ろ十字路から離れる方の先に階段があった、少し狭目の階段だからコヒカヌキは通れないだろう、匂いも直ぐに感知できなくなるようだし、早めに行けば感づかれないはずだ」
 俺達はカンテーラの案内に従い通路を走ると・・・
 右手の方の前方に、壁材を使い同化するように作ったような二階への階段を発見した・・・
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

到着!魔道都市マジカラ!! ダブモン!!5話/04 妖魔版

 
到着!魔道都市マジカラ!! ダブモン!!5話/04 妖魔版
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

f:id:OirenW:20190514135840p:plain
 
バトル-2
 
 「潰すだと!?フハハハ、人間風情め!!」
 月下の中で再び奴らと対峙する、いきなりやられたが、まだまだこれから・・・!
 「私達は剣を手に入れ、人類を滅ぼし、世界の覇権を手に入れる!!」
 んな事させるかよ!
 チャージゾーンの表側表示のカードを裏に・・・
 「リチャージ!」「リチャージ!」
 「ドロー!」「ドロー!」
 山札から引いたのは・・・コスト2のモンスター、これなら向こうも対抗できないはず・・・!1番に裏側で置き、手札からチャージゾーンにも一枚・・・
 「セット!」「セット!」
 向こうは2番、こちらは1番さぁ・・・
 「オープン!」「オープン!」
 「こちらから行かせてもらおう!!さぁ、ライバホース、出番だ!!」
 「ダブモンNo.156、稲妻の競争レーサー、ライバホース!!」
 奴の後ろの夜空より、突如、一頭の派手なたてがみをした濃紺の馬が宙を駆けてくる、
 足に電気を纏って少しずつ落ちながら浮遊し宙をかけるそれは、俺達の周りをまわりをぐるりと回り、奴の前に戻って落ち着く、
 身体は基本は濃紺だが、たてがみは黒く、多く、硬質で、波立つ様に縦後ろに伸びており、
 その顔には白い傷が交差するような毛並みがあり、ひづめの上にもグルリと白い毛で覆うような部分が見受けられる
 だが、あれ、カードに・・・
 
名・稲妻の競争レーサー ライバホース ダブモンNo.156
概・M モンスター コスト2 パワー1500 哺乳・雷属性
発・戦闘前・自任意・次の戦闘終了ま・条文の頭に指定:この戦闘に参加する
条・主対象:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
   主対象単体であるため全対象とする
効・第一効果:主対象のパワーを400上げる
       ・次の戦闘に参加する相手のモンスター・オーバー
        のパワーが500以下の時、相手のトラッシュに時限無しで送る
文・稲妻のような走りを見せるサラブレット型ダブモン、電気と磁力の力を
  利用してより速く走っているといわれ、実は浮いているという、元は
  肉食獣から逃げるためだが、速く走るほどに異性に好かれるとも言われている
 
 「それ、雷属性・・・?」
 そう、カードの属性を書いてある所にはっきりと、雷属性と書いているのだ!
 初めて見るぞあんな属性・・・そういえば、俺は地水火風光闇属性しか見たことが無かったっけ・・・
 「ほう・・・雷属性を見るのは初めてか・・・?ならば、その恐ろしさを存分に味あわせてやろう!!」
 思い切りマントを翻すアグニム!
 「ぐっ・・・来い、デヴァルチャ!!」
 「ダブモンNo.163、砂嵐の遊砂民、デヴァルチャ!!」
 
名・砂嵐の遊砂民 デヴァルチャ ダブモンNo.163
概・M モンスター コスト1 パワー1400 鳥・地属性
発・戦闘前・自任意・次の戦闘後終了まで・条文の頭に指定:この戦闘に参加する
条・主対象:次の戦闘に参加する相手のモンスター・オーバー
   主対象単体であるため全対象とする
効・第一効果:主対象のパワーを300下げる
       ・主対象のコストが1以下の時、
        自分は戦闘でライフカードを手札に戻さない、
        次の戦闘に参加した自分のモンスター・オーバーを、
        敗北引き分け判定でトラッシュに送らない
文・砂漠の上を飛ぶハゲワシ型ダブモン、まるで狩人の様にサソリや砂漠の凶暴
  生物を捕らえ食べる、砂嵐の風を利用して上昇していると言われ、高く飛べば
  あたりに獲物がいて、低く飛んでいる時は砂嵐が来る前兆だと言われる
 
 砂嵐が巻き起こり、それにを利用するように回りながら上に飛ぶ一体の茶鷲、
※頭にかぶるは顔の後ろと左右を覆う垂れ幕のような布の付いた薄汚れた白めのクルクル巻かれた布のような帽子、
 先の黒い黄色いくちばしは狩猟のためか複雑にうねり、きつい目を持つ顔から首の肌は濃いピンク色で、細い足は黄色いが身体から両翼は茶色い羽毛に覆われ、端が白くなっている、
 そして、その目つきは根性の悪さと生命力の強さを感じさせる、
 「私は、ライバホースのコストにダークエレメンタルパワーとダークネスエレメンタルパワーを指定!」
 「俺はデヴァルチャのコストにマルチエレメンタルパワーとマルチプルエレメンタルパワーを指定!」
 「ネクロス!まずはお前だ!!」
 アグニスが右手を思い切り前に出して指示!
 それに反応するかのようにネクロスがデヴァルチャに向かって飛ぶ!
 
名・ダークネスエレメンタルパワー
概・R リサイクル コスト1 スピリット・闇属性
発・戦闘前・自任意・次の戦闘終了まで・条文の頭に指定:
条・主対象:次の戦闘に参加する自分のモンスター・オーバー
   主対象単体であるため全対象とする
効・第一効果:主対象のパワーを800上げる
  ・主対象がカテゴリに「闇属性」を持っていた時
   さらにパワーを400上げ、
   次の戦闘に参加する相手の
   モンスター・オーバーのパワーが0以下だった時、
   そのモンスター・オーバーを相手のトラッシュに送る
文・闇に染まりし世界、闇だけが、絶対の力・・・
 
名・ダークエレメンタルパワー
概・R リサイクル コスト0 スピリット・闇属性
発・戦闘前・自任意・次の戦闘終了まで・条文の頭に指定:
 
名・マルチプルエレメンタルパワー
概・R リサイクル コスト1 スピリット・闇属性
発・戦闘前・自任意・次の戦闘終了まで・条文の頭に指定:
条・主対象:次の戦闘に参加する自分のモンスター・オーバー
   主対象単体であるため全対象とする
効・第一効果:主対象のパワーを600上げる
  ・主対象がカテゴリに「属性」という言葉を持っていた時
   さらにパワーを600上げる
文・全ての源となる根源の闇、
  より強き力を得る・・・
 
名・マルチエレメンタルパワー
概・R リサイクル コスト0 スピリット・闇属性
発・戦闘前・自任意・次の戦闘終了まで・条文の頭に指定:
 
アグニス&ネクロス
モンスターゾーン 
漆黒の死刑執行人 ネクロス ダブモンNo.66 M コスト1 パワー1000 幽霊・闇属性
稲妻の競争レーサー ライバホース ダブモンNo.156 M コスト2 パワー1500 哺乳・雷属性
チャージゾーン
裏:0表:2
 
双運 良星&カンテーラ
モンスターゾーン
砂嵐の遊砂民 デヴァルチャ ダブモンNo.163 M コスト1 パワー1400 鳥・地属性
チャージゾーン
裏:0表:1
 
漆黒の死刑執行人 ネクロス ダブモンNo.66 M コスト1 パワー1000 幽霊・闇属性
 
戦闘開始!
 
砂嵐の遊砂民 デヴァルチャ ダブモンNo.163 M コスト1 パワー1400 鳥・地属性
 
 「憑依!」
 が、ネクロスが来る前にカンテーラがデヴァルチャに憑りついて、その首元にカンテラの留め具付きの布が巻き付く
 「さ、手早く済ませてしまいましょうか・・・」
 口調の変わった(丁寧な感じなのか?)カンテーラがいきなり上に飛び、そのくちばしをネクロスに向け、一気に急降下!
 ネクロスは対抗し、その両手の平からナイフを生み出し、掴み、投げる!
 これをカンテーラは体の角度を縦に変え、ナイフの隙間を縫うようにして避けた!
 そのまま突進するカンテーラ、
 対するネクロスは、その体を長巻きへと変え、横薙ぎに振るう!
 「おっと!」
 直前に大きく翼を羽ばたかせ後ろに避け飛ぶカンテーラ!
 が、今度はネクロスが一気に下から縦に薙ぎきっていく!
 「それ!!」
 カンテーラがそのくちばしを下に出して真剣白刃取り!
 ネクロスが逃れようと体を動かすが
 「おっと、のがしません・・・」
 ネクロスが逃げられなかったせいか擬態を解くと、カンテーラのくちばしが、見事に首辺りを抑えているのがわかる、
 しかし、ネクロスは指を刃に変え、斬り裂いてくる!
 「それは喰らいません!」
 だが、その前にカンテーラは一気にネクロスを押し飛んでネクロスのバランスを崩して攻撃の手を緩めさせ、
 第二撃が来る前に天井にネクロスを叩き付け
 「まだです!砂天直球落とし!!」
 そのまま一気に床に飛び、ネクロスの体を両足でもとらえ、床に叩きつけた!
 
漆黒の死刑執行人 ネクロス ダブモンNo.66 M コスト1 パワー1000 幽霊・闇属性 トラッシュ!!
 
戦闘終了
 
砂嵐の遊砂民 デヴァルチャ ダブモンNo.163 M コスト1 パワー1400 鳥・地属性
 
 「これで終わったと思うか?私は影転移、シャドウエレメントを発動!」
 
名・影転移、シャドウエレメント
概・H ハンド コスト0 エフェクト・闇属性
発・戦闘後・自任意・時限無し・条文の頭に指定:
条・主対象:一・この戦闘で相手の六に敗北した
        カテゴリ:闇属性を持つコスト・強度2以下の六
  二・自分五
  三・この戦闘で勝利した相手のコスト・強度3以下の六
  四・相手五
    略・五・の何のカードも置かれていないこの場所よりも大きい場所1つ
      六・モンスター・オーバー
効・第一効果:一がこの戦闘で敗北した時にトラッシュに送らない
  ・一を二に移動させるか選択できる
  ・ここで選択する、ターン終了時に三を四に移動させる
文・残像だ・・・!
  敵が切ったのはただの影・・・!?
 
 なっ!?アグニスが右手でカードを持って宣言!?
 「この効果により、ネクロスを3番に移動!ターン終了時にデヴァルチャを2番に動かしてもらう!!」
 ライバホースがいななきを上げたと思ったら、カンテーラに向かい一気に駆け、低く跳躍してカンテーラを弾き飛ばす!
 その衝撃で、ネクロスが解放された
 「憑依だ!!」
 アグニスの指示に、ネクロスが宙に飛んで両刃のシンプルな剣に変身、
 助けてくれたライバホースの後ろから首から胸に貫通するように突き刺さる!
 すると、ライバホースの目が赤くなり、黒いオーラを纏ってひづめの上にまとう電気が増し、
 「ヒヒーン!!」
 大きくいななきと両足を上げるライバホース、いや、ネクロス!!
 「さぁ、ダメージを二つ、喰らってもらおうか!!」
 そこから俺の方に走ってくる!
 「おっと、そうはさせません!」
 カンテーラが憑依を解き、俺の前に!
 ネクロスの背の左右から一直線に伸びる刃のような雷撃を受ける!
 「ぐっ!」
 さらに、ライバホースからネクロスが剣状態のまま抜け、ライバホースの前に、そのままライバホースが口に加え、カンテーラに一閃!
 「がはっ!」
 苦痛に顔をゆがめるカンテーラ・・・
 「カンテーラ!」
 「さすがに、1ターンに2ダメージはきついぜ・・・」
 俺の前にふらふらながらもなんとか浮遊し着地するカンテーラ・・・
 そして、ネクロスとライバホースが再びアグニスの方に戻ると、
 アグニスは得意げに笑みさえ浮かべながら
 「よく耐えたと誉めてやろう、だが、この程度の苦痛で終わらぬことを思い知ることになる・・・」
 そう、言い放ったのだった、
 ちぃ、だが、負けるかよ!!
 俺がそう思ったと同時に、カンテーラの目もそう語っていたのだった・・・
 
稲妻の競争レーサー ライバホース ダブモンNo.156 M コスト2 パワー1500 哺乳・雷属性
 
戦闘開始!
 
双運 良星&カンテーラ
 
稲妻の競争レーサー ライバホース ダブモンNo.156 M コスト2 パワー1500 哺乳・雷属性
 
戦闘終了
 
双運 良星&カンテーラ ダメージ!!
 
漆黒の死刑執行人 ネクロス ダブモンNo.66 M コスト1 パワー1000 幽霊・闇属性
 
戦闘開始!
 
双運 良星&カンテーラ
  
漆黒の死刑執行人 ネクロス ダブモンNo.66 M コスト1 パワー1000 幽霊・闇属性
 
戦闘終了
 
双運 良星&カンテーラ ダメージ!!
 
アグニス&ネクロス
山札:28枚 手札:2枚 ライフカード:5枚
チャージゾーン:2枚 トラッシュ:1枚
モンスターゾーン
無し
稲妻の競争レーサー ライバホース ダブモンNo.156 M コスト2 パワー1500 哺乳・雷属性
漆黒の死刑執行人 ネクロス ダブモンNo.66 M コスト1 パワー1000 幽霊・闇属性
 
VS
 
双運 良星&カンテーラ
山札:28枚 手札:5枚 ライフカード:3枚
チャージゾーン:2枚 トラッシュ:1枚
モンスターゾーン
無し
砂嵐の遊砂民 デヴァルチャ ダブモンNo.163 M コスト1 パワー1400 鳥・地属性
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――