オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベを置いていきます。

我はダブモン!我こそがダブモン!! ダブモン!!16話/22

我はダブモン!我こそがダブモン!! ダブモン!!16話22
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 f:id:OirenW:20210622181142p:plain
 
 「リチャージ!」
 「リチャージ!」
 「リチャージ!」
 「ドロー!」
 「ドロー!」
 「ドロー!」
 クリアードが引いたカードをこともなげに見る
 「さて、そろそろかな・・・」
 そして一言つぶやいた
 なんだ、何を引いた・・・?
 「セット!」
 「セット!」
 「セット!」
 「そちらからどうぞ、真打は後に登場させないとね?」
 真打・・・?
 クリアードの一言・・・
 やはり何か引いたか・・・だが、ここでひるむ気は無い!1番のカードを表に
 「なら俺から行くぜ!ロウドガ!」
 六本足の水色の甲虫が飛んできて、地上に着地、
 その両後足で立ち、白タンクトップのような模様を持つ胴体を見せ、両前足と両中足を回して運動を始め、核の棘々に体操するように迫る
 「ダブモンNo.323、筋外骨格の体操家、ロウドガ
 「なら私はヒキトア!!」
 少し長い体躯の水色を混ぜた銀色の魚が空を泳いでくる、
 絶妙に曲がる長めの両ヒレと体を曲げ、氷の棘々に舞い踊るかのように見る
 「ダブモンNo.344、舞闇の演武家、ヒキトア」
 「では、来い、我が半身たちよ!!」
 半身?まさか!?
 クリアードの左前に天より一条の雷撃が落ち、右前に一本の植物の杭が地上より出てきて、
 落ちた雷撃が光を発し纏い、出てきた杭が闇を集め纏う!!
 そうして光と闇に包まれその光と闇がはじけるように現れたのは胸に雷撃持つ光の大獣と杭の刺さった黒い大鳥!
 やはり・・・!
 それらは容赦なくロウドガとヒキトアをにらむ!
 「ダブモンNo.498、光雷の探検家、ルクスルス」
 「ダブモンNo.499、闇樹の探求家、オプスボル」
 「僕はこの二体のコストにライトレエムエレメンタルパワー、アイスズスペースエレメンタル、エレキネットエレメンタルパワー、ウインドスフィアエレメンタル、ウォーターハイドエレメンタルパワー、ダークレエムエレメンタルパワー、フレアズスペースエレメンタル、ローチネットエレメンタルパワー、アーススフィアエレメンタル、フレイムハイドエレメンタルパワーを指定!!」
 「俺はヒキトアのコストにダークエレメンタルパワーのコストにダークエレメンタルパワー、ディアボラッシュエレメンタル、ダークブラッシュグラッシュエレメンタルを指定!」
 「じゃあ俺はロウドガのコストにマルチエレメンタルパワーとマルチブラッシュバニッシングエレメンタルとマルチクリアシカルエレメンタルだ!!」
 クリアードの左口端が不気味に笑う!
 「この瞬間、僕は二体の効果を発動!!ダークネスエレメンタルパワー、ダークエレキシールエレメンタルダークブラッシュグラッシュエレメンタル、マルチプルエレメンタルパワー、マルチアサリスエレメンタル、マルチクリアシカルエレメンタルを指定、これらのカードを相手は使用できなくなる!!」
 光の獣と闇の鳥が頭を上げて吠え、光と闇を強くし、まるで波動を出しているような圧を感じる・・・!
 そして、光の獣が宙を駆け出し、闇の鳥が羽ばたいて、ロウドガとヒキトアに飛んでくる!
 1番戦闘、来る!
 光の獣が高速でロウドガとヒキトアの間を駆け抜け止まり大きく顔を回らせ咆哮!、通った場所のそこかしこで光の爆発が起き、ロウドガとヒキトアを真上に吹き飛ばす!
 闇の鳥が四方八方からさながら狭い部屋を跳ね回るようにロウドガとヒキトアを爪とくちばしで傷つけ続け、いつの間にか空中に黒いブラックホールのような大きな球を生み出したと思ったらそこにロウドガとヒキトアが吸着、その球が爆発して闇の爆発で吹き飛ばす!
 さらに、光の獣が地上からロウドガに外側に走り込んで体当たりで斜め上に、闇の鳥がヒキトアを外側から空中から斜め下に叩くと、空中でロウドガとヒキトアが激突!
 そこに光の獣が口から光の球を、闇の鳥がくちばしを開け中より闇の球を形成し、光線と闇線を発射!
 ロウドガとヒキトアに見事に挟み込むように激突させ、そこに光線と闇線の光と闇がたまっていき光と闇が爆発!!ロウドガとヒキトアは見事に消滅していた・・・
 ええぃ!カードを使う間も無くっ!!
 クリアードは余裕で俺達を見据え
 「さて、僕の半身たちの力はどうかな?」
 えげつなー、あれと直接対峙しなくてよかったぜ、
 俺がするにしても、カンテーラ達がするにしても・・・
 いや、それよりも!
 「マルチエレメンタルパワー!!」
 「使えないよ」
 クリアードの笑いさえ含んだ無情な言葉、
 やっぱりな・・・試しただけだ、でも、こっちなら・・・
 俺は右手を大きく前に出し、
 「俺はロウドガの効果を発動!」
 「確かにそっちなら使えるね、でも、何をいまさら・・・」
 クリアードがチャージゾーンのカードを念動力のような力で表に!
 「ダークレエムエレメンタルパワー・フォースで相殺!」
 「ヒキトア!」
 ここでアグニスの声が飛ぶ!
 「ライトレエムエレメンタルパワー・フォースで相殺!」
 もう一方の板の上のチャージゾーンのカードを念動力で表にして相殺!?
 でも、まだこっちもチャージゾーンのカードを表にするぜ!
 「マルチパルシリングエレメンタルパワー!」
 「それが本命か?ファイアスチームエレメンタルパワーで相殺!!」
 ちぃい、また表に!
 「ダークネスゼイルエレメンタルパワー!」
 アグニス!?付き合ってくれんのか!?
 「止め切るぞ、アクアスチームエレメンタルパワーで相殺!!」
 止められた!?クリアードが厳しい目でこちらを見据える・・・
 だが・・・
 「これで終わりか?」
 「いやいや、これが本命だよ、俺はマルチエレメンタルパワー、マルチパルシリングエレメンタルパワー、マルチアサリスエレメンタルをコストに、マルチプルアンフォンドエレメンタルパワーを発動!『自分の全てのモンスターのパワーを1500上げる!!』」
 「な・・・!?」
 クリアードが驚愕で目を見開く!
 「なら、私も便乗させてもらおうか、ダークエレメンタルパワー、ダークネスゼイルエレメンタルパワー、ダークエレキシールエレメンタルをコストに、ダークネスノワールエレメンタルパワーを発動、『効果は自分の全てのモンスター・オーバーのパワw-1500上げる』相殺は?」
 「無いっ!」
 クリアードが悔しそうに言い放った
 「2番戦闘!行け、デヴァルチャ!!」
 「遅れるな、マグネガムシ!」
 俺の合図にデヴァルチャが核の棘々に向かって飛ぶ!
 そして、核の棘々を風を起こして回している!!
 どういうわけか核の棘々は動かない・・・目でも回したか!?
 アグニスの声にマグネガムシが氷の棘々に向かい飛んでいく!
 そして、氷の棘々の合間を縫うように回り飛び舞っている!
 こちらは氷の棘々を出して攻撃しようとするが頻度を落としていく、やはり、目を回している!?
 デヴァルチャが砂嵐で浮いた核の棘々を体当たりをぶつけ一気に叩き落として折った!?
 さらに追撃!中央部分に向かって一気に急降下して嘴を突き刺す!
 あ、マグネガムシが通りすがるに氷の棘々の棘を一気に半分くらい折った・・・
 そしてその牙を氷の棘々の中央に突き刺す!
 嘴と牙が刺さった核の棘々と氷の棘々が爆発し、消滅する・・・
 「3番戦闘!!」
 イモーシンが針を、アルケミーアがフラスコを投げ、
 クリアードがそれを右腕で弾く!!
 そして、こっちを両口端が笑う余裕のある笑顔で
 「ターンエンド」
 「ターンエンド」
 「ターンエンド」
 ライフカードを0まで減らせたが、向こうのエースカードが出てきた、
 ここから・・・どうなる!?
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――