オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベもどきを置いていきます。

メインサーバのありし場所/2 カードゲーム小説WカードFu

f:id:OirenW:20170721181016j:plain
 
カードゲームライトノベル Wカードフュージョン14話 メインサーバのありし場所2
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「え~・・・」
 だが、遠い!!たしかに、見えた城のようなものの方に向かって走っているのだが、まだまだ着きそうにもない
 いや、大きくなっているから確実に近づいてはいるのだ、近づいてはいるんだけども!
 「はぁ・・・」
 思わずため息をつき、座席に寄り掛かり直す
 「もう少しかかるな、とにかく、休んでてくれ、近づいたら声をかける」
 「わかった・・・」
 ううむ、にしても、あのお城、一体どれだけの大きさがあるのやら・・・
 リュッケン達と別れた後も、色々見かけたなぁ・・・
 そういや、山で工事している機械を見たな、解体破砕機 ゴレムタックラー
 一つ目で立ったサイのような見た目、肩の挟み角でハゲ山の岩を解体してたっけ、
 効果としては相手を手札に戻すだけ、か、相手がコスト0のみはネックだな~
 それから・・・蝶々だ、蝶センサー チョーサーヒラーリ、珍しいと思ったらやっぱり機械だった、そして、速攻で頭を引っ込めた、今んところなんの影響も無く、通報とかされてる感じじゃないが・・・
 効果としては手札からの召喚効果だ、
 もっとも、コストが必要な上に多い、これを補い切れるかが活用できるかの分かれ目だろう、
 で、他に・・・そう、岩に座っていた、太細色々な鉄パイプと球体関節と頭、それに頭の上の煙突で構成された偏屈そうなロボットがいたな、煙突力量機 ケンインダー、
 ずいぶんと退屈そうな顔で考え事してたが・・・
 カードの効果としては移動させるだけだけど、うまく使えば一気に相手にダメージを与えられるだろう、活用しきれれば・・・になるけどね
 に、しても・・・
 ほんの少し前の方を見ると、城がまだまだ大きくなっていっている所だった、
 それはもう、城とかいうレベルを超越している、そう、言うなれば・・・
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com