オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベもどきを置いていきます。

戦獅との決着/10 カードゲーム小説WカードFu

f:id:OirenW:20170801161328j:plain
 
カードゲームライトノベル Wカードフュージョン15話 戦獅との決着10
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「なるほど、これが、これが双歩君、君が見ている景色か!!」
 絶対違う
 まぁ、文句言っててもしゃーないけど
 ともかく先にすすめよう、相打ちになった以上、向こうは少しは様子を見てくれるだろうが、こちら側に打つ手なしと判断されて動かれるとまずい、
 まずは、右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に返しつつ、
 「リチャージ!」
 「ほう、そう来るか、なら!」
 レオン君が反右手側の壁際に跳び距離を取って、右手を裏側表示のみで裏に返すカードの無いチャージゾーンの方にかざし
 「リチャージ!」
 さて、これで、僕の前には、手前側にカーディン、奥側にレオリングがいた、右手の壁の方にレオン君がいる、と、
 うまい具合に二体を視線に捉えて動くことができるな、数が多くなってきたらそれも出来なくなるんだから、今の内だけでもやっとかないと・・・
 さて、続けて、山札一番上のカードに右手をかけ、
 「ドロー!」
 「ドロー!」
 レオン君も同じようにカードを引いて来たか、
 とりあえず、少しずつ、レオン君をカーディンの向こう側に置くように動いて・・・
 レオリングの方も今はカーディンがにらみを利かせていてこちらの方を微小に見るも動く気配無し、早々何度も不意打ちされてたまるか・・・!
 で、今引いたカードは・・・バトルマシンズ カーディン カーモード!
 よし、これとコスト召喚で・・・
 獅子ロアー!!フルメタルリングロアード!!は発動条件から見てスタートダッシュ用のカードのはず、爪銃獅子ズ・レオグレイツはまだコストがそろわない、よし!
 まずは引いたばかりのバトルマシンズ カーディン カーモードのカードを1番に裏側で置き、続けて、左手の手札から別のカードを引いてチャージゾーンに裏側で置き、
 同様に、レオン君の方も、引いたばかりのカードを一旦左手の手札に入れて、その右手で別のカードを一枚引いて1番に裏側で置き、同じ様にもう一枚引いてチャージゾーンに裏側で置く、
 「セット!」
 「セット!」
 今度はカード発動での不意打ち無し、このまま何もせずに行ってくれればいいんだけど・・・
 ともかく、向こうも右手で1番に裏側で置いたカードを表にしてきてるし、こっちも、右手で1番に裏側で置いたカードを表に!
 「オープン!」
 「オープン!」
 「バトルマシンズ カーディン カーモード」
 「飛刃獅子 ザッシュトルネードレオ」
 突如、レオリングの後ろから背の上に向かい、濃青の機械獅子が跳ぶ!
 たてがみや爪、尻尾の先や胴部が濃い青の金属で覆われ、
 それ以外の顔、関節部、尻尾の間の部分などは鋼で構成され、赤い機瞳を持つ、
 その濃い青の機械獅子、ザッシュトルネードレオ、ザッシュがカーディンに向かって跳んで行く、
 刹那、レオン君もカーディンに向かって駆けだした!
 すると、カーディンが大きく後ろに跳ぶ!僕もカーディンから離れ、左手の壁の方に走る、
 カーディンが前に倒れながら両肩を上に上げ間に頭を入れつつ腕を180度反転させて上の両肩に収納、
 胸部のパトライトが上下対象になるように下二つのパトライトが扇の様に上がってX字のパトライトとなりながら腰から上半身が180度回転し、
 両足を思い切り上に上げるように上がってパトカーの形となりながら着地、ザッシュの跳びかかりを回避した!
 「はぁああ!!」
 しかし、レオン君は斜め運転席側前から跳び込み突っ込んでくる!カーディンは急いでバック走行、レオン君の跳びかかりを回避!レオン君の蹴りによって床回りの石材が隆起!
 レオン君がカーディンの方を目を細め見た苦々しい表情となり
 「ちぃい!避けられてばかりだとらちが明かないな!」
 勢いよく言い放つ、だからといってこっち来ないでくれよ・・・
 いや、このまま行かれて困るのは僕達の方か、それならば・・・
 僕は右手でチャージゾーンから一枚のカードを出す
 「レオン君、コストの見せ合い!」
 「だから何だ!」
 ありゃりゃ、やっぱりそうなったか、ううむ、仕方ないな・・・
 「カーディン!勝てそうにないから逃げるよ!!」
 「なにぃ!」
 「わかった!!」
 レオン君が目を見開いた驚きの表情でこちらを見て、次の瞬間にはカーディンが僕の前まで走り込んでくる!
 逃げ切れるかわからないけど、この広大で通路だらけの城の中なら逃げ切ることも不可能ではないっ!!
 「仕方が無いっ!」
 レオン君が右手でチャージゾーンのカードを二枚前に出してきた!
 よしよし、それでいい、
 「僕はこの二枚を飛刃獅子 ザッシュトルネードレオのコストに!」
 「僕はバトルマシンズ カーディン カーモードのコストにこいつを指定!!」
 「それでは」
 「表にする!」
 互いに前に出したカードを右手で表に!
 まずは、僕が前に出したカード!バトルマシンズ カーディン ロボモード Vol2!!
 続けて、レオン君が前に出したカード!爪銃獅子ズ・レオグレイツ
 と
 なっ!今表にした、獅子カムバック!!フルメタルリングカムバック!!っていうカード
 「僕は、爪銃獅子ズ・レオグレイツのコスト軽減効果で獅子カムバック!!フルメタルリングカムバック!!を裏側表示に!!」
 レオン君の顔がニタリと笑う、
 でも、ただ負けるよりはましだ!右手で前に出したバトルマシンズ カーディン ロボモード Vol2のカードを、左手で1番のバトルマシンズ カーディン カーモードのカードを持ち、
 バトルマシンズ カーディン ロボモード Vol2を1番に、バトルマシンズ カーディン カーモードをチャージゾーンに裏側表示で置きつつ宣言!
 「僕は、バトルマシンズ カーディン カーモードをコストにして、バトルマシンズ カーディン ロボモード Vol2を1番に召喚!!」
 「プログレスチェーンジ!!」
 突如、カーディンがザッシュに向かって走り出しつつ叫び、前部を開いて再度両肩にしながら顔を出して額のパトライトと羽のエンブレムをきらりと光らせつつ
 曲げていた足を延ばすように後部を開放、外装ごと伸ばしてその伸びた足を地に付かせ上前に跳躍、そこで腰が180度回転し、
 両肩の部分から両の腕がわきを締めるように出しながらこちらも180度回転させてタイヤの部分を外側に出し、
 そこで胸部となったパトライトの下二つの部分を根本から下に回転させるようにして収納、パトライトが緩いV字となりつつパーポーパーポーとなりながら光り、
 その右拳を突き出して顔前に迫っていたザッシュを殴り吹っ飛ばす!!
 「ザッシュ!ちぃい、レオリング!!」
 「グルォオオオオオ!!」
 ザッシュが床を転がりながらも四肢で踏ん張り、レオン君とレオリングの声に呼応して跳躍する!
 すると、ザッシュの顔が下に向かいつつ尾が上から胴に上がっていって体内に収納され、
 四肢の部分が外側に向かって行ったと思ったら、右前と左後ろの足の爪が反転、四肢が前後左右に向いて、
 獅子の頭が中央に付いた手裏剣の様になり回転し始め、そのままレオリングの方に向かい一ひねり十回転、その四肢の一つをレオリングが咥える!
 そして、レオリングが一気にカーディンに向かって走り出す!
 首を左に曲げた後反対側に振りザッシュを投げた!そこにレオン君が走り込んできて、ザッシュを蹴り、加速させる!
 「うおぉ!」
 それをカーディンは慌てて後ろに倒れ、回避!胸元のパトライトにザッシュが当たって上奥の方にザッシュが飛ぶ!
 しかし、ザッシュがそのままブーメランのように戻ってきて、カーディンの頭を狙う、
 同時にレオリングも走り込んできた!
 「はぁああ!!」
 が、カーディンは四肢を使い跳び起きつつ前方に大跳躍!レオリングを跳び越した!
 レオリングは向かってきたザッシュを口に再び挟みつつ、右後ろ足の方からカーディンの方に振り返って行く!
 しかし、カーディンの方が速い!カーディンは着地後一気に反転しつつ右拳をレオリングに向って伸ばす!!
 レオリングにカーディンの右拳が叩き込まれる!
 ドガァ!!
 レオリングがひるみ、後ろに下がるものの、一気に前進!
 そこにレオン君が合わせ、カーディンの背に向かい、一気に蹴り込んできた!
 「はぁああ!!」
 「カーディン、後ろ!」
 「またかっ!!」
 再度の挟み撃ち、だけど、カーディンは慌てずに車形態に戻ってバックしてレオン君の下をくぐる
 「これで終わりだと思ったか!!」
 レオン君がレオリングの額上たてがみに着地し、カーディンに向かって蹴りかかる!
 「はぁああ!」
 そこでカーディンが後ろに向かって走る!がレオン君との距離は詰まって行く!
 「仕方が無い!」
 カーディンがロボットに変形しつつ、後ろに大きく跳んでそちらから上の方に足を出しつつ一回転!
 「なにっ!?」
 レオン君はカーディンを追いかけすぎて位置が低くなっており、そのままレオン君が頭を下に出したカーディンの下を跳んで行く、
 その間にカーディンが上下回転をし終えレオリングを見据え、
 刹那、レオリングの方からザッシュが飛んで来た、それをカーディンは頭を思い切り下げてかわしつつ着地、レオリングの方に向かう、
 後ろからブーメランのように向かってくるザッシュ、前方から跳びかかってくるレオリング、
 だが、ここでカーディンは一気に後方に振り返り跳ぶ!今のはフェイントか!
 そして、ザッシュを一気に踏みつけ蹴り!地上に叩き落すと一歩下がって
 「はぁあああ!」
 一気に上に蹴りあげ、カーディンも後を追うように跳躍、後ろから回転しつつ足を上げてオーバーヘッドでの踵落としを決めた!!
 「まだだ!僕は獅子カムバック!!フルメタルリングカムバック!!の効果を発動する!!」
 ここでレオン君が遠くの方でチャージゾーンのカードを一枚表にしてきた!
 レオリングが一気にカーディンの真下まで走り込み、蹴りの衝撃かひびが至る所に入ったザッシュを口に加えつつカーディンに向かって跳躍!
 カーディンがレオリングが駆ける足音を聞いたか慌ててレオリングの方を向きながら両腕で防御!そこにザッシュがもろにあたる!!
 「ぐっ!」
 だが、ひびだらけのザッシュではカーディンに決定的なダメージを与えることができなかったか
 「はっ!」
 ここでカーディンは思い切り両腕を広げ、ザッシュを滑り抜かすように吹き飛ばした!
 ザッシュが向こうの方に飛んで行く・・・
 そして、それらの勢いからかカーディンとレオリングも吹き飛ばされ、カーディンが僕の向こう側の壁際に着地、
 同時に、レオリングも反対側の壁際に着地し、にらみ合う格好となる、
 レオン君はまだ廊下の向こう、と、緑の画面にライフカードを1枚取れという表示が出る、恐らく、さっきの獅子カムバック!!フルメタルリングカムバック!!の効果だろう、
 渋々、右手で一番右にあるライフカードを、とるっ!
 出てきたのはバトルマシンズブースト!急いでこいつを左手の手札に加え、
 っと、忘れないうちチャージゾーンのカードを一枚表にしてっと
 「僕はバトルマシンズ カーディン ロボモードVol2の効果を発動!バトルマシンズ カーディン カーモードをコストにして手札のバトルマシンズブーストを相手に見せ、バトルマシンズ カーディン ロボモードVol2をチャージゾーンに置く!」
 さて、レオン君はまだ遠くから走ってきてるし、飛んできたレオリングを警戒しつつ、カードバトルをちゃっちゃと先に進めよう!!
 
レオン
山札:28枚 手札:3枚 ライフカード:5枚
チャージゾーン:3枚 トラッシュ:1枚
モンスターゾーン
無し
 
VS
 
双歩
山札:28枚 手札:3枚 ライフカード:4枚
チャージゾーン:4枚 トラッシュ:1枚
モンスターゾーン
無し
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com