オイレンのラノベもどき置き場

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベもどきを置いていきます。

失踪、失意、絶望、/14 カードゲーム小説WカードFu

f:id:OirenW:20170801161328j:plain

 

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン9話 失踪、失意、絶望、14
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 だが、輪ロボはとっさに首を前かがみに下げカーディンをやり過ごす!
 「なにっ!?」
 驚くカーディンだが、方向転換とか効かないのか、そのまま向こう側に跳ぶ
 ええっと、今のうちにチャージゾーンの表側のカードを裏に!
 「リチャージ!」
 顔を上に上げる輪ロボ、対して、そのまま向こう側に着地するカーディン、
 「ふむ、ちょっと、待ってろ・・・」
 とここでいきなり博士が左手の方のコンソールに向かって足早にかけて行く、一体何する気なんだろ・・・
 「我々も動くぞ!各員散開してあいつの気を引け!修理できるものはサーディンの修理に回れ!!」
 「了解!!」
 今度は署長さんの一喝で隊員たちが各々の立ち位置に散らばっていく、
 さて、それじゃあこっちは、右手で山札の一番上のカードを引き、
 「ドロー!」
 輪ロボは散開したあたりの様子をうかがっている、
 さて、僕が引いたカードはバトルマシンズブースト!
 よし、こいつはチャージゾーンに裏側で置いてっと、このターンはこいつを召喚だ!
 左手の手札からカードを引いて緑の半透明の板中央左側の2番に置き、
 「セット!」
 「撃てーッぇ!」
 署長さんの檄が飛び、散った隊員、およそ右手側の隊員たちが銃を持ち、威嚇射撃を行う!
 それを左腕手に受けた輪ロボがその右腕手を振り上げる!
 ん?なんか、右腕手後上に平行に、木目の付いたブラウンの何か、杭みたいなのが現れたな?
 何かきついのが来るんじゃないの?とにかく、2番に裏側で置いたカードを表に!
 「オープン!!バトルマシンズ マッスルモーター!」
 右腕手が手首を曲げ、
 突如、杭の後ろにさっきドライバーがついてた尻尾が移動しつつその先が円柱状のハンマーに変わり、その杭を打って行く!
 
名前:バトルマシンズ マッスルモーター
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターと
        相手のモンスターが参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで
   このモンスターのパワーを1200上げる
   ・次の戦闘に参加する相手のモンスターの装備しているイクイップを
    相手のチャージゾーンに表側表示で送る
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:機筋動
テキスト:歯車が組み合わさり、回転しだすもー!!
     たー
 
名前:ボルトドライバー ステークハマー
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1500
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        ・次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが
         1000以上の時
効果:次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを
   1000上げる
カテゴリ1:杭 カテゴリ2:槌
テキスト:その杭打ちで、力棒を注入んする!
 
 ゴィン!ゴィン!ゴィン!
 杭が打たれていくと同時に手首のあたりから手の甲にかけ、杭が飛び出していき、
 あたかも杭による手甲を装備するような格好となる!
 「おい、これはまずくないか?」
 隊員さん達が言うが、さすがにその通りの気がする・・
 右腕拳が握られ、左手の側の隊員たちに向かって振り下ろされていく!
 「やらせない!」
 響いたのは輪ロボの裏側から、いきなりカーディンが右拳を突き出しつつ飛び出し、右腕拳を横から吹っ飛ばす!
 しかし、今度は上から左腕拳が握った状態で小指の方を下にして降ってきた!
 まずい、カーディンは空中、避けられるか?
 カーディンの鉄右拳がジェットエンジンをふかすも間に合いそうにない!
 そこに不意に巨大なモーターの模型が左手側手前の方から飛んできた、
 中央は鉄色で太い円柱状になっていて、端一方が平面で中央から少し鉄の棒が出ており、
 もう一方は円の部分が一部平らになっていて、そこに、穴開き四角の金色のパーツが計二つ、中ほど少し離れた場所から左右に出ている格好になっている、
 そのモーターが、左腕拳のそばで弾けた!
 左腕拳はその影響で少し奥側にずれる、
 これでカーディンからはターゲット外れたけど、まだ!
 「隊員さん!避けてください!」
 「わかってるよ!伊達にこの仕事してねぇさ!!」
 僕の忠告を聞くまでも無く、隊員さん達が振り下ろされる左腕拳から避けて行く!
 ズドン!
 大きな音を立て、振り下ろされた左腕拳だが、その下にはすでに誰もいなかった、よし、今のうちに
 右手でチャージゾーンのカードを二枚表にしつつ宣言!
 「僕はバトルマシンズ マッスルモーターのコストに機鱗の盾とバトルマシンズブーストを指定!」
 
名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで300上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで300上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:パワーを上げる!!
     出力を上げ、一気にたたみかける!!
 
名前:機鱗の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 さて、緑の画面の方には、向こうのコストは・・・
 
名前:ボルトドライバー ドライバーぶん回し
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
 
名前:ボルトドライバー ステークパワード
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に自分のモンスターが参加する時
        ・このカードのコストに
         カテゴリ、または名前に、
         ボルトドライバーを持つモンスターを指定できた時
        ・次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが
         900以上の時
効果:次の戦闘が行われるまで
   次の戦闘に参加する自分のモンスターを900上げる
カテゴリ1:杭 カテゴリ2:握りしめ
テキスト:力強く握りしめた杭で相手をしっかりと狙う!
 
 ・・・
 ボルトドライバー ドライバーぶん回しとボルトドライバー ステークパワードという、互いに戦闘前タイミングのリサイクルカード、
 どうやら、向こうに発動できるカードは無いようだ、
 今回はこっちにも向こうにも発動出来るカードは無し、っと
 
ディメンジョン・ワーム・ガーディアン
ボルトドライバー ステークハマー M コスト:2 パワー:1500
チャージゾーン
裏:0表:2
 
鋼野 双歩
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
バトルマシンズ マッスルモーター M コスト:2 パワー:1400
チャージゾーン
裏:0表:2
 
 このまま、行けるか?
 
ボルトドライバー ステークハマー M コスト:2 パワー:1500
 
FIGHT!!
 
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
 即座に、散った右手の側の隊員たちが左腕拳に向かって銃をぶっ放す!
 ダン!ダン!ダン!
 が、左腕拳は傷ついた様子すら見せず、悠然と宙に浮かぶ
 「ぐっ・・・堪えてねぇか・・・」
 隊員の誰かの声が漏れ聞こえるも、その間に左腕拳は手の平を伸ばし、手刀のように変形、思い切り当たりを薙ぎ払う!
 「そうはさせない!」
 しかし、カーディン向かってきた左腕拳をその両手でガッキと握り、左腕拳の薙ぎ払いを防いだ!
 「すまねぇな!」
 「なに、お互い様だ!」
 が、今度は杭の付いた右腕拳が空中からカーディンを狙って行く!
 さすがに隊員たちが右腕拳を迎撃することは無理か、さっきの状況を見れば、せめてビックハンド一つで左腕拳を抑えることができればいいが、でも、さすがにビックハンドのみで抑えるのは・・・
 ガキッ!
 そこにカーディンの反対側から頼もしく左腕拳を抑えるものが!
 それは、いくつもの銅線が巻かれた人型だった、その巻かれた銅線が筋肉質な人型となっている存在
 「マッスルモーター!手伝ってくれるのか!!」
 その筋肉銅線、マッスルモーター、スルモーが力強く首を縦に振った!
 「わかった、ならば私は、あちらを叩く!」
 カーディンが右腕拳の方を向く!
 ええい、無駄だと分かっていても宣言だ!右手を大きく前に出し、宣言!!
 「僕はバトルマシンズ ビックハンドの効果を発動!カーディン、結果は変わらないけど、行って!」
 
名前:バトルマシンズ ビックハンド
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:900
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        ・次の戦闘に参加する相手のモンスターが効果を持っていて、
         かつ、発動条件を満たしていない以外の理由で
         効果を発動できない状態でない時で
         このターン、効果を発動していない時
効果:次の戦闘に参加する相手のモンスターは
   このターン、効果を発動できなくなる、
   ・次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを500上げる
 
 「了解した!」
 カーディンが右拳のジェットエンジンから炎を噴出させ、一気に跳ぶ!
 同時に、杭の付いた右腕拳もカーディンに向かって行く!
 ぶつかる右拳と杭・・・しかし、右拳はくだけ、爆発!消滅!!
 カーディンは地に落ちる!
 
ボルトドライバー ステークハマー M コスト:2
パワー:1500 パワー合計:1500
 
FINISH!!
 
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1
パワー:900+500 パワー合計:1400 TRASH!!
 
 「まだ終わらないっ!!」
 しかし、カーディンはここできっちり着地しつつ落ちた衝撃をバネにして、一気に輪ロボの本体に迫り走り出す!
 
ディメンジョン・ワーム・ガーディアン
 
ATTACK!!
 
バトルマシンズ マッスルモーター M コスト:2 パワー:1400
 
 左腕拳が追おうとするも、スルモーがそれを抑える、
 後は右腕拳だが、そちらもさっきの攻撃のショックからか少しふらついて遅れた!
 カーディンが輪ロボに近づき、跳ぶ!
 タイミングは完璧、カーディンが右拳を振り上げる!
 とっさに輪ロボが体を後ろ下にひねり、
 「させはしない!」
 カーディンの右拳の勢いを一気に下に撃ちおろし、右拳叩き付けが炸裂!輪ロボの中央部のガードに少しひびを入れた!
 そこにすかさずスルモーが左腕拳を投げ捨てつつ走り込んで跳躍、ついでとばかりに横から右拳を叩き付ける!
 が、それらの反動を利用してか、輪ロボは力付くで強引に体を斜め上に上げてカーディンとスルモーを吹っ飛ばそうと
 「させんわっ!」
 続けて聞こえたのは博士の声っ!?
 
ディメンジョン・ワーム・ガーディアン ダメージ
 
FINISH!!
 
バトルマシンズ マッスルモーター M コスト:2 パワー:1400
 
 「こうすれば、少しは動きが鈍くなるか!?」
 左のコンソールの方を見ると、博士がレバーを必死に抑えている所だった!
 すると、輪ロボの動きが少し止まり、カーディンとスルモーが吹っ飛ばされるのは避けられ、カーディンとスルモーは拳の勢いを利用してそれぞれの後方こちら側に戻りつつ姿勢を戻して着地した!
 
ディメンジョン・ワーム・ガーディアン
デッキ:28枚 手札:4枚 ライフカード:4枚
チャージゾーン:2枚 トラッシュ:1枚
モンスターゾーン
ボルトドライバー ステークハマー M コスト:2 パワー:1500
 
VS
 
双歩
デッキ:28枚 手札:3枚 ライフカード:5枚
チャージゾーン:2枚 トラッシュ:1枚
モンスターゾーン
無し
バトルマシンズ マッスルモーター M コスト:2 パワー:1400
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――