オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベを置いていきます。

到着!魔道都市マジカラ!! ダブモン!!5話/28

 
到着!魔道都市マジカラ!! ダブモン!!5話/28
 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

f:id:OirenW:20190617152956p:plain


バトル-10
 
 「リチャージ!」
 「リチャージ!」
 この山札の引きで勝負が・・・決まる!
 「ドロー!」
 「ドロー!」
 きた!OR!こいつを1番に、残った手札をチャージゾーンに裏で置き、
 「セット!」
 「セット!」
 向こうも同じ置き布陣、ここからの選択で・・・決着を着けてやる
 「オープン!エレメンタルリライニイン!!」
 「オープン!ダークネクロコードスライドスラッシャーエレメンタル!!」
 向こうはOSのカードか!?
 互いの山札が浮かび上がって少し前に出て、まるで巻物のようにカードが流れて行く・・・
 ・・・ほんの少しの間、互いにカードをにらむ時間が続く・・・
 「ここだっ!」
 「これっ!」
 唐突に、アグニスと俺の声が響きわたり、その時間は終わりをつげ、ネクロスとカンテーラが前に出る!
 すると、ネクロスとカンテーラが闇へと還り、上空から次元を通ったかのように無数の刃が降り注ぐ!
 剣、ナイフ、槍、無数の武器は全て刃を下にして降り注ぎ、
 そこに対抗するように幾多の闇水晶が地面から生え、武器たちとぶつかって行く、
 ガガガガ・・・
 その音と衝撃波が中央にわだかまる闇のようになりそれが突然爆発、
 辺りを闇が覆いつくし、それを二文字の刃斬り裂き振り払いながらぶつかり弾きあう!
 そして、その剣閃より晴れた闇、そこに立っていたのは、カンテーラが大人になったような姿の奴、
 フードつきの袖無し境目右肩継ぎ目の方のマントに左手に持つ黄色いカンテラ、黒いもやが人型を成したような中身に黒の両瞳を持ち、紡錘形三日月形の装飾をフード前方左上にもつ
 向こうには・・・あれは・・・刀?
 黒い刀が突き刺さっている、日本刀だ、太刀というやつだろうか・・・?
 それをアグニスが右手でカードの板を横に避けつつ近づき、その右手で引き抜き振るう、
 その瞬間、闇の波動が俺達を襲う!
 ぐっ!
 思わず右腕で顔を覆い、目をつぶる、
 波動が過ぎ去り、腕をどかして目を開くと・・・
 そこには、刀持つアグニスに、刀の柄先から、アグニスの背後霊のように浮かぶネクロスの姿があった、
 ただし、その姿は全体的に鋭利さが増し、頭の一部が硬化して黒紫の宝石いただく闇の冠のようになり、背中から一対の刃の羽が生えているようにも見える・・・
 「さぁ、我らに勝てるか・・・?我は、ダークネクロコードスライドスラッシャーエレメンタルの効果でダークコーストリスエレメンタルの効果を発動して山札より1枚手札を増やしつつダークエレメンタルパワーの効果でパワーを600上げる!!」
 「面白れぇ、相棒!」
 「わかってる、まずはこいつだ、マルチエレメンタルパワー!!」
 「シャドウブレイド!」
 カンテーラが右手に両刃を出し、アグニスに向かって行く
 「それならば、ダークエレメンタルパワーの力で!!」
 アグニスが闇の刃閃を刀にまとわせ、走りだし、カンテーラに刀を振り降ろす
 ガシン!
 互いにつばぜり合いとなり、拮抗状態となる
 「マルチプルエレメンタルパワー!!」
 「ダークネスエレメンタルパワー!!」
 互いに力を増して、大きく弾き返すカンテーラとアグニス、不意にカンテーラがカンテラを向け炎を放射!
 それをアグニスは斬りとばし、
 炎に紛れてカンテーラが距離を詰めていたっ!
 「相棒!」
 「マルチパニッシュエレメント!!」
 「カンテラブレイドコンボ!!」
 大きく横から振るわれる剣!
 「ダークラスターエレメンタル!」
 今度はアグニスの背後のネクロスがその右手で剣を弾く!
 「ちぃい!搦め手も必要か、カンテーラダークハンド!!」
 一直線にカンテーラの腹から出た手がアグニスに向かって行く
 「は!剣の餌食だ!!」
 「マルチセイバングエレメンタル!」
 「ナイスサポートだ、相棒!!」
 思い切りタイミングを計り振り降ろされた剣、しかし、闇の手の速度が上がり、アグニスの刀持つ右手を捕らえた!
 「な!?」
 「搦め手だって言ったろ?初速が最高速だなんて誰が決めたんだ?相棒の力のおかげだがな!!」
 自身を引き寄せる様に近づかせ、下から刃を振るうカンテーラ!
 「ダークネスグラウエレメンタルパワー!ネクロス、追撃は任せる!!」
 すると、アグニスは不意にカンテーラに思い切り跳躍して刃を避けつつその顔に跳び蹴りをかました!!
 「がはっ!!」
 「カンテーラ!マルチパーストエレメンタルパワー!!」
 「ダークラスターエレメンタル!!」
 ネクロスが上からその右手の指を刃に変えつつ振り降ろす!
 「だぁああ!!」
 何とか意識を取り戻しつつ刃でそれを受け止めるカンテーラ
 「力を貸せぇえええ!!」
 「マルチドライブエレメンタルパワー!!」
 「よっしゃああああ!!」
 ノーモーションでの指向を持った炎での不意打ち!これにはさすがにネクロスも燃やされる!
 「ネクロス、はぁあ!!」
 アグニスが一気に近づいてその剣を振るって炎を斬り裂きつつ、ネクロスがあわてて引きつつその勢いで残り火を消し、追うようにアグニスも後ろに跳びすさる、
 そうして、互いに距離を保ちにらみ合う状態になる・・・
 少しずつ動き、距離を詰めてる感じはする、が、それも少しすると完全に足が止まり、硬直状態となる、
 そして、数瞬とも数時間ともいえぬ時が過ぎた頃・・・
 「行くぞっ!!」
 カンテーラの唐突な言葉に、俺は反応し、宣言する!
 「マルチパーストエレメンタルパワーの効果でパワーを2800上げる!!」
 剣を硬質の闇がまとい、カンテーラが走り出し、その剣を振るう!
 「ダークスラッシュ!」
 その闇が斬撃となって飛ぶ、それを受け止めるアグニスだが、
 「ダークネスルインズエレメンタルパワー!!」
 宣言が遅かったのか弾ききれず、斬撃のかけらを受け
 「ぐっ!!」
 動きが止まる、
 「今だ!」
 次の瞬間、カンテーラが跳躍、大上段から闇の剣を振るって行く、
 「たぁああああ!!」
 ネクロスが刃の指腹で身を守る様に受け止めるが、刃を斬り折る!
 おっし、そのまま行けぇ!!
 「アンジェントチェンジエレメント!!!」
 が、アグニスが言い放った言葉に、アグニスの目の前が闇の爆発を起こす!
 「な!?」
 カンテーラが驚き吹き飛ぶ暇もあればこそ、そこにアグニスが刀を持ち追撃し、刀を振るう!
 「ダークコーストリスエレメンタルの効果によって手札としたこいつ!」
 まずは大きく上から斬り裂き
 「がはっ!」
 「このカードは相殺時に発動できる効果で」
 続けて左手の方から
 「ぐはぁっ!」
 「相殺されたリサイクルカードの数値を変更し発動する!!」
 返す刃で右手の方から
 「げはぁっ!」
 「即ち、マルチドライブエレメンタルパワーのパワーを200下げ、」
 続けて袈裟懸けに斬りつけ、
 「ずはぁっ!」
 「ダークネスルインズエレメンタルパワーのパワーを200上げる!!」
 逆袈裟懸けから真上に行いって
 「だはぁっ!」
 大上段に構え、
 「その結果、カンテーラのパワーは6600となり、ネクロスのパワーは7000となるのだぁ!!」
 最後に大きく真っ二つに叩き切る!
 「ぬあぁああああ!!」
 「カンテーラァアア!!」
 カンテーラの肉体が宙に舞い、ふわりと地上に落ちる、
 「とどめだ、行け、オオキバイ!」
 そこにオオキバイがノシノシと大きくゆっくりと俺の方に向かってきた
 っつ、逃げないと・・・
 大きく口を開けて真上から迫るオオキバイ
 が、後ろに下がろうとすると、誰かに足を掴まれた感触がして、動けない!
 これは・・・下を見ると、ネクロスがいつの間にかその両手で俺の両足首を掴んでいた・・・!
 「あそこまで大口叩いておいて、逃げられると思うな!」
 オオキバイの口が、俺の胴を捉えて閉じられる・・・
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――