オイレンのラノベもどき置き場

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベもどきを置いていきます。

カードゲームライトノベル Wカード

f:id:OirenW:20170719102958j:plain


カードゲームライトノベル Wカード

 いきなり、僕の右横の壁に向かって巨大なロボットが吹っ飛んできて壁に突っ込む!!
 ズガン!!
 壁が壊れ、辺りに砂煙が舞い散っていく!!
 な、なんなの!?
 ロボットが突っ込んだ壁の方、砂煙の中心部を思わず見る、
 そこには、さっき吹っ飛んできたロボットがいた、
 その両肩を左右に開いて別れたパトカーの前部のパーツが構成し、ドアとドア周辺の部分が腕になっていて、
 パトカーの後ろ部分が両足を構成し、四肢にひとつずつタイヤが付いており、胸部にゆるいV字のパトライトが付き、
 黄色い機瞳と鋼の顔を持ち、頭は先の切り取られたような三角頭になっていて、額の部分に特徴的な羽とパトランプ型の金のエンブレムが輝いている、
 だが、そのロボットは胸部をはじめとして、体中のところどころが破損しており、立っているのがやっとで、とても動けそうには見えない、
 「な・・・なに・・・?」
 「グググ・・・」
 「おうおうおう!!」
 声が聞こえたロボットの反対側を見ると、そっちの方から何かが歩いてくる、
 それは、二足歩行の巨大な狼!!
 全身が薄汚い灰色の毛でおおわれていて、体に着た紫の簡素な服の間から筋肉の形の鎧に覆われるの胴がかいま見え、その爪は鋼鉄の刃となっており、
 その牙は白銀のように輝き、眼光鋭く茶色い目を持ち、全体のその大きさは家1つを優に超える!!
 「どうやら、そんな鋼の体をしていても、このオレ様、リュッケン様のツメとキバにはかなわないようだなぁ!!ガッハハハハハ!!」
 大口を開け、大笑いする2足歩行の巨大な狼!!
 って、リュッケンだっけ、どうしよう、この状況・・・
 「な、なぜだ・・・」
 いきなりロボットの目が点滅し、ロボットから音声が聞こえた!!
 「なぜだ、なぜこいつには、一切の攻撃が効かない・・・」
 「ヘッヘッヘ、どうやら、オレ様の防御性能を上回ることは出来ないみたいだなぁ・・・!!
  ガッハハハハハ!!」
 リュッケンが大口を開けて笑う!!
 「ちゃちな銃や貴様の鋼の拳なんぞ、なんの役にも立たねぇんだよ!!
  どんな刃も、ビックバンの炎も、絶対零度の寒さも、神のイカヅチも、悪魔の音も!!オレ様には効かねぇんだからな!!」
 リュッケンは勝ち誇りロボットに向かってゆっくり歩いていく!!
 「くそぅ・・・新しいシステムも起動しないし、どうすれば・・・」
 新しいシステム?なんだそれ?
 いきなりロボットの左拳が力なく開かれ、左手から何かが落ちる!!
 パラパラパラパラ・・・
 あれは、白と黒二色のカード!?
 足元まで来たそのうちの1枚を思わず拾い上げる、
 なんだろ、このカード、後ろの方にWって書いてある・・・
 ガシャン!!
 いきなりリュッケンの右手がロボットの首を掴み、ロボットの首を体ごと浮かび上がらせる!!
 「ガ、ガァア!!」
 「このまま、葬り去ってやるぜ!!」
 ええ、このままじゃ、あのロボット、まずくない!?
 ん?破損したロボットの胸元から、何かが落ちてきた!!
 ガシャ!!カシャカシャカシャ・・・
 足元に転がってきたそれを、開いていた左手で思わず拾い上げる、
 何だろこれ、上が白、下が黒の四角い物体?
 あ!!中央にパトランプに羽を模した、あのロボットの頭のエンブレムと同じものが付いてる!!
 ピッ!!
 ん?ひろったそれから音が
 いきなり僕の前に水平な角の丸い緑の半透明の板が現れ、板の奥上に同じような色合いの緑の画面が映し出される!!
 写し出された緑の画面には、緑の半透明の板が前後反転して映し出されていた!!
 えっえっ、なんなのこれ、何すればいいの、あれ、画面にどうすればいいか書いてある!!
 ええっと、とりあえず、こう宣言すればいいのか・・・
 「リチャージ!!」
 「ケッ!!とっとと壊してやろうか!!」
 「リチャージ」
 リュッケンの声と同時に緑の画面の向こうから機械的な声が聞こえた
 え?今の機械的の声は、誰の声?・・・ま、まぁ、いいや、誰の声でも・・・
 ええっと、次は・・・画面を見てみたら、山札からカードを引くって書いてあるけど・・・
 と思ったら、破損したロボットの胸元から多数のカードが緑の半透明の板の左の方に向かって飛んできて後ろの方を上にして積み重なる!!
 それをリュッケンがいぶかしげに見
 「ん?なんだ、ま、いいや」
 すぐにロボットに視線を戻した、
 リュッケンがいぶかしんでいるが飛んできたこのカード群は一体・・・
 もしかして、積み上がったこのカード、山札かな、よ、よし、それなら引けるぞ!!
 左手に持つ四角い何かを緑の半透明の板左手前の方に置き、左手を山札の一番上のカードにかけて・・・
 「ドロー!!」
 一気に、引く!!
 「さぁさぁ、このまま右手に力を込めたらどうなるかな!!」
 リュッケンがロボットの首を持った右手の力を強める!!
 「う・・・ぐぐぐ・・・」
 「ドロー」
 また画面から声が・・・って今はそんなこと気にしない!!ロボットの方も心配だけど、とにかく今はこっち!!
 ・・・ええっと、引いたカード、どんなカードなんだろう、これ・・・発動タイミング?戦闘後?ううんわからん!!
 困り、思わず、緑の半透明の板の上に左手に持つカードを左手に持ったまま投げ出す、
 シュ!!
 いきなり緑の画面に何かの説明が現れた!!
 え?一体なにっ!?
 もしかして・・・これ、このカードの説明か!?
 うわっ!!便利!!この画面、説明書きも出るのか・・・
 ふむふむなるほど・・・これなら、やってみるか!!
 引いたばかりのカードを緑の半透明の板右側の方、チャージゾーンって緑の画面に書いてあるけど、チャージゾーンに後ろの方、ではなく裏側で置いて、
 続けて、右手の手札から、1枚のカードを左手で引いて、緑の半透明の板中央少し奥の、緑の画面に1番て書いてある場所に裏側で置き、
 「セット!!」
 「ほらほら!!どんどん壊れて行くぜぇ!!」
 「グ、グガガガ・・・」
 リュッケンがロボットの首を持った右手の力をもっと強める!!と、ロボットの首から金属のきしむ音が聞こえてきた
 ギギギ・・・
 「セット」
 と、音声が聞こえると共に、緑の画面の向こうの1番とチャージゾーンにもカードが裏側で置かれた・・・どういうことだ?
 ええい!!もうわけわかんない!!
 とにかく、先にすすめるぞ!!
 左手で1番に裏側で置いたカードを持って、表に返す!!
 「オープン!!」
 「さぁ、どうしたよ!!オラオラ!!」
 リュッケンが右手の力をこれ以上ないぐらいに強める!!
 「ハッ!!」
 いきなりロボットがリュッケンに向かって右足で蹴りをぶち当てた!!
 「グォア!!」
 リュッケンは思わず右手からロボットを離す!!
 すると、ロボットの肩が上に閉じてパトカーの前部分となりながら、両腕が横に180度回りつつ両腕を上げるように両肩の方に動いて収納され、
 腰が180度回った後両足の先の方がただひざを曲げるように後ろに行きパトカーの後ろ部分になり、
 胸のパトライトの後ろの方から前後対象となるようにパトライトの赤い部分がパトライトの根元の下から後ろの方に振り子が上がるように回転して出てきて特徴的なX型パトライトになって、
 ロボットは完全にパトカーの形となり、地上に降りて、走り出す!!
 「ぐっ!!このオレ様に攻撃を加えるとは、やるじゃねぇか!!」
 え、えぇ、
 ロボットが脱出したのはいいけど、ええっと・・・
 「早くカードを動かすんだ!!」
 パトカーとなったロボットが、大きく円を描くように僕の前まで走ってきて、前のライトを点滅させ、
 「どうやら、そのカードが、私に力を貸してくれるらしい!!」
 ライトを声に合わせて点滅させながら、話す!!
 え・・・カードが力を貸してくれるって、そんな馬鹿な・・・でも、ロボットの言う通りなら・・・それなら・・・よし、進めてみよう!!
 僕が表にしたカードはこれ!!
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このモンスターが戦闘で敗北するか引き分けた時
        自分のモンスターゾーンにこのカード以外に
        カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスター存在している時
効果:このカードをこの戦闘でトラッシュに送らなくてよい
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:車
テキスト:走り込む、機心の力!!
 
 あ!!緑の画面の向こうでもカードが表に!?
 
名前:リュッケン 狼撃の構え 牙狼
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このカードのコストに、
        カテゴリ、名前に「狼」「獣」「ウルフ」「ビースト」
        のいずれかの言葉が入るカードが指定できた時
        下記のどちらかの条件を選択できた時
        1:次に戦闘を行う自分のモンスターが
          カテゴリ:ウルフを持っている時
        2:次の戦闘で戦闘を行える自分のカードが参加しない時
効果:満たした条件に応じて2つの効果のうち1つを使用する
   このカードのコストに指定したカードはこのカードコストで表になった時、
   召喚や効果の発動などを行えない
   1:次の戦闘が行われるまで、
     次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを300上げる
   2:発動条件で指定した場所の自分のモンスターゾーンにこのターンの間、
     名前:リュッケン 狼撃の構え
     種類:M モンスター
     コスト:1 パワー:1100
     効果の発動タイミング、効果の発動条件、
     効果、テキスト、いずれも無し
     カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:獣機狼・狼撃
     を召喚する、
     このカードは召喚された場所を移動すると移動した後、消滅する
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:狼拳
テキスト:放たれたその爪は、何物をも切り裂く!!
 
 「ハッハッハッ!!そう来なくっちゃなぁ!!」
 突如、リュッケンが舌なめずりし、両手を力を入れて少し広げ、
 右手を右上に、左手を左下に、左足を前に、右足を後ろに出した特徴的な構えを取る、
 「来いよ!!オレ様の爪で、お前のボディに、もっと傷を付けてやるぜ!!」
 「大丈夫だ!!」
 パトカーとなったロボットが前部のライトを点滅させる
 「私は君を信じている!!君と一緒なら、あの圧倒的な力を持つあいつを打ち倒せると!!」
 よ、よし、何か知らないけど、先に進めるぞ!!
 確か、緑の画面の説明によれば、
 表にしたカードのコストを支払わなければならないらしい、
 そのコストは、えっと、チャージゾーンにあるカードを、コスト分表にすることで支払ったことになる、と、
 バトルマシンズ カーディン カーモードはコスト1だから1枚だ、
 それなら、こいつだ!!
  
名前:バトルマシンズ カーディン ロボモード
種類:PM プログレ
コスト:1 パワー:2000
召喚・効果コスト:「カーディン」
         の言葉が名前に入っているモンスターカード
相殺効果・止 発動条件:このカードの効果が相殺された時 コスト:無し
       発動後:カードの在り方に変更無し
   相殺時に発動された相手のカードの効果の発動を無効にして、
   相殺扱いで元の状態に戻し、このカードの効果を発動する
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このプログレスが
        相手のモンスターかプログレスに戦闘で敗北するか引き分けた時
        自分のモンスターゾーンにこのカード以外に
        カテゴリ:バトルマシンズを持つ
        モンスター・プログレスが存在している時
効果:このカードをこの戦闘でトラッシュに送らなくてよい
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:ロボ
テキスト:立ち上がりしその姿は、正しく鋼の戦士!!
 
 左手でチャージゾーンのカードを表にしたぞ!!
 ええっと、緑の画面には、このカードはコストとして召喚できるカードで、
 さらに、召喚コストも満たしているので召喚できます、って書いてあるな、
 よし、じゃあ、召喚だ!!
 召喚するためには、表にしたこいつをモンスターゾーンの戦闘を行えるカードの無い好きな場所、
 もしくは、コストとなるべき戦闘を行えるカードの場所のいずれかに置き、
 モンスターゾーンにあるコストとなるべきカードをチャージゾーンに裏側で置く、と、書いてある、
 なら、コストとなるべきバトルマシンズ カーディン カーモードを左手に持って、
 召喚するバトルマシンズ カーディン ロボモードを右手に持って、
 交差するように両方のカードを交換!!
 「カーディン、プログレスチェンジ!!」
 パトカーとなったロボットがいきなり叫ぶ!!
 な、なに!?
 パトカーとなったロボットが叫ぶと、前部が開いて肩になりつつ顔が出て額に着けたパトランプと羽を模したエンブレムがきらりと光り、後部が勢いよく足を延ばすように伸びて足になりつつ足が地に付いてそのままロボットの体全体を宙に飛ばし、そのまま空中で腰が180度回転、
 肩の部分から脇を閉めるように腕が出てきつつ両腕がそれぞれ180度回転してタイヤの部分が外側に出、胸の部分になったX字のパトランプの下の方二つが根元から下に回転して収納され緩いV字のパトランプとなりパーポーパーポーと音を出しながら光る!!
 そして、ロボットは足を地に向けて着地し、右手と右手の人差し指をリュッケンに突きつける!!
 「もう貴様の思い通りにはさせない!!」
 「言ってくれるなぁ!!クソザコロボットがァ!!」
 リュッケンが構えの状態から、走り出す!!
 
名前:リュッケン 狼撃の構え 牙狼
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このカードのコストに、
        カテゴリ、名前に「狼」「獣」「ウルフ」「ビースト」
        のいずれかの言葉が入るカードが指定できた時
        下記のどちらかの条件を選択できた時
        1:次に戦闘を行う自分のモンスターが
          カテゴリ:ウルフを持っている時
        2:次の戦闘で戦闘を行える自分のカードが参加しない時
効果:満たした条件に応じて2つの効果のうち1つを使用する
   このカードのコストに指定したカードはこのカードコストで表になった時、
   召喚や効果の発動などを行えない
   1:次の戦闘が行われるまで、
     次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを300上げる
   2:発動条件で指定した場所の自分のモンスターゾーンにこのターンの間、
     名前:リュッケン 狼撃の構え
     種類:M モンスター
     コスト:1 パワー:1100
     効果の発動タイミング、効果の発動条件、
     効果、テキスト、いずれも無し
     カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:獣機狼・狼撃
     を召喚する、
     このカードは召喚された場所を移動すると移動した後、消滅する
 
 え、何、いきなり緑の画面にカードが映し出されたんだけど!?
 え、え、どういうこと!?
 あ、画面の向こうのチャージゾーンのカードが表になる!?
 
名前:見習いウルフ レテウルフ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:300
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
効果:以下のいずれかの効果を1回ずつ発動させることができる
   ・下記のいずれかの効果も使わない時、
    次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを100上げる
   ・自分のチャージゾーンに表側表示で
    カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
    のいずれかの言葉を持つモンスターが存在している時
    次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを200上げる
   ・次の戦闘に参加する相手モンスターのコストが3以上だった時、
    次に発動するカテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
    のいずれかの言葉を持つ相手と自分の
    リサイクルカードのコストを同時発動した時含め-1として扱う
    この効果で発動するリサイクルカードのコストは0未満にはならない
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:見習狼獣
テキスト:見習いのウルフ、だがその牙や爪は強靭である!!
 
 「死にさらせぇ!!」
 「負けはしない!!」
 リュッケンがロボットに近づき、その右手の爪を振るう!!
 ロボットが後ろに跳んで爪を避けつつ右拳を突き出す!!
 「グホァ!!」
 リュッケンの左頬にクリーンヒットした!!
 「馬鹿な!!さっきに続いて二度目だと!!
  おまけに構えを取ったこの俺にこんなにきつい一撃をっ!!
 「間違いない、確実にパワーが上がっている!!」
 「そんなはずはねぇ!!」
 リュッケンが走り出す!!今度は左手の爪を振り上げている!!
 そして、リュッケンがロボットに向かってその左手の爪を振り下ろした!!
 この爪をロボットが右に避ける!!
 次の瞬間、リュッケンが下から右手の爪を振り上げた!!
 だが、ロボットはこの爪を瞬間的に後ろにさがり避ける!!
 さらに、リュッケンは左の爪を下からロボットに向かって振り上げる!!ロボットはこの爪を右に跳んでかわす!!
 リュッケンの爪攻撃はまだ終わらない!!
 右の爪が振り下ろされるもロボットが左に跳んで避け、
 その隙を縫うように右の爪が振り上げられるが、ロボットは後に跳んで避ける!!
 そこにリュッケンが前進しつつ左の爪を振り下ろしていくが、ロボットは瞬間的に左に跳んで避けて、
 リュッケンが左にいるロボットを追う様に左の爪を振り上げる!!、しかし、ロボットはこれを右に少し動いて避け、
 リュッケンが負けじと右の爪を振り下ろすも、ロボットは先を呼んでいたのか後に跳んで避けていき、
 リュッケンがこれを追いつつ左の爪を振り下ろす!!しかし、ロボットは右に半歩動いただけでこれを避け、
 この動きに反応するようにリュッケンは左右の爪を一気に右上に動かし、右上から一気に振り切ってきて広範囲を切り裂く!!
 だが、ロボットは瞬時に反応して後に跳んで避けた!!
 「馬鹿な、このオレ様の、狼撃の構えからの爪の連続攻撃を避けきるだと!?」
 「攻撃が、読めるっ!?スピードも、上がっているのか!?」
 ん?狼撃の構え?
 今、リュッケンが狼撃の構えって、それにさっきも構えと・・・
 確か、画面に出ていたカードの名前にも・・・
 ロボットがいきなり両目をらんらんと光らせる!!
 ピカーン!!
 「そこだぁあああ!!」
 次の瞬間、ロボットが右腕を振り上げ、
 その右拳を突き出す!!
 ロボットの右拳がうろたえていたリュッケンの左頬にまたもクリーンヒット!!
 「グホァ!!」
 リュッケンが吹っ飛んだ!!
 
リュッケン
デッキ:29枚 手札:4枚 ライフカード:5枚
チャージゾーン:2枚 トラッシュ:0枚
モンスターゾーン  
無し

VS

???
デッキ:29枚 手札:4枚 ライフカード:5枚
チャージゾーン:1枚 トラッシュ:0枚
モンスターゾーン
バトルマシンズ カーディン ロボモード PM コスト:1 パワー;2000

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカードフュージョン 1話/2 バトル!!Wカードフュージョン!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
1話 2 バトル!!Wカードフュージョン!!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 状況を整理しよう、
 僕の名前は鋼野 双歩(はがねの ならぶ)
 上の方に上着として外が赤で袖端や下端が白くて左肩裏に車輪と飛行機の片翼がくっついたようなオブジェが付いたジャケットを着、
 その中にオレンジのシャツを着て、腰に茶色のベルトを着け、濃い色のジーパンに白いスニーカーをはいている、茶髪の前の方を上に上げたナイスガイだ!!
 ・・・嘘です、ごめんなさい、
 って、自分で自分に嘘つくのも変な感じだ、
 本当はよく童顔だのなんだの言われてます、
 で、そんな僕の目の前にはロボットがいて、曇り空の下、巨大な二足歩行の狼と対峙している、
 どうして、こうなったんだっけ、確か、僕はこの遊園地に父さんと母さんと妹と一緒に遊びに来てて、
 それで、いつの間にかはぐれて、てきとーにうろちょろしてたら、急に警報が聞こえて、あたふたしてたらそこにロボットが飛んできたと・・・
 そうだ、この目の前のパトカーが変形したロボット、まだ名前聞いてないんだけど、
 確か、バトルマシンズ カーディン カーモードのカードでパトカーに変形して、バトルマシンズ カーディン ロボモードのカードでロボットに変形したんだっけ、
 ・・・つまり、このロボットの名前は、
 「カーディン!!いったいこれってどうなってるの?」
 「何か用か?ん、私の名前、教えたか?」
 ロボットが声に合わせ目を点滅させ、僕の方に顔を向ける、
 間違いない、このロボット、カーディンって名前だ、
 カーディン・・・カーディン・・・聞いたことないな・・・
 「ううむ、なぜ名前を知っていたかの詮索は後回しにしよう」
 ロボットが・・・じゃなくて、カーディンが、今度はリュッケンの方に顔を向ける、
 「今はあの狼・・・リュッケンを退けるのが先決だ、
  あいつは、いきなり現れて、暴れ出したんだ!!
  やつには私の普通の攻撃が効かない、というより、周辺にいた警察の銃も効かなかった」
 確かに、リュッケンがそんなこと言ってたな、
 「あいつの言を信じるなら、人類の攻撃は全て効かないことになる
  だが、今の私達なら、あいつを止められる!!」
 カーディンが再度、僕の方に顔を向けてきた、
 「協力、してくれるか?」
 今、僕とカーディンだけが、あいつを止められるかもしれない、
 この遊園地には父さんも母さんも妹も遊びに来てるんだ、
 あいつに、リュッケンに、好き勝手させるもんか!!
 「やろう!!僕たちだけが、あいつを止められるかもしれないんだから!!」
 「うむ!!それでは、そちらでそのカードを使って、こちらをサポートしてくれ、頼んだぞ!!」
 「わかった!!」
 「準備は出来たか~?」
 リュッケンがまたも舌なめずりをする、同時に、カーディンがリュッケンの方に向き直った
 「お前達、今度こそオレ様の爪でギタギタに引き裂いてやるよ!!」
 「貴様こそ、これ以上ここで好き勝手はさせやしない!!」
 カーディンがリュッケンの方を見据え、リュッケンがカーディンを目を細めてにらむ!!
 さて、僕は僕のすべきことをしないとね!!
 まずは緑の板に向かって・・・
 ええと、チャージゾーンの表側表示のカードを裏にして宣言って、緑の画面に書いてあるな、
 でも、今こっちのチャージゾーンには表側表示のカードなんてないや、じゃ、このまま・・・
 「リチャージ!!」
 「てめぇら、調子に乗ってんじゃねぇぞ!!」
 リュッケンの大声が響き渡る!!
 ええいうるさいな!!
 次は・・・そうだ、山札からカードを引くんだ!!
 右手を山札にかけて、山札からカードを、引く!!
 「ドロー!!」
 「オレ様が本気を出せば、どうなるか思い知らせてやる!!」
 リュッケンの声がうるさいけど、次だ!!
 ええっと、さっきは1番とチャージゾーンだったけど、次は2番とチャージゾーンにカードを裏側で置くんだな、
 1番の場所にはすでに戦闘を行えるカードが置いてあるから、1番の次、2番にカードを置くみたいだ、
 あ!!でも、今あるカードはさっき引いた1枚しかない!!
 ええっと、手札が1枚の時はカードを置けません、って、それじゃあ、困るよ!!
 どこかに、カード、カード・・・あ、あれは!!
 左の方、高く積み重なった瓦礫の上に、確かに1枚の、今手札にあるカードと同じカードが!!今、取りに行くぞ!!
 右手に持つカードをとりあえず、緑の板の上に置いといて、と、よし!!
 うぉおおおお!!
 よじよじよじよじ・・・・・・
 取ったぁ!!
 ええっと、このカードは・・・
 よし!!このカードを2番に置いて、さっき山札から引いたカードはチャージゾーンに置こう!!
 それじゃあ、緑の板がある瓦礫の下までってうわぁ!!
 いつの間にか緑の板が緑の画面と一緒に僕のそばまで来ていた!!
 もしかして、ずっと付いてきてたの?ええ、けなげな奴だなぁ・・・
 「早くしてくれぃ!!」
 え、今の声、カーディン?
 思わず声のした方を見ると、そこには、両手をがっきと組み合ってリュッケンと押し合いやってるカーディンがいた!!
 「オラオラオラ!!さっきまでの勢いはどうしたぁ!!」
 「グギギギギギ・・・・・」
 「ああ、ごめんごめん!!」
 押し合いやってはいるものの、リュッケンの方が若干前のめりになっていて、カーディンの体が少し後ろの方にのけぞっている、どうやら、カーディンの方が押し合いに負けているようだ、
 これは、早く助けないとね!!
 今拾って右手に持つカードを緑の板中央少し左の方の2番に置き、
 さっき山札から引いて緑の板に置いておいたカードを右手で持って、チャージゾーンに裏側で置いて、
 「セット!!」
 「オラオラ、このまんまだと腰が折れるぜ!!」
 カーディンがリュッケンに押され、後ろにもっとのけぞって行く!!
 「グギギギギ・・・・・」
 カーディン!!今すぐ助ける!!さらに続けて、2番に裏側で置いたカードを右手で持って表に!!
 「オープン!!来い!!ビックハンド!!」
 
名前:バトルマシンズ ビックハンド
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:900
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        ・次の戦闘に参加する相手のモンスターが効果を持っていて、
         かつ、発動条件を満たしていない以外の理由で
         効果を発動できない状態でない時で
         このターン、効果を発動していない時
効果:次の戦闘に参加する相手のモンスターは
   このターン、効果を発動できなくなる、
   ・次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを500上げる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:機手
テキスト:巨大な右手が、相手を握りつぶす!!
 
 いきなり鉄の右拳が右の方からリュッケンに向かって飛んで行く!!
 そして、その鉄の右手がリュッケンを吹っ飛ばした!!
 「グホゥ!!」
 リュッケンが吹っ飛びカーディンから離れて遠い地面に何とか着地し、リュッケンを吹っ飛ばした鉄の右手が手首の部分を下に向け、カーディンの前に止まる、
 その鉄の右手は、等間隔に多数の丸い穴の空いた四角い鉄骨で右手の骨格を大雑把に再現したようになっていて、
 わりにスカスカであり、後ろの手首の部分にジェットエンジンなぞ付いている、
 あのジェットエンジンで飛行してきたんだろうか・・・
 「助かった!!」
 「なろう、なめやがって!!ならこっちも援軍だ!!ワオゥ~!!」
 突如、リュッケンが顔を上に上げ、吠えた!!
 
名前:鋼の噛みつきウルフ ウルバイト
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1100
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
効果:以下のいずれかの効果を1回ずつ発動させることができる
   ・次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを100上げる
   ・自分のチャージゾーンに表側表示で
    カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
    のいずれかの言葉を持つモンスターが存在している時
    次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを500上げる
   ・次の戦闘に参加する相手モンスターのコストが3以上だった時、
    次に発動するカテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
    のいずれかの言葉を持つ相手と自分の
    リサイクルカードのコストを同時発動した時含め-1として扱う
    この効果で発動するリサイクルカードのコストは0未満にはならない
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:噛みつき狼獣
テキスト:その鋼の牙は、噛みつき、砕き、そして、打ち砕く!!
 
 すると、どこかから鉄の右前足を持つ狼が駆けてきた!!
 その狼は、灰色に上の方に黒の太いラインの入った毛皮に鉄の鎧で覆われた右前足を持っていて、
 鋼の牙と爪を輝かせ、その青い瞳でこちらの方をにらんでいる!!
 しかし、その大きさは・・・少なくとも、僕より大きいみたい!?
 あの狼、一体どこからっ!?それに、緑の画面の1番の場所に、あの狼のカードが表になって写ってる!?
 一体どういう事なんだろ、
 って、今は、それよりも、バトルマシンズ ビックハンドのカードのコストを表にして、この先に進んで、カーディンの援護をするのが先!!
 とりあえず、このカードを表に!!
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800
 
 あ、緑の画面にもカードが写った!?
 
名前:見習いウルフ レテウルフ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:300
 
 あれ、緑の画面に、コスト見せ合いで双方、1枚ずつ発動可能、よって、コスト召喚不可って書いてあるな、
 もしかして、向こうにも発動出来るカードがあったら、こっちはコスト召喚出来ないのか!?
 
リュッケン
モンスターゾーン  
鋼の噛みつきウルフ ウルバイト M コスト:1 パワー:1000
チャージゾーン
裏:2表:1

双歩
モンスターゾーン
バトルマシンズ カーディン ロボモード PM コスト:1 パワー;2000
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
チャージゾーン
裏:1表:1
 
 「ウルバイト!!行くぞ!!必殺の速狼拳を決めてやる!!」
 
名前:リュッケン 速狼拳 牙狼獣・速
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次に戦闘を行う自分のモンスターが
        カテゴリ、名前に「狼」「獣」「ウルフ」「ビースト」
        のいずれかの言葉を持っている時
効果:次の戦闘が行われた後、
   次の戦闘の戦闘後タイミングを行わない
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターが
    カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
    のいずれかの言葉を持っている時
    次の戦闘が行われるまで、
    次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを500上げる
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:狼拳
テキスト:その速さで持って、相手の反撃を待たず、畳み掛ける!!
 
 リュッケンがウルバイトと共に走り出す!!
 さらに突如、ウルバイトが走りながら顔を大きく上げ、気合を込めるように吠えた!!
 
名前:鋼の噛みつきウルフ ウルバイト
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1100
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
効果:以下のいずれかの効果を1回ずつ発動させることができる
   ・次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを100上げる
   ・自分のチャージゾーンに表側表示で
    カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
    のいずれかの言葉を持つモンスターが存在している時
    次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを500上げる
   ・次の戦闘に参加する相手モンスターのコストが3以上だった時、
    次に発動するカテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
    のいずれかの言葉を持つ相手と自分の
    リサイクルカードのコストを同時発動した時含め-1として扱う
    この効果で発動するリサイクルカードのコストは0未満にはならない
 
 って、あれ、緑の画面の中に表示されてるウルバイトのカードに書かれたパワーも上がってる!?え、ちょ、どうなってんの!?
 
鋼の噛みつきウルフ ウルバイト M コスト:1 パワー:1000

FIGHT!!

バトルマシンズ カーディン ロボモード PM コスト:1 パワー:2000
 
 「行くぜ!!ウルバイト!!」
 「来いっ!!」
 カーディン叫ぶと同時にウルバイトが走り跳躍、カーディンに噛みつこうとする!!
 「無駄だ!!」
 カーディンが向かいきたウルバイト左足で蹴り上げ、打ち上げる!!
 「無駄なのは貴様の方だ!!」
 そこにいつの間にかリュッケンが迫り、その右拳を突き出した!!
 しかし、カーディンはとっさに両腕を前に出して交差させ防御の姿勢を取る、
 そして、カーディンは何とかリュッケンのこの右拳を防御した!!
 「グッ!!」
 が、拳の勢いがすさまじく、吹き飛っとんでしまう!!
 しかし、少し吹っ飛んだところで何とか両足で踏ん張り止まった!!
 「行け!!ウルバイト!!」
 そこにウルバイトが再度走り込み跳躍、カーディンの右腕に噛みついた!!
 「グッ!!このっ!!」
 カーディンが右腕を振り、ウルバイトを外そうとするが、ウルバイトは外れない!!
 そこにリュッケンが素早く走りこんできた!!リュッケンは続けて下の方に右拳を移動させ、
 「そらよっ!!」
 下から右拳を振るい、カーディンの腹に右拳を叩き込む!!
 「ぐふぉ!!この!!」
 そこでカーディンが両手で腹辺りのリュッケンの右腕を掴んだ!!そして、逆時計回りに回りだす!!
 「うぉおおおおおお!!」
 「うっぎゃあぁあああ!!」
 カーディンに右腕を掴まれたリュッケンとカーディンの右腕に噛みついていたウルバイトが振り回され、先にウルバイトが吹っ飛んだ!!
 さらに、吹っ飛んだウルバイトに向かって、
 「でやぁ!!」
 リュッケンを投げ飛ばす!!
 そして、カーディンは回転を止める、が、止まった後、カーディンは右手で頭を押さえ、ふらふらし始めて行く!!
 「ぐっ、うううぅぅぅ・・・」
 さっきの大回転で平衡感覚をやられたか!?
 そこにリュッケンとウルバイトがふらふらしながら立ち上がり、走りこんできた!!
 「なめるなぁああああ!!」
 リュッケンはふらふらしながらも右拳を突き出しカーディンに叩き込む!!、さらに、ウルバイトがカーディンに向かって跳びかかり、カーディンの胸部に思い切り噛みつき、その勢いからか、カーディンが後ろに倒れ、地面に激突する!!
 ズドン!!
 
鋼の噛みつきウルフ ウルバイト M コスト:1
パワー:1000+600+500 パワー合計:2100

VS

バトルマシンズ カーディン ロボモード PM コスト:1
パワー:2000 トラッシュ!!
 
 さらに、リュッケンがカーディンの腹回りの地面の上に立ち、その右拳を握り、振り上げる!!
 そこにビックハンドが左の方から飛んできた!!
 そして、ビックハンドの右拳がそのままリュッケンの右脇に決まりリュッケンが吹き飛ばされる!!
 「ガハァッ!!」
 続けて、さらに速度を上げ飛んだビックハンドの右拳が大きく円を描いてカーディンの方に戻り、今度はウルバイトに向かって突進し、ウルバイトを吹っ飛ばす!!
 一方、吹っ飛ばされたリュッケンは何とか両足を地に付け、倒れずに踏みとどまり、今度はビックハンドに向かい突進、右拳を握り、ビックハンドを狙う!!
 「おらぁ!!」
 ガシィ!!
 今の音は!?リュッケンの足元から!?
 「私を忘れてもらっては困るな!!」
 なんと、いつの間にかカーディンがその左手でリュッケンの左足を握っていた!!
 さっきの音はカーディンがリュッケンの左足を取った音か!!
 そして、カーディンはリュッケンを持ち上げるように立つと、そのままリュッケンを放り投げた!!
 「来い!!ビックハンド!!」
 ビックハンドの右拳がカーディンの右の拳に向かって飛び、カーディンの右の拳に装着された!!
 よし、このターン、チャージゾーンに置いたこのカード使えば、威力とか上がるかな、ええっと、裏側表示のこのカードを表にして、発動できるって、緑の画面に書いてあるな、よし!!
 「バトルマシンズブースト、発動!!カーディン!!」
 「うむ!!」
 
名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで300上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで300上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:パワーを上げる!!
     出力を上げ、一気にたたみかける!!
 
 さらに、カーディンが右拳を振りかぶり、
 「いっけぇぇぇえええ!!」
 「いっけぇえええええ!!」
 僕の声と共に、思い切りビックハンドの右拳を突き出してリュッケンの方に射出!!
 ビックハンドは猛スピードでリュッケンの方に向かって飛んで行き、
 ビックハンドの右拳はリュッケンの腹に決まった!!
 「グハァ!!」
 そこにカーディンが走り出す!!さらに、ビックハンドがリュッケンを吹き飛ばしつつ左の方に円を描いてカーディンの所に戻って行った!!
 そこでカーディンが戻ってきたビッグハンドを己の左の拳に装着、
 「もう一発!!受けとれい!!」
 カーディンが一気に前進してリュッケンに近づきつつ左の拳を振りかぶって突き出しリュッケンの右頬にビッグハンドを叩きこんだ!!
 「グヘァ!!」
 リュッケンはさらに吹き飛ぶ・・・と思ったが、地面に両足を伸ばして踏ん張り立ち止まり、
 「うぉおおおぉぉぉりゃあああ!!」
 突如、両手の爪をがむしゃらに振り回し始めた!!
 「退避!!」
 カーディンが後ろに跳んでリュッケンから離れる!!
 と同時に、カーディンの命令を聞いたのか、あわててカーディンの左の拳に付いていたビックハンドの右拳も大きく上外側に飛んで退避、大きく回って後ろに跳んだカーディンの方に戻ってきた、
 すると、離れていたウルバイトがリュッケンの方に向かって駆けていきリュッケンの元に戻りリュッケンの動きも止まる、
 次の瞬間、リュッケンがカーディンの方を再度、目を細めてにらんできた、
 「ここまでオレ様を傷つけるとはな、貴様、覚悟しとけよ!!」
 「その言葉、そっくりそのまま返す!!遊園地で大暴れしておいて、お前の方こそ、覚悟しておくがいい!!」
 
リュッケン
デッキ:28枚 手札:4枚 ライフカード:4枚
チャージゾーン:3枚 トラッシュ:0枚
モンスターゾーン  
鋼の噛みつきウルフ ウルバイト M コスト:1 パワー:1000

VS

双歩
デッキ:28枚 手札:3枚 ライフカード:5枚
チャージゾーン:2枚 トラッシュ:1枚
モンスターゾーン
無し
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカードフュージョン 1話/3 バトル!!Wカードフュージョン!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
1話  バトル!!Wカードフュージョン!!3

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 とりあえず、チャージゾーンの表側表示のカードを右手で裏にしてっと、
 「リチャージ!!」
 「ちょーし乗ってんじゃねぇぞゴラァ!!」
 「調子に乗っているのは貴様の方だ!!」
 続けて、右手を山札にかけ、山札からカードを1枚引いて、
 「ドロー!!」
 「おっし!!そこまで言うなら叩きつぶしてやる!!」
 「望むところだ!!来い!!」
 ああもう、こっちの準備まだ終わってないのにはじめないでよ・・・
 で、引いたカードはっと、
 お、おお!!このカード、今までで一番パワーが高い!!
 代わりにコストも高いけど、これなら、行ける!!
 だけど、またも手札にはこのカード一枚だけ、これじゃあ、カード置けないよ、
 何処かにカード・・・カード・・・あった!!
 今度は向こうの方、観覧車の真ん前に!!
 その観覧車は、大きな12角形の鉄の骨組みが中央から全体を構成し、その12角形の骨組みの角それぞれに、丸て、扉と外枠の縁以外の上半分がガラスの窓で出来た色とりどりのゴンドラが付き、
 12角形の鉄の骨組みの中心、その前後それぞれに下に二股に別れて向かう鉄の骨組の足が付いていて、その鉄の骨組の足の中央下真ん前の、薄緑の柵で簡素に仕切られ上に緑の薄い波上の簡単な屋根が設置され、ゴンドラの前にスロープ付きのコンクリートの台が置かれて作られた観覧車乗り場、その観覧車乗り場の前にカードが落ちている!!
 よし!!せーの、てりゃあああ!!
 走り込み、カードを左手で・・・取る!!
 取った!!
 取ったカードは・・・これは、ええっとこれは・・・ええい!!とにかく、緑の板にかざすぞ!!
 僕を追ってすぐそばに来ていた緑の板の上に左手のカードをかざすと、緑の画面にカードの説明が出てきた!!
 ふむふむ、これは説明を見る限り、防御用のカードか・・・よし!!
 このカードはコストに・・・
 「ぐほぁあああ!!」
 いきなりカーディンが吹っ飛ばされて来て、観覧車左の足の方にその背中をしたたかに打ちつけた!!
 「ちょ、カーディン、大丈夫!?」
 「私の事はいい・・・それよりも、早く・・・」
 「わかった!!先に進めるからね!!」
 右手に持つカードを1番に裏側で置き、左手に持つカードをチャージゾーンに裏側で置く!!
 「セット!!」
 「へっへっへっ、やはり地力じゃ、オレ様には勝てないようだなぁ!!」
 リュッケンがゆっくりとカーディンに近づいていくが、それより!!
 1番に裏側で置いたカードを右手で持って、表に!!
 「オープン!!」
 「今度こそ、ぶっ倒してやるぜぇ!!」
 「ここだ!!バトルマシンズ ライフブレイカーS・L!!」
 「覚悟しろぅ!!グホォ!!」
 突如、煙突から煙を吐きながら横から迫り来た蒸気機関車が、リュッケンを横から吹っ飛ばした!!
 
名前:バトルマシンズ ライフブレイカーS・L
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2800
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このモンスターが戦闘で相手モンスターに勝利した時
        相手のライフカードが1枚以上ある時
効果:相手のライフカード1枚を相手の手札に加えさせる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:ブレイカー
テキスト:頭と最前部の角で斬り削り裂き走る!!
     超特急機関車ロボ!!
 
 その機関車は、全体的に藍色でところどころが黄色で縁取られた機体色をしていて、
 前方、機首中央には、カーディンが持つものと同じ、パトランプと翼が象られた金のエンブレムが付いていて、
 いきなり機首の上に刃の角が機体の方から立ち上がってきた!!
 その刃の角は、刃の内側が、全体的に藍色で塗られていて、外側の刃の部分は、白銀で作られたように輝いている片刃の刃だ!!
 と、いきなり機体の中部から後部が上下に分割!!
 上の方が左右に分かれて、機体前方を胸部として両肩を広げる様に展開、左右に分かれた上の方端の部分が拳の様に開いて上の方中ほどから端の方を腕を下に降ろすように展開し、
 展開した両腕を一気に地に付けて機体全体を上に飛ばし、
 中部から後部の下の部分が両足を下に出すように展開、中ほどから下が左右に別れ、両足となり、その上が腰部を形成する!!
 そして、両足を地に付け、立ち、胸部上の前の方から上に立つように機関車中部を模した四角い兜をかぶった頭のような物が立ち上がり、頭のような物の後頭部から額の方にかけ刃の角が斜め前上に向かって展開した!!
 その体の色は兜、胸部、腹部、両肩、手と足の中部から下は黄色で縁取られた藍だが、
 両手両足の中部上側は白く、頭のような物の口元には薄灰色の金属のマスクをして、頭のような物がかぶった兜の額の部分には、内側が藍色で外が白銀の刃が付き、その頭のような物に付いた緑の機瞳でリュッケンを見据えている!!
 「あれは、ライフブレイカーS・L!!うちの中で一番パワーのある奴だ!!」
 カーディンが目を点滅させ叫んだ!!
 よし、そんな奴が来てくれたなら、この勝負、がぜん有利になるぞ!!
 あ、一応、緑の画面の方でもカードが表になってるな・・・
 
名前:リュッケン 叫狼拳 牙狼獣・吠
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:コストで表になった時
効果の発動条件:このカードが、
        カテゴリ、名前に「狼」「獣」「ウルフ」「ビースト」
        のいずれかの言葉を持っているモンスターの
        召喚コストとして表になった時
効果:このカードのコストとして表にしたモンスターのパワーを、
   このターン、800上げる
   ・このカードをコストとして表にしたモンスターが
    カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」のいずれかの言葉を持っている時
    相手のチャージゾーンの裏側表示のカードをランダムで1枚選択し、表にする
    表にしたカードはコスト扱いで無く、カードの効果の発動や召喚等を行えない
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:狼拳
テキスト:その吠え声で、相手の動きを一瞬押しとどめる!!
     その一瞬が、相手の命取りだ!!
 
 「なめやがってくそがぁ!!」
 リュッケンがS・Lを見て吠える!!
 そうだ、コストを表にしないとな!!
 右手でチャージゾーンのカードを3枚表に!!
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800

名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:機木の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘をおこなう相手モンスターが
        以下の条件のいずれを満たした時
        1:コスト0でパワー200以上の時
        2:コスト0でパワー200未満の時
        3:コスト3でパワー2500以上の時
効果:次の戦闘のみスキップし、
   満たした条件に応じ、以下の効果を発動する
   2:次のリチャージ時、このカードは裏側表示にならない
カテゴリ1:ウッド カテゴリ2:シールド
テキスト:鉄で木を模して造られた盾、
     時々、どちらが素材なのかわからなくなる

リュッケン
モンスターゾーン  
鋼の噛みつきウルフ ウルバイト M コスト:1 パワー:1000
チャージゾーン
裏:5表:0

双歩
モンスターゾーン
バトルマシンズ ライフブレイカーS・L M コスト:3 パワー:2800
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
チャージゾーン
裏:0表:3
 
 「そんなにつぇえ奴なら、まずは、てめぇからぶっとばしてやるぜ!!」
 リュッケンがまたも両手を力を入れて少し広げ、
 「はぁあああ!!」
 右上に右手を、左下に左手を、左足を前、右足を後ろに出した特徴的な構えを取った!!
 「まだ行くぜ!!ウルバイト!!吠えてオレ様の力を高めろ!!」
 ウルバイトが顔を上に上げ、吠える!!
 
名前:鋼の噛みつきウルフ ウルバイト
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1100
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
効果:以下のいずれかの効果を1回ずつ発動させることができる
   ・次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを100上げる
   ・自分のチャージゾーンに表側表示で
    カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
    のいずれかの言葉を持つモンスターが存在している時
    次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを500上げる
   ・次の戦闘に参加する相手モンスターのコストが3以上だった時、
    次に発動するカテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
    のいずれかの言葉を持つ相手と自分の
    リサイクルカードのコストを同時発動した時含め-1として扱う
    この効果で発動するリサイクルカードのコストは0未満にはならない
 
 「まだまだいくぜ!!はぁあああああああああ!!」
 
名前:リュッケン 連狼拳 撃狼獣・連
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次に戦闘を行う自分のモンスターが
        カテゴリ、名前に「狼」「獣」「ウルフ」「ビースト」
        のいずれかの言葉を持っている時
効果:・次に戦闘を行う自分のモンスターが
    カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
    のいずれかの言葉を持っている時
    次の戦闘が行われるまで
    次に戦闘を行う相手のモンスターの戦闘前タイミングの効果を無しにし、
    そのパワーを
    (次に戦闘を行う自分のモンスターのコスト×300)下げる
   次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで700上げる
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:狼拳
テキスト:連撃!!そして、一撃!!
     爪と蹴りを織り交ぜた流麗な攻撃の後に右拳の重い一撃を浴びせる!!

名前:見習いウルフ レテウルフ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:300
  
 「あああああああああ!!」
 
名前:リュッケン 速狼拳 牙狼獣・速
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次に戦闘を行う自分のモンスターが
        カテゴリ、名前に「狼」「獣」「ウルフ」「ビースト」
        のいずれかの言葉を持っている時
効果:次の戦闘が行われた後、
   次の戦闘の戦闘後タイミングを行わない
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターが
    カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
    のいずれかの言葉を持っている時
    次の戦闘が行われるまで、
    次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを500上げる
 
 「あああああああああ!!」
 
名前:リュッケン 狼撃の構え 牙狼
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このカードのコストに、
        カテゴリ、名前に「狼」「獣」「ウルフ」「ビースト」
        のいずれかの言葉が入るカードが指定できた時
        下記のどちらかの条件を選択できた時
        1:次に戦闘を行う自分のモンスターが
          カテゴリ:ウルフを持っている時
        2:次の戦闘で戦闘を行える自分のカードが参加しない時
効果:満たした条件に応じて2つの効果のうち1つを使用する
   このカードのコストに指定したカードはこのカードコストで表になった時、
   召喚や効果の発動などを行えない
   1:次の戦闘が行われるまで、
     次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを300上げる
   2:発動条件で指定した場所の自分のモンスターゾーンにこのターンの間、
     名前:リュッケン 狼撃の構え
     種類:M モンスター
     コスト:1 パワー:1100
     効果の発動タイミング、効果の発動条件、
     効果、テキスト、いずれも無し
     カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:獣機狼・狼撃
     を召喚する、
     このカードは召喚された場所を移動すると移動した後、消滅する

名前:リュッケン 叫狼拳 牙狼獣・吠
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:コストで表になった時
 
 「さらにおまけだ!!こっちにこい!!ワァォオオオオオ!!」
 リュッケンが顔を上げ、吠えると、左の方から狼が駆けてきた!!
 さっきのウルバイトよりは小さめだが、やはり僕より大きく、
 赤い瞳に濃い藍色の毛皮、鋼の爪と牙、それに、胸部に筋肉の形をした鎧を着けている!!
 ・・・あんなところに鎧なんてつけてなんか意味あるのか?
 ・・・あんなところに鎧なんてつけてなんか意味あるのか?
 ま、それはともかく、緑の画面にたくさんのカードが映ったってことは、カードの多重発動の上、向こうにも援軍が来たってことか!!
 緑の画面によれば、あいつはレテウルフって名前、で、いいのだろうか?
 にしてもこれは・・・どうなるんだ?
 
鋼の噛みつきウルフ ウルバイト M コスト:1 パワー:1100

FIGHT!!

バトルマシンズ ライフブレイカーS・L M コスト:3 パワー:2800
 
 リュッケンとウルバイトとレテウルフがS・Lの元に向かって走って行く!!
 「お前の相手はこっちだ!!」
 そこにカーディンがリュッケンに向かって右拳を突き出して殴り掛かる!!
 「ちぃい!!」
 思わず左腕を体の前で横に出し、カーディンの拳を受け止めるリュッケン!!
 そこにビッグハンドが飛んできた!!
 ビッグハンドはカーディンと拮抗するリュッケンではなく、今だS・Lに向かって行っているレテウルフに向かって突進していき、レテウルフを吹っ飛ばす!!
 だが、まだウルバイトが残ってる!!
 「ウルバイト!!今のお前なら、速狼拳、使えるだろ!!」
 リュッケンの言葉を受けたのか、走るウルバイトの動きが突如速くなる!!
 そして、ウルバイトはそのままS・Lの周りを高速で逆時計回りに回り始めた!!
 対するS・Lはうろたえ、辺りを見まわす、
 が、いきなりカーディンとウルバイトの方を向き、カーディンとウルバイトの方に向かって行く、ウルバイトの動きを追えないなら、先に攻撃できる方に行こうという事だろうか、
 そこにウルバイトが回る勢いのままS・Lに飛びかかる!!
 S・Lの右手の端にウルバイトが当たり、火花が散った!!
 バチッ!!
 慌てて右手を引くS・L、
 その後、S・Lは少し腕を組んで何かを考え始め、
 すぐに何かを思いついたのか、右手を握って、胸の前で左手を手の平を上にして出して右拳をその左手の平に打ち付け、すぐにもう一度、カーディンとウルバイトの方に向かう、
 そこにまた、ウルバイトが飛びかかってきた!!
 しかし、そこにS・Lの右裏拳が炸裂!!
 ドガッ!!
 ウルバイトが吹っ飛ばされる!!
 「ウルバイト!!」
 リュッケンが叫ぶ中、S・Lがカーディンとリュッケンの元に迫る!!
 「んなろぉうっ!!」
 リュッケンがカーディンの右拳を防いでいた左腕で無理やり弾いて吹き飛ばし、右手を振り上げ、S・Lの方に向かう!!
 対するS・Lも、右手を握って振り上げ、リュッケンの方に向かう!!
 「危ない!!」
 カーディンの声が響く中、突如、S・Lの背中がS・Lのの後ろから跳躍した何者かによって喰いちぎられた!!
 グガシャア!!
 喰いちぎったもの、あれは、ウルバイトだ!!
 いつの間にかウルバイトがS・Lの背後に回り込み、S・Lの背中に飛びかかり、S・Lの背中を喰いちぎったのだ!!
 ウルバイトはS・Lの背中を喰いちぎった後、S・Lの背を四肢で蹴ってS・Lの後ろに着地した!!
 対するS・Lはその動きが鈍くなっていき、さらに、蹴られた反動からか、前の方に徐々に倒れこんで行く!!
 「よくやったぞ!!さぁ、一気にたたみかけようぜ!!」
 「やめろ!!」
 カーディンがさらにS・Lに攻撃を加えようと前後から近づいていくリュッケンとウルバイトに近寄ろうとする、
 そこにビッグハンドと対峙していたレテウルフがいきなりカーディンの方を向き体当たりをかけてきた!!
 「グッ!!」
 思わず一瞬ひるむカーディン!!
 その間にもリュッケンとウルバイトがS・Lに向かって走りこむ!!レテウルフがいなくなったビッグハンドが二体を追うが、遅い!!
 リュッケンがS・Lのそばで右手を振り上げた!!
 「畳み掛ける!!」
 リュッケンが神速の速さで右手の爪を振り降ろしひらめかせる!!
 さらに、そこから左手の爪を振り降ろし、振り上げ、右手の爪も続けて振り上げ、
 「そらそらそら!!」
 今度は両手の爪を一度に振り降ろしたと思ったら、間髪入れずにその爪を振り上げた!!
 S・Lはその爪の連撃をモロに受け、体に爪傷が大量にできる!!
 「まだまだ行くぜ、そらそら!!」
 続けて、リュッケンが右回し蹴りを繰り出した後、右足で踏ん張ってその反動で左回し蹴りを繰り出す!!これらもS・Lはそのまま喰らってしまう!!
 「最後はこいつだ、喰らいやがれ!!」
 リュッケンが右拳を握って突き出すと、と同時に、ウルバイトがS・Lの後ろからS・Lに向かって跳躍!!
 リュッケンの右拳がS・Lの胸部を突き破ると同時に、ウルバイトがS・Lの腹を噛みちぎる!!
 その猛攻を受け、S・Lの目から光が消え、力無くくずおれ、
 チュドーン!!
 大爆発を起こした!!
 
鋼の噛みつきウルフ ウルバイト M コスト:1
パワー:1100+100+700+500+300 パワー合計:2700

戦闘終了

バトルマシンズ ライフブレイカーS・L M コスト:3
パワー:2800-300 パワー合計:2500 トラッシュ!!
 
 「S・Lーーーーーー!!」
 カーディンが大声で叫ぶ!!
 ぐっ!!S・Lがやられたっ!!僕が安易にS・Lを出したばっかりに!!
 カーディンがそのまま膝と両手を地に付ける、
 「けっ、ロボットが一体壊れたくらいで、大げさなんだよ!!」
 「何だと!!」
 カーディンが立ち上がり、リュッケンの方を見据える!!
 「許せない!!許せないぞリュッケン!!S・Lは、私の仲間だ!!
  仲間に対してその言い様、許せない!!必ず、貴様を止めてみせる!!」
 「けっ、やれるもんならやってみろよ!!」
 「来い!!ビックハンド!!」
 
リュッケン

攻撃

バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
 カーディンが飛び来たビックハンドを右手に着け、右拳を振りかぶり、思い切り突きだす!!
 「どおりゃあ!!」
 ビックハンドが突き出された勢いのまま、リュッケンに向かって飛んで行く!!
 「そう何度も喰らうかよ!!」
 リュッケンがこれを両手を前に出し、押しとどめる!!
 「まだだ!!」
 今度はカーディンが走り込みながら左拳を握って突き出す!!
 「へん!!何度もやろうが一緒!!」
 だがっ!!カーディンの左拳はビックハンドの右拳の後ろにぶち当たり、その勢いで持ってビックハンドはリュッケンの両手を弾いてリュッケンの左頬を殴りつつ吹っ飛ばした!!
 「ぐほぁ!!」
 リュッケンは吹っ飛ばされ、背中から地に落ちる!!
 そこにビックハンドの右拳が上から飛んできて、リュッケンの腹に突き刺さった!!
 「グヘァァアアア!!」
 
リュッケン ダメージ

戦闘終了

バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
 しかし、リュッケンはその両手にビックハンドの右拳を掴み、顔を上げてカーディンの方を見、
 「だが、今はお前ひとりでがら空き、隙だらけだぜ!!行け!!レテウルフ!!ウルバイト!!」
 
見習いウルフ レテウルフ M コスト:0 パワー:300

攻撃

双歩&カーディン
 
 ウルバイトがカーディンに向かって走りこんでいく!!
 「来るなら来い!!」
 すると、ウルバイトがいきなり右の方に避け、そのまま走って行く!!
 「なにっ!?」
 思わずウルバイトの方を目で追うカーディン、
 そこに左後ろの方からレテウルフが走りこんできた!!しかし、カーディンはウルバイトの方を目で追っていて気付いていない!!
 「カーディン!!後ろ!!」
 思わず声が出た、
 「後ろ?」
 カーディンが僕の声を聞き、後ろの方を見る、そこにはレテウルフがいて、一気にカーディンに向かって跳躍、体当たりを敢行する!!
 「うぉっ!?」
 不意を突かれ、思わず少し後ろにのけぞるカーディン、と、そこで右の方に走って行っていたウルバイトがUターン、走りこんできて跳躍しつつ、カーディンの左後ろすれすれをカーディンの左手に噛みつきつつ通りすぎる!!
 「うわぁっ!?」
 カーディンが思わずバランスを崩し、ウルバイトに引きずられ左に倒れる!!
 さらに、ウルバイトが走ったまま観覧車の方を向き、カーディンを引きずったまま観覧車に向かって走る!!
 ウルバイトはそのまま観覧車の左下のゴンドラに飛び乗った後、さらに跳躍して観覧車乗り場の屋根の上に乗り、頭を大きく勢いよく上に振ってそこからカーディンを真上に放り出した!!
 「うわぁああああああ!!」
 カーディンは観覧車の上まで飛んだ後停止、そのまま観覧車の中央に向かって落ちて行く、
 そこにレテウルフが迫る!!
 レテウルフは渾身のスピ―ドで跳躍して上から落ちてきていたカーディンに体当たりを喰らわせ、吹っ飛ばす!!
 カーディンはそのまま観覧車の中央にクリーンヒット!!
 「うぐぉおおおおおおおおおお!!」
 ウルバイトが観覧車乗り場の屋根から降り、レテウルフがカーディンを吹っ飛ばした反動で観覧車乗り場の屋根に降りた後地上に向かって跳ぶなか、カーディンが中央にぶち当たった観覧車は、真ん中から横に真っ二つに折れ、崩壊する、カーディンを巻き込んで!!
 「カーディィイン!!」
 
見習いウルフ レテウルフ M コスト:0 パワー:300

戦闘終了

双歩&カーディン ダメージ
 
リュッケン
デッキ:27枚 手札:4枚 ライフカード:3枚
チャージゾーン:4枚 トラッシュ:0枚
モンスターゾーン  
鋼の噛みつきウルフ ウルバイト M コスト:1 パワー:1100
無し
見習いウルフ レテウルフ M コスト:0 パワー:300

VS

双歩
デッキ:27枚 手札:3枚 ライフカード:4枚
チャージゾーン:3枚 トラッシュ:2枚
モンスターゾーン
無し
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカードフュージョン 1話/4 バトル!!Wカードフュージョン!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
1話  バトル!!Wカードフュージョン!!4

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「カーディンが、観覧車の下敷きに・・・」
 「へっ!!オレ様に逆らった罰だぜ!!そう思うだろう、ウルバイト、レテウルフ」
 いつの間にかリュッケンのそばまで戻ってきていたウルバイト、レテウルフが、顔を上に上げ、吠えて答えた!!
 うぅ、S・Lもやられちゃったし、後はビックハンドのみか、でも、こんな手だけで、これから一体どうしたら・・・
 「ムンッ!!」
 ドカッ!!
 と、いきなり真っ二つに割れて倒れた観覧車の前中央から、鋼の腕がにょきっと突き出た!!
 そして、その腕の手が前の方に折れ、倒れた観覧車に着くと、その手を支えに誰かが出てきた、
 上端がきれたような特徴的な三角頭と額の所にパトランプと翼の特徴的なエンブレム・・・、
 あれは、カーディンだ!!
 カーディンはすぐに倒れた観覧車から体を上げて脱出し、リュッケンに右手と右人差し指を突きつける!!
 「私の正義の心はこんなことではくじけはしない!!
  スペックを超えた衝撃であろうとも、私はこうして舞い戻る!!」
 「カーディン!!」
 「けっ!!頑丈な奴!!」
 リュッケンが右の口端を上にゆがませ、嫌そうな表情をする、
 よし!!カーディンが生きているならどうにかなる!!
 まずはリチャージ、ってあれ?
 上の方からカードが一枚ヒラヒラと降ってきた、思わず右手に降ってきたカードを取る、
 このカード・・・そうか、観覧車が倒れた衝撃で近くに落ちてたこのカードが吹っ飛んだんだな!!
 このカードはリサイクルカードって書いてある、
 そういえば、カードにも種類があるんだね、
 モンスター、プログレス、リサイクル、
 このリサイクルカードは、モンスターゾーンに出せないみたいだけど、前みたいに発動して、まわりを補助できる、
 よし、次の機会があれば、積極的に発動を狙ってみよう!!
 その前に、右手に持ってたカードを左手に移して、空いた右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に返して、
 「リチャージ!!」
 「今度こそ、スクラップ状に送ってやるぜぇ!!」
 リュッケンが大声で叫ぶ!!
 続けて、山札に右手をかけ、1枚カードを引く、
 「ドロー!!」
 「一気にたたみかけてやる」
 リュッケンは続けて、右足を少し前に出した、
 引いたカードは、モンスターのカード!!
 これを1番に置いて、今度こそ、どうにかして見せる!!
 引いて右手に持つカードを1番に裏側で置いて、
 さらに、左手に持っていたカードを右手で引いて、チャージゾーンに置き、
 「セット!!」
 「来い!!」
 1番に裏側で置いたカードを右手で持って、表に!!
 「オープン!!」
 「ワォオオオオオオ!!」
 「バトルマシンズ スケルトンキューブ!!」
 「フライルフゥ!!」
 
名前:バトルマシンズ スケルトンキューブ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターと
        相手のモンスターが参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーを800下げ、
   ・次の戦闘に参加する相手のモンスターの装備しているイクイップを
    相手のチャージゾーンに表側表示で送る
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:機骨箱
テキスト:ビヨヨ~ン!!
     鉄骨を組み合わせて作られた箱が弾けたように伸び、人型となった!!

名前:機翼狼獣 フライルフ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1600
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
効果:以下のいずれかの効果を1回ずつ発動させることができる
   ・次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを500上げる
   ・次の戦闘に参加する相手モンスターのコストが0だった時、
    相手のモンスターのパワーを1000下げる
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:機翼狼獣
テキスト:その機械の翼で飛びながら、相手を追い回す!!
 
 突如、穴あきの鉄骨が絡まって出来た四角い立方体が右の方から勢いよく飛んできて、僕たち全員の中心付近で転がった!!
 ・・・何だろ、あれ?
 左奥の方から、背に機翼を着けた狼が飛んできた!!
 濃い藍色の毛皮を持ち赤い色の瞳をこちらに向け、鋼の爪と牙を持っている、
 だが、もっとも特徴的なのは背中に付いた鉄色の機翼、
 戦闘機のような三角形の機翼で左右の端に炎を噴射するジェットエンジンを着けているのだ!!
 向こうもこっちも表にしたモンスターのコストは2!!
 表にするなら、このカードとこのカードがいいか!?
 右手でチャージゾーンのカードを2枚、表にする!!
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800

名前:機木の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 緑の画面の中のチャージゾーンの方でも、2枚表にしてきた!!
 
名前:リュッケン 叫狼拳 牙狼獣・吠
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:コストで表になった時

名前:リュッケン 狼撃の構え 牙狼
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 どちらも発動できるカードは一枚ずつ、よって、どちらも発動できない!!
 さぁ、ここからどうなる!?
 
リュッケン
モンスターゾーン  
鋼の噛みつきウルフ ウルバイト M コスト:1 パワー:1100
機翼狼獣 フライルフ M コスト:2 パワー:1600
見習いウルフ レテウルフ M コスト:0 パワー:300
チャージゾーン
裏:3表:2

双歩
モンスターゾーン
バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2 パワー:1400
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
チャージゾーン
裏:2表:2
 
 「ウルバイト!!行け!!」
 
名前:鋼の噛みつきウルフ ウルバイト
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1100
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
効果:以下のいずれかの効果を1回ずつ発動させることができる
   ・次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを100上げる
   ・自分のチャージゾーンに表側表示で
    カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
    のいずれかの言葉を持つモンスターが存在している時
    次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを500上げる
   ・次の戦闘に参加する相手モンスターのコストが3以上だった時、
    次に発動するカテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
    のいずれかの言葉を持つ相手と自分の
    リサイクルカードのコストを同時発動した時含め-1として扱う
    この効果で発動するリサイクルカードのコストは0未満にはならない
 
 ウルバイトがカーディンに向かって行く!!
 「来るか!!」
 対するカーディンが右拳を体の前に出し、左拳を腰だめに移動させて身構え、
 ビヨヨ~ン!!
 突如、ウルバイトの前で穴あきの鉄骨で出来た立方体がバネの様に弾け伸び、人型となった!!
 それは穴あきの鉄骨が無作為に集められ、人型となった存在!!
 ウルバイトはいきなり目の前で立方体から人型となった穴あき鉄骨に驚き、足を止める!!
 「この、なんだってんだ!!そこをどけ!!」
 突如リュッケンがウルバイトの後ろから走りこんできて、その右拳で穴あき鉄骨に一撃を加える!!
 すると、人型となった穴あき鉄骨・・・スケルトンキューブはいとも簡単に吹っ飛んだ!!
 
名前:バトルマシンズ スケルトンキューブ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターと
        相手のモンスターが参加する時

相殺

名前:リュッケン 速狼拳 牙狼獣・速
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次に戦闘を行う自分のモンスターが
        カテゴリ、名前に「狼」「獣」「ウルフ」「ビースト」
        のいずれかの言葉を持っている時
 
 スケルトンキューブは吹っ飛ばされ、尻もちをつく!!
 「大丈夫か!!」
 そこにカーディンが背後から駆け寄り、右手を伸ばす、
 スケルトンキューブはこの右手を握り、カーディンに引っ張られる形で立ちあがった!!
 
鋼の噛みつきウルフ ウルバイト M コスト:1 パワー:1100

FIGHT!!

バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2 パワー:1400
 
 カーディンとスケルトンキューブ、それに、リュッケンとウルバイトがそれぞれ、相手に向かって走り出す!!
 と、リュッケンが足を速めていち早く前に出てると、右拳を振り上げスケルトンキューブに向かって突き出す!!
 「そらよ!!」
 スケルトンキューブはこの攻撃を立方体に戻り回避!!
 攻撃をスカすリュッケンをしり目に、カーディンが車となって走り出し、立方体となったスケルトンキューブにすれ違いざま車の状態で突き出した左手で持ってリュッケン達の後ろの回り込み反転しつつロボモードに変形しリュッケンに向かって投げる!!
 「でりゃあ!!」
 投げつけられたスケルトンキューブは人型に戻りつつリュッケンに飛んで行きリュッケンの背後に取り付いた!!
 「あっ、こら!!離しやがれ!!」
 リュッケンが思わず右手で背中のスケルトンキューブを持って引きはがそうとする!!
 「そこだぁあああ!!」
 いきなりカーディンが走りだし、跳躍しつつ右足を前に突き出す!!
 と思ったら、いきなりスケルトンキューブがリュッケンから離れた!!
 「ようやくとれオゴッ!!」
 スケルトンキューブが離れたリュッケンにカーディンの右足飛び蹴りが直撃!!リュッケンが前に倒れ伏す!!
 そこにカーディンが自身の両手でリュッケンを抑えにかかる!!
 「なろ、離せ!!」
 「スケルトンキューブ!!君は他の奴を頼む!!」
 スケルトンキューブが右手右腕を外側に伸ばし、そのまま右手を額に持ってきて敬礼した後、ウルバイトに向かって行く!!
 スケルトンキューブがウルバイトに向かって行くと、突如、ウルバイトが飛びかかってきた!!
 これをスケルトンキューブは立方体に変形し回避!!
 その上をウルバイトが行きすぎていく!!
 次の瞬間、スケルトンキューブがバネの様にはじけ人型に戻
 ドゴ!!
 スケルトンキューブが人型に戻ろうとしたとき、その真上には跳躍していたウルバイトがいた、
 ウルバイトは真下からスケルトンキューブの頭突きを受け、一気に真上に吹っ飛んで行く!!
 「ウルバイトォ!!」
 リュッケンが叫ぶ暇もあればこそ、ウルバイトが真上から降ってきた!!
 すると、スケルトンキューブがカーディンの方を見て、首を一つ縦に振る、
 一方、カーディンの方もスケルトンキューブの方を見返して首を一つ縦に振って返し、
 「なるほど、それで行こう!!」
 「何が!?」
 思わず口に出してしまったけど、カーディンとスケルトンキューブは構わずにいきなり走り出したと思ったら、落ちてきていたウルバイトの方に向かって行く!!
 そこに通せんぼするように空を飛んであらわれたフライルフと地上から現れたレテウルフ、
 その2体に対し、カーディンはフライルフの下をスライディングでくぐって避け、
 スケルトンキューブはレテウルフを思い切り飛び越え、
 そのままカーディンは立ち上がって、スケルトンキューブは着地した後、右拳を振り上げ、落ちてきたウルバイトに向かって同時に突き出した!!
 ウルバイトはそのまま2体の右拳に当たってすっとび、その先にあった遊園地の売店の建物の左壁にぶち当たり爆発!!消滅した!!
 「ウルバイトォオオオ!!」
 
鋼の噛みつきウルフ ウルバイト M コスト:1
パワー:1100+100 パワー合計:1200 トラッシュ!!

戦闘終了

バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2
パワー:1400 パワー合計:1400
 
 「ううむ、悪いことをしたか・・・」
 「ぐぅう!!だが、戦いに犠牲はつきものだ!!」
 「何だと!!」
 カーディンが叫び、背後のリュッケンの方を見る!!
 「貴様、仲間を何だと思っている!!」
 「あいつらが仲間?へっ、あいつらはただの消耗品よ!!」
 「貴様、許せん!!必ず貴様を止め、その根性を叩き直してやる!!」
 と、リュッケンが舌を出しておどけ、
 「へへん、やれるもんならやってみろ!!その前にこの爪で斬り裂いてくれる!!」
 その出した舌で右の爪のなめ上げた!!
 「うわっ!!汚い!!」
 「んだとガキゃあ!!」
 リュッケンが僕の方を目を細めてにらんできた!!
 と、カーディンが僕の前に走って来てリュッケンの方を見据え、
 「貴様の相手は私だ!!」
 「なろぅ!!絶対にギタギタに引き裂いてやる!!」
 リュッケンが僕に向かって駆け出す!!
 対するカーディンは、またも右拳を体の前に、左拳を腰だめに移動させ、構える!!
 ・・・こういう時は、このカードがいいかな!!
 右手でチャージゾーンのカードを2枚表にして、宣言!!
 「僕はマシングラシスオードを発動!!
  コストにはバトルマシンズブーストを指定!!
  バトルマシンズ ビックハンドのパワーを800上げ、バトルマシンズブーストを2回発動出来るようにする!!」
 
名前:マシングラシスオード
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:この戦闘に自分と相手のモンスターが参加し、
        自分のモンスターが勝利していた時
        ・この戦闘の番号より番号の大きい場所にいる
         自分のモンスター1体を指定できた時
効果:指定したモンスターのパワーをこのターン、800上げる
   ・指定したモンスターが
    カテゴリ、名前に「機」「マシン」の
    いずれかの言葉を持っているモンスターだった時、
    以下の効果を1つ選択して使用できる
    ・このターン、指定したモンスターは効果を発動していない扱いとした上、
     効果を2回発動出来る
    ・このターン、このカードのコストとなったカードは、
     コストとなった後、裏側表示に戻り、効果を2回使用できる様になる、
     ただし、発動回数以外のルールは変わらない
カテゴリ1:ホット カテゴリ2:スピリット
テキスト:その熱が味方に伝わり、
     その熱をエネルギーに変換、動き出す!!

名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 突如、スケルトンキューブがカーディンの左横に走りこんできて、自身の右手をカーディンの左肩に乗せる、
 すると、カーディンに何か、赤いエネルギーのような物が流れ込みんでいく!!
 「来い!!ビッグハンド!!」
 さらに、カーディンが叫んで右拳を前に出すと、その右拳に向かってビッグハンドが飛んできてそのまま右拳に装着され、ビッグハンドにカーディンから赤いエネルギーのような物が流れ込む!!
 そして、カーディンが右手を振りかぶり、
 「いっけええええええ!!」
 リュッケンに向かって右拳を突き出し、付いていたビッグハンドを射出した!!
 そこにフライルフが飛んできて、上空からビッグハンドに向かって襲い掛かるが、ビッグハンドに弾かれてしまった!!
 
名前:機翼狼獣 フライルフ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1600

相殺

名前:バトルマシンズ ビックハンド
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:900
 
 「そんなもんで止められるかよ!!はぁああ!!せい!!」
  リュッケンがその右手の爪と左手の爪を振り降ろし、ビックハンドにぶつけて、ビックハンドの動きを一瞬留め、
 「てりゃあ!!」
 続けて、ビックハンドを右足で蹴り飛ばす!!
 「さらにおまけだ!!」
 さらに、リュッケンが思い切り斜め前上に跳躍!!
 そこにリュッケンの後ろからビックハンドに弾かれたはずのフライルフが飛んできて、リュッケンに体当たり、リュッケンを思い切り弾き飛ばした!!
 そして、右拳を突出し弾き飛ばされた先にあったビックハンドすらその右拳で弾き飛ばし、さらに、今度は右足の方を前下に出して思い切りカーディン達の方に飛んできた!!
 って、これってもしかしてやばい?
 ならこれだ!!右手でチャージゾーンのカードを1枚表にする!!
 「僕はバトルマシンズブーストの効果を発動!!
  ええっと、連狼拳 撃狼獣・連を相殺しますかって、緑の画面に出てるな・・・」
 連狼拳 撃狼獣・連ってかなり強力なカードだ、
 正直、バトルマシンズブーストじゃ、ちょっと心もとないな、
 よし!!相殺っていうのを試してみよう!!
 「僕はバトルマシンズブーストで連狼拳 撃狼獣・連を相殺!!」
 
名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

相殺

名前:リュッケン 連狼拳 撃狼獣・連
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 さらに、緑の画面には、蹴狼拳 脚狼獣・蹴を相殺しますかと出てきた!!
 「ええっと、これも強力そうだから、マシングラシスオードの効果で2回目を発動できるようになった、バトルマシンズブーストで相殺!!」
 
名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

相殺

名前:リュッケン 蹴狼拳 脚狼獣・蹴
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次に戦闘を行う自分のモンスターが
        カテゴリ、名前に「狼」「獣」「ウルフ」「ビースト」
        のいずれかの言葉を持っている時
        次の戦闘に相手のモンスターが参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで、
   次の戦闘に参加する自分のモンスターのパワーを100上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターが
    カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
    のいずれかの言葉を持っている時
    次の戦闘が行われるまで、
    次に戦闘を行う相手のモンスターのパワーを500下げる
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが0以下の時、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターを相手の手札に戻す
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:狼拳
テキスト:その蹴りは一撃で、相手を大きく吹っ飛ばした!!
 
 さぁ、これでどうなる!?
 
機翼狼獣 フライルフ M コスト:2 パワー:1600

FIGHT!!

バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
 突如、弾き飛ばされたビックハンドがリュッケンの真上から飛んで来て、リュッケンを真上から地上に叩き落した!!
 「ウゴッ!!」
 ズゴン!!
 さらに、ビックハンドはリュッケンから離れ、もう一度上空からリュッケンの方に飛んで行く!!
 すると、フライルフが右から飛んで来て、ビックハンドを体当たりで弾き飛ばした!!
 あえなく吹き飛ばされバランスを失いながら飛ぶも、すぐにバランスを整えるビックハンド!!
 今度はリュッケンの方ではなく、フライルフの方に飛んで行く!!
 フライルフもこれに答えたのか、ビックハンドに向かって行く!!
 ビックハンドが右手を開き、フライルフを掴みにかかる!!
 フライルフはこれを左の方にスルリとかわすと急転回しビックハンドの小指中ほどに噛みつく!!
 しかし、このフライルフに対し、ビックハンドはフライルフの頭を親指で押さえつけていく!!
 フライルフはすぐさまあわてて噛みつくのをやめて頭を引っこ抜き、反転しつつ向こうの方に飛んで行く!!
 対してビックハンドも飛んだフライルフの方を追って行く!!
 ・・・これは、もしかして、地上陣置いてけぼりの空中戦!?
 カーディンもリュッケンもビックハンドとフライルフを見上げて呆然としてるし、
 ・・・石でも投げてやろうかな・・・
 と、カーディンとリュッケンも僕同様正気に返ったのか、ハッとして互いを見据え、向かって行き、
 両手をガッキと組み合わせて押し合いを始めた!!
 そんな中でも、ビックハンドはフライルフを追っとぃく!!
 すると、突如、フライルフが反転してビックハンドの方に振り返り、ビックハンドの方に向かって行く!!
 そして、今度は、ビックハンドの右の方を抜けつつビックハンドの手首の方に噛みついた!!
 すると、ビックハンドは地上に向かって飛ぶ!!地上でフライルフを削ろうとでもいうのだろうか、
 しかし、そんな状況でも、フライルフは冷静に、ビックハンドの手首の方に噛みついたまま地上に近づいた瞬間背中のジェットエンジンを点かし、
 ゴッ!!
 ビックハンド自身を地上にぶつけた!!
 ぶつかったビックハンドは地上で跳ね返り吹っ飛ぶも、フライルフも衝撃がすごかったのかこちらも宙に吹っ飛んだ!!だが互いにすぐに持ち直し、相手の方に向き直り、またも向かって行く!!
 今度はフライルフは上に飛びつつビックハンドの右手の甲の方に噛みついた!!
 と思ったら、ビックハンドが上の方に飛んで行く、何をするつもりなのか?
 一方、地上ではカーディンとリュッケンが取っ組みあいの最中、やはり、パワーではリュッケンに分があるのか、カーディンは押し負けている、
 そして、空中の方ではビックハンドが上下反転、地上に向かって行く!!また地上にフライルフをぶつけるか削るかしようとしているのだろうか、
 対して、フライルフの方はただじっと地上を見てなにかタイミングを計っているように見える、おそらく、ビックハンドの右手をまたも地上にぶつけようと構えているのだろう、
 すると、次の瞬間、一気にビックハンドの右手が加速した!!
 タイミングを狂わされたフライルフは慌ててビックハンドの右手をぶつけようとジェットエンジンをふかす!!だが、次の瞬間、ビックハンドは前の方に向かって飛んだ!!
 その先では、今だに取っ組み合いするカーディンとリュッケンが!!そのままビックハンドとフライルフがカーディンとリュッケンにぶつかった!!
 「うわっ!!」
 「うぉっ!!」
 いきなり飛んできたビックハンドの右手とフライルフが、カーディンとリュッケンを吹っ飛ばす!!
 と、ビックハンドの右手がここで上下反転下降、一気にフライルフを地上に押し付けた!!
 が、フライルフはすぐに噛みつくのをやめたのか、地上で取り残されながらも削られるのは避けた!!
 フライルフが急いで宙に飛んで空中で立て直し、ビックハンドの右手に向かって行く!!
 「ん?」
 そこにカーディンがビックハンドの方に顔を向け、急いでビックハンドの方に走り込んでビックハンドの前で向かい来たフライルフに向かって右拳を体の前に出し左拳を腰だめに移動させて構え、立ちふさがる!!
 「力を貸すぞ!!」
 「させるかよっ!!」
 ここでリュッケンがカーディンに向かって走り込んでいく、が、その間にビックハンドがカーディンの上の方に飛んで上の方からカーディンの右拳に向かって飛び前後反転しつつビックハンドの右拳がカーディンのの右拳に装着!!
 さらにカーディンが右拳を大きく振りかぶると、
 「いっけぇぇぇぇぇぇ!!」
 右拳を突き出してビックハンドの右拳を飛ばし、続けて、カーディンは左拳を振りかぶって走り出した!!
 ビックハンドの右カーディンがフライルフの下半身に当たり、フライルフがバランスを崩す!!更に、ビックハンドは大きく左に回ってカーディンの方に飛んで戻りカーディンの左拳に装着、カーディンがその左拳を突き出してビックハンドの右拳を突き出して飛ばしフライルフの上半身にぶち当て、
 そのままフライルフを吹っ飛ばして向こうのメリーゴーランドにぶち当てた!!
 ズガァアアン!!
 そのままフライルフはメリーゴーランドの馬の模型の上の棒の上に引っかかってそのまま下の馬の模型まで落ち、目を回してだれ下がるのが見えた、と、思ったら爆発し、消滅した!!
 「フライルフゥウウウ!!」
 
機翼狼獣 フライルフ M コスト:2
パワー:1600 トラッシュ!!

FIGHT!!

バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1
パワー:900+800 パワー合計:1700
 
 リュッケンが叫び、カーディンの方を見据える!!
 「なろぅ!!行くぞレテウルフ!!」
 
見習いウルフ レテウルフ M コスト:0 パワー:300

攻撃

双歩&カーディン
 
 リュッケンがカーディンに向かって走りこむ、対してカーディンが右の拳を体の前に出し、左拳を腰だめに移動させ、構える!!
 そのままリュッケンが右手を振り上げその右爪をカーディンに振り降ろしていく!!
 と思ったら、リュッケンがいきなり右にいたスケルトンキューブの方を向いて走り、左肩を前に出してスケルトンキューブを体当たりで吹っ飛ばす!!
 「何っ!?」
 カーディンが驚く中、スケルトンキューブはいきなりの不意打ちで、かなりの距離吹っ飛ぶ!!
 そこでリュッケンが反転し、カーディンの方に向かい、カーディンにその右の爪を振るう、
 「おっと!!」
 しかし、カーディンは右の方に跳んで避ける!!もうカーディンもそう簡単にその爪は喰らわない!!
 「ならこれはどうだ!!」
 リュッケンが今度は左手の爪を下から振るう!!
 「そんなもの!!」
 カーディンが今度はこの左手の爪を左の方に飛んで避ける!!
 「ここだ!!」
 リュッケンがいきなり右手を振り上げ、カーディンの左手を掴んだ!!
 「もう取っ組み合いなどしない!!」
 カーディンが右足を振り上げ、リュッケンを蹴り付ける!!
 「おっと!!」
 リュッケンが右後ろに跳んでかわす!!だが、まだカーディンの左手を右手で掴んだままだ、一体何をするつもり・・・
 ん、レテウルフが向こう右の方からカーディンの真後ろに向かって回り込みつつ走って行く、まさか!!
 「カーディン!!後ろ!!」
 「ん?」
 「向かせるかよ!!」
 僕の声を聞き、カーディンが後ろに振り向こうとするも、レテウルフが左手を掴んだまま引いて妨害、
 さらにレテウルフが後ろからカーディンに攻撃を加えた!!
 「ギャッ!!」
 そして、カーディンの声が響き、カーディンの背中の装甲に大きな傷が付く!!

リュッケン
デッキ:26枚 手札:3枚 ライフカード:3枚
チャージゾーン:5枚 トラッシュ:2枚
モンスターゾーン  
無し
無し
見習いウルフ レテウルフ M コスト:0 パワー:300

VS

双歩
デッキ:26枚 手札:3枚 ライフカード:3枚
チャージゾーン:4枚 トラッシュ:2枚
モンスターゾーン
バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2 パワー:1400
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカードフュージョン 1話/5 バトル!!Wカードフュージョン!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
1話  バトル!!Wカードフュージョン!!5

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「カーディン!!」
 僕が叫ぶ中、カーディンの後ろにレテウルフが着地し、そこにスケルトンキューブが走り込み、右足でレテウルフに蹴りかかる!!
 レテウルフがスケルトンキューブの蹴りを避け、走り去っていく!!
 「ぐっ!!このお!!」
 カーディンは背中に傷ができたものの痛みに耐えて右足を振り上げ、リュッケンに蹴りかかる!!
 しかし、リュッケンはこの蹴りを右後ろに跳んでかわし、
 「まだだ!!」
 そこでカーディンが続けて右足を下げた反動で右拳を突き出す!!リュッケンはこの拳を左手で受け止め、
 「今だ!!スケルトンキューブ!!」
 スケルトンキューブがリュッケンの右後ろに素早く回り込み、右拳を握り殴りかかる!!
 「ちぃい!!しゃあねぇな!!」
 リュッケンが両手からカーディンの両拳を離し、左後ろに跳んだ!!スケルトンキューブの右拳が見事にからぶる!!
 「そらよ!!」
 さらに、リュッケンはスケルトンキューブの背後に向かって右足で回し蹴りを喰らわせた!!
 思わず前に吹っ飛び倒れるスケルトンキューブ!!カーディンはそこでスケルトンきゅぶを受け止めると右の方によけ、一歩前に出てリュッケンと対峙しつつ、チラリとスケルトンキューブの方を見、
 「すまない、スケルトンキューブ助けてくれて!!」
 スケルトンキューブがその言葉を聞きつつ首を一つ縦に振る!!
 向こうも大変そうだけど、こっちもどうにか、えっと、カードは・・・
 どこにもな、あ、あった!!
 見回してみると、さっき、ウルバイトがすっ飛んで行ったメリーゴーランド、その桃色の屋根の上にあった、って、屋根の上!?
 ううん、どうしよう、ええい、迷ってる暇は無い!!
 「カーディン!!力を貸して!!」
 「力を?一体何をすればいい!!」
 「メリーゴーランドの屋根の上にあるカードを取りたいんだ!!」
 「了解した!!私に乗れ!!」
 カーディンが車に変形する!!僕は急いでカーディンの右側前方の助手席の方に行き、助手席のドアを右手で開け、乗り込み、左手で助手席のドアを閉めた!!
 「ビックハンド、スケルトンキューブ、足止めを頼む!!」
 カーディンが声と同時に車内の計器と前の方のランプを光らせた後、走り出し、リュッケンの左の方を通って大きく左に曲がりメリーゴーランドの方に向かう!!
 「待ちやがれ!!」
 リュッケンの声が背後から聞こえると、バックミラーからリュッケンがこちらを向き、走り出すのが見える!!
 だが、そのリュッケンを後ろからスケルトンキューブが羽交い絞めして止める!!
 「は、離せ!!レテウルフ、追え!!」
 今度はレテウルフが追ってきた!!
 しかし、横からビックハンドが飛んできて、その鉄拳でレテウルフを殴り飛ばした!!
 そうこうしているうちにカーディンがメリーゴーランドの前まで走りこんだ!!
 よし!!それじゃあ、次は・・・
 「カーディン!!僕をメリーゴーランドの屋根の上に運んでくれる!!」
 「了解した!!」
 急いで左手で助手席のドアを開けカーディンから降り、樹主席のドアを左手で閉める、すると、カーディンがロボットに変形して、僕の方に右手を伸ばしてきた!!
 伸ばされた右手の上に乗る、と、カーディンがメリーゴーランドの屋根の上に乗ったカードのそばまで上げて近づけてくれた、
 ここまでくれば、拾えるな!!
 右手でメリーゴーランドの屋根の上に乗ったカードを取る、
 これは、また、パワーの弱いカードだな、このカード召喚するのだろうか?
 「もういいか?」
 「あ、ごめんごめん!!地面に降ろして!!」
 「了解!!」
 カーディンが右手を地面に向かって下げる、
 僕は、右手が地面に近づいた頃合いを見計らって、地面に降り、
 「それでは、私は戦いに戻る!!」
 カーディンが車に戻り、スケルトンキューブやリュッケンのいる場所へ戻って行く、
 さ、こっちはこっちでやるべきことをしないとな!!
 右手に持つカードを左手に移し、右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に返して、
 「リチャージ!!」
 「離しやがれぇ!!」
 リュッケンが後ろから羽交い絞めにしていたスケルトンキューブに右肘鉄を喰らわし、スケルトンキューブを吹っ飛ばした!!
 スケルトンキューブっ!!でも、今はこっちが先!!
 右手で山札から1枚、カードを引く!!
 「ドロー!!」
 カーディンがリュッケンの所にたどり着き、ロボモードに変形、右拳を体の前に出し、左拳を腰だめに移動させてかまえリュッケンと対峙する!!
 「ようやく、戻ってきやがったな!!」
 「ああ、またせたな!!」
 さて、僕が引いたカードは・・・
 これは、パワーを上げるカード!?
 どこまでやれるかわからないけど、こいつはチャージゾーンに裏側で置いて、
 さっきメリーゴーランドの屋根の上から拾ったカードは3番に裏側で置き、
 「セット!!」
 「オラァ!!かかってこいや!!」
 「望むところだ!!」
 カーディンがリュッケンに向かい走り出す!!
 3番に裏側で置いたカードを右手で表に!!
 「オープン!!」
 「なんてな、来い!!」
 突如、リュッケンが大きく顔を上に上げた!!
 「召喚!!バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ!!」
 「ワァオオオオオオ!!」
 
名前:バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーを
   (自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
    カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×500)下げる
   パワーを下げた後、
   以下の条件に次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが合致し、
   自分のモンスターゾーンのこのカード以外に条件があったカードがあった時、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターをトラッシュに送る
   ない場合は条件のパワーを0として扱う
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ、名前に「機」「マシン」
      のいずれかの言葉を持っているモンスターの数)×500)以下
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×1000)以下
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:忍者
テキスト:おもちゃに変化し、確実に任務を遂行する忍者!!
 
 いきなり僕の前に煙が出現れたと思ったら、その煙の中から小さな忍者が現れた!!
 手のひらに乗るようなサイズで、寸胴な体型、頭には濃い紫の頭巾に忍の文字が打ち付けられた蜂金を着け、
 口元に紫の布を着け、その顔は紫色の目だけ出すようになっていて、手の甲と足の甲に金属の板を着け、背中に刀を背負い、
 体に濃紫の忍者装束を着て、足に草履のような意図が施されている
 大丈夫なのか、これ?
 と、忍者がカーディンの方に向かって行き、突如、その姿が見えなくなった・・・小さいから見えなくなっただろうか?
 ん、上からいくつもの鉄の塊のような何かが飛んできた!?
 鉄の塊はカーディンの方に向かって行き、カーディンの周りに着弾!!
 スゴーン!!スゴーン!!スゴーン!!
 「うぉおおおお!!」
 カーディンが叫ぶ中、飛んできた何かが着弾した地点で轟音と共に土ぼこりが上がる!!
 そして、左向こうの方からリュッケンに向かって四足歩行の何かが走りこんできた!!
 それは、砲台を背負い、全身に鎧をまとった灰色の狼!!
 
名前:全鎧砲狼 フルノフ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2300
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        自分のチャージゾーンの裏側表示のカードが3枚以上存在する時
効果:自分のチャージゾーンの裏側表示のカードを3枚、効果で表にする
   以下のいずれかの効果を好きな回数と順番で3回発動させることができる
   ・次の戦闘が行われるまで
    次の戦闘に参加する、相手のモンスターのパワーを800下げる
   ・このターン、
    次の戦闘に参加しない、相手のモンスターのパワーを500下げる
   ・相手のモンスターゾーンにいる、
    パワー0以下のモンスターに対してのみ指定、発動出来る、
    指定したモンスターを相手のトラッシュに送る
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:全鎧砲狼獣
テキスト:装填完了、この3発で現状を変える!!ファイア!!
     3発の弾丸が、相手に向かって降り注ぐ!!
 
 全身に角ばった灰色の鎧をまとい、灰色の毛皮に覆われたその四肢と尾と顔のみを外に出し、
 顔の後部上にも灰色の兜をかぶっていて、赤い瞳をらんらんと光らせ、背中の巨大な砲台は、カーディン達に狙いを定めている!!
 ぐぅ!!背中に砲台なんか背負って、あっちの方が強そうじゃないか!?
 だけど、カードの力でこの状況を逆転するのが今の僕の役目、
 例え強そうでも、あんな砲台の狼に負けやしない!!
 「さぁ、行くぜ野郎ども!!ワォオオオオオ!!」
 リュッケンが大きく吠え、フルノフとレテウルフも呼応して、大きく吠えた!!
 っと、緑の画面の方のチャージゾーンから、3枚のカードが表になる!!
 
名前:リュッケン 叫狼拳 牙狼獣・吠
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:コストで表になった時

名前:リュッケン 狼撃の構え 牙狼
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:リュッケン 蹴狼拳 脚狼獣・蹴
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 っと、さらにカードが画面に写りつつ、チャージゾーンのカードが1枚表になる!!
 
名前:リュッケン 叫狼拳 牙狼獣・吠
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:コストで表になった時
効果の発動条件:このカードが、
        カテゴリ、名前に「狼」「獣」「ウルフ」「ビースト」
        のいずれかの言葉を持っているモンスターの
        召喚コストとして表になった時
効果:このカードのコストとして表にしたモンスターのパワーを、
   このターン、800上げる
   ・このカードをコストとして表にしたモンスターが
    カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」のいずれかの言葉を持っている時
    相手のチャージゾーンの裏側表示のカードをランダムで1枚選択し、表にする
    表にしたカードはコスト扱いで無く、カードの効果の発動や召喚等を行えない

名前:リュッケン 連狼拳 撃狼獣・連
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 と、フルノフがいきなり砲台をカーディンに向け、
 ドガン!!
 砲台から弾を発射した!!
 しかし、その弾はカーディンを外し、後ろの方にいた僕の方に飛んできた!! だが、その弾は右にそれ、僕のすぐ右の方に着弾!!
 ズガーン!!
 砂ぼこりを上げた!!
 へたくそ!!ちゃんと狙え!!
 って、狙われても困るんだけど!!
 「大丈夫か!!」
 カーディンがその顔を左の方から僕の方に向け、目を点滅させ叫び問いてきた!!
 「大丈夫!!」
 大声でこれに応える!!
 って、あれ、あ!!いつの間にか、緑の板のチャージゾーンのカードが一枚表になってる!!
 
名前:機木の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 ううう、仕方ないな、このまま進む!!
 
リュッケン
モンスターゾーン
全鎧砲狼 フルノフ M コスト:3 パワー:2300+800
無し
見習いウルフ レテウルフ M コスト:0 パワー:300
チャージゾーン
裏:2表:4

双歩
モンスターゾーン
バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2 パワー:1400
バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ M コスト:0 パワー:0
チャージゾーン
裏:4表:1
 
 スケルトンキューブがリュッケンに向かって走って行き、その右拳を振り上げた!!
 「甘いぜ!!」
 リュッケンがさらに上を行く速さで右拳を繰り出し、そこに右の方から手裏剣が飛んできて、リュッケンの右拳のすぐ前を通り、リュッケンの攻撃を止めた!!
 
名前:リュッケン 速狼拳 牙狼獣・速
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

相殺

名前:バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:0
 
 リュッケンが顔を右にかたむかせいぶかしむ!!
 「ん?なんだいきなり、まぁいいか!!」
 と、そこにスケルトンキューブが走り込み、その右拳でリュッケンの左頬をぶん殴る!!
 
名前:バトルマシンズ スケルトンキューブ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターと
        相手のモンスターが参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーを1000下げ、
   ・次の戦闘に参加する相手のモンスターの装備しているイクイップを
    相手のチャージゾーンに表側表示で送る
 
 「ぐ!!うぜぇんだよ!!」
 が、リュッケン殴られながらも突き出し返した右拳を受けを吹っ飛ばされた!!
 やっぱり、パワーが足りてない!!
 でも、今の状況なら、フルノフの効果で相殺もされないだろうし、
 このカードが、使える!!
 右手で二枚のカードを表にし、宣言する!!
 「僕はバトルマシンズフルブーストを発動!!
  バトルマシンズ スケルトンキューブのパワーを1200上げる!!
  コストにはバトルマシンズ カーディン カーモードを指定!!」

名前:バトルマシンズフルブースト
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで700上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで500上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:さらにパワーが上がっていく!!
     もう、止まらない!!

名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800
 
 これで、どうだ!?
 
全鎧砲狼 フルノフ M コスト:3 パワー:2300+800

FIGHT!!

バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2 パワー:1400
 
 フルノフがスケルトンキューブに向かって砲撃を開始!!
 ズドン!!ズドン!!ズドン!!
 しかし、全弾スケルトンキューブに当たらず、周辺の地面に当たったのみ!!
 だが、そこにはリュッケンもいるわけで、近くに砲弾が当たったリュッケンが驚いて、
 「うぉ!!」
 あわてた様子でフルノフの方を向き、
 「あっぶねーな!!おい、オレ様もそばにいるんだぞ!!」
 リュッケンの言葉を聞き、フルノフの砲撃が止まる!!
 と、いきなりスケルトンキューブがリュッケンの方に再度向かう!!
 そこに、フルノフが走り込み、スケルトンキューブの横から体当たり!!スケルトンキューブを吹っ飛ばす!!
 「スケルトンキューブ!!助太刀する!!」
 「おっと、そうはさせないぜ!!
 カーディンが走りこんでいくも、リュッケンが立ちはだかり、カーディンの助太刀を阻止する!!
 「ぐぬぅ!!」
 「へっへっへっ!!」
 フルノフがいきなりスケルトンキューブに向かって砲撃する!!
 ズドン!!ズドン!!ズドン!!
 だが、スケルトンキューブはこれを右の方に大きく跳んで避け、フルノフの方に跳ぶ!!
 フルノフがそれを狙い砲撃を行う!!
 ズドン!!ズドン!!ズドン!!
 スケルトンキューブが立方体に変形し、この砲撃を避ける!!
 一方、レテウルフとビックハンドは急いでカーディン達の方に行こうとカーディン達の方に近づいて行っているが、
 ズガーン!!ズガーン!!ズガーン!!
 フルノフの狙いが荒く、弾がばらけるためカーディン達の方に近づけていっていない、
 かといって、カーディンとリュッケンは今だにらみ合って相手の出方を伺っているだけのため、こちらもスケルトンキューブとフルノフに手出しできないでいる、
 と、フルノフが立方体に変形したスケルトンキューブに狙いを定め、砲撃を開始する!!
 ビヨヨョォ~ン
 ズドン!!ズドン!!ズドン!!
 砲撃が開始される一瞬前、スケルトンキューブは人型に戻りつつ跳んで砲撃を避け、そのまま前の方に跳び、フルノフに取りついた!!スケルトンキューブに取りつかれたことでフルノフが動揺したのか、フルノフが辺りに砲撃を乱射しはじめた!!
 ズドン!!ズドン!!ズドン!!
 ズドン!!ズドン!!ズドン!!
 ズドン!!ズドン!!ズドン!!
 しかし、上に取りついたスケルトンキューブには一発も当らない!!
 「ちょ!!あぶねぇ!!」
 「むん!!」
 リュッケンがフルノフの砲撃乱射に驚く中、カーディンがリュッケンの隙を突き、フルノフの方に走る!!
 そして、砲撃を乱射するフルノフを右手で上からスケルトンキューブごと掴み、真上に放り投げた!!
 ズドン!!ズドン!!ズドン!!
 ズドン!!ズドン!!ズドン!!
 ズドン!!ズドン!!ズドン!!
 上に飛んでも砲撃を乱射するフルノフ!!しかし、ほとんどが体を反転させた状態でありつつも砲口が体の周りの方に向いていたせいか、カーディンやスケルトンキューブには砲撃は当たっていない!!
 そして、そこでスケルトンキューブがフルノフの背中から体を下に下げつつフルノフの背中から離れ、地上に着地!!
 さらに、カーディンが右拳を、スケルトンキューブが左拳を握り、真上から降ってくるフルノフに向かって突き出した!!
 「でやぁ!!」
 そのままフルノフは空中で拳を二つ受け、背中の砲塔が壊れが体が背中側に折れて爆発!!消滅した!!
 
全鎧砲狼 フルノフ M コスト:3
パワー:2300+800-1000 パワー合計:2100 トラッシュ!!

戦闘終了

バトルマシンズ スケルトンキューブ M コスト:2
パワー:1400+1200 パワー合計:2600
 
 よし!!ここでこのカードだ!!
 右手でチャージゾーンのカードを2枚表に!!
 「僕はマシングラシスオードを発動!!
  バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャのパワーを700上げ、効果を発動していない状態にした上、さらに効果を2回発動できるようにする!!」
 
名前:マシングラシスオード
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:この戦闘に自分と相手のモンスターが参加し、
        自分のモンスターが勝利していた時
        ・この戦闘の番号より番号の大きい場所にいる
         自分のモンスター1体を指定できた時
効果:指定したモンスターのパワーをこのターン、800上げる
   ・指定したモンスターが
    カテゴリ、名前に「機」「マシン」の
    いずれかの言葉を持っているモンスターだった時、
    以下の効果を1つ選択して使用できる
    ・このターン、指定したモンスターは効果を発動していない扱いとした上、
     効果を2回発動出来る
    ・このターン、このカードのコストとなったカードは、
     コストとなった後、裏側表示に戻り、効果を2回使用できる様になる、
     ただし、発動回数以外のルールは変わらない

名前:バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:0
 
 と、ビックハンドがリュッケンの方を向いた!!
 
リュッケン

攻撃

バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
 さらに、ビックハンドはその右手を握り、カーディンとスケルトンキューブの方を見ているリュッケンに向かって飛んで行く!!
 「うごっ!!」
 そして、リュッケンは完全に不意打ちを喰らう格好で、ビックハンドの拳を右頬に喰らった!!
 「くそっ!!なめんな!!」
 リュッケンがその場でビックハンドに向かって右手の爪を振るうも、その右手の爪はビックハンドに少しかすったのみ、
 対して、ビックハンドは爪の攻撃を警戒し、急いでその場から退避する!!
 
リュッケン ダメージ

戦闘終了

バトルマシンズ ビックハンド M コスト:1 パワー:900
 
 さぁ、次だ!!
 と、突如手裏剣がレテウルフに向かって行く!!
 その手裏剣をレテウルフが見つけ、あわてて左に跳び、避ける!!
 
名前:見習いウルフ レテウルフ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:300

相殺

名前:バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:0
 
 しかし、レテウルフの死角から、もう一つの手裏剣が来ていることに、レテウルフは気付いていない!!
 
名前:バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーを
   (自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
    カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×500)下げる
   パワーを下げた後、
   以下の条件に次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが合致し、
   自分のモンスターゾーンのこのカード以外に条件があったカードがあった時、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターをトラッシュに送る
   ない場合は条件のパワーを0として扱う
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ、名前に「機」「マシン」
      のいずれかの言葉を持っているモンスターの数)×500)以下
   ・((自分のモンスターゾーンにいる、このカードを含む、
      カテゴリ:バトルマシンズを持つモンスターの数)×1000)以下

リュッケン

攻撃

バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ M コスト:0 パワー:0+800
 
 レテウルフの背後から手裏剣が迫り、レテウルフの尻に突き刺さる!!
 思わず前の方に跳び、後ろの方を見るレテウルフ、しかし、そこには誰もいない、
 あわててリュッケンの方に吠えて報告する、
 「でりゃああ!!」
 「うぉりゃあ!!」
 報告を受けるはずのリュッケンは、右拳を振り上げ、今まさに、カーディンの方に向かって走り出したところだった!!
 対するカーディンもリュッケンの方に右拳を振り上げ向かって行っている!!
 ビックハンドやスケルトンキューブはその様子を見守っている、カーディンが不利になったりしたらすぐに飛びこむ気なのだろう、
 レテウルフはリュッケンに相手してもらえず、仕方なく、後ろの方を向き、手裏剣が飛んできた方へ一匹向かう、
 辺りはいろいろあって荒廃した遊園地・・・
 サッ!!
 いきなり右前近くで何かが動く!!
 思わずそちらの方を向いて、吠えるレテウルフ!!
 サッ!!
 今度は後ろの方!!そちらを向いて吠えるレテウルフ!!
 サッ!!サッ!!
 今度は右から左から、今度も一回ずつ律儀にそちらの方を向いて吠えるレテウルフ!!
 と、ここでリュッケンがようやく顔を右に向けて右後ろの方のレテウルフの方をチラリと見、
 「ん、あいつ何やってんだ?」
 と反応する、だが、当のリュッケンはカーディンと両手をガッキと組み、取っ組み合いやってる最中だった!!
 「お前の相手は私だ!!」
 「おっとそうだったな!!」
 カーディンの言葉を聞き、カーディンの方に顔を向け、カーディンとの取っ組み合いに戻る!!
 一方、レテウルフの方、
 あたりからくる気配からか、吠える暇すらなく、辺りを見回し続けるレテウルフ、
 サッ!!サッ!!
 サッ!!サッ!!
 サッ!!サッ!!
 レテウルフは、この気配を探ろうとしているのか、さらに早く、ぐるぐると回って辺りを見ている、
 サッ!!
 いきなりレテウルフの背後から何かが飛びだりた!!
 速効で振り返り、その何かに向かう!!
 その何かが、右手を振りかぶり、手裏剣を投げる!!
 あれは、キット・オブ・ニンジャ!!
 あいつ、レテウルフの気を散らせるために、まわりを回っていたのか!!
 そして、レテウルフがニンジャの投げた手裏剣をその口で掴む!!
 さらに、そのままニンジャの方に体当たり!!
 だが、ニンジャがいつの間にか右手に忍者刀を持って前に出していて、その忍者刀がレテウルフの額に突き刺さった!!
 ブシ!!
 思わずうめくレテウルフ!!
 対するニンジャの方は、刺した忍者刀を両足でレテウルフの顔を蹴りながら抜き、そのまま地上に着地して即上に跳躍してレテウルフの頭の上に着地、
 レテウルフがうめきつつ頭の上に何かが乗って慌てているのをしり目に、レテウルフの首の方まで走り、真上に跳躍し、忍者刀を両手に持ち替えて振り上げ、レテウルフの首の方まで落ちて行き、
 ザシュ!!
 そのままレテウルフの首を叩き斬った!!
 レテウルフは首の位置がずれ、爆発し、消滅した!!
 「レテウルフッ!!」
 思わず驚くリュッケン!!
 そんなリュッケンに向かって素早くニンジャが走り込んでいき、両手を掴まれ動けないリュッケンの右足首を忍者刀で叩き斬った!!
 「ぐがぁああ!!」
 
リュッケン ダメージ

戦闘終了

バトルマシンズ キット・オブ・ニンジャ M コスト:0 パワー:0+800
 
 「貴様ら・・・!!」
 リュッケンが顔を下に下げ何かを呟き、
 「これ以上、好き勝手させるかよ!!ガァァァァァァァァァアアアアアアアアア!!」
 
名前:リュッケン 狼拳奥義 斬斬斬爪
種類:S スマッシュ コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:相手のモンスターゾーンにいる、
        パワー2000以下のモンスターを全て指定できた時
        ・このターン、自分のモンスターが
         戦闘、もしくは相手のカードの効果で
         2体以上トラッシュに送られていた時
        以下のいずれかの条件を満たした時
        ・戦闘を行った、カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
         のいずれかの言葉を持っている
         自分のモンスターが戦闘に敗北、または、引き分けていた時
        ・この戦闘の戦闘前から戦闘後にかけ、
         この場所にいるカテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
         のいずれかの言葉を持っている自分のモンスターが
         相手のカードの効果でトラッシュに送られていた時
効果:指定した相手のモンスターを全てトラッシュに送る
   次のオープンのみで召喚する、
   コスト召喚除くモンスターのコストが1下がる
   この効果でコストは0以下にはならない
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:狼拳奥義
テキスト:世界に広がる爪の残像、
     その爪は、あらゆるものを斬り裂き、打ち倒す!!
 
 ガァァァァァァァァァアアアアアアアアア!!
 リュッケンの大声と共にあたりに衝撃波が走る!!
 「何だ、これは!!」
 カーディンが衝撃波を受け、吹き飛ばされつつリュッケンから両手を離した!!
 「そこだぁああああ!!」
 リュッケンが右手の爪を振るって衝撃波を発生させ、カーディンの胴部を切り裂きつつさらに吹っ飛ばす!!
 「次はお前だ!!ガァァァァァァァァァアアアアアアアアア!!どりゃ!!」
 リュッケンがいきなり上に跳ぶと、右手をを振り上げて誰もいない地面に向かって、右手を振り降ろしてその右爪を振るう!!
 「トォウ!!」
 すると、振るった右爪から衝撃波が放たれた!!
 さらに、リュッケンは続けて左手を振り上げて同じく誰もいない地面に向かって左手を振り降ろして左爪を振るう!!
 「ハァアア!!」
 左爪からも衝撃波が放たれた!!
 そして、両手の爪からそれぞれ放たれた衝撃波によって、地面がえぐれ、吹き飛んだ!!
 と、吹き飛んだその地面の中にニンジャが紛れていた!!
 「そこだ!!」
 リュッケンが地上に着地後、吹き飛んだニンジャに跳躍して近づき、一気に右手の爪を一閃!!ニンジャを切り裂き、爆発させた!!
 「まだ行くぜ!!」
 さらに、地上に着地しつつ高速で走り出し、スケルトンキューブの背後に移動!!
 スケルトンキューブが動く暇も無く、右手の爪を振り降ろして斬り裂き、爆発させた!!
 「これで最後!!」
 またもいきなり走り出すと、ビックハンドの真下に回り込み、超スピードでビックハンドに向かって跳躍、
 右手の爪と左手の爪を上に出した後、ビックハンドのすぐ下で両方一気に外側に振り回して、ビックハンドを斬り裂き爆発させ、消滅させた!!
 「キット・オブ・ニンジャ!!スケルトンキューブ!!ビックハンドォ!!」
 カーディンの叫びがこだまする!!
 くそっ!!くそっ!!くそっ!!
 
リュッケン
デッキ:26枚 手札:5枚 ライフカード:1枚
チャージゾーン:6枚 トラッシュ:5枚
モンスターゾーン
無し

VS

双歩
デッキ:26枚 手札:1枚 ライフカード:3枚
チャージゾーン:5枚 トラッシュ:5枚
モンスターゾーン
無し

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカードフュージョン 1話/6 バトル!!Wカードフュージョン!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
1話 バトル!!Wカードフュージョン!!6

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「そんなっ!!一気にみんなやられちゃった・・・」
 「どうだ!!これがこのオレ様の奥義の一つ、斬斬斬爪だ!!」
 「うぬぅうう!!」
 確かにすごい、みんないっぺんにやられた・・・
 だけど、さっきのカード、なぜか今までの、モンスターとかリサイクルとかプログレスとかとは種類が違ってた、
 緑の画面にはスマッシュカードって出てたな・・・
 スマッシュカード、あんなにすごいカードがあるなんて、
 でもどうやら、スマッシュカードは、チャージゾーンに残らないカードみたいだ、
 今は、緑の画面のチャージゾーンから、トラッシュの方に移動している、
 チャージゾーンにある時に発動されたから、チャージゾーンにないと発動できないカードだと思うけど、
 それに・・・
 「はぁ、はぁ、はぁ、どうだ!!」
 リュッケンの息が上がってる、リュッケンに取ってしてみても、負担が大きい技らしい、
 そうだよね、あんなカードか技か、連発したら、負担が大きいに違いない・・・
 「さぁ!!次は貴様の首をもらうぜ!!」
 リュッケンがカーディンの元に歩み寄り、右手で動きの止まっていたカーディンの首を持ち、持ち上げた!!
 「ぐ、ぐぐぐ・・・」
 「どうした、仲間がいなくなって落ち込んでたか!?」
 「何を!!」
 カーディンが左手でリュッケンの右手を握り、その右拳でリュッケンに殴り掛かる!!リュッケンはカーディンの首から右手を離しつつ、後ろに跳んで距離を取った!!
 「ウケケケケ・・・そうこなくっちゃな!!」
 「なにおぅ!!」
 カーディンがリュッケンに向かって走り、再びその右拳を突き出した!!
 「甘い甘い!!」
 リュッケンはこれを右に避け、更に右手を振り上げ、振りおろす!!!!
 「そらよ!!この爪を喰らいやがれ!!」
 「ぐうぅ!!」
 とっさにカーディンは両腕を顔の前に出して防ぐも、その両腕にひっかき傷ができる!!
 カーディンの動き、仲間が一気にいなくなったショックから立ち直れていないのか、はたまた、いなくなったショックでがむしゃらになってるのか今までよりも単純で、尚且つ遅い、
 これじゃあ、リュッケンに勝てそうには・・・いや!!
 まだだ、まだ僕は何もしてない!!
 今ここで、やれることをするんだ!!
 それには、えっと、カード、カード・・・あった!!
 左の方にあった大きな四角い箱にピエロの絵が描かれ、中央下に縦に長い四角い出入口の開いたお化け屋敷の右前側の木の上にカードが一枚、引っ掛かってる!!
 お化け屋敷は好きじゃないけど、中に入るわけじゃないし、よし!!
 急いでカードの引っ掛かった木の方に向かって走る!!
 ・・・無事に到着した!!のはいいけど・・・
 カードが木の上の方に引っ掛かって、そう簡単には取れそうもない、木をよじ登るか?でも、まっすぐで木の皮のあらが少なく簡単に木登りできそうな木じゃないし・・・
 いや、木登りよりも・・・こうだ!!
 思い切り右足を突出し、木を蹴る!!
 ガザァアア!!
 木が揺れ、葉っぱが数枚落ちてきた!!
 カードの方は!?
 上を見上げると、木にひっかかってるカードが、少し動いている、気がする、
 それなら!!
 「てやっ!!てやっ!!てやっ!!」
 ガザッ!!ガザッ!!ガザッ!!
 木を幾度も蹴りつける!!
 上を見上げ、カードの方を見てみると、確かに、少しずつ木の外側に向かって移動してる!!
 よし、これなら!!
 「ん、あいつ、何やってんだ?」
 突如、リュッケンが僕の方を見て、僕の方に歩いてきた!!
 「行かせない!!」
 そこにカーディンが割り込む!!
 「けっ!!一般人には手を出させないってか!!」
 「それもあるが・・・今はそれでいいだろう!!」
 カーディンとリュッケンがにらみ合い、互いに動きを止めた!!
 よっし、チャンスだ!!
 てやっ!!てやっ!!てやっ!!てやっ!!てやっ!!てやっ!!
 ガザッ!!ガザッ!!ガザッ!!ガザッ!!ガザッ!!ガザッ!!
 てやぁあああ!!!
 ガザザザッ!!!
 連続して木を蹴った後、渾身の蹴りを一撃、叩き込む!!
 これでどうだ!!
 上の方を見ると、カードがヒラヒラと落ちてきていた!!
 やった!!
 ヒラヒラと落ちてきたカードを、タイミングを見計らい、右手に取る!!
 このカード、これなら、この状況、どうにかできるかも!!
 それなら、カーディンのためにも先に進むぞ!!
 まずは、右手に今持つ木から落としたカードを左手に移して、
 空いた右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に返し、
 「リチャージ!!」
 「けっ!!虫唾が走るぜ!!そうやって人間を守る輩を見てるとよう!!」
 続けて、右手を山札にかけ、山札の一番上のカードを引く!!
 「ドロー!!」
 「どきな!!その小僧、オレ様が殺してやる!!」
 「どくわけにはいかないな!!この子は私が守る!!」
 今引いたカード、こいつはこのままチャージゾーンに裏側で置いて、さっき木から落としたカード、あれを1番に置く!!
 右手に持つカードをチャージゾーンに裏側で置き、
 さらに、左手に持つさっき木から落としたカードを右手に持って、1番の場所に裏側で置いて
 「セット!!」
 「なら、力ずくでもどかしてやる!!来い!!」
 「望むところだ!!」
 右手で1番に裏側で置いたカードを持ち、表に!!
 「オープン!!」
 「ワァォオオオオオ!!」
 「バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター!!」
 「鎧爆飛狼 イアルフ!!」
 
名前:バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2500
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次に戦闘にこのモンスターが参加する時
        相手のチャージゾーンに
        裏側表示のカードが1枚以上存在している時
効果:次の戦闘が終わるまでの間、相手はスマッシュカードを発動できなくなる
   次の戦闘後、このモンスターのパワーを500下げる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:氷転秤飛機人
テキスト:ローターより氷を放出!!
     さらに、変形して一気に吹雪をまき散らす!!

名前:鎧爆飛狼 イアルフ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2400
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
        以下の発動条件のいずれかを満たしている時
        1:次の戦闘に相手のモンスターが参加している時
        2:自分のモンスターゾーンにある、
          戦闘を行えるカードが置かれていない場所を
          1つ指定できた時
効果:満たした条件に応じて下記の2つのうち1つを使用する
   1:このターン、相手のモンスターゾーンにいる、
     全てのモンスターのパワーを800下げ、
     ・パワーが0以下の相手のモンスターを全てトラッシュに送る
   2:指定した場所にこのカードを移動させる
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:鎧爆飛狼獣
テキスト:いきなり飛んできた鉄柱は手足と頭が生えていた!!
 
 右向こうの何処かから、ヘリコプターが飛んできた!!
 そのヘリは、氷のような水色のボディを持ち、そのボディはところどころ凍っていて、ボディの上には白い2連プロペラが付いており、後ろの方には後尾翼に丸い穴を開け、そこにプロペラを仕込んだような白いローターが付き、
 全体的に流線型で、後ろの方にある、ボディとローター入り後尾翼との接続部分は細めにできていて、ローターを擁する部分は上端の切れた大きな三角のような機翼になっている!!
 と、後尾翼部が上下180度反転!!斜め上下左右に4つに分かれたと思ったら、
 ローターが外れた機翼下部分二つが下に足を伸ばすように移動して行って両足になり、
 続けて、ローター部の付いた上機翼が後ろから両腕を左右に伸ばすように移動、そのまま両肘を下に曲げて持って行くように変形し、ローターと前部の接続部が両腕と化し、ローター部が両肩の方に移動する!!
 さらに、上部のプロペラ部分が後ろに移動しつつ、プロペラのあった部分に前から顔を起こすように顔が出現した!!
 そこに現れた、ヘリの前部をイメージした水色の兜をかぶった鋼鉄の顔は精悍で、その体は左足と右腕がちょっと凍っている四肢を持ち、その水色の氷瞳は、リュッケンの方を静かに見ている!!
 と、いきなり左向こうからミサイルが飛んできた!!
 いや、違う!!よく見るとミサイル型の鎧を着た狼だ!!
 顔や四肢や尾などの見える部分は全体的に灰色の毛皮で覆われ、黄色い目に鋼の爪と牙を持ち、尾や四肢などは鎧の下から見える感じになっているが、
 首元から後ろにかけて、白い円筒状で後ろの上下左右に直角二等辺三角の羽など付けたミサイル型の鎧など纏い、
 その鎧の後ろから火を出して飛びつつ四肢を動かして宙を駆けるマネゴトをする姿など、正しくミサイル狼といった感じだ!!
 そのミサイル狼、イアルフの方にフロストジャイロヘリコプター・・・ええっと、ジャイロでいいかな、
 ジャイロが飛んで行って、空中で両手を使いイアルフをがっきと受け止めた!!
 イアルフはもがき、後ろの火を増してカーディンとリュッケンの方に向かおうとする!!
 っと、フロストジャイロヘリコプターの召喚コストとして。、チャージゾーンのカードを3枚表にしないと!!
 右手でチャージゾーンのカードを3枚の表に!!
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800

名前:機木の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:マシングラシスオード
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘後
 
 と、緑の画面の方でもチャージゾーンのカードが表になった!!
 
名前:リュッケン 叫狼拳 牙狼獣・吠
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:コストで表になった時

名前:リュッケン 狼撃の構え 牙狼
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 え!!2枚!?でも、鎧爆飛狼 イアルフはコスト3・・・
 あ、これも前のターンの奥義 斬斬斬爪の影響か!?くっそーそこまで強いのか、スマッシュカードって・・・
 
リュッケン
モンスターゾーン
鎧爆飛狼 イアルフ M コスト:3 パワー:2400
チャージゾーン
裏:4表:2

双歩
モンスターゾーン
バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター M コスト:3 パワー:2500
チャージゾーン
裏:3表:3
 
 ええい、とにかく、スマッシュカードの発動を防ぐのが先だ!!ジャイロの効果ならそれができる!!
 「お願い!!ジャイロ!!」
 ジャイロがイアルフを両手で止めたまま、こちらを向いて顔を縦に動かし、顔を正面に戻したと思ったら背中のプロペラと両肩のローターを高速で回し始め、
 「そいつを離しやがれ!!」
 突如、リュッケンがジャイロに向かって跳んできて、ジャイロにその右拳を喰らわせた!!
 ジャイロが思わずイアルフを離す!!
 
名前:バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2500

相殺

名前:リュッケン 速狼拳 牙狼獣・速
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 ええいダメだったか!!
 と、リュッケンが地上に降り、右手と右人差し指をカーディンに向ける!!
 「行け!!イアルフ!!あいつを吹っ飛ばせ!!」
 イアルフがカーディンに向かって飛んで行く!!
 ええい、どうにでもなれ!!
 右手でチャージゾーンのカードを1枚表に!!
 「僕はバトルマシンズブーストの効果を発動!!
  鎧爆飛狼 イアルフの効果を相殺だ!!」

名前:鎧爆飛狼 イアルフ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2400

相殺

名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 「はぁああ!!むん!!」
 カーディンが気合を込めた声を上げると、両手を前に出して鎧爆飛狼 イアルフを受け止め、イアルフの勢いをいなしながら体をぐるっと回しリュッケンに向かって投げ返した!!
 「ちぃい!!しゃーねーな!!」
 リュッケンがカーディンの方に走りだし、イアルフを走って両手で受け止めつつ、上に角度を変えて上に投げる!!
 イアルフは上に向かって飛び、さらに、リュッケンが跳躍しつつ右足をカーディンに向けて突き出し、跳び蹴りをする!!
 と同時に、上に飛んでいたイアルフが、突如上から、カーディンに向かって咆哮転換し襲い掛かってきた!!
 ええっと、緑の画面にはこれもカードの効果って書いてある!!
 名前からしてリュッケンの蹴りが効果みたいだけど、
 とにかく、それなら、このカードで相殺だ!!
 右手でチャージゾーンのカードを1枚表に!!
 「僕はバトルマシンズフルブーストの効果を発動!!
  リュッケン 蹴狼拳 脚狼獣・蹴の効果を相殺する!!」
 
名前:リュッケン 蹴狼拳 脚狼獣・蹴
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前

相殺

名前:バトルマシンズフルブースト
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 すると、ジャイロがいきなりカーディンの方に向かって行く!!
 そして、カーディンの元に着いて着地すると、両手を体の上前に出して構え、同時に、カーディンも両手を前に出して構えて、
 互いにその両手で、カーディンがリュッケンを、ジャイロがイアルフを受け止め、弾き飛ばした!!
 「まだだ!!」
 地上に降りたリュッケンと、宙に飛ばされたイアルフが、再度、カーディンとジャイロの方に向かう!!
 ああんもう、しつこいな!!
 右手でチャージゾーンのカードを表に!!
 「僕はマシンクールウインドの効果を発動!!
  リュッケン 連狼拳 撃狼獣・連の効果を相殺!!」
 
名前:リュッケン 連狼拳 撃狼獣・連
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前

相殺

名前:マシンクールウインド
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する相手のモンスターが参加する時
効果:次に戦闘を行う相手のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで800下げる
   ・自分のモンスターゾーンにいる、
    カテゴリ、名前に「機」「マシン」の
    いずれかの言葉を持っているモンスターを指定できた時、
    以下の効果を発動する
    ・自分のモンスターゾーンにいる、
     カテゴリ、名前に「機」「マシン」の
     いずれかの言葉を持っているモンスターを指定できた時、
     このターン、指定したモンスターのパワーを500上げる
    ・パワーを下げた後、相手のモンスターゾーンにいる、
     パワー0以下のモンスターを全て手札に戻させる
カテゴリ1:クール カテゴリ2:スピリット
テキスト:冷たき風に、相手は戦意を喪失していく、
     冷たき風に、熱くなった機械はその体を冷やす
 
 すると、ジャイロが背中のプロペラと両肩のジャイロから、いきなり風を巻き起こした!!
 その風は、リュッケンとイアルフに打ち付ける!!
 「うぉ!!何だこれ!!」
 イアルフが地に落ち、リュッケンが動きを止める!!
 「げ!!こいつは!!」
 と、リュッケンの体が風を受け、ところどころ凍り始めている!!
 その凍り具合は、下に行くほど顕著で、足など完全に凍って地面とくっ付いている!!
 イアルフも同様、こちらはロケットの熱があるせいか少しずつだが、確実に凍り始めている!!
 「っち!!しゃあねぇな!!」
 いきなりリュッケンが顔を上に上げ・・・何も吠えなかった!?
 「今までと違う呼び声、貴様、何をした!?」
 「へん、この状況、どう見てもオレ様たちが不利なんでね、大目に援軍を呼んだだけさ!!」
 え、カーディンはリュッケンが何をしたかわかってるの?
 「カーディン!!どういうこと!?何も声なんて聞こえなかったんだけど?」
 「超音波だ」
 カーディンがリュッケンを見据えたまま、声に合わせて目を光らせる!!
 「人間の可聴範囲を超えた域の呼び声を出し、何かを呼んだんだ!!」
 へぇ、なるほど、納得・・・
 って、今のまた変な技じゃないだろうな!!
 あ!!緑の画面にカードが写ってる!!
 
名前:リュッケン 狼拳奥義 咆咆咆哮
種類:S スマッシュ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次に戦闘を行う自分のモンスターが
        カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
        のいずれかの言葉を持っている時
        ・自分のモンスターゾーンに
         戦闘を行えるカードが置かれていない場所を
         1つ以上指定できた時
        ・自分の手札にある、カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
         のいずれかの言葉を持っている、召喚条件の無い、
         コスト1以下のモンスターを1枚以上相手に見せれた時
効果:相手に見せたモンスターカードを
   指定した場所にコスト0扱いで好きな枚数召喚し、
   召喚した後自分の手札が0枚だった時、
   以下の効果を全て発動させなければならない
   ・自分の山札から1枚カードを引いて
    自分の手札にする
   ・次のターン、自分は相殺含め、最初に発動させた
    戦闘前タイミングのリサイクル・スマッシュカードを
    発動させることができず、
    相殺時は他のカードを発動させることで代用できる
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:狼拳奥義
テキスト:気合を込めたその声は聞こえずともあたりに広がり、
     幻影を呼び起こすといわれる!!
 
 うお、これはまずいな!!今こそ相殺・・・相殺・・・って、ああ!!発動出来るカードが無い!!これじゃ相殺できない!!
 そんなこんなしている間にも、緑の画面の中で2枚のカードがチャージゾーンで表になった!!
 
名前:リュッケン 蹴狼拳 脚狼獣・蹴
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:リュッケン 連狼拳 撃狼獣・連
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 相殺、出来ない!!
 そこに向こうから、何かが走りこんできた!!
 それは、左前足が鉄の鎧で覆われた狼!!
 濃い灰色に少し薄い灰色の太いラインが入った毛皮をまとい、
 左前足が鉄の鎧で覆われ、鋼の牙と爪に青い瞳を持っている!!
 「あいつが援軍か!!」
 カーディンが走りこんできた狼の方を見
 ガシャン!!
 大きな音がしたと思ったらいきなりジャイロがよろめき、リュッケンとイアルフに向けていた風を乱れさせた!!
 なんと、ジャイロの右腰にいつの間にか何かが張り付いていたのだ!!
 あれは、狼だ!!濃い紅色の毛皮に赤い瞳、鋼の爪と牙を持ち、首のあたりに狼の首の中ほどを模した金属の鎧を着けた狼!!
 「今だ!!イアルフ!!」
 イアルフがとっさに立ち上がってリュッケンの方に向かって走り、リュッケンの前で前後反転すると自身の後ろのロケットでリュッケンの足元の氷を溶かしていく!!
 そして、全ての氷が瞬く間に溶かされ、リュッケンが右足を上げてブラブラさせ、右足に異常がないか確認し、
 さらに、右足を降ろした後、左足も上げてブラブラさせ、こちらも異常がないか確認、
 続けて、左足を下げつつイアルフの方を向き、
 「助かったぜ!!イアルフ!!」
 さらに、自分の方に向かってきた左前足が鉄の鎧で覆われた狼の方を向き、
 「おとりご苦労、ウルスプ!!」
 今度はジャイロに張り付いた狼の方を見て、
 「サンキューなビギウルフ、もういいぞ!!」
 と、ビギウルフと呼ばれた狼が、ジャイロから離れて着地、リュッケンの方を向き、リュッケンの方に走っていった!!
 
名前:鉄の跳びかかりウルフ ウルスプ
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:600
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:以下のいずれかの効果を1回ずつ発動させることができる
   ・次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを300上げる
   ・自分のチャージゾーンに表側表示で
    カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
    のいずれかの言葉を持つモンスターが存在している時
    次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを600上げる
   ・次の戦闘に参加する相手モンスターのコストが0だった時、
    相手のモンスターのパワーを800下げる
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:飛びつき狼獣
テキスト:その鋼の爪で、飛びつき、降り下ろし、そして、斬り裂く!!

名前:下級ウルフ ビギウルフ
種類:M モンスター
コスト:0 パワー:200
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:以下のいずれかの効果を1回ずつ発動させることができる
   ・下記のいずれかの効果も使わない時、
    次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを200上げる
   ・自分のチャージゾーンに表側表示で
    カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
    のいずれかの言葉を持つモンスターが存在している時
    次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを200上げる
   ・次の戦闘に参加する相手モンスターのコストが0だった時、
    相手のモンスターのパワーを300下げる
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:下級狼獣
テキスト:下級のウルフ、だが、その顎や足腰は靭である!!
 
 ええい、くそ!!味方を呼ぶのをゆるしてしまった!!
 
鎧爆飛狼 イアルフ M コスト:3 パワー:2400

FIGHT!!

バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター M コスト:3 パワー:2500
 
 ジャイロが再度背中のプロペラと両肩のモールを回し、風をリュッケン達の方に送る!!
 「早々何度も喰らうかよ!!散れ!!」
 リュッケンが叫び、右の方に走り出すと、イアルフが上に飛び、ビギウルフが左の方に走り出し、ウルスプが後ろの方に向いて走り出す!!ジャイロは左右と上と向こうに散ったリュッケンとビギウルフとイアルフとウルスプを順繰りに見、どこに風を送るべきか迷う!!
 と、カーディンがジャイロの方を見、
 「君は空中にいるイアルフを追ってくれ!!地上は私がどうにかする!!」
 ジャイロがカーディンの方に顔を向けて一つ顔を縦に振ってうなずき、背中のプロペラを回してイアルフを追い、飛んで行く!!
 と走っていたリュッケンが足を止めてカーディンの方を向き、
 「そんなこと言っていいのか?」
 「大丈夫だ、私一人でどうにかする!!」
 「減らず口を、なら、試してやる!!」
 リュッケンが今度はカーディンの方に向かって走り出す!!
 一方、ジャイロが空中にいるイアルフに向かって飛んで行き、ある程度近づいたところで背中のプロペラと、両肩のモールから、風を送り出した!!
 しかし、この風をイアルフは大きく飛んで避け、ジャイロの方に向かって行く!!
 対するジャイロも、風を止め、イアルフの方に向かって行った!!
 そして、ジャイロが右足を振り上げ、イアルフを蹴り上げる!!
 これには、イアルフも予想外だったか、その顎に蹴りを喰らって吹っ飛んだ!!
 だが、すぐに立ち直ったのか、体が前後上下さかさまになりながらも大きく回って飛び、ジャイロの方に向かう!!
 両拳を握り、胸の前に持ってきて構えるジャイロ!!
 大きく飛んだイアルフが上下を戻しつつ少し上に飛ぶと、上の方からジャイロに襲い掛かる!!
 そこにジャイロが右拳を握り、突き出した!!イアルフがその右拳に向かって噛みつく!!
 ガブッ!!
 だが、ジャイロは少し動きがひくつくも、ひるむことなく、冷静に、その右ひざで、イアルフの腹を蹴り上げた!!
 ゴキィ!!
 腰が二つに折れ、思わずジャイロの右拳から口を離すイアルフ!!
 そこにジャイロが両の拳を互いに握って上げ、思い切り振り降ろしてイアルフの腰に向かって叩きつけた!!
 ドガァ!!
 今度は腰が下に向かって折れ、下に落ちて行くイアルフ!!
 さらに、ジャイロが右足を思い切り振り上げ、一気にイアルフに向かって落ちて行き、地上付近でロケットを下に噴射し何とか止まったイアルフに踵落としを決め、イアルフを地上に叩き落し爆発させ消滅させた!!
 
鎧爆飛狼 イアルフ M コスト:3 パワー:2400 トラッシュ!!

戦闘終了

バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター M コスト:3 パワー:2500

鉄の跳びかかりウルフ ウルスプ M コスト:1 パワー:600

攻撃

双歩&カーディン

鉄の跳びかかりウルフ ウルスプ M コスト:1 パワー:600

戦闘終了

双歩&カーディン ダメージ

下級ウルフ ビギウルフ M コスト:0 パワー:200

攻撃

双歩&カーディン

下級ウルフ ビギウルフ M コスト:0 パワー:200

戦闘終了

双歩&カーディン ダメージ
 
 カーディンとリュッケンがそれぞれ右拳を握り、殴り掛かる!!
 そして、互いに右拳を相手の左頬に決め、弾かれたように後ろにさがった!!
 やはり互いに疲労がたまってきてるんだろうか、双方動きが鈍い・・・
 と、リュッケンの右口端がいきなり歪み、右手と右人差し指を僕の方に向け、
 「ウルスプ!!ビギウルフ!!あの小僧を殺れ!!」
 「え、ちょっと!!」
 「なにぃ!!」
 ウルスプとビギウルフが僕の方に走ってくる!!
 慌ててカーディンも僕の方を向く!!
 だが、そこにリュッケンが割り込んだ!!
 「邪魔をするな!!」
 「お前もさっき言ってたよな、お前の相手は私だってな!!」
 「くそっ!!」
 右手を再度握り、リュッケンに殴り掛かる!!
 リュッケンはこれを左手で握って受け止める!!
 「まぁまぁ、急ぐことねぇだろうが」
 「ぐっ!!」
 右拳をリュッケンから離そうとするカーディンだが、なかなか外れない!!
 そうこうしているうちにも、ウルスプとビギウルフが僕の方に走りこむ!!
 くそ!!こうなったら!!
 思わず後ろを向き、無人のお化け屋敷に逃げ込み、出入り口の壁左の方にあった鉄の立て戸を右に動かして出入り口を閉める!!
 だが、お化け屋敷の鉄の立て戸と壁にいとも簡単に鋼の爪がいくつも向こうから突き立ち、
 ガッ!!
 バキバキバキ!!
 鉄の立て戸と壁をウルスプとビギウルフが前足の爪で引き裂き、お化け屋敷の中に入ってきた!!
 うう・・・ど、どこかに逃げ場は!?
 「邪魔を・・・するなぁあああ!!」
 カーディンの一喝が聞こえ、カーディンがリュッケンに拳を握られたまま無理やり車に変形!!
 「ちょ!!」
 リュッケンが目を見開き戸惑ういとまもあればこそ、いきなり走り出し、
 ジョリジョリジョリジョリジョリ!!
 リュッケンを引きずりつつ、大きく回って僕の方に向かってきた!!
 「あががががががががが!!」
 リュッケンが何か変な声あげてるけど!!
 あ、リュッケンが離れてく!!リュッケンが左手からカーディンの右手を離したのか?
 いや・・・それよりも・・・ウルスプとビギウルフが跳躍し、僕に跳びかかってきた!!
 「うぉおおおおおお!!」
 ドガーン!!
 大きな音を立ててカーディンがお化け屋敷の残った壁をふっとばし、続けてウルスプとビギウルフを横から吹っ飛ばして、
 ドガドガーン!!
 僕の前に停車した!!
 「大丈夫か!!」
 「う、うん!!」
 思わず首を縦に振って答える!!
 「今だやれぇ!!」
 リュッケンの叫び声が聞こえ、いつの間にか、リュッケンとウルスプとビギウルフが僕達の真上に跳躍してきていた!!
 「うぉおおおおおお!!」
 カーディンがロボモードに変形!!両手両足を大の字に広げ
 宙からリュッケンが両手と両手の爪を上に掲げ、同時にウルスプとビギウルフも両前足と両前足の爪を上に掲げて、
 「いねやぁぁぁあああ!!」
 そのままリュッケンとウルスプとビギウルフが、一斉に両手と両前足の爪をカーディンの体に叩きつける!!
 「がぁああああ!!」
 カーディンがリュッケンとウルスプとビギウルフの爪を受け、切り裂かれる!!
 「カーディィィィィィイイイイイイン!!」
 
リュッケン
デッキ:25枚 手札:1枚 ライフカード:1枚
チャージゾーン:5枚 トラッシュ:5枚
モンスターゾーン
無し
鉄の跳びかかりウルフ ウルスプ M コスト:1 パワー:600
下級ウルフ ビギウルフ M コスト:0 パワー:200

VS

双歩
デッキ:25枚 手札:3枚 ライフカード:1枚
チャージゾーン:5枚 トラッシュ:5枚
モンスターゾーン
バトルマシンズ フロストジャイロヘリコプター M コスト:3 パワー:2500
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカードフュージョン 1話/7 バトル!!Wカードフュージョン!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
1話  バトル!!Wカードフュージョン!!7

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「が、っは・・・」
 「へっ!!オレ様に逆らうからこんなことになるんだ!!」
 切り裂かれたカーディンが、前のめりに倒れて行く!!
 と、リュッケンが僕の方を見
 「さぁ、次は貴様だ」
 僕の方に向かって歩みを進める、
 うう・・・カーディン、僕は、僕はどうしたら・・・
 カーディンを見捨てて逃げる?
 でも、ここで逃げたって、あいつらは追って来るだろう・・・
 それに・・・チラリと、カーディンの方を見る・・・
 「さぁ、どうする、逃げるか?もっとも、そんなことは許さねぇけどな!!」
 リュッケンがカーディンの左側から僕の前に来て、その右手を振り上げる、
 すると、ウルスプがゆっくりと右前に向かって歩き出し、対するビギウルフも、ゆっくりと左前に向かって歩き出して、僕のまわりを取り囲む様に移動する!!
 ううぅ・・・逃げられない!!
 「これで貴様の命運も」
 「うっ、がっ」
 カーディン!?
 「私は・・・私は・・・負けん!!うぉおおおおおお!!」
 「なにっ!?」
 カーディンの瞳が大きく光ったと思ったら、立ち上がりって振り返り
 後ろに振り返りかけていたリュッケンを後ろから羽交い絞めにする!!
 そこにジャイロがお化け屋敷の出入り口の方から風を送ってきた!!
 その風は左から右に順に送られ、ウルスプとビギウルフの足元を凍らせた!!
 対して僕は、カーディンとリュッケンが盾になってくれたおかげか、ちょっと冷たい程度で、大した影響は無い!!
 と、カーディンが左から、後ろのほうにいるジャイロの方を見、
 「すまない!!ついでにこいつも頼む!!」
 目を点滅させつつ言うと、リュッケンを羽交い絞めにしながら前後反転、ジャイロの風にリュッケンを当てる!!リュッケンの足元が凍りついていく!!
 「なっ!!しまった!!」
 「今だ!!」
 カーディンがリュッケンを離しつつ左の方を向いて車に変形する!!
 「乗れ!!」
 「うん!!」
 首を縦に振って答え、右手カーディンの左側前の方のドアを開け、カーディンの助手席に乗り込み、左手で助手席にのドアを閉める!!
 続けて、カーディンが走り出して、左側の壁をぶっ飛ばしつつ
 ズガァン!!
 お化け屋敷を脱出する!!
 「てめえら!!待ちやがれ!!」
 リュッケンの叫び声を後ろの方から聞きながらも、お化け屋敷から離れる僕とカーディン、
 助手席の窓から、後ろのお化け屋敷の方を見てみる、どうやら今はリュッケンとウルスプとビギウルフは、お化け屋敷の方から出てきていないみたいだ・・・お化け屋敷の入り口付近からジャイロが風を送り続けてるし、まわりにリュッケンとウルスプとビギウルフの姿も無い、
 さて、これからどうするべき・・・
 ん?あれ!!
 助手席の窓の向こうの正面の方、ジェットコースターの搭乗口の前、確かにカードが一枚落ちている!!
 あんなところにまでカードが飛んで行っちゃってたのか!!
 「カーディン!!ジェットコースターの搭乗口の前!!あそこにカードが落ちてる!!」
 「何だって!!わかった、ジェットコースターの搭乗口まで向かう!!」
 カーディンがジェットコースターの搭乗口の方を向き、ジェットコースターの搭乗口の前、カードが落ちてる場所のすぐ前まで走り込み、止まる!!
 そこは、白いレールがのたくる蛇のように伸びるジェットコースター、その地上部にレールが一直線に降ろされた場所で、目の前のスロープの付いたコンクリートの台の先に、白いレールの上に乗った、クレヨンのような形をした赤いジェットコースターの先頭車両と、後に数台続く筒状の後続車両が見える
 カーディンが止まると、僕は急いでカーディンの助手席の扉を開けて降り、カーディンの前まで走り、落ちていたカードを拾う、
 ・・・このカード、また援軍を呼べる!!
 「ガォオオオオオオオ!!」
 な、何、今の声、リュッケン!?
 確かに、後ろのお化け屋敷の方から、リュッケンの叫び声が聞こえた!!でも、今までとは雰囲気が違う!!
 「どうやら、猶予はあまりないようだ!!」
 「だね!!よし!!それじゃあ、このカードを使ってみよう!!まずは、右手のこのカードを左手に移して、右手でチャージゾーンの表側表示のカードを全て裏にする!!
  リチャージ!!」
 「オオオオオオオ!!」
 右手に持つさっき拾ったカードを左手に移し、空いた右手でチャージゾーンの表側表示のカードを全て裏にし、
 続けて、さらに、山札の一番上のカードに右手をかけ、引く!!
 「ドロー!!」
 「オオオオオオオ!!」
 引いたカードは・・・ええと、とりあえず、チャージゾーンに置いておく!!
 引いたばかりのカードをチャージゾーンに裏側で置き、
 さらに、左手に持つさっき拾ったカードを2番の場所に置いて、
 「セット!!」
 「オオオオオオオ!!」
 ええい!!リュッケンが叫び続けてるけど、今は構ってられない!!
 右手で2番に置いたカードを右手で表に!!
 「オープン!!」
 ズガァアアアアアン!!
 な、何!?
 轟音と共にお化け屋敷が切り裂かれ、残骸となり、僕たちの方に飛んできた!!
 「危ない!!」
 カーディンがロボットに変形し、僕をかばう様に僕を両手と体で覆った!!
 ガン、ガァン!!
 お化け屋敷の残骸がカーディンの背中に当たる音が聞こえる!!
 が、しばらくするとカーディンが顔を上げて左から後ろの方、お化け屋敷の方を見て様子を伺い、立ち上がり、僕の方を見る、
 「大丈夫か?」
 「うん!!ありがとう!!大丈夫!!」
 「てめぇらぁあああ!!」
 この声、リュッケンの、声!!
 向こうにあるお化け屋敷、いや、元お化け屋敷のあった方からリュッケンの声が聞こえた!!
 思わず、そちらの方に僕とカーディンは向く!!
 そこにいたのは、リュッケン・・・なのか!?
 その全身をところどころで光る筋肉で模した鎧で包み、
 その左目には赤いレンズのスコープなぞ付けていて、
 右手の上には円筒状のキャノン砲が付いている!!
 「もうゆるさねぇぞ!!
  この姿になった以上、もう絶対に逃げられねぇからなぁ!!」
 と、ヘリに変形したジャイロが僕たちの右前の方に飛んできて、再度変形、ロボットの姿となって着地した後、リュッケンの方に向かって振りかえり、右拳を体の前に、左拳を体の少し前に出して構え、
 「貴様は・・・邪魔だ!!」
 次の瞬間、リュッケンが弾丸のように跳んできてジャイロの前で着地、そのままジャイロを右手で掴み、再び跳躍してジェットコースターのレールに向かって勢いよく叩き付けた!!
 ズガァアアアアン!!
 さらに、ジェットコースターがジャイロが叩きつけられた場所から連鎖的に全て向こうに倒れふし、
 ドッガァアアアアアン!!
 大きな音を立ててもうもうと土煙を上げ、辺りを覆った!!
 「さぁ、次はどいつかな?」
 土煙の中で狼のシルエットを持つものが、ゆっくりと僕たちの方を向く、
 あれは、やはり、リュッケン!!
 そして、リュッケンの足元にはジャイロの羽や腕の残骸が転がり、爆発消滅した!!
 「フロストジャイロヘリコプターァアアアア!!」
 カーディンの声がこだまする!!
 「リュッケン!!やはり、貴様を許してはおけない!!」
 「それはこちらも同じことぉ!!」
 カーディンとリュッケンが互いを見据え、動かなくなる!!
 間合いを計っているのだろう・・・
 タタッタタッタタッ!!
 ん?後ろの方から足音?げげっ!!
 思わず後ろを振り返ると、なんと、崩壊した元お化け屋敷から、ウルスプとビギウルフが走ってきているのが見えた!!
 ウルスプとビギウルフはまっすぐ僕の方に向かってくる!!
 うわっ!!まずい!!カーディンはリュッケンとにらみ合ってるし、どうしよう・・・
 そう思った次の瞬間、右の方から一台の黄色いダンプカーが僕とウルスプとビギウルフの間に割って入ってきた!!
 そして、ダンプカーの荷台がダンプカーの後ろの方から上がったと思ったら、
 荷台の下の後ろの方の部分が曲げていた足を思い切り延ばすように変形して両足となり、荷台が下がり、足の後ろの端の方から黒い台形の板の様なものが足先が前に倒れるように展開しさらに、反対側の踵の部分から、立っていた黒い棘のような物がこちらも後ろに倒れるように展開、
 前の方のタイヤの付いた部分が四角く曲げていた両腕を下に伸ばすように展開しつつその黒い端を開いて両手とし、その両手を地に付けて上半身全体を上に上げるようにダンプカーが立ち上がってさっき伸ばしていた部分が両腕となり、
 コクピットの部分が前に倒れるように胸部に移動し、その上に下から顔が飛び出てきた!!
 その顔は口部がダンプカーの前下半分のようになっていて、ダンプの前部上をイメージしたような黄色い兜をかぶり、黄色い鉱目を持っており、
 その体は手足の関節が白めの鉄色で作られ、その先の方の両腕両足にはタイヤの付いた部分が配され、
 拳と足先と踵の部分が黒い色で塗られている!!
 「サンダースパイクダンプか!!後ろは任せた!!」
 カーディンが左から後ろの方のこちらを見つつ放った声を聞いたのか、
 サンダースパイクダンプがこちらも同じように右の方から僕とカーディンを見つつ首を縦に振った!!
 これで、とりあえず、前後は大丈夫かな、
 前門の虎、後門の狼ならぬ、
 前門のカーディン、後門のサンダースパイクダンプ・・・スパイクでいいかな、
 訂正、
 前門のカーディン、後門のスパイクだ!!
 もっともちょっと頼りないし、ぞの前門後門の先には狼が待ち構えてるんだけどね!!
 さて、ちょっとは安心できる状態になったし、僕は、僕にできることをしよう!!
 僕が表にしたカードは、遅ればせながらこれ!!
 
名前:バトルマシンズ サンダースパイクダンプ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2500
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する相手のモンスターが
        発動タイミング:戦闘前を持っていた時
        このモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:この戦闘前、次の戦闘に参加する相手のモンスターは
   戦闘前効果を発動できなくなる
   次の戦闘後、このモンスターのパワーを500下げる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:電針地運機人
テキスト:走りこんできたそれはあたりに電気を放出、
     マヒした相手を超パワーと棘で一気に打ち倒す!!
 
 緑の画面の向こうで表になったカードはこれ!!
 
名前:獣爪牙狼 リュッケン・レヒトリンク
種類:M モンスター
コスト:4 パワー:3800
効果の発動タイミング:オープン後
効果の発動条件:このモンスターを召喚したターンである時
        ・このモンスターと同じ場所にいる、
         ((自分のモンスターゾーンにいる、
           カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」の
           いずれかの言葉を持っているモンスターの数)+1)
         のコスト以下の相手のモンスターを指定できた時
効果:指定した相手のモンスターをトラッシュに送る
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:獣爪牙狼
テキスト:鋼の爪で相手を切り裂き、鋼の牙で相手を砕く!!
     その鋼の体で、戦い抜く!!
 
 よし!!それじゃあ、バトルマシンズ サンダースパイクダンプのコスト分、カードを表にするぞ!!
 右手でチャージゾーンのカードを3枚、表に!!
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800

名前:機木の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:マシングラシスオード
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘後
 
 緑の画面の方でも、チャージゾーンのカードが表になる!!
 
名前:リュッケン 叫狼拳 牙狼獣・吠
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:コストで表になった時

名前:リュッケン 狼撃の構え 牙狼
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:リュッケン 蹴狼拳 脚狼獣・蹴
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:リュッケン 連狼拳 撃狼獣・連
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 さらに緑の画面にカードが映し出される!!
 
名前:獣爪牙狼 リュッケン・レヒトリンク
種類:M モンスター
コスト:4 パワー:3800
効果の発動タイミング:オープン後
効果の発動条件:このモンスターを召喚したターンである時
        ・このモンスターと同じ場所にいる、
         ((自分のモンスターゾーンにいる、
           カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」の
           いずれかの言葉を持っているモンスターの数)+1)
         のコスト以下の相手のモンスターを指定できた時
効果:指定した相手のモンスターをトラッシュに送る
 
 ええっと、この効果ででバトルマシンズ フロストジャイロヘリコプターがやられたってことでいいのかな?
 
リュッケン
モンスターゾーン
獣爪牙狼 リュッケン・レヒトリンク M コスト:4 パワー:3800
鉄の跳びかかりウルフ ウルスプ M コスト:1 パワー:600
下級ウルフ ビギウルフ M コスト:0 パワー:200
チャージゾーン
裏:2表:4

双歩
モンスターゾーン
無し
バトルマシンズ サンダースパイクダンプ M コスト:3 パワー:2500
チャージゾーン
裏:4表:3

獣爪牙狼 リュッケン・レヒトリンク M コスト:4 パワー:3800

攻撃

双歩&カーディン
 
 カーディンが右拳を握り、リュッケンに殴り掛かる!!
 「遅い」
 リュッケンはその右拳をさらりと左に避けると、目にもとまらぬ速さでカーディンの後ろに回り込んだ!!
 「なにっ!!」
 思わずカーディンが後ろを振り返ると、次の瞬間にはやはり、さらに振り返るカーディンの後ろの、つまり、元いた場所に舞い戻っていた!!
 「そらよ!!」
 リュッケンが右拳を後ろからぶつけるとカーディンがゆれ、たたらを踏む!!
 って、危ない!!こっちに倒れては、来ないよねぇ・・・
 僕の心配をよそに、すぐにカーディンはバランスを取り戻すと、後ろに向かって右足を突き出し蹴りを入れる!!
 「遅いって言ってんだろうが!!」
 リュッケンがいつの間にか蹴りを右に避けつつカーディンの後ろの方に移
 ガッ!!
 その時、カーディンが右足で蹴りながらも、その右手でリュッケンの首元を掴んだ!!
 「なっ!!離せ!!」
 「離すか!!」
 カーディンがそのまま右手で掴んだリュッケンを前の方に振り回し、脳天から地上に叩きつける!!
 「ぐはぁ!!」
 「どうだ!!」
 「ガァアアア!!」
 しかし、次の瞬間、リュッケンが右手の爪でカーディンの手首を斬り裂く!!
 「ぐっ!!」
 カーディンの右手がカーディンの右腕から離れ、リュッケンが左に転がり、立ち上がる!!
 さらに、リュッケンが神速の速さで右手を振り上げ、その爪でカーディンに斬りかかる!!
 「くっ!!」
 カーディンが両腕で防御しようとする、が、遅い!!
 カーディンが防御する前にリュッケンの爪がカーディンの胸部に届き、カーディンは胸部を斬り裂かれながら吹っ飛ぶ!!
 わっ!!危ない!!
 思わず姿勢を下げる僕の上を飛んで行くカーディンだが、
 ガッ!!
 スパイクのダンプカーの荷台を着けた背中に受け止められた!!スパイクが意図したものかは知らないが・・・
 「す・・・すまない・・・」
 スパイクが右の方から後ろを見て、首を一つ振る、
 対するカーディンはそのままゆっくりとだが、一歩前に足を僕をまたぎつつ踏み出し、再度、リュッケンと対峙する!!
 
獣爪牙狼 リュッケン・レヒトリンク M コスト:4 パワー:3800

戦闘終了

双歩&カーディン ダメージ
 
 と、再度カーディンとリュッケンが対峙する中、後ろでスパイクの方にウルスプとビギウルフが迫る!!
 そこにスパイクが自身の両拳を同時に宙に突き出した!!
 すると、スパイクの両拳から電撃が放射され、ウルスプとビギウルフがその電撃を受け、動きを止めた!!
 
名前:バトルマシンズ サンダースパイクダンプ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2500
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する相手のモンスターが
        発動タイミング:戦闘前を持っていた時
        このモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:この戦闘前、次の戦闘に参加する相手のモンスターは
   戦闘前効果を発動できなくなる
   次の戦闘後、このモンスターのパワーを500下げる
 
 ん、ウルスプとビギウルフ、今、電撃を防ごうとすらしなかったな、なんでだ?
 と、スパイクの体から少し力が抜けている気が、スパイクの関節が少し下に下がったりして・・・
 あ、わざと電撃を受けてスパイクを弱らせたかったのかな・・・少しぐらいしか弱ってない気もするけど・・・
 そんなスパイクに対して、一方、電撃を受けたウルスプとビギウルフは、なんと、動きを鈍らせながらも少しずつ動き始めている!!
 ううん、まずいなぁ・・・ウルスプとビギウルフ、両方の攻撃を受けたらさすがにまずい気がする、勘だけど・・・
 さて、僕はどうしたらいい?
 この状況、どのカードを使うべきか・・・
 ・・・やっぱり、さっきチャージゾーンに置いたあのカードしかないか!!
 右手でチャージゾーンのカードを1枚表にしつつ宣言する!!
 「僕はマシンスパークグリリアスの効果発動!!
  モンスターゾーンにいるバトルマシンズ サンダースパイクダンプ、
  チャージゾーンのバトルマシンズ カーディン カーモード、
  それに、マシンスパークグリリアス自身の分の計3回分、
  つまり、ウルスプとビギウルフのパワーを300×3回下げる!!
  内訳はウルスプのパワーを600下げ、ビギウルフのパワーを300下げる!!
  それによって、ウルスプとビギウルフ両方をトラッシュに送る!!」
 
名前:マシンスパークグリリアス
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に相手のモンスターが参加する時
効果:以下の全ての効果を
   ((自分のモンスターゾーンと自分のチャージゾーンにある、
     表裏表示に関わらず、自分が指定した
     カテゴリ、名前に「機」「マシン」の
     いずれかの言葉を持っている
     モンスター、モンスターカードの総数)+1)回発動する
    ・相手のモンスターゾーンにいるモンスター1体のパワーを
     このターン、300下げる
    ・相手のモンスターゾーンにいる、
     パワー0以下のモンスターを全てトラッシュに送る
カテゴリ1:スパーク カテゴリ2:スピリット
テキスト:マシンたちの電気を合わせ、相手を一気に感電させる!!
     感電で痺れただけのものもいれば、完全に機能停止したものもいた!!
 
 さらに右手でチャージゾーンのカードを2枚表にする!!
 「コストには、バトルマシンズフルブーストとマシンクールウインドを指定!!」
 
名前:バトルマシンズフルブースト
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:マシンクールウインド
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 これで、どうだっ!!
 
リュッケン

攻撃

バトルマシンズ サンダースパイクダンプ M コスト:3 パワー:2500
 
 スパイクが今度は両手に大量に電気を溜め、さらに、両手を握って突出し、ウルスプとビギウルフに向かって電気を放射する!!
 バリバリバリバリバリバリ!!
 ウルスプとビギウルフはその電気に当たって感電!!
 そのまま痺れて体をけいれんさせて爆発し、消滅した!!
 「うぉおおお!!」
 後ろの方からカーディンの声が聞こえてきた!!
 右の方から振り返るとカーディンがリュッケンの方に走りこんでいくところだった!!
 「おらよ!!」
 しかし、リュッケンは牽制に右手の爪を一閃!!カーディンはあわてて後ろに引く!!
 が、胸部に、さっきの防御が間に合わなかった傷と合わせて、また傷が増えている!!今の爪の牽制の一閃、受けてしまったか?、やはり、速いリュッケンの一撃に対応できていないのか!?
 そこに上からリュッケンに向かって降ってくる黄色い物体が!!あれはスパイク!!スパイクが跳躍してリュッケンに向かって行ってるのか!?
 「しゃらくせぇ!!」
 リュッケンが今度は左手を横に振って左手の爪を一閃!!空中にいたスパイクを吹っ飛ばす!!
 今度は、スパイクの両脚部に傷が付いている!!スパイクでも、ダメか!?
 だが、スパイクは、下に落ちて着地した後右拳を握り、それでもリュッケンに向かって行く!!
 対して、リュッケンがまたも右手を振り上げ、
 「んなもん気かねぇって、うおっ!!」
 リュッケンが右手を振るおうとした瞬間、スパイクの上からカーディンが飛びこんでリュッケンにぶつかりリュッケンを後ろに倒れさせ、リュッケンの上に馬乗りになった!!そう、カーディンはスパイクの陰に隠れてリュッケンから見えない位置からスパイクを跳び越えつつリュッケンに体当たりをかけたのだ!!
 そのままカーディンは残った左拳を握り、リュッケンに殴り掛か
 「うぉりゃあ!!」
 突如、リュッケンが上体を起こし、上に乗っていたカーディンをスパイクの上の方に吹っ飛ばす!!
 そこにスパイクが両拳を突き出した!!スパイクが突き出したその両拳から電気が放出される!!
 「しゃらくアガガガガガ!!」
 バリバリバリバリバリバリバリバリ!!
 カーディンがスパイクの上を飛んでついでに僕の上も飛び越えて行く中、スパイクの電気はリュッケンに向かって行ってリュッケンを痺れさせた!!
 
リュッケン ダメージ

戦闘終了

バトルマシンズ サンダースパイクダンプ M コスト:3 パワー:2500
 
 「ガガガガガガ!!」
 リュッケンが電撃で痺れてけいれんを起こしている!!このまま行けば・・・
 「ガガガガウガァアアアアア!!ざっけんな~!!こんな電撃で終わってたまるかぁ!!」
 突如、リュッケンが電撃を受けながらも、スパイクに向かって走り出し、右手の爪を振るってスパイクに叩き込み、続けて、左手の爪も振るってスパイクを切り裂く!!
 な!!あの電撃の中でも動けるのか!?
 「オラオラオラオラオラオラオラオラ!!」
 その両手の爪を右、左、右、左、右、左と振るい続けるリュッケン!!
 そのまま爪を受け続けるスパイク!!
 「オラオラオラオラオラオラオラオラ!!」
 さらに右、左、右、左、右、左と爪を振るうリュッケン!!
  と、突如、リュッケンが左手の爪を突き出してスパイクに突き刺し、右手を振り上げ、
 「そこだぁああ!!」
 右手の爪を一気に振り下ろす!!その爪をもろに喰らったスパイクは、真ん中から縦に真っ二つに割れ、左右に倒れ、リュッケンの前で大爆発を起こした!!
  
名前:リュッケン 狼拳奥義 超斬斬斬爪
種類:S スマッシュ コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:相手のモンスターゾーンにいる、
        パワー2800以下のモンスターを全て指定できた時
        以下、「自分のモンスター」の指定は全て、
        カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
        のいずれかの言葉を持っているものでなければならない 
        以下のいずれかの条件を満たした時
        ・自分のモンスターが戦闘に敗北、または、引き分けた時
        ・この戦闘の戦闘前から戦闘後にかけ、
         この場所にいる自分のモンスターが
         相手のカードの効果でトラッシュに送られていた時
        さらに以下のいずれかの条件を満たした時
        ・自分のモンスターゾーンにいる、
         コスト4以上の自分のモンスターを指定出来た時
        ・このターン、自分のモンスターが
         戦闘、もしくは相手のカードの効果で
         2体以上トラッシュに送られていた時
効果:指定した相手のモンスターを全てトラッシュに送る
   次のオープンのみで召喚する、
   ・コスト召喚除くモンスターのコストが3下がる
    この効果でコストが0より下にはならない
   ・相手はセットに使うカードを3枚にしなければならず、
    オープン時の枚数が2枚になる、
    相手とのコスト処理は相手が見た右側のカードで全て行い、
    左側のカードは相手がカードを
    オープンしていないと同じ状況でオープンしたものとする
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:狼拳奥義
テキスト:全てを斬り裂く爪、爪、爪ぇえええ!!

名前:リュッケン 速狼拳 牙狼獣・速
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 「サンダースパイクダンプゥーーー!!」
 カーディンが叫ぶ中、リュッケンがただ恨みをぶつけるような目で下から見上げるように僕とカーディンを見て、ゆっくり歩いてくる!!
 「くそっ!!」
 カーディンが僕の前に走りこんで来て、リュッケンと何度目になるかもわからない対峙をする!!
 
リュッケン
デッキ:24枚 手札:1枚 ライフカード:0枚
チャージゾーン:6枚 トラッシュ:9枚
モンスターゾーン
獣爪牙狼 リュッケン・レヒトリンク M コスト:4 パワー:3800

VS

双歩
デッキ:24枚 手札:4枚 ライフカード:0枚
チャージゾーン:7枚 トラッシュ:7枚
モンスターゾーン
無し
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカードフュージョン 1話/8 バトル!!Wカードフュージョン!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
1話  バトル!!Wカードフュージョン!!8

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「貴様を・・・貴様らを・・・葬る!!」
 「やれるものなら・・・やって見ろ!!」
 カーディンとリュッケンが対峙する!!
 しかし、カーディンは満身創痍、体中に傷を負い、左手首から先も無い、
 対するリュッケンも体中傷だらけだが、あの体をところどころ覆う筋肉のような金属の鎧より先に攻撃は届いていないようだ・・・
 明らかにカーディンの方が不利な状況・・・こんな状況でも・・・僕は・・・やれることをするんだ!!
 と、上からカードが降ってきた!!おお、ラッキー!!
 思わず降ってきたカードを右手に取る!!
 ・・・このカード、今までのどのカードよりも強い、召喚できれば勝てるかもしれない、でも、このカード、今までのカードとは違う、多分このカードだけじゃあこのカードは召喚できない・・・
 ええい!!とにかく、僕にできることをするだけだ!!
 右手でチャージゾーンのカードを裏にして、
 「リチャージ!!」
 「ゴガァアアアアア!!」
 リュッケンがいきなり右手を振り上げ、振り降ろし、振り回す!!あたりにその右手の爪の衝撃波が走る!!
 「グッ!!」
 カーディンが右腕を顔の前に持ってきてこの衝撃波を防御!!
 「うわわわわ!!」
 僕はあわててカーディンの足の裏に隠れる!!
 「ゴガァアアアアアアアア!!」
 さらに、リュッケンが吠えると、爪から発生した衝撃波と同質の衝撃波が、リュッケンの周りから再度ランダムに発生し続けて行き、
 リュッケン自身も両手を時々振り回し、衝撃波を増していく!!
 ってあれ、半透明の緑の板の1番の場所が2つにダブって見える!!
 もしかして、これって、2枚セットしろってこと!?
 そうか、これも、リュッケン 狼拳奥義 超斬斬斬爪の力か!!
 どうしよう!!カードが足りてない!!次にドローしたって、今の僕のカードは2枚しかない!!
 ええっと、カードカード・・・
 フワリ!!
 あ!!右前向こうの方、衝撃波で地面に落ちてたカードが浮かび上がった!!
 って、まずい!!このままだと衝撃波であっちの方に飛んで行っちゃう!!
 ええい!!仕方ない、行こう!!
 う、うぉおおおお!!
 「今飛び出すのは無茶だ!!」
 「へ!!自殺行為だな!!」
 カーディンの足の裏から飛び出した僕に向かって、カーディンとリュッケンの声が聞こえた、
 確かに、無茶かもしれない、衝撃波が痛い、服が切り裂かれてるのを感じる、でも、僕は、僕にできることをするんだ!!
 走り込み、左手を伸ばし、飛んで行くカードを左手に取る!!
 左腕に切り傷がいっぱいついてる・・・でも、このカード、このカードがあれば!!
 衝撃波が今だに巻き起こる中、さっき落ちてきて右手に持っていたカードを左手に移し、
 続けて、空いた右手を山札にかけ、山札の一番上のカードを、引く!!
 「ドロー!!」
 「へっ!!生きてやがるか!!ガキも案外しぶといもんだなぁ!!だがっ!!」
 リュッケンが僕に向け、その両手を一度に振るって衝撃波を発生させる!!
 ぐっ!!
 が、僕の前に誰かの影が入ったと思ったら、衝撃波から僕を守ってくれた!!
 ・・・あ、カーディン・・・
 そう、カーディンが、僕とリュッケンの間に入り、衝撃波から守ってくれた・・・
 さらに、カーディンが僕の方を右の方からチラリと見、
 「君を守る、だから、君は君の、できることをしてくれ!!」
 「うん!!」
 さぁ、いくぞ!!
 右手で左手の手札から2枚カードを引いて1番の場所に裏側で置き、
 さらに、右手で左手の手札から1枚のカードを引いてチャージゾーンに裏側で置く!!
 「セット!!」
 「しゃらくせぇ!!今度こそ二人まとめて、この爪で、全部斬り裂いてくれる!!」
 そして、右手で、1番に置いた2枚のカードを、表にする!!
 「オープン!!いっけぇええええ!!」
 
名前:バトルマシンズ バトルポリストレーラー
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2600
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このモンスター以外の
        自分のモンスターゾーンのモンスター1体を指定出来た時
効果:このモンスターを手札に戻す
   さらに、以下の効果の内1つを選択し、発動しなければならない
   ・指定したモンスターを手札に戻す
   ・指定したモンスターが
    カテゴリ、名前に「機」「マシン」の
    いずれかの言葉を持っている時
    指定したモンスターをチャージゾーンに裏側表示で置く
   ・指定したモンスターが
    カテゴリ:バトルマシンズだった時、
    指定したモンスターはこのターン、
    戦闘での敗北、引き分けでトラッシュには送られない
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:トレーラー
テキスト:何かが走ってきた!!あれは、巨大なトレーラー!?
 
 と、右向こうから何かが走ってきた!!
 あれは、トレーラー!?
 前部が上が白で下が黒に塗り分けられ、上にパトライトが付き、狭い窓の付いていて低い全高をしており、
 それにその前部がけん引するのが、前の方が白で左右上下に少し細くて後ろが黒で真四角な荷台!!
 「あれは、バトルポリストレーラー!!
  よし!!フュージョン合体だ!!」
 カーディンがバトルポリストレーラーの方を見て右手をかざす!!
 「バトルポリストレーラー!!フュージョン合体!!」
 バトルポリストレーラーの窓が一瞬光ったと思ったら、トレーラーの下部から炎が吹き出してトレーラーの前部が上に上がっていき、トレーラーの後部を下にして前部が上になり、そこからトレーラーの上の方をこちらに向けるように炎が右の方に向いて前後反転!!
 すると、トレーラーの後部が左右に割れて後部端上からつま先を上の方に曲げていたのを下に出すように黄色いつま先が飛びだし、
 さらに、縦になったトレーラーの前部の後ろ下部分がそこの装甲ごと後ろの方に腕を横に伸ばすように飛び出てトレーラー前部から白く四角い何かが上に飛び出していった後、トレーラー前部が左右に割れ、外側の方に向かって回りつつトレーラー前部の後ろ下部分を下に出すように回転し、
 下に出たトレーラー前部の後ろ下部分がタイヤを外側に回すように向こうに90度回転してそこでトレーラー前部の後ろ下部分の端から両の拳が飛び出し、
 トレーラー前部の前の方が肩に、後ろの方が両腕となった!!
 「とぅ!!」
 そこにカーディンがトレーラーの方に跳躍する!!
 カーディンは頭をパトランプ部分ごと下前に下げるように体から飛び出させ、
 頭とパトランプ部分以外が車形態に戻りながらタイヤを下に移動させるように回転、車形態の上に、頭とパトライトが後ろの方を向いて飛びだした状態になり、その車がタイヤを下の方にして二つ折りに変形、二つ折りになり、
 頭とパトランプ部分が一緒に前後に180度回転して車の前の方を向き、変形したトレーラーの胸部に車前部の方を前にしつつ収まり、
 頭と共にパトランプ部分を下に押し込みつつパトランプ部分が胸部に入ると、
 続けて、元はX型だったパトランプの後ろの方の二つが出てきて、上に上がり上下にVが重なったVVの形となって、
 そこにパトランプ部分の下から黄色い翼の意図のパーツが出て、パトランプの下に収まると、パトランプがピーポーピーポーとなりながら光る!!
 さらに、上からトレーラー前部から飛び出してきていた白い四角いものがカーディンの頭に振って来て覆いかぶさった!!
 そのパーツは、無骨なかどの目立つ白い金属の兜で、頭の上と左右に四角いダクトが付き、
 口元に下に白い四角いでっぱりのようなパーツが付いた白い金属のマスクが付いていて、
 額には、羽とパトランプを模した金のエンブレムがきらりと光っている!!
 そして、合体したビクトリーカーディンがそのまま地上に落ちて行き地上に着地し
 ズシィイイイイン!!
 地上から砂ぼこりを上げながら体を伸ばし、目を思い切り光らせつつ両腕を上げ、そのまま両拳を下げながら右拳を少し前に出して構え、
 「ビィクトリーィイイイカァーディィイイイイン!!」
 叫ぶ!!
 
名前:ビクトリーカーディン
種類:FM フュージョン
コスト:2 パワー:4000
召喚・効果コスト:名前に「カーディン」
         という言葉の入った、モンスターかプログレ
         名前に「バトルマシンズ バトルポリストレーラー」
         という言葉の入った、モンスター
         それぞれ1枚ずつ
チャージゾーン・手札コスト条件:自分のライフカードが0枚の時
召喚効果・合体適応!!
   発動条件:このフュージョンを召喚した時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
  このフュージョンがこの場所から移動しない限り、
  自分の、このカード以外のすべてのカードに書かれた、カードの種類以外の、
  モンスター・プログレス・フュージョンそれぞれの表記を、
  3つ全て扱うように追記、変更する
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このフュージョンが戦闘で
        相手のモンスター・プログレス・フュージョン
        に勝利した時
        相手のライフカードが0枚だった時
効果:このカードバトルに勝利する
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:勝利
テキスト:鋼の肉体に勝利への意志!!電気の心は勝利を渇望する!!
 
 「や、やった!!」
 と、Vカーディンが両手をまじまじと見て、
 「じ、実戦で初めて合体に成功したぞ!!」
 っておい!!実戦で成功したことないのに強敵相手に自信満々に合体宣言したのかよ!!
 「けっ!!何が合体だよ!!」
 その声は、リュッケン!!
 リュッケンがVカーディンの方にゆっくりと歩いていく!!
 「大きくなったからってなぁ、そのまんま強くなったってわけじゃねぇんだよ!!」
 「何!?」
 「大きくなるぐらいなら、オレ様にだって出来らぁ、こんなふうにな!!ワォオオオオオン!!」
 Vカーディンが驚く中、リュッケンが顔を上に上げて吠えると、途端にリュッケンの体が膨張!!Vカーディンよりも大きくなった!!
 「こんなふうに、な、せえりゃ!!」
 いきなりリュッケンが宙に蹴び、Vカーディンに向かって飛び蹴りをかます!!
 ガン!!
 だが、リュッケンの蹴りは、Vカーディンの胸部に当たり、弾かれた!!
 「何だと!?」
 「そんな物、今の私には効かん!!」
 「ちぃい!!少しはやるようだな!!」
 そして、Vカーディンとリュッケンがにらみ合う!!
 って、そうだ、今のうちにやることとと把握できることはやっておこう、
 まず、緑の画面に映った、向こうの方で表になったカードはっと、
 
名前:潜鎧追狼 ダマトル
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2500
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:以下のいずれかの効果を1回ずつ発動させることができる
   ・このターンの間、
    このモンスターのパワーを300上げる
   ・自分のモンスターゾーンの戦闘を行えるカードの無い場所に
    このモンスターを移動させる
   ・移動した先にいる相手モンスターのコストが0だった時、
    このターン間その場所の相手モンスターのパワーを
    1000下げる
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:潜鎧追狼獣
テキスト:泳ぐのが得意な狼
     いきなり水中に潜航し、相手の隙を狙う!!
 
 で後は、チャージゾーンのカードを表に、
 確か、バトルマシンズ バトルポリストレーラー分3枚にバトルマシンズ カーディン カーモード分1枚で計4枚だ!!
 
名前:バトルマシンズ カーディン カーモード
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:800

名前:マシングラシスオード
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前

機木の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

バトルマシンズフルブースト
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 よし!!これでオッケー!!
 一応、ビクトリーカーディンを召喚した流れは、モンスターゾーンにバトルマシンズ バトルポリストレーラーを召喚した時にバトルマシンズ カーディン カーモードを2番にコスト召喚、
 そして、そのバトルマシンズ カーディン カーモードとバトルマシンズ バトルポリストレーラー二つをコストに使ってビクトリーカーディンを召喚した扱いになると、
 で、潜鎧追狼 ダマトルのコストが0なのは向こうのリュッケン 狼拳奥義 超斬斬斬爪の力、
 それから、この後、向こうはビクトリーカーディンはフュージョンだから、リュッケン 蹴狼拳 脚狼獣・蹴とリュッケン 叫狼拳 牙狼獣・吠はとりあえずは発動できない、っと、
 チャージゾーン・手札コスト条件っていうのがよくわかんなかったから、説明通りの召喚をやってみたけど、これで良かったっけ?
 いや、それよりも今は、やることやったんだからこの戦いに集中しないと!!
 
リュッケン
モンスターゾーン
獣爪牙狼 リュッケン・レヒトリンク M コスト:4 パワー:3800
潜鎧追狼 ダマトル M コスト:3 パワー:2300
チャージゾーン
裏:6表:0

双歩
モンスターゾーン
ビクトリーカーディン FM コスト:2 パワー:4000
チャージゾーン
裏:4表:3
 
 「しゃらくせぇ!!蹴りがダメならこの爪はどうだ!!」
 リュッケンが右手を振り上げ、Vカーディンに向かって振り降ろす!!
 まってて、カーディン!!今援護する!!
 右手でチャージゾーンのカードを一枚表に!!
 
名前:バトルマシンズブースト
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
相殺

名前:リュッケン 速狼拳 牙狼獣・速
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 Vカーディンが右拳を突き出し、ものの見事にリュッケンの右手の爪を弾き返した!!
 リュッケンが目を見開き、驚く!!
 「何だと!!それなら、ワォオオオ!!」
 いきなりリュッケンが吠え
 「ここだ!!」
 突如、右足を振り上げ、蹴りかかってきた!!
 今度は、このカードだ!!
 右手でチャージゾーンのカードを一枚表にする!!
 
名前:マシンクールウインド
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前

相殺

名前:リュッケン 狼撃の構え 牙狼
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 突如、冷たい風が吹き、リュッケンの動きが鈍る!!
 「なにっ!?」
 「そこだぁあああ!!」
 その隙に、今度はVカーディンが右足で蹴り返す!!
 「グハァ!!馬鹿な、油断したとはいえ、オレ様より速いだと!?
  だが、まだだぁ!!」
 リュッケンがいきなり前に跳びその右手を振り上げ、振り下ろす!!
 Vカーディンはまたも右拳でこの右手の爪を弾く
 「そこだぁあああ!!」
 そこに突如、Vカーディンに向かって下から左手の爪が振り上げられた!!
 慌てて後ろの下がってこの爪を避けるVカーディン!!
 ええい一瞬大丈夫かとも思ったけど、仕方ない!!
 今回はこのカードだ!!
 チャージゾーンのカードを1枚、右手で表にする!!
 
名前:マシンスパークグリリアス
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前

相殺

名前:リュッケン 連狼拳 撃狼獣・連
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 さらにリュッケンは右手を振り上げ、Vカーディンに向かって振り下ろす!!
 だが、Vカーディンがその左手を上前に出し、
 「ムン!!」
 Vカーディンの左手がリュッケンの右手の手首をつかむ!!
 ガシッ!!
 「まだだ!!」
 そこにリュッケンの左手が振り上げられる!!だが、Vカーディンはリュッケンの右手首を掴んだまま、ほんの少しだけ下がって右手を上前に出し、
 なんと、その右手で振り上げられたリュッケンの左手の左手首を掴んだ!!
 ガシッ!!
 「ば、ばかな・・・」
 「お前の攻撃パターンはすでに読み切っている!!」
 リュッケンが目を見開き、驚き
 そのままリュッケンの両手首にVカーディンの両手から電撃がほと走った!!
 「ぎゃあ!!」
 慌ててVカーディンが両手をリュッケンの両手首から離してまたもまじまじと両手を見る
 「あれ、どっか漏電してたかな?」
 「てめぇ、許さねぇ、許さねぇぞ!!ワオォォオォオォオォォ!!」
 今までで一番大きな声量の叫び声!!
 あたりに僕の所に届くほどの衝撃波すら発し、思わず吹き飛ばされそうだ!!
 でも、これも、どうにかする!!
 右手でチャージゾーンのカードを1枚表に!!
 
名前:バトルマシンズスーパーフルブースト
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加するとき
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで1200上げる
   ・次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:バトルマシンズだった時、
    さらにパワーを次の戦闘が行われるまで800上げる
   戦闘後、次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーはターン終了時まで0になる
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:さらにさらにさらにパワーが上がっていく!!
     止められない、止まらない、止まるつもりもない!!

相殺

名前:リュッケン 狼拳奥義 超咆咆咆哮
種類:S スマッシュ コスト:3
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次に戦闘を行う自分のモンスターが
        カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
        のいずれかの言葉を持っている時
        以下のいずれかの条件を満たした時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで300上げる
   以下の条件を満たしていた時、更に下記の効果を発動する
   ・自分のモンスターゾーンにある
    戦闘を行えるカードが置かれていない場所を
    1つ以上指定できた時
   ・自分の手札にある、カテゴリ、名前に「狼」「ウルフ」
    のいずれかの言葉を持っている、召喚条件の無い、
    コスト1以下のモンスターを1枚以上相手に見せれた時
   ・上記二つの条件を満たしていた時、
    相手に見せたモンスターカードを
    指定した場所にコスト0扱いで好きな枚数召喚する
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:狼拳奥義
テキスト:グギャアアアアァァァ!!
     その強烈な咆哮は、仲間に力を与えるか、幻影を呼び起こすか・・・
 
 これで、どうだ!!
 
獣爪牙狼 リュッケン・レヒトリンク M コスト:4 パワー:3800

FIGHT!!

ビクトリーカーディン FM コスト:2 パワー:4000
 
 リュッケンの咆哮の衝撃波の合間を抜け、右から四足歩行の何かが走ってきた!!
 それは、丸い藍色の鎧を着た狼!!
 顔と尾と四肢を出した藍色の楕円の鎧を着こみ、
 濃い灰色の毛皮をまとい、鎧の上の方には楕円台形の機首が飛び出ている!!
 そいつは、Vカーディンに近づき跳躍、口を大きく開けVカーディンの右腕に噛みつこうとする!!
 「邪魔だっ!!」
 しかし、Vカーディンはその右腕で払っただけで噛みついてきた狼を押し払った!!
 だが、リュッケンの咆哮はなおも続いている!!
 「ワオォォオォオォオォォ!!」
 「ぐっ、ウォオオオオオ!!」
 が、次の瞬間、Vカーディンがいきなり大声を上げ、なんと、咆哮の中、リュッケンに向かって歩き出した!!
 「ワオォォオォオォオォォ!!」
 「ウォオオオオオオオオオ!!」
 ザッ、
 リュッケンの方に一歩一歩近づいていくVカーディン
 ザッ、ザッ、ザッ、
 「ワオォォオォオォオォォ!!」
 「ウォオオオオオオオオオ!!」
 ザッ、ザッ・・・ザッ!!
 そして、リュッケンの前まで来るとその右手を握って振り上げ、
 「ウォオオオオオオオオオオオオ!!」
 リュッケンの腹に向かって突き出した!!
 「ぐはぁ!!」
 Vカーディンの右拳の一撃がリュッケンの腹にぶち当たり、リュッケンを吹っ飛ばした!!
 「がはっ、馬鹿な、この咆哮も、効かない!?」
 リュッケンがうろたえ立ち上がる中、Vカーディンがリュッケンに向かって走り込む!!
 対して、リュッケンもVカーディンの方を目を細めてにらんで走り出し、次の瞬間にはリュッケンの姿がその速さからか掻き消えた!!いったいどこに!?
 すると、Vカーディンが突如右足を右の方に突き出し、
 「そこだ!!」
 「グハァ!!」
 見事リュッケンにぶち当てた!!
 リュッケンがまたも目を見開いて驚き、
 「そんな、そんな馬鹿な!!」
 「言っただろう!!」
 Vカーディンが右手と右人差し指をリュッケンに向け、
 「お前の攻撃パターンはすでに読み切っている!!」
 「な、なろぉおおおお!!」
 リュッケンが右手を振り上げ、Vカーディンに向かって行く!!
 「うぉおおおおお!!」
 呼応するように、Vカーディンも右拳を振り上げ、リュッケンに向かう!!
 「うぉぉぉおおお!!」
 「喰らえ!!」
 「そこだ!!」
 リュッケンが右手を降りおろし、Vカーディンが右拳を突き出す!!
 ガンッ!!
 そして、リュッケンの右手の爪とVカーディンの右拳が弾きあう!!
 リュッケンが続けざまに左手の爪を振り上げる!!
 「ぬおりゃあ!!」
 「まだだ!!」
 対するVカーディンは左足を振り上げリュッケンの左手の爪が自身に届く前にリュッケンの左脇腹に右足をぶち当てた!!
 「おごっ!!」
 「はぁあああ!!」
 さらに、続けざまに突き出されたVカーディンの左拳がリュッケンの右頬に突き刺さる!!
 「グガァ!!」
 続けて、Vカーディンがその右拳を振り上げて繰り出し、今度こそ、リュッケンの左頬にぶち当てた!!
 「ガハァ!!」
 
獣爪牙狼 リュッケン・レヒトリンク M コスト:4
パワー:3800 トラッシュ!!

戦闘終了

ビクトリーカーディン FM コスト:2
パワー:4000
 
 「今だ!!私に力を!!」
 「うん!!」
 カーディンの声に応え、僕は首を縦に振り、右手でトラッシュにあるバトルマシンズ カーディン ロボモードとバトルマシンズ バトルポリストレーラーのカードを横にし、右手を前に上げつつ、宣言する!!
 「鋼の意志よ、電子の魂よ!!勝利を導け!!僕とカーディンに勝利をっ!!
  ビクトリーカーディンの効果発動!!
  ビクトリースラッシュ!!」
 
名前:ビクトリーカーディン
種類:FM フュージョン
コスト:2 パワー:4000
召喚・効果コスト:名前に「カーディン」
         という言葉の入った、モンスターかプログレ
         名前に「バトルマシンズ バトルポリストレーラー」
         という言葉の入った、モンスター
         それぞれ1枚ずつ
チャージゾーン・手札コスト条件:自分のライフカードが0枚の時
召喚効果・合体適応!!
   発動条件:このフュージョンを召喚した時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
  このフュージョンがこの場所から移動しない限り、
  自分の、このカード以外のすべてのカードに書かれた、カードの種類以外の、
  モンスター・プログレス・フュージョンそれぞれの表記を、
  3つ全て扱うように追記、変更する
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このフュージョンが戦闘で
        相手のモンスター・プログレス・フュージョン
        に勝利した時
        相手のライフカードが0枚だった時
効果:このカードバトルに勝利する
 
 さらに、掛け声に合わせて両手を上げ、剣を振るう様に振り下ろす!!
 って、勢いでスラッシュなんて行っちゃったけど大丈夫なのか?
 と思ったら、Vカーディンの右足外側が引き出しの様にスライド、中から何かが飛び出してきた!!
 飛び出してきた物、それは、Vカーディンのパトランプと同じデザインのパトランプがつばの部分についた白銀の両刃剣だ!!
 Vカーディンはその剣を右手に逆手に取って左手に順手に持ち直し、開いた右足の部分を右手で押して閉め、再度剣を、今度は両手に握り直して、リュッケンの元に走っていく!!
 リュッケンも気が付いたようにVカーディンの方を見、
 「ウォオオオオ!!」
 右手を振り上げ、Vカーディンの方に向かって行き、双方、剣と右手を振り降ろして一閃を浴びせながら交差する!!
 Vカーディンの兜に傷が走る!!リュッケンの爪に斬り裂かれたんだ!!
 だが、対するリュッケンの体に、袈裟懸けに光が放たれた!!
 そう、リュッケンの爪がVカーディンの兜を斬り裂いた瞬間、リュッケンの体をVカーディンの剣が袈裟懸けに斬り裂いていたんだ!!
 「そんな・・・馬鹿な・・・オレ様が・・・こんな・・・奴らに・・・」
 すると、リュッケンの体の袈裟懸けに入った光が増大、あたりに行く筋もの光を放出していく!!
 「グァアアアァァァアアアァァァアアア!!」
 ドッガァァアアアーーーーン!!
 
勝者:双歩&カーディン
決まり手:ビクトリーカーディン
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカードフュージョン 1話/9 バトル!!Wカードフュージョン!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
1話 バトル!!Wカードフュージョン!!9

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「ちょっと!!爆発しちゃったけど、大丈夫!?」
 思わず爆発したリュッケンの方に駆けよる!!
 ・・・跡形も無くっていう感じにもう何もなくなっちゃってるなぁ・・・
 「ぐ、しまった!!」
 と、いつの間にか、Vカーディンが向こうの方からリュッケンがいた場所の方に振り向いて見下ろし、
 「これじゃあ、逮捕できない!!」
 悔やむようなセリフを吐いた、
 何を呑気な事を・・・あそこまでめちゃくちゃにやって、まだ逮捕とか・・・
 ボトッ!!
 ん、何か上から狼の頭が・・・って、ぎゃぁぁぁあああ!!
 「ん、どうした?うわっ!!」
 僕が大声を上げ、Vカーディンが一歩後ろに引く、
 そう、上から落ちてきた狼の頭、濃い灰色の毛皮に左目に赤いレンズのスコープが付いている・・・
 「こ・・・これが・・・噂のおまんじゅうか!!」
 「こんなまんじゅう食いたかないっ!!」
 Vカーディンの放った不意の一言に思わず大声を上げて返す!!
 でも、少し驚きが薄らいだ・・・気がする・・・
 ああ、リュッケン・・・こんな姿になって・・・なんまいだ、なんまいだ・・・
 「コラッ、何おがんでやがる」
 ・・・今、リュッケンの頭の口が動いたような気が・・・
 「てめぇら、絶対ゆるさねぇ!!」
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「ぎゃあああああ!!お化けぇええええ!!」
 「う、うわっ!!お、お化けなど、怖くないぞ!!」
 「誰がお化けだ!!誰が!!」
 「生首だけで動いてる時点でお化けだってぇ!!」
 「そ、そうだ!!お化けだ!!」
 「うるせぇえええええ!!」
 リュッケンの一喝を聞き、思わず後ろにさがったまま硬直する僕とVカーディン
 と、リュッケンが右の方からVカーディンの方に目線を送る
 「そこのデカ物」
 「わ、私か?」
 Vカーディンが思わず自身に自身の右人差し指を向ける、
 「そうだお前だ、お前はこのリュッケン様を倒した」
 「あ・・・あ、まぁ、いやその、はぁ、」
 Vカーディンがどこかしどろもどろになりながら話し出そうとする、
 カーディンって、真面目そうだから、僕のことを話に出して僕の名誉をちゃんと伝えるべきか、
 はたまた、僕のことをちゃんと伝えて、僕が今後リュッケンに狙われる羽目にならないか、
 とか、そういう感じで答えに迷い、しどろもどろになりながら答えてるんだろう、たぶん、
 と、リュッケンがVカーディンを見たまま視線を下げ、
 「そこで・・・」
 続けて、改めてVカーディンの方を右の方から見上げ、
 「オレ様はお前の強さに免じて、今回は退くことにする」
 「そ、それは・・・どうも・・・」
 思わずVカーディンが右手を頭の上に持ってきて、頭を前に下げる、
 「だが、次は負けねぇからな!!待ってろよ!!」
 と、リュッケンがいきなり正面を見て顔を下に下げ、
「てぃ!!」
 顎を地に叩きつけると一気に
 ポーン
 と、僕の頭上を越えどこかに飛んで行く!!
 え?どこに飛んでくの、ってああ!!
 リュッケンの行く先、空中に、小さな濃い藍色で宇宙が渦巻いているかのような見た目の穴が見える!!
 「じゃ~な~」
 リュッケンはそのままその穴に飛びこみ、その穴はすぐに閉じ、消えた!!
 な、なんだったんだ一体・・・
 様々な謎を感じながら、どこか理不尽な物も感じつつも、僕は気が付くと、少し胸をなでおろしていた、
 実際、怖かった、それにまだ、体も痛い、さっきの衝撃波で負った傷のせいだ、
 周りを見渡すと、曇っていたはずの空に日が差し青空になっていくのが見える、
 しかし、その青空の元にさらけ出されたのは、向こうの方でボロボロになったVカーディンと、ほとんど廃墟となった遊園地だった、
 観覧車は二つ折りとなり、お化け屋敷はバラバラ・・・って、もしかして、リュッケンがあんな姿になったのは、お化け屋敷壊したせいかな・・・なんて・・ははは・・・
 それに、この遊園地の目玉だったはずのジェットコースターも倒れ、粉々になっている、再建が出来るかどうかは知らないけど、出来たとしても、簡単じゃないだろうなぁ・・・
 他にも粉々になっていたり、破壊されたものが多数見える、おそらく、リュッケンが壊したものだろう
 ・・・観覧車とかジェットコースターとか、僕とカーディンが戦いに巻き込んだものも結構あるけど・・・
 思わずチラリと向こうのVカーディンの方を見る、
 と、Vカーディンがいきなり正面上の空を見上げ、
 「さて、それではそろそろ気を取り直し、本業に戻るとするか!!」
 突然意気込みだした!!
 そういえば、カーディンの職業って何だろう、
 って、考えるまでも無い・・・か・・・
 青空の方を見上げ、色々物思いにふける、
 これからどうしよう、父さんや母さんや妹は元気かな、戦いに巻き込まれて無きゃいいけど・・・
 「君・・・」
 Vカーディンが歩いて僕の方に近づき、見降ろして来た、何だろう、慰めてくれるのかな、それとも、父さんや母さんや妹の安否を
 「ちょっと署まで来てもらおうか」
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「え、えぇぇぇぇぇぇ~!!」
 
Wカードフュージョン1話 バトル!!Wカードフュージョン!!
終了!!
Wカードフュージョン2話 試練!!VS警察官!?に、続く!!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカードフュージョン 1話/10 バトル!!Wカードフュージョン!! カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカードフュージョン
1話  バトル!!Wカードフュージョン!!10

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

カード紹介コーナーフュージョン 第1回 ビクトリーカーディン
 
 鋼野 双歩(以下 双歩)「と、とととと、というわけで始まりました!!
              誰が得するかわからない、カード紹介コーナー!!」
 カーディン(以下 カー)「緊張しているのか馬鹿にしたいのかよくわからない紹介だな!!」
 双歩「今後とも、人気コーナーにしていきたいと思いますので、よろしく、お願いします!!」
 カー「この手のホビー系創作作品には解説コーナーが必要不可欠だからな!!」
 双歩「でもさ、人気あるかどうかわからないんだよね、実際問題」
 カー「ここでそれを暴露するのか?」
 双歩「だってさ、下手するとこのコーナーがあるせいで作品のテンポを崩しちゃうしさ」
 カー「だが、Wカードの解説など、他に誰もしないのも事実、
    やはり、こういった場所は必要だろう!!」
 双歩「そう、そうだよね!!
    というわけで、開き直って行くぞ~!!」
 カー「うむ、時には開き直りも大事だ!!」
 双歩「というわけで、今回紹介するカードはこちら!!」
 
名前:ビクトリーカーディン
種類:FM フュージョン
コスト:2 パワー:4000
召喚・効果コスト:名前に「カーディン」
         という言葉の入った、モンスターかプログレ
         名前に「バトルマシンズ バトルポリストレーラー」
         という言葉の入った、モンスター
         それぞれ1枚ずつ
チャージゾーン・手札コスト条件:自分のライフカードが0枚の時
召喚効果・合体適応!!
   発動条件:このフュージョンを召喚した時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
  このフュージョンがこの場所から移動しない限り、
  自分の、このカード以外のすべてのカードに書かれた、カードの種類以外の、
  モンスター・プログレス・フュージョンそれぞれの表記を、
  3つ全て扱うように追記、変更する
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このフュージョンが戦闘で
        相手のモンスター・プログレス・フュージョン
        に勝利した時
        相手のライフカードが0枚だった時
効果:このカードバトルに勝利する
カテゴリ1:バトルマシンズ カテゴリ2:勝利
テキスト:鋼の肉体に勝利への意志!!電気の心は勝利を渇望する!!
 
 カー「私の最強合体形態だ!!」
 双歩「やっぱり効果としては、
    まず、召喚した時に全てのカードがモンスター・プログレス・フュージョンの表記が存在した場合、
    その3つに対応してくれるってことだね!!」
 カー「その効果により、チャージゾーンのリサイクルやスマッシュカード、
    及び、モンスターゾーンのモンスターの効果にもこのカードが対応できるようになる!!」
 双歩「そして、勝利効果、相手のモンスター、プログレス、フュージョン勝利した時、
    このカードバトルに勝利する!!ってことか!!」
 カー「相手のライフカードが0枚でなければ勝利できない、
    だから、このカード単体で勝てるものではないんだ」
 双歩「チャージゾーンに溜まってたカードにも対応できるようになるし、
    総じて、このカードよりまわりとの連携が大切ってこと?」
 カー「そうだ、それに、このカードに頼らなくても、このカードの召喚に使う、
    カーディン ロボモードやバトルマシンズ バトルポリストレーラーも強い!!」
 双歩「使い分けが大事ってことか!!」
 カー「その通りだ、
    確かに、弱い相手なら、このカード一枚で勝利できてしまうかもしれない、
    だが、本当に強い相手にであった時、このカード一枚で勝つことは難しいだろう」
 双歩「本当に強い相手・・・って?」
 カー「それは人によって違う、
    ライバルという人もいるし、親友だという人もいる、格上の存在や親やチャンピオン、自分自身だという人もいる、
    だが、共通しているのは、確実に自分以上に、自分よりも強い存在だということだ、
    自分以上に、自分よりも強い存在とWカードで戦う時、
    その時、このカードは何かの助けにはなるが、このカード一枚ではなく、その他の様々なカードも必要になるだろう」
 双歩「わかったよカーディン、もっともっと、他のカードも使いこなして、
    もっともっと、このカードを使いこなしてみ」せる!!」
 カー「うむ、その意気だ!!」
 双歩「さて、それじゃあ、そろそろ次に行くよ!!
    改めて・・・Wカードフュージョン2話 試練!!VSビクトリーカーディン!?に、続く!!」
 カー「みんなも、ちゃんとカード達を使いこなしてくれよな!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ???「ええと、出そびれてしまいました、
     ・・・次回は出番、あるかしら?」
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――