オイレンのラノベもどき置き場

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベもどきを置いていきます。

Wカードフュージョン 8話/1 戦獅の咆哮 カードゲームライトノベル Wカード

f:id:OirenW:20170719102958j:plain


カードゲームライトノベル Wカードフュージョン8話 戦獅の咆哮1

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 あ、前と同じ手札だ
 放課後の教室で、僕は唐突に子慎君にカードバトルを挑まれていたのだった、
 さて、続けて、僕と子慎君は同時に、カードの置かれていない互い右側のチャージゾーンに向かって
 「リチャージ!」
 「リチャージ!」
 と、宣言、
 「今回は負けないぜ!!」
 机の向かい側でその子慎君が闘志満々で右口端を上げ、にやりと笑った
 その姿は、どこか健調で、横にバサッと広がった黒髪が特徴的で黒目を持ち、
 標準体形で身長少し高め、上半身に黄色い星が中央に描かれた紫の長袖シャツを着ており、
 下には薄黄色の長ズボンに白い靴下と上履きをはいている、
 そして、互いに右手を自分から見て机手前の左側にある山札の一番上のカードにかけ、引くっ!!
 「ドロー!」
 「ドロー!」
 今、僕は教室の中心少し廊下側にある子慎君の席、その前で黒板を背に座っている、
 帰り際に呼び止められ座らされたのである、迷惑な・・・
 で、今引いたカードはバトルマシンズ ガール・ズ・クノイチ!
 これは・・・徹頭徹尾前と子慎君とカードバトルした時と同じ手札だ
 「またやってんの?あんたたち?」
 「あっ!!弧菜!!」
 突如、僕の右後ろから声が聞こえ、子慎君が反応し、そちらの方を見る、
 僕も声の聞こえた方を見ると、二人の少女が僕達の方に近づいてきているのが見えた、
 活発な雰囲気の少女と、そして、おっとりとした印象を受けるおとなしめの顔つきの少女、
 茶髪で髪が短めで、くり色の半そでシャツに短めのジーパンをはいている弧菜さんと、
 左半身が黒で右半身が白のロングストレートの髪を持ち、
 凝ったデザインの、白い背景に大きな灰色の立方体がちりばめられた柄のロングワンピースを着て、
 左胸元に金縁に覆われた黒で関の字と描かれたバッジを着けている、
 芽工 映命(めく みつと)・・・
 「ちょっと、先生に見つかったら怒られるわよ」
 「いいだろ別に、今はいないんだから」
 弧菜さんが自然と子慎君に近づいていく、
 対して、映命さんは僕に近づいてくるのだが、
 その表情は少しこわばり、暗い、
 そして、その目線はチラリと僕の左手に収まるWカードの方に行く、
 多分、今だに僕の事を心配して、そして、Wカードが”怖い”んだろう、あんなことがあったから・・・
 「映命さん、何も心配することないよ」
 「え・・・あ・・・はい・・・」
 息が漏れるように返事をくれたが、いかんせん、その表情は変わっていない、
 仕方がないな・・・ちょっと大げさになるかもだけど・・・
 「さぁ、カードバトルを先に・・・」
 言いかけ子慎君と弧菜さんの方を見ると、じーっと僕達の方を見てきていた、
 僕達の会話がただならぬ異常なものだと思ったのだろう、
 ううん、これ以上誰かに心配させる気はないんだけどなぁ・・・そうだ、つとめて大声出せば・・・
 「さ!!カードバトルを進めよう!!」
 「お、ぉおう!!」
 子慎君があわてて自分の右手に持つカードを左手の手札に加えてその手札を両手で持ち直しよく見始める、
 よし、それでいい、弧菜さんはまだ少し目を細めた不審な目で僕の方を見てるけど・・・
 さて、今の僕の手札は・・・
 そういえば、さっきから子慎君、なんか自信ありげだな、
 なら、前とは違い、このカードを1番に置こう!!
 右手に持つバトルマシンズ ガール・ズ・クノイチのカードを左手の手札に入れ、
 左手の手札から一枚のカードを引き、机こちら側の中央少し奥の1番に裏側で置き、
 「セット!!」
 と、子慎君の方も左手の手札から一枚のカードを右手で引いて反対側対称にある1番の場所に裏側で置いて、
 「セット!!」
 返してきた!!
 よし、それじゃあ!!
 僕が1番に裏側で置いたカードを右手で持つと、
 子慎君も自身で1番に裏側で置いたカードを右手で持って応じ、
 さぁ、行くぞ!!
 右手で持ったカードを表にする!!
 同時に、子慎君も右手で持ったカードを表にしてきた!!
 「オープン!!」「バトルマシンズスーパーフルブースト!!」
 「オープン!!」「行け!!カモサーク ネギマ!!」
 子慎君が表にしてきたのは前にも見た、鴨が青空の下の森の中を大串振り上げ意気揚々と歩いているのが描かれたカード、
 右手羽に大きな串を持っていてそれを大きく振り上げて、口元には平べったい黄色いくちばしを持ち、頭の上には茶色い毛が少し寝ているように伏せ、
 不敵な半円状の目つきで、茶色い両羽を持っているほかその両鳥脚はあくまで黄色く、水かきが付いている、
 そして、それらがあくまでコミカルに描かれているのだが、
 なんだ、あんなに自信満々だったから、てっきり前と同じではなくもうちょっと強力そうなカードが出てくると思ったんだけど・・・
 「いいか双歩!そっちはコストで表にできないが、こっちは二枚表にできる!!行くぜっ!!」
 「はいはい」
 てきとーに返しつつ、右手で前に出したバトルマシンズフルブーストのカードを右手で持ち、
 裏側に返しつつチャージゾーンに置く、
 すると、子慎君が右手で自身のチャージゾーンの二枚のカードを表にしてきた
 「オレが表にするのはこの二枚!まずは、カモサーク ネギくし一挙!!」一斉召喚のカードか!!
 「行くぜ!まずはカモサーク ネギくし一挙を発動!!2番にカモサーク ソバグー、3番にカモサーク ナベガイをコスト0扱いで召喚だ!!」
 子慎君が右手でチャージゾーンから一枚のカードを持って表にしつつこちら側から見た向こう中央少し右側の2番に置いた!!
 そのカードは、誰かの後について歩く、左手羽ざるを抱えた鴨がコミカルに描かれたカードだ!!
 その目は無闇に細く、円形のその頭には後ろの方から茶色い羽毛がさらに後ろの方に流れており、
 口元には黄色く平べったいくちばしを持ち、その足は水かきの付いた黄色い鳥脚で、その両翼は茶色く、後ろの方には同じ色の尾羽を持っている、
 続けて、子慎君が同じように右手でチャージゾーンの一枚のカードを持ってこちらから見て向こうの机中央少し左奥に表にしつつ置いた、
 それは、やはり誰かの後について最後尾を歩く、左手羽に黒い鉄鍋を抱えた鴨がコミカルに描かれたカード!!
 その目は分厚い眼鏡をかけたようにぐるぐるに描かれ、頭には前の方に短い茶色い毛が降りていて、
 やはり、その口は黄色く平べったいくちばしで、足は水かきが付いている黄色い鳥脚、両翼は茶色く、尾羽は短いもののとりあえず存在しているらしく絵にちょっとだけ描かれているのが見て取れる
 「まだ行くぜ!!カモサーク ネギくし一挙の効果でこのターン使用しないカモサーク ざる巻一気を表にして、」
 子慎君が右手でチャージゾーンのカードを表にし、
 僕の方を見て右の口角を上げ、にやりと不敵に笑った!
 「これが今回の秘密兵器!!最後に、カモサーク ネギマのもう一枚のコスト、カモサーク なべカチ鍋を表にし、発動!!」
 子慎君が右手でさらにチャージゾーンのカードを表にしてきた!!
 「このカードはキット・オブ・ニンジャやギャリット・ザムライなんかの相手のモンスターをトラッシュに送るカードから、オレのモンスターを守る!!さぁ、どうする双歩!!」
 ほうほう、キット・オブ・ニンジャやギャリット・ザムライのトラッシュ送りの効果を封じて来たか、
 さらに、相手は三つのモンスターゾーンがすべて埋まっていて、子慎君は把握してないけど、こっちはチャージゾーンにコスト0の低パワーモンスターがいるだけと、
 前の敗北からきっちり対策練ってきたな、でも、残念!!
 右手でチャージゾーンのカードを一枚表にしつつ宣言!!
 「そっちにはもう、相殺で使えるカードは無いよね!それなら、マシンスパークグリリアスを発動!!」
 「はん!!トラッシュに送る効果が付いてても、その効果は使えないぜ!!」
 「でも、パワーを下げる効果は使える!!よって、僕のチャージゾーンにいる、バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ、の一枚プラス一回分、つまり300×2で600分、カモサーク ネギマのパワーを下げる!!」
 「それがどうした!攻撃を防げないなら一緒だ!!」
 「いいや、まだ終わってないよ!!相殺宣言が無いなら先に進む!!僕はマシンスパークグリリアスのコストに、バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ、バトルマシンズフルブーストの二枚を指定し、バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャを1番に召喚!!」
 右手でチャージゾーンのカードを二枚表にしつつ、その内の1枚、
 満月の月夜の下、和風の城を背景に、ずんぐりなおもちゃの紫の忍者が右手に手裏剣を持ったまま跳ぶ絵が描かれたカードを右手に持ち机の中央の方に移動させていく、
 その描かれた忍者は、頭に濃い紫の頭巾をかぶりその上に忍の文字が打たれた蜂金を巻き着けていて、口元を紫の布で覆い、その上の目の部分から紫色の目だけをだし、
 その体には濃い紫の忍者装束を着ており、足には草履のような模様が描かれていて、そして、そのバトルマシンズ キット・オブ・ニンジャのカードを1番に置く!!
 「へん!!でも、その頼みのニンジャの効果のトラッシュ効果も今は使えないぜ!!」
 いいや、頼みの綱はこいつじゃない!!
 「でも、パワーを下げるだけならっ!!」
 右手を前に出し、宣言!!
 「さらに、バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャの効果を発動し、カモサーク ネギマのパワーを500下げる!!」 
 次いで、右手で一気にチャージゾーンのカードを三枚表に!!
 「続けて、僕はマシンクールウインドの効果を発動!!」
 よっし、それじゃあ行くぞ!!
 「子慎君、改めて訊くよ、相殺はないんだね?」
 「相殺は・・・無い!!」
 よし来た!!
 「それじゃあ行くよ!今一度、マシンクールウインドの効果を発動!!バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャを指定してパワーを500上げつつ、カモサーク ネギマのパワーをさらに700下げる!!これで、カモサーク ネギマのパワーが0を下回った!!」
 「だが、トラッシュには送れないはず!!」
 ビシッと右手人差し指を勢いよく子慎君に突きつける!!
 「よくカードを見ろ!!トラッシュではない、手札に戻してもらう!!」
 「な・・・んだとぉ!?」子慎君が悔しそうに歯を食いしばり、その右手を震わせながら、1番のカモサーク ネギマのカードを取った!!
 そして僕は、子慎君に右手の人差し指を伸ばしたまま宣言する!!
 「それじゃあ行くよ!!1番戦闘!!行け、バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ!!キット忍法風雷激震!!」再度指をズビシッと突きつけるっ!!
 「うっぎゃああああ!!またかよぉ~!!」
  
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――