オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベを置いていきます。

メインサーバのありし場所/16 カードゲーム小説WカードFu

f:id:OirenW:20170801161328j:plain
 
カードゲームライトノベル Wカードフュージョン14話 メインサーバのありし場所16
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「っつ・・・!」
 避けたつもりだったが、避けきれなかったか、でも!
 マーゲイが着地した瞬間を狙い、右手で首根っこを引っ掴む!
 こうなったら、手加減などしてられるものか!
 「はあっ」
 マーゲイが動き出さないうちに、思い切り向こうのガラス板に向かって放り投げる!
 ドウン!
 大きい音を立ててガラス窓にぶつかり、地に落ちぐったりするマーゲイ、
 でも、まだ動けるはず、今までのパターンを見れば、爆発、消滅するまで油断できないのは明白、
 いや、それでも場合によっては油断できないけど、
 とにかく、右足は大丈夫か?とりあえず、上げ下げしてみる、うん、血が出てるが、取りあえず動かせる、痛みはひどいが・・・
 「双歩!大丈夫か!?」
 「僕の方は大丈夫だから、先に進めて、早く!」
 「わ、わかった!」
 思わず怒鳴った僕の言葉にカーディンが答え、ライフカードの一番右手側のカードを取ってチラリと中を見つつ左手の手札に加える、にしても、こんな状況でカーディンの立場に立つことになるとはね・・・
 でも・・・今ジョーカーが放ったマーゲイってやつ、カードバトルであるにもかかわらず実体化してた、これは、こちらと同じ・・・
 「リチャージですよ!」
 と、ジョーカーの方から声が聞こえた、ジョーカーのチャージゾーンには、今一切カードが無いため、何もせずに宣言してきたのだろう、
 それを見たカーディンもあわてて右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に返しつつ
 「リ、リチャージ!」
 宣言して返し、続けて、その右手でそのまま山札の一番上のカードを持つ、
 同時に、ジョーカーも自分の山札のカードを右の手に持って
 「ドロー!」
 「ドロー!」
 引いたっ!
 さて、ここからどうくるんだろう、マーゲイはまだ気絶してるし・・・してるし・・・
 いや、なんか、ピクピク動いてのっそりと立ち上がってきてるな、まずい、これは、すこぶるまずい・・・
 「セットですよっ!」
 と、ジョーカーの宣言が響く、見てみると、すでに1番とチャージゾーンにカードが裏側で置かれていた後だった、
 「ええっと・・・」
 対して、カーディンの側は左手のカードを見つつ思考格闘中、頼む、早くしてくれぇ~
 等と考えてる間にもマーゲイがこっちをゆっくりと見てくる、まずい、とことんまずい・・・
 「よし、これだ!」
 カーディンが右手で左の手の手札から一枚カードを引いて1番に裏側で置き、
 さらに、そのまま同じように右の手で左手の手の札からカードを引き、チャージゾーンに裏側で追加し
 「セット!」
 ジョーカーからカードは・・・うん、動きは無し、悠長に自分で1番に裏側で置いたカードに右手を伸ばして持った、
 同じようにカーディンも右手で1番に裏側に置いたカードを持ち、
 って、マーゲイがこっち向って走り込んできた!?
 両者持ったカードを表にするっ!
 「オープン!!」
 「オープン!!」
 「ジョーカー獣士 ジャガランディ・アートルムディザルグ!!」
 「バトルマシンズ ビックハンド!!」
 
名前:ジョーカー獣士 ジャガランディ・アートルムディザルグ
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1000
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
        ・次の戦闘に相手の
         コスト1のモンスターが参加する時
効果:以下の効果を選択して発動する
   ・次の戦闘のみをスキップする
   ・自分のモンスターゾーンの、
    カテゴリ、名前に「黒」「ブラック」
    のいずれかの言葉が入ったジェイルが設置され、
    戦闘を行うカードが無い場所にこのモンスターを移動させる
カテゴリ1:ジャガランディ カテゴリ2:黒獣・黒機
テキスト:走る灰色のスーツはその身をひるがえす
 
名前:バトルマシンズ ビックハンド
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:900
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        ・次の戦闘に参加する相手のモンスターが効果を持っていて、
         かつ、発動条件を満たしていない以外の理由で
         効果を発動できない状態でない時で
         このターン、効果を発動していない時
効果:次の戦闘に参加する相手のモンスターは
   このターン、効果を発動できなくなる、
   ・次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを500上げる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:機手
テキスト:巨大な右手が、相手を握りつぶす!!
 
 マーゲイがこっちの方に一直線に駆けてくる!
 ええい、一か八か・・・
 右拳を高く上げ、マーゲイの鼻先に向かい、振り下ろす!
 と、マーゲイが思い切りその口を開いた、まずい!噛みつかれる!!
 ドガァ!
 だが、僕の右拳は噛まれることなく、マーゲイを吹っ飛ばしていた、
 え?なんで・・・?
 よく見ると、いつの間にか僕の右手が、鋼鉄の右手になっていた!?
 いや、正確には、手の甲に、等間隔で丸い穴の開いた鉄骨で、手の骨格を再現したような物が付いていただけだが、
 よく見るとこれ、手首のあたりにジェットエンジン何かが付いている、もしかしてこれ、ビックハンドか・・・?
 「双歩!左だ!!」
 えっ?左・・・?
 カーディンの声につられて左手の方を見ると、そこには灰色の大き目のネコ科の動物がこちらに向かって跳びかかってきている所だった、
 顔は灰色の目に灰色の毛皮、体に灰色のスーツをまとい、右足の爪が大きくなっており、右目には四角いモノクルを付けている、
 ぐっ、二者連続攻撃か、でもっ! 
 思い切り右手を左手そばから反対側に向かって振るう!
 バチン!
 大きな音を立て、右手側、マーゲイのいる方に吹っ飛んで行った!思わずカーディンの方を向き・・・
 「カーディンありがと、後、ついでに今のうちにコストの処理!」
 「わ、わかった!よし、これだ!ジョーカー、そっちは?」
 カーディンが急ぎ、右の手でチャージゾーンのカードを一枚手にし、前に出す
 「ではでは私はこれでいいですよ~」
 ジョーカーも同様に右手でチャージゾーンのカードを手にし、前に出してきた
 そして、同時に表にする!
 「私はバトルマシンズ ビックハンドのコストにバトルマシンズ カーディン カーモードを指定!」
 「私はジョーカー獣士 ジャガランディ・アートルムディザルグのコストにジョーカー獣士 パペット・アートルムディザルグを指定します~」
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800
 
名前:ジョーカー獣士 パペット・アートルムディザルグ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:200
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
        ・以下の2つの条件のいずれかを満たしていた時
         ・次の戦闘に参加する相手のモンスターが
          コスト0でパワー0だった時
         ・このカードがカテゴリ、名前に「黒」「ブラック」
          のいずれかの言葉が入るカードの
          効果のコストになり、
          そのコストで召喚されたターンで、
          ・次の戦闘に参加する相手のモンスターが
           コスト3以下でパワー3000以下だった時
効果:次の戦闘のみをスキップする
カテゴリ1:ぬいぐるみ カテゴリ2:黒獣・黒機
テキスト:な!?ぬいぐるみ!?
     攻撃したと思ったら、そこにあったのはぬいぐるみ!?
     でもこいつ、動くぞ!?
 
 カーディン、バトルマシンズ カーディン カーモードでバトルマシンズ カーディン ロボモードのコスト召喚を狙ってきたか、でも
 「ククク、残念でしたねぇ・・・」
 ジョーカーが右手を口元に当てて笑っている、
 そう、ジョーカー獣士 パペット・アートルムディザルグでコストの見せ合いでコスト召喚を阻止されたのだ、
 そして、ジョーカーとカーディンは、互いに前に出したカードを右手で持ってチャージゾーンの元の位置に戻す
 
ジョーカー・ブラックキャット
ジョーカー獣士 ジャガランディ・アートルムディザルグ M コスト:1 パワー:1000
ジョーカー獣士 マーゲイ・アートルムディザルグ M コスト:0 パワー:300
チャージゾーン
裏:0表:1
 
カーディン
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
チャージゾーン
裏:2表:1
 
ジョーカー獣士 ジャガランディ・アートルムディザルグ M コスト:1 パワー:1000
 
FIGHT!!
 
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
 「続けて行くぞ!」唐突にカーディンが右手を大きく前に出していくっ!
 「私は、バトルマシンズ ビックハンドの効果を発動!ジョーカー獣士 ジャガランディ・アートルムディザルグの効果を封じつつ、ビックハンドのパワーを500アップだ!」
 「ムハハハ!それでは、私はジョーカー獣士 ジャガランディ・アートルムディザルグ自身の効果でそれを相殺いたしましょう」
 ジョーカーが右手を口元に当てて笑う、
 
名前:バトルマシンズ ビックハンド
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:900
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        ・次の戦闘に参加する相手のモンスターが効果を持っていて、
         かつ、発動条件を満たしていない以外の理由で
         効果を発動できない状態でない時で
         このターン、効果を発動していない時
効果:次の戦闘に参加する相手のモンスターは
   このターン、効果を発動できなくなる、
   ・次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを500上げる
 
名前:ジョーカー獣士 ジャガランディ・アートルムディザルグ
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1000
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
        ・次の戦闘に相手の
         コスト1のモンスターが参加する時
効果:以下の効果を選択して発動する
   ・次の戦闘のみをスキップする
   ・自分のモンスターゾーンの、
    カテゴリ、名前に「黒」「ブラック」
    のいずれかの言葉が入ったジェイルが設置され、
    戦闘を行うカードが無い場所にこのモンスターを移動させる
 
バトルマシンズ ビックハンド
 
相殺
 
ジョーカー獣士 ジャガランディ・アートルムディザルグ
 
 と、ジャガランディ・アートルムディザルグ、ジャガランディとマーゲイが気絶から回復したのか立ち上がり、こちらを向いて走り込んでくる!
 「双歩!」
 「大丈夫!カーディンはカードバトルに集中して!!」
 問い返している間に、ジャガランディとマーゲイが来る!
 先攻するのはジャガランディ、いきなり上に跳躍し、跳び掛かってきた!
 「甘い!」
 右拳を振り上げて突き出しジャガランディにブチ当てる!!
 が、今度は地上からマーゲイが大柄の体で体当たり!
 左手をマーゲイの首後ろ辺りに叩きつけて上に跳びつつジャガランディに追撃の右拳!ジャガランディを上の方に吹っ飛ばす!!
 そのまま着地したところに後ろから気配が、
 すかさず右手甲を後方下の方に振り回す!
 マーゲイの右頬の鈍い感触が伝わり、マーゲイが吹っ飛びかけるがなんとか持ちこたえ跳びかかってきた!
 口を大きく開けているが、ここだ!
 とっさに左手の平を親指の方を手前に持ってきた体勢でマーゲイの頭の上の方を抑えつつ思い切り右拳を叩き込む!!
 体が軽い、今までよりも力を感じる・・・
 マーゲイが吹っ飛び、そこに走り込み追撃を駆けて行く!
 が、そこにジャガランディが走り込んできた!でも、こいつがビックハンドなら・・・
 「あれって、本当に人間なんですかねぇ?」
 「双歩は生物学的にれっきとした人間だ!!」
 「わたしゃ人間の定義が揺らぎそうになりますがね・・・」
 色々聞こえるけど無視!
 「カーディン!援護は!?無いの!?」
 「あ、ああ、今出す!」
 カーディンが右手でチャージゾーンのカードを一枚表に!
 「私は、バトルマシンズブーストの効果を発動!バトルマシンズ ビックハンドのパワーを600上げる!!」
 
名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで300上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで300上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:パワーを上げる!!
     出力を上げ、一気にたたみかける!!
 
 右手甲のビックハンドから力と熱を感じる、今ならやれる!!
 「行っけぇええええ!!」
 右拳を振り上げ、離れた場所から、思い切りビックハンドを突き出し、発射する!狙いは、マーゲイ!!
 ビックハンドが飛んで行き、マーゲイを貫く!
 と思ったら、一気にジャガランディが加速!ジャガランディを貫いた!!
 
名前:ジョーカートリック・黒獣・黒機・即律入替
種類:H ハンド コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にカテゴリ:黒獣・黒機を持つ
        コスト1以下の自分のモンスターが参加する時
        ・次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが
         次の戦闘に参加する自分のモンスターのパワーより、
         上だった時
        ・自分のモンスターゾーンに
         次の戦闘に参加しない、
         カテゴリ:黒獣・黒機を持つ
         コスト0の自分のモンスターを指定できた時
効果:次の戦闘に参加する自分のモンスターと
   指定したモンスターの場所を入れ替える、
   ・この時、そのモンスターが装備していたカードは
    自分のトラッシュに送られる、
    設置していたカードはそのまま
   ・次の戦闘を相手のモンスターが行った後、
    次の戦闘に参加するはずだった自分のモンスターと
    相手側の違う場所と戦闘を行った場所とも違う場所
    で戦闘を行うカードが無い場所がある場合、
    戦闘結果に関わらず、次の戦闘を行った相手のモンスター
    をそこに移動させ、
    このターン、その場所での戦闘をスキップする
    移動先は番号の小さい場所を優先させる
    ただし、戦闘結果によるトラッシュ送り等は
    そのモンスターに対し行わなければならない
カテゴリ1:トリック カテゴリ2:黒獣・黒機
テキスト:あれ?ここは?
     ちょっと!予定になかったんじゃないのこれ!?
     いきなり入れ替えられ怒り出す!!
 
ジョーカー獣士 マーゲイ・アートルムディザルグ M コスト:0
パワー:300 TRASH!!
 
FINISH!!
 
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1
パワー:900+600 パワー合計:1100 TRASH!!
 
 が、いつの間にかジャガランディがマーゲイとすり替わっていて、マーゲイが爆発!消滅した!!
 「ムハハハ!頭回ってますかぁ~!!これを使わせてもらいましたよ」
 ジョーカーの声に思わず、ジョーカーの方を見る、
 そこでは、ジョーカーが右手に何かのカードを持ってこちらの方に見せてくる図が見えた、
 ジョーカートリック・黒獣・黒機・即律入替?あれでマーゲイとジャガランディを入れ替えたのか!?
 おかげでジャガランディを見失った!
 「さらに、それ!」
 ジョーカーが右手を上げ思い切り人差し指で親指を抑え、勢いよく人差し指を手の平に打ち付け、指を鳴らした!
 パチッ!
 
ジョーカー獣士 ジャガランディ・アートルムディザルグ M コスト:1 パワー:1000
 
ATTACK!!
 
双歩&カーディン
 
 どこからくる?右、左、後ろ?でもとりあえず前にはいないっ!
 思い切り前に走り出す!
 「あっれぇ~?」
 これにはジョーカーも想定外だったかすっとんきょうな声を上げた、
 少し走って振り返ると、案の上、そこにはジャガランディが、いないっ!?
 上かっ!
 顔を上げると案の定ジャガランディが宙から跳びかかってきていた、恐らく、僕の後ろから攻撃しようとしたところいきなり走り出したので、あわてて上から攻撃する方針に変えたのだろう、
 でも、このタイミングなら、この右拳が、入る!!
 ジャガランディに向い勢いよく右の拳を繰り出し、ジャガランディにぶち当たる!
 ガッ!!
 が、ジャガランディはその上半身でビックハンドにとっさに掴まってきた!
 ええ~
 そこから体を曲げて後ろ脚で右腕内側をひっかいてくる!
 「っつ!!」
 
ジョーカー獣士 ジャガランディ・アートルムディザルグ M コスト:1 パワー:1000
 
FINISH!!
 
双歩&カーディン ダメージ
 
ジョーカー・ブラックキャット
 
SKIP!!
 
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
ジョーカー・ブラックキャット
 
SKIP!!
 
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
ジョーカー
デッキ:27枚 手札:2枚 ライフカード:5枚
チャージゾーン:1枚 トラッシュ:4枚
モンスターゾーン
無し
ジョーカー獣士 ジャガランディ・アートルムディザルグ M コスト:1 パワー:1000
 
VS
 
カーディン
デッキ:44枚 手札:5枚 ライフカード:3枚
チャージゾーン:3枚 トラッシュ:0枚
モンスターゾーン
無し
無し
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com