オイレンのラノベもどき置き場

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベもどきを置いていきます。

Wカードフュージョン 5話 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード

f:id:OirenW:20170719102958j:plain


Wカードフュージョン 5話/1 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!1

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  
 「というわけで、Wカードやろうぜ~!」
 「いぇ~・・・」
 学校終わって公園で遊ぼう
 そう子慎君に言われ、公園に来てこれである、
 というか、野外で遊ぶんだから他にやれることがあるだろうに・・・
 この公園、雰囲気を重視しているのか、公園全体に芝生が埋められ、楕円形に下がった中央の大きな段差の下に水量のほとんど無いゆるいS字の川のような物があり、
 周りに柵代わりの背の低い木が埋められ、中央の川付近はゴロゴロした中くらいの石が河原のように並べられ、公園の中央には焦げ茶の丸木で組まれた橋があり
 こちら側には間が繋がった8型の砂場があったり、あっちの方には縦横の鉄棒で作られた緑のジャングルジムがあったり、右の方にある滑り台は斜めの鉄板に階段と踊り場が付けられ左右から落ちないように鉄板の左右を緑の鉄板が覆い階段と踊り場の左右を鉄棒の柵が覆っており、
 それに、左の方には木の板の左右に鎖が繋がり、その鎖で機の板を上の鉄棒から二組みぶら下げ、さらにその鉄棒を左右の二本二組の鉄棒がくの字に支えるブランコがあり、
 斜め左前と右後ろに、太い鉄の棒が二本埋められた出入り口があって、
 公園の右の方と左手前の方には、丸切り株風イスが四つと丸太を半分にして上の方に並べて、太い丸木を下の方で両端に前後に交差させて足を構成する机が置かれている、
 とまぁ、出入り口やら机とイスやらのぞいて遊ぶ場所は多いんだけど、僕たちがいるのはWカードで遊ぶためか、左手前の、机とイスのある場所の前である、
 僕の名前は鋼野 双歩(ハガネノ ナラブ)
 上の方に赤く、袖端や下端が白くて、左肩裏に車輪と飛行機の片翼がくっ付いたオブジェが付いたジャケットを着て、
 中にオレンジのシャツを着、
 腰に茶色いベルトを着け、
 下に濃い色のジーパンを白いスニーカーを履き、
 茶髪を前の方で上げた髪型をしている
 「おい、元気ないな、もっと大声で!いえ~!!」
 「いえ~!」
 で、こうやって左の方から僕に声を出すように言ってきているのが子慎君、
 黒目で横にバサッと広がった黒髪を持ち、身長少し高めの標準体形、
 上の方に黄色い星が中央に描かれた紫の長袖シャツを着て、
 下に薄黄色の長ズボンをはき、緑と白のスニーカーをはいている、
 「あんたらって本当、こういうの好きよね、たまには社会情勢の話でもすればぁ、」
 突如、後ろの方から弧菜さんの呆れた声が聞こえてきた、
 右の方から振り返ると、そこには茶髪短髪で、上に抹茶色の半袖シャツを着て下に短めのジーパンをはき、左肩から右肩にかけて茶側の四角小さいポーチを付けた活発な雰囲気の女の子がいた
 「なっ、弧菜!なんでこんなとこにいるんだよ!?」子慎君が驚くと弧菜さんがあきれて目を少し狭め「私は来たくて来たんじゃないんだけど・・・」
 と、返す
 ん?じゃあ、なんで、
 「来たくないならどうしてここにいるの?」
 「鎧兜駅のショッピングモールに買い物に行く途中でお姫様があんたの事を見かけてね」
 「お姫様が?僕を?」
 お姫様なんて僕の知り合いにいない気が・・・
 「あのっ!」
 左の方から、突如声が聞こえてきた、この声、そういうことか・・・
 声が聞こえてきた左の方を向くと、そこには一人の少女が立っていた、
 左が黒で右が白のロングのストレートヘヤー、目の色も髪と同じく左が黒で右が白、
 その顔つきはどこかおっとりした印象を与え、
 来ているのは焦げ茶と白のチェック柄の長袖のロングワンピースで、下には黒い靴下と赤い靴をはき、
 左胸に金縁黒で関の字が書かれたバッチを付けており、頭に赤いリボンを結んでいて、左肩から右腰にかけ、大き目で茶皮のショルダーバックをかけている
 そう、芽工 映命(めく みつと)さんだ
 多分、弧菜さんは映命さんの上品な雰囲気をお姫様に例えたのだろう、
 「あの、その、迷惑、でしたか?」
 「いいや、ぜんぜん、なんで迷惑になるの、単に見かけてここに来ただけなんでしょ」
 「え、あ、そうですよねぇ・・・」
 なぜか僕の答えを聞きそわそわしだす映命さん、なんなんだ、一体・・・
 「さ、ギャラリーも集まったことだし、カードバトルしようぜ!!」
 「え、ギャラリーって私達?」
 「ギャラリーはお忙しいようだから、2T1S5Tルールでどうだ」
 「それでいいよもう」
 子慎君の言葉に弧菜さんが反応したり、僕が返したりしつつ、
 子慎君は目の前の机左手前の切り株のイスにとっとと座ってしまった、
 「はぁ、しょうがない、すぐに終わらせなさいよ・・・」
 弧菜さんがあきれた様子で溜め息と言葉を発しつつ子慎君の奥隣に座る
 ・・・仕方がない、軽くひねってやりますか!
 子慎君の真ん前、机右手前に座るっ!
 「じゃ、じゃあ、わた、わたしはこっちにっ!」
 映命さんがなぜか動揺しながら、僕の隣に座る、
 ・・・本当、何なんだろう・・・
 「それじゃあ、ジャジャーン!」
 子慎君がいきなりズボンの右ポケットから歯車が描かれた長方体の箱を取り出してきた、
 そこには灰色の歯車が所狭しと描かれており、中央に前掛け型のふたが付いている、
 「ふっふっふっ、とうとう発売した第一弾スターター、スターテストリミッターブレイクを第一弾ブースター、カードオブバトラーズで強化したんだ!アニメも始まるみたいだし!これからもガンガンWカードやってくぜ!」
 「えっ、アニメ化するの!?」
 そんなの初めて聞いたけど!?
 「そうらしいぜ!マンガ雑誌に書いてあった!それも、WカードトライDS!」
 「ぐっ、それは、見ないとね!」
 「おうよ、というわけで、景気づけにカードバトルするぜ!さぁ、お前のデッキも出せ!!」
 「いいだろう!」
 右手でジャケットの左内ポケットからデッキケースを取り出す!
 上が白で下が黒、中央にパトランプと羽を模した金のエンブレムが付いている長方体だ!
 「それじゃあ、やるぜ!」
 「おぉ~!」
 互いにデッキケースとケースのふたを左手で開け続けてその左手でデッキを持って取り出すと、
 デッキケースとケースを互いの見た方の右の方に置きデッキをシャッフルして山札にしてデッキケースの左隣に置くと
 山札から右手で一枚引きつつチラリと見て左手に移しそれを五回繰り返して計五枚のカードを手札にする!
 「子慎、負けるんじゃないわよ~」
 「双歩さん!が、頑張ってくださいね!」
 「もうちょっと応援にも力出せよ!」
 「さぁ、行こうか!」
 子慎君との、2T1S5Tルールのカードバトルのま・く・あ・け・だ!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカードフュージョン 5話/2 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード


カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!2

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 まずは、互いの右側にある、何のカードも置かれていないチャージゾーンに向かって、
 「リチャージ!」
 「リチャージ!」
 続けて、山札の一番上のカードを互いに右手で引き、
 「ドロー!」
 「ドロー!」
 僕が引いたのはバトルマシンズ ガール・ズ・クノイチ!
 一旦、引いたばかりのバトルマシンズ ガール・ズ・クノイチのカードを左手の手札に移し、改めて左手の手札を見る、今の手札は・・・
 さっき引いたバトルマシンズ ガール・ズ・クノイチに加え、バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ、バトルマシンズ ギャリット・ザムライ、バトルマシンズスーパーフルブースト、マシンクールウインド、マシンスパークグリリアス、この六枚だ!
 とりあえず、バトルマシンズ ガール・ズ・クノイチを1番に置いて様子を見ようかな・・・
 右手で左手の手札からバトルマシンズ ガール・ズ・クノイチを引いて1番に裏側で置い
 「セット!」
 お、子慎君、もう1番とチャージゾーンにカードを裏側で置き終えたか!
 「ふっふっふっ!早く置きたまえよ、必殺のデッキで叩き潰してくれよう」
 子慎君が右の口角を上げ、ニヤリと笑う、けどっ!
 「その言葉、そっくりそのまま返してやる!!」
 右手で左手の残った手札を1枚1枚、チャージゾーンに裏側で置いていき、
 残った全てのカードをチャージゾーンに裏側で置いて、
 「セット!」
 「それじゃあ、表にするぞ、双歩!」
 「ほえ面かくなよ、子慎君!」
 互いに1番に裏側で置いたカードを右手で持ち、表に!
 「オープン!」
 「オープン!」
 「華麗に推参、バトルマシンズ ガール・ズ・クノイチ!」
 「鴨の暴走戦車、カモサーク ネギマ!」
 
名前:バトルマシンズ ガール・ズ・クノイチ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:500
効果の発動タイミング:無し
効果の発動条件:無し
効果:無し
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:忍者
テキスト:人形に変化し待ち構え、
     ただ主のためにその身を投げ打つ!!

名前:カモサーク ネギマ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このカードがこの戦闘で敗北するか引き分けた時
効果:以下の効果の位置いずれか一つを発動させる
   ・このカードを自分の手札に戻す
   ・このモンスターがイクイップを装備していた時、
    相手のモンスターゾーンにいる、
    パワー800以下のモンスター1体を相手のトラッシュに送る
   ・このモンスターがイクイップを装備していた時、
    相手のモンスターゾーンにいる、
    モンスター1体のパワーをこのターン、500下げる
カテゴリ1:鴨 カテゴリ2:チキン
テキスト:鴨の自由郷を作るぐわっ!!
     その手に仲間の亡骸を刺していた物を手に歩き出す!!
 
 僕が表にしたのは、幻想的な薄紅と黄色い背景を、あたりにハートの嵐を吹き荒らしながら飛ぶずんぐりとした体型の機械っぽいくノ一が描かれたカード、
 そのくノ一には、頭に薄紅色の頭巾をかぶって忍と書かれた蜂金を着け、黒髪のポニーテールを薄紅色のリボンで締め、
 口元に薄紅色の布を覆い付け、上に薄紅色の目の部分だけを出し、
 体には薄紅色の忍者装束を着て、手の甲に金属の板が付き、足には草履のような模様が書かれている、
 そして、子慎君が表にしたのは、右手羽に大きなくしを持ち、青空の森の中を意気揚々と歩く鴨の姿が描かれたカード、
 平べったいくちばしに、頭の上に少し跳ねるように描かれた茶色い毛が見え、半円の不敵な目つきをして、茶色の両羽と水かきの付いた黄色い鳥脚があり、
 それらがそれこそコミカルに描かれている、
 と、子慎君がいきなり右手でチャージゾーンのカードを五枚全部表にしてきた!?
 「さぁ、ここから怒涛のコスト召喚だ!」
 子慎君は続けて、右手でチャージゾーンからカモサーク ソバグーと書かれたカードを一枚持って、子慎君から見て中央少し左の2番に置き、
 さらに、チャージゾーンから同じように右手でカモサーク くしソードという名前のカードを今度は1番の場所に追加で置く!!
 「オレはカモサーク ネギマのコストとして、カモサーク ソバグーとカモサーク ナベガイを指定して、カモサーク ソバグーを2番に召喚!さらに、カモサーク ソバグーのコストとしてカモサーク くしソードとカモサーク ざる壁を指定しカモサーク くしソードをカモサーク ネギマに装備!カモサーク くしソードのコストにはカモサーク なべシールドを指定!カモサーク くしソードを装備したことによりカモサーク ネギマはパワーが600アップだ!」
 
名前:カモサーク ソバグー
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このカードがこの戦闘で敗北するか引き分けた時
効果:以下の効果の位置いずれか一つを発動させる
   ・このカードを自分の手札に戻す
   ・このターン、自分のモンスターゾーンにいる、
    名前にカモサークと入ったモンスター1体のパワーを800上げる
   ・このモンスターがイクイップを装備していた時、
    相手のモンスターゾーンにいる、
    パワー500以下のモンスター1体を相手のトラッシュに送る
カテゴリ1:鴨 カテゴリ2:チキン
テキスト:さぁさぁ行くぐわっよ!!
     殺戮を止めるため、亡骸の側にあった物を手に歩き出す!!

名前:カモサーク ナベガイ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このカードがこの戦闘で敗北するか引き分けた時
効果:以下の効果の位置いずれか一つを発動させる
   ・このカードを自分の手札に戻す
   ・このモンスターがイクイップを装備していた時、
    相手のモンスターゾーンにいる、
    モンスター1体のパワーをこのターン、800下げる
   ・このターン、自分のモンスターゾーンにいる、
    カテゴリ:チキンを持つモンスター1体のパワーを500上げる
カテゴリ1:鴨 カテゴリ2:チキン
テキスト:ぐわっぐわっぐわっ!!
     その手に棺桶を持ち、歩き出す!!

名前:カモサーク くしソード
種類:E イクイップ
コスト:1 パワー:+600
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このイクイップを装備したモンスターが
        この戦闘で敗北するか引き分けた時
効果:以下の効果の位置いずれか一つを発動させる
   ・このイクイップを自分の手札に戻す
   ・このイクイップを装備しているモンスターの名前に
    カモサークと入っていた時
    相手のモンスターゾーンにいる、
    パワー800以下のモンスター1体を相手のトラッシュに送る
   ・このイクイップを装備しているモンスターが
    カテゴリ:チキンを持っていた時
    このターン、相手のモンスターゾーンにいる、
    モンスター1体のパワーを500下げる
カテゴリ1:串 カテゴリ2:チキン
テキスト:それはツェペシュの所業なりや、
     仲間の血を吸ったそれを持ち、歩き出す!!

名前:カモサーク ざる壁
種類:E イクイップ
コスト:1 パワー:+600
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このイクイップを装備したモンスターが
        この戦闘で敗北するか引き分けた時
効果:以下の効果の位置いずれか一つを発動させる
   ・このイクイップを自分の手札に戻す
   ・このターン、自分のモンスターゾーンにいる、
    名前にカモサークと入ったモンスター1体のパワーを800上げる
   ・このイクイップを装備しているモンスターの名前に
    カモサークと入っていた時
    相手のモンスターゾーンにいる、
    パワー500以下のモンスター1体を相手のトラッシュに送る
カテゴリ1:ざる カテゴリ2:チキン
テキスト:これでどんな攻撃も防げるぐわっ!!
     言った瞬間、風に吹き飛ばされた!!

名前:カモサーク なべシールド
種類:E イクイップ
コスト:1 パワー:+600
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このイクイップを装備したモンスターが
        この戦闘で敗北するか引き分けた時
効果:以下の効果の位置いずれか一つを発動させる
   ・このイクイップを自分の手札に戻す
   ・このイクイップを装備しているモンスターが
    カテゴリ:チキンを持っていた時
    このターン、相手のモンスターゾーンにいる、
    モンスター1体のパワーを800下げる
   ・このターン、自分のモンスターゾーンにいる、
    名前にカモサークと入ったモンスター1体のパワーを500上げる
カテゴリ1:鍋 カテゴリ2:チキン
テキスト:どうしてこの棺桶って戦いに使えるぐわっ?
     彼らが武具を手にした理由、本当の使命とは、本当に倒すべき相手とは、
 
 子慎君が2番に置いたのは、誰かの後について歩く、ざるを左手羽に抱えた鴨がコミカルに描かれたカード!
 無闇に細い目に円形の頭の後ろの方からさらに後ろの方に流れる茶色い羽毛、黄色く平べったいくちばしに、同じく黄色い水かきの付いた鳥脚、それに、茶色い両翼と尾羽を持っている、
 対して、子慎君が1番に置いたのは、青空の背景に右手羽に持たれた大きなくしが一本、全方向から黒い線が迫る集中線で演出されたコミカルな絵で描かれたカードだ!
 「どうだ、双歩、この戦闘後手札補充反撃デッキは!そんなコスト0、効果無し、パワー500のカード1枚で何ができる!2番戦闘でオレの勝ちは確定だな!!」
 ・・・
 勝った!
 
子慎君
モンスターゾーン  
カモサーク ネギマ M コスト:2 パワー:1400
 カモサーク くしソード E コスト:1 パワー:600
カモサーク ソバグー M コスト:2 パワー:1400
チャージゾーン
裏:0表:3

鋼野 双歩
モンスターゾーン
バトルマシンズ ガール・ズ・クノイチ M コスト:0 パワー:500
チャージゾーン
裏:5表:0
 
 「あの・・・双歩さん?」
 「何、映命さん?」
 「双歩さんはこういう女の子が、好みなんですか?」
 「は?」
 いや、好みかどうかなんて考えたことないけど、
 大体、博士にカードにとってと言われて、便利そうだからそのままデッキに突っ込んでるって感じだしなぁ・・・
 どう答えれば、ま、適当でいいか、
 「違う違う、バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャとバトルマシンズ ギャリット・ザムライのついでに入れてるだけだよ」
 思わず右手を振って否定し返す、
 「そ、そうですか・・・」
 なぜか、映命さんが戸惑ったような安心したような声を出す、
 本当に、何なんだろうか・・・
 って、それよりも、だ!
 「それでっ!今からその二枚を出すんだけどねっ!!」
 「へ?」映命さんが戸惑ったように、
 「お?」弧菜さんが少し興味を引かれたように、
 「マジかよ!」子慎君が少し驚いて返す、さぁ、ここからだ!
 まずはこいつ!
 右手でチャージゾーンのカードを1枚、表に!
 「僕はバトルマシンズスーパーフルブーストを発動!バトルマシンズ ガール・ズ・クノイチのパワーを2000上げる!!」
 
名前:バトルマシンズスーパーフルブースト
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで1200上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで800上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:さらにさらにさらにパワーが上がっていく!!
     止められない、止まらない、止まるつもりもない!!
 
 「へん、だけど、1番戦闘で勝ったって何の意味もないんだぜ!」
 「子慎君、その言葉は相殺無しって受け取ってもいいんだね?」
 「あ、ああ、いいぜ!」
 それなら、一気に行きますか!
 右手でチャージゾーンのカードを続けて二枚、表に!
 「僕はバトルマシンズスーパーフルブーストのコストに、バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャとバトルマシンズ ギャリット・ザムライを指定!そして、バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャを2番に、バトルマシンズ ギャリット・ザムライを3番に、それぞれ召喚だっ!!」
 
名前:バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーを
   (自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
    カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×500)下げる
   パワーを下げた後、
   以下の条件に次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが合致し、
   自分のモンスターゾーンのこのカード以外に条件があったカードがあった時、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターをトラッシュに送る
   ない場合は条件のパワーを0として扱う
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ、名前に「機」「マシン」
      のいずれかの言葉を持っているモンスターの数)×500)以下
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×1000)以下
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:忍者
テキスト:おもちゃに変化し、確実に任務を遂行する忍者!!

名前:バトルマシンズ ギャリット・ザムライ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのコストを
   自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
   カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数+1下げる
   (マイナスの値にはならず、マイナスの値になる時は0になる)
   コストが0になった場合、
   以下の条件に次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが合致し、
   自分のモンスターゾーンのこのカード以外に条件があったカードがあった時、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターをトラッシュに送る
   ない場合は条件のパワーを0として扱う
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ、名前に「機」「マシン」
      のいずれかの言葉を持っているモンスターの数)×800)以下
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×1500)以下
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:侍
テキスト:小さき体で相手を叩き斬る侍、
     その刀は斬る相手を選ばず
 
 僕は右手でチャージゾーンから2番に、満月の月夜の元で和風の城を背景に手裏剣を右手に持ってずんぐりな機械っぽい忍者が跳ぶ絵が描かれたカードを移動させた、
 それは、頭に濃い紫の頭巾と忍の文字が打たれた蜂金を着け、
 口元には紫の布を覆うように着用し、そのすぐ上の目の部分からは紫色の両目だけを出し、
 体には濃い紫の忍者装束を着、足には草履のような模様が描かれている、
 続けて、僕はさっきと同じような感じで右手でチャージゾーンから3番に、荒野の中、後ろ遠くにある緑色の三角の二つの山を背景に、今にも刀を抜いて居合を放ちそうなそうなずんぐりした機械な侍が描かれたカードを移動させた、
 その侍は、黒い前髪が顔前面を覆い、後ろの方は長髪を付け根部分から伸ばした風に無造作に縛ったように作られたようになっていて、
 白灰の着物を上半身に、灰色の袴を下半身に着、銀の帯を腰に巻き、黒灰色の鞘と黄色い鍔と黒灰色の柄を持つ刀を左腰に据え、その左腰の刀の鞘に左手を置き、同じ刀の柄を右手で持って両足に力を込めて居合の構えを取り、
 衣服の下に銀色の体を持ち、足元に草履を履いたふうな模様が描かれている、
 「はっ、だがな、カモサーク ネギマには戦闘後効果で、相手のパワー800以下のモンスターをトラッシュに送る効果があるんだよ!見てろよ、2番のバトルマシンズ キット・オブ・ニンジャを、カモサーク ネギマには戦闘後効果で吹っ飛ばして、オレの勝ちだ!!」
 「その前にカモサーク ネギマはトラッシュに行くけどね!さぁ、選ばせてあげよう、忍者と侍、どっちの餌食になりたいかな?」
 「う・・・どっちも無しは、ダメ?」
 「ダメ」
 子慎君が左の口角を少し痙攣したように動かしている、
 ふふっ、これで僕の勝ちだ!
 右手を大きく出し、宣言!
 「それじゃ、バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャとバトルマシンズ ギャリット・ザムライの二体の効果を発動させて、カモサーク ネギマをカモサーク くしソードごとトラッシュに送り、」
 
名前:バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーを
   (自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
    カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×500)下げる
   パワーを下げた後、
   以下の条件に次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが合致し、
   自分のモンスターゾーンのこのカード以外に条件があったカードがあった時、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターをトラッシュに送る
   ない場合は条件のパワーを0として扱う
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ、名前に「機」「マシン」
      のいずれかの言葉を持っているモンスターの数)×500)以下
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×1000)以下

名前:バトルマシンズ ギャリット・ザムライ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのコストを
   自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
   カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数+1下げる
   (マイナスの値にはならず、マイナスの値になる時は0になる)
   コストが0になった場合、
   以下の条件に次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが合致し、
   自分のモンスターゾーンのこのカード以外に条件があったカードがあった時、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターをトラッシュに送る
   ない場合は条件のパワーを0として扱う
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ、名前に「機」「マシン」
      のいずれかの言葉を持っているモンスターの数)×800)以下
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×1500)以下
 
 気合と万感を込め!
 「1番戦闘だ、行け、バトルマシンズ ガール・ズ・クノイチ!三者乱舞!!」
 
子慎君

FINISH!!

バトルマシンズ ガール・ズ・クノイチ M コスト:0 パワー:500
 
 「うっぎゃああああ!!やられたぁ~!!」
 
勝者:鋼野 双歩
決まり手:バトルマシンズ ガール・ズ・クノイチ
     +バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ
     +バトルマシンズ ギャリット・ザムライ
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカードフュージョン 5話/3 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!3

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「おし、勝った!」
 弱々な子慎君をふっとばし、思わず気合の声を上げる!
 まぁ、今回は手札が良かったということで、
 おっと、まずは片づけないと、
 「やりましたね、双歩さん!」
 「ほらほら、子慎、元気出せ~」
 「うんうん、ま、運が味方してくれたからかな」
 「ううう・・・切り札が来れば負けなかったのに・・・」
 映命さんの言葉に軽く返しつつ、両手でカードを片付け始める、
 「にしてもさ、たまには別の話でもしたら、最近の社会情勢とかさ」
 「しゃかいじょ~せ~?」
 「そう」
 子慎君のやる気のない返事に、なぜか、弧菜さんの目が見開かれ、輝く、
 「だってさ、悲劇のヒロインって感じじゃない!深沙様!!」
 ゲッ!
 思わず体が固まる
 「でもさ、乗ってたロボットはかっこよかったよな、ブラックスフィア!」
 ピシッ!
 ロボットの名前を聴いたとたん、余計に体が固まった、
 「ええ~深沙様の方がかっこいいわよ!」
 「いいや、あのロボットの方がかっこいいね!」
 なぜか、子慎君と弧菜さんが向かい合い、目を細めてにらみ合う、
 ・・・
 あれから一週間・・・
 正直、相対した身としては、あのロボット、ノワールはかっこいいというよりか恐いという印象しかないし、
 有家 深沙さんは悲劇のヒロインと言われればそういう側面もあるにはあるが、事情を逐一聴かされた側としては違和感しか存在しない、
 多分、深く事情を知らないのだろう、轟さんによると、ネットでヒロイックな虚像が拡散されているらしいのから、
 轟さんもそれで頭を悩ませていた、
 それに、あの後、霧ヶ関の上層部の圧力が無くなったせいか、外部から霧ヶ関の上層部が再び全国規模での不正選挙を起こそうとしているという証拠が発見、暴露され、
 悼むことすらはばかられる空気が出来上がってしまった、まぁ、自業自得だけど、
 おかげで、有家 深沙さんを英雄視する人間が増え、さっきのヒロイックな虚像の話に繋がっていくわけだ、僕はネットしないので、深くは知らないんだけど
 「なぁ、双歩!」いきなり子慎君がこちらの方に顔を向けてきた!・・・一体何だ?
 「あのブラックスフィア見たよな?かっこよかったよな!?」
 ああ、見た、確かに見た、嫌になるほど見た、いい思い出が全くない、つーか恐い
 などとは口には出せない、そもそも、僕があのノワールと対峙したこと自体、一部の人間しか知らない、極秘事項なのだ、
 僕を守るため、というのもあるが、轟さんによると、警察のメンツもあるとのこと、
 まぁ、警察と自衛隊が全力で攻撃したにもかかわらず倒せず、あげく国の重要拠点をそこに勤めてる人間含め全壊された上、
 結局子供の力を借りて解決しましたじゃ、確かにかっこは付かないわな、
 ・・・霧ヶ関が壊滅したのは霧ヶ関の上層部の自業自得感が強いけど・・・
 「ねぇねぇ、映命ちゃん、」弧菜さんが突如身を乗り出した「深沙様、かっこいいよね!」
 「いえ、私は・・・その・・・」
 なぜか身を迫らせてまで同意を求める弧菜さんの態度に、映命さんは引き気味だ、
 恐らく、弧菜さんの様に有家 深沙さんをかっこいいとは思わないんだろう、
 ん、映命さんがこっちの方を一瞬チラリと見てきた、一体何だ・・・?
 「なぜか・・・現場で保護された子供というのが気になって・・・」
 えっ!?
 またも体が固まった、
 現場で保護された子供、それは・・・
 「なぜか・・・その・・・双歩さんに似ている気がして・・・」
 「はぁ!?」
 「はぁ!?」
 映命さんの言葉に、子慎君と弧菜さんの声が見事にハモる、
 「なんでこいつがあの現場にいるんだよ」
 「そーよ、なんで、そう思うのよ」
 「はぁ、気のせい、なんでしょうかねぇ・・・」
 子慎君、弧菜さんと映命さんで意見が違うようだが・・・実際は、そう言われているのは僕の事だ、
 どうやら、マスコミのカメラが僕の姿を捉えていたらしい、といっても、あの電磁バリアの暴発する前の話だけど・・・
 あの電磁バリアの暴発で、辺りの電子機器、といっても、カーディン達はそれらの電磁妨害にそなえてある程度の防御機構が備わってたからきちんと動いたけど、
 それ以外の防御機構を備えていない機械、例えば、テレビカメラなどは一時使えなくなって、
 電磁バリアの暴発の影響か、近づく機械もしばらく使用不可になっていたらしい、
 とはいうものの、やはり、マスコミのカメラが僕の姿を捉えていたのは事実、
 警察の方では付近で保護した子供ということで押し通し、
 身元も、親が身元開示を拒否しているという名目で世間には明かさなかったというわけだ、
 ・・・実際に身元がばれていたらと思うと、背筋が凍る思いだ・・・
 「でもさ、ひどい話、深沙様とブラックスフィアを止めたのって、この辺りのロボットらしいわよ」
 「え、マジかよ?どんなロボットなんだよ!?」
 ピルルルル!ピルルルル!
 ゲッ、なんでこんな時に!?
 慌てて両手でカードをかき集め、デッキケースの中に突っ込む!
 「ん、なんで、カード入れるケースが鳴ってんだよ?」
 「色々とね、それじゃ!」
 子慎君の質問に答えになってない答えを返しつつ、デッキケースを右手に持ち、後ろにある公園の出入り口に向かって走る!
 そして、公園を出て少し道路を進んだところ、ひと気のないところまで一っ走りし、左手人差し指でデッキケース中央のエンブレムを押し、デッキケースを右耳に押し当てる、
 「もしもし」
 「双歩、大変だ!」
 慌てたカーディンの声、前回、似たような感じの呼び出しがあった時は、間を開けてろくでもないことになったからなぁ・・・
 「一体何?カーディン」
 「博士の友人の機械が反応している、何かあってはいけない、今行けるか?」
 はぁ・・・まぁ、子慎君と遊ぶよりかは・・・重要事項かな・・・
 「一応・・・行けるよ・・・」
 「今、どこにいる?」
 「今、今ねぇ・・・」
 そういえば、さっきの公園の名前、僕知らないや、公園の名前を書いた物、何かないかな・・・
 周りを見渡してみるも、街の風景と後ろに公園の出入り口があるだけで公園の名前を記したものは見つからない、
 仕方がない、公園の特徴を言えば伝わるだろうか・・・
 「ええっと、芝生が敷かれてて、中央に川がある公園、わかるかな?」
 「わかる、草原時計公園だな、すぐに向かう」
 草原時計公園?そんな名前だったの、あの公園、
 ・・・時計要素はどこにあるんだろ・・・
 あ、そうだ、子慎君、ちゃんと言っとかないと!
 公園の方に踵を返し走る!
 と、公園の中、入ってすぐの所の机と切り株椅子の所に、さっきと同じく、子慎君、弧菜さん、映命さんがいた、
 「ごめん、子慎君、用事ができた!」
 「え、あ、ああ・・・」
 子慎君がとまどい返事を返す中、公園の反対側の植木の向こう側にX字のパトライトのパトカーが止まる、カーディンだ!
 「じゃ、子慎君、弧菜さん、映命さん、また明日!」
 「あ・・・明日・・・」
 「じゃ、じゃあね・・・」
 「それでは、いってらっしゃいませ」
 三人の返事を聞きつつ走り出し、公園中央の木の橋を渡りカーディンのいる場所に向かう!
 っていうか、本当早いな、近くに来てたのかな?
 そのまま公園の向こう左側の出口を抜け、右の方に曲がってカーディンの奥側まで走る、
 と、カーディンの中を見ると、運転席に左右に分かれたシャギーのかかった黒髪をした顔見知りの青年警察官が乗っていた、
 紺色の帽子を頭にかぶり、無線機の付いた長袖長ズボンの制服を着用し、
 帽子には中央前部にパトライトと翼の付いたエンブレムが付き、そのすぐ下に黒いつばがあり、
 制服の内側には白いワイシャツを着て首元に黒いネクタイを締めている、
 間違いない、轟さんだ、
 そのまま右手のデッキケースをジャケットの左内ポケットに放り込むと、その右手でカーディンの助手席側のドアを開け、カーディンの助手席に乗り込み、左手でドアを閉め
 「お、早めに来たね、とりあえず、研究所に向かうよ!」
 「了解!」
 轟さんに返事を返しつつ、右手を使い、助手席左上のシートベルトの金具を引き出して右下の留め具に付ける、
 すると、轟さんが右足でアクセルを加減して踏み、カーディンが少しゆっくりめに走り出した、ブロロロロ・・・、うん、住宅街だからね!
 ようし、目指すは、闘魂ロボット研究開発工場!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
Wカードフュージョン 5話/4 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!4

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「ん?見たことないロボットだ・・・」
 ここは闘魂ロボット研究開発工場の廊下、先の方には博士の部屋がある、
 廊下は左右の壁が波打つ鉄板で作られその鉄板をその前の交差したり立ってたりするする鉄骨が支えていて、天井も波打った鉄板で構成されその天井も壁の鉄骨が支え、床はコンクリートで出来ている、のだが・・・
 先の方にある博士の部屋、その中の少し左側に見知らぬ中型人型ロボットが立っているのだ、
 遠くから見る限りは、戦車のパーツが各部についていて、肩に砲塔が付いているロボットで、大きさはカーディンよりも大きめ、という印象だけど・・・
 「ふむ・・・あれは一体誰だ?轟巡査、知っているか?」
 「さぁね、僕は聞いてないな、一体誰だろう・・・」
 後ろにいるカーディンと轟さんの声が聞こえた、
 チラリと右後ろの方を見ると、カーディンが片手を伸ばして目の上に持ってきて、博士の部屋の方を観察しているのが見える、
 今、カーディンはこの研究所に入る前に、変形して人型となっており、
 その頭は上の切れた三角頭となっていて、額にパトランプと羽を模したエンブレムがあり、顔部分は黄色い目を持つ鋼の顔で、
 両肩はそれぞれパトカーの前部が左右に分かれて45度回ったものになっていて、
 その下の両腕は両肩から脇を閉めるように分離、タイヤの部分が外側になるように180度回った物で、
 胸部にはゆるいV字のパトライトが付いていて、
 両足はパトカーの後部が外装ごと両足を延ばすように上から伸びて腰部が180度回ったものとなっている、
 「私は貴様らを認めん!大方、ブラックスフィアを倒したのも、何かのインチキだろう!!」
 博士の部屋の方から大声が響く、どうやら、あの戦車のロボットが叫んでいるらしいが・・・
 どうしたんだろ、一体
 「とにかく、行ってみよう」
 轟さんが走りだし、博士の部屋へと向かう、
 僕とカーディンも顔を見あわせ一つうなずくと正面に向き直り、遅ればせながら博士の部屋に向かって走る、
 「おお、お前達、来たか!わしと一緒にこいつに色々説明してくれんか!!」
 僕達が部屋に入った後、話しかけてきたのはつなぎの上に白衣を着た一人の柔和な感じの老人、
 頭の髪はすでに白く、口元と顎から無精ひげのような少し長めの白いひげを生やし、
 その眉毛はしたれ気味で分量大目、
 服装は全身に青いつなぎを着て、その上に上半身から腰にかけて白衣を着用し、
 足にはボロボロの緑のスニーカーを履きつぶす感じで履き着けている
 そして、老人の右の方には、いくつもの引き出しの付いた簡素な鉄の机が、その奥には、下に車輪が、座るところに青いクッションと青い背もたれの付いた簡素な椅子があり、
 机の上にはノートパソコンが乗っている、
 この、そこそこ広い以外は廊下と一見何も変わらない場所が博士の部屋である、多分、
 と、博士に向かい、一足先に部屋に入った轟さんが駆けて行き、
 「博士、そのロボット、誰です?」
 「私の名前はアーミー・ド・タンク・バルク、こちらの方に助太刀に来た自衛隊所属のロボットだ」
 「とのことじゃ」
 「自衛隊所属のロボット・・・?」
 自衛隊所属のロボットって・・・え~っと・・・
 そのロボット、アーミー・ド・タンク・バルク、バルクは、
 全身に緑を基調とした迷彩塗装が施されており、
 胸部が戦車前面を模していて、四肢の下の方の後ろ側にキャタピラがそれぞれ付いており、
 左肩に砲塔が備え付けられていて、その顔は、赤い瞳に四角く三方が前に少し出っ張った飾り気のない兜をかぶり、厳しい表情をした白い鋼の顔になっている、
 う~ん、あのロボット、どっかで見たな、どこだっけ・・・あ、思い出した!
 「あのノワールが出てたテレビでやられてたロボットだ!」
 バルクが眉をしかめて目を細め、明らかに不自然そうな顔をしてこっちを見る、
 「そうだ、ブラックスフィアにやられたのは私の同僚だ!にしてもなんだこのガキは!なぜブラックスフィアの正式名称を知っている!!」
 「彼が鋼野 双歩だ、アーミー・ド・タンク・バルク」
 「あん?」
 バルクが明らかに敵意を持った目でカーディンを睨み付ける
 「お前か?カーディンってのは、ブラックスフィアを単騎で退けたっていう?」
 「私だけの力ではない、双歩の、轟巡査の、博士の、そして、ここの研究所のみんなの力があって、ノワールを撃退することができた」
 「何言ってやがる、報告には機体は貴様一体しか空輸してないことになってるぜ、空輸したのは貴様一体、つまり、貴様単騎であのノワールを撃破したってことじゃねぇか!」
 「何を言ってるんだ!」唐突に轟さんの声が響き渡る、轟さんの方を見ると、轟さんはいつの間にかバルクを見上げ
 「確かに、僕と博士は役にたたなかったかもしれない、だがな、双歩君は違う!きちんと戦いの勝利に貢献した!!報告書にもそう書いたはずだろう!!」
 「カードゲームで勝ちましたってか、くだらない!」
 確かに
 「だが、私達は事実そうやって戦ってきた!」
 「なぜにカードゲームで戦ってこれるってんだ!」
 「ねぇ、博士」
 「何じゃ、双歩」
 カーディンとバルクが不条理な言い合いを始めようとしたところ、突如思いついたことがあり、博士に提案してみる、
 「あのバルクっての、カードにしていい?」
 「いいんじゃないかのう」
 よし!博士の許可はとった!!あとは・・・
 「ねぇ、バルク!?」
 「何だ!クソガキ!!」
 名称がいつの間にかクソガキに変化している、
 怒りたい気分だが、向こうは事情知らないし、何より、頼みごとする相手だ、へそを曲げられたら敵わない、
 「クソガキだなんて相手が悪いことしてないのに使う名称じゃないだろ、後、カードにとってもいい?カードゲームごときに、なんていうんなら、別にいいよねぇ?」
 「その通りだな、双歩」同意し、身を乗り出し軽いガッツポーズを決めるカーディン
 「まてまてまて!」なぜか慌てて止めてくるバルク
 「おかしいだろ!なんで暴言吐かれた上にカードをとる許可まで出さにゃならんのだ!!」
 「だってそうでしょう、初対面なのにガキ、クソガキ呼ばわりし、あげくにこっちはちゃんと報告書上げてるのに何の根拠もなくその内容を疑い、さらにはインチキ呼ばわり、ふざけるなって話ですよ、おかげで所属してる組織の評判や風紀まで疑われるよね、後、カードゲームバカにしてんなら、そのカードゲームのカードにとられても別に問題ないよね」
 「ぐっ、ぐぅ・・・」
 なぜか怯み、こちらをたじろいだ目で見てくるバルク、
 「それじゃあ、無言の肯定ってことで、カードにとってもいいよね?」
 「まっ、待て待て、ええい、くそ!」
 バルクがあきらめた様に大声を上げ、静かに目を細めてにらみながらこちらの方を見降ろす
 「いいだろう!ただし、かっこよくとれよ!!」
 バルクがそう言って、まるで筋肉を誇示するように、両拳を上に上げ、体を後ろに傾け、ポーズをとってくる、
 「ポーズとかいらないから」
 「うっ、わ、わかった・・・」
 バルクがなぜか残念そうにさっきの直立不動の姿勢に戻る、
 ったく、さて・・・
 よし、とりあえず許可はもらった!
 右手で上着の内ポケットに入れたデッキケースを取り出し、
 バルクに向け、デッキケース右上のスイッチを数度押す!
 カチッ、シュッ!
 音を立てて、カードが出てきた、
 さて、どんなカードが出てきたのかな!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 attached(1,left)

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!5

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

名前:セルフディフェンサー アーミー・ド・タンク・バルク
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1100
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターゾーンにいる、
        モンスター1体を指定できた時
        ・自分のチャージゾーンにある、
         裏側表示のカードを1枚選択できた時
効果:このターン、
   指定した相手のモンスターのパワーを1000下げる
   ・選択したカードを効果で表にし、
    カテゴリ、名前に「弾」「戦車」
    のいずれかの言葉を持つカードでなかった時
    下がるパワーが600になる
   ・指定した相手のモンスターのパワーが0以下だった時、
    指定した相手のモンスターをトラッシュに送る
カテゴリ1:戦車 カテゴリ2:セルフディフェンダー
テキスト:戦車が前に出て砲撃する!!
     立って敵からの砲撃から仲間を守る!!

名前:砲撃!!タンク・バーング!!
種類:S スマッシュ コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターゾーンに、
        カテゴリ:戦車を持つモンスターがいた時
        次の戦闘に参加する相手のモンスターが
        パワー1500以下だった時
効果:次に戦闘をおこなう相手モンスターをトラッシュに送る
カテゴリ1:砲撃 カテゴリ2:戦車
テキスト:一発の砲撃で、相手は吹っ飛んで行く!!
 
 セルフディフェンサー アーミー・ド・タンク・バルクと砲撃!!タンク・バーング!!おお、両方とも戦車っぽくコストにしてはパワーのあるカードだ!なんとなくそんな感じがする、
 どちらも状況によって相手のモンスターをトラッシュに送る効果を持ってるな・・・
 出てきたカードを左手にとり、デッキケースのふたを左手親指で前左側から開け、デッキケースの中に放り込む、と、
 「これで満足か?」
 「え、あ、うん、まぁ、いちおー」
 思わず適当に応えると、バルクがもう一度目を細めてにらみつけてきて
 ブツッ!
 ん?なんか、轟さんの方からノイズ音が・・・
 轟さんの方を見ると、そこには、いつの間にか、轟さんが、右肩にあった無線機を左手に持ち、口元に持ってきていた
 「はい、はい、わかりました、はい、それと、バルクと名乗るロボットが・・・はい、はい、わかりました、至急、現場に向かいます」
 みんなが見守る中、轟さんが何かはいはいはいはい無線で話し込み、
 無線を右肩の方に戻したと思ったら口元を引き締め真面目な顔で僕達の方を向く
 「大変だ、鎧兜駅の駅前にリュッケンが現れた!」
 リュッケンが、鎧兜駅の駅前に!?
 ・・・ちょっと待って、鎧兜駅といえば・・・映命さんと弧菜さんが買い物に行くって・・・まずい!
 「行こう、カーディン、早く!」
 「おおっ、いつになくやる気だな!」
 「待て」
 な・・・バルク!こんな時に一体・・・
 「私も行こう、轟巡査?私の事は?無線でなんと?」
 「自衛隊から派遣されてきたって説明を受けたよ、それと、出来れば同行してほしいそうだ」
 「聴いたな、君たち」
 「味方は多い方がありがたい」
 「それよりも早く行こう!!」
 言って、いつの間にか僕の足は駆け出していた、
 廊下を走り、途中の前と左の分かれ道を左に曲がり、その先に巨大なシャッターが立ちふさがった!
 「僕が開けよう!」
 轟さんがシャッターに向かって走って行き、シャッターの下に両手を入れ、一気に上に上げ、僕たちの方に顔を向ける
 「それじゃあ、外の門も開けてくるね!」
 そう告げた後、正面に向き直り、開いたシャッターの向こうに走って行った、
 「僕たちも行こう、カーディン!バルク!」
 「了解!」
 「了解だ」
 僕たちは駆け出し、開いたシャッターをくぐる、
 そこには、左右に白い塀があり、塀の間に錆びた鉄の棒が三角らせんになっている門があって、さらにその門を轟さんが右から左に押し開けていた
 「それではここで変形させてもらおう、双歩、どいてくれ!」
 「私もだ」
 僕は前に走り、カーディンとバルクから離れる、
 と同時に、カーディンが両肩を上に閉じてパトカーの前部分にしつつ両腕を180度回転させて上に上げ、パトカーの前部に収納し、
 腰部を180度回しながらただひざを曲げるように両足を後ろの方に行かせ、
 元は胸部分で後ろに回ったパトライトの後ろの方の部分からパトライトを前後対象となるように振り子が上がるように回転させて出してきて特徴的なX字型のパトライトとしつつタイヤのある前の方に倒れて完全にパトカーの形となる
 一方のバルクの方は、
 右肩の砲塔がスライドして背中に移動、
 そこで両腕を肘から思い切り曲げ、両腕後ろのキャタピラを前に出し、
 両足は左右に広げつつ両膝を逆に思い切り曲げ、こちらも両足下部後ろのキャタピラを前に出し、
 前の方に倒れつつ胸部が上の方に回転し頭の部分を完全に覆い、完全に戦車のかっこうになりながら前方に着地した
 「よしカーディン、変形したな、それじゃあ行こう!」
 前方から声が聞こえるとそこから轟さんが駆けてきてカーディンの右側の運転席のドアの前まで走ってそのドアを左手で開け、運転席に乗り込む、
 「待って、僕も!」
 慌ててカーディンの左側に駆け寄り、カーディンの助手席のドアを右手で開けて乗り込み、左手でドアを裏から閉めて、右手で助手席左上からシートベルトの金具を持って引っ張り右下の留め具に留めてシートベルトを締め
 カチッ!
 ・・・
 あれ、
 「そういえば、バルクは?人間のパートナーとか、操縦者とかは?」
 「私にそんなものはいない、全て一体で任務遂行出来るようになっている」
 「へぇ・・・」
 なんか、もの寂しい気もするけど・・・
 「行くよ、双歩君、カーディン!」
 「あ、はい!」
 「了解!」
 「シャッターと門はわしが閉めて置くぞ!」
 声が聞こえた右後ろの方を見ると、博士が体を前に傾かせ両手を両膝につけ、ぜぇぜぇ言ってるのが見えた
 「若いもんは容赦がない・・・じゃが、それでもシャッターと門は閉めとくぞ!思う存分、行って来い!」
 「わかった!」
 「了解!」
 「それじゃあ、飛ばすぞ!」
 いきなり、カーディンの上のパトライトが赤く光りピーポーピーポーとなりだす、
 すると、前方の左右に通る道路を時折過ぎ去っていた車が、端に寄りつつ、ぴたりと止まった!
 「よし、行くぞ!」
 それを見た轟さんが、右足でアクセルを踏むと、カーディンが走りだし、
 道路の真ん中あたりで右に曲がり、そのまま道を左に寄りつつ十字路を正面に進み
 「待て」
 ん、バルク?
 後ろの方から聞こえた声に、少し後ろを向くと、戦車が僕たちの後ろに迫ってきていた、
 ・・・実際問題、結構怖いよ、これ・・・
 「私はここで左に曲がり、別ルートを取らせてもらう」
 「え?けど、パトロールの経験上、正面の方が」
 「左から行っても、問題は、無い、リュッケンとかいうやつに先に発見されて、同時に攻撃されるのはかなわん、私は警察所属ではない、自衛隊所属だ、よって、私の流儀でやらせてもらう」
 バルクが、轟さんの言葉に反論しつつ、僕たちが半分通った十字路を、僕から見た右の方、正面から見て左の方に曲がっていく・・・
 って、大丈夫かなバルク、たどり着いてころには終わってたりして、
 兎と亀という話もあるし、いや、あれは亀が勝つんだっけ・・・
 僕がくだらない考えを張り巡らせる間にも、カーディンは、駅前に向かって全速力で前方の道を走って行った・・・
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
Wカードフュージョン 5話/6 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!6

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「次の交差点を左に!」「わかってるよ、双歩君!」
 まわりの車が避ける中、僕と轟さんの乗ったカーディンは鎧兜駅の駅前に向かって進んでいた、
 左先に見える鉄骨で組まれた工事の現場、確か、この工事現場の先しばらく行った所にある銀行のあるところを左に曲がればいいはず、
 この工事現場、こんな不景気だが、中でビルを作っているそうだ、鉄骨が高所にまで組まれ、外側中程から下をブルーシートが覆い、さらにその下外側を縦に長い鉄の板に左右両端に縦に立てた鉄パイプを仕込んだ鉄の壁をいくつも並べて作った簡素な壁が覆っている、お金が無いと嘆かれる世の中だが、景気良く、ビルを建てる人はいるところにはいるのだろう・・・
 って、そんなこと考えてる場合じゃないな、リュッケンを見つけたら、即刻カーディンと一緒に戦いを挑まないと、
 思わず、右手で上着の左内ポケットの中にあるデッキケースを服越しにつかみ、あ、先の方に銀行が・・・
 ドガァ!
 大きな音が鳴った瞬間、僕を大きな振動と共に奇妙な浮遊感が襲い、カーディンの前の景色が右に回転する、
 え・・・?
 そのままカーディンの前の景色が左の工事現場に突っ込んだ!
 ドガシャアアアアアン!!
 刹那、カーディンが僕ごと回転しつつ転がった時の衝撃が断続的に襲ってくる!
 ドガッ、ドガッ、ドガッ!!
 「うわぁあああ!」
 「うぉおおおお!」
 「うわああああ!」
 思わず叫び声を上げると同時に、轟さんとカーディンも叫び声をあげた!
 あ・・・!
 助手席側の窓ガラスが回転しつつ上になった時、偶然にも、そこに宙に跳ぶ獅子を見た、
 ほんの一瞬しか見えなかったけど、その獅子は、工事現場の鉄骨を、右前足の爪で、斬り裂いているように見えた、
 次の瞬間、その窓ガラスの視界の向こうから、斬り裂かれた工事現場の鉄骨が吹っ飛んでこっちの方に降ってきて、窓ガラスの視界をふさいだ
 ガオン!!
 窓ガラスの向こうに鉄骨がぶつかった!
 刹那、カーディンの前後の窓ガラスの視界が、降ってきた鉄骨に覆われていき、
 まわりから断続的な衝撃が起きながら、鉄骨の降る大きな音が僕達に襲い掛かってきた!
 ドドドドドドドドドドドド!!
 「うわぁあああ!」
 「うおぉおおお!」
 「うわぁああああ!」
 それは、一瞬だったか、もっと長かったか、
 いずれにしても、気が付いたときには、周りが鉄骨で覆われた状況だった、
 カーディンの状況は横倒し、僕のいる助手席側の上のドアは鉄骨に、轟さんのいる運転席側のドアの下は地面に塞がれている、
 上の助手席ドアの窓は割れ、その他の窓は全てひび割れており、いつの間にかハンドルには白いクッション、エアバックが現れている、
 幸い、鉄骨の隙間から光は入ってくるし、空気もきちんと供給されてるけど・・・
 「大丈夫か、双歩」
 「大丈夫かい、双歩君」
 「あ・・・大丈夫、カーディン、轟さん」
 戸惑いながら、返事を、返した、
 しかし、どうすればいいんだろ、この状況・・・
 「双歩君、シートベルトは外せるかい?」
 「え・・・あ、はい、ちょっと待ってください」
 そうだよね、この状況から脱出しないと・・・
 急いで右腰の方にあるシートベルトのロックを、ロックに付いたスイッチを押して外そうと右手親指でスイッチを押し・・・
 あ、あれ、外れない!
 「は・・・外れないです!轟さん!!」
 「落ち着いて・・・どれどれ・・・
 轟さんもシートベルトのロックのスイッチを右手の親指で押して左手でシートベルトの金具を引いて僕のシートベルトを外そうとするが、ガチャガチャ鳴って外れない!!
 「ううん、金具が歪んだかな、すごい衝撃だったし、ということは・・・」
 轟さんが続けて自身の左腰のあたりにあるシートベルトのロックのスイッチを左手親指でギュッと押しながら右手で留め具を力強く引く、
 が、すぐに両手を離し
 「ダメだねこりゃ」
 「ダメって、どうするんですか!!」
 この状態でカードバトルとかもできないだろうし、ええっと、そうだ!
 「カーディン!変形は!?」
 「残念ながら、私は人が内部にいる状態で変形することはできない」
 「こんな状態になると不便だね、今度博士に頼んでおこうか?」
 「のんきなこと言ってないで!この状況をどうやって脱するのか考えてくださいっ!!」
 ぜぇはぁ、ぜぇはぁ・・・
 轟さんののんきな言葉に、思わず大声を上げてしまった・・・
 ううう、どうしよう・・・
 「まぁまぁ、落ち着いて双歩君、こんな時こそ・・・」
 と、轟さんが自身の座席の下の方に右手を伸ばし、
 座席の下の方から、一つの奇妙なハンマーを取り出してきた、上側前後両端が杭のようにとがり、持ち手の下が反転したクの字のようになっている、
 「ジャーン!車載ハンマー!!」
 「そ・・・」
 「そんなのあるんじゃないですか!!」
 「あるに決まってるじゃないか、一応、カーディンはパトカーなんだよ、車用の安全装備は一通りそろっている、さ、これで脱出しよう!」
 轟さんがまず、僕のシートベルトを左手にとり、右手に持つ車載ハンマーの持ち手の反対側の反転したクの字のパーツにひっかけ、
 「おっと!双歩君、体を何処かで支えといてくれ」
 「わかりました」
 轟さんに言われ、助手席のドアの持ち手を持つ、これでどうにかなればいいけど・・・
 「それじゃ、行くよ」
 そのまま轟さんはシートベルトをひっかけたクの字のパーツを引き
 ザシュ!
 シートベルトを切り裂いた!
 その瞬間、シートベルトの支えを失うものの、どうにか、助手席のドアの持ち手で体を座席に押さえつける
 「よし、上出来だ!僕もちゃっちゃと脱出しないとね!!」
 轟さんが自身のシートベルトを左手で引き、右手の車載ハンマーのクの字のパーツに引っかけて、
 ザシュ!
 シートベルトを切り裂く!
 「さて、次だな、双歩君、ちょっとごめんよ」
 轟さんが下のドアの上に立ちつつ右手を上のドアの向こうの鉄骨に伸ばし、ガラスごと鉄骨を押す、
 パキッとガラスが割れる音はしたものの、鉄骨はびくともしない
 「ううん、動かないな、仕方ない」
 轟さんの視線が前面の方、つまり、カーディンのフロントガラスの方に向く、
 「カーディン、前面ガラス割るよ、いいね」
 「かまいません、どうぞ」
 「それじゃ!」
 轟さんが思い切り右手のハンマーをカーディンの前面ガラスに叩きつける!
 ガシャ!
 ガラスに少しだけ、ひびが入る!
 「まだまだ!」
 もう一度、右手のハンマーをガラスに叩きつける!
 ドガシャ!
 フロントガラス全体にひびが行き渡る!
 「これでとどめだ!」
 さらに、右手のハンマーを前面ガラスに思い切り叩きつける!
 ドガシャン!!
 前面ガラスが割れ、破片が下に落ちて行った!
 「それじゃあ、双歩君、先に出るね、よっと!!」
 轟さんが外に出て、外の地面の上に立つ、
 と、僕の方に両手を伸ばしてきた、
 「ほら、双歩君!」
 「あ、はい」
 両手の力を緩め、両脇を轟さんに支えてもらいつつ両手を助手席のドアの持ち手から離し、
 そのまま、轟さんが後ろに下がりながら、僕は、カーディンの外の地面の轟さんの前に降り立った、
 幸い、カーディンの前は、上まで鉄骨に囲まれつつも少しスペースがあるようだ
 これなら、カーディンも変形できるかな、
 「カーディン!これなら変形できる?」
 「恐らくは」カーディンは、声に合わせてフロントライトを点灯させつつ返事を返し、
 「それじゃ、お願い、鉄骨落とさないように、出来る限り慎重に」
 「了解」
 前部中央を開いて顔を出しつつ少しずつ前部左右から脇を閉めるように両腕を出して体を上げて行く、
 鉄骨は・・・全体的に外側の方に動いているみたいだ、
 ってあれ、上から鉄骨が落ちてきたっ!?
 「危ない!」
 間一髪!鉄骨はカーディンの差し出した上側の手に受け止められ、
 カーディンが、自身の後ろの方に鉄骨を押し出していく
 「よっ!」
 ふぅ・・・
 「ありがとう、カーディン!」
 「いや、私のミスだ、鉄骨の動きを把握しきれなかった」
 「あはは、そう、でも、もう鉄骨の動きは気にしなくていいんじゃない?」
 カーディンが変形する時の反動でか、鉄骨はすでに全て外側の方に崩れて行っていた
 「それもそうだな、よし、一気に変形する!」
 カーディンが下の方にある左腕で自身を上に跳ねとばし、
 後部が足を伸ばすように外装ごと外側に移動しつつ腰が180度回転し、
 両腕も180度回転してタイヤの方が外側となる、
 さらに、カーディンの胸部のパトライトも下二つが振り子が向こうの方に上がるように変形して収納され、
 カーディンの額のパトライトと羽のエンブレムがきらりと光り、カーディンが着地する!
 「さて、ここからどうするかね・・・」
 「何言ってんの!鎧兜駅に早く行かないと!!」
 轟さんの愚痴る言葉に思わず反論する、
 けど、まわりは鉄骨の山に囲まれてんだよね・・・確かに、これを乗り越えるのは骨だなぁ、どこから崩れてくるかわからないし・・・
 「私が先行して鉄骨を出来る限りどかしましょう」
 「それがいいね、カーディン、頼む」
 「了解」
 ま、それしかないか・・・他に手もないし・・・
 「っち、仕留め損ねたか」
 上から声、誰だ!?
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
Wカードフュージョン 5話/7 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!7

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「どうやら、直接倒すのが、やはり、一番いいようだ」
 上を見上げると、工事現場の向こうのビル、その上に、巨大な獅子と少年の影、
 太陽が逆光になってよく姿が見えないが、あれは、一体・・・
 「たあっ!」
 少年がビルの上からこちらに向かって跳ぶ!!
 「グルォオオオオオ!」
 同時に、巨大な獅子が顔を上げて一声吠え、少年を追って飛び降りた!!
 スタッ!!
 少年が僕達の前の地面に着地し、
 ズドン!!ガラガラ!!
 巨大な獅子が地面の鉄骨をぶちまけつつ地に降りる!
 少年は、逆立つ金銀の髪を持ち、目つきは悪く、その金と銀の混ざったような色の瞳が僕達を見据え、
 首から下にボロボロのマントをはおり、青い布のようなビニールのような袖無し長ズボンの衣服がマントから垣間見え、
 両手には人間の骨格を意図されて作られたようなメタリックな鉄の小手を付けていて、
 両足にも同じく、人間の骨格を意図されて作られたようなメタリックな鉄のブーツをはいており、
 腰には皮のベルトが巻き着かれている、
 一方の獅子は、白い鋼の外骨格にその身を覆われ、黄金のたてがみと爪を持ち、口元には鋼の牙、後方には先に黄金のパーツが付いた尾があり、その目は赤い機瞳となっていて、両脇の前肢から後肢にかけて金の翼が描かれている、
 「邪魔だな・・・」
 少年が後ろの獅子にチラリと目線を向け
 「レオリング!」
 一声出した瞬間、獅子が顔を上に上げる!
 「グルォオオオオオ!」
 ぐっ!なにこれ?衝撃波!?
 だが、その獅子の放った衝撃波により、獅子の周りの鉄骨が吹っ飛んだ!
 ガァアアアン!!
 って、鉄骨の一つがこっちに!
 と、突如、僕の前にカーディンの右の手の平が差し出され、
 ガン!!
 鉄骨を受け止めた!
 「大丈夫か、双歩!」
 「ありがとう、カーディン!」
 「さて、これで自由に動き回れるな」
 声を聞き、僕達が少年の方を一斉に向く中、少年が、僕達の方を静かに見据えてきた、
 ・・・さっきのセリフといい・・・あの獅子・・・状況から見てあれがレオリングなんだろうけど、のパワーといい、僕が見た獅子といい・・・そういうことか・・・!
 「君たちがカーディンを吹っ飛ばして、工事現場をこんなにした犯人か!」
 「その通り」
 やはり!ということ
 「ということは、君たちはリュッケンの仲間か!」
 轟さん、それ、僕が言おうと・・・
 だが、僕の気持ちを無視し、少年が轟さんの方に目線を向ける、
 「仲間というほど仲良くは無いな、今は護衛、といったところか?」
 「護衛?」
 「ああ」
 少年が唐突に右手を外側に伸ばしてひじを上に曲げて上げ、
 「グルルルル・・・」
 そこに巨大な獅子が、顔を下げ、少年に甘えだす、
 少年はそれを右腕で受け止め、その右手で獅子を撫でつつ獅子の方を見、
 「こいつと一緒にここへ侵略に来たリュッケンのおもりをしに来たんだ、だが、リュッケンが負けたカーディンってやつと一対一で戦うと聞かなくてな、それで、僕の方で先に探して、こうやって襲撃したと、そういうわけだ」
 少年が右手を下げると同時に、獅子が顔を上げ、こちらを目を細めてにら
 「グルォオオオオオ!」
 またもや衝撃波が向かってきた!
 ぐっ!
 今度の衝撃波は幾分か弱い、大方、威嚇しただけなんだろうが・・・
 「いやいや、よかったよ、ステルスモードで辺りを見回っていたら、リュッケンよりも先にリュッケンの言っていた特徴に合うパトカーが見つかって、おかげでリュッケンに邪魔されずに始末ができる」
 ん?今、何か新しいワードを言ったような・・・ステルスモード・・・か、名前からして・・・よし、少しかまをかけてみるか・・・
 「ねぇ、ステルスモードって身を隠す機能だね、それで僕達を襲撃すればイチコロだったんじゃないの?」
 「あいにくと、ステルスモードだと装甲が機能しないんだ、機能上、どちらかしか使えなくてね、それに、気配を隠すために機能もかなり落ちることになる」
 今、なんか、かなり重要な事を聞いた気がする、
 ステルスモードの機能、それに・・・装甲、おそらく、それが、装甲が、あっちがこちら側の攻撃を受け付けない秘訣、
 その装甲を貫けるからこそ、カーディンは戦える!
 「さて、おしゃべりはこのくらいでいいか?」
 少年が両拳を握り、左拳左足を前に出し、右拳を腰だめに構える、
 「グルォオオオオオオオ!!」
 獅子が大きく吠え、その咆哮でこちらにもビリビリとした衝撃が伝わる!!
 「双歩、行くぞ!」「うん!」カーディンの声に首を縦に振り答える
 そして、右手で上着左の内ポケットから、デッキケースを取り出し、前にかざす、
 すると、緑の半透明の板と緑の画面が出てきた!
 急いでデッキケースを緑の半透明の板の左側に置くと、デッキケースからデッキが出てきてシャッフルされて山札となり、
 山札の左側にデッキケースが上下反転しつつ移動した、
 さて・・・ライフカードは・・・ちぃ!緑の画面に五枚置かなきゃダメって出てるな、急いでるってのに・・・
 しかし、仕方がない、急いで山札から右手でカードを一、二、三、四、五枚一気に引いて手前の方に並べ、
 さらにもう一度、山札から一気に一、二、三、四、五枚カードを引いて左手に移して手札にする!
 「カードバトル・・・?ガキの遊びか・・・?」
 少年がこちらの方を向いてきた、
 まずい、警戒されてるか・・・?
 と、僕の前にカーディンの右手が僕を守るように降りてきた
 「大丈夫だ、双歩は私が守る」
 「遅ればせながら、僕もね」
 カーディン、轟さん・・・うん、
 「行こう!」
 「うむっ!」
 「ああ!」
 この場を脱するために、カードバトルの開始だ!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
Wカードフュージョン 5話/8 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!8

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「さぁ、貴様の相手はこの私だ!」
 カーディンが前に出て、掛け声で獅子と少年の気を引く、
 カーディン狙い通り、獅子と少年の目線は、カーディンの方に行った!
 カーディン、サンキュ、今のうちに!
 緑の半透明の板右側のチャージゾーンに向かって、
 「リチャージ!」
 レオリングと少年が右前足と右足を一歩前に出し、カーディンも少しだけ右足を前に出す、
 ザッ・・・
 互いに相手を見てにらみ合っている状況、この状況が長く続きますように!
 祈りつつ、山札の一番上のカードを右手で引くっ!
 「ドロー!」
 今度は、レオリングと少年が反対側の前足と足を前に出した、少し遅れ、カーディンも同じように反対の足を前に出す、
 ザザッ・・・
 今のうち今のうち!
 ええっと、今引いたカードはバトルマシンズ カーディン ロボモード!
 で、今の手札は今引いたバトルマシンズ カーディン ロボモードに加え、
 バトルマシンズ カーディン カーモード、バトルマシンズ イースト&ウェスト、機鱗の盾、フィッシュフライ・タルタル、バトルマシンズブースト、
 よし!この手札なら、1ターン目は、バトルマシンズ カーディン カーモードを1番に置いて、チャージゾーンにバトルマシンズ カーディン ロボモードを置き、
 バトルマシンズ カーディン ロボモードのコスト召喚を狙う!!
 右手で左手の手札からバトルマシンズ カーディン カーモードを引いて緑の半透明の板、中央少し奥の1番の場所に裏側で置き、
 さらに、左手の手札から、右手でバトルマシンズ カーディン ロボモードのカードを引いてチャージゾーンに裏側で置いて、
 「セット!」
 「来い!」
 な!?少年が叫んだと思ったら突如右手を掲げた!?
 バッ!
 何か嫌な予感がする・・・急いで1番に裏側で置いたカードを表に!!
 「オープン!」
 わ!カーディンの背後からいきなり濃緑の獅子が飛びかかってきた!?
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このモンスターが戦闘で敗北するか引き分けた時
        自分のモンスターゾーンに
        カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスター存在している時
効果:このカードをこの戦闘でトラッシュに送らなくてよい
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:車
テキスト:走り込む、機心の力!!

名前:合金獅子 チタンファングレオ
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1100
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
        ・自分のチャージゾーンにある
         カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
         総コスト2以下のモンスターかツインズと、
         裏側表示のカード1枚を指定できた時
         指定するカードは同じカードでも、違うカードでもよい
効果:指定したカードを表にし、
   次の戦闘が行われるまで指定した
   モンスターかツインズのパワー分、このモンスターのパワーを上げる
   ・指定したカードはコストで表にしたものとする
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:走り、喰らいつく!!
テキスト:その合金でできた牙は、何物をも打ち砕く!!
 
 しかし、カーディンはいきなり前に倒れながら両膝を思い切り曲げるようにして両足の外装を腰部に移動させながら腰が180度回しパトカーの後部を形成しつつ、カーディンの上を獅子が通り過ぎ、
 同時に両腕を180度回転させながら上に上げて両肩を上に閉じてパトカーの前部となった後、カーディンの上のパトライトの後ろの方から前後対象となるようにパトライトが振り子を上げるように出てきて特徴的なX型のパトライトを形成し、完全にパトカーの形となった!
 「あ、危なかった・・・」
 対して、跳びかかってきた獅子はそのまま少年の前に飛んで行き、見事に着地!
 ドザァ!
 した後、飛んでいた時の勢いのままこちらの方を回って向き、口を大きく開け、吠えた!
 そこにいたのは、緑の獅子!合金獅子 チタンファングレオ!
 顔部と胴部と尾を緑色の金属の外骨格が覆い、四肢や牙が白い金属で出来ていて、鼻や胸部首元から中央に黒い塗装が施され、
 その赤い機瞳でこちらの方を睨んできている!
 「またも仕留めそこなったか・・・」
 少年のつぶやく声が聞こえる、
 うう、やりづらい、勝つためには手段を選ばず、不意打ち上等、ほんとにこの手はやりずらいよう、
 とにかく、今はカーディンを元の形態に戻さないと・・・
 右手でバトルマシンズ カーディン カーモードのコストとして一枚表に!もちろん、バトルマシンズ カーディン ロボモードだ!
 
名前:バトルマシンズ カーディン ロボモード
種類:PM プログレ
コスト:1 パワー:2000
召喚・効果コスト:「カーディン」
         の言葉が名前に入っているモンスターカード
相殺効果・止 発動条件:このカードの効果が相殺された時 コスト:無し
       発動後:カードの在り方に変更無し
   相殺時に発動された相手のカードの効果の発動を無効にして、
   相殺扱いで元の状態に戻し、このカードの効果を発動する
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このプログレスが
        相手のモンスターかプログレスに戦闘で敗北するか引き分けた時
        自分のモンスターゾーンに
        カテゴリ:バトルマシンズを持つ
        モンスター・プログレスが存在している時
効果:このカードをこの戦闘でトラッシュに送らなくてよい
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:ロボ
テキスト:立ち上がりしその姿は、正しく鋼の戦士!!
 
 で、緑の画面に映る、向こうの合金獅子 チタンファングレオの召喚コストは・・・?
 
名前1:爪銃獅子ズ・レオグレイツ
名前2:爪獅子 ランズネイル
名前3:銃獅子 ガンズグローイン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1200
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件のカードのコストとして
        このカードが指定されている状態で、
        このカードか、一緒にコストに指定されたカードを1枚指定する、
        一緒にコストに指定されたカードを指定した場合は表にしなくてもよい
         1:カテゴリ:フルメタルレオを持つモンスターの召喚コスト
         2:カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
           モンスターの召喚コスト
コスト軽減効果:以下のどちらかの効果を指定して、
        軽減条件で指定したカードに発動させる
        一番下の効果はどちらを選んでも条件に合った場合発動する
        ・軽減条件で指定したカードを裏にすることができる、
        ・軽減条件で指定した、このカード以外のカードを表にせずに
         コストを支払ったものとしてみなす
        軽減条件の2でこの効果を発動した場合、
        指定したカードはこのターン、全ての効果の発動及び
        召喚・装備・設置・手札に戻す等、
        表にした時の効果も発動できなくなる
効果の発動タイミング:無し 効果の発動条件:無し 効果:無し
カテゴリ1:フルメタルレオ
カテゴリ2:振り上げる!! カテゴリ3:撃ち抜く!!
テキスト:爪が、銃が、ありとあらゆる敵を打ち倒す!!
     獅子2体のコンビネーション、とくと見るがいい!!
 
 爪銃獅子ズ・レオグレイツ・・・?あれは・・・ツインズって書いてあるな・・・?
 あ、でも、すぐに裏に返っちゃった・・・
 何か嫌な予感がするけど、今は、やれることをする!
 左手で1番に置いたバトルマシンズ カーディン カーモードのカードを持ち、
 対して、右手で前に出したバトルマシンズ カーディン ロボモードのカードを掴んで、
 左手のバトルマシンズ カーディン カーモードのカードを裏に返しながらチャージゾーンに移動させながら、右側のバトルマシンズ カーディン ロボモードのカードを1番に持ってきて、置く!
 「プログレス、チェーンジ!!」
 突如、カーディンが叫ぶと、前部が開いて肩になりつつ開いた前部から顔が出て額に着けたパトライトと羽のエンブレムがきらりと光り、
 後部が曲げていた足を伸ばすように外装ごと伸び、その伸びた足が地に付いて宙に跳びながら腰部が180度回転しつつ、
 続けて、両肩の部分から両腕が脇を閉めるように出てきつつ両腕がそれぞれ180度回転してタイヤの部分が外側に出てきて、胸のX字のパトライトの下二つが体側に向かって振り子を上げるように収納され、胸のパトライトが緩いV字となりつつパーポーパーポーと音を出しながら光って、カーディンが着地、
 ズドン!
 その右拳を勢いよく前に突き出した!!
 
少年
モンスターゾーン  
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1 パワー:1100
チャージゾーン
裏:1表:0

鋼野 双歩
モンスターゾーン
バトルマシンズ カーディン ロボモード PM コスト:1 パワー:2000
チャージゾーン
裏:1表:0
 
 「グルオォオオオオ!!」
 いきなりレオリングが大声で吠える!すると、チタンファングレオ、チフレが同じように大きく顔を上げて吠え、上に跳んだ!
 なんだ、なにが始まるんだ!?
 
名前:合金獅子 チタンファングレオ
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1100
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
        ・自分のチャージゾーンにある
         カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
         総コスト2以下のモンスターかツインズと、
         裏側表示のカード1枚を指定できた時
         指定するカードは同じカードでも、違うカードでもよい
効果:指定したカードを表にし、
   次の戦闘が行われるまで指定した
   モンスターかツインズのパワー分、このモンスターのパワーを上げる
   ・指定したカードはコストで表にしたものとする
 
名前1:爪銃獅子ズ・レオグレイツ
名前2:爪獅子 ランズネイル
名前3:銃獅子 ガンズグローイン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1200
 
 いきなりチフレの顔前面が分離し、胴体の両前肢が後ろに、両後肢が後ろに回って両前後肢が一体化し、
 残った顔部分がまとめて前の方に二つ折りされて後ろの胴部と共にレオリングの背中に合体、
 チフレの顔前面がレオリングの顔前面に覆いかぶさった!
 「グルオォオオオオオオオオオオオオ!!」
 自身とチフレ、四つの牙持つ獅子が、大きく吠える!!
 げっ、合体した!
 って、合体自体そんな驚くほどの事じゃないけど、よもやあんな合体方法を取ってくるとは・・・
 「行くぞ、レオリング!」
 「グルオォォォォォオオオオオ!!」
 
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1 パワー:1100

FIGHT!!

バトルマシンズ カーディン ロボモード PM コスト:1 パワー:2000
 
 いきなり少年がカーディンに向かって跳んで右足を前に出し、飛び蹴りにかかった!?
 「てりゃああああ!」
 「なにっ!?」
 カーディンが予想外の事態に驚き、思わず防御をし忘れる!
 そのカーディンの胸部に少年の蹴りが突き刺さる!
 「ぐわぁ!」
 カーディンは吹き飛ばされ、背中から後ろの鉄骨の山に突っ込む!
 ズガァアン!!
 「カーディン!」
 「だ、大丈夫だ・・・」
 「レオリング!!」
 「グルオォォォォォオオオオオオオ!!」
 少年の指示が飛んだ瞬間、レオリングがカーディンの方に跳びかかる!
 そこでカーディンが、背中が鉄骨の山に突っ込んだまま右手を握って振りかぶり、前に突き出す!
 「このぉ!」
 しかし、その右拳は、吸い込まれるようにもの見事にレオリングの口の中に入り、
 ガブッ!!
 「ぐわぁああ!」
 レオリングの四本の牙に噛みつかれる!!
 が、とっさにカーディンは左拳でレオリングに殴り掛かる!拳はレオリングにクリーンヒット!
 ガンッ!!
 しかし、レオリングに効いている感じは全くしない、
 「このぉ!」再度カーディンは左拳を振り上げてぶん殴って行く
 ガンッ!!
 間髪入れずにもう一発、
 ガンッ!!
 だが、ダメージを受けた様子は無く、カーディンはそのままレオリングの右頬を幾度も殴っていく
 ガンッ!!ガンッ!!ガンッ!!ガンッ!!
 も、レオリングはビクともしなかった!
 「そのままだ!レオリング!!」
 そこに再度の少年の右斜め前から跳び蹴りがカーディンの右頬に突き刺さった!
 「ぐぉおおおお!」
 
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1
パワー:1100+1200 パワー合計:2300

戦闘終了

バトルマシンズ カーディン ロボモード PM コスト:1 
パワー:2000 パワー合計:2000 TRASH!!
 
 カーディン!くそっ!こういう時は、やっぱり、カードしか・・・ない!!
 もう発動できるカードは無いから・・・次に進める!
 チャージゾーンに向かい、宣言だ!!
 
少年
デッキ:29枚 手札:4枚 ライフカード:5枚
チャージゾーン:1枚 トラッシュ:0枚
モンスターゾーン  
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1 パワー:1100

VS

双歩
デッキ:42枚 手札:4枚 ライフカード:5枚
チャージゾーン:1枚 トラッシュ:1枚
モンスターゾーン
無し
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Wカードフュージョン 5話/9 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!9

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「リチャージ!」
 「この程度か!」
 少年が続けてカーディンの顔を右足で足蹴にする!
 ガシッ!!ガシッ!!ガブッ!!ガブッ!!
 今だにレオリングもカーディンの右拳を噛んでいる!
 ええい、ちゃっちゃと進めないと・・・
 山札の一番上のカードを右手で引いて、
 「ドロー!」
 「仕方がないな・・・」
 ん?なんだろ、少年が右足を止めて・・・
 いや、今はそれよりも・・・
 今引いたのはバトルマシンズ マッスルモーター!
 前のターンはチフレの効果と合体でレオグレイツのパワーを上乗せされちゃったけど、こいつならどうにかなるはず、
 これをそのまま1番に裏側表示で置いて、
 続けて、左手の手札を見る・・・よし!
 左手の手札からバトルマシンズ イースト&ウェストを引いて、チャージゾーンに裏側に置き、
 「セット!」
 「レオ!」
 少年の一声で、レオリングがカーディンの右腕を口から離し、いきなり天高く跳び上がる!
 何をする気だ!?
 ええい!とにかく、右手で1番に裏側で置いたカードを表に!!
 「オープン!」
 「来い!」
 
名前:バトルマシンズ マッスルモーター
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターと
        相手のモンスターが参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで
   このモンスターのパワーを1200上げる
   ・次の戦闘に参加する相手のモンスターの装備しているイクイップを
    相手のチャージゾーンに表側表示で送る
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:機筋動
テキスト:歯車が組み合わさり、回転しだすもー!!
     たー

名前:飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:この戦闘でこのモンスターが
        戦闘で相手のモンスターかツインズに勝利したか、引き分けたか、
        相手のライフカードを手札にさせた時
効果:このカードを自分のチャージゾーンに裏側表示で置く
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:飛び、切り裂く!!
テキスト:変形したその体で、飛んで行く!!
 
 突如、上空に濃青の獅子が現れる!
 濃い青の金属のたてがみに爪、尻尾の先や胴部を持ち、
 関節部や顔、尻尾の間などは鋼で出来ていて、これまでの獅子と同じ赤い機瞳を持つ!
 と、その青い獅子の尾が上に折りたたまれ顔が下の方に向かい、
 四肢が外側の方に向いたと思ったら、右前足と左後ろ足の爪が前後反転回転しつつ四肢が前後左右に向き、
 獅子の頭が中央に付いた手裏剣のような格好になる!
 さらに、その手裏剣の獅子、ザッシュトルネードレオ、ザッシュの足の一つをレオリングが口でくわえ、
 下の方に落ちる姿勢になりつつそのザッシュの爪の一つをカーディンに向かって叩き落そうとする!
 「くっ!」
 迫りくる爪を避けようとしてか、カーディンが姿勢を上げようと
 その瞬間、少年がカーディンに向かって右回し蹴りをさく裂させた!
 「甘い!」
 「グハッ!!」
 が、その左頬に思い切り少年の右回し蹴りが決まり、カーディンが鉄骨の山に沈む!
 これまでかっ!?
 そう思った次の瞬間、右の方から鉄色で太い円柱状の何かが飛んできた!!
 片方の平面の部分の中央になんか鉄の棒が出てるし、
 側面の円の部分の一部が平面になってて、鉄の棒が出てる方の反対側が四角く出っ張っており、出っ張ってる部分の両端に金色の穴開き四角のパーツが一個ずつついてる・・・?
 って、あれってモーター?ほら、走る車の模型に入ってるやつ
 ・・・いや、それ以外にも入ってるけど・・・
 と、いきなり、その大きなモーターの中央の円柱状の部分に上から下に直線的なカクカクした割れ目がいくつもでき、
 ドガーン!!
 その割れ目がぶっ飛んで中から何かが出てきた!
 それは、銅線がいくつも巻かれて作られた人型!
 無数の銅線が幾重にも巻かれ絡まり合い、筋肉質な人型を形成している!
 ・・・正直、わけわからん見た目なんだけど・・・
 その筋肉の銅線、マッスルモーター、スルモーが登場した勢いのまま飛んでその右拳を空中で突き出し、レオリングをぶん殴る!
 ドガァ!!
 さすがに少し吹き飛ばされ、向こうの方に着地するレオリング!!
 よし、今のうちにコスト指定!
 右手でチャージゾーンのカードをバトルマシンズ マッスルモーターのコスト分二枚を表にする!
 
名前1:バトルマシンズ イースト&ウェスト
名前2:イーストオーファイブ
名前3:ウェストオーセブン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1400
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件を満たした時
        1:カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターカードが、
          このカードをコストとして指定した時、
        2:このカードのコストとして指定したのが
          このカードの名前またはカテゴリを召喚のコストとして指定する
          フュージョンだった時
コスト軽減効果:条件を満たしたものと同じ番号の効果を1つ発動させる
        1:このカードをコストとして指定したカードのコストを
          このカードを含めてどれか1枚裏にすることができる
        2:コストとして指定した別のカード1枚を元の場所に元の表示で戻す
          戻せない場合は手札に戻す
          戻したくない場合は戻さなくてもよい
効果の発動タイミング:無し 効果の発動条件:無し 効果:無し
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:新幹線 カテゴリ3:新幹線
テキスト:ヒャッハー!!撃ち抜けぇ!!
     2体が組めば、銃の扱いには敵はなし!!

名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800
 
 表にしたのはバトルマシンズ イースト&ウェストとバトルマシンズ カーディン カーモード!
 ええっと、緑の画面の向こうで表になったカードは、と、
 
名前1:爪銃獅子ズ・レオグレイツ
名前2:爪獅子 ランズネイル
名前3:銃獅子 ガンズグローイン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1200
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件のカードのコストとして
        このカードが指定されている状態で、
        このカードか、一緒にコストに指定されたカードを1枚指定する、
        一緒にコストに指定されたカードを指定した場合は表にしなくてもよい
         1:カテゴリ:フルメタルレオを持つモンスターの召喚コスト
         2:カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
           モンスターの召喚コスト
コスト軽減効果:以下のどちらかの効果を指定して、
        軽減条件で指定したカードに発動させる
        一番下の効果はどちらを選んでも条件に合った場合発動する
        ・軽減条件で指定したカードを裏にすることができる、
        ・軽減条件で指定した、このカード以外のカードを表にせずに
         コストを支払ったものとしてみなす
        軽減条件の2でこの効果を発動した場合、
        指定したカードはこのターン、全ての効果の発動及び
        召喚・装備・設置・手札に戻す等、
        表にした時の効果も発動できなくなる
効果の発動タイミング:無し 効果の発動条件:無し 効果:無し
カテゴリ1:フルメタルレオ
カテゴリ2:振り上げる!! カテゴリ3:撃ち抜く!!
テキスト:爪が、銃が、ありとあらゆる敵を打ち倒す!!
     獅子2体のコンビネーション、とくと見るがいい!!

名前:獅子チ
 
 さっきの爪銃獅子ズ・レオグレイツというツインズ、それに、獅子チ
 スルモーが地上に着地した後、レオリングに向かって走り込んでいき、
 そのままレオリングに向かって跳躍、今度はさっきと反対側の拳を振り上げ前に出す!
 「咆哮だ!レオリング!うぉおおお!!」
 「グルオォォォオオオオオオオオオオオオ!!」
 少年とレオリングの叫びと咆哮が共鳴し、スルモーが吹っ飛ぶ!
 
名前:近場からの大咆哮!!グオゥ!!
種類:H ハンド コスト:0
効果の発動タイミング:相殺時
効果の発動条件:以下のいずれかの条件を満たした時
        1:コスト軽減効果によって
          オープン時に相殺が行われた時
        2:相殺が行われたカードが両方とも
          コスト4以下だった時
効果:条件によって以下の効果を発動する
   1:互いにオープン時で表にしてコストを支払っている
     カードのコストを一つ、支払わない扱いにできる、
     この時、このカードの発動者に限り、オープン時で表にしたカードが、
     コストを指定していない限りは、
     コストに選んだカードを相手に見せずに元に戻してもよい
   2:互いにチャージゾーンで表になっているカードを1枚裏にする
     この時、裏にしなくてもよい
カテゴリ1:咆哮 カテゴリ2:グオゥ!!
テキスト:うわっ!!驚き、互いに腰を抜かした!!
 
 あれは、近場からの大咆哮!!グオゥ!!・・・ってえ?今のカード扱い?
 っていうか、緑の画面のザッシュのコストとして表になったカードのよく見てない方のカードもいつの間にか裏になってるし!
 一体どんなカードだったんだろ・・・
 って、チャージゾーンのカードを一枚裏にしていいって出てるな、近場からの大咆哮!!グオゥ!!の効果っぽいけど・・・
 じゃ、バトルマシンズ イースト&ウェストの方を右手で裏にしとこう!
 
少年
モンスターゾーン  
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1 パワー:1100
飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ M コスト:2 パワー:1400
チャージゾーン
裏:1表:1

鋼野 双歩
モンスターゾーン
バトルマシンズ マッスルモーター M コスト:2 パワー:1400
チャージゾーン
裏:1表:1
 
 レオリングがスルモーに向かって走る!
 そして、その顔を右に振って咥えたザッシュを振り回しスルモーに斬りかかる!
 が、スルモーはこれを後ろにダッダッっと二回跳んでかわした!
 その後も同じようにレオリングはザッシュを左右に振り回してスルモーに斬りかかるが、スルモーはまたも後ろに二回連続で跳びかわす、
 ・・・これって、スルモーもザッシュの攻撃範囲に攻めあぐねているのでは?
 そう思った次の瞬間、スルモーが大きく右に迂回して走り、カーディンに向かって行く、レオリングへの攻撃よりカーディンの救出を優先したか!
 「させるか!レオ!!」
 レオリングがいきなり首を大きく右に振ってザッシュをスルモーにぶん投げた!
 しかし、スルモーは頭を下げてこれを避ける!
 「だから、なんだ!!」
 少年がカーディンの上からスルモーに向かって跳ぶ!
 さらに、その途中でザッシュを蹴ってスルモーに弾き返した!
 スルモーが今度は上に跳んでザッシュを避ける!と同時に、レオリングが上前に跳んでザッシュを避けつつ後ろからスルモーに大口を開け喰らいていく!
 
名前:合金獅子 チタンファングレオ
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1100
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
        ・自分のチャージゾーンにある
         カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
         総コスト2以下のモンスターかツインズと、
         裏側表示のカード1枚を指定できた時
         指定するカードは同じカードでも、違うカードでもよい
効果:指定したカードを表にし、
   次の戦闘が行われるまで指定した
   モンスターかツインズのパワー分、このモンスターのパワーを上げる
   ・指定したカードはコストで表にしたものとする
 
 おおっと、チフレの効果か、でも、させないよ!
 パワーを上げられたり、牙で噛みつかれたり、コストで表にしたカードで追加召喚でもされたりしたらかなわないからね!
 画面から視線を外しつつ右手を前に出し宣言!
 「僕はバトルマシンズ マッスルモーターの効果を発動!合金獅子 チタンファングレオの効果を相殺する!!」
 
名前:バトルマシンズ マッスルモーター
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターと
        相手のモンスターが参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで
   このモンスターのパワーを1200上げる
   ・次の戦闘に参加する相手のモンスターの装備しているイクイップを
    相手のチャージゾーンに表側表示で送る

合金獅子 チタンファングレオ

相殺

バトルマシンズ マッスルモーター
 
 スルモーの全身のまとまった銅線が突如、急速に回り始める!
 ギュイィイイイイン!!
 さらに、スルモーはそのまま一気に後ろに反転、レオリングに掴みかかる!
 ガッ!
 スルモーはレオリングの前の方に着いたファングの牙二本をその両手でそれぞれ握った!
 そこからすさまじい力で両手に持った牙二本をを少しずつ捻じ曲げて行く!
 メリメリ、メリメリ
 レオは四肢を踏ん張り、スルモーに向かって行こうとするが、
 スルモーはズルズルと後ずさりしながらもこれに耐え、牙を折ろうとする!
 スルモーが押し切られるのが先か、それとも、スルモーが牙を折るのが先か!
 が、そこに、レオリングの背後から右の方に手裏剣形態のザッシュが飛んできた!
 ザッシュはそのまま右の方の鉄骨の山に反射し、レオリングの口元に向かい、
 スルモーを吹っ飛ばしつつレオリングの口に収まった!
 
名前:獅子チェンジ!!フルメタルリングチェンジ!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自身のモンスターゾーンにある、
        カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
        隣同士の場所でコストの違いも1以下の
        モンスター2体を指定できた時
効果:指定したモンスターの場所を入れ替える
   ・この時、装備していたカードは入れ替えず
    入れ替えたモンスターに効果時のみ
    コスト0として再び装備しなおす
    コスト以外で装備できない時はトラッシュに送られる
   ・指定したモンスターが両方
    カテゴリ:フルメタルレオを持っていた時、
    このカードは発動後もトラッシュに送られず、
    チャージゾーンに表側表示で残る
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:チェンジ!!瞬間!!チェンジ!!
テキスト:獅子が狩りの合間に敵に囲まれる、
     だが、そこに別の獅子が助太刀に現れた!!

飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ M コスト:2 パワー:1400

FIGHT!!

バトルマシンズ マッスルモーター M コスト:2 パワー:1400
 
 今のザッシュ、誰が?
 そう思ってザッシュのいた方を見ると、少年が静かにレオリングの方を見ていた、
 あ、あいつか~!
 だけど、今なら!
 「うぉおおおお!!」
 カーディンが立ち上がり、レオリングに向かって走っていく!!
 「貴様は寝ていろ!!」
 が、少年が走り出したと思ったら跳躍、そのままカーディンの腹にその右足蹴りをめり込ませ、カーディンをまたも鉄骨の山に突っ込ませた!
 ズガァ!!
 うわぁ・・・きついわぁ・・・
 が、その間にもスルモーとレオリングの対峙は続く、
 そして、互いににらみ合う様に向かい合い、走り出した!
 スルモーがその右手を伸ばし、ザッシュの足の一つをその手に掴もうとする!
 なるほど、ザッシュを奪うか、破壊する手で行くつもりか!
 しかし、その作戦をレオリングが察したのか、レオリングは首を左に降ってスルモーからザッシュを離し、
 返す刃でスルモーに斬りかかる!
 が、スルモーはこれを後ろに跳んで避けつつ再度ザッシュの足の一つを掴もうと右手を伸ばす、
 それを見たレオリングは首を左にひねってザッシュを上の方に上げ、
 ここでスルモーがレオリングを見て何かに気付いたのか、いきなりレオリングの方に右拳を伸ばした!
 レオリングは不安定な姿勢でこれを避けられない!そのままスルモーの右拳がレオリングの上の牙を吹っ飛ばした!!
 レオリングの上牙が上に吹っ飛んで行く!だが、吹っ飛んで行ったのはレオリングの前の方の上の牙、つまり、合体したファングの方の牙だ!!
 レオリングはそれもお構いなしに右前足を振り上げ、スルモーに叩きつける!!
 慌てて右の方に避けるスルモー、そこに少年が上に跳び、上下反転しつつ上の方に足を持ってきて、
 オーバーヘッドキックでファングの牙を蹴っ飛ばした!!
 蹴っ飛ばされた牙は、そのままスルモーの右足の甲辺りを貫き、スルモーの右足と地面を繋ぎとめた!!
 そこに間髪入れずにレオリングがザッシュを振りかざし、走りこんでくる!
 スルモーは右足を上げようとするが変な風に刺さってしまっているのか、慌ててしまっているのか、右足が上がらない!
 そこで、スルモーは意を決したのか、右手を握って右拳となし、レオリングを待ち構える!
 そして、レオリングがザッシュを振りかざし、スルモーがその右拳を突き出した!
 ドガッ!
 スルモーの右拳がザッシュの中心部を貫き、ザッシュの足の一つが・・・スルモーの中央部を突き刺していた!
 スルモーが爆発し、消え去る!!
  
飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ M コスト:2
パワー:1400 パワー合計:1400 TRASH!!

FINISH!!

バトルマシンズ マッスルモーター M コスト:2
パワー:1400 パワー合計:1400 TRASH!!
 
 そして、レオリングがくわえたザッシュに穴が開いているのを見て、
 思い切り首を左に曲げた後、思い切り右に返して上空に投げる、
 上空に投げられたザッシュは鉄骨の山の向こう側に突き刺さり、
 ガンッ!
 光に分解されるように消え去った、
 どうしたんだ?傷ついたから投げたのかな・・・?
 
名前:飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:この戦闘でこのモンスターが
        戦闘で相手のモンスターかツインズに勝利したか、引き分けたか、
        相手のライフカードを手札にさせた時
効果:このカードを自分のチャージゾーンに裏側表示で置く
 
 等と考えている間にも、レオリングが地面に刺さったファングの牙の方に歩いていき、
 頭を下げて、再度、その牙を装着した!!
 
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1 パワー:1100

ATTACK!!

双歩
 
 「マッスルモーターァアア!ぬぉおお!!」
 「寝てろと言っている!!」
 カーディンが叫びながら体を起こそうとするも、またも少年の唐突の跳び蹴りが決まり、鉄骨の山に沈む!!
 さすがに、カーディンでも体を起こそうとしている状態からの弾丸のような蹴りの一撃はきついようだ、
 鉄骨の山がすぐそばにあるから、変形した時に鉄骨を巻き込みそうだし、変形してる間に少年の蹴りを喰らうかもしれないし・・・
 これがレオリングの様に体が大きかったり、カードによる補助があったり、ちゃんと立った状態ならまた話は別な気もするのだが・・・
 と、そこにレオリングが駆けてきた!
 カーディンは驚きまたも体を起こそうとするが、その前にレオリングの右前足に体を抑えられ、
 その右首筋に4本の牙を突き立てられた!!
 「ぐわぁあああああ!!」
 
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1
パワー:1100 パワー合計:1100

FINISH!!

双歩 ダメージ
 
 っつ、どうしよう、カードバトルを先にすすめるしか・・・
 あ!緑の画面にライフカードを取れって表記が!!
 ええい!カーディンがダメージ受けてるからだけど、
 ここは状況を変えるために使わせてもらう!!
 え~っと、ライフカードの真ん中のカードを右手で取るっ!
 出てきたのはバトルマシンズ ライフブレイカーS・L!!
 手札にはバトルマシンズブーストもある、
 チャージゾーンにはツインズのバトルマシンズ イースト&ウェストだって、
 バトルマシンズ イースト&ウェストはコスト軽減を発動できないかもしれないし、
 バトルマシンズブーストも相殺されるかもしれない、
 バトルマシンズ ライフブレイカーS・Lだってうまく使えた記憶は無いけど、
 この3枚で、次のターン、乗り切ってやる!!
 
少年
デッキ:28枚 手札:2枚 ライフカード:5枚
チャージゾーン:3枚 トラッシュ:1枚
モンスターゾーン  
無し
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1 パワー:1100

VS

双歩
デッキ:42枚 手札:4枚 ライフカード:4枚
チャージゾーン:2枚 トラッシュ:2枚
モンスターゾーン
無し
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカードフュージョン 5話/10 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!10

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に返し、
 「リチャージ!」
 「レオ、そのまま噛み砕け!!」
 少年がレオリングに指示する声が聞こえる、
 少なくともこちら側に注意を向けていないことは幸いだが・・・
 今のうちに右手で山札から一枚引く!
 「ドロー!」
 レオリングがなおもカーディンに喰らいつこうとする、
 「このぉ!!」
 が、カーディンは両手でレオリングを押しはがそうとする!
 「どうやら、また蹴りを喰らいたいようだな・・・」
 少年がカーディンを見据え、左足を前に出して走り出すポーズをする、
 僕が引いたのはバトルマシンズフルブースト!
 今はこのカードは使わない、このターン使うのは・・・
 右手で左手の手札からバトルマシンズ ライフブレイカーS・Lのカードを引いて1番に裏側で置き、
 続けて、左手の手札から右手で、バトルマシンズブーストのカードを引いてチャージゾーンに裏側で置き、
 「セット!」
 「グルオォォォオオオオ!!」
 レオリングが再度カーディンにその牙をむく!
 カーディンは押し返されつつもその両の手を使い押し返し返そうとあがく
 少年はそれを見張り、いつでもレオリングに助太刀できる状態でいる・・・
 カードだけじゃ、どうにもできそうにないかも・・・
 オープンと同時に・・・僕の方でも動くしかないか・・・
 「双歩君」
 轟さん!?
 轟さんが僕の前に来て、チラリと僕に目線を送る
 「次に何か召喚されたら、同時に僕も動くよ、君と考えてることは同じだろうけどね、視線がそう語っている、なに、カーディンを吹っ飛ばすほどでも所詮は子供、どうにか抑えてみせる!」
 「出来ますか?」
 「任せろ」
 よし、それなら!
 右手で1番に裏側で置いたカードを表にする!
 「オープン!」
 「らちが明かないな、来い!」
 
名前:バトルマシンズ ライフブレイカーS・L
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2800
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このモンスターが戦闘で相手モンスターに勝利した時
        相手のライフカードが1枚以上ある時
効果:相手のライフカード1枚を相手の手札に加えさせる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:ブレイカー
テキスト:頭と最前部の角で斬り削り裂き走る!!
     超特急機関車ロボ!!

名前:剣騎闘獅子 グラディナイトレオ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2600
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        ・次の戦闘に参加する相手モンスターのパワーが、
         このモンスターより下だった時
効果:次の戦闘のみスキップする
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:叩き、斬る!!
テキスト:その獅子、共にある者に守りと、そして、戦いをもたらす!!
 
 突如、右の方から灰鋼の獅子が飛び出してきた!!
 その姿は胴部が灰色で覆われ、鬣や尻尾の先に爪が黄色い金属で出来ていて、顔は白で塗装され、四肢の前部分に刃のような意図が見えており、赤い機瞳を持つ
 と、その灰色の鋼の獅子、グラディナイトレオ、ディナイトが着地しつつ上に跳んだ!
 そこで尾がまっすぐに伸びたと思ったらその尾を後足裏で挟み込む様に両後ろ足が伸び、
 両肩が左右に飛びだしたと思ったら、両前足がまた両後ろ足の付け根を挟み込むように回って移動し、
 その頭部が上の方に回転したと思ったら、胴部から棒のような物が首の場所を中心に頭のあった場所にまで回り込んで、
 獅子の顔が刃と柄の間にある灰と黄の配色がなされた剣と化す!!
 さらに、柄の部分が横方向に90度に回ったと思ったら、柄の先がレオリングに刺さり、レオリングと一体となる!
 「グルオォォォォォォオオオオ!!」
 レオリングが吠えた後、視線をカーディンの方に戻す、すると、同時にディナイトの柄が伸び、その剣先をカーディンに向けた!
 「さて、これは耐えられるかな・・・?」
 少年がただただ冷静にレオリングとカーディンの方を見る
 「行くよ、双歩君」一緒に様子をうかがっていた轟さんが少年の方に向かって走り出し少年に近づく!
 「君の相手はこの僕だ!」
 「うん・・・?」
 少年がけだるそうに轟さんの方を見る、
 「さぁ、どこからでもかかって」
 「邪魔だ」
 一瞬、少年が前進したと思ったら、いつの間にか轟さんにその右手で掌底を叩き込んでいた、
 当然のごとく、轟さんが吹っ飛ばされる、が、轟さんは、少し吹っ飛んだところで押しとどまった!!
 おぉ!!
 いつの間にか、その両腕で掌底を防御してもいた!轟さんがにやりと笑う!!
 「その程度かい?」
 「手加減しすぎたみたいだな」
 おし、これなら時間稼ぎにも!
 ドガァ!!
 「うわぁああああ!!」
 ズガーン!
 ・・・轟さんが少年の跳び蹴りを喰らい、向こうの鉄骨の山まで少年と共に、蹴り飛ばされながら吹っ飛んだ・・・
 轟さん、生きててね!
 「ライフブレイカーS・L!!」
 僕が叫ぶと同時に、右の方から機関車が走ってきて、レオリングを吹っ飛ばした!
 ドッグワァアアン!!
 「なにっ!」
 レオリングが吹っ飛ばされたからか、それとも、僕の叫びを聞いてか、少年がこっちを向く!
 だが、すでに時遅し!!
 「助かったぞ、ライフブレイカーS・L!!」
 カーディンが立ち上がり、機関車、ライフブレイカーS・L、S・Lが、そのまま少年に向かって急回転し突進、そのまま少年を吹っ飛ば
 ガゥン!
 ・・・せずに止まっている!?
 なんと、よく見ると少年がその右手1つでS・Lを押しとどめていた!?
 「な・・・める・・・」
 そのまま少年は右手でS・Lを掴んでS・Lを浮かばせ、
 「なぁ!!」
 S・Lを投げ飛ばした!!
 投げ飛ばされた機関車、ところどころが黄色で縁取られている藍色の機体色を持ち前の方の機首中央にパトランプと翼の金のエンブレムが付いた機関車の、その機種の上に、機体の方から刃の角が立ち上がった!
 白銀で作られ、内側が藍色に塗られた片刃の刃!
 さらに、機関車の機体の中部から後部が上下に分割、
 上の方が左右に、後ろに向けていた肩を左右に広げるようにして分かれ、後ろの端の部分が開いて両手となり、そこから両脇を閉めるように両腕が降り、
 中部から後部の下の方が両足を下に出すように展開し、中ほど下が左右に分かれて両足となり、その上部分が腰部となって、
 機首上の方から、前の方に下げていた頭を上げるようにカクカクした兜の付いた顔が上がり、兜の後頭部から額の部分にかけて機首の方にあるのと同じような内側が藍色で塗られた白銀片刃の刃が立ち上がり、
 そのまま地上に着地した!!
 それは、兜に胸部、腹部に両肩と手と足の中程から下が黄色で縁取られた藍色で彩られ、
 両手両足の中部は白く、口元を鋼鉄の薄灰色のマスクで覆い、緑色の機瞳で少年の方を見据えているロボット、S・L!
 よし、これでカーディンは脱出できた!
 だけど、少年の方から攻撃がこないな・・・
 「ぜぇはぁ、ぜぇはぁ」
 お!今のS・L投げ飛ばしはさすがにきつかったか、息が上がって動きが止まってる!!今のうちに・・・
 バトルマシンズ ライフブレイカーS・Lのコストとして、右手でチャージゾーンのカードを三枚表にする!!
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800

名前1:バトルマシンズ イースト&ウェスト
名前2:イーストオーファイブ
名前3:ウェストオーセブン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1400
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件を満たした時
        1:カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターカードが、
          このカードをコストとして指定した時、
        2:このカードのコストとして指定したのが
          このカードの名前またはカテゴリを召喚のコストとして指定する
          フュージョンだった時
コスト軽減効果:条件を満たしたものと同じ番号の効果を1つ発動させる
        1:このカードをコストとして指定したカードのコストを
          このカードを含めてどれか1枚裏にすることができる
        2:コストとして指定した別のカード1枚を元の場所に元の表示で戻す
          戻せない場合は手札に戻す
          戻したくない場合は戻さなくてもよい

名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで300上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで300上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:パワーを上げる!!
     出力を上げ、一気にたたみかける!!
 
 表にしたのはバトルマシンズ カーディン カーモード、バトルマシンズ イースト&ウェスト、バトルマシンズブーストの三枚!
 で、緑の画面の中表になったカードは・・・
 
名前:飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400

名前:獅子チェンジ!!フルメタルリングチェンジ!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前1:爪銃獅子ズ・レオグレイツ
名前2:爪獅子 ランズネイル
名前3:銃獅子 ガンズグローイン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1200
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件のカードのコストとして
        このカードが指定されている状態で、
        このカードか、一緒にコストに指定されたカードを1枚指定する、
        一緒にコストに指定されたカードを指定した場合は表にしなくてもよい
         1:カテゴリ:フルメタルレオを持つモンスターの召喚コスト
         2:カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
           モンスターの召喚コスト
コスト軽減効果:以下のどちらかの効果を指定して、
        軽減条件で指定したカードに発動させる
        一番下の効果はどちらを選んでも条件に合った場合発動する
        ・軽減条件で指定したカードを裏にすることができる、
        ・軽減条件で指定した、このカード以外のカードを表にせずに
         コストを支払ったものとしてみなす
        軽減条件の2でこの効果を発動した場合、
        指定したカードはこのターン、全ての効果の発動及び
        召喚・装備・設置・手札に戻す等、
        表にした時の効果も発動できなくなる
 
 飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ、獅子チェンジ!!フルメタルリングチェンジ!!、爪銃獅子ズ・レオグレイツの三枚だが・・・
 ・・・
 よしよし、今度は咆哮来ないっぽいな、
 そのかわり、コスト軽減効果は今回も相殺されたのか無い感じだけど・・・
 
少年
モンスターゾーン  
剣騎闘獅子 グラディナイトレオ M コスト:3 パワー:2600
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1 パワー:1100
チャージゾーン
裏:1表:3

鋼野 双歩
モンスターゾーン
バトルマシンズ ライフブレイカーS・L M コスト:3 パワー:2800
チャージゾーン
裏:0表:3
 
 「ぬぉりゃあああ!」
 少年が気合を込め、カーディンの方を向き、カーディンに向かって跳躍する!
 今度も、跳び蹴りを喰らわせる気か!?
 「見切った!」
 カーディンが突如、その右手を大きく振るう!
 「ぐっ!!」
 すると、その右手に当たったのか、少年が左に飛び、鉄骨の山に突っ込む!!
 が、鉄骨の山のふもとですぐに上半身を上げ、
 「くそっ、さすがにワンパターンすぎたか!」
 そのまま立ち上がり、カーディンと対峙する!
 そこに、レオリングがカーディンに向かい走り出す!!
 が、すぐさまS・Lがレオリングに向かって走り低めに跳躍しつつ、その右わき腹にドロップキックを喰らわせる!
 少年がとっさに吹っ飛ばされたレオリングの方を向く!!
 「レオリング!ぬぉおおおお!!」
 「グルオォォォォォォォォォオオオオ!!」
 
名前:獅子アタック!!パワーエネミーアタック!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが、
        次の戦闘に参加する自分のモンスターのパワーよりも上だった時
効果:次の戦闘が行われるまで
   次の戦闘に参加する自分のモンスターのパワーを800上げる
   ・次の戦闘に参加する自分のモンスターが
    カテゴリ:フルメタルレオを持っていた時、
    このカードは発動後もトラッシュに送られず、
    チャージゾーンに表側表示で残る
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:強敵への咆哮
テキスト:現れた敵に対して、大きな咆哮が轟く!!
     それは、強敵への賛辞が、喜びか、恐怖か!!
     その咆哮の下、現れた敵に攻撃を開始する!!
 
 少年とレオリングが吠えた瞬間、緑の画面に緑の画面内部のチャージゾーンから獅子アタック!!パワーエネミーアタック!!というカードが表になって表示された!?
 これは、まずい!!
 でも、僕に発動出来るカードは・・・無い!!
 
剣騎闘獅子 グラディナイトレオ M コスト:3 パワー:2600

FIGHT!!

バトルマシンズ ライフブレイカーS・L M コスト:3 パワー:2800
 
 レオリングが背中のディナイトソードを振りかざしS・Lの方に走り出す!
 そして、上段から、ディナイトソードをS・Lに向かい、さらなる大上段から振り下ろした!
 そのディナイトソードをS・Lが両手ではさみ、真剣白羽取りを決める!
 ガキッ!!
 よし、このまま行けるか!?
 そして、S・Lは左右にディナイトソードを降って、ディナイトソードを折ろうとする、が、レオリングの方もディナイトソードを左右に振ってこれを阻止する!!
 ガシッ!!
 あ!ディナイトソードが折れた!柄の方が!S・Lも呆然として動きが止まっている!
 これは、一体・・・どういうこ
 次の瞬間、レオリングが突進し、S・Lを足元から吹っ飛ばす!!
 しまった!S・Lの動きを止めるための策か!!
 ディナイトソードの柄が折れたのは壊れたからではなく単に分離したからか!
 前のめりに倒れるS・L!!
 だが、幸か不幸か、その両手のディナイトソードはS・Lを切り裂かずに前の方に転がる、
 と、ディナイトソードが四肢を地に向け柄を胴部に収納しつつ立ち上がり頭を前に向けた獅子の形態に戻るとレオリングの方に跳び、
 再び剣に戻りつつレオリングの背に引っ付く、
 さらに、レオリングが背のディナイトソードの先を左に向け先の方を地に降ろし、S・Lの方に向かって切っ先に火花を散らしながら走る!
 これを後ろの方を見て察知したS・L、
 あわてて体を上下反転させ、向かい来るディナイトソードを両足ではさんで押しとどめた!
 今度はさすがに柄を分離させても意味なしと判断したのか、レオリングは後ろに下がりながらディナイトソードをS・Lの両足から引き抜き一旦引く、
 そこでS・Lが立ち上がり、レオリングと対峙し、互いに走り出した!!
 S・Lがその右拳を振り上げ、レオリングが背中のディナイトソードを振り上げる!
 互いにぶつかる瞬間、振り下ろされたディナイトソードをふいにS・Lの左手が掴んだ!
 続けてS・Lの右拳が足元のレオリングに振り下ろされる!!
 よし!これならディナイトソードがいきなり分離しても対応できる!!
 そう思ったのもつかの間、ディナイトソードが柄から折れ外れ、レオリングが後ろに跳んだ!S・Lの右拳が見事にすかる!!
 一体どうする気・・・?
 そう思った瞬間、レオリングが前に跳び、S・Lの右拳に噛みついた!!
 慌てて右手を外側に向け降ってレオリングを引きはがそうとするS・エ・・・え!?右手にレオリングが噛みついて無い!?
 なんと、S・Lの右手に噛みついていたのは、レオリングの前の牙部分、
 つまり、合体していたファングの部分だけだ!始めからこうして分離する前提で噛みついてきてたな!!
 だが、魂胆に気付いた時にはもうすでに遅し、
 右手はファング、左手はディナイトソードでふさがれ、噛みつかれた時のリアクションまでしてしまって完全に防御する間隔を失ってしまったS・L、
 そのS・Lに向かい、レオリングが跳んでその顔に噛みついた!
 レオリングに噛みつぶされていくS・Lの顔、だが、S・Lはでたらめに両拳を動かし、レオリングに攻撃!
 右手のファングと左手のディナイトソードでレオリングにかすり傷を与えるが、そこで力尽きたのか前のめりに倒れ、爆発した!!
 
剣騎闘獅子 グラディナイトレオ M コスト:3
パワー:2600+800 パワー合計:3200

FINISH!!

バトルマシンズ ライフブレイカーS・L M コスト:3
パワー:2800 パワー合計:2800 TRASH!!
 
 「S・L!」
 「ライフブレイカーS・L!」
 僕とカーディンが同時に叫ぶ!!
 さらにレオリングが地に落ちたファングを口に装備し直し、
 ディナイトソードが獅子に変形してまたもレオリングに向かって跳躍、再び剣の姿となって柄の部分がレオリングの背中に引っ付き、レーリングがカーディンに向かって歩きだしていく、
 同時に、少年の右口端が歪む、

合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1 パワー:1100

ATTACK!!

双歩
 
 「形勢逆転だな」
 「そうかもしれない・・・だが・・・」カーディンが少年の方を見据える
 「ほう・・・だが、なんだ?」
 「あきらめる理由には、ならない!」
 「ならば、これなら、どうだ!!」
 少年が跳躍し、今度は右拳を振り上げる!
 「跳躍速度が同じだ!それなら対処できる!!」
 カーディンが右手を左側に向ける!
 次の瞬間、カーディンの後ろの方からレオリングが背中のディナイトソードを振り上げ、カーディンに向かって一足に跳ぶ!!
 単純な挟み撃ち、でも、カーディンは後ろから来るレオリングに気付いていない!
 ううう・・・仕方ない!
 「カーディン!レオリングが後ろ!右に跳んで!!」
 「わかった!!」
 カーディンが右に跳び、少年とレオリングの挟撃を避ける!!
 少年の目がカーディンの方を見て目じりが上がる!
 「このっ!」
 「グルオォオ!」
 そこにカーディンが右回し蹴りを放った!!
 「はぁあ!!」
 「ぐっ!!」
 「グルォッ!!」
 少年とレオリングが吹っ飛び、その背をしたたかに打ち付けた!!
 だが、両者すぐに立ち上がる、
 ん?なんか、少年の方がレオリングの方を向いて、
 「レオリング、こっちを頼む」
 げっ、僕の方にゆっくり歩いてきた!!
 やっぱり、声を出すのはまずかったか!
 「双歩!」
 カーディンが僕の方に走りだし、そこにレオリングの背のディナイトソードが振り下ろされた!!
 「ぐっ!!」
 カーディンはあわてて後ろに跳ぶも、その右腕にディナイトソードがかすり、かすり傷ができる!!
 そこにレオリングが跳びかかり、カーディンの右腕に噛みついた!
 「ぐっわぁああ、がっ!」
 カーディンは一瞬うめくものの、すぐに右ひざを上げ、右腕に噛みついたレオリングに向かって右ひざ蹴りを喰らわした!
 「グルワァッ!!」
 レオリングはうめいて離れ地上に着地、カーディンを目を細めてにらむ!!
 
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1
パワー:1100 パワー合計:1100

FINISH!!

双歩 ダメージ
 
 少年は今だにこっちに向かってゆっくり歩いてくる、誰か援軍を、と思ったが・・・
 少年が今だにこっちに向かってゆっくり歩いてくる、誰か援軍を、と思ったが・・・
 カーディンはレオリングと睨み合っていて動けない、
 轟さんは生死不明、がっしょ~
 って言ってる場合じゃない!!
 今のうちに、ライフカード引いとこう、緑の画面に引けって出てるし、
 背を打ち付けた鉄骨の山から向かってくる少年を気にしつつ、右手で元は右から4番目の左から2番目のカードを引く!!
 僕が引いたのは、バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ!!
 さて、これがどういう風に作用するやら・・・
 引いたばかりで右手に持つバトルマシンズ キット・オブ・ニンジャのカードを左手の手札に移してっと
 「おい・・・」
 いつの間にか、少年が僕の前で、こっちを睨んできていた、目を思いっきり細めて・・・
 「う・・・な・・・なに?」
 
少年
デッキ:27枚 手札:1枚 ライフカード:5枚
チャージゾーン:4枚 トラッシュ:1枚
モンスターゾーン  
剣騎闘獅子 グラディナイトレオ M コスト:3 パワー:2600
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1 パワー:1100

VS

双歩
デッキ:41枚 手札:4枚 ライフカード:3枚
チャージゾーン:3枚 トラッシュ:3枚
モンスターゾーン
無し
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカードフュージョン 5話/11 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!11

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「お前か、さっき声を出していたのは」
 「そうだけど、何の用?」
 少年が警戒してこっちを見てきている、正直、チャージゾーンのカードを裏返してとか、そういうことが出来る感じではない、
 「双歩、だったか、あのカーディンとかいうのが叫んでいた、それが名前でいいんだな?」
 「人に名前を尋ねる時は、まず、自分が名乗ったら?」
 ううむ、我ながら、ひるみながら言うセリフでもないと思うけど・・・
 少年は、右手を口元に当てて少し考えた後、すぐに右手を離し、僕の方を見据え、
 「まぁ、それくらいならいいだろう、僕の名前はレオン、獅子堂レオン(ししどうれおん)だ」
 「レオン君、だね?」
 「そうだ、そして」
 少年・・・レオン君があの鋼の獅子、レオリングの方に顔を向け、
 「あいつは、レオリング・メタル、いつもはレオリングと呼んでいる」
 獅子堂レオンにレオリング・メタル、レオがかぶってややこしいがいいのだろうか・・・?
 と、少年がこっちの方に目線を戻して来た
 「で、君の名は?」
 「双歩、鋼野 双歩、向こうにいるのはカーディンだ」
 「双歩、だな、で、双歩は一体何をしている?Wカードで遊んでいるようにしか見えないが?」
 「Wカード知ってるんだ?もしかして、君も遊ぶの?ああ、アニメ化するって話、知ってる?」
 「話題逸らしはいい」レオン君が右足を前に出す!
 ザッ!!
 「双歩、君は一体何をしているんだ?」
 「教える義務は、ある?」突如、レオン君が右拳を突き出した!!
 その右拳から出た衝撃が、僕の右耳を
 グォウ!!
 かすめゆく!!
 「教えないというなら力ずくでも聞き出してくれる!!」
 レオン君がこちらに走り出してくる!
 そして、その右足を上段から振り回してくる!
 「うわっと!!」
 思わず頭を下げて避けるが、続けて向かいきたのは中段からの左足後ろ突蹴り!
 これを思わず左の方に避ける!
 さらに、右拳が突き出される!が、これは左の方にずれてる!!
 これを右に少し動いてかわす!!
 ・・・これはひょっとして、行けるのでは!?
 とりあえず、後ろに引きつつ、チャージゾーンで表になっているカードを一気に右手で持ち、
 レオン君が走り込んで右足を突き出してきたのを左に避けつつ右手に持ったカードを再びチャージゾーンに裏側で置く!
 (リチャージ!!)
 小声でつぶやきつつレオン君の中段左回し蹴りを後ろに跳び避け右手で山札の一番上のカードを引く!
 (ドロー!!)
 すると、レオン君が上に跳び上がりつつ両手を合わせて振り上げ振り下ろしてきた!
 当然、これも当たるわけにはいかない!右に走って避けつつ引いたばかりのカードを見る!
 僕が引いたのはバトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター!!
 ええい、考えてる暇はない!
 レオン君が右足で飛び蹴りを放ってくるのをどうにか右に避けつつさっき引いたバトルマシンズ フロストジャイロヘリコプターを1番に裏側に置きチラリと左手の手札を見る!
 この手札なら、バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャを召喚して、攻める!
 続けて、レオン君が走り込みつつ左足でスライディング!?
 思いきり上に跳んでレオン君を跳び越しつつ左手の手札からバトルマシンズ キット・オブ・ニンジャのカードを引いて着地してレオン君の方に向きつつチャージゾーンに裏側で置き、
 (セット!!)
 今度はレオン君がこっちに走りながら右拳を突き出してきた!
 これを左下の方に姿勢を下げて避けるとそこに左拳がっ!?
 「うわっと!」
 何とか右に跳んで避けてあわてて後ろに走りつつ右手に1番に裏側で置いたカードを持ってレオン君の方に振り返りつつ表に返し1番に置く!
 (オープン!!)
 またレオン君がこっちに走り込んできた!
 
名前:バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2500
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次に戦闘にこのモンスターが参加する時
        相手のチャージゾーンに
        裏側表示のカードが1枚以上存在している時
効果:次の戦闘が終わるまでの間、相手はスマッシュカードを発動できなくなる
   次の戦闘後、このモンスターのパワーを500下げる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:氷転秤飛機人
テキスト:ローターより氷を放出!!
     さらに、変形して一気に吹雪をまき散らす!!
 
 そこに右の方から氷のような水色のヘリコプターが飛んでくる!
 そのヘリコプターは全体的に流線型で、後ろの方の三角の羽部分との接続面は細めになっており、
 ボディのところどころが凍っていて、ボディの上に白い二連プロペラを付け、後ろの方の三角の羽は上端の切れた大きな三角のような羽で中に縦ローターが仕込まれている、
 と、後ろ羽部分が上下180度回転し、斜め上下左右に4つに分かれたと思ったら、下に回った方二つがローター部を上に残しつつ足を延ばすように下に移動して行って両足になり、
 ローター部を擁する上二つが後ろから両腕を左右に伸ばすように移動して、両肘を下に曲げるように変形し、羽との接続部分が両腕になりつつ、ローター部を両肩に持ってきて、さらに、機体上部のプロペラ部分が後ろに移動しながらプロペラのあった部分から前に伏せていた顔を起こすように顔が出現!
 その顔は、ヘリの前部をイメージした水色の兜をかぶった精悍な鋼鉄の顔で、そのボディは、左足と右腕がちょっと凍り、その水色の氷瞳で、僕達の方を冷静に見据えていた!!
 そして、フロストジャイロヘリコプター、ジャイロが僕の危機を察してか、両肩のローターを回して吹雪を発生させ、レオン君と僕の方にその吹雪を吹っかけてきた!
 うわっ、さっぶ!
 レオン君を狙ったものだろうがいかんせん、かなり距離が近いせいで僕まで被害をこうむっている!
 でも、同じようにレオン君も寒いはず
 「その程度!!」
 レオン君が続けざまに右足を突き出してきた!
 うどわっ!!
 思わず後ろに跳んで避ける!!
 レオン君、全然寒がってないじゃんか!!
 ええい!これじゃあ、やられるのは僕だけだ!!
 「ジャイロ、僕じゃなくてカーディンの方の援護に回って!」
 ジャイロが首を縦に振り今度は吹雪をカーディンとレオリングの方吹っかける!
 「グルォ?」
 その吹雪に気を取られたのか、レオリングが一瞬ジャイロの方を向く!
 「今だ!」
 カーディンが叫び、レオリングの方に走り込むと、レオリングがカーディンの方を向く間にその右拳でレオリングに一撃を加え、ひるませる!
 「なにっ!?」
 レオン君も一瞬、レオリングとカーディンの方に気を取られる!
 その隙に僕が慌てて後ろの方に跳ぶと
 レオリングの方からカーディンが僕達の方に一気に走ってきて、僕とレオン君の間に割り込んだ!
 「くそぅ!それならこれだ!来い!!」
 
名前:盾歩騎獅子 ファランナイトレオ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2600
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        次の戦闘に参加する相手のモンスターのコストが4以下の時
効果:次の戦闘のみスキップする
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:叩き、斬る!!
テキスト:その獅子の盾により、栄光と戦いの歴史が始まる!!
 
 レオン君が悔しそうに叫ぶと、石灰鋼の獅子が僕とカーディンの背後から飛び出してきた
 「おっと!」
 「同じ手は食わん!!」
 僕とカーディンがかがみ、その獅子を避ける!
 さらに、その獅子がレオン君の左の方に着地する、
 それは、その体のほとんどが石灰色の鋼で覆われ、鬣や尻尾の先が黄色い金属で出来ており、赤い機瞳が僕とカーディンを見据えている、
 と、その石灰鋼の獅子、ファランナイトレオ、ランナイトが上に跳ぶ!
 さらに、尾がまっすぐになり、その尾を足裏で挟み込む様に両後ろ足が伸びて、
 そこから両肩が左右に飛び出して両前足が両後ろ足の付け根を挟み込むように回転しつつ、
 頭が下の方に回ったと思ったら、背中から後ろに90度に曲がった棒のような物が飛び出してきた!
 それは、あたかも獅子の顔が中央に配された巨大な盾!!
 そこにレオリングが跳び、ランナイトの棒の部分が伸びてレオリングの右肩に引っ付いて、ディナイトの剣と同様、レオリングと一体化する!!
 そのまま、レオリングがレオン君の後ろに着地し、顔を上げて口を大きく上げ、
 「グルオォォォォォォオオオオ!!」
 大きく吠えた!
 さらに、そこから僕とカーディン、レオン君とレオリングのにらみ合いに移行する!
 って、そうだ、このあいだにバトルマシンズ フロストジャイロヘリコプターのコストも表にしとこう、
 右手でチャージゾーンのカードを三枚表にしてっと!
 バトルマシンズ カーディン カーモードにバトルマシンズ イースト&ウェスト、そして、バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ、この表にしたのは三枚だ!
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800

名前1:バトルマシンズ イースト&ウェスト
名前2:イーストオーファイブ
名前3:ウェストオーセブン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1400
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件を満たした時
        1:カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターカードが、
          このカードをコストとして指定した時、
        2:このカードのコストとして指定したのが
          このカードの名前またはカテゴリを召喚のコストとして指定する
          フュージョンだった時
コスト軽減効果:条件を満たしたものと同じ番号の効果を1つ発動させる
        1:このカードをコストとして指定したカードのコストを
          このカードを含めてどれか1枚裏にすることができる
        2:コストとして指定した別のカード1枚を元の場所に元の表示で戻す
          戻せない場合は手札に戻す
          戻したくない場合は戻さなくてもよい

名前:バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーを
   (自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
    カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×500)下げる
   パワーを下げた後、
   以下の条件に次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが合致し、
   自分のモンスターゾーンのこのカード以外に条件があったカードがあった時、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターをトラッシュに送る
   ない場合は条件のパワーを0として扱う
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ、名前に「機」「マシン」
      のいずれかの言葉を持っているモンスターの数)×500)以下
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×1000)以下
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:忍者
テキスト:おもちゃに変化し、確実に任務を遂行する忍者!!
 
 緑の画面の中の方ではどんなカードが表になってる!?
 
名前:飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400

名前:獅子チェンジ!!フルメタルリングチェンジ!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前1:爪銃獅子ズ・レオグレイツ
名前2:爪獅子 ランズネイル
名前3:銃獅子 ガンズグローイン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1200
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件のカードのコストとして
        このカードが指定されている状態で、
        このカードか、一緒にコストに指定されたカードを1枚指定する、
        一緒にコストに指定されたカードを指定した場合は表にしなくてもよい
         1:カテゴリ:フルメタルレオを持つモンスターの召喚コスト
         2:カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
           モンスターの召喚コスト
コスト軽減効果:以下のどちらかの効果を指定して、
        軽減条件で指定したカードに発動させる
        一番下の効果はどちらを選んでも条件に合った場合発動する
        ・軽減条件で指定したカードを裏にすることができる、
        ・軽減条件で指定した、このカード以外のカードを表にせずに
         コストを支払ったものとしてみなす
        軽減条件の2でこの効果を発動した場合、
        指定したカードはこのターン、全ての効果の発動及び
        召喚・装備・設置・手札に戻す等、
        表にした時の効果も発動できなくなる
 
 飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ、獅子チェンジ!!フルメタルリングチェンジ!!、爪銃獅子ズ・レオグレイツ、
 よしよし、向こうに発動できるカードは無し!!
 コストの関係上、飛刃獅子 ザッシュトルネードレオと爪銃獅子ズ・レオグレイツは召喚できそうだけど、
 今、向こうのモンスターゾーンは三つ全部戦闘を行えるカードが埋まってるからね、召喚できない、
 それなら、こっちもこいつを召喚できる!
 右手でバトルマシンズ キット・オブ・ニンジャのカードを持って、
 緑の半透明の板の中央、左の方の2番に移動!
 
名前:バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーを
   (自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
    カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×500)下げる
   パワーを下げた後、
   以下の条件に次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが合致し、
   自分のモンスターゾーンのこのカード以外に条件があったカードがあった時、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターをトラッシュに送る
   ない場合は条件のパワーを0として扱う
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ、名前に「機」「マシン」
      のいずれかの言葉を持っているモンスターの数)×500)以下
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×1000)以下
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:忍者
テキスト:おもちゃに変化し、確実に任務を遂行する忍者!!
 
 すると、カーディンの右足の裏に、こっそり、小さな紫の忍者が現れた、
 手の平に乗るような小さなサイズで、寸胴な体型、頭には濃い紫の頭巾をかぶり、額には忍の文字が彫り付けられた蜂金を付け、
 その口元に紫色の布を巻き、その目元からは紫色の目だけを出していて、体に濃紫の忍者装束を着、
 手の甲と足の甲には金属の板を付け、足に草履のような模様が施され、背中に刀を背負っている、
 
少年
モンスターゾーン  
剣騎闘獅子 グラディナイトレオ M コスト:3 パワー:2600
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1 パワー:1100
盾歩騎獅子 ファランナイトレオ M コスト:3 パワー:2400
チャージゾーン
裏:2表:3

鋼野 双歩
モンスターゾーン
バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター M コスト:3 パワー:2500
バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ M コスト:0 パワー:0
チャージゾーン
裏:1表:2

剣騎闘獅子 グラディナイトレオ M コスト:3 パワー:2600

FIGHT!!

バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター M コスト:3 パワー:2500
 
 さて、気になることが1つ、それは、向こうの裏側表示のカードで、このターンに置いたカード、あれって、一体何のカードだ・・・?
 モンスターやイクイップやハンドやジェイルやインヴォークなら、盾歩騎獅子 ファランナイトレオの召喚コストで表にしてきただろうし、
 ということは、リサイクルかスマッシュ?
 ・・・これは、一か八か使えるかも!キット・オブ・ニンジャ、ニンジャには悪いけど!!
 でも、そのためには剣騎闘獅子 グラディナイトレオの効果を相殺させないと、
 まずは、右手でバトルマシンズブーストのカードを表に!
 
名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで300上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで300上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:パワーを上げる!!
     出力を上げ、一気にたたみかける!!
 
 突如、ジャイロがレオリングに空中から突進していく!
 それに気づいたレオリングとレオン君がジャイロの方を見上げる!
 ・・・このまま行けるとは思っていない、僕も動く!
 「ねぇ、レオン君、さっきはありがとうね!」
 「何の話だ!!」
 わぉ!目を細めてこっちを睨み、明らかに不機嫌そうな顔だ!!
 でも、少しこっちの話には付き合ってもらうよ!
 「だって、さっき、手加減してくれていたでしょう?」
 「なんだ、気付いていたのか」
 そりゃそうだ、カーディンを一撃で蹴っ飛ばし、
 僕よりも武術に長けるはずの轟さんをこともなげに吹っ飛ばした奴が、
 運動神経も武術経験も無い僕をあそこまで追い詰めて吹っ飛ばせていないというのは明らかにおかしい、
 もっとも、そのおかげで僕はジャイロを介してこうしてカーディンの助けをどうにか呼ぶことが出来たわけだけど、
 と、そんなことを考えている間にも、向こうの方ではジャイロが至近距離からリオリングに向かって吹雪を放出!レオリングを凍てつかせていき、
 同時に、レオリングがその右前足外側のランナイトの盾を、持ち手を伸ばして前に出して吹雪を防ぎつつ凍り始めていた体と足を動かしてジャイロに近づきその背中のディナイト剣をジャイロに向かって横なぎに振るう!
 ジャイロはあわてて吹雪を止め、後ろの方に飛んだ・・・!!
 
名前:剣騎闘獅子 グラディナイトレオ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2600
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        ・次の戦闘に参加する相手モンスターのパワーが、
         このモンスターより下だった時
効果:次の戦闘のみスキップする

剣騎闘獅子 グラディナイトレオ

相殺

バトルマシンズブースト
 
 「まぁ、手加減が下手だってことはわかったよ、でも、なんで僕を生かそうとしたの?」
 「簡単な話だ・・・」
 レオン君が右拳と右足を前に出し、左拳を腰だめに据えて構え、
 「お前が死んだら、お前がなんでカードバトルしているのかを聞けなくなる、そこのロボットが全て知っているとも思えないしな」
 レオン君が右足跳び蹴りをかましてきた!だが!!
 「そこまでだ!!」
 ここでカーディンがレオン君を蹴り上げた!!
 「くっ!!」
 レオン君が苦しそうな声を上げ、放物線を描き、縦に一回転しつつ向こうの方で着地する!
 だけど、レオン君、残念!
 僕がカードバトルする理由は、カーディンもさっき吹っ飛ばされた轟さんも知っているし、
 はっきり言って僕とカーディンと轟さんの知っていることは同程度、
 さらに言うなら、どうしてカードバトルでこんなことが出来るのとか、もっと深いことは僕は全然知らない、
 カーディンも、轟さんも、博士も、知っているとすれば、それは、博士の友人とかいうエルドガンって人のみだ!!
 その間にも、上にいるジャイロに向かいレオリングが跳躍、その背中のディナイト剣を振りかざす!
 と、レオン君がジャイロの方を向き、両足を屈める、
 まずい!
 レオン君の様子を見たカーディンがレオン君の方に走り出そうとする、
 「待って、カーディン!」
 「だが、ジャイロが!!」
 「大丈夫だってば!バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプターの効果発動!!」同時に、レオン君がジャイロに向かって跳ぶ!
 
名前:バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2500
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次に戦闘にこのモンスターが参加する時
        相手のチャージゾーンに
        裏側表示のカードが1枚以上存在している時
効果:次の戦闘が終わるまでの間、相手はスマッシュカードを発動できなくなる
   次の戦闘後、このモンスターのパワーを500下げる
 
 そして、レオン君とレオリングが向かい来る中、ジャイロが両肩のローターから吹雪を放出する!
 「なっ!?」
 「グルォ!?」
 その吹雪に阻まれ、レオン君とレオリングが地上に落ちる!
 これで向こうのスマッシュカードは使えなくなったはず!
 でも、このままだとジャイロは勝てない!
 ごめん、ニンジャ!効果を使わせてもらうよ!!
 右手を前に出し、宣言する!
 「ここでバトルマシンズ キット・オブ・ニンジャの効果を発動!剣騎闘獅子 グラディナイトレオをトラッシュに送る!!」
 
名前:バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーを
   (自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
    カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×500)下げる
   パワーを下げた後、
   以下の条件に次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが合致し、
   自分のモンスターゾーンのこのカード以外に条件があったカードがあった時、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターをトラッシュに送る
   ない場合は条件のパワーを0として扱う
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ、名前に「機」「マシン」
      のいずれかの言葉を持っているモンスターの数)×500)以下
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×1000)以下
 
 地上に着地したレオリング右側の鉄骨の山から唐突にニンジャが飛び出してきた!
 そして、その右手の刀でレオリングの背中のディナイト剣を根元から奥に一刀両断する!
 この様子だと、相殺は起きてないな!
 
剣騎闘獅子 グラディナイトレオ TRASH!!

TRASH!!

バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ
 
 「よし!そのまま行け!!ジャイロ!!」
 
レオン ダメージ

FINISH!!

バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター M コスト:3 パワー:2500
 
 レオリングの背中のディナイト剣が爆発、消滅し、
 その隙にジャイロがそのまま急降下!
 剣を失ったレオリングの背中にその右足で、踏みつけ蹴りを喰らわした!
 レオリングは背中を蹴られ胴部が折れてくずおれるも、
 右わき腹のランナイト盾を振り回してジャイロを追い払いつつ立ち上がり、ジャイロに向かって顔を上げ、吠える!
 「グルォオオオ!!」
 
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1 パワー:1100

FIGHT!!

バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ M コスト:0 パワー:0
 
 一方、ディナイト剣を斬り裂いたニンジャが左の方に跳躍、刹那、そこにレオン君が跳んで行く!
 そして、ニンジャがレオン君のその右手に囚われた!
 ガシッ!!
 「お前か・・・グラディナイトレオを切り裂いたのは・・・」
 レオン君が忍者の方をジーっと見る、が、ニンジャはがっしりと掴まれているせいか、体を左右に揺らして抜け出そうとするも全くビクともしない!
 「くそっ!!」
 カーディンがレオン君の方に向かって走り出す!
 僕としても、どうにかしたいが、発動できるカードは無い!!
 なら、前に出てどうにかするか?とも思ったがカーディンの邪魔になるだけだ、
 カーディンがその右手をレオン君に伸ばす!
 が、レオン君は一息に鉄骨の山の上まで跳び、
 「ふんっ」
 その右手に力を入れ、ニンジャを砕く!
 「ぐっ、ニンジャ!ごめん!!」
 「キット・オブ・ニンジャァアアアアア!!」
 「それっ!」
 レオン君が僕とカーディンが声を発した瞬間、右手のニンジャを放り投げた、
 それと同時に、ジャイロとけん制し合っていたレオリングが、
 突如、放り投げられたニンジャの方を向いて走って行き、その口でニンジャの残骸を受け止め、
 その牙でニンジャの残骸を砕き、残骸が爆発、消滅する!!
 
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1
パワー:1100 パワー合計:1100

FINISH!!

バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ M コスト:0
パワー:0 パワー合計:0 TRASH!!
 
 こうするしかなかった、とはいえ・・・
 いや、今
 「今はくよくよしている暇はないぞ、双歩」
 「カーディン!?」
 カーディンが向こうを見たまま、声をかけてきた!
 「君の謝る声が聞こえた、おそらく、そうするしかなかったのだろう、だが・・・」
 「わかってる、さぁ、先に進めよう!」カーディンが微かに首を縦に振る「うむ!!」
 そうだ、今までだってそうだった、これからもそうだろう、くよくよしてる暇はない!
 愚かでもいい、間違っててもいい、ただ、先へと進む!
 「グルォオ!!」
 そこに、ニンジャをかみ砕いたレオリングが跳びかかってきた!
 「む!」
 カーディンがその左腕でレオリングの跳びかかりを防ごうとする、
 が、その左腕にレオリングが噛みつく!
 
盾歩騎獅子 ファランナイトレオ M コスト:3
パワー:2400 パワー合計:2400

FINISH!!

双歩 ダメージ
 
 次の瞬間、カーディンの右拳がレオリングに向かって炸裂!レオリングを吹っ飛ばした!!
 が、レオリングは地面に少し転がった後、すぐに立ち上がり、
 そこにレオン君が鉄骨の山から一足に跳んでレオリングの前に出てくる、
 と同時に、カーディンの右側に、ジャイロが上から背中のプロペラ回しつつ降りてきた、
 そして、カーディンとジャイロが、レオン君とレオリングに対峙する!
 さぁ、次は僕の番!!
 ちゃっちゃとリチャージして、カーディン達のために、カードバトルを先に進める!!
 
レオン
デッキ:26枚 手札:1枚 ライフカード:4枚
チャージゾーン:4枚 トラッシュ:2枚
モンスターゾーン  
無し
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1 パワー:1100
盾歩騎獅子 ファランナイトレオ M コスト:3 パワー:2400

VS

双歩
デッキ:40枚 手札:4枚 ライフカード:2枚
チャージゾーン:3枚 トラッシュ:4枚
モンスターゾーン
バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター M コスト:3 パワー:2500
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカードフュージョン 5話/12 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!12

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 っと、なんか、緑の画面でライフカードを取れって出てるな、まずはこっちからか、
 ええっと、右手で元は左から四番目の右から二番目のライフカードを引くっ!
 出てきたのは・・・バトルマシンズ ギャリット・ザムライ!
 これで・・・いや、考える前に先にすすめよう、
 右手に持つバトルマシンズ ギャリット・ザムライのカードを左手の手札に移し、
 続けて、チャージゾーンにある、表側表示のカードを全て裏にして、
 「リチャージ!」
 ザッ・・・
 レオン君が右足をすり出す音が聞こえる、
 だが、それ以上は動かない、こっちと同じく、あっちもこちらの方を警戒しているのだろう、
 なら、今のうちに!
 右手で山札の一番上のカードを引き、
 「ドロー!」
 最初に動いたのは、ジャイロ!上の方に飛び、両肩のローターからレオン君とレオリングに向かって吹雪を吹きかける!
 思わず右腕で吹雪を防ぐレオン君!
 「ぐっ!」
 「今だ!」
 カーディンが駆け出し、レオン君に右足で蹴りを放とうと左足を軸に右足を後ろに出し、
 「グルォオオオ!」
 「ぐあっ!」
 突如、放たれたレオリングの咆哮に一瞬ひるみ、動きが止まる!
 ええっと、今引いたのは、バトルマシンズ サンダースパイクダンプ!
 おし、やれるまでやってやる!!
 引いたばかりで右手に持つバトルマシンズ サンダースパイクダンプのカードを2番に裏側で置き、
 続けて、左手の手札から、バトルマシンズ ギャリット・ザムライのカードを引いてチャージゾーンに裏でサッと置いて、
 「セット!」
 「くそっ!うっとっしいハエがっ!!」
 レオン君が叫ぶ中、右手で2番に裏側で置いたカードを表にする!!
 「オープン!」
 「来い!」
 
名前:バトルマシンズ サンダースパイクダンプ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2500
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する相手のモンスターが
        発動タイミング:戦闘前を持っていた時
        このモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:この戦闘前、次の戦闘に参加する相手のモンスターは
   戦闘前効果を発動できなくなる
   次の戦闘後、このモンスターのパワーを500下げる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:電針地運機人
テキスト:走りこんできたそれはあたりに電気を放出、
     マヒした相手を超パワーと棘で一気に打ち倒す!!

名前:砲隊兵獅子 アーティソルジャーレオ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2500
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターと相手のモンスターが参加する時
        ・自分のチャージゾーンにある、
         裏側表示のスマッシュカード一枚を指定できた時
        ・この効果は発動できるようになった時、
         一番最初に発動しなければならない
効果:次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーを1800下げる
   ・次の戦闘に参加する相手のモンスターのコストが1以下の時
    次の戦闘に参加する相手のモンスターをトラッシュに送る
   ・指定したスマッシュカードを表にする、
    指定したスマッシュカードが
    カテゴリ:フルメタルレオを持っていた時、裏に戻す
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:撃ち、砕く!!
テキスト:その獅子の砲により、戦の始まりが告げられる!!
 
 右の方から黄色いダンプカーがレオン君を狙って走り込んでくる!
 だが、そこにレオリングがダンプカーの方に向かって割り込んできた!
 レオリングがランナイトの盾を前に出し、ダンプカーを受け止める!
 ドガッ!
 ドザザザザ・・・ギリギリ・・・
 ダンプカーのタイヤの音と、ダンプカーとランナイトの盾がせめぎ合う音が聞こえる、
 と、左の方からまた獅子が駆けてきた!
 全身が白水晶のように覆われ、その爪とたてがみ、それに尾の先と顔のみが白色で、目は赤く光っている、
 が、今までの獅子と違い、尾がパイプ状になっている、
 と、その獅子が上に跳び上がり、自身の尾を両後足で挟み込む様に変形しつつ腰部が90度回転しつつ同時にしつつ肩の間を軸にぐるりと回って180度反転し、
 全体が180度前後回転しながら両前足が下の方に折りたたまれ、レオリングの背中に張り付いた!
 なんか、獅子が目の前のレーザー砲で相手を狙っているようなデザインだ・・
 と、そのレーザー砲がダンプカーの方に向いた!
 ダンプカーがあわててバックする!
 ドザザザザ・・・
 ビシュ!!
 ダンプカーのいた場所を一条の光が貫いた!
 ひぃ~危ない!
 だが、レーザー砲、アーティソルジャーレオだから、ティソルジ、そのティソルジのレーザー砲がダンプカーを再度狙って行く!!
 しかしっ!このレーザーの連射をダンプカーはバックしながら右左と蛇行して動き、なんとか避ける!!
 ビシュ!ビシュ!ビシュ!ドザザザッ!
 そこにジャイロがレオリングに向かって吹雪を吹きかける!
 と、レオリングがダンプカーを狙うのをやめ、ジャイロの方を狙ってティソルジのレーザー砲を撃つ!
 だが、ジャイロはこれを華麗に後左右と飛び避ける!レーザー砲は一発も当たらない!!
 ビシュ!ビシュ!ビシュ!ヒュン!ヒュン!ヒュン!
 ・・・コントロール、悪いんじゃないだろうか・・・
 等と考えている間に、その場を離れたダンプカーの荷台が後ろの方から上に上がって後ろの方が曲げていた足を延ばすように思い切り伸びて両足となりつつ、荷台が下がりながら足端の台形の板の様な足先が上に上げていた足先を下げるように展開し、踵の部分に棘のような物がこっちも倒れるように回転、
 前の方のタイヤの付いた部分が左右に展開して両腕となり、その両腕の端を開いて両手としつつ下に付けて伸ばし立ち上がったと思ったら、
 コクピットの部分が前に倒れるように移動して胸部となり、その上に飛びだすように顔が出てきた!
 その顔は、口部がダンプカーの前下半分のようになり、その頭にダンプの前部上を意図したような兜をかぶって、
 その口と兜の間に威圧感のある黄色い鉱目が覗き見え、
 その手足の関節は白めの鉄色で作られていて、関節の先の方の両腕両足にはタイヤの付いた部分が配されており、
 拳と足先は黒く塗られている!
 と、その変形したダンプカー、サンダースパイクダンプ、スパイクがレオリングの方に向かって駆け出す!
 それに気付いたレオリングがティソルジのレーザー砲をスパイクに向け撃つが、スパイクは左に少し動いただけで避けた!!
 さらに、その間にジャイロがレオリングとレオン君に向かって吹雪を吹きかけ、
 これもレオリングがティソルジのレーザー砲を撃って追い払い、
 そこにカーディンがレオン君をさっき後ろに上げた右足で蹴ろうとするも、レオリングがティソルジのレーザー砲で狙い撃ってきたためにあわててその右足で後ろに蹴って下がり、
 一方のレオン君はカーディンの方を見据え、動かないでいる、
 ・・・多分、作戦でも考えているんだろう・・・
 よし、あっちでごたごたやってる間にこっちはバトルマシンズ サンダースパイクダンプのコストで三枚表にしとこ!
 右手でチャージゾーンのカードを三枚表に!!
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800

名前1:バトルマシンズ イースト&ウェスト
名前2:イーストオーファイブ
名前3:ウェストオーセブン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1400
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件を満たした時
        1:カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターカードが、
          このカードをコストとして指定した時、
        2:このカードのコストとして指定したのが
          このカードの名前またはカテゴリを召喚のコストとして指定する
          フュージョンだった時
コスト軽減効果:条件を満たしたものと同じ番号の効果を1つ発動させる
        1:このカードをコストとして指定したカードのコストを
          このカードを含めてどれか1枚裏にすることができる
        2:コストとして指定した別のカード1枚を元の場所に元の表示で戻す
          戻せない場合は手札に戻す
          戻したくない場合は戻さなくてもよい

名前:バトルマシンズ ギャリット・ザムライ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのコストを
   自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
   カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数+1下げる
   (マイナスの値にはならず、マイナスの値になる時は0になる)
   コストが0になった場合、
   以下の条件に次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが合致し、
   自分のモンスターゾーンのこのカード以外に条件があったカードがあった時、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターをトラッシュに送る
   ない場合は条件のパワーを0として扱う
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ、名前に「機」「マシン」
      のいずれかの言葉を持っているモンスターの数)×800)以下
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×1500)以下
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:侍
テキスト:小さき体で相手を叩き斬る侍、
     その刀は斬る相手を選ばず
 
 表にしたのは、バトルマシンズ カーディン カーモード、バトルマシンズ イースト&ウェスト、バトルマシンズ ギャリット・ザムライの三枚!
 それで、緑の画面の中ではどうなってる?
   
名前:飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400

名前:獅子チェンジ!!フルメタルリングチェンジ!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前1:爪銃獅子ズ・レオグレイツ
名前2:爪獅子 ランズネイル
名前3:銃獅子 ガンズグローイン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1200
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件のカードのコストとして
        このカードが指定されている状態で、
        このカードか、一緒にコストに指定されたカードを1枚指定する、
        一緒にコストに指定されたカードを指定した場合は表にしなくてもよい
         1:カテゴリ:フルメタルレオを持つモンスターの召喚コスト
         2:カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
           モンスターの召喚コスト
コスト軽減効果:以下のどちらかの効果を指定して、
        軽減条件で指定したカードに発動させる
        一番下の効果はどちらを選んでも条件に合った場合発動する
        ・軽減条件で指定したカードを裏にすることができる、
        ・軽減条件で指定した、このカード以外のカードを表にせずに
         コストを支払ったものとしてみなす
        軽減条件の2でこの効果を発動した場合、
        指定したカードはこのターン、全ての効果の発動及び
        召喚・装備・設置・手札に戻す等、
        表にした時の効果も発動できなくなる
 
 ええっと、飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ、獅子チェンジ!!フルメタルリングチェンジ!!、爪銃獅子ズ・レオグレイツの三枚か!!
 前のターンと一枚しか変わってない・・・別にいいけど、
 というわけで、向こうは発動できるカードは無し!
 向こうのモンスターゾーンはやっぱり全部埋まってるしね、
 それじゃ、こっちは召喚できるバトルマシンズ ギャリット・ザムライを三番に置いて召喚!
 
名前:バトルマシンズ ギャリット・ザムライ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのコストを
   自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
   カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数+1下げる
   (マイナスの値にはならず、マイナスの値になる時は0になる)
   コストが0になった場合、
   以下の条件に次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが合致し、
   自分のモンスターゾーンのこのカード以外に条件があったカードがあった時、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターをトラッシュに送る
   ない場合は条件のパワーを0として扱う
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ、名前に「機」「マシン」
      のいずれかの言葉を持っているモンスターの数)×800)以下
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×1500)以下
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:侍
テキスト:小さき体で相手を叩き斬る侍、
     その刀は斬る相手を選ばず
 
 僕の前に、突如、小さな侍が現れた!
 黒い前髪が顔前面を覆い、後ろの方は黒く長い髪を付け根部分から無造作に縛った風に作られ、
 その上半身には白灰の着物を着、下半身には灰色の袴を穿いたふうになっていて、
 腰元には銀色の帯を巻いており、左腰の方に黒灰色の刀の鞘を付けていて、
 右手にはその左腰の鞘と合うであろう黄色い鍔と黒灰色の持ち手の鉄刃の刀を持っており、衣服の下には銀色の体が垣間見え、足元には草履をはいたような意図があり、ずんぐりな体型で手のひらに乗るほどの大きさの小型ロボットだ!!
 
レオン
モンスターゾーン  
砲隊兵獅子 アーティソルジャーレオ コスト:3 パワー:2500
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1 パワー:1100
盾歩騎獅子 ファランナイトレオ M コスト:3 パワー:2400
チャージゾーン
裏:3表:3

鋼野 双歩
モンスターゾーン
バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター M コスト:3 パワー:2500
バトルマシンズ サンダースパイクダンプ M コスト:3 パワー:2500
バトルマシンズ ギャリット・ザムライ M コスト:0 パワー:0
チャージゾーン
裏:1表:2

砲隊兵獅子 アーティソルジャーレオ コスト:3 パワー:2500

FIGHT!!

バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター M コスト:3 パワー:2500

名前:砲隊兵獅子 アーティソルジャーレオ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2500
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターと相手のモンスターが参加する時
        ・自分のチャージゾーンにある、
         裏側表示のスマッシュカード一枚を指定できた時
        ・この効果は発動できるようになった時、
         一番最初に発動しなければならない
効果:次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーを1800下げる
   ・次の戦闘に参加する相手のモンスターのコストが1以下の時
    次の戦闘に参加する相手のモンスターをトラッシュに送る
   ・指定したスマッシュカードを表にする、
    指定したスマッシュカードが
    カテゴリ:フルメタルレオを持っていた時、裏に戻す

名前:獅子アタック!!パワーエネミーアタック!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 いきなり緑の画面に砲隊兵獅子 アーティソルジャーレオのカードが映った!?
 いや、もう、効果発動してるっていうか、これ、レオリングが振り回して、
 ビシュ!ビシュ!ビシュ!
 ビシュ!ビシュ!ビシュ!
 ビシュ!ビシュ!ビシュ!
 まわりに乱射してる状況だなこれ、おかげでカーディンもジャイロもダンプも近づけずに回避と防御で手いっぱいだし、
 もしかして、レオン君が動けないのってこれの被弾を避けるため?
 いや、そんな感じじゃないか、
 「よし!でやぁああ!!」
 そのレオン君が叫び動く!右の方に大きく回り込んで、狙いは・・・カーディン!!
 カーディンに向かって跳び、その右拳を突き出す!
 カーディンはティソルジのレーザー砲の波状攻撃でうまく動けない!!
 でも、そんな事はさせない!!
 「バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプターの効果を発動!ジャイロ、お願い!」
 
名前:バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2500
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次に戦闘にこのモンスターが参加する時
        相手のチャージゾーンに
        裏側表示のカードが1枚以上存在している時
効果:次の戦闘が終わるまでの間、相手はスマッシュカードを発動できなくなる
   次の戦闘後、このモンスターのパワーを500下げる
 
 ジャイロがローターからカーディンごとレオン君に向かって吹雪を吹っかける!!
 っていうか、カーディンの足元に僕もいるんですけど!
 さ、さぶいっ!!
 だが、吹雪分の効果はあり、レオン君が地上に吹っ飛んで行って、
 「レオ!」
 ビシュ!!
 レオリングがティソルジのレーザー砲をジャイロに向かって発射!ジャイロの右肩のローターを貫いた!!
 しまった、ジャイロを援護に向かわせるためのおとりか!!
 ジャイロの今のパワーは2000、このままだとバトルマシンズブーストじゃ補いきれない!!
 くそっ!こうなったら、前のターンも同じ展開やったような気がするけど!!
 「バトルマシンズ ギャリット・ザムライ!ぶった斬って!!」
 
名前:バトルマシンズ ギャリット・ザムライ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのコストを
   自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
   カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数+1下げる
   (マイナスの値にはならず、マイナスの値になる時は0になる)
   コストが0になった場合、
   以下の条件に次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが合致し、
   自分のモンスターゾーンのこのカード以外に条件があったカードがあった時、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターをトラッシュに送る
   ない場合は条件のパワーを0として扱う
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ、名前に「機」「マシン」
      のいずれかの言葉を持っているモンスターの数)×800)以下
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×1500)以下
 
 ザムライが僕のそばを離れ、少し左の方に走り出す!!
 と、その様子をレオン君が見つけ、
 「な、あれは・・・まさか!!」
 慌ててザムライの方を追い右手を伸ばして捕まえようとするも一歩遅く、ザムライが先にあった鉄骨の山の中に入って隠れる!!
 「ちぃい!このお!!」
 レオン君がザムライの入り込んだ辺りの鉄骨の山にその右拳を叩きつけ鉄骨の山を吹っ飛ばすも、吹っ飛ばしたあたりにザムライの姿は無し、
 「くそっ!どこ行った!!」
 レオン君が辺りを見回し探すも、すでに遠くに行ったのかザムライの姿を見つけることはできない、
 「くそっ!レオリング、注意を、はっ!!」
 もうすでに、ザムライはレオリングの背後、少し遠めの鉄骨の山から、レオリングに向かって跳躍していた!!
 「レオリング!後ろだ!!」
 レオン君が叫ぶももう遅い!ザムライの横構えに構えた刀がレオリングの背中の方で横一線に閃き、
 レオリングの背中に引っ付いていたティソルジのレーザー砲を真っ二つに叩き切っていた!!
 
砲隊兵獅子 アーティソルジャーレオ TRASH!!

TRASH!!

バトルマシンズ ギャリット・ザムライ
 
 斬られたティソルジのレーザー砲が下に落ちる!と同時に、ザムライが前方に大きく跳躍、またも先にあった鉄骨の積山に消えた!
 さらに、斬られたティソルジのレーザー砲を見たレオリングが驚き、目を見開く!!
 「グルォ!?」
 「今だ!サンダースパイクダンプ!双歩を頼む!!」
 カーディンがそう言ってレオリングの方に走り出す!
 と同時に、空中から、レオリングに向かってジャイロも飛んできた!
 「レオリング!!」
 レオン君が走り出そうとするも、その前にスパイクが立ちはだかる!
 「くそっ、邪魔をするな!」
 その間にも、カーディンがレオリングの方に迫る!
 慌ててランナイトの盾をカーディンに向けるレオリング!
 だが、その上をジャイロが跳び越えレオリングにその右拳を突きつける!
 「グルォオ!」
 背中から攻撃を受け、レオリングがひるむ!
 その隙に、カーディンがレオリングに迫り、そのレオリングのランナイトの盾を左手甲で押してどけつつ右手を握り、レオリングに叩きつけた!!
 「でりゃああ!!」
 ドガァ!
 
レオン ダメージ

FINISH!!

バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター M コスト:3
パワー:2500-1800 パワー合計:700
 
 レオリングが吹っ飛び、即座にカーディンがこっちを向いて戻ってきた!
 「すまない双歩、あのレーザーの嵐は私もうっとおしかったのでつい」
 「いや、いいよ、実際、距離的にはスパイクが行くよりカーディンが行ったほうが近かったしね!」
 
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1 パワー:1100

FIGHT!!

バトルマシンズ サンダースパイクダンプ M コスト:3 パワー:2500
 
 すると、そこでレオリングが立ち上がり、そこにレオン君が駆けつける、
 「大丈夫か?レオリング」
 「グルォオオオオオ!!」
 レオリングが遠吠えを上げ、答えた、
 「よし!それじゃあ行くぞ!はぁあああ!!」
 「グルォオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」
 
名前:獅子アタック!!パワーエネミーアタック!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが、
        次の戦闘に参加する自分のモンスターのパワーよりも上だった時
効果:次の戦闘が行われるまで
   次の戦闘に参加する自分のモンスターのパワーを800上げる
   ・次の戦闘に参加する自分のモンスターが
    カテゴリ:フルメタルレオを持っていた時、
    このカードは発動後もトラッシュに送られず、
    チャージゾーンに表側表示で残る

名前:獅子ダウナー!!パワーエネミーダウナー!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが、
        次の戦闘に参加する自分のモンスターのパワーよりも上だった時
効果:次の戦闘が行われるまで
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが600下がる
   ・次の戦闘に参加する自分のモンスターが
    カテゴリ:フルメタルレオを持っていた時、
    このカードは発動後もトラッシュに送られず、
    チャージゾーンに表側表示で残る
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:強敵への威嚇
テキスト:大きな咆哮が、強大な相手をひるませる!!
     強き者でも、ひるむことはある、
     そこに漬けこめるかは、また、己の強さしだいではあるが・・・
 
 レオン君とレオリングが大きく叫ぶ!!
 っていうか、獅子アタック!!パワーエネミーアタック!!と獅子ダウナー!!パワーエネミーダウナー!!、二枚同時!?
 おまけに、両方通せば相打ち扱いにもなりかねない!
 待って待って、こっちは相殺するから!
 「バトルマシンズ サンダースパイクダンプの効果を発動!後から発動した獅子ダウナー!!パワーエネミーダウナー!!を相殺する!」
 
獅子ダウナー!!パワーエネミーダウナー!!

相殺

バトルマシンズ サンダースパイクダンプ
 
 スパイクがレオリングの方に走っていく!
 と、それに気づいたレオン君とレオリングもスパイクの方に向かう、
 同時に、ジャイロが後ろの方に下がり、僕達の方に近寄ってきた、
 カーディンが不意にジャイロの方を向き、
 「私はスパイクの援護に向かう、今度は君が、双歩を守ってくれ」
 ジャイロが首を縦に振るのを見届けたカーディンがスパイクの方に走っていく、
 一方のスパイクの方は、いきなりレオリングが跳びかかってきていた!
 「グルォオオオ!」
 この飛びかかりを背中の荷台の盾を使い阻止するスパイク!
 だが、そこにレオン君が左の方から回り込み、不意に後ろに跳んだ!なぜ!?
 「スパイク!援護する!!」
 そう、カーディンが駆けつけたのだ!
 不意に後ろに跳んだのは、スパイクに攻撃している間にカーディンに一撃喰らうのを恐れたためだろう、
 と、僕が考える間にもカーディンがレオン君に向かって行く!
 「ちぃい、来い!!」
 レオン君が構え、カーディンを待ち構え、と、唐突に、カーディンがレオリングの方に方向転換する!!
 「なにっ!?」
 レオン君が驚く間にも、カーディンはレオリングに迫って行き、同時に、レオリングもカーディンの方を向いて、そこにスパイクが盾を構えて突進!!
 レオリングは目線を左右に振ってどちらを迎撃しようかと迷うと、
 自身のランナイトの盾をカーディンに向けつつスパイクを正面に構える!!
 そして、スパイクの盾とレオリングの顔部分がぶつかり、押し合いに
 ゴンッ!バリバリバリッ!!
 突如、スパイクの盾から電気が放電!レオリングが一瞬ひるむ!!
 「レオリング!?このぉ!!」
 レオリングがひるんだのを見て、レオン君があわてて背を向けていたカーディンの方に跳び蹴りを行う!
 が、これはカーディン、読んでいたのか不意に左から後ろに降り返りつつその勢いで右拳をレオン君に叩き込む!
 「がぁっ!くそっ!!」
 その間にも、スパイクがその右拳を握り、電撃でひるんだレオリングに向かってその右拳を突き出し一撃!
 レオリングの顔に張り付いていたファングの牙を弾き飛ばし、
 弾き飛ばされたファングの牙は空中で爆発消滅し、同時に、レオリングの背中のチタンファングレオのボディも爆発、消滅した!!
 
合金獅子 チタンファングレオ M コスト:1
パワー:1100+800 パワー合計:1900 TRASH

FINISH!!

バトルマシンズ サンダースパイクダンプ M コスト:3
パワー:2500 パワー合計:2500
 
 「よしっ!」
 「くそっ!チタンファングレオ!!」
 僕が歓喜の声を上げたと同時に、レオン君が悔しそうな声を上げた!!
 
盾歩騎獅子 ファランナイトレオ M コスト:3 パワー:2400

FIGHT!!

バトルマシンズ ギャリット・ザムライ M コスト:0 パワー:0
 
 と、さっき斬られ地上に落ちたていたティソルジのレーザー砲がいきなり光り出す!!
 まさか、エネルギーがまだ残ってる!?
 
名前:獅子カノン!!パワーキャノンボール!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に相手のモンスターと
        カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
        自分のモンスターが参加していてかつ、
        以下のいずれかの条件を満たした時
        ・次の戦闘に参加する相手のモンスターのコストが、
         次の戦闘に参加する自分のモンスターのコストよりも上だった時
        ・このターン、カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
         自分のモンスターが戦闘で敗北していた時
効果:次の戦闘が行われるまで
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのコストを2下げる
   この効果でコストが0より下にはならない
   ・コストを下げた後、
    次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが1000以下だった時、
    次の戦闘に参加する相手のモンスターを相手のトラッシュに送る
   ・次の戦闘に参加する自分のモンスターが
    カテゴリ:フルメタルレオを持っていた時
    以下のいずれかの効果を得る
    ・このカードは発動後もトラッシュに送られず、
     チャージゾーンに表側表示で残る
    ・次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが2800以下で、
     自分のチャージゾーンの存在する裏側表示のカードを3枚表に出来た時、
     次の戦闘に参加する相手のモンスターをトラッシュに送る
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:強敵への空衝撃
テキスト:現れた敵に砲撃と同時に衝撃を放つ!!
     その衝撃波、まるで大砲で撃たれたかごとく!!
     いや、実際に撃たれていた!!
 
 画面にカードが・・・獅子カノン!!パワーキャノンボール!!!?砲撃を放つカードってことは・・・
 まだエネルギー残ってた!でも、先に誰もいなけりゃ・・・いや!
 あれは、ザムライ!鉄骨の山の中でいつ出ようかと出番をうかがっている!
 そのザムライの方に斬られたティソルジのレーザー砲が向いてる!
 ええい、くそ!
 右手でチャージゾーンのカードを一枚表にしつつ宣言!
 「僕はバトルマシンズブーストを発動!獅子カノン!!パワーキャノンボール!!を相殺する!!」
 
獅子カノン!!パワーキャノンボール!!

相殺

バトルマシンズブースト
 
 ビシュ!
 だが、僕の宣言直後、無情にも斬られたティソルジのレーザー砲はレーザーを発射し、
 今度こそ、レーザー砲は爆発して完全に消滅した!
 しかし、レーザーはザムライに向かって一直線に飛び、と、レーザーが不意にザムライが引き抜いた刀に弾かれる!!
 ガチン!
 「そこか!」
 だが、次の瞬間、レオン君がその右足でザムライのいるあたりに飛び蹴りをかましていく!
 「しまった!」
 正面に見据えていたレオン君がいきなり右に飛び蹴りを放って行ったことで完全に止めるタイミングを失うカーディン!!
 レオン君の飛び蹴りはそのままザムライがいたあたりの鉄骨の山まで届き、
 ズッガァアアアン!!
 鉄骨の山をザムライごと吹っ飛ばした!!
 宙に飛んで行くザムライ!!
 「グルォオオオ!!」
 今度はいきなりレオリングが吠える!!
 思わずひるむスパイク!そのままその隙にザムライに向かってレオリングが跳ぶ!!
 ひるんだ上にレオリングがいきなり右のザムライの方に跳び、反応が遅れたスパイク!
 宙に飛んだレオリングはそのままザムライの方に跳び、
 ザムライを周りの鉄骨ごと、そのランナイトの盾で押しつぶした!
 鉄骨はぺしゃんこになり、ザムライは爆発!消滅した!!
 
盾歩騎獅子 ファランナイトレオ M コスト:3
パワー:2400 パワー合計:2400

FINISH!!

バトルマシンズ ギャリット・ザムライ M コスト:0
パワー:0 パワー合計:0 TRASH
 
 「ザムライッ!!」
 「ギャリット・ザムライ!!」
 僕とカーディンが叫ぶ中、静かに、レオン君がレオリングを伴い、鉄骨の散らばった場所からこちらに向かって来る
 一方、カーディンとスパイクは僕の方に戻ってきて、壁を形成した!!
 「あのレーザーを目で追った・・・」
 レオン君が顔をうつむかせ、僕の方を見て目を細め、にらむ、
 「その先にあの灰白い侍がいたな、そいつはレーザーに気付いていなかった・・・」
 そして、僕たちの前、かなり遠いところで立ち止まった、
 「だが、いきなり刀を抜いてレーザーを弾いた、誰の声も無しに、だ・・・」
 改めて、レオン君が顔を上げて
 「その前にも、この戦闘中、おかしなことは多々あった、そっちが何かの力を受けて動いているようだったり、それでいきなり自分たちに有利な動きをし始めたり・・・」
 目を細め、僕を睨む、
 「そのカードだな、Wカード、お前がカードサマナーだというわけだ」
 カードサマナー?なんのこと!?
 
レオン
デッキ:25枚 手札:1枚 ライフカード:3枚
チャージゾーン:6枚 トラッシュ:4枚
モンスターゾーン  
無し
無し
盾歩騎獅子 ファランナイトレオ M コスト:3 パワー:2400

VS

双歩
デッキ:39枚 手札:3枚 ライフカード:2枚
チャージゾーン:3枚 トラッシュ:5枚
モンスターゾーン
バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター M コスト:3 パワー:2500
バトルマシンズ サンダースパイクダンプ M コスト:3 パワー:2500
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカードフュージョン 5話/13 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!13

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「どういう原理かは知らない」
 「ちよっと待った!!」
 いきなりの僕の物言いに、右の眉毛をピクリと跳ね上げ言葉を止める、
 なんか、怒ってる感じがするけど、まぁ、それはそれとして、
 「話ししながらでいいから、色々先にすすめていい?」
 「構わん、どうせ、僕が断っても先にすすめるつもりなのだろう」
 「その通り!今はカーディン達もいるしね!!」
 許可が下りたところで早速、右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に返しつつ、
 「リチャージ!」
 「どういう原理かは知らないが、どうやら、君はカードを召喚しているようだ、だが、実際には僕達が使うカード召喚とはいろいろ異なる」
 「それってどういう意味?君たちが使うカード召喚って?」
 とか言いつつ、右手で山札の一番上のカードを引く!
 「ドロー!」
 「どこからともなく、獅子たちが現れただろう」
 あ!確かに!!じゃあ、
 「もしかして・・・君たちが使う召喚と、僕達が使うカード召喚は同じもの・・・?」
 言いながら、引いたばかりのカードをチラリと見る、今引いたのは、バトルマシンズ ビックハンド!
 「それはわからん・・・だが・・・さっきも言ったように色々と異なる」
 「色々と異なるってどういう意味?」
 とりあえず、ライフカード減ってきたし、盾代わりにはなるかな、高コストのカードが無いからチャージゾーンに置いといても仕方ないし、3番に置いとこ、
 右手に持つバトルマシンズ ビックハンドのカードを3番に裏側表示で置く、
 「答える義務は、無い、デッキケースを持っている以上、僕達の召喚方法まで習得されては困る、」
 ううん、残念、教えてくれはしないか・・・
 「だが・・・」
 レオン君がこちらを目を細めてにらみ、見据えてくる、
 「どうやら、リュッケンもアリスもジョーカーも、面白がっていたのはそういう事だったようだ、Wカードを使い、僕達とは別の方法で召喚してくる・・・」
 ん?ちょっと待てよ・・・
 左手の手札をチラリと見る、ええっと、この中なら、バトルマシンズフルブーストがいいか、
 右手で左手の手札から、バトルマシンズフルブーストのカードを引いてチャージゾーンに裏側で置き、
 「セット!」
 さて、続けて、カードを置きながら考えてた疑問をぶつけてみる、
 「さっきから、面白がっていたのはそういう事って、言って、リュッケンやアリスやジョーカーから僕達の事、詳しく聞いてないの?なんか、仲悪いとかそんな感じなの?」
 僕の仲悪い発言にまたも右の眉毛をピクリと跳ね上げた、
 怒ってんのか、そうじゃないのかよくわからんな、あれ、
 「僕達は情報共有は極力しない、情報を極大化し共有化するということは全ての存在が同一の思想を持つということだ、少なくとも、我々の長は、あの方は、そんなこと望んじゃいない」
 長だって・・・?
 「言ってる意味がわけわかんないんだけど、後、長って、あの方って誰?」
 「それこそ、答える義務は、無い」
 「じゃあ、さっき言ったカードサマナーの意味」
 「答えはしない」
 う・・・完全に拒絶されてしまった・・・
 なんか、左拳と左足を前に出して右拳を腰だめに据えて構えて戦闘モードになってるしな・・・
 「おしゃべりはここまでだ」
 はぁ、仕方ない、か、
 リュッケンが駅前に現れたっていうし、僕の方も急がないといけないしね!
 右手で3番に裏側で置いたカードを表に!
 「オープン!!」
 「来い!!」
 
名前:バトルマシンズ ビックハンド
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:900
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        ・次の戦闘に参加する相手のモンスターが効果を持っていて、
         かつ、発動条件を満たしていない以外の理由で
         効果を発動できない状態でない時で
         このターン、効果を発動していない時
効果:次の戦闘に参加する相手のモンスターは
   このターン、効果を発動できなくなる、
   ・次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを500上げる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:機手
テキスト:巨大な右手が、相手を握りつぶす!!

名前:暗隠苦獅子 アサーミットナレオ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:1800
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:この戦闘でこのモンスターが相手のモンスターに
        敗北、もしくは引き分けた時
        ・この戦闘を行った相手のモンスターのパワーガ
         (自分のモンスターゾーンとチャージゾーンにある、
         このカードを除いて、
         このターン、全ての効果の発動と相殺を行っていない
         モンスター、リサイクル、イクイップ、リサイクル、ハンドの総数)
         ×500以下だった時
効果:この戦闘を行った相手のモンスターを相手のトラッシュに送る
   ・自分のモンスターゾーンとチャージゾーンにある、
    このカードを除いて、このターン、相殺と効果の発動を行っていない
    モンスター、リサイクル、イクイップ、リサイクル、ハンドは、
    ハンドは同名カードも含めて、全ての効果を発動できなくなり、
    このターンと次のターン、コストによる発動・召喚・装備等を行えなくなる
   ・この効果で効果を発動できなくなったカードが、
    全て、カテゴリ:フルメタルレオを持っていて、
    相手のライフカードが二枚以上の時、
    相手のライフカードを一枚指定して、相手の手札に加えさせる
   ・この戦闘の結果により、このカードをトラッシュに送らない
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:苦無い、飛ぶ
テキスト:獅子の四肢が視して死し
 
 突如、向こうの方から飛んできた鉄の右拳と、向こうの方から飛び出してきた黒灰鋼の獅子が僕達の中央で激突する!!
 弾かれ、僕達の右の方に降りてくる鉄の右手、同じく弾かれ、向こうの左の方に降りる黒灰鋼の獅子、
 鉄の右手は、等間隔で多数の丸い穴の空いた四角い鉄骨で手の骨格を大雑把に再現したような物で、後ろにジェットエンジンなぞが付いている、
 黒灰鋼の獅子の方はたてがみ、胴部、尾の先が黒灰色の金属で覆われ、
 その他の部分が少し薄い黒色の金属で出来ており、
 四肢それぞれの爪の上に足首の根元から一本の爪が生えるように大きな黒灰色の刃が生え、足の後ろ側にも同じように大きな刃が伸びていた
 と、その黒灰鋼の獅子、アサーミットナレオ、サーミットが上に跳び、
 四肢を外側に出した後、爪も外側に伸ばし、四肢の踵側の刃を挟むように足裏の方に回して前側の刃と一体化させ、顔が背中の側に回ったと思ったら、地面の方を下にするように左に90度回転、
 そのままレオリングの左前足肩に引っ付いた!
 「グルォオオオオ!!」
 レオリングが大きく吠える!!
 と同時に、サーミットの四肢が離れ、有線付きで縦横無尽に飛び始めた!
 ちょ!そんなん有りかよ!?
 「離れろ!」
 同感!
 カーディンの言葉に、あわてて反転して走りだし、レオリングから離れる僕達!!
 「どこに行く!」
 と、いつの間にか僕の前にレオン君が現れた、
 さらに、いきなり右拳を突き出してくる!
 「はぁああああ!」
 「うわっと!」
 これを左に避ける僕!
 っていうか、さっきより速い!
 さっきの手加減より手加減の度合いを下げたか!ま、さっきのは僕がすべて避けたから当然なんだけど!!
 さらに、左回し蹴りが来る!!この蹴りを何とか上に跳んでかわし、
 「双歩!」
 カーディンが僕達の方に振り向きつつ自分に迫ってきていたサーミットの刃の線を右手で持って止め
 こちらの方に走り込み、レオン君に向かって右足で蹴りを打ち込む!
 「ちぃ!」
 悔しそうな声を上げ、蹴りを避けつつ一旦後ろに下がるレオン君!
 カーディンの右足蹴りの衝撃でひるんでしまう僕!
 「大丈夫か、双歩!」
 「なんとかね!」
 今のうちにバトルマシンズ ビックハンドのコストを一枚、チャージゾーンから右手で表に!
 
名前1:バトルマシンズ イースト&ウェスト
名前2:イーストオーファイブ
名前3:ウェストオーセブン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1400
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件を満たした時
        1:カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターカードが、
          このカードをコストとして指定した時、
        2:このカードのコストとして指定したのが
          このカードの名前またはカテゴリを召喚のコストとして指定する
          フュージョンだった時
コスト軽減効果:条件を満たしたものと同じ番号の効果を1つ発動させる
        1:このカードをコストとして指定したカードのコストを
          このカードを含めてどれか1枚裏にすることができる
        2:コストとして指定した別のカード1枚を元の場所に元の表示で戻す
          戻せない場合は手札に戻す
          戻したくない場合は戻さなくてもよい
 
 表にしたのはバトルマシンズ イースト&ウェスト!
 緑の画面の向こうの方は・・・!?
 
名前:飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400

名前:獅子チェンジ!!フルメタルリングチェンジ!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前1:爪銃獅子ズ・レオグレイツ
名前2:爪獅子 ランズネイル
名前3:銃獅子 ガンズグローイン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1200
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件のカードのコストとして
        このカードが指定されている状態で、
        このカードか、一緒にコストに指定されたカードを1枚指定する、
        一緒にコストに指定されたカードを指定した場合は表にしなくてもよい
         1:カテゴリ:フルメタルレオを持つモンスターの召喚コスト
         2:カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
           モンスターの召喚コスト
コスト軽減効果:以下のどちらかの効果を指定して、
        軽減条件で指定したカードに発動させる
        一番下の効果はどちらを選んでも条件に合った場合発動する
        ・軽減条件で指定したカードを裏にすることができる、
        ・軽減条件で指定した、このカード以外のカードを表にせずに
         コストを支払ったものとしてみなす
        軽減条件の2でこの効果を発動した場合、
        指定したカードはこのターン、全ての効果の発動及び
        召喚・装備・設置・手札に戻す等、
        表にした時の効果も発動できなくなる
 
 飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ、獅子チェンジ!!フルメタルリングチェンジ!!、爪銃獅子ズ・レオグレイツの三枚!
 向こう方が召喚できるカードが多いし、こっちは召喚できないけど、レオン君は何の反応も無し、
 どうやら、追加で召喚とかは無いようだ
 
レオン
モンスターゾーン 
暗隠苦獅子 アサーミットナレオ M コスト:3 パワー:1800
無し
盾歩騎獅子 ファランナイトレオ M コスト:3 パワー:2400
チャージゾーン
裏:4表:3

鋼野 双歩
モンスターゾーン
バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター M コスト:3 パワー:2500
バトルマシンズ サンダースパイクダンプ M コスト:3 パワー:2500
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
チャージゾーン
裏:3表:1

暗隠苦獅子 アサーミットナレオ M コスト:3 パワー:1800

FIGHT!!

バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター M コスト:3 パワー:2500
 
 「うわっ!なんだ!?」
 ん?カーディンの右手のサーミットの刃が暴れて、カーディンの右手を斬り裂いた!
 「ぐっ!」
 思わず、サーミットの刃の有線を右手から離してしまうカーディン、
 サーミットの刃が、カーディンを離れてレオリングの元に戻る!
 にしても、この状況、悪い予感しかしない、パワーはジャイロの方がサーミットより上だから、サーミットが不穏な効果を持っていても僕としては何もできないんだけど・・・
 そして、サーミットの刃達が全て一斉にジャイロの方に飛んで行く!
 必至になって向かってきた刃から離れ飛ぶジャイロ!
 だが、刃が全部離れたということは、他の三体が自由になるということ!
 そこでカーディンが僕の前で構え、スパイクとビックハンドがレオリングに向かって行く!
 そして、レオリングに向かい、スパイクがその右拳を突き出す!
 が、そこにレオリングのランナイトの盾が立ちふさがる!
 ガンッ!!
 大きな音を立て、スパイクの右拳は塞がれた!
 その後も、スパイクは左拳を繰り出す、が、
 ガンッ!!
 ランナイトの盾にものの見事に弾かれた!
 しかし、そこにビックハンドが向かって行く!
 ビックハンドはレオリングの左側に大きく回り込み、一気に突進!
 その拳を思い切りレオリング左肩の方にある、サーミットの本体に叩き込んだ!!
 よしっ!
 
暗隠苦獅子 アサーミットナレオ M コスト:3
パワー:1800 パワー合計:1800 TRASH!!

FINISH!!

バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター M コスト:3
パワー:2500 パワー合計:2500
 
 すると、サーミットの目が突如光を放ち、
 サーミットの顔と尾が分離、有線の付いた顔と尾と化し、尾があたりを薙ぎ払ってビックハンドとスパイクを下がらせ、顔の部分がジャイロの方に飛ぶ!僕には、届かない、何もできない!!
 「ジャイロ、避けて!」
 
名前:暗隠苦獅子 アサーミットナレオ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:1800
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:この戦闘でこのモンスターが相手のモンスターに
        敗北、もしくは引き分けた時
        ・この戦闘を行った相手のモンスターのパワーガ
         (自分のモンスターゾーンとチャージゾーンにある、
         このカードを除いて、
         このターン、全ての効果の発動と相殺を行っていない
         モンスター、リサイクル、イクイップ、リサイクル、ハンドの総数)
         ×500以下だった時
効果:この戦闘を行った相手のモンスターを相手のトラッシュに送る
   ・自分のモンスターゾーンとチャージゾーンにある、
    このカードを除いて、このターン、相殺と効果の発動を行っていない
    モンスター、リサイクル、イクイップ、リサイクル、ハンドは、
    ハンドは同名カードも含めて、全ての効果を発動できなくなり、
    このターンと次のターン、コストによる発動・召喚・装備等を行えなくなる
   ・この効果で効果を発動できなくなったカードが、
    全て、カテゴリ:フルメタルレオを持っていて、
    相手のライフカードが二枚以上の時、
    相手のライフカードを一枚指定して、相手の手札に加えさせる
   ・この戦闘の結果により、このカードをトラッシュに送らない

名前:盾歩騎獅子 ファランナイトレオ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2400
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:叩き、斬る!!

名前:飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:飛び、切り裂く!!

名前:獅子チェンジ!!フルメタルリングチェンジ!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:チェンジ!!瞬間!!チェンジ!!

名前:獅子アタック!!パワーエネミーアタック!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:強敵への咆哮

名前:獅子ダウナー!!パワーエネミーダウナー!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:強敵への威嚇

名前:獅子カノン!!パワーキャノンボール!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:強敵への空衝撃

名前:獅子キアイ!!バトルオブドレオキアイ!!
種類:S スマッシュ コスト:4
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターゾーンにいる、
        モンスターを2体以上指定できた時
効果:このターン、指定したモンスターのパワーを2000上げる
   ・次の戦闘に参加する自分のモンスターが
    カテゴリ:フルメタルレオを持っていた時、
    このカードは発動後もトラッシュに送られず、
    チャージゾーンに表側表示で残る
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:気合の一喝咆哮
テキスト:その獅子の咆哮は、味方を鼓舞し、戦いを一気に逆転する!!
 
 一方、サーミットの四肢の刃を後ろに飛びつつ避けていたジャイロ、僕の声に一瞬反応するも、どうやら、刃を避けるのに手いっぱいですぐ元の調子に戻ってしまった、
 そこに下の方からサーミットの顔が回りこんで飛んで来た!
 完全なる不意打ち、ジャイロはこの顔を避けられず気づかぬままに右足を噛まれ、動きを封じられる!
 っていうか、獅子の顔と四肢と尾が有線で繋がれ空を飛ぶこの光景、完全に獅子とかより別のものになってる気がする・・・
 が、そんな僕の考えもお構いなしに、ジャイロがあわてて肩のローターから向かってきていたサーミットの四肢の刃に吹雪を吹きかける、も、
 四肢の刃の一つが下の方に分かれ、そのまま下後ろからジャイロの背部を貫き、ジャイロの吹雪が停止、
 そこから残りの三つのサーミットの四肢の刃もジャイロの胸部を貫いて、
 ジャイロは爆発!消滅した!!
 
隠苦獅子 アサーミットナレオ

TRASH!!

バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター TRASH!!
 
 「ジャイロ!」
 「フロストジャイロヘリコプター!」
 僕とカーディンが叫ぶその間に、サーミットの顔と四肢と尾がレオリングのサーミットの本体の方に戻って行き、一旦収納された!
 が、すぐに四肢の刃を出して、攻撃を再開してくる!
 「このお!」
 カーディンが向かってきたサーミットの刃の一つに向かい、
 いきなりサーミットの顔が勢いよく飛んでくる!
 「カーディン!レオリングの方から顔が飛んでくる!!」
 「なにっ!?ぐわっ!!」
 サーミットの顔にカーディンの胸部が噛みつかれる!
 「この程度!」
 だが、その顔を、カーディンは両手に掴んで離し、両手で押しつぶそうと
 「そうはいかないな!」
 突如、レオン君がカーディンの右手に跳び蹴りを放ってきた!
 「なにっ!?ぐぉっ!!」
 カーディンの右手にレオン君の跳び蹴りが決まり、カーディンはその両手からサーミットの顔を離す、
 そして、サーミットの顔はレオリングの左肩のサーミット本体の方に戻って行った!!
 
レオン

ATTACK!!

バトルマシンズ サンダースパイクダンプ M コスト:3 パワー:2500
 
 そこでスパイクがレオリングに向かい、その右拳を突き出す!
 だが、やはりレオリングがランナイトの盾を前に出し、立ちふさがらせる!
 ガンッ!!
 スパイクの右拳がランナイトの盾に防がれた!
 しかし、スパイクは今だにランナイトの盾に右拳を押し付け続けて行く、一体どうして
 そう思った次の瞬間、スパイクの右拳から電気が放電される!
 バリバリバリッ!!
 が、レオリングは即座に後ろに跳んでこの電気を回避、
 が、その後ろの方にはいつの間にかビックハンドが回りこんでいた!
 ビックハンドはその手を広げてレオリングの尻をはたき振り、
 ドガン!!
 レオリングを後ろから押し返した!
 そこにはスパイクがいる!
 しかし、レオリングにはランナイトの盾がある!
 スパイクがその右拳をランナイトの盾に伸ばして広げ、
 ガッ!!
 ランナイトの盾を握った!
 本来、これならランナイトの盾を外したり、サーミットの刃を射出したりで対応できると思うのだが、その前にスパイクが左拳を突き出した!
 ドガァ!!
 スパイクの左拳がそのままレオリングの右頬にクリーンヒット!レオリングを吹っ飛ばした!!
 よしっ!
 
レオン ダメージ

FINISH!!

バトルマシンズ サンダースパイクダンプ M コスト:3
パワー:2500 パワー合計:2500

盾歩騎獅子 ファランナイトレオ M コスト:3 パワー:2400

FIGHT!!

バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
 吹っ飛ばされた先でビックハンドが再びレオリングをはたいて返そうとする、が、サーミットの四肢の刃が四つ全ていきなり射出され、ビッグハンドの方に向かう!
 慌ててビッグハンドはグーの形になりサーミットの四肢の刃を防ぐが刃が全て突進してきた時の圧力と勢いで吹っ飛ばされてしまう!
 そして、ビッグハンドのいた場所にレオリングが着地する、
 今のビッグハンドじゃパワーが足りない!
 対峙するレオリングに装備された盾歩騎獅子 ファランナイトレオのパワーは2400、
 対してバトルマシンズ ビックハンドのパワーは900、その差は1500、
 恐らく、1番戦闘後、他のカードの発動を阻害してでも暗隠苦獅子 アサーミットナレオの効果を発動させたのは、バトルマシンズブースト一枚きりじゃ、バトルマシンズ ビックハンドのパワーを上げてもどうにもできないと判断してんだろうけど、
 だが、それが命取り!
 右手でチャージゾーンのカードを1枚表に!
 「僕はバトルマシンズブーストの効果を発動!バトルマシンズ ビックハンドのパワーを600上げる!!」
 
名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで300上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで300上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
 
 ビックハンドが立ち直り、上の方に飛び、レオリングの前上に回り込む!
 ビッグハンドの行動を阻害してないところを見るに、
 相殺の様子は・・・無し!
 よし!このまま一気に行くぞ!!
 右手でチャージゾーンのカードをさらに一枚表に!
 「僕は続けてバトルマシンズフルブーストの効果を発動!バトルマシンズ ビックハンドのパワーを1200上げる!!」
 
名前:バトルマシンズフルブースト
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで700上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで500上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:さらにパワーが上がっていく!!
     もう、止まらない!!
 
 レオリングがビックハンドの方を見るものの、それだけで、警戒はしているものの何かしてくる様子は無い・・・
 やっぱり、相殺の様子は、無し!
 続けて、バトルマシンズフルブーストのコストとして、チャージゾーンのカードを右手で1枚表に!
 「僕はバトルマシンズフルブーストのコストとして、バトルマシンズ カーディン カーモードを指定!!」
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800
 
 そのまま、一気にビックハンドが己を強く握り、レオリングの方に飛んで行く!
 レオリングはそんなビックハンドを見て、自身の前にランナイトの盾を出し、構える!
 ドガン!!
 ビックハンドとランナイトの盾がぶつかり、拮抗する!
 一旦はビックハンドが押し、もう一旦はランナイトの盾が押し返す!が、ランナイトの盾が少し上にかたむかれた!?
 ガイン!!
 ビックハンドがランナイトの盾に受け流され、上に飛ぶ!
 やはり、そう簡単には・・・
 そう思った次の瞬間、サーミットの四肢の刃が分離し、ビックハンドを追って飛んで行く!
 このままだとビックハンドに反撃の機会すら・・・
 が、そこにスパイクがレオリングに走り込み、その右手でサーミットの四肢の刃の有線をまとめて握り、
 バリバリバリッ!!
 握った手から電撃を流し込みサーミットの四肢の刃の動きを止めた!!
 よしっ!
 だが、すぐにレオリングがスパイクにランナイトの盾を振り回し、スパイクはあわてて後ろに下がる
 と、ビックハンドが思い切り上に上がって行った?一体どうするつもり・・・?
 ビックハンドはそのまま超高高度まで行き、くるっと反転しつつ己を握り直して再度拳とし、なんと、その高度から一気にレオリングに向かって突っ込んでいった!
 その機体は空気との摩擦で赤く燃え上がり、まるで流星のよう!
 対するレオリングは左に跳んで避けようとするが、
 いつの間にかスパイクに再度握られていたレオリングのサーミットの四肢の刃の有線を引っ張られ、動きを封じられた!
 別方向に飛ぼうにも、もうすぐそばにビックハンドが迫ってる!
 あわてて再度ランナイトの盾でビックハンドを受け止めるレオリング!
 ドガァン!!
 今度は、ランナイトの盾の角度を変える間もなく、ランナイトの盾を貫通し、レオリングに直撃!レオリングが吹っ飛んで行く!!
 貫通されたランナイトの盾は爆発!消滅する!!
 
盾歩騎獅子 ファランナイトレオ M コスト:3
パワー:2400 パワー合計:2400

FINISH!!

バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1
パワー:900+600+1200 パワー合計:2700
 
 一方、レオリングは吹き飛ばされたもののサーミットの有線が張りすぐに止まって四肢を地に着け着地、
 即座にスパイクに襲い掛かり、驚いたスパイクは右手のサーミットの四肢の刃の有線を離し、
 サーミットの四肢の刃が有線と共にサーミットに戻る、
 さて、こっちの方では今だにカーディンとレオン君がにらみ合い中、
 どちらかに動きがあれば対応してもう片方も動くという感じ、
 だが、ランナイトの盾が砕けたことでレオリングの方はビックハンドとスパイクが有利になっている、
 サーミットというきつそうなのがいるけど、このままのペースで行ければ・・・
 
レオン
デッキ:24枚 手札:1枚 ライフカード:2枚
チャージゾーン:7枚 トラッシュ:5枚
モンスターゾーン  
暗隠苦獅子 アサーミットナレオ M コスト:3 パワー:1800

VS

双歩
デッキ:38枚 手札:3枚 ライフカード:1枚
チャージゾーン:4枚 トラッシュ:6枚
モンスターゾーン
無し
バトルマシンズ サンダースパイクダンプ M コスト:3 パワー:2500
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Wカードフュージョン 5話/14 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!14

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 チャージゾーンの表側表示のカードを右手で裏に返し、
 「リチャージ!」
 レオリングがサーミットの右前足の刃を飛ばしてきた!
 「甘い!」
 カーディンが右拳を突き出してサーミットの右前足の刃に当てサーミットの右前足の刃を弾き飛ばす!
 サーミットの右前足の刃はすぐにレオリングの元に戻っていった、
 「やはり、これだけではダメか」
 レオン君がごちる、やっぱり、さっきのは単に試しただけか、あるいは牽制か、いずれにしても、
 山札の一番上のカードを右手で引き、
 「ドロー!」
 レオン君とレオリングがそれぞれ右足と右前足を前に出して踏みしめ、
 同時に、カーディンとスパイクも右の足を前に出し、地面を踏みしめる、
 ・・・
 一歩踏み込んでみたものの、互いににらみ合い、うかつには動けない状況なのだろう、
 ということは、この均衡を破るのは、おそらく、僕とレオン君の召喚に違いない、
 それならそれで、レオン君が何かしてこないうちにとっとと召喚しないと・・・
 今山札から引いたのは・・・お!これなら!!
 引いたばかりで右手に持つカードをチャージゾーンに裏側で置き、
 続けて、左手の手札を見る、
 今の手札なら、バトルマシンズ ワイルドハンドを出して置くか、
 盾代わりだけど、運が良ければ・・・
 右手でバトルマシンズ ワイルドハンドのカードを引いて1番に裏側で置き、
 「セット!」
 レオン君がカーディン達を見上げてにらむ、これは、来るかっ!?
 急いで右手で1番に裏側で置いたカードを表にする!!
 「オープン!!」
 「来い!!」
 
名前:バトルマシンズ ワイルドハンド
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:900
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        ・次の戦闘がスキップされる時
効果:次の戦闘をスキップされないようにして、
   次の戦闘が行われるまで以下の効果を発動する
   ・このモンスターのパワーを500上げる
   ・相手は、効果内に「スキップ」の言葉を持つ、
    モンスター・リサイクル・スマッシュカードの
    効果を発動できなくなる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:機手
テキスト:巨大な左手が、相手を防御ごと破壊する!!

名前:戦狂叫獅子 ファイバーシャウトレオ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:1900
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
        ・自分のチャージゾーンにある、表側表示の
         コスト2以下のモンスターカード1枚を指定できた時
        ・このモンスターを召喚した次のターン以降、
         このモンスターより次の戦闘に参加する
         相手モンスターのパワーが高かった時
         の条件を追加する
効果:次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを
   指定したモンスターカードのパワー分上げる
   ・自分のモンスターゾーンにいる、このモンスター以外の
    カテゴリ:フルメタルレオを持つモンスターのパワーを
    (((指定したモンスタのパワー)-1000)
      (0より下になるなら0にする))分上げる
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:戦い、狂え!!
テキスト:その牙と爪で、狂ったように戦う獅子!!
     だが、狂ったような戦いは、絶妙な誤差を生み出し、相手を翻弄する!!
 
 右の方から鉄の拳が飛んで来た!!
 と同時に、左の方からも黒い拳が飛んで来た!?
 中央で二つの拳がぶつかり合い、僕の方とレオン君の方に分かれて飛び、こちらで降り立ち、あちらで着地する!!
 僕の方に降り立ったのは、鉄の左拳!!
 四角くて等間隔でいくつもの丸い穴の開いた鉄骨で手の骨格を再現したような巨大な左手で、
 手首の部分についたジェットエンジンで飛行している、
 対して、レオン君の前に降り接地したのは、あれ、黒水晶の、獅子?
 その獅子は全身が黒水晶の様な物で覆われ、爪と尾の先、たてがみが黄色く
 顔の部分はなぜか白鋼ででき、赤い瞳を持ち、尾の部分が太めに出来ていた、
 あれ?さっきは黒い拳が出てきたような・・・気のせいかな・・・
 と、その黒水晶の獅子、ファイバーシャウトレオ、イバーシャが上に跳ぶ!!
 さらに、イバーシャの頭が上に回り上がり背中のかなり後ろの方に移動すると、
 四肢と尾が前後に伸びなんと、体の前半分が左右に分かれつつ後ろに回転!!
 尾を中指に、四肢をその他の指に模した巨大な手が現れた!!
 あれが、さっき飛んで来た黒い拳の正体か!!
 その巨大な手が獅子の顔を左側に向けるように回転しつつの中指が少し押されると手首の部分から太長な白鋼の棒が現れ、
 その白鋼の棒が右の方に曲がったと思ったらレオリングの左肩に引っ付いた!!
 「グルオォオオオ!!」
 あれでランナイトの盾が無くなった分を補うつもりか!!
 盾よりも攻撃的で応用が利きそうだけどどうなるか・・・
 っと、それよりも、向こうが動きより先にバトルマシンズ ワイルドハンドのコスト支払っとこう、
 とりあえず、これ!!
 右手でチャージゾーンのカードを一枚表にする!!
 
名前1:バトルマシンズ イースト&ウェスト
名前2:イーストオーファイブ
名前3:ウェストオーセブン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1400
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件を満たした時
        1:カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターカードが、
          このカードをコストとして指定した時、
        2:このカードのコストとして指定したのが
          このカードの名前またはカテゴリを召喚のコストとして指定する
          フュージョンだった時
コスト軽減効果:条件を満たしたものと同じ番号の効果を1つ発動させる
        1:このカードをコストとして指定したカードのコストを
          このカードを含めてどれか1枚裏にすることができる
        2:コストとして指定した別のカード1枚を元の場所に元の表示で戻す
          戻せない場合は手札に戻す
          戻したくない場合は戻さなくてもよい
 
 こっちが表にしたのはバトルマシンズ イースト&ウェスト!
 で、緑の画面の方はどんなカード出してきてるんだ?
 
名前:飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400

名前:獅子チェンジ!!フルメタルリングチェンジ!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前1:爪銃獅子ズ・レオグレイツ
名前2:爪獅子 ランズネイル
名前3:銃獅子 ガンズグローイン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1200
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件のカードのコストとして
        このカードが指定されている状態で、
        このカードか、一緒にコストに指定されたカードを1枚指定する、
        一緒にコストに指定されたカードを指定した場合は表にしなくてもよい
         1:カテゴリ:フルメタルレオを持つモンスターの召喚コスト
         2:カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
           モンスターの召喚コスト
コスト軽減効果:以下のどちらかの効果を指定して、
        軽減条件で指定したカードに発動させる
        一番下の効果はどちらを選んでも条件に合った場合発動する
        ・軽減条件で指定したカードを裏にすることができる、
        ・軽減条件で指定した、このカード以外のカードを表にせずに
         コストを支払ったものとしてみなす
        軽減条件の2でこの効果を発動した場合、
        指定したカードはこのターン、全ての効果の発動及び
        召喚・装備・設置・手札に戻す等、
        表にした時の効果も発動できなくなる
 
 え~っと、飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ、獅子チェンジ!!フルメタルリングチェンジ!!、爪銃獅子ズ・レオグレイツ、
 こっちはモンスターゾーン埋まってるから発動できるカードは無し、対して、向こうは発動できるカードが二枚、
 つまり、向こうは追加で召喚ができるはずだけど・・・
 チラリとレオン君の方を見るが、レオン君はカーディン達の方を目を細めてにらんでるのみだ、
 ということは、発動するカード無し、っと、
 
レオン
モンスターゾーン
暗隠苦獅子 アサーミットナレオ M コスト:3 パワー:1800
戦狂叫獅子 ファイバーシャウトレオ M コスト:3 パワー:1900
チャージゾーン
裏:5表:3

鋼野 双歩
モンスターゾーン
バトルマシンズ ワイルドハンド M コスト:1 パワー:900
バトルマシンズ サンダースパイクダンプ M コスト:3 パワー:2500
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
チャージゾーン
裏:4表:1

暗隠苦獅子 アサーミットナレオ M コスト:3 パワー:1800

FIGHT!!

バトルマシンズ ワイルドハンド M コスト:1 パワー:900
 
 そこでワイルドハンドとスパイクとビックハンドが一気にレオリングに向かって行く!
 同時に、レオリングの方もスパイク達の方に向かい走り出す!
 スパイクがレオリングに向かい、その右拳を振り上げ突き出した!
 対するレオリングはイバーシャの拳で防ぐかと思いきや、その頭で一気に突進して右拳にぶつかり、スパイクの右拳を弾き返していく!
 その間にもビックハンドがイバーシャの拳に向かい、互いに思い切り己を握って拳となりぶつかり合う!
 一方、ワイルドハンドもサーミットの方に向かって飛ぶ!
 が、サーミットの四肢の刃が射出され、ワイルドハンドの邪魔をするかのように飛行!
 ワイルドハンドの右上から刃の一つが迫るとワイルドハンドは上昇してあわてて避け、
 さらに右下の方から別の刃が迫るも右に飛んで避けていき、
 左上の方から別の刃が迫ると体の角度を左に傾かせてなんとか避けゆき、
 続けてきた左下からの刃を回転しつつ右に飛んで避ける!
 このままだとらちが明かないな!
 でも、無闇にサーミットを撃破すると戦闘後効果が・・・
 いや、今は大丈夫、なはず!
 なら、相殺されないように祈りつつ、右手でチャージゾーンのカードを一枚表に!
 「僕はバトルマシンズフルブーストを発動!バトルマシンズ ワイルドハンドのパワーを1200上げる!!」
 
名前:バトルマシンズフルブースト
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで700上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで500上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
 
 ・・・
 緑の画面にカードの表示は無し!
 このまま暗隠苦獅子 アサーミットナレオの効果での乗り切るつもりか!?ええい、それでも右手でコストとしてチャージゾーンのカードを一枚表に!
 「コストにはバトルマシンズ カーディン カーモードを指定!」
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800
 
 ワイルドハンドの背中のブースターの勢いが増し、レオリングの方に向かっていく!
 そこに、サーミットの四肢の刃が束になってワイルドハンドに向かって行く!
 ワイルドハンドとサーミットの四肢の刃がぶつかり、
 ガキン!!
 ワイルドハンドが弾かれ、飛行軌道がずれる!
 そのままワイルドハンドはいったん離れ
 いきなりワイルドハンドに向かってレオン君が飛び蹴りをかましていく!って、そんなのあり!?
 「やぁあっ!」
 「しまった!」
 カーディンはレオン君のいきなりの行動に対応できていない!
 レオン君の右足飛び蹴りがワイルドハンドに迫る!
 ガン!!
 ワイルドハンドは思い切りレオン君の蹴りに当たり、手の一部、親指反対側の手首の上あたりを損傷する!
 だが、ワイルドハンドはダメージをおいながらも何とか軌道修正しようとし、
 唐突にカーディンが左手を上に上げて「来い!ワイルドハンド!!」叫んだ!
 そこにワイルドハンドが飛んできて、ワイルドハンドがカーディンの左手にくっ付く!
 さらに、スパイクとビックハンドが左の方に移動して、そちらの方にレオリングの注意を向けて方向転換させ、サーミットの付いている右肩の方をカーディンのいる方に向けさせた!
 レオン君は・・・今だ跳び蹴りの勢いで空中にいる!
 カーディンが鉄左拳を振り上げ、
 「いっけえぇええええ!」
 「いっけえぇええええ!」
 僕と同時の掛け声とともに、思い切り左鉄拳を突出しワイルドハンドを射出!
 ワイルドハンド拳は一直線にサーミットの方に向かって行き、サーミットに思い切り己をたたきつけ貫こうとする!!
 
暗隠苦獅子 アサーミットナレオ M コスト:3
パワー:1800 パワー合計:1800

FINISH!!

バトルマシンズ ワイルドハンド M コスト:1
パワー:900+1200 パワー合計:2100 TRASH!!
 
 と、サーミットの顔と尾が有線付きで射出されるためか少し外れる!
 
名前:暗隠苦獅子 アサーミットナレオ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:1800
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:この戦闘でこのモンスターが相手のモンスターに
        敗北、もしくは引き分けた時
        ・この戦闘を行った相手のモンスターのパワーガ
         (自分のモンスターゾーンとチャージゾーンにある、
         このカードを除いて、
         このターン、全ての効果の発動と相殺を行っていない
         モンスター、リサイクル、イクイップ、リサイクル、ハンドの総数)
         ×500以下だった時
効果:この戦闘を行った相手のモンスターを相手のトラッシュに送る
   ・自分のモンスターゾーンとチャージゾーンにある、
    このカードを除いて、このターン、相殺と効果の発動を行っていない
    モンスター、リサイクル、イクイップ、リサイクル、ハンドは、
    ハンドは同名カードも含めて、全ての効果を発動できなくなり、
    このターンと次のターン、コストによる発動・召喚・装備等を行えなくなる
   ・この効果で効果を発動できなくなったカードが、
    全て、カテゴリ:フルメタルレオを持っていて、
    相手のライフカードが二枚以上の時、
    相手のライフカードを一枚指定して、相手の手札に加えさせる
   ・この戦闘の結果により、このカードをトラッシュに送らない
 
 させるかっ!右手でこのターンにチャージゾーンに置いたカードを表にし、宣言!!
 「僕はマシングラシスオードを発動!暗隠苦獅子 アサーミットナレオの効果を相殺!!」
 
名前:マシングラシスオード
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:この戦闘に自分と相手のモンスターが参加し、
        自分のモンスターが勝利していた時
        ・この戦闘の番号より番号の大きい場所にいる
         自分のモンスター1体を指定できた時
効果:指定したモンスターのパワーをこのターン、800上げる
   ・指定したモンスターが
    カテゴリ、名前に「機」「マシン」の
    いずれかの言葉を持っているモンスターだった時、
    以下の効果を1つ選択して使用できる
    ・このターン、指定したモンスターは効果を発動していない扱いとした上、
     効果を2回発動出来る
    ・このターン、このカードのコストとなったカードは、
     コストとなった後、裏側表示に戻り、効果を2回使用できる様になる、
     ただし、発動回数以外のルールは変わらない
カテゴリ1:ホット カテゴリ2:スピリット
テキスト:その熱が味方に伝わり、
     その熱をエネルギーに変換、動き出す!!

暗隠苦獅子 アサーミットナレオ

相殺

マシングラシスオード
 
 サーミットの顔と尾が射出され、それぞれがワイルドハンドに向かって行き、顔がワイルドハンドの破損した部分に噛みつき、尾が手の甲の部分をはたく!!
 だが、ワイルドハンドは止まらない!
 そのままさらに勢いを増し、
 続けて、サーミットの四肢の刃が向かいきて体の各所に刺さろうともお構いなし!
 勢いを増したままサーミットを貫き、その先にいたレオリングを自身ごとふっとばしていく!!
 「グルォ!?」
 貫かれたサーミットは爆発して消滅!
 レオリングはそのまま鉄骨の山にげきと
 「させない!!」
 そこにレオン君が走り込み、ワイルドハンドの後部を右手で掴み、ワイルドハンドを上空に放り投げた!!
 さらに、そのまま左手でレオリングを持って静止させる
 「大丈夫か!?レオリング!!」「グルォォォ・・・」
 レオリングは不安そうな声を上げたものの、すぐに顔を左右に振り、
 気を持ち直したのか、顔を大きく上げて、口を大きく広げ
 「グルォォォオオオオオオオオオオオオオ!!」
 大きく吠えた!!
 
戦狂叫獅子 ファイバーシャウトレオ M コスト:3 パワー:1900

FIGHT!!

バトルマシンズ サンダースパイクダンプ M コスト:3 パワー:2500
 
 直後、スパイクがレオリングの方に向かって行く!
 と同時に、ビックハンドもレオリングの方に向かい飛んで行った!
 「私も行くぞ!いいな、双歩!!」
 「いいよ、行っといで」
 カーディンが僕の返事を聞き、首を一つ縦に振ると、急いでレオリングの方に駆けて行った、
 ・・・スパイクには悪いけど、この2番戦闘はどうあっても勝ち目がない、
 それなら、少しでもダメージがこないように、獅子カノン!!パワーキャノンボール!!を相殺しつつ、
 他のスマッシュカードを1枚でも多く使わせる!
 と、いきなりイバーシャの拳が大きく振り上げられ、
 「グルォォォォォォオオオオオオオオオオオオオ!!」
 レオリングが大きく吠える!
 
名前:戦狂叫獅子 ファイバーシャウトレオ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:1900
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
        ・自分のチャージゾーンにある、表側表示の
         コスト2以下のモンスターカード1枚を指定できた時
        ・このモンスターを召喚した次のターン以降、
         このモンスターより次の戦闘に参加する
         相手モンスターのパワーが高かった時
         の条件を追加する
効果:次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを
   指定したモンスターカードのパワー分上げる
   ・自分のモンスターゾーンにいる、このモンスター以外の
    カテゴリ:フルメタルレオを持つモンスターのパワーを
    (((指定したモンスタのパワー)-1000)
      (0より下になるなら0にする))分上げる
 
 画面にイバーシャのカードが映り、同時に、イバーシャの拳がなぜか大きく広がりパーの形をとる、
 もしかして、飛刃獅子 ザッシュトルネードレオのマネか・・・
 いいや、それよりも、早速来たな!させるか!!
 右手を前に出し、宣言!
 「僕はバトルマシンズ サンダースパイクダンプの効果を発動!戦狂叫獅子 ファイバーシャウトレオの効果を相殺する!!」
 
名前:バトルマシンズ サンダースパイクダンプ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2500
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する相手のモンスターが
        発動タイミング:戦闘前を持っていた時
        このモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:この戦闘前、次の戦闘に参加する相手のモンスターは
   戦闘前効果を発動できなくなる
   次の戦闘後、このモンスターのパワーを500下げる

バトルマシンズ サンダースパイクダンプ

相殺

戦狂叫獅子 ファイバーシャウトレオ
 
 スパイクがその右拳に電気を溜めこんで突出し、イバーシャの拳に放電する!
 イバーシャの拳はその放電を受け、一瞬動きが止まり、
 そこにチョキの形をしたビックハンドが飛んできて、
 その人差し指と中指でイバーシャの拳の四肢の指の間を挟んで破壊しようとする!
 だが、イバーシャの動きはすぐに復活し、イバーシャは自身を大きく振ってビックハンドを追い払った!!
 と、今度はレオリングが後ろに引き、一気に前に向かって跳んでその左肩からイバーシャの拳を射出!!
  
名前:獅子カノン!!パワーキャノンボール!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に相手のモンスターと
        カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
        自分のモンスターが参加していてかつ、
        以下のいずれかの条件を満たした時
        ・次の戦闘に参加する相手のモンスターのコストが、
         次の戦闘に参加する自分のモンスターのコストよりも上だった時
        ・このターン、カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
         自分のモンスターが戦闘で敗北していた時
効果:次の戦闘が行われるまで
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのコストを2下げる
   この効果でコストが0より下にはならない
   ・コストを下げた後、
    次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが1000以下だった時、
    次の戦闘に参加する相手のモンスターを相手のトラッシュに送る
   ・次の戦闘に参加する自分のモンスターが
    カテゴリ:フルメタルレオを持っていた時
    以下のいずれかの効果を得る
    ・このカードは発動後もトラッシュに送られず、
     チャージゾーンに表側表示で残る
    ・次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが2800以下で、
     自分のチャージゾーンの存在する裏側表示のカードを3枚表に出来た時、
     次の戦闘に参加する相手のモンスターをトラッシュに送る
 
 だから、やらせないってば!
 右手でチャージゾーンのカードを一枚表にしつつ宣言!
 「僕はバトルマシンズブーストの効果を発動!獅子カノン!!パワーキャノンボール!!を相殺する!!」
 
名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで300上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで300上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
 
 「来い!ビックハンド!!」
 カーディンが叫び、右手を掲げると、ビックハンドがカーディンの右手と引っ付いた!
 さらに、カーディンが右鉄手を握りながら振りかぶり、
 「いっけぇええええ!」
 叫びながら右拳を突き出すと、ビックハンド拳がイバーシャの拳に飛んで行き、イバーシャの拳を吹っ飛ばした!
 
獅子カノン!!パワーキャノンボール!!

相殺

バトルマシンズブースト
 
 いよし!ん?画面に、獅子キアイ!!バトルオブドレオキアイ!!?
 「グルォオオオオオオ!!」
 な、何だ!?
 突如、レオリングが大きく吠えた!?
 
名前:獅子キアイ!!バトルオブドレオキアイ!!
種類:S スマッシュ コスト:4
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターゾーンにいるモンスターが
        全てカテゴリ:フルメタルレオを持っている時
効果:このターン、自分のモンスターゾーンにいる
   全てのモンスターのパワーを2000上げる
   ・自分のモンスターゾーンにいるモンスターの数によって
    以下の効果を得る
    1:このカードのコストとして表にするカードの枚数を
      0以上、好きな枚数に変更し、
      このカードを裏側表示に変えて残し、
      チャージゾーンに残り続けた場合
      このターンの終了時にこのカードをトラッシュに送る
    2:自分の山札が1枚以上の時、
      山札から1枚引いて手札にする
    3:このカードは発動後もトラッシュに送られず、
      チャージゾーンに表側表示で残る
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:気合の一喝咆哮
テキスト:その獅子の咆哮は、味方を鼓舞し、戦いを一気に逆転する!!
 
 一瞬みんながレオリングの方を見、
 「はっ、ん?あ、危ない!後ろだ、スパイク!!」
 カーディンの声が響いたのでスパイクの方を見ると、
 スパイクに向かい、レオン君がスパイクの後ろから右跳び蹴りを繰り出している!?
 スパイクは後ろにいたカーディンの声を聞き慌てて後ろを向いて、両手から放電する!!
 バリバリバリッ!!
 「うぉっ!!」
 レオン君がひるみ、地に落ちる!
 よしっ!!
 そこに、レオリングが走ってくる!
 スパイクはあわてて後ろを向いてレオリングに相対し、
 「効いたと、思ったか!」
 突如、レオン君が立ち上がり、スパイクの後ろから右飛び蹴りでスパイクを蹴っ飛ばしていく!
 電撃が効いたと思った周りは完全に予想外で対応が遅れる!!
 そこに、レオリングに向かってイバーシャが走ってきてもう一度大きな手に変形しつつレオリングの左肩にくっ付き、
 そのままレオリングはスパイクに向かって走って行き、
 レオン君はスパイクを後ろから蹴っ飛ばしていき、
 レオリングがスパイクの正面から胴部を、
 レオン君がスパイクの背面から背中を、
 挟み撃ちにする格好になり、スパイクは胴部と背中を押しつぶされ爆発!消滅した!!
 
戦狂叫獅子 ファイバーシャウトレオ M コスト:3
パワー:1900+2000 パワー合計:3900

FINISH!!

バトルマシンズ サンダースパイクダンプ M コスト:3
パワー:2500 パワー合計:2500 TRASH!!
 
 「スパイクッ!!」
 
レオン

ATTACK!!

バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
 そこにビックハンドが奥の方から突っ込んでいく!
 そして、スパイクを倒した直後のレオン君とレオリングをまとめて吹っ飛ばす!!
 「サンダースパイクダンプーーーッ!!」
 さらに、カーディンが両の拳をそれぞれ同時に振り上げ突っ込んでいく!!
 「うぉおおおおおお!!!」
 両拳が突き出される!
 ドグォ!!
 拳がレオン君とレオリングにぶち当たる!!
 その左拳はレオン君に、右拳はレオリングにぶち当たっている!!
 レオン君とレオリングはカーディンと反対側に吹き飛ぶ・・・と思ったら、ビックハンドが奥から飛んできて、レオン君とレオリングが吹っ飛ぶのを抑えた!
 そこに上の方から飛んで来るワイルドハンド!
 ワイルドハンドはレオン君とレオリングにその鉄拳を上空から叩き込んだ!!
 
レオン ダメージ

FINISH!!

バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1
パワー:900 パワー合計:900
 
 と、地上に落とされたレオン君が、カーディン達の中心でいきなり右手を挙げた、
 「グルォォォオオオオオオ!!」
 次の瞬間、レオリングが顔を上に上げ、大きく吠える!!一体何を・・・
 
名前:獅子ダガー!!ナイフコタチククリ!!
種類:S スマッシュ コスト:4
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:この戦闘に相手のモンスターが参加している時
        ・自分のモンスターゾーンにカテゴリ:フルメタルレオを持つ、
         自分のモンスターが存在している時
        ・以下のいずれかの条件を満たした時
         1:この戦闘でカテゴリ:フルメタルレオを持つ、
           自分のモンスターが戦闘で敗北、または引き分けた
           この戦闘に参加した相手のモンスターのパワーが
           この戦闘に参加した自分のモンスター以下だった時、
         2:自分のライフカードを手札にした時
           ・相手のライフカードが一枚以上存在している時
           ・自分の山札が1枚以上ある時
効果:満たした発動条件によって以下の効果を得るか、
   3の効果を発動させる
   1:この戦闘に参加した相手のモンスターをトラッシュに送る
   2:相手のライフカードを1枚相手の手札にさせ、
     ・自分の山札から1枚引いて自分の手札にする
   3:このカードは発動後もトラッシュに送られず、
     チャージゾーンに表側表示で残る
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:短剣の狂演
テキスト:獅子の短剣たちが敵を踊らせる!!
     それは、まさしくダンシングダガー!!
 
 獅子ダガー!!ナイフコタチククリ!!!?え、ちょっとま
 次の瞬間、上から消滅したはずのサーミットの四肢の刃と尾が降ってきた!
 そして、僕の周りを取り囲む様に刃と尾が地面に突き刺さる!!
 ズダダダダダッ!!
 「しまった!!」
 カーディンの大声が響く!!
 ・・・そうか、サーミットの四肢と尾は消滅してなかったんだ、消滅したのは胴の部分だけ、つまり・・・
 まわりを取り囲まれ、動けなくなった僕の真上から、大きな獅子の顔が大口を開け降ってきた!
 あれは、サーミットの顔!?
 ちょっとまってぇええええええ!!
 
レオン
デッキ:22枚 手札:2枚 ライフカード:1枚
チャージゾーン:8枚 トラッシュ:6枚
モンスターゾーン 
無し
戦狂叫獅子 ファイバーシャウトレオ M コスト:3 パワー:1900

VS

双歩
デッキ:37枚 手札:3枚 ライフカード:0枚
チャージゾーン:5枚 トラッシュ:7枚
モンスターゾーン
バトルマシンズ ワイルドハンド M コスト:1 パワー:900
無し
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!15

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 ええい!こうなったら!!
 サーミットの顔が真上から迫る中、覚悟を決める!!
 1・・・2・・・3・・・ここだ!!
 思い切り真上に跳んで体を丸め、サーミットの口に飛び込む!!
 ギュム!!
 体が、すっぽりとサーミットの口に入り込む!!
 幸い、体が噛みきられることは無かったようだ、
 そして、僕の前に何気に緑の半透明の板と緑の画面が移動してきた、僕を追ってきたのだろう、
 ここは、まわりは鋼に覆われていて、僕がもう一人分ぐらい体を丸めて入れるぐらいは広く、左右や後ろの方から光が漏れている、
 中に空洞があってよかった、まぁ、外から見てた時も空洞があるのは見えたけど、
 と、サーミットの顔が真上に浮かび、それにつられて僕の体に奇妙な浮遊感が襲う、まわりの端から見える景色も地面を離れ、青空が見えている、
 ええっと、あ!緑の画面にライフカードを取れって出てる!!
 前のターンの獅子ダガー!!ナイフコタチククリ!!の効果だな、
 仕方ないな・・・
 右手で元は一番左の、最後のライフカードを右手で、引くっ!
 僕が引いたカードはツインオーバレットビクトリーカーディン!!
 ううん、今つかってどうにかできるカードじゃないな、まだ召喚するためのカードもそろってないし、
 引いたばかりで右手に持つツインオーバレットビクトリーカーディンを左手の手札に移し、
 さて、今の状況を脱するためにも、カードバトルを進めますか!!
 まずは、右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に返し、
 「リチャージ!」
 ん?なんか、周りの景色が地面に近づいて行ってる?なんか、下にゆっくり降りて行っている感じ?
 いや、今はそれよりも、
 続けて、右手で山札の一番上のカードを引き、
 「ドロー!」
 「お前達!!」
 ・・・なんか、右側、いやにそばからレオン君の声が・・・
 右側の方を見ると、ほんの少しだけ、レオン君の顔が見えた、一体何を大声で喋って
 「ここに双歩を人質にとった!一切動かず、僕達の指示に従ってもらおうか!!」
 げっ!僕、捕らえられた格好になってるの?
 ううん、ここからはカーディン達の様子が見えないから何とも言えないけど、
 なんか、戦ってる気配もないから、僕が捕らえられて動きを止めてるんじゃないだろうか、
 これはまずい、早くカードバトルを進めないと、
 今引いたカードはスライスフィッシュ&フィッシュボーンスープ!!
 これで手札のあるフィッシュフライ・タルタルを発動して追加で山札からカードを引けるけど・・・
 ええい!今は他に良い手札もないし、やるしかない!!
 「僕はフィッシュフライ・タルタルの効果を発動、スライスフィッシュ&フィッシュボーンスープをトラッシュに送って、山札からカードを三枚引く」
 
名前:フィッシュフライ・タルタル
種類:H ハンド コスト:0
効果の発動タイミング:ドロー後
効果の発動条件:自分の手札に
        カテゴリもしくは名前に「魚」「フィッシュ」
        のいずれかの言葉を持っている
        このカードとこのカードと同名のカードを除いて、
        1枚、相手に見せる
        ・山札が3枚以上ある時
        ・このターンと一つ前のターン、自分のカードの効果で、
         山札からカードを手札にしていない時
効果:発動条件で見せたカードをトラッシュに送り、
   自分の山札から3枚のカードを引いて自分の手札にする
カテゴリ1:フィッシュ カテゴリ2:揚げ物
テキスト:魚の揚げ物にマヨネーズベースのソースが付き、
     ご飯、味噌汁、漬物の付いたセット

名前:スライスフィッシュ&フィッシュボーンスープ
種類:H ハンド コスト:0
効果の発動タイミング:ドロー後
効果の発動条件:自分のチャージゾーンにある、
        カテゴリもしくは名前に「魚」「フィッシュ」
        のいずれかの言葉を持っている
        ハンドカード以外のカードを1枚、相手に見せる
        ・山札が3枚以上ある時
効果:発動条件で見せたカードをトラッシュに送り、
   自分の山札から3枚のカードを引いて自分の手札にする
カテゴリ1:スライス カテゴリ2:ボーン
テキスト:魚の切り身と骨やあら身などが入った味噌汁にご飯と漬物のセット
     魚の切り身はあくまで新鮮で、
     骨やあら身などからうまみ成分が味噌汁に流れ出ている
 
 目の前に銀に光る魚が泳いで・・・って近い!!狭いからって勘弁してよ・・・
 その銀に光る魚、たぶんスズキだろうけど、の上あたりにっ包丁が現れ、その包丁がいきなりスズキに斬りかかった!
 ザシュ!!
 スズキの頭部が僕の目の前に斬り落とされ、そこから包丁がスズキの前、僕の頭上辺りに移動し、
 ザザザシュ!!
 一気にスズキを白身三枚に降ろす!
 ってか危ない!いま刃が僕の頭をかすりかけたんだけど!!
 さらに、僕の目の前の床に木のまな板が現れる!
 その木のまな板の上に包丁に切られた右の切り身が乗っかると
 その上で包丁がスライドして、鱗がはがされ、鱗の一部が僕に飛んできて顔に貼り付いた!
 ギャ!!
 一瞬驚いたものの目の前では何事も無く調理が進行し、
 鱗がはがされた切り身の上に塩コショウがかけられ
 うっ!これは、コショウが顔に・・・
 ハッ・・・ハッ・・・うぐぐ
 くしゃみしそうになるのを必死に抑える、
 さすがに料理してる前でくしゃみはちょっと・・・カードも扱ってるから手で下手に抑えられないし・・・
 その後、塩コショウがかけられた切り身に白い薄力粉がかかり、
 くしゃみしそうになるけど耐える!
 その横にボールと卵が現れて卵がボールにぶつかって、
 ガッ!!
 卵にひびが入り、続けてボールの上に移動し、
 パカッ!!
 卵がボールの中に入れられそこに箸が現れてボールに差し込まれて動き始め、ボールの中で卵をかき混ぜて行って、
 チャチャチャチャチャチャ!!
 ボールの中で卵がきちんとかきまぜられた後、そこに塩コショウと薄力粉が振りかけられた切り身が放りこまれ、
 卵がたっぷりついた切り身と化すと、さらに、その上に四角いパン斤が現れて、そのパン斤に向い包丁が振り下ろされ、粉みじんにパンが斬られる!!
 ザシュ!!ザザザザザシュシュシュシュシュ!!
 だから、また頭に包丁がかすりかけてんだってば!!それにこのパン粉もくしゃみを・・・
 必至にくしゃみを耐える!
 そこにボールに替わり、油がたっぷり張られて下に火が付いた鉄なべが現れた!!
 熱い熱い熱い!!
 今度は火責めか!!
 その鉄なべに向かい、さっきの切り身が放りこまれ、
 ジュウウウウウ!!
 油が跳ねるっ!やっぱり熱い!!
 魚の切り身がこんがりきつね色に染まって行く、
 と、今度は木のまな板の上に魚の左の切り身が移動して、その左の切り身上を包丁がスライドして切り身の鱗をはがすっ!
 やっぱり鱗のいくつかが飛んで来て顔にピタッと貼っついたけど!
 さらに、包丁が左の切り身の上に移動し、左の切り身に向かって振り下ろされ、白銀の残光と共に切り身が薄く切られていく!!
 シュ!!シュシュシュシュシュ!!
 っていうか危ない!今度は僕の顔左頬に包丁がかすりかけた!!
 そして、下の方に上少し奥の方に細く斬られた大根が乗せられ、右手前に少し盛られた薄緑のわさびが乗った、青と白の色で海の高波が描かれた四角い皿が現れると、
 その上で木のまな板が傾けられ、包丁が刺身を後押しし、その皿の中央に魚の切り身を乗せ、
 続けて、大きな水を張った鉄鍋が出現すると、その下に火が付き、
 熱いってば!!
 その鉄鍋の中に魚の真ん中の切り身と頭部が放りこまれ、
 さらに、その鉄鍋の上に味噌が入れられたお玉が現れてお玉が鉄鍋のい中に入ったと思ったら、そのお玉に箸が差し込まれ、お玉の中がかきまぜられて
 チャチャチャチャチャチャ
 味噌が鉄鍋に溶かされて、今度は鉄鍋の上にネギと白菜が現れ、その上に包丁が向かい包丁によってねぎが均等に斜めに、白菜は四角四面に切り刻まれ
 サシュ!ザザザシュ!!
 鍋の中に放りこまれる!!
 ・・・だから危ないって!!次は右耳にかすりかけたし!!
 鉄鍋の中に塩がパラパラと振りかけられ、
 さっき味噌を入れていたお玉、もう味噌が無くなったお玉が鉄鍋で作られた味噌汁を掬い上げ、
 すぐそばに現れた外が黒で内が赤の木の椀にそそぎ、
 そして、左手前に刺身を乗せた青と白の皿が置かれると、右手前に味噌汁を入れた木の椀がとんと配され、
 一番左に白いごはんが盛られた白い椀が現れ、一番右にナスときゅうりの漬物、それに、黄色いたくあんが短冊切りされて置かれた白い小皿が出現、
 中央に、キャベツの千切りが奥に乗って八等分されたトマトが二切れ右奥に盛られている白い大きな皿が現れて、
 さらに、油の張られた大なべに箸が入り、
 大なべからこんがりときつね色に揚げられた魚のフライが上げられ、そのキャベツの千切りと八等分されたトマトが乗った白い大皿の上に置かれた!!
 そこに、魚のフライの上に卵の切り身とピクルスの切り身がマヨネーズに混ぜられたソースがかかって、
 さっきとは別の木の箸が、茶色い木の箸置きを左の方に置いた状態で現れ、その箸置きに配された!!
 と、その箸置きが浮かんで、魚のフライの左側に刺さって、
 ザクッ!!
 っと大きな音を立てて箸を左右に開いて身を分け、続けて、左側の身の小さい方を持つと、
 魚のフライの中央に付いたソースを纏わせて、僕の方に飛んで来た!
 パクッ!!
 それを口で受け止める!!
 おいしい、おいしいよ、このサクサク感、魚のうまみ・・・
 それよりも今はようやく目の前で包丁振り回されたり火が使われるというこの状況を脱せるというほうが嬉しいけど・・・
 と、突如、目の前の豪華セット一式が消え失せる!!
 今回ばかりは、これで終わりかと少し喜んでしま
 「何をしているっ!!」
 げ、レオン君の声だ!!どう答えれば・・・
 チラリと右の方からレオン君がこっちの方を覗き込んでくる、
 「さっきから、変なにおいがしたり熱を感知したり、お前はこの中で何をしてるんだ?」
 「別に何もしてないよ」
 ドキドキしつつ言葉を返す、いや、何かしてるって感付からたらまずい・・・
 レオン君はこっちの方を見たままサーミットの口内を見回す、
 ドキドキドキドキ・・・
 「・・・ふむ、何もないようだな」
 ほっ
 「今、安心したか?」
 「そりゃあ、変な嫌疑でも掛けられてここで殺す、だなんて言われなかったからね」
 「ま、たしかにそうか」
 レオン君が僕から視線を外し、再び右の方、カーディン達がいるであろう方を見る
 「さぁ、どうした!続けて両手を上げろ!!」
 ・・・ロボットに対して両手を上げるなんて意味あるんだろうか、レオリングみたいなライオン型ロボットもいるのに、
 って、こんなこと思案している場合じゃないや、
 まずは、右手で山札から三枚引くっ、っと、
 出てきたのは、バトルマシンズ スケルトンキューブ、インテリジェンス オールド&ニュー、バトルマシンズ バトルポリストレーラー
 この三枚だ、
 あとちょっとでツインオーバレットビクトリーカーディンが召喚できそう、
 とりあえず、ツインオーバレットビクトリーカーディンはチャージゾーンに置いておいて、
 2番には、バトルマシンズ スケルトンキューブを召喚するか!!
 引いたばかりで右手に持つ三枚を左手の手札に移し、
 続けて、右手で、左手の手札から、バトルマシンズ スケルトンキューブのカードを引いて2番に裏側表示で置き、
 さらに、左手の手札から右手でツインオーバレットビクトリーカーディンのカードを引いてチャージゾーンに裏側で置き、
 「セット」
 「おい!!」
 「わっ!!何々?」
 いきなりレオン君が覗いてきた!!レオン君はサーミットの口内を見回すと僕の方を向き、
 「その緑の半透明の板の上に乗ってるカードが増えている気がするんだが?」
 「気のせいじゃない?それとも、数え間違いとか?」
 ううむ、頼む、感付きませんように・・・
 「そこに裏側表示のカードなんて置いてたか?」
 「暗いから見間違えたんじゃない?」
 ドキドキドキドキ・・・
 「・・・そうか?」
 レオン君が元の右の方を向く!
 「さぁ!どうした!早くしろ!!両手を上に上げるんだ!!」
 よし!今だ!!
 右手で2番に裏側で置いたカードを、表に!!
 「オープン」
 「もたもたするな!!」
 
名前:バトルマシンズ スケルトンキューブ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターと
        相手のモンスターが参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーを1000下げ、
   ・次の戦闘に参加する相手のモンスターの装備しているイクイップを
    相手のチャージゾーンに表側表示で送る
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:機骨箱
テキスト:ビヨヨ~ン!!
     鉄骨を組み合わせて作られた箱が弾けたように伸び、人型となった!!
 
 僕の目の前に、穴あきの鉄骨で出来た立方体が現れた!!
 この状況、こいつに頼るしか、無い!!
 「お願い、スケルトンキューブ」
 ビヨヨーン!!
 立方体がバネの様に弾け伸び人型となる!!と同時に、
 バッコーン!!
 サーミットの頭部が押し広げられ、サーミットの頭部上が吹っ飛んだ!!
 「なにっ!!」
 驚いたレオン君がこっちを見る!逡巡してる暇はない!!
 人型となった、穴あきの鉄骨が集まって無作為に人型に組み立てられたような姿となったスケルトンキューブ、キューブと共に、
 サーミットの頭部下から降りる、
 と同時に、サーミットの頭部が爆発して消え去った!!
 周りを見ると、前方の僕がいたであろう場所に突き立っているサーミットの四肢と尾も次々と爆発、消滅していき、すぐにすべて消滅した!!
 「貴様ぁ!!」
 レオン君が即座にこちらに走り寄り、その右拳を降り上げる!!
 そこにキューブが割り込んだ!!
 レオン君が右拳を突き出す!!
 あれ、このままだともしかして、危ない?
 とっさに身を低くしつつキューブの足の間の後ろに入る!!
 ドガン!!
 僕の予想通り、キューブはレオン君の右拳に当たり、吹っ飛んで行って、鉄骨の山に突っ込んだ!!
 「双歩っ!うぉおおおお!!」
 そこにカーディンが全速力で走りこんでくる!!
 「レオリング!止めろ!!」
 レオン君が指示を出すも、レオリングにはワイルドハンドとビックハンドが飛んで行き、その動きを阻害した!!
 レオリングは即座にイバーシャの拳を突き出してビックハンドを吹っ飛ばすが、まだワイルドハンドがいる!!
 「この!生かしておくべきじゃなかったな!!」
 レオン君が再度右拳を振り上げる!!慌てて後ろに跳んで下がる僕!!そこに鉄の左手が割り込み、レオン君が突き出した右拳を止めた!!
 ガン!!
 「双歩に手を出すな!!」
 「カーディン!!」
 そう、この鉄の左手を出して壁としたのは、カーディンだ、カーディンの鉄の左手が僕を守ってくれた!!
 「くぅぅ!!」
 悔しそうに声を上げ、後ろに跳んで下がるレオン君!!
 「来い!!」
 
名前:功拳柔獅子 サンセツコンレオ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2300
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:この戦闘でがこのモンスターが
        相手モンスターに勝利した時
        ・自分のチャージゾーンにある、
         カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
         召喚条件の無いコスト2以下の
         モンスターカード1枚を指定できた時
効果:このターン、次の戦闘以降、このモンスター以外の
   カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
   自分のモンスターがこの戦闘で敗北、または引き分けた時
   即座にこの戦闘に参加したモンスターをトラッシュに送り、
   以下のいずれかの効果を選んで発動する
   尚、この効果はこのモンスターがモンスターゾーンにいて、
   指定したカードがチャージゾーンに居ないと発動しない
   1:このモンスターをこの戦闘が行われた場所に移動させる
     ・この効果で移動したモンスターのこのパワーは
      このターンと次のターン500下がる
     ・その後、自分の場所に戦闘を行えるカードの無い場所が存在した時
      指定したモンスターをコストを支払わず
      自分の戦闘を行えるカードの無い場所に召喚する
     ・召喚した場所に召喚したモンスターよりパワーの低い
      モンスターがいた場合、そのモンスターをチャージゾーンに裏側で送り、
      その場所での戦闘をスキップする
   2:指定したモンスターをこの戦闘が行われた場所に
     コストを支払わずに召喚する
     ・この効果で召喚したモンスターのパワーは
      このターンと次のターン500下がる
     ・その後、自分の場所に戦闘を行えるカードの無い場所が存在した時
      このモンスターをその場所に移動させる
     ・移動した場所にこのモンスターよりパワーの低い
      モンスターがいた場合、そのモンスターをチャージゾーンに裏側で送り、
      その場所での戦闘をスキップする
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:振り回せ、激しく!!
テキスト:その獅子は流体に、剛に頼らず柔に寄らず
     時に柔軟に、時に力強くその牙と爪を突き立てた!!
 
 突如、僕に向かって茶色い獅子が襲い掛かってきた!!
 が、カーディンが右足を振り回して
 「でぇい!!」
 向かってきた茶色い獅子を蹴り、少し遠くの方にまで吹っ飛とばした!が、茶色い獅子吹っ飛ばされたあと、すぐに着地する!!
 その茶色い獅子は、たてがみ、胴、爪、尾の先が木目の付いた木のような材質で出来、
 それ以外が鋼で出来ていて、その目は赤い機瞳である、
 と、その獅子が跳んで、いきなり顔、胴前後に三分割し、左前足と右後足が外側に向き、
 たてがみの右側に左前足の裏が引っ付き、反対側に右後足が付き、
 四肢の部分を鎖とした三足のヌンチャクのような姿となる!!
 さらに、そのヌンチャクがレオリングの方に向かい、ワイルドハンドの側をすり抜け、レオリングがその口で一方の方を掴んだ!!
 ちょっと、あれ、セツコンのヌンチャク、レオリングに扱えんの?端っこが付いちゃってるんだけど・・・
 って、そんな細かいこと気にするよりも、
 右手でチャージゾーンのカード二枚をバトルマシンズ スケルトンキューブのコストとして表に!!
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800

名前1:バトルマシンズ イースト&ウェスト
名前2:イーストオーファイブ
名前3:ウェストオーセブン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1400
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件を満たした時
        1:カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターカードが、
          このカードをコストとして指定した時、
        2:このカードのコストとして指定したのが
          このカードの名前またはカテゴリを召喚のコストとして指定する
          フュージョンだった時
コスト軽減効果:条件を満たしたものと同じ番号の効果を1つ発動させる
        1:このカードをコストとして指定したカードのコストを
          このカードを含めてどれか1枚裏にすることができる
        2:コストとして指定した別のカード1枚を元の場所に元の表示で戻す
          戻せない場合は手札に戻す
          戻したくない場合は戻さなくてもよい
 
 表にしたのはバトルマシンズ カーディン カーモードとバトルマシンズ イースト&ウェスト!
 で、緑の画面で表になったカードは・・・?
 
名前:飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400

名前:獅子チェンジ!!フルメタルリングチェンジ!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前1:爪銃獅子ズ・レオグレイツ
名前2:爪獅子 ランズネイル
名前3:銃獅子 ガンズグローイン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1200
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件のカードのコストとして
        このカードが指定されている状態で、
        このカードか、一緒にコストに指定されたカードを1枚指定する、
        一緒にコストに指定されたカードを指定した場合は表にしなくてもよい
         1:カテゴリ:フルメタルレオを持つモンスターの召喚コスト
         2:カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
           モンスターの召喚コスト
コスト軽減効果:以下のどちらかの効果を指定して、
        軽減条件で指定したカードに発動させる
        一番下の効果はどちらを選んでも条件に合った場合発動する
        ・軽減条件で指定したカードを裏にすることができる、
        ・軽減条件で指定した、このカード以外のカードを表にせずに
         コストを支払ったものとしてみなす
        軽減条件の2でこの効果を発動した場合、
        指定したカードはこのターン、全ての効果の発動及び
        召喚・装備・設置・手札に戻す等、
        表にした時の効果も発動できなくなる
 
 飛刃獅子 ザッシュトルネードレオに獅子チェンジ!!フルメタルリングチェンジ!!、そして、爪銃獅子ズ・レオグレイツ、
 ふむ、向こうの方が発動出来るカードが二枚あるけど・・・
 チラリとレオン君の方を見るが、レオン君はレオリングのそばで僕達の方を睨むのみ
 ・・・動き無しか・・・
 
レオン
モンスターゾーン
功拳柔獅子 サンセツコンレオ M コスト:3 パワー:2300
戦狂叫獅子 ファイバーシャウトレオ M コスト:3 パワー:1900
チャージゾーン
裏:4表:3

鋼野 双歩
モンスターゾーン
バトルマシンズ ワイルドハンド M コスト:1 パワー:900
バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2 パワー:1400
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
チャージゾーン
裏:4表:2

功拳柔獅子 サンセツコンレオ M コスト:3 パワー:2300

FIGHT!!

バトルマシンズ ワイルドハンド M コスト:1 パワー:900
  
 ワイルドハンドがその拳を握り、レオリングに向かって飛んで行く!!
 いや、でも、このワイルドハンドとサンセツの1400のパワー差、これは・・・どうにもなんないな~
 そりゃ、カード全部発動出来りゃどうにかなるのかもしれないけど、それだとすぐにやり返される気がする、やっぱり、次の戦闘に賭けよう、
 対するレオリングもワイルドハンドに向かい、そのセツコンヌンチャクを首を上に降って上げ、すぐさま首を下に振り下ろす!
 ワイルドハンドにセツコンヌンチャクが上から直撃する!!
 ガッ!!
 だが、ワイルドハンドは負けじと一旦引き、再度レオリングに向かって行く!
 この状況、カーディンはレオン君と睨み合って動けないし、
 キューブは鉄骨の山に吹っ飛んで埋まったまま、よく見ると近い位置にビックハンドも埋まっている、さっき吹っ飛ばされた時に突っ込んだのか・・・
 なら、もう、ワイルドハンドに頑張ってもらうしか・・・
 ワイルドハンドは負けじと、もう一度、レオリングに向かって行く!!
 そして、レオリングはもう一度、首を振り上げた後、思い切り首を下に降ってセツコンヌンチャクをワイルドハンドに当てて行く!!
 ガッ!!
 だが、今度はワイルドハンドはとっさに手を広げ、セツコンヌンチャクの反対側を掴んだ!!
 そのままセツコンヌンチャクをレオリングとワイルドハンドが引きあう!!
 ぐっ!加勢したいけど、出来ない!!
 と、レオリングがセツコンヌンチャクを離した!!思わずセツコンヌンチャクを引くワイルドハンド!!
 次の瞬間、レオリングがワイルドハンドに向かって跳ぶ、
 そして、その左前足を振りおろし、ワイルドハンドを叩き落とした!!
 ドグシャア!!
 地面に落ち潰れるワイルドハンド!!
 そのままレオリングは近くに転がったセツコンヌンチャクをもう一度咥え、
 首を上に上げて振り上げ、思い切り首を下に下げてワイルドハンドに叩きつけた!!
 ワイルドハンドはそのまま爆発!消滅する!!
 
功拳柔獅子 サンセツコンレオ M コスト:3
パワー:2300 パワー合計:2300

FINISH!!

バトルマシンズ ワイルドハンド M コスト:1
パワー:900 パワー合計:900TRASH!!

名前:功拳柔獅子 サンセツコンレオ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2300
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:この戦闘でがこのモンスターが
        相手モンスターに勝利した時
        ・自分のチャージゾーンにある、
         カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
         召喚条件の無いコスト2以下の
         モンスターカード1枚を指定できた時
効果:このターン、次の戦闘以降、このモンスター以外の
   カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
   自分のモンスターがこの戦闘で敗北、または引き分けた時
   即座にこの戦闘に参加したモンスターをトラッシュに送り、
   以下のいずれかの効果を選んで発動する
   尚、この効果はこのモンスターがモンスターゾーンにいて、
   指定したカードがチャージゾーンに居ないと発動しない
   1:このモンスターをこの戦闘が行われた場所に移動させる
     ・この効果で移動したモンスターのこのパワーは
      このターンと次のターン500下がる
     ・その後、自分の場所に戦闘を行えるカードの無い場所が存在した時
      指定したモンスターをコストを支払わず
      自分の戦闘を行えるカードの無い場所に召喚する
     ・召喚した場所に召喚したモンスターよりパワーの低い
      モンスターがいた場合、そのモンスターをチャージゾーンに裏側で送り、
      その場所での戦闘をスキップする
   2:指定したモンスターをこの戦闘が行われた場所に
     コストを支払わずに召喚する
     ・この効果で召喚したモンスターのパワーは
      このターンと次のターン500下がる
     ・その後、自分の場所に戦闘を行えるカードの無い場所が存在した時
      このモンスターをその場所に移動させる
     ・移動した場所にこのモンスターよりパワーの低い
      モンスターがいた場合、そのモンスターをチャージゾーンに裏側で送り、
      その場所での戦闘をスキップする

戦狂叫獅子 ファイバーシャウトレオ M コスト:3 パワー:1900

FIGHT!!

バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2 パワー:1400
 
 「ワイルドハンドーッ!!」
 「ワイルドハンドーッ!!」
 僕とカーディンは同時に叫んでいた、ううむ、僕が出した結論とはいえかなり心苦しい、
 いや、そんなことを考えてる暇があったら、今ここで勝つ方法を考えよう!!
 さて、2番戦闘、キューブとイバーシャのパワー差は500、このパワー差なら、今あっちは発動できるカードが無いことを勘案に入れて、よし!!
 右手でチャージゾーンのカードを二枚表に!!
 「僕はバトルマシンズフルブーストの効果を発動!!マシングラシスオードをコストに、バトルマシンズ スケルトンキューブのパワーを1200上げる!!」
 
名前:バトルマシンズフルブースト
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで700上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで500上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる

名前:マシングラシスオード
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘後
 
 ドカァッ!!
 突如、向こうの鉄骨の山の方から大きな音が響く!
 そこには鉄骨の山を右拳でふっとばし立ち上がるキューブの姿が!!
 キューブはそのままレオリングに向かって走っていく!
 対するレオリングはその右肩に付くイバーシャの拳を振り上げて大きく吠える!!
 
名前:戦狂叫獅子 ファイバーシャウトレオ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:1900
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
        ・自分のチャージゾーンにある、表側表示の
         コスト2以下のモンスターカード1枚を指定できた時
        ・このモンスターを召喚した次のターン以降、
         このモンスターより次の戦闘に参加する
         相手モンスターのパワーが高かった時
         の条件を追加する
効果:次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを
   指定したモンスターカードのパワー分上げる
   ・自分のモンスターゾーンにいる、このモンスター以外の
    カテゴリ:フルメタルレオを持つモンスターのパワーを
    (((指定したモンスタのパワー)-1000)
      (0より下になるなら0にする))分上げる
 
 おっと、キューブのパワーが上がったことで発動条件が満ちたか、でも、そうはさせないよ!
 右手を振り上げ宣言する!!
 「僕はバトルマシンズブーストの効果を発動!!戦狂叫獅子 ファイバーシャウトレオの効果を相殺する!!」
 
名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで300上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで300上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
 
 と、いきなりキューブが加速し跳び込む!!
 そして、吠えている最中のレオリングの頭を両手で掴み、その頭でヘッドバットを喰らわせた!!
 
戦狂叫獅子 ファイバーシャウトレオ

相殺

バトルマシンズブースト
 
 さらに、キューブが右拳を上げ殴り掛かり、拳を突き出す!
 ゴン!!
 ものの見事にレオリングに一発喰らわせた!!
 だが、その直後、レオリングがイバーシャの拳を突出し、キューブをぶっとばす!
 しかし、キューブは吹き飛ばされながらも地面に着地、
 と、またもレオリングが大口を開け吠える!!
 
名前:獅子アタック!!パワーエネミーアタック!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが、
        次の戦闘に参加する自分のモンスターのパワーよりも上だった時
効果:次の戦闘が行われるまで
   次の戦闘に参加する自分のモンスターのパワーを800上げる
   ・次の戦闘に参加する自分のモンスターが
    カテゴリ:フルメタルレオを持っていた時、
    このカードは発動後もトラッシュに送られず、
    チャージゾーンに表側表示で残る
 
 させないよ!
 右手を前に出し、宣言!!
 「僕はバトルマシンズ スケルトンキューブの効果を発動!獅子アタック!!パワーエネミーアタック!!の効果を相殺する!!」
 
名前:バトルマシンズ スケルトンキューブ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターと
        相手のモンスターが参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーを1000下げ、
   ・次の戦闘に参加する相手のモンスターの装備しているイクイップを
    相手のチャージゾーンに表側表示で送る
 
 レオリングが吠える直前、キューブが一足とびに飛びかかり!真下に入り込み箱形態に変形!!
 人型に変形しつつ右拳を突き上げ、レオリングを上に吹っ飛ばした!!
  
獅子アタック!!パワーエネミーアタック!!

相殺

バトルマシンズ スケルトンキューブ
 
 だが、レオリングは上に吹っ飛びつつも下を向き、上の方からキューブを狙い、セツコンヌンチャクを振り下ろす!
 対するキューブはこのセツコンヌンチャクを右に避け、そのままレオリングを右足で蹴っていく!!
 レオリングはこの蹴りをイバーシャの拳を広げて伸ばして地面に付け、左の方に跳ぶことで避ける、
 しかし、キューブはあきらめず、レオリングの方に向かって走る!
 一方のレオリングも着地後、キューブの方を向き走り出す!
 互いに走り込み、キューブが右足を振り上げた!同時に、レオリングがイバーシャの拳を突き出す!!
 レオリングの顎にキューブの右足が、キューブの右頬にレオリングのイバーシャの拳がヒットする!
 が、レオリングは何事もなかったようにキューブに襲い掛かっていく!!
 対して、キューブの方はイバーシャの拳にひるみ、吹っ飛び倒れる!!
 ここにきて、キューブはその腰をレオリングの両前足に押さえつけられた!
 そのまま口のセツコンヌンチャクを振り下ろそうと頭を上げるレオリング!!
 そして、セツコンヌンチャクを振り下ろす!!
 その瞬間、キューブは思い切り頭を上げ、頭を降ろしてきていたレオリングの顎にぶつけていた!!
 連続して顎に二度の一撃、これにはさすがのレオリングもひるむ!!
 その間にキューブは両足を上に勢いよく回しレオリングを蹴って腰をレオリングの両前足から外し、レオリングの左に脱出しようとする!!
 と同時に、イバーシャの拳が開いてキューブに向かって伸びてきた!!
 慌てて箱形態になるキューブ!!箱になったキューブをわし掴むイバーシャの拳
 ビヨヨ~ン!!
 キューブが弾けるように伸びて、掴んでいたイバーシャの拳を吹っ飛ばした!!
 これにはレオリングも思わず目を見開き驚く!!
 そして、ついでとばかりにイバーシャの拳奥を両手で握って手首の部分から引っこ抜き、
 地面に叩きつけて何度も右足で踏んづけた!!
 ふんづけられたイバーシャの拳は爆発!消滅する!!
 
戦狂叫獅子 ファイバーシャウトレオ M コスト:3
パワー:1900 パワー合計:1900 TRASH!!

FINISH!!

バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2
パワー:1400+1200 パワー合計:2600
 
 「グルォオオオ!!」
 突如、レオリングが吠えた瞬間、上空から何か飛んでくるものが!
 あれは、濃青の獅子の顔が中央について、まるで獅子の四肢が周りに広がって手裏剣のようになっている・・・
 間違いない、飛刃獅子 ザッシュトルネードレオだ!
 そうか、さっき、ワイルドハンドを倒すと同時に発動していた功拳柔獅子 サンセツコンレオの効果か!!
 ザッシュの手裏剣はレオリングの方に飛んできたと思ったら、レオリングが顔を下に下げた後顔を上に上げセツコンのヌンチャクを上に上げる、
 すると、なんと、セツコンのヌンチャクの端とザッシュの手裏剣の端足裏同士の足裏同士がぶつかって一体となったではないか!!
 
功拳柔獅子 サンセツコンレオ M コスト:3 パワー:2300

SKIP

無し
 
 レオリングがセツコンザッシュのヌン手裏を引きずりつつ、向こうの方に走り出す!
 レオリングが走り出した先には・・・ようやく鉄骨の山から脱出したビックハンドが!!
 レオリングはビックハンドのそばに走り込みつつ左に方向転換して首を右に振りセツコンザッシュのヌン手裏をビックハンドにぶつけようとする!!
 ビックハンドはこれを何とか体の姿勢を下げて避け、セツコンザッシュのヌン手裏が自身の上を通り過ぎた後、姿勢を上げ、空に飛ぶ!!
 そのまま上空からレオリングの様子を見るビックハンド、
 一方のレオリングは、今度はキューブの方に向かっていった!
 対するキューブもレオリングの方に向かって行く!
 キューブがレオリングの方に右拳を振り上げ突出し、
 同時に、レオリングの後ろの方からビックハンドが飛んで来た!!
 この状況、どっちか一方でも受ける状況のはずっ!
 が、レオリングは四肢で小回りを利かせて左に270度回転!!
 体の回転を利用してまずはキューブを、続けてビックハンドを吹っ飛ばした!!
 だが、この程度では二体ともあきらめない!!
 それぞれ姿勢を、キューブは地に足を着け、ビックハンドは空中で、互いに立て直し、再びレオリングの方に向かって行く!
 が、レオリングはさっきと同じように回り続けたまま、一体・・・
 と思った次の瞬間、回っていたレオリングの周りに電磁竜巻が発生!
 その竜巻に、キューブとビックハンドが動きを止めた!!
 すると次の瞬間、レオリングが口を離し、セツコンザッシュのヌン手裏を放り投げる!
 放り投げられたセツコンザッシュのヌン手裏は地上に突き刺さり、
 電磁竜巻の中心点となり、電磁竜巻を発生させ続ける!
 
功拳柔獅子 サンセツコンレオ M コスト:3 パワー:2300 SKIP

FINISH!!

無し
 
 え~っとぉ~この状況、どうしたらいい?
 向こうのレオリングは電磁竜巻の中からこっちを虎視眈々と狙ってるし、
 こっちはこっちでカーディンがレオン君との睨み合いの真っ最中だ、
 とにもかくにも、やるしかないか!!
 
レオン
デッキ:21枚 手札:1枚 ライフカード:1枚
チャージゾーン:6枚 トラッシュ:8枚
モンスターゾーン
無し
飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ M コスト:2 パワー:1400
功拳柔獅子 サンセツコンレオ M コスト:3 パワー:2300

VS

双歩
デッキ:33枚 手札:3枚 ライフカード:0枚
チャージゾーン:7枚 トラッシュ:8枚
モンスターゾーン
無し
バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2 パワー:1400
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカードフュージョン 5話/16 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!16

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 このままだと、3番戦闘で負ける、何とか、あのカードさえ引ければ・・・
 焦る気持ちを抑え、まずは、チャージゾーンの表側表示のカードを裏に返し、
 「リチャージ!」
 レオン君が右足を前に出し、地面を踏みしめる
 ザッ
 対するカーディンは動じない、
 レオリングは電磁竜巻の奥で今だに様子をうかがっている、
 よし、今のうちに!
 右手で山札の一番上のカードを引き、
 「ドロー!」
 レオン君がその場で左足と両手に力を込めて構え再びカーディンと睨み合う、
 僕が今引いたカードは・・・来た!このカードなら・・・!!
 今引いたばかりで右手に持つカードをチャージゾーンに裏側で置き、
 さらに、左手の手札から、一枚のカードを引いて1番に裏側で置いて、
 「セット!」
 カーディンとレオン君がいまだににらみ合っている、
 よし、今のうちに!!
 1番に裏側で置いたカードを表に!!
 「オープン!!」
 「行くぞ!レオッ!!」
 「グルォオオオオオ!!」
 
名前:バトルマシンズ バトルポリストレーラー
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2600
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このモンスター以外の
        自分のモンスターゾーンのモンスター1体を指定出来た時
効果:このモンスターを手札に戻す
   さらに、以下の効果の内1つを選択し、発動しなければならない
   ・指定したモンスターを手札に戻す
   ・指定したモンスターが
    カテゴリ、名前に「機」「マシン」の
    いずれかの言葉を持っている時
    指定したモンスターをチャージゾーンに裏側表示で置く
   ・指定したモンスターが
    カテゴリ:バトルマシンズだった時、
    指定したモンスターはこのターン、
    戦闘での敗北、引き分けでトラッシュには送られない
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:トレーラー
テキスト:何かが走ってきた!!あれは、巨大なトレーラー!?

名前:レオリング・メタル
種類:M モンスター
コスト:4 パワー:4000
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:この戦闘で相手のモンスターに勝利した時
        ・自分と相手がそれぞれ手札を1枚以上持っていた時
効果:この戦闘後の後、セットとオープンを入れる
   この時、セットに使われるカードは1枚のみでモンスターゾーンのみに置く、
   互いの手札のいずれかが0枚になるとおこなわれなくなる
   セットとオープンが行われた後は通常通り、
   次の戦闘の戦闘前かターン終了を行う
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:獅子
テキスト:獅子は、時に誰かと共に、誰かにおびいて戦う、
     獅子として、ただただ誇り高く
 
 突然、トレーラーが右の鉄骨の山を乗り越え、走ってきた!
 前部が上が白下が黒に塗り分けられていて、上の方にパトライトが付いており、上中部にある窓は上下に狭く正面と左右中ばまでカバーし、全高は低い、
 さらに、その前部がけん引する後部は、前の方が左右上下に少し細くて白く、後ろの方は真四角で黒い荷台となっている!!
 「グルォオオオ!!」
 な、レオリングの咆哮!?
 思わずレオリングの方を見ると、レオリングの前の電磁竜巻が広がってきてる!?
 「双歩!?」
 カーディンが思わず僕を右手で上から囲い、左手で近くの鉄骨を持つ!
 電磁竜巻がまわりに広がり、僕とカーディンを吹き飛ばそうとしてくる!!
 僕は思わずカーディンの人差し指に抱き着く、
 ビュゴォオオオオ!!バチバチバチバチバチ!!
 強い風が僕を電気と共に襲い、痺れさせつつ吹き飛ばそうとしてきた!!
 僕はどうにか大丈夫だし、カーディンも大丈夫そうだけど・・・
 あ!カーディンの指の隙間の向こうで、キューブとバトルポリストレーラー、トレーラーと、ビックハンドが回転しながら上に吹き飛んでる!!
 そして、キューブとトレーラーとビックハンドが竜巻の一番上あたりまで行くと、
 「グルォォォオオオ!!」
 突如、レオリングが跳躍!その右前足の爪で電磁竜巻の上から下まで三体を巻き込みながら一気に叩き斬り、電磁竜巻を消し去った!!
 と同時に、キューブとトレーラーとビックハンドはレオリングの爪攻撃を喰らいつつ回転しながら上昇する力を失い、弾かれたコマのように回転したまま一気に地上に落ちていく!!
 ええい!一体だけでも!!
 右手でトレーラーのコストとしてチャージゾーンのカード三枚を表に!!
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このモンスターが戦闘で敗北するか引き分けた時
        自分のモンスターゾーンに
        カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスター存在している時
効果:このカードをこの戦闘でトラッシュに送らなくてよい
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:車
テキスト:走り込む、機心の力!!

名前:ビクトリーカーディン
種類:FM フュージョン
コスト:2 パワー:4000
召喚・効果コスト:名前に「カーディン」
         という言葉の入った、モンスターかプログレ
         名前に「バトルマシンズ バトルポリストレーラー」
         という言葉の入った、モンスター
         それぞれ1枚ずつ
チャージゾーン・手札コスト条件:自分のライフカードが0枚の時
召喚効果・合体適応!!
   発動条件:このフュージョンを召喚した時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
  このフュージョンがこの場所から移動しない限り、
  自分の、このカード以外のすべてのカードに書かれた、カードの種類以外の、
  モンスター・プログレス・フュージョンそれぞれの表記を、
  3つ全て扱うように追記、変更する
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このフュージョンが戦闘で
        相手のモンスター・プログレス・フュージョン
        に勝利した時
        相手のライフカードが0枚だった時
効果:このカードバトルに勝利する
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:勝利
テキスト:鋼の肉体に勝利への意志!!電気の心は勝利を渇望する!!

名前:バトルマシンズ ビックハンド
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:900
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        ・次の戦闘に参加する相手のモンスターが効果を持っていて、
         かつ、発動条件を満たしていない以外の理由で
         効果を発動できない状態でない時で
         このターン、効果を発動していない時
効果:次の戦闘に参加する相手のモンスターは
   このターン、効果を発動できなくなる、
   ・次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを500上げる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:機手
テキスト:巨大な右手が、相手を握りつぶす!!
 
 表にしたのはバトルマシンズ カーディン カーモード、バトルマシンズ ビックハンド、そして・・・
 緑の画面で表になっているカードは!?
 
名前1:爪銃獅子ズ・レオグレイツ
名前2:爪獅子 ランズネイル
名前3:銃獅子 ガンズグローイン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1200
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件のカードのコストとして
        このカードが指定されている状態で、
        このカードか、一緒にコストに指定されたカードを1枚指定する、
        一緒にコストに指定されたカードを指定した場合は表にしなくてもよい
         1:カテゴリ:フルメタルレオを持つモンスターの召喚コスト
         2:カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
           モンスターの召喚コスト
コスト軽減効果:以下のどちらかの効果を指定して、
        軽減条件で指定したカードに発動させる
        一番下の効果はどちらを選んでも条件に合った場合発動する
        ・軽減条件で指定したカードを裏にすることができる、
        ・軽減条件で指定した、このカード以外のカードを表にせずに
         コストを支払ったものとしてみなす
        軽減条件の2でこの効果を発動した場合、
        指定したカードはこのターン、全ての効果の発動及び
        召喚・装備・設置・手札に戻す等、
        表にした時の効果も発動できなくなる

名前:獅子カノン!!パワーキャノンボール!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:獅子チェンジ!!フルメタルリングチェンジ!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:獅子ダウナー!!パワーエネミーダウナー!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 獅子カノン!!パワーキャノンボール!!、獅子チェンジ!!フルメタルリングチェンジ!!、獅子ダウナー!!パワーエネミーダウナー!!、爪銃獅子ズ・レオグレイツ!!
 さらに、爪銃獅子ズ・レオグレイツのコスト軽減効果で獅子ダウナー!!パワーエネミーダウナー!!が裏に返ったな!
 だが、向こうは発動できるカードは無し!
 あっちのモンスターゾーン全部埋まってるから追加で召喚できないしね!!
 よし!それなら順番に行くぞ!!
 まずはこれ!!
 「僕はバトルマシンズ カーディン カーモードを3番に召喚!コストにはバトルマシンズ イースト&ウェストを指定!バトルマシンズ バトルポリストレーラーのコストとしてこのターン、チャージゾーンに置いたビクトリーカーディンを1番に召喚する!!」
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このモンスターが戦闘で敗北するか引き分けた時
        自分のモンスターゾーンに
        カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスター存在している時
効果:このカードをこの戦闘でトラッシュに送らなくてよい
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:車
テキスト:走り込む、機心の力!!
 
名前1:バトルマシンズ イースト&ウェスト
名前2:イーストオーファイブ
名前3:ウェストオーセブン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1400
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件を満たした時
        1:カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターカードが、
          このカードをコストとして指定した時、
        2:このカードのコストとして指定したのが
          このカードの名前またはカテゴリを召喚のコストとして指定する
          フュージョンだった時
コスト軽減効果:条件を満たしたものと同じ番号の効果を1つ発動させる
        1:このカードをコストとして指定したカードのコストを
          このカードを含めてどれか1枚裏にすることができる
        2:コストとして指定した別のカード1枚を元の場所に元の表示で戻す
          戻せない場合は手札に戻す
          戻したくない場合は戻さなくてもよい
効果の発動タイミング:無し 効果の発動条件:無し 効果:無し
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:新幹線 カテゴリ3:新幹線
テキスト:ヒャッハー!!撃ち抜けぇ!!
     2体が組めば、銃の扱いには敵はなし!!
 
名前:ビクトリーカーディン
種類:FM フュージョン
コスト:2 パワー:4000
召喚・効果コスト:名前に「カーディン」
         という言葉の入った、モンスターかプログレ
         名前に「バトルマシンズ バトルポリストレーラー」
         という言葉の入った、モンスター
         それぞれ1枚ずつ
チャージゾーン・手札コスト条件:自分のライフカードが0枚の時
召喚効果・合体適応!!
   発動条件:このフュージョンを召喚した時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
  このフュージョンがこの場所から移動しない限り、
  自分の、このカード以外のすべてのカードに書かれた、カードの種類以外の、
  モンスター・プログレス・フュージョンそれぞれの表記を、
  3つ全て扱うように追記、変更する
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このフュージョンが戦闘で
        相手のモンスター・プログレス・フュージョン
        に勝利した時
        相手のライフカードが0枚だった時
効果:このカードバトルに勝利する
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:勝利
テキスト:鋼の肉体に勝利への意志!!電気の心は勝利を渇望する!!
 
 「行くぞ、バトルポリストレーラー!フュージョン合体だ!!」
 宙をおちるバトルポリストレーラーの窓が一瞬光り、
 トレーラーの前部が上に回転、同時に、反対側の後部が下を向く、
 すると、トレーラーの後部が左右に割れ、後部端両上から黄色いつま先が上の方に曲げていたのを下に降ろすように飛びだす!
 続けて、上部分のトレーラー前部の後ろ下部分が、腕を横に伸ばすように後ろに飛び出、トレーラーの前部が左右に割れて開いたトレーラー前部から白く四角い何かが飛び出すと、トレーラーの前の部分左右が横の方に移動、飛び出たトレーラー前部の後ろ下部分を下に出すように回転して、
 下に出たトレーラー前部の後ろ下部分がタイヤのある方を外側に回すように回転、さらに、トレーラー前部の後ろ下部分の下端からに両の拳がそれぞれ飛び出し
 トレーラー前部の前の方が肩になり、トレーラー前部の後ろの方が両腕となった!!
 「とぅ!!」
 そこにカーディンがトレーラーに向かい跳躍する!!
 カーディンは頭を胸のパトランプ部分ごと下前に回転させて飛びださせ、
 頭とパトランプ部分以外の部分が車形態に戻りつつ、その車部分がタイヤを内側に移動させるように二つ折りに変形!
 頭がパトランプ部分ごと180度回転して、車前部の方が前になりつつ変形したトレーラーの胸部に入る!!
 と、パトランプ部分の下から黄色い翼のパーツが出てきてパトランプの下に収まって、
 頭と共にパトランプ部分が下に押し下がり、パトランプ部分が胸部に入った!
 さらに、パトランプの下から元はX型だったパトランプの下二つが出てきて、その下二つが上に上がり、上下にVが重なったVVの形となる!!
 すると、上の方からトレーラー前部から飛び出してきたパーツが降ってきて、カーディンの頭に覆いかぶさり、頭部にかぶる兜と化す!
 その降ってきた兜は白く、無骨なかどの目立つ金属兜で、頭の上と左右に四角いダクトが付いていて、
 額に羽とパトランプを模した金のエンブレムが付いている!!
 そして、その合体したカーディンとトレーラーが吹っ飛んでる中で一番最初に地面に着地する!!
 ズッシィイイイイン!!
 思い切り合体したカーディンとトレーラーが着地して地上から砂ぼこりが上がった!!
 と、カーディンが思い切り目光らせて、頭のパトランプを光らせ鳴らしつつ、
 両腕を上げて、そのまま左拳を下げながら右拳を前に突き出して構え、
 「ビィクトリーィイイイカァーディィイイイイン!!」
 大声で、叫んだ!!
 「続けて、バトルマシンズ カーディン カーモードのコストとして、バトルマシンズ イースト&ウェストを指定し3番に召喚!!」
 
名前1:バトルマシンズ イースト&ウェスト
名前2:イーストオーファイブ
名前3:ウェストオーセブン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1400
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件を満たした時
        1:カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターカードが、
          このカードをコストとして指定した時、
        2:このカードのコストとして指定したのが
          このカードの名前またはカテゴリを召喚のコストとして指定する
          フュージョンだった時
コスト軽減効果:条件を満たしたものと同じ番号の効果を1つ発動させる
        1:このカードをコストとして指定したカードのコストを
          このカードを含めてどれか1枚裏にすることができる
        2:コストとして指定した別のカード1枚を元の場所に元の表示で戻す
          戻せない場合は手札に戻す
          戻したくない場合は戻さなくてもよい
効果の発動タイミング:無し 効果の発動条件:無し 効果:無し
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:新幹線 カテゴリ3:新幹線
テキスト:ヒャッハー!!撃ち抜けぇ!!
     2体が組めば、銃の扱いには敵はなし!!
 
 今度は左の方から薄銀の新幹線が右の方から上が緑下が白で間に赤いラインの入った新幹線が互いに左右それぞれの鉄骨の山を走り込んでジャンプ台にして跳び乗り越える!!
 さらに、空中でその二体の新幹線はそれぞれ全部すぐ後ろから後部を下に回し、前部が胸部の部分となり、
 下に回った新幹線後部が左右に分かれて、端の下の方から曲げていたつま先を伸ばすように黒いつま先が出てきて、後部全体が両足となり、
 胸部となった前部のすぐ後ろの中部前、そのそれぞれ右、左の部分がそれぞれ外側に飛び出して右、左の腕となり、
 対してそれぞれ飛び出した方の反対側の方がこちらは装甲ごと飛びだし、装甲を一枚のプレートとしてそれぞれの肩に張り付きつつ、左、右腕となり、
 続けて、胸部の上から伏せていた頭部を上に上げるように上げる、それは、それぞれ白い鋼の顔に銀の両機瞳と緑の両機瞳を持って、銀に、上が緑下が白で間に赤いラインが入った、鋭角的なヘルメットをかぶる頭部、
 さらに、今度は、互いに左、右の足の中部が飛び出して飛び出した足の中から、
 スナイパーライフルとマシンガンが出現して上に飛んで、
 互いに左手と右手にそれぞれ持ち、銃の収納部分をその手で押して閉じた!!
 それは、二体ともが全体的に白いカラーリングで、新幹線の部分が緑と赤と白色のイーストオーファイブ、イーストと、新幹線の部分が銀色のウェストオーセブン、ウェスト!
 と、イーストが上から降ってきたキューブを両手で受け止め、
 対して、ウェストが上から降ってきたビックハンドを両手で受け止め、
 それぞれ地上に着地した!!
 よし!続けて行くぞ!!
 僕は右手でチャージゾーンのカード三枚とモンスターゾーンのカード一枚を山札奥のトラッシュに送り、
 さらに、チャージゾーンのカード三枚を右手で表にして一枚を1番に、もう一枚を3番に移動させ、右手を前に出し、宣言!!
 「今度は、僕はバトルマシンズ イースト&ウェストのコストにマシングラシスオードとツインオーバレットビクトリーカーディンを指定!さらに、マシングラシスオードにバトルマシンズ イースト&ウェストのコスト軽減効果を適応しつつ、ツインオーバレットビクトリーカーディンを一番に召喚し、最後に、空いた3番にバトルマシンズ バトルポリストレーラーのコストとしたバトルマシンズ ビックハンドを召喚!バトルマシンズ ビックハンドのコストにはバトルマシンズフルブーストを指定!!合体だ!ツインオーバレットビクトリーカーディン!!」
 
名前1:バトルマシンズ イースト&ウェスト
名前2:イーストオーファイブ
名前3:ウェストオーセブン
種類:TM ツインズ
コスト:1×2 パワー:1400
コスト軽減条件:以下のいずれかの条件を満たした時
        1:カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターカードが、
          このカードをコストとして指定した時、
        2:このカードのコストとして指定したのが
          このカードの名前またはカテゴリを召喚のコストとして指定する
          フュージョンだった時
コスト軽減効果:条件を満たしたものと同じ番号の効果を1つ発動させる
        1:このカードをコストとして指定したカードのコストを
          このカードを含めてどれか1枚裏にすることができる
        2:コストとして指定した別のカード1枚を元の場所に元の表示で戻す
          戻せない場合は手札に戻す
          戻したくない場合は戻さなくてもよい

名前:ツインオーバレットビクトリーカーディン
種類:FM フュージョン
コスト:2 パワー:4000
召喚・効果コスト:「ビクトリーカーディン」という名前のフュージョン
         ・「イーストオーファイブ」「ウェストオーセブン」
          という言葉がそれぞれ別の名前に入ったツインズ
          もしくは、それらの言葉が名前に入ったモンスター・ツインズを
          コストに指定したフュージョン
チャージゾーン・手札コスト条件:自分のライフカードが0枚の時
召喚効果・ブレイジングマシンガン&バーストライフル!!
   発動条件:このフュージョンを召喚した時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
  このフュージョンがこの場所から移動しない限り、
  自分の、このカード以外のすべてのカードに書かれた、カードの種類以外の、
  モンスター・プログレス・フュージョンそれぞれの表記を、
  3つ全て扱うように追記、変更する
  ・このターン、召喚されている、これから召喚される、相手の
   相手のモンスター・プログレスのパワーをこのターンのみ1000下げる
  ・このターン、召喚されている、これから召喚される、
   相手のツインズ・フュージョンのパワーを以下の分下げる
   ((ツインズはそれぞれの左から2番目のコスト、
     フュージョンはコスト分)×1000)
  ・他のカードのパワー影響後、パワーが0以下の相手の
   モンスター・ツインズ・プログレス・フュージョンをトラッシュに送る
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このフュージョンが戦闘で
        相手のモンスター・ツインズ・プログレス・フュージョン
        に勝利した時
        相手のライフカードが0枚だった時
効果:このカードバトルに勝利する
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:勝利
テキスト:ここで、終わりだぁ!!
     マシンガンとライフルが火を噴く!!
     後に残り、立つのはただ、我らのみ!!

名前:マシングラシスオード
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘後

名前:バトルマシンズ ビックハンド
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:900
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        ・次の戦闘に参加する相手のモンスターが効果を持っていて、
         かつ、発動条件を満たしていない以外の理由で
         効果を発動できない状態でない時で
         このターン、効果を発動していない時
効果:次の戦闘に参加する相手のモンスターは
   このターン、効果を発動できなくなる、
   ・次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを500上げる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:機手
テキスト:巨大な右手が、相手を握りつぶす!!

名前:バトルマシンズフルブースト
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 よおし!これでいいはず、ちゃんと召喚できたか・・・?
 すると、キューブがピョンとイーストの両手から降りて、
 ビックハンドがドォオとウェストの両手から宙に飛ぶ!
 さらに、イーストとウェストがそれぞれの銃を上に投げつつ自身達も上に跳躍!
 そして、胸部とそれぞれの右左の肩のプレート以外の部分が新幹線に戻り、
 それぞれの後部の一番後ろからそれそれ拳が飛び出し、続けて、それぞれの肩のプレートが反転、
 プレートの上の方が重ねあわせたカードの上の方のみを翼を外側に広げるように回転させるようにプレートを回転させると
 ビクトリーカーディンの両腕が分離、それぞれ反対側の腰の方に外側を前に出すように移動して腰アーマーのように付き、
 代わりに両腕にイーストとウェストが背中の方から合体!合体したそれぞれの手に上から落ちてきたライフルとマシンガンを取った!!
 やった!召喚及び合体、成功だ!!
 さらに、合体したビクトリーカーディンの胸のパトライトが光った瞬間、
 それぞれ両手の銃を正面に構え、いきなりライフルとマシンガンを乱射する!!
 ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ!!
 ダン、ダン、ダン、ダン、ダン、ダン、ダン!!
 その銃弾の嵐に、
 「グルォオオ!!」
 レオリングが銃弾に当たりまくる!!
 ガンガンガンガンガンガンガン!!
 さすがにここまで銃弾が当たり、レオリングがひるみ、下がる!!
 だが、まだ銃弾の乱射は続く!!
 今度は銃撃は地面に刺さったままのザッシュとセツコンに向かって行く!!
 ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ!!
 ダン、ダン、ダン、ダン、ダン、ダン、ダン!!
 ガンガンガンガンガンガンガン!!
 その銃弾を受け、ザッシュは穴だらけになって爆発!!完全に消滅し、
 セツコンもボロボロになった!!
 これが、ツインオーバレットビクトリーカーディンの召喚効果・ブレイジングマシンガン&バーストライフル!!
 ザッシュのようにパワーを下げてまでセツコンの能力を使ってまで数を揃えても無意味だっ!
 
レオン
モンスターゾーン
レオリング・メタル M コスト:4 パワー:4000-1000
無し
功拳柔獅子 サンセツコンレオ M コスト:3 パワー:2300-1000
チャージゾーン
裏:4表:3

鋼野 双歩
モンスターゾーン
ツインオーバレットビクトリーカーディン FM コスト:2 パワー:4000
バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2 パワー:1400
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
チャージゾーン
裏:2表:1

レオリング・メタル M コスト:4 パワー:4000

FIGHT!!

ツインオーバレットビクトリーカーディン FM コスト:2 パワー:4000
 
 「グルォォォオオオ!!」
 「よくもやってくれたな!!」
 レオン君とレオリングが一斉にツインオーバレットビクトリーカーディン、TOBVカーディンに向かって行く!
 だが、レオリングはボロボロでうまく動けていない!
 レオリングの穴を埋めるようにレオン君が右足蹴りで跳んでくる!!
 「無駄な事だ」
 TOBVカーディンが無造作に左手のライフルを振ると、レオン君が弾き飛ばされ、地面に落ちる!
 「ま・・・まだだ!!」
 レオン君が立ち上がり、TOBVカーディンの方を向く!
 と、TOBVカーディンが左手のライフルの銃身をレオン君に向ける
 「子供に銃を向けるようで心苦しいが、致し方あるまい」
 そして、右手のライフルの引き金を引く!!
 ダン!!
 が、今度はレオン君が右手を無造作に振った!!
 チュイン!!
 レオン君に向かっていたライフルの弾が、弾き飛ばされた!!
 ・・・二人とも、わけわかんないよもう・・・
 「ならばこれならどうだ!!」
 今度はTOBVカーディンが右手のマシンガンもレオン君に向け、ライフルとマシンガンを乱射する!!
 ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ!!
 ダン、ダン、ダン、ダン、ダン、ダン、ダン!!
 
レオリング・メタル M コスト:4
パワー:4000-1000 パワー合計:3000 TRASH!!

FINISH!!

ツインオーバレットビクトリーカーディン FM コスト:2
パワー:4000 パワー合計:4000
 
 だが、レオン君は銃撃なぞお構いなしに走り出す!
 そこにTOBVカーディンに向かってレオリングが右側から跳びかかってきた!!
 「邪魔だ!!」
 しかし、こともなげに振り回したTOBVカーディンの右手のマシンガンにレオリングは弾き飛ばされる!!
 「レオリング!貴様ぁああ!!」
 それがレオン君の怒りをあおったのか、レオン君がTOBVカーディンに向かって、右拳を振り上げながら跳ぶ!!
 「何の!!」
 それを、TOBVカーディンのライフルとマシンガンの銃弾の嵐が向かいうつ!!
 って、そうだ、やれることやっとこ、まだ向こうのライフカードが一枚あるからTOBVカーディンの効果が発動できないのが残念だけど・・・
 右手でチャージゾーンのカードを二枚表にしてっと、
 「僕はマシングラシスオードの効果を発動、バトルマシンズ ビックハンドのパワーを800上げ、コストに指定したバトルマシンズブーストをこのターン、2回発動できるようにする、っと、これでよし!」
 
名前:マシングラシスオード
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:この戦闘に自分と相手のモンスターが参加し、
        自分のモンスターが勝利していた時
        ・この戦闘の番号より番号の大きい場所にいる
         自分のモンスター1体を指定できた時
効果:指定したモンスターのパワーをこのターン、800上げる
   ・指定したモンスターが
    カテゴリ、名前に「機」「マシン」の
    いずれかの言葉を持っているモンスターだった時、
    以下の効果を1つ選択して使用できる
    ・このターン、指定したモンスターは効果を発動していない扱いとした上、
     効果を2回発動出来る
    ・このターン、このカードのコストとなったカードは、
     コストとなった後、裏側表示に戻り、効果を2回使用できる様になる、
     ただし、発動回数以外のルールは変わらない

名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

レオン

ATTACK!!

バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2 パワー:1400
 
 レオン君がTOBVカーディンの銃弾をもろともせずに跳ぶ!
 だが、TOBVカーディンに近づいたところで、TOBVカーディンがその右手のマシンガンを振るい、レオン君を弾き落とした!!
 「ぐはっ!」
 さすがにレオン君でもきついのか、ボロボロになりながらも立ち上がる、
 って、このあいだキューブとビックハンドは何してんだ?
 見回してみると左の方、キューブはどこかハラハラした感じでTOBVカーディンとレオン君の方を見ている、
 じゃあ、ビックハンドは?
 上の方を見ると、ビックハンドもTOBVカーディンとレオン君の方を見て、どうしたもんかとその手指を波状に動かして見守っている、
 ・・・そういえば、吹っ飛ばされたレオリングはどこ行った・・・?
 さらに見回してみるとなんと、レオリングは鈍った動きながらも、ボロボロになったサンセツのヌンチャクの方に向かって行っていた!
 ええっと、どうすればいいんだろ、
 ・・・いや、情け無用か、
 「キューブ、ビックハンド、ヒマしてるなら、レオリングの対処に向かってくれる?」
 キューブが僕の言葉を聞いたのか、首を縦に振り、
 ビックハンドも手首を縦に振ってレオリングの方に向かう、
 そして、キューブとビックハンドがレオリングの前に回り込み、キューブがその右拳を勢いよく振り上げて突き出しレオリングに叩き込んだ!!
 
レオン ダメージ

FINISH!!

バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2
パワー:1400 パワー合計:1400

功拳柔獅子 サンセツコンレオ M コスト:3 パワー:2300

FIGHT!!

バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
 が、すぐにレオリングの目が光り一気に鉄拳をキューブとビックハンドごと弾きながら走り出し、
 ダッ!
 走りながらボロボロになったサンセツのヌンチャクを口に加えた!!
 さらに、レオリングが踵を返してレオン君の方に走り込む!!
 そこにレオン君に向かいTOBVカーディンがマシンガンとライフルをぶっ放す!!
 ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ!!
 ダン、ダン、ダン、ダン、ダン、ダン、ダン!!
 しかし、駆け付けたレオリングがレオン君を身を挺して守る!!
 カンカンカンカンカンカン!!
 「レオリング!すまない、だが、すぐに行くぞ!!」
 「グルオォオオオ!!」
 レオリングが吠える!!
 
名前:獅子アタック!!パワーエネミーアタック!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが、
        次の戦闘に参加する自分のモンスターのパワーよりも上だった時
効果:次の戦闘が行われるまで
   次の戦闘に参加する自分のモンスターのパワーを800上げる
   ・次の戦闘に参加する自分のモンスターが
    カテゴリ:フルメタルレオを持っていた時、
    このカードは発動後もトラッシュに送られず、
    チャージゾーンに表側表示で残る
 
 画面に獅子アタック!!パワーエネミーアタック!!が映る!おっと、そう来る?
 それなら!右手でチャージゾーンのカードを1枚表に!!
 「僕はバトルマシンズブーストの効果を発動!獅子アタック!!パワーエネミーアタック!!を相殺する!!」
 と、TOBVカーディンがライフルをレオリングに向け、ぶっ放した!!
 ダン!!
 放たれた弾丸が、レオリングの右こめかみに直撃する!!
 「グルォッ!?」
 「黙れ」
 
獅子アタック!!パワーエネミーアタック!!

相殺

バトルマシンズブースト
 
 「レオリングっ!?」
 レオン君があわててレオリングに話しかける中、レオリングは気を取り直したように顔をキッとあげ、真上に跳躍!そのまま首を上に降り、サンセツのヌンチャクを上に振り上げた!!
 
名前:獅子ダウナー!!パワーエネミーダウナー!!
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが、
        次の戦闘に参加する自分のモンスターのパワーよりも上だった時
効果:次の戦闘が行われるまで
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが600下がる
   ・次の戦闘に参加する自分のモンスターが
    カテゴリ:フルメタルレオを持っていた時、
    このカードは発動後もトラッシュに送られず、
    チャージゾーンに表側表示で残る
 
 画面に獅子ダウナー!!パワーエネミーダウナー!!!?甘い!今のバトルマシンズブーストはマシングラシスオードの効果で二回発動が可能になっている!!
 右手でもう一度、バトルマシンズブーストのカードを表にし、右手を前に出しつつ宣言!
 「僕はバトルマシンズブーストの効果を発動!獅子ダウナー!!パワーエネミーダウナー!!を相殺する!!」
 
名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで300上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで300上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる

獅子ダウナー!!パワーエネミーダウナー!!

相殺

バトルマシンズブースト
 
 と、TOBVカーディンが左手のライフルを右手に持ちかえ、左手を握りレオリングに向かってのびやかに振り上げた!
 ドグォ!!
 そのままTOBVカーディンの左拳は吸い込まれるようにレオリングの顎にクリーンヒットする!
 「グルォガ!!」
 レオリングは吹っ飛び、横倒しに倒れ伏す!!
 「レオリングッ!!」
 そこにレオン君が駆け寄った
 「さぁ、これで終わりだ」
 TOBVカーディンがマシンガンを再度右手に持ち、
 左手のライフルと右手のマシンガンをレオリングとレオン君に向ける、
 「このぉおおおお!!」
 レオン君がTOBVカーディンに向かって走り込む!!
 「今度こそ終わりだっ!!」
 TOBVカーディンがライフルとマシンガンのトリガーを引く!!
 さっきまでのレオン君の反応を見る限り、TOBVカーディンのライフルとマシンガンで少しずつダメージが入っているはず、このまま行けば!!
 ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ!!
 ダン、ダン、ダン、ダン、ダン、ダン、ダン!!
 が、そこにレオリングが割り込んだ!
 TOBVカーディンのライフルとマシンガンの銃弾を嵐を、全てレオリングが受ける!!
 「グルォオオオオ!!」
 「レオリングーッ!!」
 そして、レオリングの口からサンセツのヌンチャクが零れ落ち、地面に落ちて爆発!消滅した!!
 
功拳柔獅子 サンセツコンレオ M コスト:3
パワー:2300-1000 パワー合計:1300 

FINISH!!

バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1
パワー:900+800 パワー合計:1700 TRASH!!
 
 レオリングがゆっくりと力なく横に倒れこむ・・・
 ズドォン・・・
 カードバトル、終わってないけど、これで戦いは終わりかな・・・
 「こうなれば・・・あの力を・・・」
 ん、レオン君?
 あれ、レオン君が右手で胸元から取り出したのは、Wカード!?
 ということは・・・終わってなかった!?
 
レオン
デッキ:20枚 手札:1枚 ライフカード:0枚
チャージゾーン:7枚 トラッシュ:12枚
モンスターゾーン
無し

VS

双歩
デッキ:32枚 手札:2枚 ライフカード:0枚
チャージゾーン:3枚 トラッシュ:8枚
モンスターゾーン
ツインオーバレットビクトリーカーディン FM コスト:2 パワー:4000
バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2 パワー:1400
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカードフュージョン 5話/17 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!17

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 レオン君が右手に持つは白と黒で中央にWと大きく書かれたカード、
 間違いない、Wカードだ、嫌な予感がする、
 このままカードバトルは終わらせようかとも思ったけど、そうもいかないか!!
 右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に、
 「リチャージ!」
 「さぁ、甦れ、レオ」
 山札から右手でカードを一枚引いて
 「ドロー!」
 「あらたなる力を見せるいい実験台だ・・・」
 僕が引いたのは、バトルマシンズハイパーフルブースト!!
 よし!このカードなら、インテリジェンス オールド&ニューと組み合わせれば敵なし!!
 右手で引いたばかりのバトルマシンズハイパーフルブーストのカードをチャージゾーンに置き、
 続けて、左手の手札を見る、
 ここは、インテリジェンス オールド&ニューは手札に残しておきたいから、
 自然と置くべきもう一つのカードは残った機鱗の盾になる!
 左手の手札から右手で機鱗の盾のカードを引き、予の場所に裏側で置いて、
 「セット!」
 レオン君が右手のカードを上に掲げた!!
 ええい!ままよ!!
 右手で予の場所に裏側で置いたカードを表に!
 「オープン!!」
 
名前:機鱗の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘をおこなう相手モンスターが
        以下の条件のいずれを満たした時
        1:コスト1でパワー1000以上の時
        2:コスト1でパワー1000未満の時
        3:コスト3でパワー2500以上の時
効果:次の戦闘のみスキップし、
   満たした条件に応じ、以下の効果を発動する
   2:次のリチャージ時、このカードは裏側表示にならない
カテゴリ1:スケイル カテゴリ2:シールド
テキスト:鉄で何かの鱗を模して作った盾、
     一応頑丈だが、造形を重視して作ったため、弱い時は弱い
 
 オーバー!!オーバー!!オーバー!!オーバー!!
 な、なんだ!?急に緑の画面が赤く、
 オーバー!!オーバー!!オーバー!!オーバー!!
 なに!?何が起こってるの!?
 赤に点滅する黒の画面に白くOVERって文字が左右からいくつも流れてるけど・・・
 オーバー!!オーバー!!オーバー!!オーバー!!
 それにこの音、なんだよ、オーバーって・・・
 「見るがいい、異界の力・・・」
 え・・・?
 な!レオリングから炎が周りに広がっていくっ!?
 グォウ!!
 「双歩!!」
 突如、TOBVカーディンが僕の前に割り込み、炎から僕の身を守る!!
 おかげで僕は少し熱い位にしか感じなかったが、広がった炎は、辺りを赤炎一色に染め上げる、
 一体、何が・・・?
 ん?レオリングの閉じられた瞳から、レオリングの体が赤に染まっていく・・・
 と同時に、レオン君の髪も下から赤に染まっていった・・・
 そして、レオリングの体とレオン君の髪が全て赤に染まり、レオリングがの瞳が緑の光を放ちながら開かれ、
 レオリングが、立ち上がる!!
 「グルォオオオオオオオ!!」
 レオリングが大きく金の翼を広げたっ!?
 え!?いきなり画面が暗く!!それから、緑の文字が・・・
 4.00 レオリング・メタル・オーバー
 文字と一緒に声も!?
 
名前:レオリング・メタル・オーバー
種類:OM オーバー
強度:4.00 パワー:4000
召喚条件:チャージゾーン S×4
オーバードライブ条件:自分のライフカードが0枚の時
オーバードライブ時発動:このオーバーの効果の最初に以下の一文を追加する
            自分のチャージゾーンの
            表側表示のカードを1枚裏にするかどうか選択できる
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:この戦闘で相手のモンスターに勝利した時
        ・自分と相手がそれぞれ手札を1枚以上持っていた時
効果:この戦闘後の後、セットとオープンを入れる
   この時、セットに使われるカードは1枚のみでモンスターゾーンのみに置く、
   互いの手札のいずれかが0枚になるとおこなわれなくなる
   オープン時、互いにOのコードを持つカードを出してこなかった時、
   出してこなかった方はオープンを行えず、出したカードを手札に戻す
   セットとオープンが行われた後は通常通り、
   次の戦闘の戦闘前かターン終了を行う
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:獅子
テキスト:赤き獅子は、炎と爪と牙で、
     共にあるもののため、戦い抜く!!
 
 そこにいたのは、赤き鋼の獅子
 黄金のたてがみや爪、尾の先、側面に描かれた翼、鋼の牙はそのままに
 背中の両端に金のブースターと大きな翼が追加され、今までより強さと優美さが増した感じになっている、
 
名前:レオブレイズロアー
種類:OS オーバックス 強度:4.31
発動条件:チャージゾーン S×4
オーバードライブ条件:オーバードライブしません
オーバードライブ時発動:オーバードライブしません
効果の発動タイミング:オーバー時のみ
効果の発動条件:このターン、自分がオープンで表にしたのが、
        カテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
        召喚条件を満たしたオーバーだった時
        ・自分のモンスターゾーンにある、
         戦闘を行えるカードの無い場所1つを指定できた時
効果:自分がオープンで表にしたオーバーを
   指定した場所に召喚する
   ・このターン、召喚したオーバーは、
    パワーが800上がる
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:炎
テキスト:炎の獅子は、咆哮と共に、その力を増す!!
 
 な!緑に戻った画面にまた別のカードが映った!!
 レオブレイズロアー・・・って、ちょっと待って、これ・・・
 
レオン
モンスターゾーン
レオリング・メタル・オーバー OM 強度:4.00 パワー:4000+800
チャージゾーン
裏:8表:0

鋼野 双歩
モンスターゾーン
ツインオーバレットビクトリーカーディン FM コスト:2 パワー:4000
バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2 パワー:1400
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
チャージゾーン
裏:5表:0
 
 チャージゾーンのカードが表に返らない・・・コストが・・・一切支払われていない!?
 そんな、そんなばかな、レオリング・メタル・オーバー、パワー4000なんて存在が、コスト無しで召喚された・・・!?
 
レオリング・メタル・オーバー OM 強度:4.00 パワー:4000

FIGHT!!

ツインオーバレットビクトリーカーディン FM コスト:2 パワー:4000
 
 レオリングがTOBVカーディンに跳びかかる!
 「なんのっ!」
 とっさにTOBVカーディンが左手のライフルを振り回し、ライフルをレオリングにぶつけた!
 ガッ!!
 だが、弾き返されたのはライフルの方!!
 「なにっ!?」
 レオリングが飛びかかる勢いのままTOBVカーディンの首筋に噛みつく!
 「ぐわぁああ!!」
 カーディン!!
 ええい、どうすれば・・・ここは・・・バトルマシンズフルブースト・・・?
 いや、それはダメ、バトルマシンズフルブーストを発動させたらバトルマシンズハイパーフルブーストを使えない、ここは、こっちだ!
 右手でチャージゾーンのカードを一枚表に!
 「僕はバトルマシンズブーストを発動!TOBVカーディンのパワーを600上げる!!」
 
名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで300上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで300上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
 
 TOBVカーディンが右手のマシンガンを首筋に噛みつくレオリングに向けた!!
 「でりゃああ!」
 ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ!!
 だが、マシンガンを受けてもなお、レオリングは首筋から離れようとしない!!
 くそっ!まだ足りてないか、なら、これで!!
 右手でチャージゾーンのカードを一枚表に!
 「僕はバトルマシンズハイパーフルブーストを発動!TOBVカーディンのパワーを3900上げる!!」
 
名前:バトルマシンズハイパーフルブースト
種類:R リサイクル コスト:3
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで1800上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで2100上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:これ以上ない位にこれ以上ない位にこれ以上ない位にパワーが上がる!!
     半分暴走したまま、相手を叩き潰す!!
 
 と、TOBVカーディンが左手のライフルも無理やりレオリングに向け、引き金を引いた!
 ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ!!
 ダン、ダン、ダン、ダン、ダン、ダン、ダン!!!
 このマシンガンとライフルの弾圧はさすがにきつかったのか、レオリングがTOBVカーディンの首筋から離れる!
 よっし効いてるぞ!!
 緑の画面がOVERなんてあんなに大仰しく警告出してくるから効かないかとも思ったけど、これならどうにかなる!
 と、レオン君がまたもTOBVカーディンに向かって跳ぶ!
 「はあぁあああ!!」
 と同時に、レオン君の背後からレオリングが火炎をはいてきた!!
 
名前:オーバーレオグラッシュ
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加するのが、
        自分のカテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
        オーバーだった時
効果:次の戦闘が行われるまで、
   次の戦闘に参加する自分のオーバーのパワーを800上げる
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:一点集中!!
テキスト:獅子の一撃が、相手に突き刺さる!!
 
 オーバーレオグラッシュのカード!?
 すぐさま、TOBVカーディンがマシンガンとライフルをレオン君に向けて乱射する!
 「ぬぅおおおお!!」
 ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ!!
 ダン、ダン、ダン、ダン、ダン、ダン、ダン!!
 が、その弾丸は全てレオン君を守る炎によって守られる!
 そうか、これは、相殺か!緑の画面にも書いてあるし、
 
オーバーレオグラッシュ

相殺

バトルマシンズハイパーフルブースト
 
 それなら、これだ!
 左手の最後のカードを前に出し、、宣言!!
 「僕はインテリジェンス オールド&ニューの効果を発動!オーバーレオグラッシュの効果を発動後、バトルマシンズハイパーフルブーストの効果を発動!その後、互いに山札をシャッフル!!」
 
名前:インテリジェンス オールド&ニュー
種類:H ハンド コスト:0
効果の発動タイミング:相殺時
効果の発動条件:無し
効果:相殺を無効化して、相殺が行われた2枚のカードのうち
   相手のカードを発動させた後、自分のカードを発動させる、
   相手のカードの効果で自分のカードの発動条件が満たせなくなった場合
   自分のカードは発動しなくなる
   この効果後、自分のカードも相手のカードも相殺ではなく、
   一度発動したものとして扱う
   ・このカードを発動したのが戦闘前だった時、
    両方のカードを発動後、互いに山札をシャッフルする
カテゴリ1:後 カテゴリ2:先
テキスト:古きものと新しきもの、
     しのぎを削り、予想だにしない未来へ進む
 
 と、いきなりTOBVカーディンが射撃をやめ、両腕を体の前で交差させ、防御の姿勢を取る、
 そこにレオン君が突っ込んでいく!
 レオン君の飛び蹴りはものの見事にTOBVカーディンの両腕に当たり、TOBVカーディンがいきなり両腕を外側に振ってレオン君を炎ごと上に吹っ飛ばした!!
 さらに、TOBVカーディンの右足が外側にスライドし、中からTOBVカーディンのパトライトと同じデザインのパトライトがつばに付いた白銀の両刃剣が刃を下にして飛び出してきた!!
 そこからTOBVカーディンは右手のマシンガンを銃身を下に向けて差したままの剣に前の方から付けて剣ごと抜き、飛び出した右足の一部を押して戻し、右手に持つ剣と銃を体の前に構えると左手のライフルをマシンガンと剣を付けたものの上に左の方から合体させた!!
 よし!あれなら、一気にレオリングを倒せるか!?
 と、その当のレオリングがいきなり翼を動かして宙に飛び、空中に吹き飛ばされたレオン君の真上に回り込んだ!
 と、レオン君がレオリングの方に足を向け
 「行くぞ!レオリング!!」
 「グルォ!!」
 レオリングに足を着けると、レオリングが翼を羽ばたかせて下に移動しつつ、レオン君がTOBVカーディンの方に跳ぶ!!
 そして、TOBVカーディンの方に跳びつつ右足を向け、跳び蹴りをかましてくる!!
 さらに、その後ろからレオリングが炎を吐いてレオン君を炎で包み、援護する!!
 そんなレオン君たちに対し、TOBVカーディンも両手の銃剣をレオン君に向け
 「だが、まだだ!!」
 両手の銃剣の剣部分からレーザーを発射した!!
 空中でぶつかる炎の蹴りとTOBVカーディンのレーザー!!
 
名前:オーバーレオバースト
種類:S スマッシュ コスト:4
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加するのが、
        自分のカテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
        オーバーだった時
効果:次の戦闘が行われるまで、
   次の戦闘に参加する自分のオーバーのパワーを2000上げる
   ・次の戦闘に参加するのがカテゴリ:フルメタルレオを持つオーバーだった時
    相手のモンスターゾーンにいるコスト2または強度2以下の
    モンスター・オーバーを好きな枚数指定できる、
    次の戦闘が行われるまで、指定したモンスターのパワー分、
    次の戦闘に参加する自分のオーバーのパワーを上げる
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:火炎爆熱!!
テキスト:超高温の獅子の炎が、辺りを爆熱で焼き尽くす!!
 
 オーバーレオバースト・・・?え?あの蹴りって、カード扱いなの?
 それって、つまり・・・
 
レオリング・メタル・オーバー OM 強度:4.00
パワー:4000+800+800+2000+1400+900 パワー合計:9900

FINISH!!

ツインオーバレットビクトリーカーディン FM コスト:2
パワー:4000+600+3900 パワー合計:8500 TRASH!!
 
 TOBVカーディンのレーザーがレオン君の炎の蹴りを押し返す!!
 よし!なんか、心配したけど、このままなら
 と、レオリングがいきなり深呼吸し、
 
名前:レオ・リ・ガレット
種類:S スマッシュ コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:この戦闘にパワー400以上の
        自分のカテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
        オーバーが参加した時
        ・相手と自分、互いに山札が1枚以上ある時
効果:互いに山札から一枚引いて手札にする
   ・この戦闘に参加したのが強度4以上の
    カテゴリ:フルメタルレオを持つオーバーだった時
    相手のモンスターゾーンにいるコスト1・強度1以下の
    モンスター・オーバーを1体指定し、相手の手札に戻し、
   ・さらに、互いに効果で引いたカードを相手に見せ、
    どちらかの引いたカードがOのコードを持つカードだった時、
    この戦闘後の後、セットとオープンを入れる
    この時、セットに使われるカードは
    この時引いた1枚のみでモンスターゾーンのみに置く、
    オープン時、Oのコードを持つカードを出してこなかった方は、
    出してこなかった方はオープンを行えず、出したカードを手札に戻す
    セットとオープンが行われた後は通常通り、
    次の戦闘の戦闘前かターン終了を行う
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:休息、ただ、休息
テキスト:獅子の戦いに休息はつきもの、
     エネルギー補給も欠かさない!!
 
 レオ・リ・ガレット!?あの深呼吸もカード扱いかよっ!
 「グルォオオオ!!」
 続けてレオリングが大きく吠えて、大きく息を吸い込み、さらなる炎をレオン君に向って吐いて送る!!
 ゴォオオオオ!!
 くそっ!さっきの深呼吸とカードは心を落ち着かせて更なる炎を送るためか!!
 ええっと、あの新しく出たカードはどうすれば・・・?
 僕がもたもたしている間にも、レオン君の炎の蹴りがTOBVカーディンのレーザーを切り裂いていく!!
 「何だとっ!?」
 カーディンが大声を上げ驚いた!!
 カーディンがむやみやたらと驚いてるけど・・・ええい!まずはレオ・リ・ガレットの効果で山札から右手で一枚引く!!
 引いたカードは電撃付きトランプ爆弾スペード8!! 
 画面に映るはOのコードを持つカード!
 つまり、次はレオリング・メタル・オーバーの効果でセットとオープンを・・・
 唐突に、いきなりビックハンドが後ろの方から己を握って拳とし、レオン君の方に飛んで行く!!
 しかし、レオリングがビックハンドの方を向き、火球を吐いた!!
 ボゥッ!
 ビックハンドがその火球にものの見事に当たり、
 ドガーン!!
 火球が爆発し、ビックハンドが吹っ飛んで行く!!
 ・・・何やってんだよもう・・・
 それと同時に、3番に置いていたバトルマシンズ ビックハンドのカードが吹っ飛んだ!!
 慌ててそのカードを左手にとり、
 っとそうだ、こいつを置いとこう!
 緑の半透明の板の1番に裏側で置き、
 「セット!」
 と、今のビックハンドの奮闘で一瞬レオリングの炎が途切れたせいか、少しだけ、TOBVカーディンのレーザーが押し返した!!
 お、これなら!
 が、すぐにレオン君の飛び蹴りがTOBVカーディンのレーザーを切り裂きつつ進みだす!!
 ・・・やっぱり、ちゃっちゃと先に進めよう、
 右手で1番に裏側で置いたカードを持ち、表に!!
 「オープン!!」
 
名前:バトルマシンズ ビックハンド
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:900
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        ・次の戦闘に参加する相手のモンスターが効果を持っていて、
         かつ、発動条件を満たしていない以外の理由で
         効果を発動できない状態でない時で
         このターン、効果を発動していない時
効果:次の戦闘に参加する相手のモンスターは
   このターン、効果を発動できなくなる、
   ・次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを500上げる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:機手
テキスト:巨大な右手が、相手を握りつぶす!!

名前:レオブレイズラッシュ
種類:OS オーバックス 強度:4.38
発動条件:チャージゾーン S×4
オーバードライブ条件:オーバードライブしません
オーバードライブ時発動:オーバードライブしません
効果の発動タイミング:オーバー時のみ
効果の発動条件:自分のモンスターゾーンにいる、
        自分のカテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
        オーバーを一体指定する
        ・自分のモンスターゾーンにある、
         戦闘を行えるカードの無い場所1つを指定できた時
        ・指定したオーバーは山札に戻さない
効果:指定したオーバーは、一度だけ、
   指定した場所のすぐ前のオープン後の最後か戦闘後の最後に
   指定した場所に移動させる、
   ・この時、指定した場所に何のカードも置かれていない時、
    指定したオーバーが装備しているカードも一緒に移動させる
   ・このカードをオープンで表にして発動させた時、
    このカードを発動後手札に戻し、
    指定したオーバーの効果を移動後にもう一回、
    発動可能回数を増やす
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:一気火成!!
テキスト:獅子が攻める!!何事も恐れずに、ためらわずに、ただ無慈悲に!!
 
 「グルォオオオ!!」
 な!?火がこっちに!?
 オープンしたと同時に、レオリングの吐いた炎の流れ弾がこっちに飛んできて僕の前の前に着弾、爆発!表にしたカードを跳ね飛ばした!!
 いや、召喚できないのは、レオリング・メタル・オーバーの効果でそう書いてあったからわかってたけど、こういう手で来るとは・・・
 感心半分呆れ半分になりつつ、跳んだカードを左手で再び取って持つ
 って、待てよ、さっきオープンで表にされたレオブレイズラッシュの効果とレオリング・メタル・オーバーのコンボ、これって・・・
 そんなことを考えている間にも、レオン君の炎の蹴りがTOBVカーディンのレーザーを貫通、TOBVカーディンを蹴りつけ、貫通させた!!
 「ぐわぁあ!!」
 「カーディン!!」
 
レオリング・メタル・オーバー OM 強度:4.00 パワー:4000

FIGHT!!

バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2 パワー:1400
 
 「ぐっ!武器が・・・」
 そこには、中央からバラバラに吹っ飛ばされた銃剣を両手に持つTOBVカーディンの姿が!!
 ほっ、よかった・・・
 だが、TOBVカーディンも無事では無かったらしく、その胸部に思いっきり斜めの傷が付いている、どうやら、あの傷が付くように沿って受け流せたらしい、でも、
 あの蹴りをまとものに喰らえばどうなっていたことやら・・・
 と、そこに、TOBVカーディンの悲鳴を聞きつけたのか、キューブが走り込んできた!!
 さらに、キューブが慌ててTOBVカーディンの右後ろに立つレオン君に向かって右拳を振り上げ、叩きつけるように突き出し
 「邪魔だ」
 いつの間にかレオン君がキューブの足元にまで移動し、
 キューブの右足を右手で掴むと、そのまま上に放り投げた!!
 キューブは何もできないままに上空まで飛び、大口開けたレオリングにその胴を噛み掴まれる!!
 そのままレオリングはキューブの胴をギリギリと噛んでいき、
 バキッ!!
 とうとう、キューブの胴は耐えきれず、真っ二つとなって下に落ちる、
 だがそれだけでは飽き足らないのか、
 レオリングは息を吸って口内に炎を溜め、一気に真っ二つになったキューブに向かって解き放つ!!
 ゴォオオオ!!
 解き放たれた炎は火炎放射となり、真っ二つになったキューブに襲い掛かる!!
 その炎を受けたキューブの残骸は、
 炎がかかる中爆発!消滅した!!
 「キューブッ!!」
 「スケルトンキューブ!!ッ」
 
レオリング・メタル・オーバー OM 強度:4.00
パワー:4000 パワー合計:4000

FINISH!!

バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2
パワー:1400 パワー合計:1400 TRASH!!
 
 僕が大声を上げる中、また画面にカードが映し出された!!
 
名前:レオリング・メタル・オーバー
種類:OM オーバー
強度:4.00 パワー:4000
召喚条件:チャージゾーン S×4
オーバードライブ条件:自分のライフカードが0枚の時
オーバードライブ時発動:このオーバーの効果の最初に以下の一文を追加する
            自分のチャージゾーンの
            表側表示のカードを1枚裏にするかどうか選択できる
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:この戦闘で相手のモンスターに勝利した時
        ・自分と相手がそれぞれ手札を1枚以上持っていた時
効果:この戦闘後の後、セットとオープンを入れる
   この時、セットに使われるカードは1枚のみでモンスターゾーンのみに置く、
   互いの手札のいずれかが0枚になるとおこなわれなくなる
   オープン時、互いにOのコードを持つカードを出してこなかった時、
   出してこなかった方はオープンを行えず、出したカードを手札に戻す
   セットとオープンが行われた後は通常通り、
   次の戦闘の戦闘前かターン終了を行う
 
 レオリング・メタル・オーバーの効果表示!やっぱり、またくるか!!
 つまり、またカードを1番に置けってことだな!!
 左手に持つバトルマシンズ ビックハンドのカードを1番に裏側で置き、
 「セット!」
 レオン君とレオリングがTOBVカーディンの方を向く、
 TOBVカーディンも両手を握って構え、レオン君とレオリングに対峙する!!
 続けて、1番に裏側で置いたカードを右手で表にしつつ宣言!!
 「オープン!!」
 
名前:バトルマシンズ ビックハンド
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:900
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        ・次の戦闘に参加する相手のモンスターが効果を持っていて、
         かつ、発動条件を満たしていない以外の理由で
         効果を発動できない状態でない時で
         このターン、効果を発動していない時
効果:次の戦闘に参加する相手のモンスターは
   このターン、効果を発動できなくなる、
   ・次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを500上げる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:機手
テキスト:巨大な右手が、相手を握りつぶす!!

名前:レオブレイズラッシュ
種類:OS オーバックス 強度:4.38
発動条件:チャージゾーン S×4
オーバードライブ条件:オーバードライブしません
オーバードライブ時発動:オーバードライブしません
効果の発動タイミング:オーバー時のみ
効果の発動条件:自分のモンスターゾーンにいる、
        自分のカテゴリ、名前に「獅子」「レオ」のいずれかの言葉を持つ
        オーバーを一体指定する
        ・自分のモンスターゾーンにある、
         戦闘を行えるカードの無い場所1つを指定できた時
        ・指定したオーバーは山札に戻さない
効果:指定したオーバーは、一度だけ、
   指定した場所のすぐ前のオープン後の最後か戦闘後の最後に
   指定した場所に移動させる、
   ・この時、指定した場所に何のカードも置かれていない時、
    指定したオーバーが装備しているカードも一緒に移動させる
   ・このカードをオープンで表にして発動させた時、
    このカードを発動後手札に戻し、
    指定したオーバーの効果を移動後にもう一回、
    発動可能回数を増やす
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:一気火成!!
テキスト:獅子が攻める!!何事も恐れずに、ためらわずに、ただ無慈悲に!!
 
 今度もレオブレイズラッシュのカード!!レオリング・メタル・オーバーとの二度目のコンボか!!
 と同時に、僕が一番に置いたバトルマシンズ ビックハンドのカードが跳ね飛ばされ、思わず僕は左手に跳ね飛んだバトルマシンズ ビックハンドを取る!!
 そこで、レオン君とレオリングがTOBVカーディンに向かって行く!!
 
レオリング・メタル・オーバー OM 強度:4.00 パワー:4000

ATTACK!!

双歩
 
 「こうなったら素手でやるしかない!!」
 TOBVカーディンが両手を握り、構える!!
 それに対し、レオリングはTOBVカーディンを素通りしてレオン君の後方に舞い降り、
 「ならば・・・やろうか」
 「グルォオオオオ!!」
 レオン君が挑発的な言葉を吐き、レオリングがまたも吠える、
 僕は・・・何もできない!!
 リチャージしようとしてもカードが動かない!!
 まだ、戦いが終わってないからか・・・
 このまま、見守るしかないのか・・・
 「うぉおおお!!」
 TOBVカーディンがレオン君たちの方を向き、その右拳をレオリングに叩きつけていく!!
 「遅い!!」
 そこを、レオン君がTOBVカーディンの足下を素早くくぐり、後ろからTOBVカーディンに飛び蹴りを喰らわせる!!
 「ぐはっ!!」
 「カーディン!!」
 くそっ!僕も!!
 足が前に出る、と、不意にレオン君が僕の前まで移動し、
 「君は後だ」
 その右手で突きとばしてくる!!
 ドンッ!!
 僕の体は軽く吹っ飛び、鉄骨の山に突っ込む!!
 ズガァン!!
 だが、あまりダメージは無い、動けるし、背中はすっごく痛いけど!!
 と、TOBVカーディンに向かってレオリングがいきなり大量の炎を吹きかける!!
 ゴォオオオオ!!
 「ぐわぁああああ!!」
 「カーディン!!」
 TOBVカーディンが炎にのけぞっている間に、レオリングが背中の両翼羽ばたかせ、ジェットエンジンに点火して空に飛ぶ、
 そこに、レオン君が跳躍する!!
 「今度こそ決めるぞ、レオリング」
 「グルォォォオオオ!!」
 レオン君がレオリングの顔面に着地し、レオリングが前に飛ぶ推進力を借りてTOBVカーディンの方に跳び、その右足を前に出して蹴りかかる!!
 続けて、レオリングがレオン君に向かい炎を吐いた!!
 レオリングが吐いた炎をレオン君がまとい、炎で身動きの取れないTOBVカーディンの方に向かって突撃する!!
 そして、TOBVカーディンの胸部を、貫いた!!
 
レオリング・メタル・オーバー OM 強度:4.00
パワー:4000 パワー合計:4000

FINISH!!

双歩 FINISH!!

勝者:獅子堂 レオン&レオリング・メタル
決まり手:レオリング・メタル・オーバー
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Wカードフュージョン 5話/18 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!18

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 「カーディィィイイイン!!」
 カーディンが・・・力なく後ろに倒れて行く・・・
 ズゴーォオオオン!!
 大きな音と振動と共にカーディンが倒れた後、カーディンが倒れた衝撃で、辺りに砂煙が巻き起こる、
 同時に、カーディンに合体していた一切合財が全て消えた、
 「さぁ、次は君の番だ」
 今だ体に火が残るレオン君が僕の方を見据える
 「ぐっ!!」
 ここまでなのか・・・そうだ!もう一度カードバトルを!!
 カーディンを酷使するようだけど、でも!
 目の前の緑の半透明の板の上のデッキケースには、すでにカードが戻って行って・・・全てのカードを回収し終えたのか上下反転する!
 よし!
 急いでデッキケースを右手に取り、エンブレムの面を前に突き出す!
 だが、デッキケースは光らず、機能しない!?
 くそっ!カーディンが倒れたせいか!?それとも、他に原因が・・・
 頼む!都合のいい願いであることは、カーディンにつらいことをさせる願いであることは分かってる、わかってるけども、お願い!
 ウィーン、ガシッ!!
 へ?
 いきなり妙な機械音が聞こえたと思ったら、いきなり背中から脇腹を何かがつかんだ、これは
 「なんだ!?いきなり!!」
 レオン君が目を見開いて驚いている!っていうか、聞きたいのは僕のほ
 って、ああ!カーディンに、カーディンの胴を掴む様に、鉄のアームが!
 鉄のアームは、簡易に鉄色の鉄骨が組み合わさって作られたような感じで、先が鉄板が上下二つに分かれて六角形に両端が曲がり、平べったいクローのようになっている、
 そのアームがカーディンの胴を掴んでいるのだ、一体どうして・・・?
 ・・・もしかして、僕を掴んでいるのもあのアーム?
 っていうか、あのアーム、どっかで見たような・・・・
 うわっ!いきなり体を掴んだ何かが僕の体を浮き上がらせた!!
 同時に、カーディンもアームに持ち上げられ宙に浮く!
 あれよあれよという間に僕とカーディンは浮き上がって、鉄骨の山の上にまで行き、
 「待てっ!くそっ!レオリング!!追うぞ!!」
 「グルォオオオ!!」
 そんなふうにレオン君とレオリングがやりとりしてる間にも、僕とカーディンは鉄骨の山の向こう側に連れ去られた!!
 思わず後ろの方、アームが伸びてきている先を見る、
 そこにあったのは・・・って、あれは・・・後ろを向いたバトルポリストレーラー!?
 向こうの方を向いた前部が上が白、下が黒に塗り分けられていて、その上にパトライトが付いており、前部中央少し上には左右までカバーする狭い窓が付き全高が少し低く、
 その前部がけん引している後部は前の方が白で左右上下に少し細くて後ろの方は黒くて真四角な、ポリスカラーのトレーラー・・・
 って、カーディンを掴んでるアームも、あのバトルポリストレーラーの前部下の方から伸びてる!?
 そして、そのアームが僕とカーディンをトレーラーの上にまで持ってきて、
 「このっ!待てぇっ!!」
 「グルォオオ!!」
 鉄骨の山の上にレオン君とレオリングが飛び乗り、僕の方を見据えてくる!!
 くそっ!ここまでか!!
 「喰らえ、必殺!この間ようやく回ってきた装備の一つ!閃光煙幕手榴弾!!」
 いきなり右下の方から声が聞こえて黒い缶のような物がレオン君たちに向かって放りこまれた!
 ゴウォンッ!!
 大きな音と共に黒い缶が破裂し、辺りに光がまき散らされる!!
 「なにっ!?」
 「グルォ!?」
 レオン君とレオリングの声が聞こえると共に、僕とカーディンを乗せたバトルポリストレーラーは一気に走り出し、
 道路に出たところで左に曲がった!!
 ・・・僕が呆然としている間に・・・
 
Wカードフュージョン5話 リュッケン、襲来!!
FINISH!!
Wカードフュージョン6話 敗北、逃亡・・・に、続く!!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Wカードフュージョン 5話/19 リュッケン、襲来!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
5話 リュッケン、襲来!!19

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

カード紹介コーナーフュージョン 第5回 レオリング・メタル
 
 獅子堂 レオン(以下 獅子)「さぁ、双歩君、このカードでとどめを刺してあげよう」
 レオリング・メタル(以下 レオ)「グルォ!!」
 鋼野 双歩(以下 双歩)「うう・・・」
 カーディン(以下 カー)「くそ・・・なんてことだ・・・」
 双歩「獅子とレオで略称がややこしい!」
 カー「獅子とレオで略称がややこしい!」
 獅子「ほっとけ!!」
 レオ「グルォオ!!」
 双歩「くそ!やはりややこしいことに・・・」
 カー「まったくだな!双歩」
 獅子「ほっとけと言っているだろう!!」
 獅子「ごほん」
 獅子「では、気を取り直して・・・」
 獅子「さぁ、双歩君、今度こそ、このカードでとどめを刺してあげよう」
 双歩「その前に注意事項!このコーナーのキャラクターは本編と一切関係がない!あらかじめご了承してほしい!!」
 カー「うむっ!、その通りだ、双歩!」
 獅子「注意事項は終わったか・・・」
 獅子「それでは、今度こそ、今度こそ、このカードでとどめを刺してやる!!」
 
名前:レオリング・メタル
種類:M モンスター
コスト:4 パワー:4000
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:この戦闘で相手のモンスターに勝利した時
        ・自分と相手がそれぞれ手札を1枚以上持っていた時
効果:この戦闘後の後、セットとオープンを入れる
   この時、セットに使われるカードは1枚のみでモンスターゾーンのみに置く、
   互いの手札のいずれかが0枚になるとおこなわれなくなる
   セットとオープンが行われた後は通常通り、
   次の戦闘の戦闘前かターン終了を行う
カテゴリ1:フルメタルレオ カテゴリ2:獅子
テキスト:獅子は、時に誰かと共に、時に誰かにまといて戦う、
     獅子として、ただただ誇り高く
 
 獅子「どうだ!凄いだろう!!」
 レオ「グルォオ!!」
 双歩「オーバーは?」
 獅子「は?」
 レオ「グルォッ!?」
 双歩「オーバーだよ!オーバー!!どんなカードか気になってしょうがないんだけど!!」
 カー「オーバードライブとか一体あれは何なんだ!?ドライブとか、ひとっ走り走りたくなる単語じゃないか!!」
 獅子「ふん!謎は謎のままで残しておくことにこそ価値があるっ!!」
 レオ「グルオォオオオオッ!!」
 双歩「外道!!」
 カー「教えろ!!」
 獅子「それよりも、レオリング・メタルの事を話せっ!レオリングが泣いてるぞ!!」
 レオ「グルォグルォ」
 双歩「とてもそうは見えない・・・」
 獅子「貴様らが話さないなら、僕が話してやる!!」
 獅子「まずはそのパワー!なんと4000だ!!モンスターの中では最強!!」
 双歩「そ・・・そうだね!!」
 カー「あ・・・ああ!そうだな!!」
 獅子「続けてこの効果!勝利した時に、互いの手札一枚を使い、セットとオープンを行う!!」
 獅子「まぁ、最強のパワーの前では地味な効果だがな!!」
 双歩「地味って・・・こっちの方が色々きっついことやってる気がする・・・」
 カー「確かに・・・色々と悪用できそうな効果だ・・・」
 レオ「グルォオ!!」
 獅子「ふふふ・・・レオも最強のパワーをけなされて怒っているぞ!!」
 レオ「グルォォォオオオ!!」
 双歩「う、うん・・・まぁ、確かに・・・」
 カー「怒ってはいるだろうが・・・」
 獅子「さらに!!モンスターだからな、コストが多くても気軽に出せる」
 獅子「ま、最強のパワーに比べれば些細な事だがな」
 双歩「実は一番、それがきつかったりするんだけどね~」
 カー「確かにな・・・」
 獅子「さぁ、この最強のカードで君たちを倒してくれる!!」
 レオ「グルォォォォォォオオオオオオ!!」
 双歩「ぐっ!!」
 カー「ぐっ!!」
 双歩「というわけで、それじゃ、改めて、Wカードフュージョン6話 敗北、逃亡・・・に、続く!!」
 カー「行くぞ!双歩!!」
 双歩「わかったよ、カーディン!!」
 双歩「うぉおおおおおお!!」
 カー「うぉおおおおおお!!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 映命「双歩さん、頑張って・・・下さいね・・・」
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――