オイレンのラノベ置き場・双札

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベもどきを置いていきます。

本当の、未来への最終決戦!!双歩VSカーディン!!/2 カードゲーム小説WカードFu

f:id:OirenW:20170731090138j:plain
 
カードゲームライトノベル Wカードフュージョン18話 本当の、未来への最終決戦!!双歩VSカーディン!!2
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 まずは、右手で緑の板右手側、何のカードも置かれていないチャージゾーンに向かい、
 「リチャージ!」
 「リチャージ!」
 カーディンも宣言し、続けて、山札から右手で一枚引き、
 「ドロー!」
 「ドロー!」
 カーディンがカードを引いた瞬間、そのカードをチャージゾーンに置き、左手の手札から一枚引いて1番の場所に裏側で置く
 よし、こっちも、今引いたのは・・・これは・・・
 こちらも引いたカードをチャージゾーンに裏側で置きつつ、左手の手札から右の手でカードを引き、1番の場所に裏側で置いて
 「セット!」
 「セット!」
 さらに、僕が1番に裏側で置いたカードを右手で表にすると同時に、
 カーディンも1番で裏に置いたカードを表に!
 「オープン!!」
 「オープン!!」
 「「バトルマシンズ カーディン カーモード!!」」
 突如、僕とカーディンのそれぞれ右手後ろ側から、X字のパトライトを持つパトカーがパトライトをパーポーパーポーと鳴らして光らせ、突進してくる!
 そして、それらは中央で思い切り正面衝突!
 ズガン!
 反動で宙に吹っ飛んだ!
 「双歩、コストの見せ合いだ!」
 「わかった!」
 右手でカードを一枚前に!
 「それでいいな、それでは・・・」
 「表に!」
 互いに前に出したカードを表にする!
 まずは、僕が表にしたカード!
 バトルマシンズ カーディン ロボモード Vol2!
 続けて、カーディンが表にしたカード!
 バトルマシンズ カーディン ロボモード!
 こちらがバトルマシンズ カーディン ロボモード Vol2で、あっちがバトルマシンズ カーディン ロボモード、互いに召喚できるカードだ、つまり
 「互いに召喚できるカードは、無い!」
 お~し、このまま相打ちだな
 「が、私はここでこいつを発動する!バトルマシンズチャージターボ!」
 カーディンが右手で左手の手札からカードを一枚引き、提示してくる!
 「当然、私はこの効果でバトルマシンズ カーディン ロボモードを召喚するっ!双歩は?そちらもカードを一枚、コスト扱いで発動、召喚できるぞ!」
 「もちろん、その誘いに乗らせてもらうよ!バトルマシンズ カーディン ロボモード Vol2を1番に召喚だ!!」
 さぁ・・・
 「プログレスチェーンジ!!」
 「プログレスチェーンジ!!」
 僕とカーディンが叫ぶと同時に、二台の前部が開いて両肩となりながら、その間から先が切れた三角頭と黄色い機目持つ鋼の顔が出て、額にあるパトライトと羽のエンブレムがきらりと光り、
 後部がその曲げていた足を外装ごと伸ばしすように展開させながら腰が180度回転、同時に両肩の部分から脇を閉めるように両腕の部分が飛び出し、両腕がタイヤの部分を外側に出すように180度回転、
 胸部のX字のパトライトの下二つが内側に振り子を上げるように胴部に収納され、緩いV字のパトライトとなりパーポーパーポーと音を出しながら光り、両足から着地!
 その右拳を互いに前に出す!
 その二体に差はあまりないが、僕が呼び出した方は胴部に赤がさしてあり、カーディンの方は白黒色が目立つ
 「行けぇ!」
 「行くんだ!」
 互いに召喚したカーディンとカーディンVol2が走る!
 先に右拳を突き出したのはカーディンの方!
 それをVol2が左腕で外側にいなしつつ右足を振り上げ、カーディンが強引に左手で抑えながら右ひざを叩き上げ、
 Vol2は右足を下に降ろして大地に叩き付け後ろに跳び下がりカーディンがそこに追って行き、Vol2の方も後ろに下がり、地に着地した勢いを両足を使い反転させ前進、
 それぞれの右足を外側から叩き込む!
 ドガンッ!!
 右足同士がぶつかり、辺りに衝撃波が走る!
 そこで一度下がり、Vol2が回転ラリアットを大きく繰り出す!
 カーディンはそれを両腕で防ぎながら大きく両腕を前に開いて弾き、こちらは左回し蹴り!Vol2は右足で受け止めつつ右腕で払いのけ、カーディンがこの隙に両手でVol2の胴を掴みこみ、思い切り後ろの胴を曲げ、バックドロップを決める!
 が、これにもVol2はひるまず、右ひじを正面のカーディン頭部に打ち付けひるませて自身を解放させつつ両手で自身を下から上後ろに弾き飛び着地しつつ反転、次の瞬間には小跳びから両膝叩き付けをカーディンの胴に喰らわせた!
 カーディンがVol2を両手で押し振り払い立ち離れ踵を返し、対するVol2も距離を取りカーディンの方を見据える、互いに顔面と胴に、カーディンには肘と膝による裂け傷ダメージが、Vol2にはバックドロップ時に頭と胴が叩きつけられたへこみ裂け傷ダメージがそれぞれでき、動きも緩慢になって来ている、
 そこで、二体が、右拳を振り上げ、走り出す!
 中間点で突き出される右拳、
 ズガン!
 拳同士がぶつかり、辺りに衝撃が走るものの、二体は下がらず、今度は左拳を突き出す!
 ドガン!
 互いに弾かれるが、これを好機と、二体共に右足を踏込み、右拳を再度思い切り突き出した!!
 バゴン!!
 相手の左頬に文字通り突き刺さる右の拳、そして二体は、そのまま後ろに倒れ爆発、消滅する
 「ここでバトルマシンズチャージターボの効果により、二枚のカードが持ち主のチャージゾーンに行く!」
 カーディンの宣言通り、バトルマシンズ カーディン ロボモード Vol2とバトルマシンズ カーディン ロボモードのカードが僕とカーディンのチャージゾーンに一人でに飛んで、そして
 「ターンエンド!」
 「ターンエンド!」
 僕とカーディンの宣言が響き渡った、
 さて、1ターン目終了、痛み分けといったところか、これ以上、痛くならないように、手札を勘案して戦略を立てないと・・・

次へ
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com

oirenw.hatenablog.com