オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベもどきを置いていきます。

ダブモン!ダブルカードモンスター!!19

 
ダブモン!ダブルカードモンスター!!19
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 報告書 ダブモン研究家 タイカリス・ワイズ
 
 題 ダブモンの生態について オーバー
 
 ダブモン、というものをご存じだろうか、
 と、書いても並みの人は知っているだろう、
 しかしながら、一部の異教徒は知らないようなので、この書き出しから始めさせてもらう、
 人間の中じゃ、女神教がほとんどを占めているため、知らないなど考えづらいのだが・・・
 ダブモンの誕生には世界樹が・・・
 と、話がそれた、ダブモンの生態についており、今回はオーバーについて考察させてもらおう、
 オーバーとは基本的に言うなら、他の個体よりもより何かに優れた個体、といっていいだろう、
 人間にもかけっこの速い遅いがある様に、ダブモンにも似たような物があるに違いない、
 いや、他にも感情や外部的要因により一時的に能力がカードの域を超えた、等もある、
 そうした場合が長じ、オーバーのカードとなるのだろう、
 だが、私は常々疑問なのだ、種族ごとに一貫したカードでいいだろうに、
 なぜ、個体差のあるカードが存在しているんだ?
 仮に個体差があるなら、もっと多彩な・・・
 この辺り、なぜこうなったのか、もっと考察してみる必要があるな、
 
 疑問に思え、全ての事を、文の中にあることを、
 答えは用意してくれるかは限らないが、自分で納得するまで考えることはできる、 
 
 とは、私のお気に入りの言葉である、単に本を読んでいる時に思いついただけだが、
 妄想家の金言であると私は考える、とは、私の自画自賛だろう、
 いや、色々書きすぎてしまったな、いつもいつも所属しているアリカタ王立研究所からは簡潔にするようにと・・・
 いかんいかん、これも削除対象だ、なんせこいつはそのアリカタ王立研究所の奴らが見るんだから、やれやれ、思ったことをそのまま書いてしまうのは悪い癖だな、資源の無駄遣いだ、
 資源なんて気にせずに物をかける世界に世界に生まれたらよかったのに・・・とは、調子に乗りすぎか、
 とにかく、これにて終了とする、添削したってインクで書いた文字が消えるわけじゃなし、早いとこ送っちまわないとな・・・
 

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com