オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベを置いていきます。

メインサーバの元、現れしエンジニア/9 カードゲーム小説WカードFu

f:id:OirenW:20170803115433j:plain
 
カードゲームライトノベル Wカードフュージョン17話 メインサーバーの元、現れしエンジニア9
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 あれは!?
 錆色の砲弾が飛んで来た方を振り返ると、ものすごく遠くから砲弾が飛んできている・・・錆色の・・・中ほどに突き出た継ぎ目がある砲弾だ!!
 距離が遠すぎてなぜ砲弾が飛んできてるかとかどこから飛んできてるとか全く分かんないんだけど!!
 が、その砲弾は的確にガイキシンを捉えて行く!あんなにデカいんだから当てんの簡単だけど!!
 いや、あの砲弾どこかで見た覚えが・・・
 「っち、目障りだな、神聖な戦いを邪魔しおって・・・」
 ガイキシンが遠くの何処かを的確に見据え言い放つ、
 どうやら、ガイキシンにはどこからどうして砲弾が来ているのかが見えているようである
 「少し掃除してくるか・・・」
 え・・・?掃除・・・?
 言った瞬間、ガイキシンが跳躍、両足を体育座りのようにまとめつつ両肩も前にロールして出し、
 背中のマントのような戦闘機の羽を左右に広げつつ頭を下前に下げると連動して戦闘機の機首が出てきて戦闘機に変形!
 そのまま真上に飛ぶと、大きく後ろに円を描くように飛びながら砲弾が来た方を向き、勢いよく飛んで行く!
 ええっと、どうなってんの・・・?って、ああ!緑の画面にガイキシンを後ろからとらえた絵が!
 下に地肌のような機械がところ出ている荒野と山、上に青空が映っているが・・・これは一体・・・?
 あ!そうか!!ガイキシンを追って行ったガイキシンの緑の板と画面がこれを映し出しているのか!!
 と、下の方にトレーラーが大量に見えてきた、四角い荷台を上に上げたたくさんのトレーラーだ、黒髪の少女らしき人影や老人らしき人影、それらを始めとしたたくさんの人影もある、
 いや、違う、あれは人影じゃなく、ロボット・・・そうか、レジスタンスのみんなか!!あの砲弾もあのトレーラーから撃った物に違いない、
 そして、そこに一気にガイキシンが近づき、その下の地面がいきなり隆起し、トレーラーやレジスタンスたちが吹っ飛ぶ!!
 な・・・何が起きたんだ・・・?
 急いでトレーラーがあったであろう場所の方を向くと、そのあろう場所には、大きな山が隆起していた、
 恐らく、あのガイキシンの巨体から発する衝撃波か何かで地面が隆起したのではないだろうか?
 それにしてもすごい威力だ・・・みんなは無事なのか・・・?
 と、ガイキシンが上にUターンして一気にこちらに戻ってくる!そして、機首、頭、羽、両手両足を戻して元の姿に戻り
 「さぁ、続きをしようか?」
 足下からブースターをふかしつつ、元の場所に静かに着地する!
 ・・・?なんであんなに遠慮して・・・?
 いや、とにかく、ダメージ判定出てるし、右手でライフカードの一番右側のカードを、引くっ!
 出てきたのは・・・これは・・・?、こいつを左手の手札に加え、
 と、ガイキシンの方が右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏にしてきた、
 こっちも右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏にし、
 「リチャージ!」
 「リチャージ!」
 さらに、右手を山札にかけると、
 ガイキシンの方にもカードの一枚付いた枝が行き、ガイキシンはそれを右手に取り引くっ!
 「ドロー!」
 「ドロー!」
 出てきたのはマシンスパークグリリアス!
 こいつは左手の手札に入れ、向こうが手札からカードを引いて2番に裏側で置く、
 このターンは・・・よし!これだ!手札から引いて裏側表示で、こっちは1番に置く、
 すると、向こうの方はチャージゾーンに裏側で置いてきた!
 こちらは、ええっと、よし!機械荒野の巻き砂だ!!こちらもチャージゾーンに裏側表示で置いて、
 「セット!」
 「セット!」
 そして、右手で僕は1番に、
 ガイキシンは2番に裏側で置いたカードを表にするっ!
 「オープン!」
 「オープン!」
 「バトルマシンズ ウェストオーセブン!!」
 「メガメカロード・ダンザイ!!」
 
名前:メガメカロード・ダンザイ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2500
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加している時
        ・自分の手札にこのモンスターと
         同名のカードが存在している時
        ・コスト2以下かつパワー1500以上の
         相手のモンスターを指定できた時
効果:発動条件で出したこのモンスターと同名のカードをトラッシュに送り、
   以下の3つの効果の内2つを使用する、
   ・指定した相手のモンスターをいずれかの場所に送る
    ・相手のトラッシュに送る
   ・次の戦闘終了時まで、
    指定した相手のモンスターのパワーを1000下げる
   ・自分の山札から1枚カードを引いて自分の手札とする
カテゴリ1:メカロード カテゴリ2:断
テキスト:これが、彼奴らを断罪する処刑台・・・
 
名前:バトルマシンズ ウェストオーセブン
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1000
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に相手のモンスター・ツインズが
        参加する時
効果:次の戦闘に参加する
   相手のモンスター・ツインズのパワーを500下げる
   ・自分のチャージゾーンに、
    カテゴリ:バトルマシンズのカードがあり、
    この効果でパワーを下げて、
    パワーが0以下のモンスター・ツインズをトラッシュに送る
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:新幹線
テキスト:狙い打つわ!!
     そのスナイパーライフルは、ありとあらゆる相手を撃ち抜く!!
 
 上の方から何かが降りてきた!?あれは・・・死神だろうか・・・?
 大きな黒紫のフードつきローブマントに、頭と思われる部分には機械のメタリックどくろがあり、マントの下には木のような石材で出来た両腕が見え、その両腕は大ガマを携えていて、髑髏には右目にのみ、赤い光が宿っている
 「こいつでそこに倒れてる奴らを処刑してやろう・・・」
 倒れてる奴らって・・ああっ!?
 僕の前には、前のターンの攻撃でカーディン、イースト、S・Lが仰向けに倒れ仰いでいた!
 くそっ!一気にとどめを刺すつもりかっ!?あの大鎌でっ!!
 「そうはさせないわ!」
 そこで左手側にいたウェストが両腕を内にしまい腰から下をつま先を上げつつ後ろに回して顔を前に下げ新幹線に変形し、僕達の前に走り込む!
 そして、中部から後ろが下に回って自身を上に跳ばしつつ新幹線前部が胸部となり、中部から下が左右に分離して両足となりながらその上が腰部を形成、つま先を上から下に伸ばすように黒いつま先が現れ、前部すぐ後ろから右の方が飛び出して右腕となり、反対側が周辺の装甲と共に飛び出し、肩にプレートを付けたような左腕となって、
 胸部上から、前に伏せていた頭を上に上げるように上げる、
 それは、白い鋼の顔に銀の機瞳を持ち、頭に薄銀の鋭角的なヘルメットをかぶっているような頭部をしており、
 次いで、左手で左足中程を押すと、その部分が飛び出し、中からスナイパーライフルが出てきた!
 そのスナイパーライフルを左手に持ち、空中で、上にいるメガメカロード・ダンザイ、メガダンザイに向かい、放つ!
 ダァン!
 一条の弾丸がメガダンザイのマントの一端を貫き、あわててメガダンザイは上に飛ぶ!
 そのままウェストが地に着地!
 ズドォオン!!
 左手で飛び出した部分を押し戻し
 「今のうちに早く!!」
 ジャイロとスパイクが左右から現れ、カーディン、イースト、S・Lの元へ向かい
 「私は大丈夫だ・・・」
 カーディンが立ち上がり、ガイキシンを見据える!
 が、それをジャイロとスパイク心配そうに見て
 「大丈夫って・・・」
 「本当かよ・・・」
 気遣い、声をかける
 「ああ!このくらい、なんてことは無い!」
 対し、カーディンは自信たっぷりに言い放つ!
 「ならいいですが・・・」
 「きつかったら退避しろよ・・・」
 ジャイロがイーストを、スパイクがS・Lを担いで左右の分割城に退散していく
 「いいだろう、それならば、向かって来い!!」
 ガイキシンが言いつつ、右手でチャージゾーンのカードを三枚前に出す、
 あれは・・・コストの見せ合いか!それならば!
 右手でこちらもチャージゾーンのカードを一枚前に出す!
 「いいだろう!!」
 カーディンがガイキシンに向かって行く!が、ガイキシンがこれを右つま先で蹴飛ばす!
 「ぐほぉっ!」
 軽く吹き飛んだものの、今度は見事に着地!そこにメガドリルが向かって行く!
 「ぐっ!邪魔をするな!!」
 カーディンがメガドリルに走る!
 さて・・・
 「僕のコストはこいつだ!」
 「ふむ、ならば表にしよう!!」
 前に出したカードを表にすると、
 ガイキシンも表にしてきた!
 まずは、僕が表にしたカード!!
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800
 
 バトルマシンズ カーディン カーモード、だ!次いで、ガイキシンが表にしたカード!
 
名前:機発 メカロード
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
名前:機閃 メカロード
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
 
名前:機抜 メカロード
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 機発 メカロード、機閃 メカロード、機抜 メカロード、全部戦闘前タイミングを持つリサイクルカードじゃないか!ということは、こっちは召喚できるけど・・・
 「僕は召喚できるが、このコストではしない!」
 
ガイキシン&メインサーバ
モンスターゾーン 
メガメカロード・ドリル M コスト:3 パワー:2700
メガメカロード・ダンザイ M コスト:3 パワー:2500
チャージゾーン
裏:1表:3
 
鋼野 双歩&カーディン
モンスターゾーン
バトルマシンズ ウェストオーセブン M コスト:1 パワー:1000
チャージゾーン
裏:4表:1
 
メガメカロード・ドリル M コスト:3 パワー:2700
 
FIGHT!!
 
バトルマシンズ ウェストオーセブン M コスト:1 パワー:1000
 
 さて、ここからメガドリルだ、パワー2700という超大型・・・普通なら倒せないけど、この状況なら・・・
 右手でチャージゾーンのカードを一枚表にし、宣言!
 「僕はバトルマシンズブーストの効果を発動!バトルマシンズ ウェストオーセブンのパワーを600上げる!!」
 「それで・・・?」
 
名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで300上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで300上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
 
 ガイキシンが冷徹な言葉を吐きかけてくる、ううむ、出来れば何かで相殺してほしかったんだけどな、そう簡単にはいかないか・・・
 「はぁああ!!」
 カーディンが叫び、その両手をメガドリルに叩き付け、メガドリルのドリルの動きを止めて行く・・・
 おっし、それなら・・・
 もう一枚、右手でチャージゾーンのカードを表に!
 「僕はバトルマシンズフルブーストの効果を発動!バトルマシンズ ウェストオーセブンのパワーを1200上げる!!」
 
名前:バトルマシンズフルブースト
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで700上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで500上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
 
 カーディンがメガドリルのドリルを両手で押さえながらその右ひざを叩き付けた!
 「でやぁああ!!」
 ゴッ!
 あれ・・・?メガドリルのドリルに少しひびが・・・今までの攻撃が功をそうしたか!?
 「ふっ、だが残念だったな・・・」
 ガイキシンが右手でチャージゾーンのカードを一枚表にしてきた、なんだっ!?
 「私は機裂 メカロードを発動!バトルマシンズフルブーストを相殺するっ!!ぬんっ!!」
 
名前:機裂 メカロード
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する自分のモンスターが
        カテゴリ:メカロードを持っていた時
        ・次の戦闘を行う相手モンスターのコストが0だった時
         もしくはパワー1000以下だった時
効果:次の戦闘のみスキップする
カテゴリ1:メカロード カテゴリ2:スピリット
テキスト:戦いの中、相手の攻撃を分断し、防ぎきる
 
 ガイキシンが剣を持ち替え、刃先を大地に叩き付ける
 「うおっ!!」
 辺りが揺らぎ、カーディンが足をとられ、逆に、メガドリルはキャタピラでしっかりと己を支え、ふらついたカーディンを吹っ飛ばす!
 でも、これならば・・・右手でチャージゾーンのカードを一枚表に!
 「僕はここで、機械荒野の巻き砂を発動!メガメカロード・ドリルのパワーを相手の総モンスターのコストから自分のモンスターの総コストを引き、300かけた数だけ下げる!!」
 
名前:機械荒野の巻き砂
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターゾーンにいる、
        全てのモンスターを指定できた時
効果:このターン、指定したモンスターに以下の効果を与える
   ・指定したモンスターのパワーを300下げる
   ・(相手の全てのモンスターのコスト-自分の全てのモンスターのコスト)
    の数値×300下げる、0以下の時は発動しない
   ・指定したモンスターの内コスト4以下かつ、パワー1000以下で
    コストが一番低いモンスター1体を選択してトラッシュに送る
カテゴリ1:砂 カテゴリ2:砂撒き
テキスト:撒かれた砂はただただ、たくさんいるものを沈める
 
 向こうの総モンスターのコストからこちらの総モンスターのコストを引いた数は五、つまり・・・
 「はん・・・そんなものは・・・いや・・・」
 ガイキシンが動きを止める、そう、ガイキシンにはもう手札も無い、その他のカードも発動できない!
 さらに、ついでとばかりに右手を前に出し、宣言!
 「次いで今度はバトルマシンズ ウェストオーセブンの効果を発動!ウェスト!」
 「任せなさい!」
 ウェストがスナイパーライフルをメガドリルに向ける、邪魔するであろうメガダンザイは空の上、ガイキシンの剣も間に合わない、これならば・・・
 ウェストのスナイパーライフルから弾丸が放たれる!が、メガドリルは一気に前進してドリルで弾く!
 「ぐっ・・・せめてあのひびに入れば・・・」
 ズボッ!
 次の瞬間、メガドリルが前のめりにこける!機械荒野の巻き砂の効果で地面が砂状になって前進した時にめり込んでしまったのだ!
 「バカめ!メガドリルは地底戦車だ!このまま地下に潜ればいい!」
 でも、地下に潜るためにドリルの回転速度は遅くなっている、今ならば・・・
 「狙い打つわ!」
 ウェストがスナイパーライフルで回転するメガドリルのドリルを狙い・・・
 「そこっ!」
 銃弾を撃ち放す!
 銃弾はものの見事にドリルのひびに入り込み、ドリルが徐々に遅くなり、一回転したあたりで動きを止める!
 「ほう・・・」
 「はぁっ!!」
 ダン!ダン!ダン!
 ガイキシンが感心した声を上げる中、幾多の弾丸が放たれ、その全てがドリルのひびに命中し、メガドリルが爆発!消滅した!
 
ガイキシン&メインサーバ ダメージ
 
戦闘終了
 
バトルマシンズ ウェストオーセブン M コスト:1
パワー:1000+600 パワー合計:1600
 
 「しかしながら・・・こちらはどうかな?」
 上空からメガダンザイがウェスト・・・ではなく、カーディンに向かって行く!
 
メガメカロード・ダンザイ M コスト:3 パワー:2500
 
攻撃
 
双歩&カーディン
 
 「そんなもの!」
 ウェストがメガダンザイにライフルを向け撃ち放し、続け様に弾丸を放つ!
 が、弾道が見切られているのか、全てマントにかする程度で終わる
 「なっ!?」
 そのままカーディンの方に近づき
 「くっ」
 ウェストが銃撃を断念、だけど!
 「はっ!」
 カーディンがその右拳をメガダンザイの腹部に突きつける!
 ドガッ!
 が、突きつけた場所では、拳がマントに埋まったのみだった、そんな、マントに胴体があるように見え・・・まさか、見えるように作られてるだけっ!?
 「しまっ・・・」
 メガダンザイの両腕が二回直角にコの字に曲がってカーディンの首を掴みそのままメガダンザイがカーディンの後ろに滑るように移動、顔を下に向けるように様に固定させ、その間にも、右手の鎌が不思議と上に向いて移動し、鎌の刃もスライドして少し上に行き、
 さも、断頭台のようになる!
 「なっ・・・この!」
 カーディンが両手でメガダンザイの両腕をつかんで離そうとし
 バリバリバリッ!
 突如、カーディンに大電量の電撃が走り、思わずカーディンが前のめりに倒れる!
 「ぐぬぅ・・・」
 が、メガダンザイが完全に倒れるのを許さなかった、
 そこに、断頭台の刃が振り下ろされた!
 
メガメカロード・ダンザイ M コスト:3 パワー:2500
 
戦闘終了
 
双歩&カーディン ダメージ
 
 ゴンッ!!
 「グオッ!!」
 だが、カーディンの首は切られはしなかった、
 単純にカーディンの装甲が鎌の棒から滑り動いた刃より強固だったのである
 「ふむ・・・それならば・・・これならどうだ?」
 今度はガイキシンの右人差し指が上から鎌の棒を押し下の棒を押し曲げつつ、カーディンの首を切って行く!
 「ぐわぁあああ!!」
 鎌の刃がカーディンの首に喰い込む!
 
ガイキシン&メインサーバ
デッキ:∞枚 手札:1枚 ライフカード:4枚
チャージゾーン:4枚 トラッシュ:12枚
モンスターゾーン
無し
メガメカロード・ダンザイ M コスト:3 パワー:2500
 
VS
 
鋼野 双歩&カーディン
デッキ:26枚 手札:4枚 ライフカード:2枚
チャージゾーン:4枚 トラッシュ:2枚
モンスターゾーン
バトルマシンズ ウェストオーセブン M コスト:1 パワー:1000

次へ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com