オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベもどきを置いていきます。

リザルト・オブ・アイドル/2

 

リザルト・オブ・アイドル 2
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 目の前に広がる鉄の校門、砂の校庭、大きな校舎、
 「ここが、私立獏幸学園、私の、野望の地!!」
 凸型で上側に大きな丸時計が付いた校舎、校庭を取り囲む、オレンジの煉瓦で構成された塀に、細かい鉄棒柵のような両スライド式の校門、校庭に大きく描かれている直線とカーブで構成された陸上用トラック・・・
 「さぁ、まずは入学式だ~」
 紺色の多重折りスカートと同じ色の上着ブレザーを翻し、内のボタン付き白シャツと首元の赤い布糸蝶ネクタイを誇示し、周りの生徒たちと一緒に意気揚々と校門に入って行く
 ・・・
 「新入生一同~」
 ・・・
 というわけで、入学式も終わり、私は教室の、入ってきた時に決まった窓際後ろから二番目の元の席に戻ってきていた、
 ごく普通の教室、木の床、壁紙の貼られた天井と壁上半分、廊下側校庭側共に窓が上方一面に存在しており、
 正面と後方には大きな緑の黒板があって、私達の座る机は角の丸い木の板に下に金属製の円柱状の四つの足と教科書を出し入れするための前の開いた角カーブの箱状の鉄袋、それに鉄袋左右に付いたフックによって構成され、
 私の座る椅子はそれを小さくして袋とフックを無くし、木端を削り背中に金属の左右の棒と座る場所と同じように角の丸い板で構成した背もたれを追加したものだと思ってもらってよい、
 「え~それでは、一人一人自己紹介をしていってもらおうと思います、」
 前の方で机が縦に伸び、足が角化し、下方、前と左右に鉄板が追加されたような教壇に立つ女性が私達に問いかける、
 少し短めの黒髪を後ろでとっちらけて結び前髪パッツン、おとなしそうな顔立ち、体には黒のスーツとストッキング・・・
 「名前と簡単に自身の紹介を、まずは・・・」
 そうやってあいうえお順に生徒たちが指名され・・・
 「では次、青河 流美(せいが りゅうみ)」
 「はい!」
 廊下際一番前の女の子が席を立つ、真面目そうな顔にロングヘヤー・・・
 「青河 流美といいます、このクラスをきちんとまとめていきたいと思っておりますのでよろしくお願いします」
 真面目も真面目に頭を下げ、席に戻る
 「さて次は・・・」
 そうやって自己紹介が続いていく、
 無名より悪名、しかし、それを得るには覚悟が必要・・・これを失敗すれば人生を捨てることになるかもしれないわ、
 それでもこれに乗る?悪魔の言葉を信じる?
 でも、あなたならできるよ、私にはそう見える
 わかってるよ、あなたと私の夢は・・・
 「では次、天鈴 思慕(てんれい しほ)」
 「はい!」

f:id:OirenW:20180801163348p:plain


 立ち上がり得意げに、ただひたすらに、暗い影無く、明るく!
 「私、この学園に、アイドル部を作りますっ!!」
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com