オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベを置いていきます。

到着!魔道都市マジカラ!! ダブモン!!5話/21

 
到着!魔道都市マジカラ!! ダブモン!!5話/21
 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

f:id:OirenW:20190606111240p:plain


街中-7
 
 「で、どこの宿屋にしようか・・・?」
 夕闇に立ち並ぶ宿を見て、俺達は思案する、
 はっきり言ってここに来るまでは村に一軒だとか宿が無いとか諸事情で教会でとかばっかりだったので、
 宿が複数ある街というとこ自体初めてなのである、いや、クロスロードシティにはあったかもしれんが、ゴリアゲルとの一悶着で結局教会に寝泊まりしてたしなぁ・・・
 「そうだな、邪気が少ないところがいいな・・・」
 「そうですねぇ・・・そこが一番いいですねぇ・・・」
 カンテーラとウィルピーの言葉に違和感を覚え、思わずそちらの方を見る、
 「お前ら邪気なんてわかんのかよ・・・」
 「そうだよな・・・」
 「どういうものなんだろう・・・」
 「本当にわかんの・・・?」
 「要は人の発してる気がこう・・・」カンテーラが何かを考えるように右手を動かす「悪いこと考えてるなーって感じに見えんだよ、ほら、そういう表情ってあるだろ、ああいうやつ」
 「ただ、そういうの隠せる人間は隠せちゃいますけどねぇ、一見すると表情には出ないってこともありますし・・・」
 そういうもんかね・・・
 「そうだな・・・たとえばここなんてどうだ?」
 そう言ってカンテーラが進んで止まり、左の方を向く、窓に田の字の木枠が、カンテーラの前にちゃんとした木の扉が備え付けられているものの、
 少々木の材質が古めかしいようである、そして、確かにドアの右上に突き刺さった鉄棒には、両端上を鎖で繋げられた、白線で四足ベットの絵が描かれた直線短いUの字型の緑の看板が付いていた
 どうやら、ちゃんとした宿屋のようである
 「失礼しまーす」
 「失礼しますです」
 そう言って、ぎぃとやはり古い木の音を立ててカンテーラとウィルピーが扉を開けて入るのを機に、俺達も追いかけ中に入って行く・・・
 足元が乾いた細粒々状の砂の感触から木の少し硬質な感触に変わる、
 白い塊の住居の中で、木の床と白い壁で構成されていて、少々古めかしい感じがするが、格調ある、ではなく、少し安っぽい古さ、という感じだ、
 左手前には上に廊下のある壁に埋まるような形でカウンターがあり、カウンターの奥には田の字をいくつもつなげたような棚があって、
 さらに左手の方にはカウンターの上の壁と同じ感じの手すりのある廊下に行くのであろう、階段が存在する、右手側は奥に行く廊下だ、
 この世界ではポピュラーな構造なのか?前も似たような宿屋見た気がするが・・・
 そして、カウンターの奥にいるのはやせぎすの日焼けした爺さんだ、黒白混じった灰色の髭と髪に、すこしきつそうな目をしており、前開きの白シャツを着て頭に桃色の布を巻いている、
 「とりあえず、話しかけてみよっか?」「そうだな・・・」「そうだねー」
 「安くないと泊まりたくないわよ、私は、旅費だって限られてるんだから・・・」
 色々言いつつも、俺はカウンターの前まで行き、爺さんに話しかける
 「部屋空いてる?泊まりたいんだけど・・・」
 爺さんの目が不審げに俺達を見降ろす
 「空いてはいるが・・・坊ちゃん保護者は?」
 「ダブモンじゃだめか?」
 「どうも」
 「どうもです」
 カンテーラとウィルピーが浮き上がり、頭を下げ挨拶する
 と、その爺さんが二体をじっと凝視する
 「・・・ふむ・・・人語を喋れるってことは、それなりに知能が高いのかね?」
 「見た通り、感じた通り」
 「ですね・・・」
 「ならいい、気の短いダブモンに問題起こされちゃ敵わんからな、十分注意してくれ、ま、人間も気が短いのはお断りだがな、そこのガキどもはとりあえず大丈夫そうだ、さ、とりあえず、値段はあのぐらいだ、」
 爺さんが親指で後ろにある、左右が炎のような紋章のような形をした黒板を差す、白い線で値段が書かれていた、ふむ・・・
 「この辺りじゃ安いのか?」
 「おいおい、坊ちゃん、この宿はな、ちょっと安めでたっぷりのサービス、ってのが売りなんだよ」
 「いや、その言葉も信用していいもんやら・・・」
 「いやいや、そもそも、もう日も暮れるだろう、夜道は危ないぜ?ここにしとけよ!」
 「どうする?」
 店主との問答の果て、後ろの方を向くと、三人が俺の方を見て
 「邪気は無いってことは、犯罪に巻き込まれる可能性は低いって事だろ?」
 「前の宿よりかは安いんじゃない?」
 「外、もう暗くなってるわ、探すのきついんじゃないかしら、一日ぐらいならちょっと高めでもよかない?」
 「なら決まりだな?部屋数は二つ、あの値段ならそれぐらいとれるだろ、でいいな?」
 「ああ」
 「いいよ」
 「元より私は異論無し」
 「なら、決まりだ」
 爺さんの方に振り返り、鞄の中から財布を出して、二部屋分の金を出してカウンターに置く
 「二部屋頼む、隣同士な、入り口からは近いほうがいいや、景色もとりあえず見たいけど、そういうとこあるかな?」
 「205と206かね、上に上がって直ぐだが、裏通りが見れる、明かりがついてるだけの質素なものだが、表のただ派手な宿屋通りよりはいいだろう、もっとも、そちら側はすでに一杯だが」
 「じゃ、そこでいいや、食事は?ある?」
 「ある、うちはサービス良いからな、出来たら呼ぶよ、奥にある食堂まで行ってくれ」今度は左手の親指を上の方から後ろに差す
 食堂の方向まで前の宿屋と一緒かよ・・・
 と、爺さんが後ろに振り帰ってすぐに戻り、
 「じゃ、これ鍵だ」
 後ろの棚より出された、上に部屋番号が刻印された金属製の鍵を出す、それを受け取り、
 「ほら」
 振り返って一つを四葉に差し出す
 「ありがと、あとで宿代払うわね」
 「なるべく早くな」
 そういうやりとりをかわしつつ、鍵を受け渡し、階段の方に向かう、
 と、階段を上がる前、向こうの廊下の奥の方からひそひそとこちらを見て何かを話す、人間とダブモンの女性か?の二人組が見えた
 人間の方は先が柔らかめの箒を両手に持っていて黒肌に目以外の顔を覆う黒いベールをかけ、下に長ズボンをはいた黒一色のロングスカートと長袖ながら白いフリル付きエプロンを着用している、
 ダブモンの方も似たような服装なのだが、黄色がかった爬虫類の顔であり、腹側は白い鱗で構成され、赤い目と二本の角を持ち、袖はなく、代わりに足の下から伸びた長い尾で箒を持っている、
 「ああいうのがいいんだよ」
 ん?カンテーラ?
 「人間とダブモン、両者が一緒になって働いて行ける環境がな、ダブモンは圧力や低賃金に敏感だから、そういう悪い場所からはすぐに逃げ出しちまう、人間と一緒になってひそひそ話できるだなんて環境は、ある意味ではダブモンにとって安心できる環境なんだ」
 「へぇ~」
 と、カンテーラが俺の耳元まで飛びこっそりと
 「ちなみに、あのダブモン、スッナアラっていう毒持ちだから、野生で出会った時は十分注意しておけよ」
 「う・・・わ・・・わかった・・・」
 女神がいなけりゃ死にかけたあの時の事を思いだし、思わずうめいた俺なのであった・・・毒持ちは・・・苦手だ・・・
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――