オイレンのラノベもどき置き場

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベもどきを置いていきます。

戦獅の咆哮/11 カードゲームライトノベルWカードFu

f:id:OirenW:20170802122808j:plain


カードゲームライトノベル Wカードフュージョン8話 戦獅の咆哮11
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 とにかく、カーディンと共に気付かれないよう間合いを測るように微妙に病院から離れつつチャージゾーンの表側表示のカードを右手で裏に返して、
 「リチャージ!」
 「行くぞ!レオ!!」
 「グルォオオオ!!」
 レオン君がこちらを向いて走りだし、レオリングも後に続こうとする、
 が、レオリングの走り出しは遅い、まだ回復しきっていないようだ、
 なら、早めに先に進ませる!!
 右手を山札にかけて、引くっ!!
 「ドロー!」
 「はぁあああ!!」
 レオン君がカーディンに右足で跳び蹴りをぶっ放してくる!!
 「なんの!!」
 そこをカーディンが右拳を振り上げ叩きつけて行く!!
 互いに拳と蹴りが弾かれ、後ろの方に少し飛ぶ!
 さて、今引いたカードは飛び出しキットニンジャ、
 こいつはこのターンは使わない、っと、
 今引いた飛び出しキットニンジャを左手の手札に入れ、続けて、右手で左手の手札から一枚のカードを引いて空いていた1番に裏側で置き、
 って、あれ、1番に?
 緑の半透明の板を見ると、2番に移動したバトルマシンズ カーディン ロボモード Vol2のカードは今だに2番に移動したままだ、
 あ、そうか、これがフルメタルムーブレオリグレイションの効果か、うう、仕方がない、このまま進めよう、
 左手の手札から、バトルマシンズ イースト&ウェストのカードを引いてチャージゾーンに裏側で置き、
 「セット!!」
 「グルォオオオ!!」
 ようやく復活しきったのか、レオリングが突如として走り出す!!
 「よし、行くぞ、レオ!!上から行け!!」
 レオリングが突如として高く跳躍!カーディンに上からザッシュを突きつけて行く!
 同時にレオン君がカーディンに走り込んで右拳を下から腰だめに構え、アッパーの姿勢を取る!
 ええい、右手で1番に裏側で置いたカードを表に!
 「オープン!!バトルマシンズ ライフブレイカーS・L!!」
 「はぁあああ!!」
 「グルォォォオオオ!!」
 レオン君がカーディンに向かってアッパーを撃ち出し、レオリングのザッシュの刃がカーディンに迫る!!
 「来いっ!!」一瞬だけレオン君がその手を開き叫んだ!
 すると突如、左道路の方から灰鋼の獅子が、右病院の方から黄ブチ藍色の機関車が飛び出してきた!!
 その二体が互いに正面からぶつかる!!
 ドガッ!!
 さらに、宙にいたレオリングがその二体を踏み台にしてカーディンにさらに迫り、レオン君の握り返したアッパーも来る!!
 と、突如機関車の機首の上に機首の上から外銀内藍片刃の刃が立ち上がって、レオリングを斬り裂こうとしていく!!
 「グルォッ!?」
 慌ててレオリングが左前脚を下に突き出して新たに現れた獅子を踏み台にしつつそちらの方に跳んでこれを避ける!!
 「今だっ!!」
 カーディンが後ろに一歩下がってレオン君のアッパーを避ける!!
 「なんのっ!!」
 レオン君はそのまま上空からカーディンに蹴りをかましに行くものの、カーディンは両腕を頭の上に出してその蹴りを防御、
 そのまま両腕を振り切り、レオン君を吹っ飛ばす!!
 「はあっ!!」
 「ぐっ!!」
 そして、さっきぶつかった勢いからか、機関車と灰鋼の獅子が互いに後ろへと弾かれる、
 機関車はところどころ黄色で縁取られている藍色の機体色をしていて、
 前方機首中央にパトランプと翼が象られた金のエンブレムが付いていた、
 と、突如、機体の中部から後部が上下に分割し、
 その内の上の方が機首の部分を胸部にして左右に分割、後ろから横に両腕を出すように展開し、
 左右に出した後ろの端の部分が開いて拳となりながら、出した部分が脇を閉める様に下がって両腕となり、
 その両腕が両手の平の部分を地に付けて機関車を浮かし、
 そのまま中部から後部の下に分離した部分を両足を下に出すように展開しその中の中ほどから下が左右に分かれ両足となりその上部分が腰部と変化しつつ両足を地に付け立ち上がり
 機首上の方から前に下げていた頭を上げるようにカクカクした兜の付いた頭が立ち上がり、その兜の後頭部から額に立ち上がるように機首上部の外銀内藍片刃と同じような刃が立ち上がった!!
 それは、黄色で縁取られた藍色で兜に胸部、腹部、両肩と手と足の中程から下が彩色され、
 両手両足の中部は白くなっており、口元は鉄の薄灰色のマスクとなっていて、その緑色の機瞳で正面、レオリングと新たに表れた灰鋼の獅子の方を見据えていた、
 灰鋼の獅子、その姿は、胴部が灰色の金属で覆われていてたてがみや尻尾の先が黄色い金属で出来ており、顔が白く四肢の前部分に刃のような意図が見えており、赤い機瞳を持っている、
 と、その灰鋼の獅子、グラディナイトレオ、ディナイトが突如上に跳ぶ!
 そこで尾の部分がまっすぐに伸び、両後ろ足がその尾を足裏で挟むように伸びて
 両肩が左右に飛びだしつつ両前足がまた両後ろ足の付け根を足の裏で挟み込むように伸び、
 そこで頭が上の方に回ったと思ったら胴部下から棒のような物が首の場所を中心に頭のあった場所にまで回り込み、獅子の顔が刃と柄の間にある、灰と黄の配色がされた剣と化す!!
 さらに、柄の部分が斜め90度に回りつつ、柄の先がレオリングの背に刺さってレオリングと一体となった!!
 「グルオォォォオオオ!!」
 よし、それじゃあ、バトルマシンズ ライフブレイカーS・Lのコストとして三枚チャージゾーンから右手で表に!!
 「僕は、バトルマシンズ ライフブレイカーS・Lのコストにバトルマシンズ カーディン カーモード、バトルマシンズブースト Vo、バトルマシンズ イースト&ウェストを指定!!」
 緑の画面でも、剣騎闘獅子 グラディナイトレオのコストでカードが表になった!!
 たしか、フルメタルムーブレオリグレイションの効果が効いているから二枚だけのはずっ!!
 表にしてきたのは獅子アタック!!パワーエネミーアタック!!と爪銃獅子ズ・レオグレイツ!!
 これは、コスト軽減条件が互いに起きてコスト軽減条件の発動はどちらも無し、
 それで、僕の方はバトルマシンズ カーディン カーモードを召喚できるけど、今回はしない、っと、
 S・Lがレオリングに向かって右拳を振り上げ殴り掛かる
 が、そこに右手側からレオン君が跳び蹴りをぶちかましてきた!
 あえなく、吹っ飛ばされるS・L、
 そこにレオリングが大上段からディナイト大剣を振り下ろしてきた!!
 「させん!!」
 そこにカーディンが右拳でディナイト大剣を右半身側から弾く!!
 その隙に立ち上がるS・L、対峙する四者、
 突如、レオン君が走り出す、行き先は、カーディンの方か!!
 「グルォォォォォォオオオオオオオオオオオオ!!」
 そこに今度はいきなりのレオリングの大咆哮!!
 獅子ダウナー!!パワーエネミーダウナー!!!?
 「ぐはっ!!」
 これにはカーディンとS・Lも両手で耳をふさぐ!!
 そこにレオン君が下からカーディンに向かって跳び蹴りをかける!!
 やらせない!!
 右手でチャージゾーンのカードを一枚表にしつつ宣言!!
 「僕はバトルマシンズブーストの効果を発動!!獅子ダウナー!!パワーエネミーダウナー!!を相殺する!!」と、カーディンがこの大咆哮の中、その右手を無理やり動かしながら握り、跳んで来たレオン君に向かって叩き付けた!!
 「なにぃっ!?」
 「グルォオオオオオ!!」
 あえなくレオン君が吹っ飛ぶも、反動でカーディンも吹っ飛んだ!!
 と、咆哮をやめてレオリングがその背中のディナイト大剣をS・Lに振り下ろしていく!!
 これをS・L、あわてて両手で挟まずに左手側に飛んで避ける!
 だが、これを見越してかレオリングが振り下ろしたディナイト大剣の角度を横に向けて一気に横に薙ぎ切っていく!
 S・Lはこの大剣を上に跳んでかわしつつ、レオリングに向かって急降下、その右拳をぶち当てて行く!!
 それをレオリングが慌てて顔を上げて、口に加えるザッシュを当てて行く!!
 何とかザッシュをS・Lの足にかすらせ、同時に、S・Lの右拳も軽くレオリングの背中を叩いた!!
 S・Lはレオリングを叩いた勢いで少し後ろに弾かれ着地、対するレオリングは追撃を警戒してかS・Lから離れるように右半身側跳んで間合いを開け
 「はぁあああ!!」
 そこにレオン君が跳んできた!!
 レオン君はS・Lに向かってその右拳を振り上げ、
 その右拳をS・Lが右拳を振り回しレオン君ごと弾く!!
 が、そこにレオリングからザッシュが飛んで来た!
 「なんの!!」
 これをカーディンが上から右足で踏みつけ止める!!
 が、いつの間にか、レオリングがいなくなっていた!?
 い・・・一体どこに!!
 「上だ!!」
 カーディンが大声で叫ぶ!
 上を見上げると、確かにレオリングが背中の大剣をS・Lに向けるように跳んでいた!!フルメタルレオグラッシャー!?くそっ!!相殺できない上にS・Lが避けられるタイミングではない!!S・Lはあえなく両腕を上に上げて防御!!
 「させない!!」
 カーディンが左の足に力を込める、上に跳んでレオリングに攻撃を加えようとしているのかっ!
 「やらせない!!」
 そこにレオン君がカーディンの左足をかすらせるように飛び蹴りを放ち、かする!!
 「うわっ!!」
 ザッシュを右足で踏んで左の足に力を込めていたカーディンはこの一撃でバランスを崩し、レオリングに攻撃を加えるタイミングを失う、
 その間にレオリングが大剣でS・Lを防御していた両腕ごと斬り裂いた!!
 「ライフブレイカーS・Lーーーーーー!!」
 カーディンの大声が響く中、S・Lは両断されて左右に倒れ爆発!消滅した!!
 「このおぉ!!」
 カーディンがレオリングに向かって走り、その右拳を突き出す!!
 レオリングはこれを背中の大剣で受ける!!
 そこにレオン君がカーディンに向かって跳び、右足を振り上げる!!
 「はぁあああ!!」
 「でりゃ!!」
 だが、次の瞬間、今度はカーディンが大きく前に、レオリングの背後に向かって跳んだ!!
 あえなくレオン君の跳び蹴りは避けられた、
 カーディンが縦に一回転しながらレオリングの後ろの方にレオリングに背を向け着地する、
 しかし、そこにレオリングがとっさに大剣を回して振ってきた!
 前方に、後ろに振り返りつつ前進してこの大剣を避けるカーディン、
 そのまま再度前に動きながらレオリングを後ろの方から掴みあげて
 そこにレオン君が上空から降ってくる!!カーディンが背を向けている間に上に跳んだのだ!!
 「カーディン上から来る!!」
 「わかった!!」
 その跳び蹴りを両手で持ったレオリングで弾くカーディン!!
 「ぐっ!!」
 レオン君がひるみながらも弾き飛ばされ、
 カーディンは両の手のレオリングをそんなレオン君の方に放り投げる!!
 「でりゃあ!!」
 「ちぃい!!」
 レオン君は着地しつつ後ろに跳んでレオリングを避ける!!
 だが、レオン君はそれだけでは終わらない!!
 レオン君は僕の方をチラリと見がすぐにカーディンの方に向った方がいいと判断したのか前に向き直って速効で地に叩き付けられたレオリングを乗り越えつつカーディンのすぐ前まで跳んで着地!!
 そのままその右足を前に出して蹴りを繰り出した!!
 「はぁあ!!」
 ゴン!!
 「うぉっ!!」
 至近距離から大きな音を立ててカーディンの足の鉄板をへこますレオン君!!
 受けたカーディンはそれだけでバランスを崩しそうになり、何とか後ろに跳んで距離を取り、
 そこにレオリングが跳躍!!
 そして、背中の大剣を振りかざし、
 瞬時にカーディンが上に向かって両腕で防御する!!
 一体何を?
 そう思った瞬間、上からザッシュが飛んで来た!!
 なんと、さっきのレオン君の一蹴りの合間にレオリングが上に放り投げていたのだ!!
 だが、これはカーディンが防御した両腕をかすりつつ弾かれる!!
 そのままカーディンは両手を広げ白羽取りの体勢に、
 そこでいきなりレオリングが道路側に跳ぶ!!
 よく見ると、跳んで来たレオン君に左の方に向かって蹴られていた!?
 そのままレオン君は地上に着地しつつカーディンに右足跳び蹴りをかけて行く!!
 「ぐっ!!」
 カーディンはあわてて両腕でレオン君の蹴りを防ぎつつ左手の方に跳ぶ!!
 レオン君に蹴り飛ばされたレオリングから距離を取るためか?何のために?
 次の瞬間、レオリングがザッシュを口に加えてカーディンに向かって跳んでいた、カーディンはあえなく腹部にザッシュをかすらせる!レオリングからカーディンが離れるように跳んだのは、レオン君がレオリングをカーディンの白羽取りを避けさせつつザッシュを拾わせるために左の方に飛ばしたのを見越しての事か!!
 そのままだともっと深いダメージを負っていたに違いない、
 おそらく、レオン君達は上に飛ばしたザッシュが弾かれカーディンが白羽取りしようとしたところを見た時点で方針を転換、
 レオリングにカーディンの白羽取りを避けさせつつザッシュを拾わせての奇襲作戦に切り替えたんだろう、
 カーディンが着地し、間合いを測るようにその足を止める、
 と同時に、レオン君とレオリングも足を止め、カーディンとの間合いを計っている、
 っと、緑の画面にダメージ判定!!ライフカードを1枚引いて手札にしてください!!って出てるな
 それじゃあ、次はっと・・・これ!!
 右手で今は一番右側、元は右から二番目のライフカードを持って、引いてみるっ!!
 出てきたカードはバトルマシンズ ギャリット・ザムライ!!
 こいつは・・・よし!
 とりあえず左手の手札に移してっと、
 とにもかくにもようやくレオン君にダメージを与えられた、ライフブレイカーS・Lがいなくなった上にダメージもらったのは痛いけど、
 これからまだまだ、だ、少しずつ、逆転していって見せる!!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――