オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベを置いていきます。

到着!魔道都市マジカラ!! ダブモン!!5話/02 妖魔版

 
到着!魔道都市マジカラ!! ダブモン!!5話/02 妖魔版
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

f:id:OirenW:20190510140651p:plain


 「おっ、あったぞ、裏の勝手口!」
 夜空瞬く中、大きな塀と大きな家の間を歩いてきて、ようやく木の扉を見つける・・・この奥に、俺達が求めるものがある・・・
 「扉の裏から気配はしない・・・」横を飛ぶカンテーラが、こちらにチラリと微小に目を向けてきた「相棒、今なら行けそうだ」
 「なぁ、本当に行くのか良星?」
 「良星、無茶じゃない?っていうか・・・」
 後ろよりついてきた兎白と鼓動の不安そうな声・・・
 「早く行きましょう、なんか、面白そうでわくわくしてきたわ・・・」
 「改めて見ると、ちょっと人数が多い気もしますけどね・・・」
 対照的に意気揚々な四葉、少し呆れ気味のウィルピー・・・
 ・・・玉ねぎような形の屋根がある大きな屋敷の裏手・・・
 見上げると、白い壁にところどころ四角い穴の様に窓か通気口があり、下の方には観賞用か時々大きめの茂みがある場所で、
 目の前の逆U型の少しボロイ木の扉、やっと見つけたそれを見ながら、俺達は辟易していた、
 見張りに見つからないうちに入るべくその木の扉の丸い金属性のドアノブにそっと手を振れて逆時計に回すが、鍵がかかっているのか回し切れない
 思わずもう一度回してみるが・・・
 「やっぱりダメか・・・あ、そうだ、」思わず俺は確認するように再度上を見る「上は大丈夫そうだから・・・カンテーラかウィルピーが俺達を一人一人連れてあの窓とか通気口まで飛ぶとかできないか?」
 「ちらっと窓から変なのが見えた、俺達に頼るのは極力やめた方がいい」
 「同感です、あまり動くことも出来そうにないです・・・」
 え・・・?思わず浮遊する声の主達の方に目線が行く
 「どういうことだよ?何が見えたんだ?」
 声の主たちは共に高度を下げカンテーラなど着地しつつ、両者どこかの窓を見上げ
 「ダブモンの力を感知できるダブモンがいる、そういう感知方向に進化した奴がな、それが外に向けて警戒してる」そして俺達に目線を戻していき「極力お前らの周りにいて気配をごまかす、」さらに解説するように右手を微小に動かし出す「離れて長距離飛ぶのも控えた方がいい、力を振るうのも出来ない、中に入れば、警備の奴らである程度気配が分散するかもしれないが、派手な立ち回りはできないだろう」
 「見つかりたいって時ならいいでしょうけどね・・・」
 「そんなのいるのかよ?」
 今度は兎白が驚いたように発した
 「こりゃ、潜入作戦も一筋縄ではいかなそうだね・・・」
 続けて鼓動だ・・・
 「まぁ、ここまで大きいならそういったやつがいても不思議じゃない・・・」
 「ですね・・・」
 「どういうやつなの?カンテーラ、ウィルピー?」声を発した四葉に向かってカンテーラ達が顔を向ける
 「レダクロってやつだ、丸い羽毛を丸めたような奴って教わったな、見かけたら注意したほうがいい」
 「です」
 なるほど、そいつを警戒しなきゃいけないってわけか、それはそれでいいとして・・・
 俺はもう一度、扉の方に向き対峙する・・・「で、この扉は・・・」
 こいつ・・・どうしたら開くかねぇ・・・
 思わずドアノブを握り直しガチャガチャと音を立てていじりながら考え
 「そうだ!」
 俺は思い付きのままに足元の石を広い、少し壁から離れ、元来た道の方、極力壁から遠くに離れたところに・・・投げる!
 カツン!
 壁に当たり軽い音が響く!
 「隠れろっ!」「おい!」「ちょっと!?」
 「どういうことよ!!」「です」
 「あーあー、どうなることやら・・・」
 そして、皆して近くの茂みに体を入れる!
 「あ、私の体の光量は減らしておくですね」
 「俺のカンテラもだ」
 そんな中で、ウィルピーの体が灰色に染まり、カンテーラのカンテラの火がかなり縮小される
 「・・・来る!」
 カンテーラの声とともに、扉をこちら側に開け、二人の人間が出てくる、
 二人とも肌は日焼け黒い成人の男性、白いふっくらしたズボンに上半身に薄青い長袖の貫頭衣を着て、上に前開きの革のベストを付け、頭には革の帽子をかぶっており、右手に簡素な槍を持って、腰に短めの湾剣を差している・・・
 革の装備が目立つが、おしゃれと言うよりは防御力を重視した厚めの物、それに屋敷の主人の趣味か見栄だろうか、前面が少し絵が打たれた薄い鉄板のようなもので強化されている
 「確かに変な音がしたんだけどな・・・」
 「したした、何なんだろうな・・・」
 扉から出てきて、俺達の前を横切り、石を当てた方に向かって行く・・・
 「中に人はいない・・・今だ!」
 「ですっ!」
 カンテーラとウィルピーの声に、俺達は急いで扉の中に入る
 中は赤い絨毯が敷かれていたものの、右手向こうに木の机や椅子があったり後ろ右の外に面する壁の方に壁と一体となったかまどや机のようなまな板置き場があったり、どうやらキッチンのようだ・・・
 「あ、暗いからよくわからなかったけど、石が落ちてますよ・・・」
 後ろから先ほどの二人の声・・・
 「誰かのいたずらか・・・」
 「多分風のせいじゃないっすかねぇ・・・」
 「まあいい、持ち場に戻るぞー」
 まずい、来る!
 「正面の方、人がいない・・・」
 「です」
 正面のドアの無い出入口から出ると、白い廊下で三方に分かれ、正面に少し行ったところで中庭からか左手に並んだ窓から月光差す中で正面と右の分岐路が・・・
 急いで皆で正面右の分岐に駆け込み、様子を見るためにキッチンの出入り口の方に陰ながら顔を出すと、そこからさっきの衛兵達が出てきた・・・
 そのまま二人して俺達から離れるように右の方に歩き始める・・・
 よーし・・・
 「おい、来るぞ、後ろ!」
 え・・・?
 カンテーラの声に振り返ると、向こうからいきなり岩が通路一杯に転がって来ていた
 で、でぇええ!?ここ、室内の通路だろ!?
 
名・黒翼のレーダー監視者 レダクロ ダブモンNo.67
概・M モンスター コスト2 パワー1400 鳥・風属性
発・戦闘前・自任意・時限無し・条文の頭に指定:この戦闘に参加する
条・主対象:相手の手札、または、チャージゾーンの裏側表示のカード
   主対象単体であるため全対象とする
効・第一効果:(4-相手の戦闘を行うカードの枚数)
       の数だけ、一を指定し(手札の場合は枚数分ランダム)
       それを見て元に戻す
文・レーダーを属性の力で実体化させ辺りを監視するカラフトフクロウ型ダブモン
  実体化させることで周りにも見せ監視能力をより強化する、
  レーダーで可視化した獲物を襲ったり強敵より避けたりするが限界はある
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――