オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベを置いていきます。

参上、ブラックカーディン/10 カードゲーム小説WカードFu

f:id:OirenW:20170731090138j:plain
 
カードゲームライトノベル Wカードフュージョン12話 参上、ブラックカーディン10
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 まずは、緑の板右側、何も置かれていないチャージゾーンに向かって、
 「リチャージ!」
 「行くぞぉ!!」
 向こうの黒色カーディンの両腕がなぜか横に180度回りつつ上に上がる、
 続けて、山札の一番上のカードを右手で引くっ!
 「ドロー!」
 黒いカーディンの両肩が上に閉じて顔を隠し方に両腕を収納、黒いパトカーの前部とする!
 僕が引いたのはバトルマシンズ カーディン ロボモード!!
 よし、こいつで一気に攻めるぞ!
 今引いたバトルマシンズ カーディン ロボモードのカードを裏側でチャージゾーンに置き、
 続けて、左手の手札を見る、
 で、今現在の手札は、今引いたバトルマシンズ カーディン ロボモードに加え、
 バトルマシンズ カーディン カーモード、機鱗の盾、スライスフィッシュ&フィッシュボーンスープ、バトルマシンズブースト、機原盾石の大岩、この六枚、
 やはりここは、これだ!
 左手の手札から右の手でバトルマシンズ カーディン カーモードのカードを引いて緑の板中央奥の1番の場所に裏側表示で置き、
 「セット!」
 黒い色のカーディンの胸元のパトライトの下二つが上に出てきてX字型のパトライトを形成しつつ少し跳躍し、腰が上半身ごと180度回転して足を思い切り曲げてパトカーの後部としつつタイヤを下にして着地し、こちらに走り出してきたっ!!
 「双歩!離れていろ!!」
 「わかった!思い切り行って、カーディン!!」
 急いで左の壁際に向かって走りつつ右手で1番に裏側で置いたカードを表に!
 「オープン!!バトルマシンズ カーディン カーモード!!」画面に互いのカードが表示されたっ!黒カーディンがカーディンに向かって走る!!
 ブラックカーディン!?それがあいつの名前か!!でも、コスト3なら召喚できないはず、現に緑の画面の方のブラックカーディン ロボモードのカードはチャージゾーンに裏側に行っちゃったし・・・
 と、カーディンが少し上に跳びつつ両肩を上に上げ、両腕も180度横に回しながら上に上げて顔を両肩の間に収納しながら両腕を両肩に入れてパトカーの前の方とし、
 胸部のパトライトの下二つが上に上がってX型のパトライトとなりつつ腰が上方と共に180度回転し両足が外装ごと上に上がってパトカーの後ろの方になりながらタイヤを下にし着地、ブラックカーディンに向かって走り出す!!
 そのままカーディンとブラックカーディン、Bカーディンがあわや正面衝突!
 というところでカーディンが左側にBカーディンが反対側へとずらす!
 ドバチッ!
 互いのサイドがぶつかって火花を散らし、そのまま大きな円を描いて走り込み
 研究員たちが各々逃げ惑う中で
 「あわわわ・・・「あわわわ・・・「あわわわ・・・」
 再度互いのサイドをぶつけあう!
 ドババチッ!!
 さらに、もう一度大きく円を描き走り込んで今度は正面からサイドバンパーをぶつけあう!!
 ドガァ!!
 大きな音と衝撃が響きわたり、二台が大きくスリップして回転する!
 がすぐに復帰して一気に正面から衝突!!
 ズガァッ!!
 互いに押し合う状態となる!!
 よし、今だ!
 「僕はバトルマシンズ カーディン カーモードのコストにバトルマシンズ カーディン ロボモードを指定し、1番に召喚!コストにはバトルマシンズ カーディン カーモードを指定!!」
 右手にチャージゾーンのバトルマシンズ カーディン ロボモードのカードを持って、左手の1番のバトルマシンズ カーディン ロボモードのカードを持ち、互いの表示形式と場所を両腕を交差させつつ入れ替える!!
 すると、カーディンの後部が一気に外装ごと展開して地に叩きつけられ上に跳ぶ!
 そして、前部の両肩を開き、その両外側から両腕を脇を閉めるように降ろしながらタイヤを外側に出すように180度回転させ変形させて両肩の間から出た鋼の顔の付いた先の切れたような三角頭の額のパトライトと羽のエンブレムをきらりと光らせ腰を180度回転しつつ胸部のパトライトの下二つを内側に収納、胸のパトライトをピーポーピーポーと鳴らして光らせる!!
 そこにBカーディンが走ってくる!着地を狙うつもりかっ!?
 「甘い!」
 が、カーディンはいきなり両足を大きく後ろに曲げてこの着地狙いを避けた!
 カーディンの下をあえなく走り去るBカーディン、が大きく右腕に弧を描いてまたも向かって来る!
 「その程度!!」
 カーディンが着地しつつ反転、タイミングを計って両手でBカーディンを挟んで持ち上げた!!
 「カーディン、そのまま叩きつけて!!」
 「わかっている!!」
 カーディンがBカーディンを挟み持つ両手を振り上げた!
 「おっと、そうはいかないぜ!」なっ!?画面に黒き機械の一直線突進(ブラックカーディンストレート)っていうカードがっ!?
 「どりゃぁっ!」
 突如、Bカーディンの後部が曲げていた足を伸ばすように下前に一気に伸ばして、カーディンを蹴り飛ばす!
 「ぐわぁ!!」
 そして、前部の方を左右に開いて両肩としながら少し黒い先の切れた三角頭と鋼の顔を出し、両脇を閉めるように両腕を出しながらタイヤの方を外側に出す感じで両腕を180度回して出てきた頭の額にある羽とパトライトの黒いエンブレムをギラリと光らせ、
 腰を180度反転させつつ胸部のパトライトの下二つを内側に収納し、着地、一気に右拳を振り上げカーディンを追撃、ぶん殴って行く!
 黒き機械の一直線突進、効果は、ブラックカーディンをコスト減で召喚したうえでパワーも上げるだってっ!?
 Bカーディンの拳が不意を突かれたカーディンの左頬を捉える!
 「ぐふぅっ!」
 だが、カーディンも負けてはいない!その場に踏みとどまりながらこちらも右の拳を上げ、殴り掛かる!
 「見え見えなんだよっ!」
 が、Bカーディンはこれを寸でで右足にかわしつつ右足を振り回していく!
 「ぐぬぅ!」
 これをまともに左脇腹で受けるカーディン、が、その左手でその足を掴んでいた!
 「なにっ!?」
 「うぉおおおお!!」
 そのまま両手でBカーディンの右の足を掴み振り回し始めるカーディン!
 「うおりゃああ!」
 だが、Bカーディンはその左足を上げて右足を掴んだカーディンの右手に叩き付ける!思わず右手を離すカーディン!さらに、回っていた勢いでBカーディンが掴んでいたはずの左手すらもすっぽ抜ける!
 「な!?」
 あわてて回転を止め、Bカーディンの方を向こうとするカーディン、
 その間にもBカーディンは両足を後ろ下に出して着地し、その反動を利用して天高くに跳躍、右足を下に出し、落下と跳躍の勢いを利用しての跳び蹴りをカーディンに叩きつけた!!
 「ぐはぁ!!」
 吹っ飛び倒れるカーディン、そこにBカーディンが両足で走り込んでいく!!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com