オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベを置いていきます。

月夜と私の過去と光の城 ダブモン!!4話/15

 

月夜と私の過去と光の城 ダブモン!!4話15
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

f:id:OirenW:20190402105852p:plain


 ガタガタ、ガタガタ・・・
 帰りの電車に乗りながら、流れる夜景を見て物思いにふける、
 帰りのラッシュ時間よりも少し早いためかガラガラに空いており、
 走る長方体の柔らかな薄茶色の鉄塊の内部には、上から垂れ下がったつり革も、定期的に配置された窓付きスライド扉の間にある並んだ窓下の赤いシートソファにも人はあまりいず、座ろうと思えばすぐに座れる、
 が、私はそこではなく、ここが好きなのだ、扉の前で、壁やソファ横の腕置きと両斜め前の捕まり棒にもたれかかるのが・・・
 その中で、私はスライド扉両中央に付けられた大きな窓から夜景を見ている、
 どうしてこうなっちゃたんだろう・・・
 私だって、一人の努力だけじゃどうにもならない、いずれは誰かと組まなきゃいけない、そう思ってはいる、
 でも、あの二人じゃない・・・
 ・・・もし、大人気のアイドルになれば、私は、私の思う通りに仕事ができるようになるのかしら・・・?
 でも、どうすればいいの・・・?
 思わず目から何かがあふれ出しそうになる、っといけないな、こんな調子じゃ・・・
 ポケットから画面携帯端末をだし、繋がったイヤホンを両耳に付ける、
 画面を操作し、流したのは、歌語理さんに聴かせたのとは違う曲、ひたすらに騒ぐような、そんな曲、
 それなのに、曲調などの骨子はしっかりとしており、期待を上回り続けるテンポと音で騒ぎ続ける、そんな曲、
 もし、組めるなら、この人と組みたいな、出来れば、作詞もして欲しい、この人、私が知る限り、歌と呼べるものは一つも上げられていないのだ、作ったことないのかもしれない、でも、この人なら、楽しく歌曲が作れる、そう思う・・・今の作曲家作詞家さんには悪いが・・・
 ・・・この曲の人、バハ魔ン枢機卿・・・
 名前からも当人の陽気な気質があふれている、無論、ハンドルネームである、本名ではない、
 明るい曲調が好みなのか、その曲をよく作る、ただ、気まぐれなのか熱い曲や暗い曲も時々見る、
 反面、悲しみが過度に込められているようなものはめったに見ない、
 二曲ほど聞いたが、ピアノの音から切なさが伝わる名曲だと言っていい、作らないのは当人の好みだと言っていいだろう、
 また、この人、かなりの量の曲、巻き巻き屋、地獄の覇者という二人の人間に提供しているのだ、もちろん、そちらもハンドルネームだけど、
 巻き巻き屋は新進気鋭のイラストレーターだ、ほんわかとしたものから影がキリリとたった絵、果てはマンガなど描く絵は多岐にわたる、
 当人は金儲けの感覚で描いているのか、販売用のオリジナルか、はやりものの二次創作が多い、
 ただ、その中で絵を描いてる様子を動画で見せる、ペイントソフトのカーソルや動作を見せるだけで実際の手や足や声は一切出てこない、という動画があるのだが、
 その中で、バハ魔ン枢機卿の未発表曲を出しているのだ、この人の、というか、この二人の動画は常に
 絵、巻き巻き屋、楽曲、バハ魔ン枢機卿、動画製作、地獄の覇者で通るため、わかりやすいのだ、
 バハ魔ン枢機卿の曲をかけている動画の背景に流す絵も巻き巻き屋が描いているに違いない、
 地獄の覇者も二人と同じく新進っぽいが、こちらは動画製作者だ、
 その為に二人以外の名前がスタッフロールに出ることも珍しくない、
 ただ、楽曲や効果音、絵や8割がたの3Dモデルなど、二人がカバーできるものは全てカバーしているという手の入れようだ、
 だけど、バハ魔ン枢機卿、ここ最近、新作の曲を出していないのが気にかかる、
 二人に楽曲を提供してるのはわかるのだ、楽曲、バハ魔ン枢機卿と出ているのにもかかわらず、聞いたことの無い曲が出る時があるから・・・
 どうしてだろう・・・出してる動画が他の二人はミリオン行ってるのに、一人だけその前で止まってるからなのかな、
 そんなの、気にしなくていいのに・・・
 ふと、私が頭の中に光景がよぎる、
 バハ魔ン枢機卿、私の想像では17歳ぐらいで快活でかっこいいタイプ、と歌鳥歌語理が手を繋いで仲睦まじく歩いているのを私がさびしく見つめている、そんな光景だ、
 そんな事、あるはずないのにね、そもそも、三人とも、どんな人間かは明かされていないのに・・・
 ・・・良い曲だなぁ、やっぱり、この人と組みたいなぁ・・・
 ・・・
 ・・・
 ・・・よし!
 曲から元気貰った、改めて、社長に言い返そう!!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――