オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベを置いていきます。

月夜と私の過去と光の城 ダブモン!!4話/01 妖魔版

 

月夜と私の過去と光の城 ダブモン!!4話01 妖魔版
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

f:id:OirenW:20190313172212p:plain
 
 「四葉さん、調子は?」
 「もち!行けるに決まってんじゃない!!」
 目の前のウィルピー、白い光の火の玉に黒い両目の付いて両手が生え、背中にハンマーと分厚い鍛冶用のペンチを背負った存在が私に問いかけてくる、
 広い、舞踏会でもできそうなきらびやかな城の中の大舞台の大広間で、私は目の前の、
 灰色の布をかぶってWカードをプレイする黒い影のような謎の存在である相手に、自身の金色のツインテールと黒いスカートを揺らしながら右人差し指を突き出し宣言する
 「さぁ、ここから出してもらうわよ!!まずはリチャージ!!」
※「さぁ、みんなの幽閉を解きなさい!!ここから出しなさい!!まずはリチャージ!!」
※あいつを倒して・・・ここから出なきゃ!
 「・・・」
 向こうも光の板右手側のチャージゾーンにその手をかざす、
 なんか言ってほしいけど、無口を売りにしてるのかしら、ま、いいわ。
 山札の上一枚を手札に!
 「ドロー!!」
 「・・・」
 向こうも引いてきた、よしよし、このまま行くわよ・・・
 「セット、」「・・・」互いに1番に裏で置いたカードを「オープン!!」「・・・・・・」表に!
 「ダブモンNo.33、贖罪の鍛冶屋 ウィルビー!!」
 むやみやたらにゴツイ声がデッキケースから聞こえ、ウィルピーが前に出て行き、両手に背中の鍛冶道具を持ってハンマーを前に振り降ろし構え、格好つける
 「さぁ、僕の番ですか!」
 
名・贖罪の鍛冶屋 ウィルビー ダブモンNo.33
概・M モンスター コスト1 パワー900 幽霊・光属性
発・戦闘前・自任意・ターン終了まで・条文の頭に指定:主対象:自分の
条・一・次の戦闘に参加するこのモンスター
  二・戦闘を行うカードが置かれていない場所一つ以上
  三・チャージゾーンの裏側表示のカード一枚
   主対象単体であるため全対象とする
効・第一効果:二にこのカードに準拠のモンスターを一体召喚する、
       これはその場所から動くか時限を超えた時消滅し、
  ・効果発動時、三をコストとして表にする
文・前世で悪行三昧だったと伝えられる光の火の玉のようなダブモン
  その魂ではなく、炭火の欠片でこのような姿になっているとも、
  なお、種族全体としてなぜか鍛冶屋に適性があるとされる
 
 「ダブモンNo121、綿埃の埃掃除屋 ワタボッコリ!」
 と、布かぶりの男の後ろから、綿埃にまみれた小さい物体が飛び出してくる、
 埃のような本体には両の瞳が付き、その瞳は外黄内青の輝きを放ち、埃にまみれた眉を持っていて、
 両翼と思しき部分も埃にまみれ、中は見えない、
 「ワッター!」
 と、それが楽しそうに笑顔を作り、相手の布をかぶった奴の前に降り立った
 
名・綿埃の埃掃除屋 ワタボッコリ ダブモンNo.121
概・M モンスター コスト1 パワー800 無機・闇属性
発・戦闘後・自任意・時限無し・条文の頭に指定:主対象:
条・一・この戦闘で相手の“モンスター・オーバー”に敗北、
    もしくは引き分けたこのモンスター
   主対象単体であるため全対象とする
   略・壱“”
効・第一効果:この戦闘の結果によりトラッシュに送られるのを無しにする
  ・ただし、戦闘時の相手のモンスター・オーバーのパワーが
   このモンスターより1000以上、上、
   もしくは、この戦闘前に自分相手いずれかの
   カードの効果が相殺含め発動されていた時、
   第一効果を次のターン終了時までパワーを500下げるに変更する
文・埃を集め己が体とする習性を持つ埃のようなダブモン、コアは綿埃のように小
  さいしかし一度集めた埃を己の細胞の様に使うため、一度大きくなりすぎてし
  まうとある一定の大きさに一気に小さくされると対応しきれず消滅してしまう
 
 「なるほど、綿埃の埃掃除屋、ワタボッコリ、ね・・・コストよ・・・互いにコスト1、私はこれを表に!!」
 「・・・」
 チャージゾーンから互いに表にしたカード、まずは向こう!!
 
名・無機質パワーエレメンツ
概・R リサイクル コスト0 スピリット・闇属性
発・戦闘前・自任意・次の戦闘終了まで・条文の頭に指定:
条・主対象:次の戦闘に参加する自分のモンスター・オーバー
   主対象単体であるため全対象とする
効・第一効果:主対象のパワーを300上げる
  ・カテゴリ「無機」だった時
   次の戦闘に参加する自分のモンスター・オーバーのパワーを
   300上げる
文・無機的な力がちょっとずつ集まり増していく・・・
 
 無機質パワーエレメンツ・・・
 おっし、戦闘前タイミングのカード!私が表にしたのは・・・!
 「私が表にしたのはウィルピーキラメント!光属性のモンスターのコストとなった時、裏にする!!さらに・・・」
 私は思い切り右手を前に出し、宣言!
 
名・ウィルピーキラメント
概・R リサイクル コスト0 エフェクト・光属性
発・コストで表になった時・自任意・時限無し・条文の頭に指定:主対象:
条・一・このリサイクルをコストで表にした、
    自分のカテゴリ:光属性を持つモンスター
   主対象単体であるため全対象とする
効・第一効果:このカードを裏にする、
       この効果は同名カード含め、
       1ターンに一度しか使えない
文・キラキラ輝き連鎖できらめけ!!
 
何かのかたまり
モンスターゾーン 
綿埃の埃掃除屋 ワタボッコリ ダブモンNo.121 M コスト1 パワー800 無機・闇属性
チャージゾーン
裏:0表:1
 
蜜羽 四葉&ウィルピー
モンスターゾーン
贖罪の鍛冶屋 ウィルピー ダブモンNo.33 M コスト1 パワー900 幽霊・光属性
チャージゾーン
裏:1表:0
 
綿埃の埃掃除屋 ワタボッコリ ダブモンNo.121 M コスト1 パワー800 無機・闇属性
 
戦闘開始!
 
贖罪の鍛冶屋 ウィルピー ダブモンNo.33 M コスト1 パワー900 幽霊・光属性
 
 「1番戦闘よ、ウィルピー」
 「了解です!!」
 ウィルピーが両手を体から前に出して、ペンチとハンマーを、まずはその槌を相手に叩きつけて行く、
 ワタボッコリは慌てて跳んで避けるも、続けてのペンチ振り回しをかすり受け、吹き飛ぶ、
 「ワター!!ワタワタ!!」
 が、ここでやる気でも出したのか、一気に両翼を外側から前に羽ばたかせて出したほこりで球体を形成、
 それが弾け、ほこりの壁となりウィルピーに向かう、
 「ぶわふっ!」
 もろに受けるウィルピー、そこから壁が床に当たって弾けた残骸を私は右手で払い飛ばす、
 「よ・・・四葉さん、見えません!!」
 見ると、ウィルピーの顔にほこりが張り付いたまま・・・
 「何やってんのよ、そんなのすぐに払えるでしょ・・・」
 「そ、それが・・・なんか、くっついちゃてて・・・」
 ウィルピーが両手で横からこそげ落とそうとするも、まったく取れる様子はない・・・
 「ワタタタ・・・」
 それを宙を降りながらワタボッコリが笑っている・・・しかし、
 「そこかぁあああ!!」
 その笑い声を頼りにウィルピーがワタボッコリに近づきハンマーを振り降ろす!!
 「ワタァアアア!!」
 慌てて悲鳴を上げて逃げるワタボッコリ、
 ズドン!
 ハンマーは空を切って床に叩き付けられるも、今度はワタボッコリの上げた悲鳴を頼りにワタボッコリを追いかけハンマーを振り上げ叩き降ろしていくウィルピー、
 「ワッタァアアア!!」
 ズドン!!
 が、しかし、両目が埃でふさがれているためなのか、そのハンマーはまたも当たらず、
 その後も声を頼りに追いながら続けて幾度も叩き落としていくが一向に当たらない、
 ズドン!!ズドン!!ズドン!!
 「ワタ、ワッタ、ワタァアアア!!」
 まったく、しょうがないなぁ・・・このまま戦闘後に行かれても困るし・・・
 「ワタボッコリ、あなたの能力はわかってる、戦闘後にどういうわけか生き残る能力、でも、それは戦闘前に効果が発動していれば回避できる!!」
 右手を前に出し、可憐に、宣言!
 「ウィルピー!効果発動!!ウィルピーキラメントをコストにして、2番に分身を召喚!!」
 
名・贖罪の鍛冶屋 ウィルビー ダブモンNo.33
概・M モンスター コスト1 パワー900 幽霊・光属性
発・戦闘前・自任意・ターン終了まで・条文の頭に指定:主対象:自分の
条・一・次の戦闘に参加するこのモンスター
  二・戦闘を行うカードが置かれていない場所一つ以上
  三・チャージゾーンの裏側表示のカード一枚
   主対象単体であるため全対象とする
効・第一効果:二にこのカードに準拠のモンスターを一体召喚する、
       これはその場所から動くか時限を超えた時消滅する、
  ・効果発動時、三をコストとして表にする
 
 「はぁあああ!!」
 ウィルピーの体が輝きに満ちて行く・・・
 「はぁっ!!」
 そして右手の方に一体の分身が現れた!!
 無論、そちらの方はほこりで目がふさがれてなどいない
 そのまま分身の方がハンマーを連続で叩きつけて行く、右に左に逃げ惑うワタボッコリ
 ドカン、ドカン、ドカン、ドカン、ドカン、ドカン、ドカン、ドカン、
 「ワタ、ワタ、ワタ、ワタ、ワタ、ワタ、ワタ、ワタァアアア!!」
 が、一発も当たらない、コントロール上手くいってないわありゃ、それとも、あっちには感覚なんてないのかしら、いずれにしても、気配とか声はわかるだろうから・・・
 「たぁあああ!!」
 突如、ほこりで目を潰されたまま、本体のウィルピーが、ワタボッコリが逃げた先で、ハンマーを振るい
 「ワッター!!!」
 ワタボッコリを叩き潰し、ワタボッコリがまとうほこりを四散させた!
 
綿埃の埃掃除屋 ワタボッコリ ダブモンNo.121 M コスト1 パワー800 無機・闇属性 トラッシュ!!
 
戦闘終了
 
贖罪の鍛冶屋 ウィルピー ダブモンNo.33 M コスト1 パワー900 幽霊・光属性
 
 が、ハンマーの下に、小さなワタボッコリが残ってる・・・
 
名・綿埃の埃掃除屋 ワタボッコリ ダブモンNo.121
概・M モンスター コスト1 パワー800 無機・闇属性
発・戦闘後・自任意・時限無し・条文の頭に指定:主対象:自分の
条・一・この戦闘で相手の“モンスター・オーバー”に敗北、
    もしくは引き分けた時
   主対象単体であるため全対象とする
   略・壱“”
効・第一効果:この戦闘の結果によりトラッシュに送られるのを無しにする
  ・ただし、戦闘時の相手のモンスター・オーバーのパワーが
   このモンスターより1000以上、上、
   もしくは、この戦闘前に自分相手いずれかの
   カードの効果が相殺含め発動されていた時、
   第一効果を次のターン終了時までパワーを500下げるに変更する
 
 そのワタボッコリが、ハンマーから逃げ、両翼使って旋回飛行、辺りのほこりを自身の体に集めようとする
 「無駄よ」
 そこで二体のウィルピーが光を放ちながら槌とペンチを持って思い切り回転!何度も何度も回転し、ぐるぐるぐるぐる回り、その勢いと風でほこりをすべて吹き飛ばした、そして、
 哀れ・・・じゃないけど、ワタボッコリは目に涙を浮かべながら向こうに飛び去って行った、
 それを見届けた私は、改めてローブをかぶった対戦相手を真正面から見据え、少し強く、告げる、
 「さ、次はあなたの番よ、この一撃、受けてもらいましょう」
 そこで、いつの間にか横から近づいていた分身のウィルピーが向こうの立ち布のその頭にハンマーを叩き込んだ!
 ボスッ!!
 しかし、のれんに腕押し、布を叩いた音がしただけで、ウィルピーの感情か分身ウィルピーが驚いたようにハンマーを引くとすぐに元に戻ってしまった、
 やはり・・・人間ではないか・・・
 そこで、分身のウィルピーが消え去った
 「さて、絶好調で始まったわけだし、このまま行かせてもらいましょう」
 「・・・」
 奴の布のフードの口元が、ニタリとねちっこく、笑みを浮かべた気がした・・・
 
何かのかたまり
 
戦闘開始!
 
贖罪の鍛冶屋 ウィルピー ダブモンNo.33 M コスト1 パワー900 幽霊・光属性
 
何かのかたまり ダメージ!!
 
戦闘終了
 
贖罪の鍛冶屋 ウィルピー ダブモンNo.33 M コスト1 パワー900 幽霊・光属性
 
何かのかたまり
山札29枚 手札:5枚 ライフカード:4枚
チャージゾーン:1枚 トラッシュ:1枚
モンスターゾーン
無し
 
VS
 
蜜羽 四葉&ウィルピー
山札:29枚 手札:4枚 ライフカード:5枚
チャージゾーン:1枚 トラッシュ:0枚
モンスターゾーン
贖罪の鍛冶屋 ウィルピー ダブモンNo.33 M コスト1 パワー900 幽霊・光属性
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――