オイレンのラノベもどき置き場

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベもどきを置いていきます。

失踪、失意、絶望、/8 カードゲーム小説WカードFu

f:id:OirenW:20170721181016j:plain


カードゲームライトノベル Wカードフュージョン9話 失踪、失意、絶望、8
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「紙、だよね・・・?」
 そう、紙、紙だ、でも、こんなふうに違和感を感じたのは初めてだ、
 今までこんなふうに感じたことは無い、Wカードを見ていても、
 もう一枚、左手側近くの別の機械にあるWカードを左の手で取る、印刷されているのは全く一緒の絵柄、文字、
 なのに、こっちの方が・・・なんて言うんだろう、息吹を感じる、
 そうだ、こっちの機械にある方は全てそんな感じだ、逆に、さっきの機械の方は違う息吹なんて、無い、そして、息吹のある方をデッキに入れたくなる、
 確か、子慎君のカードも全て息吹のある方だった、僕の持ってるカード達も・・・
 なんだ、何が違う?
 「双歩くん、早く行くよ!!」右半身の方遠くの方から轟さんの声
 「あ、はい!」
 慌てて答え、カードを戻しつつ轟さんの方に向かう、
 周りでは、隊員の人達が機械を見回り、誰か隠れていないかなどを点検している、
 一体何だったんだろう、あの感覚は・・・
 と、轟さんを追って向かった先左の手側に仕切りの壁が現れ、そのまま先に進む、
 そこは、先に同じ仕切りのある部屋の中で、そこで署長さんの指揮の下、警官隊の人達が、部屋の中にあった大量の紙束を壁際にどけている所だった、
 紙束はカードに使うものだろう、いくつもの茶色い紙袋に包まれ、いくつか空いている上の部分からそこそこつるつるの面が見える、上等なものである
 「何、してるんですか?」
 轟さんが思わずつぶやくと、署長さんが気が付いたように僕達の方を向く
 「やぁ、合流できたか」
 「一通り、どけ終わりました」
 署長さんが僕達に声をかけると同時に、一人の警官が署長さんに向かって声をかける、
 署長さんが今度はその警官の方に顔を向け「やぁ、ご苦労」と返した
 「あの・・・何を・・・してるんですか?」轟さんの再度のつぶやきが響きわたり
 「ああ、」署長さんが再度僕達に顔を向ける「すまないすまない、実はね、この下に、空洞があるらしいんだよ」
 「空洞ですって?」
 「そうだ」
 空洞・・・?
 「ここに来た隊員の一人が気が付いたんだ、紙束を調べている時に、奥の方で少しだけ響く音が違うとね」、
 「どういう事です?」今度は僕が署長に問いかけた
 「素人にはわからん音の反響だよ、相当巧妙に隠しているらしいね」
 「コンクリートカッター、準備できました」
 またも一人の隊員が署長に向かって声を発し
 「ご苦労」
 署長が隊員の方ではなく、紙束をどけていた場所全体に目を向ける、
 すると、すでに隊員が紙束があった場所、四隅にそれぞれ待機していた、
 各自右手に大仰しい機械の丸のこを持っており、別の隊員の方を一周するように向いて待機している
 「それでは、始め!!」
 ギュィイイイ!!
 署長の合図により、隊員たちが丸のこを起動させ機械音を響かせて、コンクリートに押し付ける、
 コンクリートと丸のこの間から火花が散り、同時に、隊員たちが四角形時計回りにコンクリートを切っていく、
 そうして、ほんの少しが過ぎわたり、隊員たちが別の隊員がいた場所にまで到達した、
 すると、唐突に隊員たちの間のコンクリートの床が陥没し、
 ゴゥン・・・
 重苦しい音を響かせ、向こう下の方に滑って行った、よく見ると、床下が奥先に行くにつれ下になるように斜めになっている、
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――