オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベを置いていきます。

メインサーバの元、現れしエンジニア/2 カードゲーム小説WカードFu

f:id:OirenW:20170721181016j:plain
 
カードゲームライトノベル Wカードフュージョン17話 メインサーバーの元、現れしエンジニア2
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「い・・・今の声は・・・!?」
 鎧騎士の方を見ても、その騎士は、ただただ威厳で持って玉座に座るのみ、
 と、その鎧騎士の目がゆっくりと鈍く赤い光を放つ!
 「初めまして、我が名は、ガイキシン」
 「ガイキシン!?」
 「ガイキシン!?」
 僕とカーディンが驚嘆の声を上げると共に、その鎧騎士、ガイキシンがその顔をこちらの方に向ける
 ガイキシンって、メインサーバーの守護者じゃないか!確かに、守護者ならメインサーバのある部屋に居ても不思議じゃないけど、でも、前に見た時には確か・・・
 「でも、ガイキシンって、人間ぐらいの大きさしかないはずじゃ・・・?」
 「人間ぐらい・・・?それは私のホログラムではないかな?、立体映像でここまで大きくする必要は無かろう?鋼野 双歩、」
 う・・・・言われてみれば確かに・・・前に見たのはレース場で、確かにホログラムだったけどさ・・・
 「このぐらいの大きさのホログラムもあるが、場合によって使い分けているのだよ」
 な、なるほど・・・
 「さて・・・」
 ガイキシンが改めて僕達の方を見降ろし、見据えてくる
 「こんなところまでよくたどり着いたものだな、一体何ようだ?メインサーバから情報を引き出したいのかな?」
 「当初はその予定だったけど・・・」
 「双歩、君が行ってくれ」
 「え・・・?僕が?」
 「そうだ」
 「え~っと、僕が・・・?なんで・・・?」
 「ここには人間は君しかいない、出来る限り、彼と話すのは人間の方がいいだろう、彼の、人間不信を解くためにもな・・・」
 「う・・・まぁ、そうかもしれないけどさ・・・」
 「安心したまえ、出来る限り、私の方からもフォローを入れよう、レオリングも」
 「グルォグルォ」
 レオリングが首を縦に振り、肯定する
 ううむ・・・よし、やれるだけやってみよう
 右手で右腰付近の赤いスイッチを押してシートベルトを外し、左手でドアの窓際のロックを引き、解除し、扉のノブを引いてドアを開け外に出つつ後ろ手右手でドアを閉め、ガイキシンを見上げ、
 改めて正面を向き、ガイキシンに向かい前進する
 「ほぅ・・・」
 立ち止まり、ガイキシンの方を再度見上げる、と
 ガイキシンが僕の方に注目してくるのが見える・・・よし・・・
 「初めまして、ガイキシン、鋼野 双歩(ハガネノ ナラブ)です」
 「初めまして、双歩」
 ううむ、この大きさとこの威圧、かなりきついなぁ、さすがは統治者、と言うべきか・・・でも、言わなきゃいけないんだ・・・
 「今回は、お願いがあってきました」
 「ほほう、一体何かな・・・?」
 お願い、というよりも脅迫に近い気もするが・・・
 「僕達の世界への侵攻を止めてください」
 「それは出来ないな」
 無下も無く、断られてしまった、でも、話し合いはまだまだ始まったばかりだ
 「なぜです?」
 「人間は我々を虐げてきた、これから先もそうする可能性がある、ならば、人間が生き残っている以上、それらはすべて殲滅せねばなるまい」
 「それは違います」
 と、今度はカーディンが話し、僕の左手側に出てくる
 「少なくとも、私はそんなものは受けていない、人と同じ業務規定であるし、週休も有給休暇もある!給料はメンテ費用とゲームに消えたりするが貯金もある!!」
 カーディン・・・もしかして、今までの戦いの修理もカーディンの給料から出たのか・・・?
 「それに・・・修理は保険が適応される!!」
 ほ・・・保険まであるのか・・・?
 「お前はそうだろう、だが、我々は?我々の不安はどう解消すればいい?」
 「それを、どうにかするのかが指導者の仕事じゃないの?暴力で戦わず、傷つかずにどうにかするのが、権力は争わないためにあるんじゃないの?」
 「どうにもできないと判断したら?」
 「他の才ある者に託す、もしくは、どうにもできなくても命尽きるまで頑張る、どうしてもというのなら投げ出したっていい、ただ、あなたがあきらめて戦いに傾向するようになるのが一番ダメだ」
 「ならば、我は君がその逆を行こう」
 「僕が人間だから?」
 「そう、君が人間故に、だ」
 「私は、双歩の意見を支持する!どんな理由であろうと、暴力の解決は忌避されねばならない!」
 「グルォグルォ」
 カーディンが同意の意を示し、レオリングが首を縦に振る
 「ふん、詭弁だな、レジスタンスの力を借りておきながら、それも暴力ではないのかね?」
 ガイキシンの冷たい言葉が走る
 ま・・・それもそうなんだけどね、でも・・・
 「でも・・・あなたは暴力を振るわずとも解決できる・・・」
 「ん・・・?」
 「レジスタンスのみんなは、暴力を振るうしか選択肢が無かった・・・」
 「・・・」
 「レジスタンスのみんなは、虐げられていたんだ、人間として・・・あなたはそれを止められたはずだ、彼らより、巨大過ぎる権力があったはずだ、そして、その力で、少しずつ人間との融和策もとれたはず、でも、それはしなかった・・・今からでも、遅くない、少しずつでも、人間と仲良くしようよ!!」
 「・・・やはり、対決は避けられんか・・・」
 ガイキシンの両目が、ひときわ強い光を放つ!
 来るか!?ああいった手前だけど、やはり、やるしかない!!
 「カーディン!行ける!?」
 「ああ!」
 「レオリングは!?」
 「グルォオオオオオオ!!」
 カーディンとレオリングが肯定の言葉と咆哮を示す!!
 「ちょっと待った!!」
 「ちょいとまったぁ!!」
 
次へ-n
次へ-a
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com