オイレンのラノベもどき置き場

月から金、土はときどきを目標に私が書いたラノベもどきを置いていきます。

Wカード CVSD 12話 バトル!!創造者VS破壊者 カードゲームライトノベル Wカード

f:id:OirenW:20170719154325j:plain

 

カードゲームライトノベル Wカード クリエイターVSデストロイヤー
12話 バトル!!創造者VS破壊者

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「ようやく、ここまで・・・」
 ようやくたどり着いた、ここ、創壊市でつぶやいた、
 歩いているのはコンクリートで舗装された道路で、
 まわりにはコンクリートの塀で仕切られた家々がある、それぞれクリーム色の壁や灰色の壁で囲われていて、オレンジや青い三角屋根が上にあって、金属の枠のガラス窓や木製のドアが付いていたりしている、
 そして、空に浮かんでいるのは、デストロイヤーの時々暗くなったりする太陽ではなく、正真正銘、俺の世界の太陽だ、真上にあるから今はお昼ごろか、白い雲の浮かぶ青い空も広がっている、
 なんもかんも懐かしいぜ、まるで何年も帰らなかったみたいだ、本当は1ヶ月半ほどなんだが・・・
 俺の名前は破壊 双我(やぶえ そうが)、
 髪の毛は黒くボサボサで、目つきはよく悪いと言われる、
 着ているスウェイハーフコートは左側が長袖で裾が長く裾と袖に対して直角にいくつもの長い傷が付いていて、反対の右側は裾も袖も短く袖がギザギザでベストのようになっていて、
 スウェイハーフコートの左胸の左上の所には二重円が濃い灰色で描かれていて、
 スウェイハーフコートの胸元前面にはコウモリの左の羽が黒と灰色で描かれ、反対側の背中の方には前面と対を成すようにコウモリの右の羽が黒と灰色で描かれ、
 スウェイハーフコートの左肩の方には大きな傷がついた鎖がまかれ、その鎖が巻かれた左肩の後ろの方には巻かれた鎖を止めるように黒いコウモリの羽のパーツか何かが付き、
 腰には黒の革ベルトを着け、足には黒いジーパンに黒い靴を履き、スウェイハーフコートの中には半袖の黒シャツを着て、両手には黒の指ぬきグローブを付け、
 頭の左上の方には真っ黒いコウモリの羽が縦に3つ連なったような髪飾りを着けており、
 左手には色々な荷物の詰まった黒い円柱状の袋の持ち手のひもを左肩にひっかける形で持っている、
 デストロイヤーの世界を脱出した後、南極から船に乗ってこの国まで舞い戻り、デストロイヤーの世界をこの国のお金に変換、
 お金を変換した後は電車とバスを乗り継いでようやくここまでたどり着いた、いや、大変だった、おかげで所持金はすっからかんだぜ、
 「ようやくここまで戻ってきたな」
 いきなり俺に話しかけてきたのは、俺の右肩の方にいるデェビルだ、
 紫がかった少し長めの黒髪と同じ色の瞳、人間に近い肌、
 目じりの方が少し尖った目つきをしていて、口元右の方に八重歯がのぞき、
 体全体を覆う濃い藍の衣に下半身に緑のズボンをはいていて、
 足先には先の方が上に尖った黒い靴を履いており、
 背中から小さな黒い羽を生やし、尻の方からは先の方が三角に尖ったふくらみを持つ黒い尻尾を生やしていて、
 頭には二股に分かれた濃い藍の三角帽をかぶっており、
 その三角帽の2つの先それぞれに金色の逆十字がぶら下がっていて、
 その背中には黒い三つ又の槍を三つ又の方を下にして背負っている、
 が問題はその体型、それは頭が大きく胴部が短い、2頭身に近い体形をしていて、
 大きさも広げた俺の手のひらより少し大きいくらいの大きさをしている
 「もうすぐ家に帰れるぜ、双我」
 「ああ、そうだな」
 ここまで来るまでにいろいろあった、
 デェビルの言葉に思わず感慨深くなっちまう俺、
 じゃあ、ちゃっちゃと帰らないとな!!
 ん?あれは・・・
 俺の歩く道路、左側の方に現れたのは、白い壁を持つ家、
 全面を覆う白い壁にはところどころにガラス窓が付き、上の方の屋根は高さの違う直角三角形の直角部分を合わせた様になっていて、
 玄関には白いドアが付いており、そのドアは斜め四方にそれぞれ縦長の長方形の模様が付き、左の方に金属のドアノブが付いていて、玄関のドアの前には赤いレンガで出来た階段が1段存在しており、ドアの上には白い四角形の簡単な屋根が付き、
 家の周りを茶色いレンガ塀が覆い、玄関前、レンガ塀が途切れている場所には茶色い格子状の門があって、
 その茶色い格子状の門は奥に長い縦長の四角く茶色い金属の棒が横に並び、その金属の棒の中央を、門の中央が盛り上がり門の外側が下になるような波のような形の大きめの金属の板が左右対称になるように付いてある、
 ・・・なんてことは無い、創造の家である、
 けっ!!嫌な奴の家の前に来ちまったぜ、とっとと家に帰ろ・・・
 バン!!
 ん?なんだ?
 いきなり創造の家の玄関のドアが開く、
 そこに立っていたのは・・・
 腰元に届くほどの長い金の髪、その瞳は深い青、
 白のシャツ、白と黒のチェックのマフラー、黒い膝上たけのスカート、
 履いたロングソックスは左が黒、右が白で、左足には白い靴、右足には黒い靴を履いており、
 首元には灰色のリボンが見えていて、その背には茶色い、上が半円下が四角のリュックサックが背負われ、
 左胸には灰色で未と書かれた金縁のバッチを付けている、
 あいつは、空相 遠果(あきあ とおか)!!
 なんだ、創造の所に遊びに来ていたのか、だが、勢いよくドアを開けて飛び出して来たってことは・・・
 と、遠果が俺の方に走ってきて、左手で創造の家の玄関の門を開け、そのまま俺の前まで来て、目に涙まで浮かべながら俺の方を見据え、
 「よかった・・・二人共・・・戻ってきた・・・」
 おいおい、二人共って、まるで俺と一緒に創造までいなかったような口ぶりだな、
 行方不明になってたのなんて俺一人で十分だぜ、まさか、創造までいなくなってた、なんてことはあるまい、
 けど、こいつを泣かせるまで心配かけたのは事実だしな、少しぐらい慰めても・・・
 「遠果っ!!」
 ん?この声、どうやら、噂をすればなんとやらってやつだぜ!!
 創造の家の開けっ放しの玄関のドア、そのドアから大声あげて出てきたのは、俺と同い年の白い少年、
 その白く長い髪を後ろ手に無造作に結び、透けるほどの白い肌に白い瞳を持ち、
 頭の左の方に片刃の翼が縦に三つ並んだような髪飾りを付けており、
 白いジャケットを前開きで着ていて、
 その白いジャケットは右胸のところに二重丸が描かれ、その二重丸から放射状に硬そうな翼が数枚、ジャケットの前面にわたって描かれており、
 右肩の方にはたくさんの白い羽が巻き付いたように付いていて、
 白い羽が巻き付いた右肩の後ろの方には白銀のような金属で出来たような羽のオブジェが付いており、
 ジャケットの下には白いシャツを着て、足元は白い長ズボンに白い靴下、白い靴を履いていて、
 腰元には白いベルトを着け、両手には白い手袋を付けている、
 こいつがさっき噂した、双輝 創造(なみき まさなり)ってやつだ!!
 創造はドアから出てきてすぐは、目線を玄関前にいる遠果の方に向けていたが、すぐに気が付いたように俺の方に移し、
 「お前は双我!!帰ってきてたのか!!」
 「おうよ!!今帰ってきたぜ!!
  どうした!!お楽しみ所を邪魔されて不機嫌だってか!?」
 「そんなわけないだろうが!!」
 けっ!!そうかよ!!
 創造が俺の挑発を聞き、吐き捨て返してきた!!
 そして、俺の方に歩き出してきて、
 「双我!!あんた!!こんなとこで何してんの!!」
 お?この声は・・・
 創造の背後、創造の家の玄関の方から声が聞こえた後、創造の家の玄関のドアからさらに出てきたのは・・・
 短めの黒髪に黒い瞳、頭に付けている黒いカチューシャの両端には黒い骨と赤い膜のコウモリの羽が付いていて、
 カチューシャの右側の黒い骨と赤い膜のコウモリの羽の下からは白い一筋の髪の毛が伸び、
 上半身に黒い半そでシャツを着て、その黒い半そでシャツにはカチューシャと同じ黒い骨と赤い膜のコウモリの羽がの右袖の上と左胸の所にプリントされ、
 下半身に濃い藍色の長ズボンに黒い靴下と黒い革靴をはき、
 腰にカチューシャと同じ黒い骨と赤い膜のコウモリの羽のバックルの付いた黒いベルトを着け、
 さらにその黒いベルトの左側には、黒い薄手の上着がひっかけられていた、
 あれは俺の姉貴、破壊 双美 (やぶえ ふみ)だ!!
 「ねぇ!!みんなしてどうしたの!!」
 姉貴の後ろから、また創造の家の玄関から出てきた!!
 肩まで届きそうなところで上に跳ねる白い髪に白い瞳を持ち、
 頭の左右の端に着けた赤いリボンには、上が白く、下に行くほど赤くなる翼が付いており、
 さらに、頭の左側のリボンには黒い髪の毛が一房垂れ下がっていて、
 上半身にはフリルが胸上から両肩の下にかけて横に付いた白い半袖の上着を来て、
 その白い上着には、リボンと同じ上が白く、下に行くほど赤くなる翼が左袖の上と右胸の所にプリントされていて、
 下半身には、白いロングスカート、白い靴下、白い革靴をはいていて、
 腰元に、リボンと同じ上が白く、下に行くほど赤くなる翼のバックルが付いた白い皮のベルトを付け
 ベルトの右の方からはフリルが大量についた白い布が垂れ下がっている
 あれは、創造の姉で姉貴の友達の双輝 創成 (なみき なる)!!
 「けっ、ずいぶんといい身分だな」
 「何だと・・・」
 俺が放った挑発の言葉を聞き、創造が目じりを吊り上げにらんできた!!
 俺の方も創造の方をにらみ返す!!
 遠果を間に立たせ、にらみ合う俺と創造!!
 「ちょっと!!そんなことしてる場合じゃないでしょう!!」
 と、いきなり俺と創造の間に割って入ってきたのは姉貴だ!!
 姉貴は俺の方に早足で歩み寄り、
 「双我!!あんたは睨み合ってないで、早く家に帰りなさい!!みんな心配してるわよ!!そこの二人だって心底心配してたんだから!!打ち合わせに来た私や話を聞かせてた創造君も暗くなるほどにはね!!
  全く!!家に帰ったらあんたがいないもんだからびっくりしたわよ!!私は!!」
 「嫌だね!!」
 少なくとも、創造とのこのにらみ合いから逃げるつもりはない、
 だが、このままにらみ合っていてもらちが明かないな・・・そうだ!!
 右手を上着の左内ポケットに突っ込み、あるものを取り出し、創造に突きつけ、
 「こいつで勝負だ!!今度こそリベンジを果たしてやる!!
  今の俺は、誰にも負ける気はしないぜ!!」
 「それは・・・いいだろう!!
  僕も負ける気はしない!!」
 俺が取り出した物、それは、真っ黒な長方形の物体、
 中央には黒い宝玉がはまっていて、宝玉の周りは白縁で覆われ、
 直方体の外縁も白縁で覆われ、側部には押し込み式のスイッチが付いているっ!!
 そう、俺のデッキケースだ!!
 「少し待っていろ!!」
 いきなり創造が自分の家の方に向き、家の方に戻っていく!!
 「どうした?逃げるのか?」
 「まさか」
 創造が俺の挑発を聞き、左の方から俺の方に目線を向け、
 「荷物を取ってくるだけだ、
  それにデッキも少し調整してくる、
  デッキの調整が終わったら、勝負の場所に案内してやる!!ここじゃ近所迷惑かもしれないからな!!
  双我、お前もデッキの調整をしておけ!!デッキのせいで負けたなんて言い訳されたくないからな!!」
 けっ、そうかよ!!
 創造は正面、自身の家の方にに向き直ると、家の方に戻っていった・・・
 さて、俺もデッキの調整をしておくかな、
 創造にああ言われた以上、俺も言い訳しなきゃいけないようなカードバトルはしたくねぇ!!
 道路に座って胡坐をかき、足の上に右手のデッキケースを置くと、
 そのまま左手に持っていた荷物を手放し、荷物の中に左手を突っ込み、荷物からカードアルバムを取り出して、右手にデッキケースを再び持って胡坐をかいた足の上に左手のカードアルバムを広げ、その上にデッキケースを置き、デッキケースの中のカードを入れ替えたりして、デッキの調整を始める、
 「まったく、あんたたちって本当に・・・」
 「まぁまぁ、いいじゃない、ケンカするほど仲がいいってね!!」
 仲がいいねぇ、ま、仲がよかろうと悪かろうと、あいつとはいずれ決着を着けなきゃいけない間柄であることは確かだがな!!
 姉貴と創成さんの会話をはしに聞きつつ、
 改めて気合を入れ直し、デッキの調整をしていく、なにより、あいつに勝つために!!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Wカード CVSD 12話/2 バトル!!創造者VS破壊者 カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカード クリエイターVSデストロイヤー
12話 バトル!!創造者VS破壊者2

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「さぁ!!勝負だ!!」
 「いいだろう!!」
 俺の呼びかけに創造が答える!!
 デッキの調整を終えたところで創造が白いショルダーバックを持って家から出てきて、その創造に案内され、向かった場所、
 そこは灰色の3階建ての校舎に砂地の校庭が広がる場所、そう、創壊小学校だ!!
 あいも変わらずの陽気、青い空に白い雲、
 俺は校庭の中央、校門から見て左側、創造は同じく校庭の中央、校門から見て右側に位置していて、
 校庭の右端にはサッカー部を始めとした運動部の連中が、
 校庭の左端には野球部を始めとした運動部の連中が休憩している、
 俺達が来た時には校庭の左右で練習していたのだが、俺と創造が校庭の真ん中に立つとなぜか休み始めたのだ、
 カードバトルそのものにはそんなに広い面積はいらないと思うが、
 色々迷惑なんだろうか、演出とかいろいろ入るし、
 ま、それならそれで文句の一つも言って来るだろ!!
 「二人とも!!本当にやるの~!?」
 「やるっ!!」
 「やるっ!!」
 当然だろうが!!創造と決着をつけるチャンスだぜ?
 姉貴が校門の前の方から両手を輪にして口元に付けての呼びかけに同時に返す俺と創造!!
 だが、気になることが一つ、
 「おい!!そこの奴、一体誰なんだ!?」
 「私か?」
 そうだ、あんただよ!!姉貴たちの後ろで立ってる、ここに来るまでにいつの間にか俺達についてきてた見覚えのある赤い髪の女!!
 その女性は赤いスーツの上下に身を包み、赤いスーツの上着の下に白のシャツ、赤のタイトスカートの下に黒のストッキングをはいていて、足元に赤いハイヒールをはいている、
 髪型は赤の長髪でその瞳は真っ赤に燃えるように赤く、その見た目は綺麗だが、若いようにも年が行っているようにも見える、
 確か、前に一度見たな、あれは、俺がカードバトルの店舗予選に出る前、姉貴を迎えに来てた車の中の運転席にいたはずだ、確か、あの時、姉貴たちがプロデューサーって呼んでたような気が・・・
 と、その女が俺と創造を見据え、
 「私はこの2人の、ブラッディアッシュのプロデューサーだ、
  この2人の事が心配でね、ライブを一旦延期してここに返した後、
  ちょこちょこと見守りにきてて、そこで君たちがカードバトルをやり始めるって聞いたので、
  少し見学させてもらおうと思って、ね」
 姉貴たちのプロデューサーねぇ、どうにも怪しいな、って、ちょっと待て、ライブを一旦延期?
 てっきり俺は姉貴たちはライブの合間にこっちに戻ってきてるのだと思ってたが違うのか?
 そういえば、3ヶ月ほど家に帰れないとかなんとか言ってたな、色々あってすっかり忘れてたが・・・
 聞けば何か教えてくれるか?
 「おい!!ライブが一旦延期って、何かあったのか!?」
 「誘拐事件だ!!」
 答えたのは姉貴たちのプロデューサーではなく、意外にも創造だった!!
 「どういう事だよ!!」
 「姉さん達のライブ会場のそばで謎の施設にたくさんの人達が囚われていたんだ!!
  何かあったらまずいということになって、ライブは捜査が終わって真相が解明されるまで一旦延期ということになったんだ!!」
 へぇ、そんなことがあったのか・・・
 にしても、なんで創造が当事者みたいに語ってるんだよ、その事件の話もどうせ誰かから聞いたんだろうに、
 って、まてよ、最近俺も似たような事例にぶち当たったような気が、
 ただ話しただけじゃ、俺もまさかその事件の施設に忍び込んでこまごまやってた、なんて信じてはもらえないに違いないが、
 まさか、こいつも似たような事例にぶち当たったのか?はは、まさかな・・・
 って、俺も結構、長い間行方をくらましていたはずだが、
 姉貴たちに危険が及ぶわけじゃないんで強行したんだろうか、姉貴たちは知らなかったみたいだし、これも聞けばだれか答えてくれるか?
 「双我!!お~い!!双我!!」
 「創造!!おい!!創造!!」
 と、いきなり前のサッカー部の方から俺に向かって駆けてくる奴一人、
 少し高めの身長、その髪は濃い茶色をしていて、前の方が少し上向き、
 黒のシャツを体に来ていてその黒のシャツには胸元中央に青字で創壊小学校と書かれ、
 シャツと同じ色の黒い半ズボンをはき、その下には青い靴下、さらにその靴下の上には黒地に白紐のスニーカーをはいている、
 おお!!あいつは暗家 敏!!俺の所属してる部、Wカードデストロイヤー部の助っ人で普段はサッカー部に所属している奴じゃないか!!
 あ、サッカー部が練習してるんならあいつがここにいるのは当然か、
 と、俺の左側を後ろの方から一人の人間が通り抜け、創造の方に向かって行く、
 その頭には赤いつばのついた白い帽子をかぶり、髪の毛一本無いように見える、
 衣類はといえば上の方に白の長袖の上着を着て、下の方に白い長ズボンをはき、、さらに、その足元には白を基調としたスニーカーをはいていて、上着の胸部後ろ側には赤で創壊野球部(小)と書かれている、おそらく、前の方にも同じように書かれているんだろう
 あいつは、確か、出明!!カードバトルの予選で戦った奴じゃないか!!
 そういえば、あいつ、創造の知り合いだったっけ、
 さっき背後から聞こえてきた、創造を呼ぶ声もあいつの物だろう、
 と、いつの間にか目の前まで敏が駆けてきて、
 「おい!!双我!!いつ帰ってきたんだよ!!」
 「敏!!ひさしぶりだな!!さっきださっき!!」
 「お前、帰ってきてすぐに創造と何やらかすつもりなんだよ?」
 「カードバトルだ!!新しいカードを手に入れて、デッキも組み直したしな!!今なら負ける気がしねぇぜ!!」
 「ああ、まぁ、そうだと思ったよ」
 と、敏が右の口角を上げ、にやりと笑い、
 「しばらく休憩だからな!!思う存分やるといい!!
  だけど、休憩が終わる前に終わらせろよな!!」
 「わかってるって!!」
 そんなに時間はかけはしないさ!!すぐに決着を着けてやる!!俺の勝ちでな!!
 「創造!!帰ってきて早々、一体何やるんだよ!!」
 「カードバトルだ!!双我の奴を、今度こそきっちりのしてやる!!」
 ん、創造の方から声が聞こえるな?
 見ると、創造と出明が向かい合い、何やら会話している
 「おいおい、帰ってきて早々かよ、しゃーねーな、
  早めに終わらせろよ!!しばらく休憩時間だからな!!」
 出明が口角を上げて笑うと、創造も反応するようににやりと笑う、
 「ああ!!すぐに終わらせるさ!!前に一度勝ってるしね!!」
 「けっ!!前に一度勝ってるからっていい気になるんじゃねぇぜ!!
  今度勝つのは間違いなく、俺だ!!」
 思う存分、創造の方をにらむと、創造の方も俺の方をにらみ返して来た!!
 「いいや、僕だ!!」
 「じゃ、オレはサッカー部の方に戻るわ、負けるんじゃねぇぞ!!双我!!」
 「創造!!オッレは野球部の方で応援してるからな!!負けるんじゃないぞ!!」
 創造が返して来たと同時に、敏と出明が左の方からそれぞれの部に戻っていく、
 「じゃあな、敏!!」
 「またね、熱君!!」
 俺は敏に、創造は出明に、それぞれ言葉を返し、俺と創造は再びお互いを見据える!!
 さて、これで俺達を止めるものは誰もいないわけだ!!
 ・・・って、俺が行方をくらませていたにも関わらずライブを強行した件、聞くタイミングのがしちまったな、
 まぁいいさ、そこいらへんの事は一切合財、カードバトルが終わった後、あのプロデューサーとやらから聞かせてもらうとするぜ!!
 「二人ともがんばれーっ!!」
 「おうっ!!」
 「おうっ!!」
 いきなりの遠果の呼びかけに、俺と創造は遠果に近い方の手を握って上げ、答える!!
 遠果の応援で百人力だ!!万が一の負ける気すらも吹っ飛ぶぜ!!
 「双我ーっ、負けるなー」
 「創造ー負けちゃだめだよー」
 続けて、姉貴の少し気の抜けた応援と、創成さんのとりあえず力を込めた応援が聞こえてきた、
 そんな応援で大丈夫なのか?
 まぁ、今をときめくブラッディアッシュの応援と思えば・・・
 思ってもどうにもならんか、
 「そういえば、プロデューサーはどっちを応援するんです?
  双我、それとも創造君?」
 「ああ!!私も気になってました!!どっちですか?」
 「私か、私は・・・」
 ん?なんか、姉貴たちがあのプロデューサーに話しかけてる?
 内容は、あのプロデューサーがどっちを応援するか、か、
 あのプロデューサーがなんか、眉間にしわを寄せて困った顔をしているが・・・
 と、プロデューサーはすぐに表情を切り替えると、俺と創造の方を見据え、
 「私は中立だよ、そこのお嬢さんと同じようにね」
 「二人とも、負けちゃだめだよーっ!!」
 「無茶言うな!!」
 「無茶言うな!!」
 思わず、創造と一緒につっこんでしまった、まったく、遠果は相変わらず、か・・・
 だが、これでこそ帰ってきた気がするぜ!!
 遠果が目じりを下げ、舌などだして愛想笑いする中、俺と創造はあい対峙する!!
 そして、俺は右手を自分の上着の左内ポケットに、創造は左手を自分の右内ポケットに入れ、それぞれのデッキケースを取り出し、突きつける!!
 俺の方は黒い直方体の中央に黒い宝玉の様な物がはまり、宝玉と直方体の周りが白縁で覆われ、側面に押し込み式のスイッチが付いている、
 対する創造の方は、白い直方体に白い宝玉の様な物がはまり、宝玉と直方体の周りが銀縁で覆われていて、側面に押し込み式のスイッチが付いている、
 と、いきなり俺と創造のデッキケースが一瞬光ったと思うと、
 俺と創造のまわりにオーロラのような壁が現れ、続けて、俺の前には大きな闇の塊のような闇の板が、創造の前には大きな光の塊のような光の板が現れた!!
 さらに、俺は目の前の闇の板に、創造は光の板に、それぞれ向かって左の方に自分のデッキケースを置く!!
 すると、デッキケースからそれぞれのデッキが外れてシャッフルされて山札となって、それぞれの闇の板と光の板の左の方に置かれ、
 さらに、デッキケースの方はといえば上下反転しつつ、山札のさらに左側は置かれる!!
 そして、俺と創造は、きちんとデッキがシャッフルされて山札になったのを見届けた後、
 右手で山札の上から1枚1枚カードを引いて、それぞれの闇の板と光の板の手前の方に並べて行き、
 それぞれ5枚カードを並べてライフカードとし、
 続けて、山札の上から右手でカードを一枚一枚引いてチラリと見つつ左手に移していき、
 お互いに5枚ずつ、左手にカードを持って手札にする!!
 と、右肩の方にいるデェビルが右肩の近くで俺の少し前に出、
 「こいつは、面白くなってきたな!!
  負けるんじゃねぇぞ!!双我!!」
 「わかってる!!」
 デェビルの応援に、小声で応え、気合を入れ直す!!
 そうだ!!あそこまで見え切った以上、何より遠果が見てる以上、負けるつもりはねぇぜ!!
 「二人とも、全力で行こう!!
  それじゃあ、準備は良い!?
  行くよー!!
  カードバトル!?」
 「スタートだ!!」
 「スタートだ!!」
 遠果の合図に、俺と創造が全力で答える!!
 さぁ、今度こそ、創造と、決着をつけてやる!!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Wカード CVSD 12話/3 バトル!!創造者VS破壊者 カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカード クリエイターVSデストロイヤー
12話 バトル!!創造者VS破壊者3

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「リチャージ!!」
 「リチャージ!!」
 まず、俺と創造はお互いにチャージゾーンに向かって宣言!!
 そして、俺は今の手札をチラリと見る、
 今の手札は、黒き拳の闘士 クライフィストー、デモンウォーリアーズ バーストエナジー、黒き鱗の盾、頭刃の戦士 ライフブレイカーヘッド、ポークジンジャーセット
 このままだと黒き拳の闘士 クライフィストーを無茶なの承知で突撃させることになるが、
 それで前は吹っ飛ばされたからな、今回も同じ手で行くのか?
 いや、そんな無茶は避けたいな、それなら、このドローにかける!!
 「ドロー!!」
 「ドロー!!」
 俺と創造は右手で山札からカードを1枚引くっ!!
 今引いたカードは・・・黒の原 ダゥアイグラス!!
 これなら、行けるか!?
 それなら、このカードを1番に裏側で、さらに、右手で左手の手札から1枚カードを引いてチャージゾーンに裏側で置いて
 「セット!!」
 「セット!!」
 そうして、俺と創造はお互いに1番とチャージゾーンにカードを裏側で追加するっ!!
 「オープン!!」
 「オープン!!」
 さらに、俺と創造は1番に置いたカードを表にして、表にしたカードの名を叫ぶ!!
 「現れろ!!黒の原 ダゥアイグラス!!」
 「来い!!白き翼の戦士 ウィスソーダー!!」
 
名前:黒の原 ダゥアイグラス
種類:J ジェイル
コスト:1 パワー:-800
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘を行うのがこのカードが置かれた場所であった時
        このカードが置かれた場所の自分の方に
        このカード以外のカードが置かれていなかった時
        次の戦闘に相手のモンスターが参加する時
        自分のチャージゾーンに存在する、
        コスト1以下のモンスターカードを1枚指定できた時
        指定したカードが裏だった時は
        表にして相手に確認させすぐ裏に返す、
        この効果で表にしたカードはコストで表にした扱いでは無く
        カードの効果の発動や召喚等を行えない
効果:発動条件で指定したカードをコスト0扱いで
   このカードが置かれた場所に召喚する
   この効果を使用したターンと次のターン、
   このカードのコストは4として扱われ、
   このカードの効果で召喚した後、自分のチャージゾーンが2枚以上の時
   このターン、このカードのパワーを-1200として扱う
カテゴリ1:黒原 カテゴリ2:生き場
テキスト:そこには様々な生物が生息していた!!

名前:白き翼の戦士 ウィスソーダー
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1000
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターと相手のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーを400下げる
   自分のチャージゾーンにカテゴリ:エンジェルナイツを持つカードが
   表側表示で存在していた時、
   次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーをさらに200下げる
カテゴリ1:エンジェルナイツ カテゴリ2:囁け!!
テキスト:ささやきの戦士、言葉巧みに相手をほんろうし、敵を切り裂く
 
 俺の前を中心にいきなり黒い草の原っぱが広がっていく!!
 空には不気味に黒い光を放つ太陽が存在し、青空を藍色に染め上げている!!
 創造の前に翼持つ白き騎士が現れた!!
 その騎士の上半身の白い鎧は両肩の部分が尖り、
 腰元の茶側のベルトには前後左右に逆3角形のプレートのような防具が付き、さらに左腰の方には細く茶色い剣の鞘が付いていて、
 両手両腕に付けたガントレットは両肘の部分が尖り、両足の白い金属製のブーツは両膝の部分が尖り、
 それらの鎧やガントレット、ブーツの隙間を埋めるように白い鎧が全身に付き、
 背中からは一対の白い大きな翼を生やし、
 頭に付けたフルフェイスの兜は顔の前と後頭部部分が尖っていて、
 右手に持つ白銀の両刃を持つ剣には赤の玉が埋まった黄色のつばと白い柄が付いており、
 左手に持つ白く丸い盾には外周に縁の黒い10個の円が描かれていて、その円の中にはそれぞれに0から9の数字が配されている、
 「何だ!?そのカードはっ!?」
 いきなり驚いた声を上げたのは創造だ、
 目を見開き、黒の原 ダゥアイグラスのカードの方を見ている!!
 くっくっくっ、やっぱり知らなかったな!!
 「教えてやろう!!これはジェイルカード!!設置するタイプのカードだ!!
  詳しいことはカードバトルをしながら教えてやるぜ!!
  さぁ!!カードバトル再開だ!!コストの見せ合いのためにカードを前に出しな!!」
 「なるほど、ジェイルカードか、面白い!!」
 おお、段々創造の目に気合が戻ってきている感じがするぜ!!そう来なくっちゃな!!
 そして、俺と創造は右手でチャージゾーンの裏側表示のカードを1枚、右手で持ち、前に出す!!
 「それじゃあ、前に出したカードを表にするぜ!!」
 「いいだろう!!」
 俺の呼びかけに創造が答え、前に出したカードを表にする!!
 よし!!こっちも表にしていくぜ!!
 まずは俺が表にしたカードから!!
 
名前:黒き拳の闘士 クライフィストー
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1000
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを500上げる
   自分のチャージゾーンにカテゴリ:デモンウォーリアーズを持つカードが
   表側表示で存在していた時、このモンスターのパワーをさらに300上げる
カテゴリ1:デモンウォーリアーズ カテゴリ2:叫べ!!
テキスト:叫びの闘士、己を鼓舞し、敵を打つ!!
 
 続けて、創造が表にしたカード!!
 
名前:エンジェルナイツ セイントパワー
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:コストで表になった時
効果の発動条件:自分のモンスターゾーンにいる
        カテゴリ:エンジェルナイツを持つモンスター1体を指定できた時
効果:発動条件で指定したモンスターのパワーをこのターン500上げる
カテゴリ1:エンジェルナイツ カテゴリ2:スピリット
テキスト:聖なる力が今ここに降臨し、
     騎士たちの力を与えていく!!
 
 創造が右手を前に出し、
 「双我、君が発動できるカードは無し!!
  対して、僕はカードを1枚発動できる!!
  よって、僕はエンジェルナイツ セイントパワーの効果を発動!!
  白き翼の戦士 ウィスソーダーのパワーを500上げる!!」
 
名前:エンジェルナイツ セイントパワー
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:コストで表になった時
効果の発動条件:自分のモンスターゾーンにいる
        カテゴリ:エンジェルナイツを持つモンスター1体を指定できた時
効果:発動条件で指定したモンスターのパワーをこのターン500上げる
 
 創造が宣言を終えると、
 いきなりウィスソーダーが右手の剣を上に掲げた!!
 すると、ウィスソーダーの頭上から光が降り注ぎ、ウィスソーダーの剣に光が宿る!!
 
創造
モンスターゾーン  
白き翼の戦士 ウィスソーダー M コスト:1 パワー:1000+500
チャージゾーン
裏:0表:1

双我
モンスターゾーン
無し
 黒の原 ダゥアイグラス J コスト:1 パワー:-800
チャージゾーン
裏:0表:1
 
 それじゃあ行くぜ!!まずはこいつだ!!右手を前に出し、宣言する!!
 「黒の原 ダゥアイグラスの効果を発動!!」
 「ぐっ!!」
 
名前:黒の原 ダゥアイグラス
種類:J ジェイル
コスト:1 パワー:-800
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘を行うのがこのカードが置かれた場所であった時
        このカードが置かれた場所の自分の方に
        このカード以外のカードが置かれていなかった時
        次の戦闘に相手のモンスターが参加する時
        自分のチャージゾーンに存在する、
        コスト1以下のモンスターカードを1枚指定できた時
        指定したカードが裏だった時は
        表にして相手に確認させすぐ裏に返す、
        この効果で表にしたカードはコストで表にした扱いでは無く
        カードの効果の発動や召喚等を行えない
効果:発動条件で指定したカードをコスト0扱いで
   このカードが置かれた場所に召喚する
   この効果を使用したターンと次のターン、
   このカードのコストは4として扱われ、
   このカードの効果で召喚した後、自分のチャージゾーンが2枚以上の時
   このターン、このカードのパワーを-1200として扱う

 俺は続けて宣言する!!相殺の宣言は無い!!
 創造は歯噛みしたまま俺の宣言を聞く!!
 が、俺の宣言が終わった後、創造はすぐに表情を戻すと、右手を前に出し、
 「しかし、召喚したって所詮一時しのぎ!!
  パワーはこちらの方が上だ!!1番戦闘!!」
 「それはどうかな!!
  ジェイルカードに書かれた数値は、ジェイルが設置された場所と同じ相手のモンスターゾーンにいる戦闘を行うやつに適応される!!」
 「な、何だって!!」
 創造が目を見開いて驚き、うめく!!
 へっ!!いつも訳知り顔しやがって、ざまあみろだ!!
 しかし、創造はまたも表情を戻しつつ、右手を前に上げたまま、
 「だが、まだだ!!白き翼の戦士 ウィスソーダーの効果を発動!!
  黒き拳の闘士 クライフィストーのパワーを500下げる!!」
 いや、それを通すわけにはいかないぜ!!
 創造の宣言を聞き、俺の方も再度右手を前に出し、宣言し返す!!
 「俺は黒き拳の闘士 クライフィストーの効果を発動!!
  白き翼の戦士 ウィスソーダーの効果を相殺する!!」
 「くっ!!」
 創造が声を上げ、再度うめく!!
 そうだ!!白き翼の戦士 ウィスソーダーの効果は同じ場所に相手のモンスターがいないと発動しない!!
 チャージゾーンにあるカードも表側表示のみ!!
 これを相殺するなら戦闘前タイミングの手札から発動するカード、例えば、ハンドカードあたりが必要だが、あの感じだとそれも無いと見た!!
 「黒の原 ダゥアイグラスの効果で、
  黒き拳の闘士 クライフィストーを1番に召喚!!
  黒の原 ダゥアイグラスのパワーをこのターン、-1200として扱う!!」
 
名前:黒き拳の闘士 クライフィストー
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1000
 
 俺は続けて宣言する!!相殺の宣言は無い!!
 創造は歯噛みしたまま俺の宣言を聞く!!
 が、俺の宣言が終わった後、創造はすぐに表情を戻すと、右手を前に出し、
 「しかし、召喚したって所詮一時しのぎ!!
  パワーはこちらの方が上だ!!1番戦闘!!」
 「それはどうかな!!
  ジェイルカードに書かれた数値は、ジェイルが設置された場所と同じ相手のモンスターゾーンにいる戦闘を行うやつに適応される!!」
 「な、何だって!!」
 創造が目を見開いて驚き、うめく!!
 へっ!!いつも訳知り顔しやがって、ざまあみろだ!!
 「手は・・・ないか、くっ!!」
 創造が声を上げ、うめく!!
 よし!!あの様子だともう発動するカードは多分無いな!!
 なら、それじゃあそろそろ行くぜ!!
 右手に力を込めて前に上げ、宣言する!!
 「1番戦闘!!行け!!黒き拳の闘士 クライフィストー!!
  ダゥアイクライムフィスト!!」
 
白き翼の戦士 ウィスソーダー M コスト:1
パワー:1000+500-800 パワー合計:700

VS

黒き拳の闘士 クライフィストー M コスト:1
パワー:1000
 
 クライフィストーとウィスソーダーが黒い太陽の元、対峙する!!
 お互いに相手を見据えるクライフィストーとウィスソーダー、
 と、いきなりウィスソーダーが左手の盾をクライフィストーに向け、左手の盾から音の衝撃波をクライフィストーに向けて発射した!!
 が、クライフィストーも負けてはいない!!クライフィストーが口を大きく開けて吠え、ウィスソーダーの盾からの音の衝撃波を相殺した!!
 続けて、ウィスソーダーが背中の翼を羽ばたかせて空に飛んだ!!おもわずウィスソーダーの方をにらむクライフィストー!!
 ウィスソーダーは空から右手の剣を振りかざし、大上段からクライフィストーに斬りかかる!!
 対するクライフィストー、いきなり両手を握り、ウィスソーダーに向かって跳ぶ!!
 空中を跳びながらクライフィストーはその右手を前に突き出し、ウィスソーダーはその剣を振り下ろす!!拳と剣で、空中で、激突する両者!!
 クライフィストーは拳が剣がぶつかった衝撃で地に落ちていく!!対するウィスソーダーは上の方に浮き上がる!!
 大地に着地するクライフィストー、ふたたび足を縮め、さらに、足を伸ばして上に跳ぶ!!
 一方のウィスソーダーは空中でバランスを取り、再度右手の剣を空中からクライフィストーに向かって振り下ろす!!
 再び空中で激突する両者!!ウィスソーダーの剣とクライフィストーの右手が火花を散らす!!
 しかし、今度はクライフィストーが地に落ちることは無かった!!いつの間にかクライフィストーの左手がウィスソーダーの右足を掴んでいたのだ!!
 右足を振り、クライフィストーを振り落とそうとするウィスソーダー!!しかし、クライフィストーは振り落とされまいと左手に力を込める!!
 すると、クライフィストーがいきなり大口を開け、大声を上げた!!これにはウィスソーダーもうるさかったのか、いきなり右足を大きく振る!!
 と同時に、ウィスソーダーの高度も下がっていく!!クライフィストーの大声で注意力が散漫になっているんだ!!
 だが、ウィスソーダーも右足を振るだけではクライフィストーを振り落とせないと判断したのか、その右手の剣をクライフィストーに振り下ろす!!
 対して、クライフィストーも剣から身を守るためか、その右手の拳を握り、ウィスソーダーの剣に殴り掛かる!!三度空中で激突する剣と拳!!
 今度、弾かれたのはウィスソーダーの剣のみ!!クライフィストーはその右手を少し芯をずらしてぶつけることでウィスソーダーの剣を弾いたのだ!!
 クライフィストーは剣が弾いた次の瞬間、続けてウィスソーダーの右の翼を掴んだ!!
 ウィスソーダーがあわてて右手の剣を引き寄せ、クライフィストーに叩きつけようとする!!
 だが、遅い!!ウィスソーダーは剣を手元に引き寄せる前にバランスを崩した!!
 翼で空を飛ぶ奴がその翼を持たれたらどうなるか・・・
 ウィスソーダーはクライフィストーを道連れに落ちていく!!
 しかし、クライフィストーはいつの間にかウィスソーダーの右足から左手を離し、右手にウィスソーダーの翼を持ったまま地上に着地する!!
 すると、ウィスソーダーがその右足でクライフィストーの右手を蹴り飛ばした!!
 思わずウィスソーダーの右の翼を手放すクライフィストー!!
 ウィスソーダーは地に落ち着地するも、あわてて後ろに跳び、クライフィストーと距離を取る!!
 ウィスソーダーの右の翼は少し角度がおかしくなっている、あの翼の様子だと簡単には飛べ無くなっているに違いない!!
 俺と同じようにクライフィストーはウィスソーダーが飛べないと判断したのか、間髪入れずにウィスソーダーに殴り掛かっていく!!
 対するウィスソーダーは、左手の盾をクライフィストーに向け、向けた左手の盾から音の衝撃波をクライフィストーに向かって発射した!!
 この音の衝撃波を右に転がって回避するクライフィストー!!一方のウィスソーダーはさらにクライフィストーに左手の盾を向け続ける!!
 このままだと3発目の音の衝撃波が来る!!
 そう思った次の瞬間、クライフィストーが立ち上がりつつ前に跳び、渾身の右ストレートをウィスソーダーの左手の盾に炸裂させた!!
 左手の盾の音の衝撃波が周りに爆発するように広がり、その衝撃波とクライフィストーの右ストレートで後ろに吹っ飛ぶウィスソーダー!!
 広がった音の衝撃にクライフィストーは一瞬ひるみ吹き飛びながらも地上に着地しつつ踏ん張り、さらに、吹き飛んだウィスソーダーの方に踏み込み走りつつ、左の拳で下からにウィスソーダーに殴り掛かる!!
 対するウィスソーダーは不安定な姿勢ながらもクライフィストーに向かって右手の剣を振り下ろす!!
 互いに向かい合っていく拳と剣!!
 だが、そんな不安定な姿勢の剣で受け切れる拳じゃない!!
 クライフィストーの左の拳はウィスソーダーの剣を外側に弾き、そのままクライフィストーは素早く左の拳を引いて姿勢をかがめ下から伸び行く左アッパーを繰り出して、ウィスソーダーのあごにクリーンヒットさせた!!
 さらに、クライフィストーは間髪入れず右ストレートを繰り出して、ウィスソーダーの腹にぶち当てた!!
 ウィスソーダーはその拳の衝撃でそのまま空中に飛び、爆発!!光に返った!!
 さぁ、これで!!
 「ターンエンド!!」
 「ターンエンド!!」
 俺と創造は同時に宣言した!!
 と、創造が俺の方を目を細めてにらんできて、
 「まだだ、まだ1ターン目、次は挽回してみせる!!」
 「へ!!やれるもんならやってみな!!」
 1ターン目はとにかく、俺のリードだぜ!!
 創造の言葉に、売り文句に買い文句で答える!!
 「二人とも!!まだ始まったばかりだよ!!
  気合入れていこーよ!!」
 「ああっ!!」
 「おおっ!!」
 遠果の声を聴きつつこのターンは終了だ!!
 このまま攻めきってやるぜ!!
 
創造
デッキ:29枚 手札:4枚 ライフカード:5枚
チャージゾーン:1枚 トラッシュ:1枚
モンスターゾーン  
無し

VS

双我
デッキ:29枚 手札:4枚 ライフカード:5枚
チャージゾーン:1枚 トラッシュ:0枚
モンスターゾーン
黒き拳の闘士 クライフィストー M コスト:1 パワー:1000
 黒の原 ダゥアイグラス J コスト:1 パワー:-800
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Wカード CVSD 12話/4 バトル!!創造者VS破壊者 カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカード クリエイターVSデストロイヤー
12話 バトル!!創造者VS破壊者4

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 2ターン目!!気合入れていくぜ!!
 「リチャージ!!」
 「リチャージ!!」
 俺と創造は右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に返す!!
 そして、さらに俺は右手を前に出し、
 「ジェイル、黒の原 ダゥアイグラスの維持コスト支払い!!
  黒の原 ダゥアイグラスはコスト4になっているので維持コストを支払えない!!
  よって、黒の原 ダゥアイグラスをトラッシュに送る!!」
 
名前:黒の原 ダゥアイグラス
種類:J ジェイル
コスト:1 パワー:-800
 
 まわりの風景が元の校庭と校舎に戻る!!
 黒の原 ダゥアイグラス、維持出来なかったが、1ターン目であれだけ色々やってくれたんだ、
 とりあえずはこれでいいだろう、さぁ!!カードバトルを続けるぞ!!
 俺が右手で山札のカードを1枚引くと、創造の方も山札のカードを右手で1枚引いてきた!!
 「ドロー!!」
 「ドロー!!」
 俺が引いたカードはライフ・ロック・ショットだ!!
 だが、このカードは後回し!!このターンはチャージゾーンにカードを置いて、次のターンに頭刃の戦士 ライフブレイカーヘッドを召喚したい!!
 なら、置くべきはデモンウォーリアーズ バーストエナジーと黒き鱗の盾!!
 しかし、どちらを創造に見せ、どちらを隠したほうがいいか・・・
 ・・・よし!!こっちを隠し、こっちを見せよう!!
 1枚を闇の板中央少し左にある2番の場所に裏側で置き、もう一枚をチャージゾーンに裏側で置いて・・・
 「セット!!」
 「セット!!」
 俺は2番とチャージゾーンに、創造は1番とチャージゾーンにそれぞれ裏側でカードを追加し、宣言!!続けて、
 俺は2番に自分で置いたカードを、
 創造は1番に自分で置いたカードをそれぞれ右手で持ち、表にしながら・・・
 「オープン!!」
 「オープン!!」
 「デモンウォーリアーズ バーストエナジー!!」
 「設置!!白の荒原 クオリプラトー!!」
 同時に宣言するっ!!
 
名前:デモンウォーリアーズ バーストエナジー
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで600上げる
   次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:デモンウォーリアーズだった時
   さらに次の戦闘が行われるまでパワー1200上げる
カテゴリ1:デモンウォーリアーズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:叩きつけろ!!叩きつけろ!!叩きつけろ!!
     唸る叫びが、衝動が、意思が、破壊の力をさらに増幅させる!!

名前:白の荒原 クオリプラトー
種類:I インヴォーク
コスト:1 パワー:-1300
維持コスト支払いタイミング:リチャージ直後
効果前効果 白き流れの中で
       発動条件:発動タイミング:コストで表になった時を持つ
            チャージゾーンで裏側表示で存在する、
            リサイクルかスマッシュカードを
            発動タイミング:戦闘前として扱って、
            そのカードの発動条件を
            満たせるカードを1枚指定できた時
            相手のモンスターゾーンにいる、
            パワー0以下のモンスターを1体指定できた時
            この効果が相殺含め、
            さらに同名カード含めて1度も発動していない時
       コスト:0 発動後:このカードをトラッシュに送る
   効果前効果の発動条件で指定したモンスターをトラッシュに送り、
   効果前効果の発動条件で指定した
   リサイクルかスマッシュカードを発動させる
   次のターン、このカードがトラッシュに送られていても、
   このカードと同じ場所に置かれている
   相手のモンスターはこのカードと同じ分のパワー、パワーが上下する
効果の発動タイミング:無し 効果の発動条件:無し 効果:無し
カテゴリ1:荒原 カテゴリ2:流れ
テキスト:そこに吹く風は、果たして何を意味するのか
 
 俺は表にしたカードを右手に持ち、チャージゾーンに裏側表示で置く!!
 まわりにいきなり白い荒野が広がる!!
 そう思った次の瞬間、白い荒野の周りの大地が青空へと変わり、周りの大地が青空の上に浮かんでいるかのような風景に変わった!!
 「あれは、一体なんだ!?」
 俺は思わず声を上げてしまう、
 種類はインヴォークって書いてあるな、インヴォーク?そんなカード聞いたことが無いが・・・
 「教えてやろうか双我?」
 創造が右の口角を上げ、にやりと笑う!!
 「インヴォークは君が使ったジェイルと同じく設置するタイプのカードだ!!
  ジェイルと違って、パワーは同じ番号にいる相手と自分の戦闘を行う者、両方に適応されるけどね!!
  この先はまた後で教えてあげよう!!」
 相手と自分の両方にパワーが適応される?それってパワーを比べる戦闘じゃ、戦闘結果が変わらないってことか?設置して何の意味があるんだそれ・・・
 俺の疑問をよそに、創造は右手でチャージゾーンのカードを1枚表にし、
 表にしたカードを右手で持って2番に置きつつ、
 「僕は白の荒原 クオリプラトーのコストに煩き時刻の戦士 ワンタイムコールーを指定!!
  双我のトラッシュにある黒の原 ダゥアイグラスをコストに指定して、
  煩き時刻の戦士 ワンタイムコールーを2番に召喚だ!!」
 
名前:煩き時刻の戦士 ワンタイムコールー
種類:CM クリエイター
コスト:1 パワー:800
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターゾーンに
        カードが全く置かれていない場所が1つ以上存在する時
        自分のトラッシュにあるカテゴリ:エンジェルナイツを持つ
        コスト1以下の召喚条件の無いモンスターカード1枚を指定できた時
効果:発動条件で指定したモンスターカードをコスト0扱い、
   召喚条件無視でカードが全く置かれていない場所に召喚する
カテゴリ1:エンジェルナイツ カテゴリ2:うるさい!!
テキスト:現れた者からいきなり大きな音が響く!!
     すると、眠り薬を入れられて眠らされていた戦士たちが、
     次々と目覚めて立ち上がった!!
 
 宣言を終えた創造の左前に白い光が集まり、光の中から丸い大きな板を背負った白い鎧に全身を包んだ戦士が現れる!!
 その姿は大人よりも大きく、全身を包むのは、ところどころに黄色い縁が付いた白い鎧、
 さらにその白い鎧の両肩は半球上の銀で覆われ、その銀には左右それぞれに丸みを帯びた柄と丸い頭部で成り立つハンマーが一つずつ柄の部分が銀の半球にくっ付いている形で付いていて、
 背中の大きな丸い板には、時計のように1から12の数字が板を囲うようにローマ字で描かれ、
 大きな、時計の針のような物が2つ、長いものと短いものが白い鎧と板の間に入り、時刻を刻むように動いている!!
 
創造
モンスターゾーン  
無し
 白の荒原 クオリプラトー I コスト:1 パワー:-1000
煩き時刻の戦士 ワンタイムコールー CM コスト:1 パワー:800
チャージゾーン
裏:1表:0

双我
モンスターゾーン
黒き拳の闘士 クライフィストー M コスト:1 パワー:1000
チャージゾーン
裏:2表:1
 
 「前のターンは双我がジェイルカード」
 「このターンは創造がインヴォークカードを・・・」
 ん?なんだ、姉貴たちが俺達の方を見てなんか話してんな・・・
 「あの2種類はこの前、プロデューサーが教えてくれた・・・」
 「創造のインヴォークを持ってるって事は創造から話を聞いて知ってたけど、私達だって持ってないのに」
 うおぉおおお!!
 「え?」
 「え?」
 突如、俺の後ろの野球部と、創造の後ろのサッカー部の方から声が起こる!!
 「すげーぜ!!あれって前にディクラインとかいうのが使ってたやつだろ!!」
 「あっちはシーデネストってやつが使ってたやつだ!!」
 「でも、カード自体は違うな、どこから手に入れたんだ!?」
 「何でもいいや!!とにかくやれぇ!!」
 サッカー部と野球部の双方から様々な声が聞こえてくる!!
 「まずいな、これは・・・」
 ん?今度は姉貴たちのプロデューサーか、
 姉貴たちのプロデューサーはサッカー部と野球部の方を交互に見、
 「少しずつ人が増えてるな、誰かが呼んでるのか?
  このままだと二人の身が危ないが・・・」
 姉貴たちのプロデューサーが姉貴たちの身を案じる声を出す、
 なんだよ、めんどくせえ、
 「おい!!」
 「ねえ!!」
 「なんだ!!」
 俺と創造は期しくも同時に声を上げた、姉貴たちのプロデューサーが反応してくる、
 まったく、こいつと同時に反応するとは、しかし、恐らく考えてることは同じだろう、
 「ええと、」
 「えっと、」
 「何だ!!」
 ・・・またも同時に話し始めてしまった、姉貴たちのプロデューサーがいら立ち混じりに反応してくる、
 ええいめんどくさい!!どうしたら・・・
 と、遠果が時計回りに回って姉貴たちのプロデューサーの方を向き、
 「二人はカードバトルの邪魔になるならとっとと退避してほしい、
  って、言いたいんだよね?」
 「そうだ!!」
 「そうです!!」
 遠果が右の方からチラリと俺達を見て笑いかけてきた声に肯定する俺と創造、
 遠果はその後、すぐに時計回りに回って俺達の方に向き直る、
 いや、さすが遠果だぜ!!俺達の言いたいことをすぐに理解してくれる!!
 「プロデューサー!!」
 「プロデューサー!!」
 今度は姉貴達が後ろにいる自分たちのプロデューサーを呼び、内側から自分たちのプロデューサーの方を向く、
 すると、姉貴達のプロデューサーは姉貴達の方を見据え、
 「何だ?お前たちまで・・・」
 姉貴達は自分達のプロデューサーを真正面から見据えて、
 「私は弟達のカードバトル、出来る限り見守りたいと思います」
 「私も同意見です、決着がつくまで見守りたい・・・」
 「はぁ・・・」
 姉貴達のプロデューサーは一つため息をつくと、姉貴達をしっかりと見据え、
 「いいか、何かあったらすぐ退避させるからな」
 「はいっ!!プロデューサー!!」
 「ありがとうございます!!プロデューサー!!」
 姉貴達が内側から俺達の方に再度向き直り、
 「頑張れ双我!!見守ってるからな!!」
 「創造!!負けないでね!!」
 はんっ!!今も全力出してるに決まってるじゃねぇか!!
 んじゃ、そろそろカードバトルを先に進めるぜ!!
 力を込めて右手を前に出し、宣言する!!
 「1番戦闘!!行け!!黒き拳の闘士 クライフィストー!!
  クライムフィスト!!」
 
双輝 創造

攻撃

黒き拳の闘士 クライフィストー M コスト:1 パワー:1000
 
 クライフィストーが両の拳を握り、創造の方に向かって行く!!
 すると、創造の前に薄い光の板が出現した!!
 クライフィストーはその創造の前の薄い光の板を右手を振り下ろして破壊する!!
 次の瞬間、薄い光の板が崩壊して、あたりに衝撃波が発生した!!
 クライフィストーはその衝撃波に巻き込まれ、俺の方に戻ってくる!!
 一方、クライフィストーと同じように衝撃波に巻き込まれた創造の方はといえば、
 衝撃波を両手を顔の前に出し、右足を後ろに出した防御姿勢で耐え、
 衝撃波収まった後、右手で創造の前の光の板の一番左のライフカードを取り、取ったカードをチラリと見つつ左手の手札に加え、
 そのまま右手を前に出し、
 「僕は煩き時刻の戦士 ワンタイムコールーの効果を発動!!
  白き翼の戦士 ウィスソーダーを3番に召喚!!さらに!!」
 
名前:煩き時刻の戦士 ワンタイムコールー
種類:CM クリエイター
コスト:1 パワー:800
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターゾーンに
        カードが全く置かれていない場所が1つ以上存在する時
        自分のトラッシュにあるカテゴリ:エンジェルナイツを持つ
        コスト1以下の召喚条件の無いモンスターカード1枚を指定できた時
効果:発動条件で指定したモンスターカードをコスト0扱い、
   召喚条件無視でカードが全く置かれていない場所に召喚する

名前:白き翼の戦士 ウィスソーダー
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1000
 
 おいおい、まだなんか出してくる気か?
 ハンドカードか?他に発動できそうなカードといえばチャージゾーンにあるエンジェルナイツ セイントパワーがあるが、エンジェルナイツ セイントパワーは発動タイミングがコストで表になった時だし・・・
 等と考えている間にも創造は宣言を続ける!!
 「エンジェルナイツ セイントパワーの効果を発動!!
  白き翼の戦士 ウィスソーダーのパワーを500上げる!!」
 「何っ!!」
 
名前:エンジェルナイツ セイントパワー
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:コストで表になった時
効果の発動条件:自分のモンスターゾーンにいる
        カテゴリ:エンジェルナイツを持つモンスター1体を指定できた時
効果:発動条件で指定したモンスターのパワーをこのターン500上げる
 
 馬鹿な!!発動タイミングがコストで表になった時のカードは単独で発動できないはず!?
 「驚いたか!!」
 創造が俺を見据え、声を張り上げた!!
 「白の荒原 クオリプラトーの効果前効果 白き流れの中での効果で、
  発動タイミングがコストで表になった時のカードは
  発動タイミングが戦闘前に変更されている!!
  よって、エンジェルナイツ セイントパワーを発動出来る!!
  さらに、白の荒原 クオリプラトーの効果で黒き拳の闘士 クライフィストーをトラッシュに送ってもらう!!」
 
名前:白の荒原 クオリプラトー
種類:I インヴォーク
コスト:1 パワー:-1300
維持コスト支払いタイミング:リチャージ直後
効果前効果 白き流れの中で
       発動条件:発動タイミング:コストで表になった時を持つ
            チャージゾーンで裏側表示で存在する、
            リサイクルかスマッシュカードを
            発動タイミング:戦闘前として扱って、
            そのカードの発動条件を
            満たせるカードを1枚指定できた時
            相手のモンスターゾーンにいる、
            パワー0以下のモンスターを1体指定できた時
            この効果が相殺含め、
            さらに同名カード含めて1度も発動していない時
       コスト:0 発動後:このカードをトラッシュに送る
   効果前効果の発動条件で指定したモンスターをトラッシュに送り、
   効果前効果の発動条件で指定した
   リサイクルかスマッシュカードを発動させる
   次のターン、このカードがトラッシュに送られていても、
   このカードと同じ場所に置かれている
   相手のモンスターはこのカードと同じ分のパワー、パワーが上下する
 
 な!!あのインヴォークにそんな効果が!!
 だが、俺の方に白の荒原 クオリプラトーの効果を相殺する手は無い!!
 俺が黙っていると、創造が右手を前に出し、
 「さぁ!!発動できるカードが無いなら先に行くぞ!!
  2番戦闘!!行け!!煩き時刻の戦士 ワンタイムコールー!!
  クオリコールラッシュ!!」
 
煩き時刻の戦士 ワンタイムコールー CM コスト:1 パワー:800

攻撃

破壊 双我
 
 ワンタイムコールーが両肩の銀の半球に銀の半球に付いたハンマーを両手で持って動かして両肩の銀の半球に叩きつけ、けたたましい音を上げた!!
 すると、上から光が降ってきて、その光が地上に着弾、辺りに衝撃を発する!!と、その光から、さっき爆発して光に返ったはずのウィスソーダーが仰向きで腹に両手を上げた状態で現れた!!
 さらに、着弾した光の衝撃で地面がひび割れていき、そのひび割れがクライフィストーの方に向かって行く!!
 ガコッ!!
 次の瞬間、クライフィストーの真下のひび割れが開き、クライフィストーが落ちていき、しまいには見えなくなってしまった!!
 おいおい、マジかよ・・・
 俺があきれる中、いきなりワンタイムコールーが俺の方に走ってきた!!
 ワンタイムコールーが来るのに気付き、あわててワンタイムコールーの方を見ると、俺とワンタイムコールーを遮るように薄い闇の板が出現する!!
 ワンタイムコールーは薄い闇の板の前まで来ると、いきなり両肩の銀の半球に銀の半球に付いたハンマーを両手で持って動かして叩きつけ、またけたたましい音を上げる!!
 と、音が発生した途端、薄い闇の壁が徐々にひび割れていく!!
 そして、薄い闇の壁にひびがある程度行きわたると、ワンタイムコールーは両肩の銀の半球に銀の半球に付いたハンマーを叩きつけるのをやめて銀の半球から両手をそれぞれ離し、
 その右手を握って振り上げると、その右の拳をひび割れた薄い闇の壁に向かって叩きつけ、貫通させた!!
 薄い闇の壁が貫通した部分から崩壊し、辺りに衝撃波をまき散らす!!
 衝撃波に巻き込まれたワンタイムコールーが衝撃波に吹っ飛ばされていく!!
 こっちも衝撃波がくるぜ!!
 ぐっ!!
 軽く右手を顔の前に持ってきた防御姿勢を取ったが、衝撃波に巻き込まれて軽くうめいちまったぜ、
 だが、うめいちまったが、続けてうめいてる暇はない!!衝撃波が収まった!!
 衝撃波が収まった後、右手で自分の闇の板の方の一番右のライフカードを取る!!
 出てきたのは・・・破壊の世界にすさぶ戦壊の風!!
 このカードがどう出るかわからないが・・・
 俺は右手に持つカードを左手の手札に加える、
 と、創造が右手を前に出し、
 「3番戦闘・・・」
 おおっと、そうはいかないぜ!!
 創造が戦闘の宣言をしようとしてるところを即座に察し、
 右手でチャージゾーンのカードを1枚表にしつつ宣言する!!
 「俺は黒き鱗の盾を発動!!
  3番戦闘をスキップするぜ!!」
 
名前:黒き鱗の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘をおこなう相手モンスターがコスト1の時
効果:この効果を発動後、戦闘前終了時、
   戦闘をスキップして戦闘後に移行する
   相手のモンスターのパワーが0以下の時は相手モンスターを相手の手札に戻す
   相手のモンスターのパワーが3000以上の時は
   効果の発動後、このカードをトラッシュに送る
 
 「くそっ!!」
 創造の声が響く!!これなら、相殺はなさそうだ!!
 
白き翼の戦士 ウィスソーダー M コスト:1
パワー:1000+500 パワー合計:1500

スキップ

黒き鱗の盾
 
 ウィスソーダーが俺の方に飛んでくる!!
 すると、突然、俺の前に黒い鱗の付いた盾が現れた!!
 少し縦にグニャっと曲がった長方形の木の板の、その木の板の表面に黒い鱗がびっしりと付き、
 裏面に木の取っ手が付いた盾だ!!
 その盾がウィスソーダーの方に飛んで行き、ウィスソーダーの前に立ちはだかった!!
 ウィスソーダーはその黒き鱗の盾に向かって右手の剣を振り上げ、振り下ろす!!
 ガキッ!!
 だが、その剣を黒き鱗の盾はものの見事に受け止めた!!
 ウィスソーダーがさらに右手の剣を振り上げ、
 ガキッ!!ガキッ!!ガキッ!!
 続けざまに剣を振り下ろすがすべて受け止められてしまう!!
 さらに、ウィスソーダーは剣を一度引き、思い切り剣で盾を突く!!、が!!
 ガッ!!
 ものの見事に黒き鱗の盾はウィスソーダーの剣を左に受け流した!!
 が、ウィスソーダーはあきらめず、今度は思い切り剣を左に振りかぶり、黒き鱗の盾を思い切り左から斬りつけた!!
 ガギッ!!
 この剣もものの見事に受け止める黒き鱗の盾!!
 だが、今度はウィスソーダーは自らの左手の盾を黒き鱗の盾に向け、左手の盾から音の衝撃波を発射した!!
 しかし、黒き鱗の盾は剣を受け止めた状態であるにもかかわらず、この音の衝撃波にも吹き飛ばされずに耐えた!!
 これにはさすがのウィスソーダーもあきらめたのか、右方向に後ろを向き、創造の方に戻っていく!!
 途中でチラチラ未練がましく黒き鱗の盾の方を見るが少しも動こうとしない黒き鱗の盾を見て、しぶしぶ創造の方に戻っていった、
 と、ウィスソーダーが創造の方に戻っていくと、黒き鱗の盾も俺の方に戻ってきた、
 よし!!何とかダメージを一つ減らしたぜ!!
 わぁああああ!!
 この攻防に反応してか、まわりから大きな歓声が上がる!!
 「ターンエンド!!」
 「ターンエンド!!」
 期しくもまたも同時に宣言する俺と創造!!
 「二人とも!!いつダメージ受けただけでへこたれてないよね!!」
 「当然!!」
 「当然だ!!」
 へっ!!これぐらいでへこたれてるようじゃ、カードバトルはやれねぇや!!
 遠果の声に俺と創造は同時に応える!!
 2ターン目はこれで終了だぜ!!
 お互いにダメージ1、
 モンスターゾーンはあっちが有利だが、チャージゾーンの数はこっちが上だ!!
 次のターン、頭刃の戦士 ライフブレイカーヘッドで一気に攻め込んでやる!!
 
創造
デッキ:28枚 手札:4枚 ライフカード:4枚
チャージゾーン:1枚 トラッシュ:0枚
モンスターゾーン  
無し
 白の荒原 クオリプラトー I コスト:1 パワー:-1000
煩き時刻の戦士 ワンタイムコールー CM コスト:1 パワー:800
白き翼の戦士 ウィスソーダー M コスト:1 パワー:1000

VS

双我
デッキ:28枚 手札:4枚 ライフカード:4枚
チャージゾーン:3枚 トラッシュ:1枚
モンスターゾーン
無し
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Wカード CVSD 12話/5 バトル!!創造者VS破壊者 カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカード クリエイターVSデストロイヤー
12話 バトル!!創造者VS破壊者5

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 3ターン目、一気に攻めるぜ!!
 「リチャージ!!」
 「リチャージ!!」
 俺と創造はチャージゾーンの表側表示のカードを右手で裏にし、
 「ドロー!!」
 「ドロー!!」
 さらに、俺と創造は右手で山札から1枚カードを引く!!
 俺が引いたのは、戒黒地形隆起!!
 防御系のカードだが、コストが低いからな、盾代わりに入れておくぜ!!
 引いたばかりの戒黒地形隆起!!をチャージゾーンに置き、
 続けて、左手の手札から右手で頭刃の戦士 ライフブレイカーヘッドのカードを引いて1番に裏側で置く!!
 創造の方も1番とチャージゾーンに裏側でカードを置き、
 「セット!!」
 「セット!!」
 俺と創造はカード置き終え宣言!!続けて、1番に裏側で置いたカードを右手で持ち、表に返す!!
 「オープン!!」
 「オープン!!」
 「召喚!!コンドルフィティーニ!!」
 「来いよぉ!!命削りし頭刃の戦士!!ライフブレイカーヘッド!!」
 
名前:コンドルフィティーニ
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1600
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
        相手のモンスターゾーンにいる次の戦闘に参加しない、
        コスト1以下のモンスターを、
        2体指定できた時
効果:指定した相手のモンスターの1体を選択し、
   相手の手札に戻す
カテゴリ1:コンドル カテゴリ2:吹き飛ばす!!
テキスト:その翼で二体の獲物を一度に強風を撃ちだし、
     油断した一体を狙って一気に吹き飛ばす!!

名前:頭刃の戦士 ライフブレイカーヘッド
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2800
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このモンスターが戦闘で相手モンスターに勝利した時
        相手のライフカードが1枚以上ある時
効果:相手のライフカード1枚を相手の手札に加えさせる
カテゴリ1:デモンウォーリアーズ カテゴリ2:ブレイカー
テキスト:その黒き刃で相手の命を削り取る恐れられる戦士
 
 俺の前に黒い戦士が現れる!!
 筋肉質な漆黒の肉体を持ち、頭の上には上に伸びる黒い角があり、左肩や右足は硬質化していて、
 その赤い両眼が正面をにらみ、眼光を放つ!!
 創造の前に白い大きな鳥が現れた!!
 複数の大きな羽で構成された両翼を持ち、その瞳は白く鋭く、黄色く短めで少し下に曲がったくちばしがあり、
 白い硬質の頭を持ち、体の後ろの方には大きな三角の尾羽があり、その足には三本の指の付いていて、さらにそれぞれの指には鋭い爪があり、両翼の中部には茶色いラインが入っている、
 こっちはコスト3!!あっちはコスト2のモンスターだ!!
 俺は右手でチャージゾーンから3枚のカードを、
 創造は右手でチャージゾーンから2枚のカードをそれぞれ前に出す!!
 「さぁ表にするぜ!!そのカードでいいな!!」
 「ああ!!」
 創造もコストの見せ合いに使うカードを前に出したようだぜ!!
 俺と創造はそれぞれ前に出したカードを右手で表にしていく!!
 まずは、俺が表にしたカード!!
 
名前:デモンウォーリアーズ バーストエナジー
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:黒き鱗の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:黒の原 ダゥアイグラス
種類:J ジェイル
コスト:1 パワー:-800
 
 続けて、創造が表にしたカード!!
 
名前:エンジェルナイツ セイントパワー
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:コストで表になった時

名前:試練の前の聖なる風
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで次の戦闘が行われる場所に今召喚されている
   相手のモンスターのパワーを600下げる
   次の戦闘に自分のモンスターが参加した時
   次に戦闘を行う自分のモンスターが
   カテゴリ:エンジェルナイツを持っていた時
   次の戦闘に参加する自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで300アップする
カテゴリ1:エンジェルナイツ カテゴリ2:スピリット
テキスト:試練に向おうとする者たちに風が吹き付けられた!!
 
 お互いに発動できるカードは1枚ずつ!!
 この場合、どちらもカードは発動しない!!
 
創造
モンスターゾーン  
コンドルフィティーニ M コスト:2 パワー:1600
煩き時刻の戦士 ワンタイムコールー CM コスト:1 パワー:800
白き翼の戦士 ウィスソーダー M コスト:1 パワー:1000
チャージゾーン
裏:0表:2

双我
モンスターゾーン
頭刃の戦士 ライフブレイカーヘッド M コスト:3 パワー:2800
チャージゾーン
裏:1表:3
 
 さぁ、このまま1番戦闘だ!!
 「1番戦闘」
 「おっと!!待ってもらおうか!!」
 創造が右手を開いて前に出して待ったをかけてきた!!
 一体なんだ、創造のモンスターゾーンやチャージゾーンには発動できるカードは無いはずだが・・・
 それとも、ハンドカードでも使うのか?
 創造は右手を下げ、
 「白の荒原 クオリプラトーの効果はまだ続いている!!
  よって、頭刃の戦士 ライフブレイカーヘッドのパワーは1300下がる!!」
 「な、何!!馬鹿な!!インヴォークのパワーは両方に適応されるんじゃ・・・」
 「そう言うカードもあるってっことさ!!
  さぁ!!1番戦闘だ!!」
 ちくしょう、俺に打つ手は、無い!!
 創造が右手を振り上げる!!
 「1番戦闘!!行け!!コンドルフィティーニ!!
  フィティーニクオリアタック!!」
 
コンドルフィティーニ M コスト:2
パワー:1600

VS

頭刃の戦士 ライフブレイカーヘッド M コスト:3
パワー:2800-1300 パワー合計:1500
 
 コンドルフィティーニが空に飛び、ライフブレイカーヘッドに向かって行く!!
 ライフブレイカーヘッドもコンドルフィティーニに対峙していく!!
 コンドルフィティーニは空中からその両足をライフブレイカーヘッドに振り下ろす!!
 ライフブレイカーヘッドはその両足を右に移動して避けつつ頭の角をコンドルフィティーニに向かって振り上げた!!
 コンドルフィティーニは両翼を動かして上に飛びこの角を回避する!!
 再び地上と空中に分かれ、対峙するライフブレイカーヘッドとコンドルフィティーニ!!
 と、ライフブレイカーヘッドが地上からコンドルフィティーニの方に向かって跳躍し、頭の角を振り上げた!!
 が、コンドルフィティーニはこの角を今度は右にひょいっと避ける!!
 ライフブレイカーヘッドが攻撃を避けられ、地上に落ちていく、
 この隙をつき、コンドルフィティーニがライフブレイカーヘッドに狙いを定めて一気にライフブレイカーヘッドの後頭部に向かって飛ぶ!!
 コンドルフィティーニはそのまま両足を下に出してライフブレイカーヘッドの後頭部に襲い掛かる!!
 ガッ!!
 しかし、コンドルフィティーニはライフブレイカーヘッドの後頭部に攻撃する前にライフブレイカーヘッドがいきなり後ろに回した右手に胴を掴まれた!!
 そのままライフブレイカーヘッドはコンドルフィティーニを掴んだ右手を勢いよく前に出し、地上に向けて叩き落とす!!
 ドガッ!!
 コンドルフィティーニは地上に叩き落されて転がった!!
 転がった勢いで気絶してしまったのか、目を閉じ、全く動かない!!
 ドシィ!!
 さらに、ライフブレイカーヘッドは地上に着地、続けて、コンドルフィティーニの方に向かって走り、
 ガッ、ドカッ!!
 何かに右足を取られてずっこける!!あれは、前のターンでクライフィストーを宙に落とした割れ目の一部か!?
 そう、いつの間にか、ライフブレイカーヘッドの右足が、割れ目にズッポリはまってしまっているっ!?
 ライフブレイカーヘッドは必死に右足を割れ目から外そうとあがくが、右足は全く割れ目から外れない!!
 そうこうしているうちにコンドルフィティーニが目を開き、両翼を地に付け頭を上げる!!
 そして、両翼を羽ばたかせ、颯爽と空に飛び立つと、足を取られて必死にあがくライフブレイカーヘッドの方を見た!!
 ライフブレイカーヘッドの方を見たコンドルフィティーニは、しばらく上空を旋回しながらライフブレイカーヘッドの様子を見続けると、
 突如、遠くの方まで飛んで行ってUターンし、徐々に徐々にスピードを上げてライフブレイカーヘッドの方に戻ってきて、ついにはとんでもないスピードでライフブレイカーヘッドの方に飛んできた!!
 あわてて右足を割れ目から外そうと右足を動かすライフブレイカーヘッド、しかし、全く外れない!!
 コンドルフィティーニがライフブレイカーヘッドの真後ろまで飛んで来る!!
 ズガッ!!
 コンドルフィティーニの体がライフブレイカーヘッドを貫通した!!
 あわれ、ライフブレイカーヘッドはそのまま前に倒れこみ爆発!!闇に返った!!
 うぉおおおおおお!!!
 まわりから大きな歓声が上がった!!
 さらに、創造が右手を一度下げた後再度上げ、
 「2番戦闘!!行け!!煩き時刻の戦士 ワンタイムコールー!!
  コールラッシュ!!」
 宣言してきた!!
 
煩き時刻の戦士 ワンタイムコールー CM コスト:1 パワー:800

攻撃

破壊 双我
 
 ワンタイムコールーが俺の方に走ってくる、すると、俺の前に薄い闇の壁が現れる!!
 ワンタイムコールーは俺の前の薄い闇の壁の所まで走ってくると、薄い闇の壁の前にで立ち止まり、
 いきなり両肩の銀の半球に付いたハンマーを両手で動かしてけたたましい音を発生させる!!
 と、その音によってなのか、俺の前の薄い闇の壁がひびだらけになった!!
 さらに、ワンタイムコールーは銀の半球に付いたハンマーを動かすのをやめると、
 右手を握って拳とし、その右の拳を思い切り振りかぶって、右の拳をひび割れた薄い闇の壁に叩きつけ、貫通させた!!
 しかし、ワンタイムコールーの拳が貫通した薄い闇の壁が衝撃波を発生させつつ崩壊する!!
 ワンタイムコールーはこの衝撃波に巻き込まれ、創造の方にまですっ飛ばされて行く!!
 さぁ、こっちにも衝撃波がくるぜ!!
 右手を軽く顔の前に出した防御姿勢で衝撃波に耐え、
 衝撃波が収まった後、元は右から2番目にあった、今は一番右にあるライフカードを取る!!
 出てきたのは影鎧狼 シャドーアーマーウルフ!!
 とりあえず、手札に加えておくか!!
 うぉおおおお!!
 白熱してきたせいか、薄い闇の壁が破壊された衝撃でも、まわりから歓声が上がる!!
 「続けて、3番戦闘だ!!」
 歓声に紛れ、創造が宣言してきた!!
 おっと、このターンもそうはいかないぜ!!
 俺は右手でチャージゾーンのカードを1枚表にしつつ宣言する!!
 「俺は戒黒地形隆起!!を発動!!
  黒の原 ダゥアイグラスを指定し、
  白き翼の戦士 ウィスソーダーを手札に戻してもらうぜ!!」
 「ぐっ!!」
 これで3番戦闘は無くなったはず!!
 
名前:戒黒地形隆起!!
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のチャージゾーンに表側表示で存在する、
        ((次の戦闘に参加する
          相手のモンスターのカードに書かれたパワー)
        ÷1000)以上の数値の
        コストを持つジェイルカード1枚を選択できた時
        次の戦闘を行う自分のモンスターゾーンに
        何のカードも置かれていない時
        相手の何のカードも置かれていない場所より、
        自分の何のカードも置かれていない場所が多かった時
        このカードの効果でライフカードを置いていなかった時
効果:次の戦闘に参加する相手のモンスターを
   相手のデッキに戻してシャッフルし、デッキの上8枚を見る、
   デッキの枚数が足りない時は相手はデッキ全てを見る、
   その後、相手は見たカードの中の1枚を手札にし、
   残ったカードを好きな順番でデッキの下に置く
   前の戦闘で自分がライフカードを取っていた時、
   ランダムでライフカードを1枚、自分の手札から置く
   次にライフカードにダメージを受けた時は、
   この効果で置いたカードから取らねばならない
   次のターンの終了時、ライフカードからトラッシュに送られる
カテゴリ1:地形 カテゴリ2:ドン!!
テキスト:大きな音がなり、いきなり地形が変わる!!
     その後、飛んで行った奴を探し始める!!
 
白き翼の戦士 ウィスソーダー M コスト:1 パワー:1000

無し

戒黒地形隆起!!
 
 創造がうめいた後、ウィスソーダーが空を飛び、俺の斜め上の方にまで飛んでくる、
 が、突如、地面が盛り上がり、盛り上がった地面がウィスソーダーにぶつかり、ウィスソーダーがどこかに飛んで行った!!
 その後、創造のデッキがひとりでにシャッフルされて上から8枚が創造の前に横並びになり、
 創造がその中の1枚を右手で取って左手の手札に加えると、
 残った7枚がデッキに戻り、デッキがシャッフルされた!!
 さらに、いきなり下から小石が俺の方に飛んできて、俺の手札の一枚のカードを弾き飛ばすと、その弾き飛ばされたカードが、並べられたライフカードの、元は左から4番目で、今の一番右のライフカードのさらに右の方まで飛んで行って、俺のライフカードとして並べられた!!
 ライフカードに行ったのは、ライフ・ロック・ショット!!
 ・・・ええっとぉ、これでこのターンは終わりか?
 じゃあ、うん、よし、
 「タ・・・ターンエンド!!」
 「タ・・・ターンエンド!!」
 俺の宣言に続き、創造が宣言する、
 「さぁ!!呆然としてないで先にすすめよう!!」
 ・・・そうだよな、唖然とする展開もあるのがカードバトルだもんな!!
 「おぅ!!」
 「あぁ!!」
 遠果の声に同時に応える俺と創造!!
 とにかく、3ターン目はこれで終了!!
 頭刃の戦士 ライフブレイカーヘッドは失ったが、まだ負けたわけじゃない!!
 次のターンは必ず挽回してやる!!
 
創造
デッキ:27枚 手札:3枚 ライフカード:4枚
チャージゾーン:2枚 トラッシュ:1枚
モンスターゾーン  
コンドルフィティーニ M コスト:2 パワー:1600
煩き時刻の戦士 ワンタイムコールー CM コスト:1 パワー:800

VS

双我
デッキ:27枚 手札:3枚 ライフカード:3枚
チャージゾーン:4枚 トラッシュ:2枚
モンスターゾーン
無し
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Wカード CVSD 12話/6 バトル!!創造者VS破壊者 カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカード クリエイターVSデストロイヤー
12話 バトル!!創造者VS破壊者6

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 4ターン目、このまま負けてたまるかよ!!
 「リチャージ!!」
 「リチャージ!!」
 俺と創造は右手でチャージゾーンの表側表示のカードを全て裏に返し、
 「ドロー!!」
 「ドロー!!」
 さらに、俺と創造は右手でそれぞれの山札からカードを1枚引く!!
 俺が引いたのは・・・闇夜にすさぶ破壊の風!!
 さて、この状況、どうするか!?
 モンスターカードはモンスターゾーンとチャージゾーン合わせ、手札に1枚、影鎧狼 シャドーアーマーウルフがあるのみ、
 確実に召喚できるオープンで召喚するか、それとも、闇夜にすさぶ破壊の風に賭けるか?
 ここは・・・闇夜にすさぶ破壊の風からのコスト召喚に賭ける!!
 幸い、創造の方に闇夜にすさぶ破壊の風を相殺できそうな状況にはないと見たっ!!
 右手に持つ闇夜にすさぶ破壊の風を1番の場所に裏側で置き、
 続けて、左手の手札から影鎧狼 シャドーアーマーウルフを右手で引き、チャージゾーンに裏側で置いて、
 「セット!!」
 「セット!!」
 俺と創造は宣言する!!
 創造の方は創造の光の板、3番とチャージゾーンにカードが裏側で追加されているな!!
 さらに、俺は1番に、創造は3番に裏側で置いたカードを右手で持って表にする!!
 「オープン!!」
 「オープン!!」
 「闇夜にすさぶ破壊の風ッ!!」
 「出でよ!!命削りし威き刃の戦士!!ライフブレイカーヘッダー!!」
 
名前:闇夜にすさぶ破壊の風
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで次の戦闘が行われる場所に今召喚されている
   相手のモンスターのパワーを500下げる
   次の戦闘に自分のモンスターが参加した時
   次に戦闘を行う自分のモンスターが
   カテゴリ:デモンウォーリアーズを持っていた時
   相手のモンスターのパワーがパワーを下げた後、0以下だった時は
   次の戦闘が行われる場所に今召喚されている
   相手のモンスターをトラッシュに送る
カテゴリ1:デモンウォーリアーズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:闇夜を進むものたちに無慈悲な風が吹き付けた

名前:威き刃の戦士 ライフブレイカーヘッダー
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2800
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このモンスターが戦闘で相手モンスターに勝利した時
        相手のライフカードが1枚以上ある時
効果:相手のライフカード1枚を相手の手札に加えさせる
カテゴリ1:エンジェルナイツ カテゴリ2:ブレイカー
テキスト:その黄き角で相手の命を削り取る恐るべき戦士
 
 俺は表にした闇夜にすさぶ破壊の風のカードを右手に取り、チャージゾーンに裏側表示で置く!!
 創造の前に黄色い刃を兜の上に伸ばした戦士が現れた!!
 全身を黄色いふちを持つ白い鎧に包み、フルフェイスの兜の前頭部分についたヘッドフェイスの上には黄色い刃が伸び、
 その白い鎧の左胸には何やらレンズの様な物が付き、そのレンズのような物から右胸の方に向かって黒い溝が走り、その溝の先には赤い点が点灯していた!!
 やっぱり出てきたな、威き刃の戦士 ライフブレイカーヘッダー!!
 おっし、誰に攻撃を仕掛けるか、決まったな!!
 創造がチャージゾーンのカードを右手で3枚表にする!!
 「僕は威き刃の戦士 ライフブレイカーヘッダーのコストに、
  エンジェルナイツ セイントパワー、試練の前の聖なる風、白木の盾の3枚を指定!!
  さらに、エンジェルナイツ セイントパワーの効果を発動!!
  威き刃の戦士 ライフブレイカーヘッダーのパワーを500上げる!!」
 
名前:試練の前の聖なる風
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:白木の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘をおこなう相手モンスターがコスト0の時
効果:次の戦闘をスキップする
   相手のモンスターのパワーが0以下の時は相手モンスターを相手の手札に戻す
   相手のモンスターのパワーが2800以上の時は
   効果の発動後、このカードをトラッシュに送る
カテゴリ1:ウッド カテゴリ2:シールド
テキスト:頑丈な白い木で作られた盾、頑丈だがやっぱり木だ

名前:エンジェルナイツ セイントパワー
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:コストで表になった時
効果の発動条件:自分のモンスターゾーンにいる
        カテゴリ:エンジェルナイツを持つモンスター1体を指定できた時
効果:発動条件で指定したモンスターのパワーをこのターン500上げる
 
 創造の宣言の後、ライフブレイカーヘッダーの上から光が降ってきて、
 ライフブレイカーヘッダーの頭の角に光が宿った!!
 
創造
モンスターゾーン  
コンドルフィティーニ M コスト:2 パワー:1600
煩き時刻の戦士 ワンタイムコールー CM コスト:1 パワー:800
威き刃の戦士 ライフブレイカーヘッダー M コスト:3 パワー:2800
チャージゾーン
裏:0表:3

双我
モンスターゾーン
無し
チャージゾーン
裏:6表:0
 
 さぁ、まずは一撃、喰らってやる!!
 創造が右手を前に出す!!
 「1番戦闘!!行け!!コンドルフィティーニ!!
  フィティーニエア!!」
 
コンドルフィティーニ M コスト:2 パワー:1600

攻撃

破壊 双我
 
 コンドルフィティーニが空に飛ぶ!!
 そして、上の方から、俺の方に向かって飛んできた!!
 と、俺の斜め前に薄い闇の壁が現れる!!
 コンドルフィティーニは俺の斜め前の薄い闇の壁の所まで飛んで行くと、
 その両足の爪で薄い闇の壁をひっかいた後、一度上空に飛び、斜め上の方に飛んで行くと、
 Uターンして一気に加速し、薄い闇の壁に真正面から突っ込んでいく!!
 そして、そのハイスピードで薄い闇の板くちばしをぶつけ薄い闇の壁をひびだらけにする!!
 ここで薄い闇の壁が崩壊、周りに衝撃波を発生させた!!
 コンドルフィティーニはこの衝撃波に巻き込まれて吹き飛ばされ、両翼で何とかバランスを取りつつ創造の前まで吹き飛ばされていく!!
 さぁ、衝撃波がこっちにも来るぜ!!
 向かい来た衝撃波を右手を軽く顔の前に出した防御姿勢で受け、
 衝撃波が収まった後、右手で元は右から2番目の、今は一番右でさっき置かれたライフカードを取り、
 出てきたライフ・ロック・ショットを左手の手札に加える!!
 さぁ!!2撃目だ!!
 わぁあああああああああ!!
 観客たちが叫ぶ中、創造が一度右手を下げ、再び右手を振り上げる!!
 「2番戦闘!!行け!!煩き時刻の戦士 ワンタイムコールー!!
  コールラッシュ!!」
 
煩き時刻の戦士 ワンタイムコールー CM コスト:1 パワー:800

攻撃

破壊 双我
 
 創造の宣言の後、ワンタイムコールーが俺の方に走ってきた!!
 と同時に、俺の前に薄い闇の壁が現れる!!
 ワンタイムコールーは薄い闇の壁の前まで来ると、その両手で両肩の半球状の銀を半球状の銀に付いたハンマーを打ち鳴らしけたたましい音を上げる!!
 すると、その音を受けた薄い闇の壁が一気にひび割れた!!
 さらに、ワンタイムコールーは両手をハンマーから離して音を出すのをやめると、その右手を握って振り上げ、ひび割れた薄い闇の壁に向かって叩きつけた!!
 薄い闇の壁を貫通するワンタイムコールーの右腕!!
 だが、貫通した瞬間、薄い闇の壁が崩壊し、あたりに衝撃波をまき散らした!!
 衝撃波に巻き込まれ、創造の方に吹っ飛んで行くワンタイムコールー!!
 また衝撃波が、来る!!
 薄い闇の壁から出た衝撃波を右手を軽く顔の前に出して耐え、
 衝撃波が収まった後、右手で元は左から2番目あった、今は一番右にあるライフカードを取る!!
 出てきたのは要塞ダ・パーデルワームの門璧!!
 さて、このカードがどう出るんだ?
 だが、このカードの出番より先に、やることがある!!
 うおぉおおお!!
 辺りに歓声が響く中、右手に持つ要塞ダ・パーデルワームの門璧!!のカードを左手の手札に加え、
 右手でチャージゾーンのカードを1枚表にする!!
 「俺は闇夜にすさぶ破壊の風の効果を発動!!
  創造、相殺は!?」
 創造が顔をゆがませながら目を細めてにら
 「・・・無い!!」
 
名前:闇夜にすさぶ破壊の風
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで次の戦闘が行われる場所に今召喚されている
   相手のモンスターのパワーを500下げる
   次の戦闘に自分のモンスターが参加した時
   次に戦闘を行う自分のモンスターが
   カテゴリ:デモンウォーリアーズを持っていた時
   相手のモンスターのパワーがパワーを下げた後、0以下だった時は
   次の戦闘が行われる場所に今召喚されている
   相手のモンスターをトラッシュに送る
 
 よし!!
 俺の宣言に、創造がにらみ、返して来たのを聞き、
 続けて、右手でチャージゾーンのカードを2枚表にする!!
 「俺は闇夜にすさぶ破壊の風のコストに
  黒の原 ダゥアイグラスを指定!!
  さらに、黒の原 ダゥアイグラスを3番に設置!!
  コストには影鎧狼 シャドーアーマーウルフを指定するぜ!!」
 
名前:黒の原 ダゥアイグラス
種類:J ジェイル
コスト:1 パワー:-800
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘を行うのがこのカードが置かれた場所であった時
        このカードが置かれた場所の自分の方に
        このカード以外のカードが置かれていなかった時
        次の戦闘に相手のモンスターが参加する時
        自分のチャージゾーンに存在する、
        コスト1以下のモンスターカードを1枚指定できた時
        指定したカードが裏だった時は
        表にして相手に確認させすぐ裏に返す、
        この効果で表にしたカードはコストで表にした扱いでは無く
        カードの効果の発動や召喚等を行えない
効果:発動条件で指定したカードをコスト0扱いで
   このカードが置かれた場所に召喚する
   このターン、このカードのパワーを-1200として扱う
   この効果を使用したターンと次のターン、
   このカードのコストは4として扱われる

名前:影鎧狼 シャドーアーマーウルフ
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1100
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターゾーンにカードが全くおかれていない場所が
        一つ以上存在している時
        自分の手札にカテゴリ:ウルフを持つ
        モンスターカードが1枚以上存在している時
        自分の手札にあるカテゴリ:ウルフを持つ
        モンスターカードを1枚相手に見せた時
        相手に見せたカテゴリ:ウルフを持つモンスターカードの
        (召喚コスト分+1枚)分、チャージゾーンのカードが
        裏側表示で存在している時
効果:相手に見せたカテゴリ:ウルフを持つモンスターカードを、
   コストを+1してコストを支払って
   自分の空いているモンスターゾーンに召喚する
カテゴリ1:ウルフ カテゴリ2:影
テキスト:黒い鎧と赤い目を持つ狼、夜の間獲物を追い回す、
     鎧によって攻撃能力と防御能力が向上したが、
     仲間を呼ぶ際に声を出しにくくなってしまった

 創造は黙ったままだ!!
 このまま、一気にたたみこむ!!
 「まだ行くぜ!!
  黒の原 ダゥアイグラスの効果を発動!!
  影鎧狼 シャドーアーマーウルフを3番に召喚!!
  さらに、召喚しても自分のチャージゾーンに2枚以上カードがあるので、
  黒の原 ダゥアイグラスのパワーを-1200として扱う!!」
 
名前:黒の原 ダゥアイグラス
種類:J ジェイル
コスト:1 パワー:-800
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘を行うのがこのカードが置かれた場所であった時
        このカードが置かれた場所の自分の方に
        このカード以外のカードが置かれていなかった時
        次の戦闘に相手のモンスターが参加する時
        自分のチャージゾーンに存在する、
        コスト1以下のモンスターカードを1枚指定できた時
        指定したカードが裏だった時は
        表にして相手に確認させすぐ裏に返す、
        この効果で表にしたカードはコストで表にした扱いでは無く
        カードの効果の発動や召喚等を行えない
効果:発動条件で指定したカードをコスト0扱いで
   このカードが置かれた場所に召喚する
   この効果を使用したターンと次のターン、
   このカードのコストは4として扱われ、
   このカードの効果で召喚した後、自分のチャージゾーンが2枚以上の時
   このターン、このカードのパワーを-1200として扱う

名前:影鎧狼 シャドーアーマーウルフ
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1100
 
 だが、まだこれで終わりじゃないぜ!!
 右手を前に出し宣言した後、
 俺はさらに右手でチャージゾーンのカードを3枚表にしつつ宣言する!!
 「さらに!!デモンウォーリアーズ バーストエナジーの効果を発動!!
  影鎧狼 シャドーアーマーウルフのパワーを600上げる!!
  コストには黒き鱗の盾と戒黒地形隆起!!を指定!!」
 
名前:デモンウォーリアーズ バーストエナジー
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで600上げる
   次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:デモンウォーリアーズだった時
   さらに次の戦闘が行われるまでパワー1200上げる

名前:黒き鱗の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:戒黒地形隆起!!
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 必要なカードを全て宣言し終えた後、一度右手を下げ、創造を改めて見据え直す
 「さぁ創造、準備はいいか!!」
 一度下げた右手を、もう一度、今度は力強く前に出し宣言する!!
 「3番戦闘!!行け!!影鎧狼 シャドーアーマーウルフ!!
  闇夜の原の狼の牙!!」
 
威き刃の戦士 ライフブレイカーヘッダー M コスト:3
パワー:2800+500-500-1200 パワー合計:1600

VS

影鎧狼 シャドーアーマーウルフ M コスト:1
パワー:1100+600 パワー合計:1700
 
 辺りに黒い太陽ののぼる黒い野原が広がったと思うと、
 向こうから黒い鎧を着た狼が駆けてきた!!
 堅牢な漆黒の鎧を上半身を覆うように着て、両前足の付け根にも黒い水晶の塊のような鎧を着け、
 後ろ足の付け根外側にも、辺の丸い逆三角形のプレートのような鎧を着けていて、
 目と耳にかぶさらないように鼻の上部から頭全体にかけ兜が付いていて、
 それらの鎧の隙間から黒い毛皮が見えており、
 その両眼は赤に染まっている!!
 と、そのシャドーアーマーウルフが口を開けて顔を上げて大きく吠える!!
 その吠え声を聞いてライフブレイカーヘッダーがシャドーアーマーウルフの方を向く!!
 黒い野原でにらみ合い、対峙する両者!!
 突如、シャドーアーマーウルフが走り出した!!
 シャドーアーマーウルフがライフブレイカーヘッダーに向かっていって跳びかかる!!
 対するライフブレイカーヘッダー、頭の角を振りかざし、左の方からシャドーアーマーウルフを切り裂こうとする!!
 シャドーアーマーウルフはこの角を顔を角の方に向けて角に噛みつき回避する!!
 角に噛み付かれ、振り落とそうと頭を振るライフブレイカーヘッダー!!
 激しい振りに振り落とされるシャドーアーマーウルフ!!
 だが、シャドーアーマーウルフは地上に落ちるとすぐに駆け出してライフブレイカーヘッダーの懐に入りこみ跳び、そのまま頭突きを敢行する!!
 シャドーアーマーウルフの頭突きを受け、少し後ろによろめくライフブレイカーヘッダー!!
 シャドーアーマーウルフは地に着地、そのまま再度跳躍!!
 続けてその頭で2度目の頭突きを喰らわせた!!
 さすがにもう2歩程後ろにさがるライフブレイカーヘッダー!!
 しかし、ライフブレイカーヘッダーはすぐに立ち直るとその頭の角を左から右に振りかざす!!
 だが、この角をシャドーアーマーウルフは姿勢を低くして回避し跳躍、ライフブレイカーヘッダーが角を振りかざした隙を突き、ライフブレイカーヘッダーの首元に噛みついた!!
 驚いたようにうめき、後ろにさがりつつ、右手でシャドーアーマーウルフを掴み、力ずくで首元の鎧からシャドーアーマーウルフを引っぺがすライフブレイカーヘッダー!!
 引きはがされ、投げ出され、地面にたたきつけられるシャドーアーマーウルフ!!
 地面に転がるシャドーアーマーウルフだが、引きはがされたライフブレイカーヘッダーの首元の鎧には、確かにシャドーアーマーウルフの牙が貫通した跡が残っている!!
 と、シャドーアーマーウルフが、地面に転がりつつもなんとか4つ足で踏ん張り立ち上がり、さらに、いきなり口を大きく開けて吠えた!!
 シャドーアーマーウルフの足元から黒い力が湧きあがり、シャドーアーマーウルフはその体に黒い力をまとう!!
 とたんにシャドーアーマーウルフがライフブレイカーヘッダーに向かって走り出す!!
 速い!!まるで闇が走るような速さだ!!
 対するライフブレイカーヘッダー、タイミングを合わせて頭の角でシャドーアーマーウルフに斬りかかる!!
 が、シャドーアーマーウルフはいつの間にか想像以上の速さで上に跳んでいた!!
 ライフブレイカーヘッダーの角はものの見事にタイミングを外して空振り!!
 一方、宙に跳んでいたシャドーアーマーウルフは、そのライフブレイカーヘッダーの角を振った隙を突き、真上から喰いかかる!!
 シャドーアーマーウルフはさっきと同じくライフブレイカーヘッダーの首元に喰いついた!!慌てて右手をシャドーアーマーウルフの方に伸ばすライフブレイカーヘッダー!!
 バキィィイ!!ガフッ!!
 ライフブレイカーヘッダーの首元から金属が砕けると肉に噛みつく音がする!!シャドーアーマーウルフがライフブレイカーヘッダーの鎧を噛み砕き、鎧の内部に牙を突き立てたのだ!!
 うめき、前にゆっくり倒れ込んでいくライフブレイカーヘッダー!!
 一方、シャドーアーマーウルフはライフブレイカーヘッダーの鎧を離れライフブレイカーヘッダーの前に着地すると、今度は斜め前方に向かって跳躍、
 ライフブレイカーヘッダーの脇腹に噛みついた!!
 バキィィイ!!ガシュッ!!
 今度は金属が砕けると肉が引きちぎられる音!!シャドーアーマーウルフがライフブレイカーヘッダーの脇腹を鎧ごと噛みちぎったのだ!!
 ライフブレイカーヘッダーの脇腹を噛みちぎり、ライフブレイカーヘッダーの後ろに着地するシャドーアーマーウルフ!!
 脇腹を噛みちぎられたライフブレイカーヘッダーは力なく地面に倒れ、爆発して光に返った!!
 よし!!ライフブレイカーヘッダー撃破だ!!
 うわぁあああああ!!
 辺りに大きな歓声が響き渡る中!!
 「ターンエンド!!」
 「ターンエンド!!」
 俺と創造は同時に宣言する!!
 「二人とも!!ここからが本番だよ!!」
 「うぉう!!」
 「うんっ!!」
 遠果の声に同時に応える俺と創造!!
 これで4ターン目は終了だ!!
 このままだと俺の負けだが、もちろんここで負ける俺じゃねぇ!!
 ここから一気に巻き返してやる!!
 
創造
デッキ:26枚 手札:3枚 ライフカード:4枚
チャージゾーン:3枚 トラッシュ:2枚
モンスターゾーン  
コンドルフィティーニ M コスト:2 パワー:1600
煩き時刻の戦士 ワンタイムコールー CM コスト:1 パワー:800

VS

双我
デッキ:26枚 手札:4枚 ライフカード:2枚
チャージゾーン:4枚 トラッシュ:2枚
モンスターゾーン
無し
無し
影鎧狼 シャドーアーマーウルフ M コスト:1 パワー:1100
 黒の原 ダゥアイグラス J コスト:1 パワー:-800
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Wカード CVSD 12話/7 バトル!!創造者VS破壊者 カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカード クリエイターVSデストロイヤー
12話 バトル!!創造者VS破壊者7

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 5ターン目!!攻めきってやるぜ!!
 俺と創造は右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に返す!!
 「リチャージ!!」
 「リチャージ!!」
 おっと、こいつも忘れないようにな!!
 右手を前に出し、
 「俺は黒の原 ダゥアイグラスのコストを支払わずにトラッシュに送る!!」
 
名前:黒の原 ダゥアイグラス
種類:J ジェイル
コスト:1 パワー:-800
 
 あたりが黒い草原から元の校庭に戻る!!
 「そして、ドロー!!」
 「ドロー!!」
 俺が右手で山札から1枚引きつつ宣言すると、創造の方も右手でチャージゾーンからカードを1枚引きつつ宣言してきた!!
 さて、俺が引いたカードは、背鎌の戦士 バックサイズスラッシャー!!
 これは、ひょっとするとひょっとするかもしれない!!
 俺は手札にある破壊の世界にすさぶ戦壊の風のカードをチャージゾーンに裏側で置き、
 改めて手札を見る、
 ・・・ここは1番にモンスターを召喚する!!
 左手の手札から右手で1枚のカードを引いて1番尾場所に裏側で置き、
 「セット!!」
 「セット!!」
 どうやら、創造の方も3番とチャージゾーンにカードを裏側で追加できたようだぜ!!
 「双我君~やっちゃぇ~!!」
 ん?いきなり後ろの方から聞き覚えのある声が・・・
 チラリと後ろを見ると、青みがかった黒髪黒目の気弱そうな少年がいた、
 覇気のない目、やせ形の体型、黄色の長袖パーカーに緑のシャツを着て、青の長いジーパンをはいている、
 あれは、黒谷 宏也(くろたに ひろや)!!俺の所属するWカードデストロイヤーの部員じゃねぇか!!
 「負けるな~!!クリエイター部の名に懸けて!!」
 と、今度は創造の向こう側から声がする、
 それは、癖の強い茶の髪をした少年、
 丸っこい童顔の顔つきに茶色く丸い瞳を持っている、
 体型は普通だが、前開きの白の半そでの上着を着て、下に薄茶色い半ズボン、
 少し長めの白の靴下に青いスニーカーを履いている、
 あれは、確か小家ってやつじゃないか、
 でも、なんであの二人がここにいるんだ?二人ともここに偶然来たのか?
 いや、休日に用も無しに学校に近寄るやつはいまい、
 ・・・いや、ちょっと待てよ、なんか、状況が変わってないか?
 一度、首を回して周りを確認する、
 なんか、いつの間にか人数がかなり増えてんな、創造の後ろにいたサッカー部の奴らが俺の後ろに回っているし、俺の後ろにいた野球部が創造の後ろに移動していたりする、
 いくらなんでも増えすぎだろう、ん?
 今、敏の奴が右手に持った携帯電話を耳に当て、どこかに電話しているのが見えた!!
 あいつ、携帯持ってたのか?
 と思ったら、その右手に持った携帯を別のサッカー部部員に投げて渡し、その別のサッカー部部員があたふたしながら携帯を受け止めている間に両の口角を上げて笑いつつ右手を俺の方に向けて右手の親指を上げていた、
 なるほど、あいつがこの人だかりを呼んでたわけか、
 いや、どうやらあいつだけじゃないようだ、
 正面の方を見ると、出明の奴も右手に携帯を持って携帯を耳に当て、どこかに電話した後、近くの野球部員に向かって携帯を投げて渡し、渡された野球部員があわてて携帯を受け止めている間に、右の方の口角のみ上げて笑い、右手を顔の前に持ってきて右手の親指を上げていた、
 あちらの方は創造の方に向けてサインを送っているに違いない、現に創造が左の方から後ろにいる出明の方を見ている、
 どうやら、敏と出明、2人が人を呼んでいるようだ、
 だが、いつまでもあの二人の見物しているわけにもいくまい、さぁ!!カードバトルの再開だ!!
 俺は1番に裏側で置いたカードを右手に持つ!!
 すると、創造の方も気が付いたように俺の方に目線を戻すと、右手を使い、自身で3番に裏側で置いたカードを持った!!
 そして、俺が右手に持ったカードを表にすると同時に、
 創造も右手に持ったカードを表にしてきた!!
 「オープン!!」
 「オープン!!」
 「来い!!要塞ダ・パーデルワームの門璧!!」
 「召喚!!凍し白箱の戦士 アーマーブリザード
 
名前:要塞ダ・パーデルワームの門璧
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1600
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターと相手のモンスターが参加する時
        自分のモンスターゾーンにカテゴリ:パーデルワームを持つ
        ジェイルカードが置かれていた時
効果:次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを300上げる
   次の戦闘が行われるまで次の戦闘に参加する
   相手のモンスターのパワーを300下げる
   パワーを上げた後、次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーが
   このモンスターのパワーより700以上、下回っていた時
   次の戦闘に参加する相手のモンスターを相手の手札に戻す
カテゴリ1:パーデルワーム カテゴリ2:壁
テキスト:ズドン!!
     門を守るその壁がいきなりせり出して敵を追い払った!!

名前:凍し白箱の戦士 アーマーブリザード
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2300
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次に戦闘をおこなうのがこのモンスターだった時
        相手のチャージゾーンに裏側表示のカードが1枚以上存在した時
効果:次の戦闘が終わるまでの間、相手はスマッシュカードを発動できない
   次の戦闘が行われるまでこのモンスターのパワーを300上げる
カテゴリ1:エンジェルナイツ カテゴリ2:ブリザード
テキスト:凍えし吹雪を体から放つ戦士、
     その吹雪で相手を凍てつかせる
 
 俺の前にいきなり暗い紫の壁がそびえたつ!!
 そびえったったその壁の中央には、丸い鉄板がはまっている!!
 創造の前、コンドルフィティーニの左側に白くて四角い戦士が現れた!!
 手足含めて全て四角く作られたその鎧は、四角の下の方が左右に分かれて足に、左右の方が分かれて両手になっていて、
 その手足と胴の間に白い関節が入っており、
 上の方、目と思わしき場所には2つの目玉が見え隠れし、冷たく白い煙をまとい、肩や太ももの部分が凍っている!!
 こっちはコスト2のモンスター、向こうはコスト3のモンスターだ!!コストの見せ合いが起きるぜ!!
 俺は右手でチャージゾーンから2枚、創造はチャージゾーンから右手で3枚のカードを前に出し、
 「その2枚でいいんだね、それじゃあ、表にするよ!!」
 「おう!!」
 俺が創造の呼びかけに応えて右手で前に出したカードを表にすると同時に、
 創造の方も前に出したカードを右手で持って表にしてきた!!
 まずは、俺が表にしたカード!!
 
名前:黒き鱗の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:戒黒地形隆起!!
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 続けて、創造が表にしたカード!!
 
名前:エンジェルナイツ セイントパワー
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:コストで表になった時

名前:試練の前の聖なる風
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:クライシャークォー
種類:CS クリエイト コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:前のターンの開始時に、相手のモンスターゾーンに
        モンスター・クリエイター・デストロイヤーが
        計3体以上存在していた時
        次の戦闘に参加する自分の
        モンスター・クリエイターのパワーが、
        次の戦闘に参加する相手の
        モンスター・クリエイター・デストロイヤーのパワーより
        1500以内で下の数値だった時
効果:次の戦闘に参加する相手の
   モンスター・クリエイター・デストロイヤーのパワーを
   次の戦闘に参加する自分の
   モンスター・クリエイターのパワーと同じにする、
   その後、次の戦闘に参加しない相手のコスト2以下の
   モンスター・クリエイター・デストロイヤー1体をトラッシュに送る
カテゴリ1:アタック カテゴリ2:相打ち!!
テキスト:ハッ!!フッ!!おりゃあーーーーー!!
     渾身のカウンターが、今決まる!!
 
 俺が発動できるカードは無し、対して、創造の方は・・・
 創造が右手を前に出す!!
 「そっちが発動できるカードは無し!!
  だがっ!!僕の方は発動できるカードがある!!
  僕はエンジェルナイツ セイントパワーの効果を発動!!
  凍し白箱の戦士 アーマーブリザードのパワーを500上げる!!」
 
名前:エンジェルナイツ セイントパワー
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:コストで表になった時
効果の発動条件:自分のモンスターゾーンにいる
        カテゴリ:エンジェルナイツを持つモンスター1体を指定できた時
効果:発動条件で指定したモンスターのパワーをこのターン500上げる
 
 アーマーブリザードが右手を振り上げると、上から光が降ってきて、
 アーマーブリザードの右手に光が宿った!!
 
創造
モンスターゾーン  
コンドルフィティーニ M コスト:2 パワー:1600
煩き時刻の戦士 ワンタイムコールー CM コスト:1 パワー:800
凍し白箱の戦士 アーマーブリザード M コスト:3 パワー:2300+500
チャージゾーン
裏:1表:3

双我
モンスターゾーン
要塞ダ・パーデルワームの門璧 M コスト:2 パワー:1600
無し
影鎧狼 シャドーアーマーウルフ M コスト:1 パワー:1100
チャージゾーン
裏:3表:2

 創造の方に裏側表示のカードがあるが、あれは俺の記憶が正しいなら、白木の盾のカードのはず!!
 となれば、おそらく、相殺はされないと見た!!
 さらに、前にターン、モンスターの効果は使われていない!!
 これなら、行ける!!
 右手でチャージゾーンの1枚のカードを表にし、左手の手札から1枚のカードを創造に見せる!!
 「俺は破壊の世界にすさぶ戦壊の風の効果を発動!!
  手札にある背鎌の戦士 バックサイズスラッシャーを2番に召喚し、
  創造のモンスターゾーンにいる、
  コンドルフィティーニ、煩き時刻の戦士 ワンタイムコールー、凍し白箱の戦士 アーマーブリザードのパワーを500下げる!!
  コストには戒黒地形隆起!!を指定!!」

名前:破壊の世界にすさぶ戦壊の風
種類:DS デストロイ コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分の戦闘を行うカードが無い場所一つを指定できた時
        相手のモンスターゾーンに1体以上いずれかの
        モンスター・デストロイヤー・クリエイターが存在する時
        手札に存在するコスト1以下のデストロイヤーカード
        1枚を相手に見せること
        前のターンに自分相手含め、モンスター、デストロイヤー
        スマッシュ、デストロイの全ての効果が
        相殺含め発動していなかった時
効果:発動条件で相手に見せたデストロイヤーを
   発動条件で指定した場所にコスト0扱いで召喚する、
   この効果で召喚したデストロイヤーは
   このターン、相殺を含めて全ての効果を発動することができない
   相手のモンスターゾーンにいる全ての
   モンスター・デストロイヤー・クリエイターのパワーを
   このターン、これから召喚されるものも含め、500下げる
   このカードはターン終了時、自分のチャージゾーンに表側表示で戻り、
   相手は自分のライフカードを1枚取って、
   次のターンの終了時、手札の中の1枚をライフカードとすることができる、
   さらに、次のターンのリチャージ時、
   自分はライフカード1枚を手札にすることができる、
   手札にした場合、手札にしたターン、相手のモンスターゾーンにいる全ての
   モンスター・デストロイヤー・クリエイターのパワーを
   これから召喚されるものも含め、1000下げる
カテゴリ1:戦壊風 カテゴリ2:スピリット
テキスト:その風は破壊者を導く!!

名前:背鎌の戦士 バックサイズスラッシャー
種類:DM デストロイヤー
コスト:1 パワー:800
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:相手のモンスターゾーンにいる
        パワー1000以下のモンスターを2体指定できた時
効果:発動条件で指定した2体のモンスターをトラッシュに送る
カテゴリ1:デモンウォーリアーズ カテゴリ2:無情者
テキスト:背に鎌の付いた両腕を持つ戦士、
     その鎌で敵達を切り裂いた!!

名前:戒黒地形隆起!!
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 「ぐっ!!」
 創造がうめき、俺の方を目を細めてにらむ!!
 あの様子だと、俺の予想通り、相殺に使えるカードは無いみたいだな!!
 それなら、まずは1番戦闘だ!!
 右手に力を籠め、振り上げる!!
 「1番戦闘!!要塞ダ・パーデルワームの門璧!!
  壁鉄圧殺・戦!!」
 
コンドルフィティーニ M コスト:2
パワー:1600-500 パワー合計:1100

VS

要塞ダ・パーデルワームの門璧 M コスト:2
パワー:1600
 
 コンドルフィティーニが空を飛び、門璧の元に飛んで行き、
 門璧のそばまで飛ぶと、門璧の上に止まる、
 ドン!!
 大きな音をたて、門璧の中央の鉄の板から鉄柱が飛び出した!!
 慌てて空に飛ぶコンドルフィティーニ!!
 今度は低空から、慎重に門璧の方に飛んで行く、
 ドン!!
 真正面からいきなり門璧から鉄柱が飛び出した!!あわてて鉄柱を避け、上に飛ぶコンドルフィティーニ!!
 上空に飛び、ふたたび様子をうかがうコンドルフィティーニ、
 と、何かに気付いたのか、上空、それも門璧の真上の方から、両翼を広げた体をかたむかせ、近づいていく、
 そして、さっきと同じように門璧の上に降り立った、
 ドン!!
 大きな音をたて、門璧の中央の鉄の板から鉄柱が飛び出す!!
 だが、コンドルフィティーニは大きな音に慣れたのか、門璧から飛び立とうとはしない、
 ドン!!ドン!!ドン!!
 何度も門璧から鉄柱が飛び出すが、コンドルフィティーニはどこ吹く風で、とうとう目を閉じて口を大きく開け、右の翼を口元に持ってきてあくびなどする、
 まぁ、あの場所にいれば門璧の鉄柱は受けんわな、
 コン、コン、コン、
 しまいにはコンドルフィティーニは自身のくちばしで門璧を突っつき始める始末、
 ええと、このままだと門璧が危ない、のか?
 ゴゥ!!
 そんなことを何処か疑問形で考えていると、突如、黒い風が吹いた!!
 すると、何かが吹っ飛んできて、コンドルフィティーニにぶつかった!!
 覆わず門璧の上から門璧の真正面に落ちるコンドルフィティーニ!!
 コンドルフィティーニにぶつかったもの、それは、黒い塊のような力!!
 と、その黒い塊の力が背中から何かを生やした戦士の形を取り、具現化する!!
 それは、背中から2本の鎌を生やした戦士!!
 その瞳は切れ長で、黄色い複眼を持ち、その四肢は外骨格に覆われていて、外骨格の内部には筋肉質な人間のそれに近い体がのぞき、のぞいて見えるその肌は漆黒の色をしており、
 背中からは、外骨格に覆われ、先の方にギザギザの鉄の鎌が付いた一対の腕が生えていた!!
 あれは、背鎌の戦士 バックサイズスラッシャーか!!
 だが、バックサイズスラッシャーは門璧の上で、きょろきょろ左右を見回している、
 どうやら、ここに飛ばされてきたことが呑み込めていないようである、
 対して、さっき、バックサイズスラッシャーに吹っ飛ばされたコンドルフィティーニ、
 いきなり頭を上げたと思ったら、頭を左右に見回し、門璧の前にいるのに気付き、そして、あわてて両翼を動かして門璧の前から飛び立とうとする!!
 ドン!!
 しかし、飛び立とうとしたところに門璧の中央の鉄の板から鉄柱が飛び出し、直撃!!
 門璧が鉄柱をさらに伸ばしていき、ギャラリーが急いで鉄柱を避けていき、そのまま鉄柱がコンドルフィティーニを向こうの壁と壁ばさみにし、コンドルフィティーニをぺちゃんこにさせ爆発させ、光に返す!!
 うわぁあああ
 ギャラリーが鉄柱を避けつつ、どこか感心したような歓声を上げた!!
 よし!!1番戦闘は勝ったぜ!!それじゃあ次だ!!
 右手を一度下げ、ふたたび振り上げ、
 「2番戦闘!!行け!!背鎌の戦士 バックサイズスラッシャー!!
  破壊と戦いの鎌!!」
 
煩き時刻の戦士 ワンタイムコールー CM コスト:1
パワー:800-500 パワー合計:300

VS

背鎌の戦士 バックサイズスラッシャー DM コスト:1
パワー:800
 
 バックサイズスラッシャーが門璧から降り、歩く、
 そして、門璧が見えなくなった頃、黒い風が吹きすさぶ中、目の前にそいつが、ワンタイムコールーが現れた!!
 にらみ合う両者、そして、互いに同時に走り出した!!
 バックサイズスラッシャーが背中の鎌を振り上げる!!
 ワンタイムコールーが両手で銀の半球に付いたハンマーを持った!!
 バックサイズスラッシャーの鎌が振り下ろされる!!
 対するワンタイムコールーは両手に持ったハンマーで銀の半球を打ち鳴らした!!
 けたたましい音を聞き、ひるむバックサイズスラッシャー!!振り下ろした鎌はワンタイムコールーの直ぐ前に振り下ろされた!!
 バックサイズスラッシャーがひるんだすきに両肩の銀の半球に付いたハンマーから両手を離して右の拳を握り、バックサイズスラッシャーに殴りこむワンタイムコールー!!
 ひるんだもののワンタイムコールーが殴りこんできたのを見て、あわてて姿勢を下げるバックサイズスラッシャー!!
 いきなり姿勢を下げられて右の拳を空ぶるワンタイムコールー、
 と、ワンタイムコールーがいきなり姿勢を下げたバックサイズスラッシャーに右足を取られずっこけた!!
 ワンタイムコールーがずっこけた隙にバックサイズスラッシャーが立ち上がって振り返り、ワンタイムコールーの方を向いてふたたび鎌を振り上げる!!
 ワンタイムコールーは背中の天板が邪魔でこの鎌を転がって避けられないだろう、容赦なく鎌を振り下ろすバックサイズスラッシャー!!
 しかし、ワンタイムコールーがいきなりうつ伏せの状態から両手両足を使い前の方に飛んでバックサイズスラッシャーの鎌を・・・避けきれなかった!!
 バックサイズスラッシャーの右の鎌が、ワンタイムコールーの右足にかすり鎧に傷を付ける!!が、ワンタイムコールーが前進していたせいか、それ以上は当たらなかった!!
 跳んだ後、あわてて両手を地に着けて立ち上がって後ろにいるバックサイズスラッシャーの方に振り返るワンタイムコールー、しかし、右足の動きが鈍い?さっき鎌がかすったせいか?
 とも思ったが、すぐにいつもの調子に戻ったのか、右足を元の速度で動かし、バックサイズスラッシャーの方をにらむ!!
 再び対峙するバックサイズスラッシャーとワンタイムコールー、
 今度は互いに両の拳を握り、双方、殴り掛かっていく!!
 突き出されたバックサイズスラッシャーの右の拳がワンタイムコールーの左頬に突き刺さる!!
 対するワンタイムコールーの右の拳もバックサイズスラッシャーの左頬にぶち当たる!!
 互いに拳をぶち当て、双方左拳を使いまたも殴り掛かっていく!!
 と思った次の瞬間、バックサイズスラッシャーが右足を前に出し、足払いをかける!!
 これを上に跳んで避けるワンタイムコールー!!
 しかし、バックサイズスラッシャーは足払い途中の右足をいきなり上に上げた!!
 右足を取られて空中でバランスをくずし、大きく右足上に上げるワンタイムコールー!!
 すると、その上がった右足をバックサイズスラッシャーが右手に取る!!
 あの場所は、さっき鎌がかすった場所か!!
 そのままバックサイズスラッシャーは右手に力を込めて握る!!
 バキッ、バキバキッ、
 何かが割れるような音がした刹那、バックサイズスラッシャーの右手が突如一気に握られ、隙間から白いかけらがこぼれ落ちた!!ワンタイムコールーの鎧を握り壊したのだ!!
 ワンタイムコールーはひるむも、右手を握って振り上げ、バックサイズスラッシャーに殴り掛かる、が、不安定な体勢からの一撃では威力が出ないのかバックサイズスラッシャーはリアクションしない!!
 そのままバックサイズスラッシャーは殴られているにもかかわらず、背中の鎌振り上げ、右手に握る割れた鎧の所に差し込んだ!!
 これにはワンタイムコールーもうめいて動きを止めた!!
 バックサイズスラッシャーはそのまま右手を下に振ってワンタイムコールーを地面に叩きつけ、その右手からワンタイムコールーの右足を離し、自身の右足でワンタイムコールーの割れた鎧の右足を踏む!!
 うめき、必至にバックサイズスラッシャーの右足を外そうと右足を動かし暴れるワンタイムコールー!!
 しかし、バックサイズスラッシャーの右足からは逃れられない!!
 バックサイズスラッシャーは、暴れるワンタイムコールーの右足を踏みつけたまま、背中の鎌を大上段に振り上げると、
 思い切りワンタイムコールーの胴目掛けて振り下ろした!!
 バックサイズスラッシャーの鎌は暴れていたワンタイムコールーの胴を貫通する!!
 あわれ、ワンタイムコールーは大きくのけぞってうめいた後、白い爆発を起こし、光に返った!!
 わぁああああああ!!
 まわりの観客から歓声が巻きおこる!!
 ようやくここまで来たぜ!!だが、これ以上は、
 どのカードを発動させても凍し白箱の戦士 アーマーブリザードのパワーを影鎧狼 シャドーアーマーウルフが上回ることは出来ない!!
 さすがに、一筋縄ではいかないか!!
 創造が右手を振り上げる!!
 「そっちがこないならこっちから行くぞ!!
  3番戦闘!!行け!!凍し白箱の戦士 アーマーブリザード!!
  フリーズパンチ!!」
 
凍し白箱の戦士 アーマーブリザード M コスト:3
パワー:2300+500-500 パワー合計:2300

VS

影鎧狼 シャドーアーマーウルフ M コスト:1
パワー:1100
 
 シャドーアーマーウルフがアーマーブリザードに向かって走り、アーマーブリザードの至近距離から跳びかかる!!
 アーマーブリザードはこの跳びかかりを左に避け、そのまま右手を広げて突出し、シャドーアーマーウルフを掴み掴まえようとする!!
 が、シャドーアーマーウルフは掴みかかってきたアーマーブリザードの右手をかじってアーマーブリザードをひるませ、後ろに跳び、離れる!!
 対峙するシャドーアーマーウルフとアーマーブリザード
 と、アーマーブリザードがその両の拳を握り、シャドーアーマーウルフに殴り掛かっていく!!
 シャドーアーマーウルフもこれに反応したのか、アーマーブリザードに向かって行く!!
 アーマーブリザードが右の拳を振り下ろす!!
 シャドーアーマーウルフがこれを左に避け、そのまま体当たりを敢行する!!
 シャドーアーマーウルフの体当たりをあわてて右後ろに跳んで避けるアーマーブリザード!!
 シャドーアーマーウルフの体当たりを避けた、アーマーブリザードはいきなり両手両足の鎧を外側に、体の鎧を左側に開き、吹雪を放出する!!
 シャドーアーマーウルフの足元が凍っていく!!あわてて後ろに跳ぶシャドーアーマーウルフ!!アーマーブリザードはさらに吹雪をシャドーアーマーウルフに向かって放ち続ける!!
 アーマーブリザードの吹雪に見舞われるシャドーアーマーウルフ!!すると、シャドーアーマーウルフは大きく左に向かって走る!!
 慌てて左の方を向いてシャドーアーマーウルフに吹雪を吹きかけるアーマーブリザード!!しかし、シャドーアーマーウルフの方が速い!!
 そのままアーマーブリザードの周りを回るシャドーアーマーウルフ!!
 シャドーアーマーウルフは吹雪が追い付かないのをいいことに、周りながら少しずつアーマーブリザードに向かって距離を詰めていく!!
 そして、アーマーブリザードの真後ろに来たとたん、アーマーブリザードに向かって跳びかかった!!
 だが!!不意にアーマーブリザードが真上に飛ぶ!!
 次の瞬間、アーマーブリザードの体が吹雪の勢いで後ろに飛んだ!!
 完全に不意打ちを受ける格好でアーマーブリザードの体当たりを喰らうシャドーアーマーウルフ!!
 ぶつかり、転がるアーマーブリザードとシャドーアーマーウルフ!!
 シャドーアーマーウルフが手前の地面に落ちて転がり、一方のアーマーブリザードはそのまま飛んで転がった!!
 と、吹雪を放出したまま止まったアーマーブリザードの前に、シャドーアーマーウルフが転がっていく!!
 アーマーブリザードが、シャドーアーマーウルフが近づいてきたことに気付いたのか、立ち上がって、シャドーアーマーウルフに向かって吹雪を吹きかけていく!!
 対するシャドーアーマーウルフも、あわてて立ち上がろう両前後足を動かしたりしている、が、体当たりのダメージが響いているのか、なかなか立ち上がれない!!
 やっとこさ立ち上がった時には足元が完全に凍りつき、次の瞬間には体が完全に氷に包まれ凍りついた!!
 そして、アーマーブリザードは、両手両足と胴の鎧を閉じて吹雪の放出を止め、
 右の拳を握って振りかざし、凍ったシャドーアーマーウルフに叩きつけた!!
 凍ったシャドーアーマーウルフは避けられずに完全に粉砕され爆発!!闇に返った!!
 おぉおおおお!!
 観客から歓声が沸き上がる!!
 ぐっ!!シャドーアーマーウルフ一歩届かなかったか!!
 だが、これでこのターンは終了、
 創造が破壊の世界にすさぶ戦壊の風の効果でライフカードの一枚を右手で引き、チラリと見た後、左手の手札に加え、
 「ターンエンド!!」
 「ターンエンド!!」
 俺と創造が同時に宣言する!!
 「さぁ!!まだまだいけるよね!!次のターンも張切っていこう!!」
 「おぅ!!」
 「あぁ!!」
 遠果の声援に俺と創造が応え、5ターン目が終了する!!
 このターン、ようやく流れが俺にかたむいてきた!!
 このまま行けるか!?
 
創造
デッキ:25枚 手札:3枚 ライフカード:3枚
チャージゾーン:4枚 トラッシュ:3枚
モンスターゾーン  
無し
無し
凍し白箱の戦士 アーマーブリザード M コスト:3 パワー:2300

VS

双我
デッキ:25枚 手札:2枚 ライフカード:2枚
チャージゾーン:4枚 トラッシュ:6枚
モンスターゾーン
要塞ダ・パーデルワームの門璧 M コスト:2 パワー:1600
背鎌の戦士 バックサイズスラッシャー DM コスト:1 パワー:800

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Wカード CVSD 12話/8 バトル!!創造者VS破壊者 カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカード クリエイターVSデストロイヤー
12話 バトル!!創造者VS破壊者8

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 6ターン目!!一気に、攻め込む、攻めきってやる!!
 「リチャージ!!」
 「リチャージ!!」
 俺と創造は右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に返す!!
 「僕は、破壊の世界にすさぶ戦壊の風の効果で手札を一枚ライフカードに!!」
 創造が左手の手札から右手で一枚引いて自身の光の板手前にライフカードとして置く!!
 おっし、次はこっちの番だな!!
 さらに続けて俺は右手を前に出し、宣言する!!
 「俺は、この瞬間、破壊の世界にすさぶ戦壊の風の効果で、
  ライフカードを一枚、手札に加えるぜ!!」
 
名前:破壊の世界にすさぶ戦壊の風
種類:DS デストロイ コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分の戦闘を行うカードが無い場所一つを指定できた時
        相手のモンスターゾーンに1体以上いずれかの
        モンスター・デストロイヤー・クリエイターが存在する時
        手札に存在するコスト1以下のデストロイヤーカード
        1枚を相手に見せること
        前のターンに自分相手含め、モンスター、デストロイヤー
        スマッシュ、デストロイの全ての効果が
        相殺含め発動していなかった時
効果:発動条件で相手に見せたデストロイヤーを
   発動条件で指定した場所にコスト0扱いで召喚する、
   この効果で召喚したデストロイヤーは
   このターン、相殺を含めて全ての効果を発動することができない
   相手のモンスターゾーンにいる全ての
   モンスター・デストロイヤー・クリエイターのパワーを
   このターン、これから召喚されるものも含め、500下げる
   このカードはターン終了時、自分のチャージゾーンに表側表示で戻り、
   相手は自分のライフカードを1枚取ることができる、
   相手は自分のライフカードを1枚取った場合、次のターンのリチャージ時、
   手札の中の1枚をライフカードとしなければならない
   次のターンのリチャージ時、
   自分はライフカード1枚を手札にすることができる、
   手札にした場合、手札にしたターン、相手のモンスターゾーンにいる全ての
   モンスター・デストロイヤー・クリエイターのパワーを
   これから召喚されるものも含め、1000下げる

 「なにっ!!正気か!?」
 創造が目を見開き驚く!!
 おうおう!!驚いてやがるぜ!!さっき、手札をライフカードにしたばかりだもんな!!
 「おう!!正気だ!!敗北の可能性を増やしてでも、勝つ可能性を増やさないと、創造、お前には勝てないからな!!
  行くぜ!!」
 後ろから黒い風が吹きすさぶ中、右手でライフカードの左から4番目の、今は一番右にあるカードを取る!!
 出てきたのは、デモンウォーリアーズ グラップエナジー!!
 「さぁ!!先に進むぜ!!」
 右手に持つデモンウォーリアーズ グラップエナジーのカードを左手の手札に移し、空いた右手で山札の一番上のカードを持つと、創造も自分の山札の一番上のカードを持った!!
 「ドロー!!」
 「ドロー!!」
 俺と創造はお互いに自分の山札の1番上のカードを引く!!
 俺が引いたカードは針踵の戦士 ハリオトシ!!
 おっし!!モンスターカードだ!!これでもっと攻められるぜ!!
 引いたばかりの針踵の戦士 ハリオトシのカードを3番に裏側で置いて、
 続けて、左手の手札から1枚のカードを引いてチャージゾーンに裏側で置き、
 「セット!!」
 「セット!!」
 おっと、創造の方もカードを置き終えたのか!!
 創造の光の板の方を見ると、確かに1番とチャージゾーンにカードが裏側で追加されてやがるな!!
 「双我さん!!創造さん!!頑張ってくださいっ!!」
 「双輝!!破壊!!みっとも無いとこ見せたら承知しないからな!!」
 ん、この声?
 いきなり前後から別々の聞き覚えのある声が聞こえた、思わず、よりなじみのある声の聞こえた後ろの方を、左の方からチラリと見る、
 いつの間にか増えた人間の中、その前の方に、見覚えのあるメガネに三つ編みの少女がいた、
 低めの身長、三つ編みにした黒髪に丸く黒い目、その目には少し大きめの黒い丸縁のメガネをかけていて、目の下には少量のそばかすがあり、
 黒に白の水玉の長袖のワンピースを着て、その下に白の靴下、黒い靴を履いている
 あれは、俺と同じクラブ、Wカードデストロイヤー部の尾川 魔子(おがわ まこ)!!
 じゃあ、前の方から聞こえた声は?
 前の方、創造の後ろにいる、やっぱり増えている観客の前の方にその銀のショートカットの女の子はいた、
 赤い瞳に銀のショートカット、
 長袖の白地の上着をして着て、その上着には白地の上に赤い炎の意図が両肩から両脇へと交差するように描かれ、下の方には灰色の長ズボンに茶色の革靴を履いている、
 あっちのほうは高峰 聖灼(たかみね さや)
 創造と同じ部、Wカードクリエイター部の奴じゃねぇか!!
 これでお互いに同じ部のフルメンバーってわけか、これは余計に負けられなくなったな!!おおっし!!
 「さぁ!!応援が増えたところで、先に進むぜ!!」
 「あぁ!!もっとも、君に負けるつもりはないけどね!!」
 「へっ!!言ってろ!!俺だって負けるつもりはねぇ!!」
 「その減らず口、いつまで続くかな!!」
 そう言いつつ、創造の右頬を一筋の汗が伝う、
 自然と流れ出た汗か、それとも、ギリギリの心理から出た物か?
 ・・・もしかしたら、俺の方にも同じように汗が伝ってるかもしれないな、だが、気持ちで負けるわけにはいかない!!
 俺は勢いよく1番に裏側で置いたカードを右手に持つ!!、
 すると、創造の方も、勢いよく3番に裏側で置いたカードを右手に持った!!
 そして、俺と創造はそれぞれ右手に持ったカードを勢いよく、表にするっ!!
 「オープン!!」
 「オープン!!」
 「召喚!!針踵の戦士 ハリオトシ!!」
 「来い!!流炎鳥 フリィクシャンルヒートバード!!」
 
名前:針踵の戦士 ハリオトシ
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2500
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する相手のモンスターが
        発動タイミング:戦闘前を持っていた時
        このモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:このターン、次の戦闘に参加する相手のモンスターは
   効果を発動できなくなる
カテゴリ1:デモンウォーリアーズ カテゴリ2:かち割る!!
テキスト:踵落としを決める正統派格闘脚士!!

名前:流炎鳥 フリィクシャンルヒートバード
種類:M モンスター
コスト:3 パワー:2400
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘にこのモンスターが参加する時
        次の戦闘に参加する相手のモンスター
        のパワーが800以下だった時
効果:次の戦闘に参加する相手のモンスターを相手のトラッシュに送る
   この効果を発動した時、このモンスターのパワーが500以下だった時、
   このモンスターを自分のトラッシュに送る
カテゴリ1:流炎 カテゴリ2:鳥
テキスト:大気の摩擦により燃え上がったこの体、
     さぁ、誰にぶつけようか!?

 俺の前、要塞ダ・パーデルワームの門璧の右側に、一糸まとわぬ戦士が現れた!!
 漆黒の肌をした筋肉質の戦士で、その口からは上下に牙が生え、両の踵から赤く太い針が生えている!!
 創造の前に炎をまとった鳥が現れる!!
 鋭く黄色い目で俺の方をにらみ、短く黄色いくちばしを持っていて、
 炎をまとっているかのように、不自然な揺らめきが、長く伸びる尾の部分や翼の端々に見える、
 あれは、たぶん単純に炎をまとっているのではなく、
 炎と炎に似た羽毛を混在させまとっているのではないだろうか、
 だが、流炎鳥 フリィクシャンルヒートバードの事は今はどうでもいい、
 それよりも今は、カードバトルを先にすすめる方が優先だ!!
 あっちもこっちもコスト3のモンスターだ!!コストの見せ合いが起きる!!
 俺と創造は右手でチャージゾーンから3枚のカードを前に出す!!
 と、創造が俺の方を見据え、
 「それでいいか?それじゃあ、表にするぞ!!」
 「ああ!!表にしようぜ!!」
 右手で前に出したカードを表にしていく!!
 それじゃあ、俺の方も表にするぜ!!
 俺の方も右手で前に出したカードを表にする!!
 まずは、俺が表にしたカード!!
 
名前:黒き鱗の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:デモンウォーリアーズ バーストエナジー
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:破壊の世界にすさぶ戦壊の風
種類:DS デストロイ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 続けて、創造が表にしたカード!!
 
名前:エンジェルナイツ セイントパワー
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:コストで表になった時

名前:クライシャークォー
種類:CS クリエイト コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:白木の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 こっちが発動出来るカードは0、向こうが発動できるカードは1!!
 創造が右手を前に出す!!
 「僕はエンジェルナイツ セイントパワーの効果を発動!!
  凍し白箱の戦士 アーマーブリザードのパワーを500上げる!!」
 
名前:エンジェルナイツ セイントパワー
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:コストで表になった時
効果の発動条件:自分のモンスターゾーンにいる
        カテゴリ:エンジェルナイツを持つモンスター1体を指定できた時
効果:発動条件で指定したモンスターのパワーをこのターン500上げる

 創造の宣言が終わった途端、アーマーブリザードが右手を振り上げる!!
 すると、アーマーブリザードの上から光が降ってきて、アーマーブリザードの右手に光が宿った!!

創造
モンスターゾーン  
流炎鳥 フリィクシャンルヒートバード M コスト:3 パワー:2400
無し
凍し白箱の戦士 アーマーブリザード M コスト:3 パワー:2300+500
チャージゾーン
裏:2表:3

双我
モンスターゾーン
要塞ダ・パーデルワームの門璧 M コスト:2 パワー:1600
背鎌の戦士 バックサイズスラッシャー DM コスト:1 パワー:800
針踵の戦士 ハリオトシ M コスト:3 パワー:2500
チャージゾーン
裏:2表:3
 
 創造が続けて右手を前に出し、
 「1番戦闘・・・は、無理か・・・」
 はん!!その通りだ!!破壊の世界にすさぶ戦壊の風で、
 流炎鳥 フリィクシャンルヒートバードと凍し白箱の戦士 アーマーブリザードのパワーは1000下がってるぜ!!
 「さぁ、どうする創造!!さぁ!!さぁ!!さぁ!!」
 「くっ!!」
 俺の挑発に、創造は歯を食いしばり、右手でチャージゾーンのカードを1枚表にし、
 「僕は試練の前の聖なる風の効果を・・・」
 おっと!!させないぜ!!
 右手でチャージゾーンのカードを1枚表にする!!
 「俺は闇夜にすさぶ破壊の風の効果を発動!!
  試練の前の聖なる風の効果を相殺だ!!」
 「ぐっ!!」
 創造は歯を今度は強く食いしばり、目を細めて俺の方をにらんできた!!
 あの様子だと、他のカードは無しか!?
 それなら・・・
 「発動するカードが無いなら先に進むぜ!!」
 思い切り右手を前に、出す!!
 「1番戦闘!!要塞ダ・パーデルワームの門璧!!
  壁鉄圧殺・壊荒!!」

流炎鳥 フリィクシャンルヒートバード M コスト:3
パワー:2400-1000 パワー合計:1400

VS

要塞ダ・パーデルワームの門璧 M コスト:2
パワー:1600
 
 フリィクシャンルヒートバードがダ・パーデルワームの門璧の方に飛んで行き、門璧の前で左に旋回しつつ、その炎の翼を門璧にかすらせる!!
 だが、門璧は少しも動じずに、
 ドンッ!!
 いきなり、中央の鉄の板からフリィクシャンルヒートバードに向かって鉄の柱を撃ちだした!!
 だが、フリィクシャンルヒートバードはこの鉄柱をひらりと上に飛んで避けると、鉄柱の上に止まり、その両翼を押し当てた!!
 ジュワー!!
 鉄が熱せられ赤くなる、と、門璧の鉄柱が勢いよく戻っていく!!
 あわてて飛び立つフリィクシャンルヒートバード、
 ガキュウ!!
 あれ、門璧の鉄柱の動きが門璧に鉄柱が戻り切ってないのに止まった?
 それに、フリィクシャンルヒートバードの動きも、宙で羽ばたきつつも止まってる?
 あ、よく見ると、門璧の鉄柱の根元にフリィクシャンルヒートバードの尾羽が挟まっている!?
 尾羽を挟まれたフリィクシャンルヒートバードが大きく翼を羽ばたかせて飛んで尾羽を引っ張るが、尾羽は全く取れない!!
 しまいにはフリィクシャンルヒートバードは飛ぶのをあきらめ、門璧に向かって飛び、動きの止まった鉄柱にとまって、その右の翼を門璧にバシバシ叩きつけたりしている、
 ええっと、それで取れるのか?
 しかし、バシバシ叩きつけているにも関わらず、フリィクシャンルヒートバードの尾羽は門璧の鉄柱の根元から取れる気配はない、
 と、フリィクシャンルヒートバードが右の翼をくちばしの下に当て、目を下に伏せて少し何かを考えると、
 門璧の鉄柱の先の方まで目いっぱい飛んで行き、右の翼を門璧の鉄柱の先の方に伸ばした、すると、
 ドン!!
 大きな音を立てて門璧の中央の鉄の板からもう一度鉄柱が飛び出してきた!!鉄柱が飛びだしたことにより、尾羽が外れた!!
 尾羽が外れて自由になったフリィクシャンルヒートバードが、あわてて門璧から離れるように飛び立った!!
 ああ、そうか、出来る限り門璧の前に出ることでもう一度門璧から鉄柱を出すように誘導、尾羽を挟んだ状態から解放させたんだな、納得、
 しかし、俺が一人納得している間にも、突如、フリィクシャンルヒートバードの前後からそれぞれ、黒い風と白い風が吹いてきた!!
 フリィクシャンルヒートバードは尾羽が挟まれたことがよほど嫌だったのか、門璧から離れようと必死に前に飛び、
 白い風の助けを借りて、黒い風に逆らって飛んで行く!!
 ゴーッ!!
 ん?今度は何だ?
 フリィクシャンルヒートバードの背後から聞こえる音を聞き、そちらの方を見ると、
 門璧が大きな黒い風に乗って空を飛んでいた、
 え?あ、うん、そんなこともあるよね
 門璧は、フリィクシャンルヒートバードの正面から来ていたのとは別の大きな黒い風に乗って、フリィクシャンルヒートバードを追う!!
 一方のフリィクシャンルヒートバードは右の方からチラリと後ろを見る、すると、門璧が大きな黒い風に乗って追ってきているのを見て驚き、必死に両翼を動かして前の方に飛ぶ!!しかし、黒い風が邪魔でなかなか前には進めない!!
 と、フリィクシャンルヒートバードの後ろに迫っていた門璧の中央の鉄の板から
 ドン!!
 鉄柱が飛び出し、
 ゴン!!
 フリィクシャンルヒートバードを吹っ飛ばした!!
 フリィクシャンルヒートバードは空の向こうに飛んで行き、星になったと思ったら、爆発して光に返る!!
 わぁあああ!!
 観客から歓声がわき立つ!!
 ええっと、まだ、終わりじゃないぜ
 右手を力強く前に出す!!
 「2番戦闘!!行け!!背鎌の戦士 バックサイズスラッシャー!!
  破壊と戦いの鎌!!」
 
双輝 創造

攻撃

背鎌の戦士 バックサイズスラッシャー DM コスト:1 パワー:800
 
 バックサイズスラッシャーが創造の方に走っていき、創造の前に立つと、その背中の両鎌を振り上げた!!
 と同時に、創造の斜め上前に薄い光の壁が現れる!!
 バックサイズスラッシャーは創造の斜め上前に現れた薄い光の壁に向かって、背中の両鎌を思い切り振り下ろした!!
 バックサイズスラッシャーの両鎌を受け止めた薄い光の壁は、バックサイズスラッシャーの両鎌を受けた部分から徐々にひび割れていく!!
 そして、ひび割れが全体まで行きわたると、とうとう、両鎌を受け止めた部分から崩壊、両鎌が創造に迫る!!
 そう思った、次の瞬間、崩壊した光の壁から衝撃波が発生、バックサイズスラッシャーを俺の方まで吹っ飛ばしてきた!!
 対して、衝撃波を受けたもう一方の創造の方はといえば、
 両手を顔の前に持ってきて、右足を後ろに下げた防御姿勢でこの衝撃波を耐え、
 衝撃波が収まった後に、元は左から2番目の、今は一番左にあるライフカードを取る!!
 わぁあああ!!
 観客から歓声が沸き起こる!!
 と、創造がライフカードを取ってチラリと見つつ左手の手札に加えた後、
 思い切り右手を前に出す!!
 「僕は凍し白箱の戦士 アーマーブリザードの効果を発動!!」
 「なら俺は針踵の戦士 ハリオトシの効果を発動!!
  凍し白箱の戦士 アーマーブリザードの効果を相殺だ!!」
 間髪入れずに放った俺の宣言にも負けず、創造は右手でチャージゾーンのカードを1枚表にしてきた!!
 「続けて僕はエンジェルナイツ セイントオーラの効果を発動!!」
 残念!!その手もどうにかできる!!
 創造の宣言を聞き、俺は右手でチャージゾーンのカードを表にする!!
 「俺はデモンウォーリアーズ グラップエナジーの効果を発動!!
  もちろん、エンジェルナイツ セイントオーラの効果を相殺だ!!」
 
名前:デモンウォーリアーズ グラップエナジー
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで400上げる
   次に戦闘を行う自分のモンスターがカテゴリ:デモンウォーリアーズだった時
   さらに次の戦闘が行われるまでパワーを800上げる
カテゴリ1:デモンウォーリアーズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:叩け!!叩け!!叩け!!
     唸る叫びが破壊の力を増幅させる!!
 
 「ぐっ!!」
 「さぁ、もう使うカードは無いよな!!」
 悔しそうに歯噛みする創造の声を聴きつつ、俺は右手を思い切り前に出す!!
 「3番戦闘!!行け!!針踵の戦士 ハリオトシ!!
  スサブキアイハリカカト!!」
 
凍し白箱の戦士 アーマーブリザード M コスト:3
パワー:2300+500-1000 パワー合計:1800

VS

針踵の戦士 ハリオトシ M コスト:3
パワー:2500
 
 ハリオトシとアーマーブリザード、2体が互いににらみあい立つ中、黒い風があたりに吹く、
 と、両者、右の拳を握り、互いに相手の方に向かって行く!!
 そして、両者近寄ったところで、アーマーブリザードの右の拳が突き出された!!
 対するハリオトシは、この右の拳を右方向に避けつつこちらも右の拳を突き出し返す!!
 アーマーブリザードは左腕でその右拳を受け流し、右足を振り上げる!!
 右足を振り上げられたハリオトシは左足でアーマーブリザードの右足を受けつつ後ろに跳ぶ!!
 と、距離が開いた次の瞬間、アーマーブリザードの胴の鎧が左に、両手足の鎧が外側に開き、鎧の中から吹雪が放出される!!
 が、次の瞬間、ハリオトシは上に跳んで吹雪を回避しつつ、その右足を振り上げ、アーマーブリザードに踵落としを仕掛ける!!
 思わず上を見上げるアーマーブリザード、さらに、そのままハリオトシに向かって吹雪を吹きかけた!!
 ハリオトシは吹雪を吹きかけられながらもそのまま踵落としを敢行する!!
 ドカッ!!
 ハリオトシの踵落としはアーマーブリザードの目前の地上に振り落とされた!!吹雪のせいで少し吹き飛ばされ、着地点をずらされてしまったか!?
 しかし、ハリオトシはあきらめずにアーマーブリザードの吹雪がくる中、前の方に右足を一歩進めつつその左足を振り上げた!!
 慌てて少し上に跳ぶアーマーブリザード!!自身の出している吹雪の勢いで少し後ろに飛んで行く!!
 一方のハリオトシ、その場で左足を震わせて苛立ったと思ったら、苛立ち紛れに思い切り振り上げた左足で踵落としをした!!踵落としをするという思惑を外されてしまったためか・・・
 対するアーマーブリザードが、吹き飛んだ先で吹雪を止めて体の鎧を閉じ、ハリオトシの方をにらみつける、
 踵落としを2度も外し、再度アーマーブリザードにらむハリオトシ、
 両者、互いににらみ合う、すると、ハリオトシが大きく口を上げて吠え、アーマーブリザードがその右手を振り上げた!!
 ハリオトシの下から黒いオーラが立ち上り、その黒いオーラがハリオトシの踵の棘に宿る!!
 アーマーブリザードの上の方から光が降り注いできて、その右手に宿った光が強くなる!!
 そして、再度、向かって行く両者!!ハリオトシが右足を振り上げ、アーマーブリザードが右の拳を突き出し、ハリオトシの踵にぶつける!!
 火花のように散る闇と光!!そして、お互いに吹っ飛んだ!!
 結果は相打ちか!?アーマーブリザードとハリオトシは後ろに吹っ飛び・・・
 次の瞬間、ハリオトシが上げていた右足を思い切り地上に踏み込んで上に跳んだ!!そのまま空中で前の方に一回転しつつ左足を振り上げる!!
 ハリオトシが上に跳んだのをアーマーブリザードが目を見開いて驚いて見る、そして、急いで両腕を上に出して防御しようとする、しかし、驚いたせいか、一瞬反応が遅れている!!
 対するハリオトシが上の方から降ってきた!!
 ドガッ!!
 アーマーブリザードの右の首元にハリオトシの左の踵の棘が入る!!
 アーマーブリザードが防御するより、ハリオトシが降ってくる方が速かった!!
 そのままハリオトシは右足で地上に降り立ち、左足に思い切り力を籠め、左足の踵の棘をアーマーブリザードの首元に喰い込ませ、
 ガガガッ!!
 アーマーブリザードを切り裂いた!!
 切り裂かれ、後ろに倒れるアーマーブリザード!!一方のハリオトシが俺の方に振り返る中、爆発し、光に返った!!
 と同時に黒い風が俺のチャージゾーンから1枚のカードを左手の手札に弾き飛ばした!!
 わぁああああ!!
 観客から歓声が巻き起こる!!
 よしっ!!3番戦闘勝ったぜ!!これで、
 「ターンエンド!!」
 「ターンエンド!!」
 俺と創造が宣言する!!
 これで6ターン目が終了だぜ!!
 「2人とも!!息上がってない?
  まだまだ、これからだからね!!」
 「おぅ!!」
 「あぁ!!」
 俺と創造が遠果の声援に応える!!
 ようやく創造の2枚目のライフカードを取らせられた!!
 次のターンもこの勢いで行ってやるぜ!!
 
創造
デッキ:24枚 手札:2枚 ライフカード:3枚
チャージゾーン:5枚 トラッシュ:6枚
モンスターゾーン  
無し

VS

双我
デッキ:24枚 手札:2枚 ライフカード:1枚
チャージゾーン:4枚 トラッシュ:6枚
モンスターゾーン
要塞ダ・パーデルワームの門璧 M コスト:2 パワー:1600
背鎌の戦士 バックサイズスラッシャー DM コスト:1 パワー:800
針踵の戦士 ハリオトシ M コスト:3 パワー:2500
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカード CVSD 12話/9 バトル!!創造者VS破壊者 カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカード クリエイターVSデストロイヤー
12話 バトル!!創造者VS破壊者9

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 7ターン目、まだまだ攻めるぜ!!
 「リチャージ!!」
 「リチャージ!!」
 俺と創造は右手でチャージゾーンの表側表示のカードを全て裏にしつつ同時に宣言し、
 続けて、右手で山札の一番上のカードを引く!!
 「ドロー!!」
 「ドロー!!」
 出てきたのは、ポークミソスープ&ポークライスボール!!
 このカードがあれば、ポークジンジャーセットを発動し、山札からカードを追加で引ける!!
 手札も心もとなくなってきたことだし、ここは一発、賭けてみるぜ!!
 右手にポークミソスープ&ポークライスボールを持ちつつ、左手の手札からポークジンジャーセットを引き、創造に向かって突きつける!!
 「俺はポークジンジャーセットの効果を発動!!
  ポークミソスープ&ポークライスボールをトラッシュに送り、山札から3枚のカードを引く!!」
 
名前:ポークジンジャーセット
種類:H ハンド コスト:0
効果の発動タイミング:ドロー後
効果の発動条件:自分の手札にカテゴリ:ポークを持つカード
        もしくは名前にポークが入るカードが
        このカード以外に1枚以上存在し、
        さらに手札にあるカテゴリ:ポークを持つこのカード以外の
        カードを1枚、相手に見せる
        自分の山札が3枚以上ある時
効果:自分の手札のカテゴリ:ポークを持つカード
   もしくは名前にポークが入るカード1枚をトラッシュに送って
   自分の山札から3枚のカードを引いて手札にする
カテゴリ1:ポーク カテゴリ2:ジンジャー
テキスト:ジンジャーの香りが聞いた豚の焼き物に
     ライス、スープ、キャベツが付いたセット

名前:ポークミソスープ&ポークライスボール
種類:H ハンド コスト:0
効果の発動タイミング:ドロー後
効果の発動条件:自分のチャージゾーンにカテゴリ:ポークを持つカード
        もしくは名前にポークが入るカードが1枚以上存在する時
        カテゴリ:ポークを持つカードが裏側なら1枚表にして
        相手にカードを確認させ、裏側に戻す
        自分の山札が3枚以上ある時
効果:自分のチャージゾーンに存在するカテゴリ:ポークを持つカード
   もしくは名前にチキンが入るカードを1枚トラッシュに送る
   自分の山札から3枚のカードを引いて手札にする
カテゴリ1:ミソスープ カテゴリ2:ライスボール
テキスト:米を丸く握った物とスープのセット
     スープには味噌と呼ばれる不可解な物と豚のこま切れと野菜が入っていて、
     米を握った物は全体が焼かれた豚肉で包まれている
 
 俺の前にいきなり赤い豚のコマギレ肉が大量に現れ、さらに続けて鉄のボールが現れたと思ったら、その鉄のボールの中に赤い豚のコマギレ肉が放り込まれ、
 その鉄のボールの上に鉄のすりがねと生姜が出現したと思ったら、生姜が鉄のすりがねですり下ろされて、豚のコマギレ肉がはいった鉄のボールの中に入れられ、
 さらに、鉄のボールの中に上の方から醤油が注がれて入れられると、ひとりでに豚のコマギレ肉とすり下ろされた生姜と醤油が交ぜられ、
 鉄のフライパンが突如現れて、その中に生姜と醤油が交ぜられた豚のコマギレ肉が放りこまれ、
 鉄のフライパンの下に赤い火が付き、生姜と醤油をまぶされた赤い豚のコマギレ肉いい匂いを出して焼かれ始める!!
 ・・・食欲をそそるいい香りだ!!
 と、そんなこんなで豚のコマギレ肉がしばらく焼かれ、
 いきなり鉄のフライパンの前にキャベツの千切りと八等分に切られたトマトが二つ乗った白い皿が現れたと思ったら、
 火からフライパンが外され、皿の上でフライパンが傾き、焼かれた豚のコマギレ肉が皿の中央に乗せられた!!
 さらに、白い皿の右前には、いちょう切りにされた大根と人参に笹が木のごぼうにゆでられた豚肉が入れられた味噌汁の入った黒い腕が現れ、
 白い皿の左前には、大き目でこんがり焼かれた豚肉に包まれた丸いおにぎりの乗った四角い、草色の四角い皿が出現し、
 白い皿の真ん前に木の箸が持ち手を右にして現れた!!
 そう思ったのも束の間、いきなり木の箸が宙に浮き、白い皿に乗った良い色で焼かれた豚肉の一切れを掴み、俺の方に飛んできて俺の口の中にその豚肉の一切れを放り込んだ!!
 生姜の風味と醤油の香ばしさに肉の味、このブレンドされた濃い味がたまらないぜ!!
 と、思ったりしたのだが、やはりすぐに露と消えてしまった、
 「うぉおお!!うまそうだ~!!」
 「なんでカードバトルでうまそうなもんが出てくんだよ~」
 「ちきしょう、俺も食いていぜ!!」
 前後の観客から様々な声と反応が聞こえてくる、
 まぁ、あの演出を見たらこうなるのも当然か、
 どこかから腹がなる音も聞こえるな、
 ・・・そういえば、遠果の方はどういった表情をしてるだろうか?
 右の方をチラリと見ると、遠果は表情一つ変えずニコニコしている、
 そういえば、食べ物で変なことすることはあっても、食欲そのものはあまり強くなかったっけか、その後ろにいる姉貴は口を大きく開けて目を見開いて目をキラキラさせてるけど、
 「奇遇だな双我、僕もこれを使うと思ってたところだ」
 ん?一体なんだ?
 創造がかけてきた声を聞き、創造の方を向く、
 すると、創造がさっき引いて右手に持っていたであろうカードを右手に持ったまま、
 左手の手札からもう一枚のカードを右手で引き、俺の方に突きつけてきた!!
 「僕はビーフステーキセットを発動!!
  ビーフシチュー&ビーフライスをトラッシュに送り、山札から3枚カードを引く!!」
 
名前:ビーフステーキセット
種類:H ハンド コスト:0
効果の発動タイミング:ドロー後
効果の発動条件:自分の手札にカテゴリ:ビーフを持つカード
        もしくは名前にビーフが入るカードが
        このカード以外に1枚以上存在し、
        さらに自分の手札にあるカテゴリ:ビーフを持つこのカード以外の
        カードを1枚、相手に見せる
        自分の山札が3枚以上ある時
効果:自分の手札のカテゴリ:ビーフを持つカード
   もしくは名前にビーフが入るカード1枚をトラッシュに送って
   自分の山札から3枚のカードを引いて手札にする
カテゴリ1:ビーフ カテゴリ2:ステーキ
テキスト:レアに焼かれた肉汁滴る牛肉に
     ライスとスープとベジタブルミックスが付いたセット

名前:ビーフシチュー&ビーフライス
種類:H ハンド コスト:0
効果の発動タイミング:ドロー後
効果の発動条件:自分のチャージゾーンにカテゴリ:ビーフを持つカード
        もしくは名前にビーフが入るカードが
        このカード以外に1枚以上存在し、
        カテゴリ:ビーフを持つカードが裏側なら1枚表にして
        相手にカードを確認させ、裏側に戻す
        自分の山札が3枚以上ある時
効果:自分のチャージゾーンに存在するカテゴリ:ビーフを持つカード
   もしくは名前にビーフが入るカードを1枚トラッシュに送る
   自分の山札から3枚のカードを引いて手札にする
カテゴリ1:シチュー カテゴリ2:ライス
テキスト:牛肉が上に乗ったライスと牛肉のシチューとサラダのセット
     煮込まれたシチューに牛肉がごろりと入っており、
     大きな椀に入れられたライスの上には牛肉と玉ねぎの炒め物が乗っている
 
 創造の前にいきなり赤い牛肉の塊が現れた!!
 さらに、その出現した牛肉の塊の上に突如包丁が現れ、その包丁が牛肉の塊を上から切り裂き、続けて一度上に上がった思ったら、切り裂いた場所の少し右をさらに切り裂いて、牛肉の塊から大きな切り身を取り出す!!
 さらに、切り身になった牛肉がいきなり現れたフライパンに放り込まれ、フライパンの下に火が付く!!
 牛肉がいい匂いを出しつつ下から茶色く焼かれる!!
 ぐっ!!あっちもうまそうだ!!
 続けて、フライパンの横にフライ返しが現れてフライパンの上の牛肉をひっくり返し、しばらく待ったと思ったら、焼かれる牛肉の上に塩と胡椒がパッパッと振りかけられ、さらに、フライパンの前に黒い楕円の鉄皿が現れた!!
 下の方に少し厚い木の板が付いている黒い鉄皿だ!!
 その黒い鉄皿の上に焼かれた牛肉がフライパンを傾けられて移動する!!焼かれた牛肉が黒い鉄皿移されてもジュージューいってるぜ!!
 と、黒い鉄皿の上、焼かれた牛肉の奥左側にコーン、小さく角切りされた人参、グリーンピースが混ぜられた物が降ってきて、
 焼かれた牛肉の奥右側に、内側がギザギザした白く丸い円柱状の白い器が降ってきた!!その白い器の中には薄い茶色のソースが入っている!!
 さらに、続けて黒い鉄皿の左手前に、角切りで煮込まれた牛肉と同じく角切りで煮込まれた人参とまるごと入れられたジャガイモに薄切りにされた玉ねぎが入った濃いどろりとした茶色いシチューが盛られた白い皿が現れ、
 黒い鉄皿の右手前に、白いご飯が薄く盛られてそのご飯の上に薄切りの牛肉と薄切りの玉ねぎがいい色に焼かれたものが乗せられた白い皿が出現する!!
 と、いきなり銀のナイフと銀のフォークと銀のスプーンが黒い鉄皿の前に持ち手を左側にして現れて、
 銀のナイフと銀のフォークが浮かぶと、銀のフォークが突如、鉄皿の上の牛肉の左端に
 ダンッ!!
 と刺され、
 一緒に浮かんだ銀のナイフが縦に一直線に銀のフォークが刺さった肉周辺の肉を切り取るように牛肉を切り裂くと、
 銀のフォークが肉を刺したまま宙に浮かぶ、
 銀のフォークが刺したその肉は、少し中身が赤いレアの焼き加減の肉だ、
 さらに、銀のフォークが肉を刺したまま創造の方に飛んで行ってその刺した肉を創造の口の中に放り込んだ!!
 ぐっ!!つとめて冷静にしようとしてるのが見えるが、目じりが少し下がってるぜ!!創造!!
 そんなこんなで創造の方を見てたりしてると、
 創造の前に並んだ皿と飯が突如消えた、
 「うぉおお!!あっちもうまそうだ~」
 「ちくしょう!!カードバトルしてるのか料理バトルしてるのかわからねぇ!!」
 「ああもう!!どっちも食いたい!!」
 前後の観客から様々な声が聞こえる
 またどこかから腹がなる音も聞こえたな、
 遠果のほうはどうなんだ?
 右の方をチラリと見ると、遠果は相変わらずニコニコ顔だ、
 ・・・あの顔の裏に食欲を隠してるとか、ないか、遠果だもんな、
 遠果の後ろの創成さんは目を見開いて目をキラキラさせてるけど、うちの姉貴はよだれ垂れてないか、あれ、大丈夫か?
 と、うちの姉貴がいきなり右手で口元を拭く・・・やはりよだれ・・・いや、これ以上は言うまい、
 というか、創造、あんなカードを持ってたのか!!
 そういえば、創造も手札が少なくなってたなぁ・・・
 って、それよりも今はカードバトルを進めるか!!
 俺と創造は右手で山札の上3枚を引く!!
 俺が引いたのは、バックダッシュアンドダッシュ、デモンウォーリアーズ ブレストエナジー、元要塞 パーデルワーム
 この3枚だ!!
 元要塞 パーデルワームは使う時は確実に召喚したいし、
 バックダッシュアンドダッシュはハンドカードで手札に置いておいた方がいい、
 と、すると、チャージゾーンに置くのはデモンウォーリアーズ ブレストエナジーがいいか!!
 よし、それじゃ、行くぞ!!
 右手でチャージゾーンから破壊の世界にすさぶ戦壊の風のカードを引くと、闇の板中央少し手前の予の場所に裏側で置き、
 続けて、左手の手札からデモンウォーリアーズ ブレストエナジーのカードを右手で引き、チャージゾーンに裏側で置き、
 「セット!!」
 「セット!!」
 創造の光の板を見ると、どうやら、創造の方も1番とチャージゾーンに裏側でカードをちゃんと追加しようだぜ!!
 続けて、俺は予の場所に、創造は1番に裏側で置いたカードを右手で持ち、表にする!!
 「オープン!!」
 「オープン!!」
 「破壊の世界にすさぶ戦壊の風!!」
 「召喚!!巨大なる白き空の猛者!!その翼で雄々しく飛び立て!!大鳥 デクルマイアー!!」
 
名前:破壊の世界にすさぶ戦壊の風
種類:DS デストロイ コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分の戦闘を行うカードが無い場所一つを指定できた時
        相手のモンスターゾーンに1体以上いずれかの
        モンスター・デストロイヤー・クリエイターが存在する時
        手札に存在するコスト1以下のデストロイヤーカード
        1枚を相手に見せること
        前のターンに自分相手含め、モンスター、デストロイヤー
        スマッシュ、デストロイの全ての効果が
        相殺含め発動していなかった時
効果:発動条件で相手に見せたデストロイヤーを
   発動条件で指定した場所にコスト0扱いで召喚する、
   この効果で召喚したデストロイヤーは
   このターン、相殺を含めて全ての効果を発動することができない
   相手のモンスターゾーンにいる全ての
   モンスター・デストロイヤー・クリエイターのパワーを
   このターン、これから召喚されるものも含め、500下げる
   このカードはターン終了時、自分のチャージゾーンに表側表示で戻り、
   相手は自分のライフカードを1枚取ることができる、
   相手は自分のライフカードを1枚取った場合、次のターンのリチャージ時、
   手札の中の1枚をライフカードとしなければならない
   次のターンのリチャージ時、
   自分はライフカード1枚を手札にすることができる、
   手札にした場合、手札にしたターン、相手のモンスターゾーンにいる全ての
   モンスター・デストロイヤー・クリエイターのパワーを
   これから召喚されるものも含め、1000下げ、
   さらに次のターンのセット時にこのカードをモンスターゾーンに裏側で置く
   代わりにセット時に必要な手札が1枚になる
カテゴリ1:戦壊風 カテゴリ2:スピリット
テキスト:その風は破壊者を導く!!

名前:クリスタルクラウドフォートレスゴーレム
種類:M モンスター
コスト:4 パワー:3600
効果の発動タイミング:オープン後
効果の発動条件:相手のモンスターゾーンか自分のモンスターゾーンに
        パワー700以下のモンスターが存在している時
        このモンスターを召喚したターンである時
効果:相手のモンスターゾーンと自分のモンスターゾーンにいる、
   パワー700以下のモンスターを持ち主の手札に戻す
カテゴリ1:クリスタルクラウドフォートレス カテゴリ2:巨大
テキスト:そこにあったのは、水晶の要塞の壁が変形した存在だった!!
  
 俺は表にした破壊の世界にすさぶ戦壊の風のカードを右手で持ち、チャージゾーンに裏側表示で置く!!
 上空からいきなり創造の前に水晶の壁が降ってきて、その水晶の壁の一部が巨大な右手に変わると、その右の拳が俺の前に叩きつけられ、
 そこから水晶の壁が巨大な人側に変わった!!
 全身がきれいな水晶で出来、頭は三角コーンの様に三角で中央は十字の溝と溝の中央に丸い水晶の瞳が見え、全身が四角い水晶で出来ていて両肩、両胸の四角が少し大きめで、腰分のつなぎ目だけ正面と後ろが三角、その他の面が四角のブロックで出来ている!!
 と、そのゴーレムが両手を組んで地面にたたきつけて思い切り地面を砕いた後、
 右手を開いて前に出し、右と左の足をそれぞれ前後に出して首を大きく一回り回し、改めて正面を向く!!
 と、いきなり創造が右手でチャージゾーンのカード4枚を表にする!!
 「僕はクリスタルクラウドフォートレスゴーレムのコストに、
  エンジェルナイツ シャインディエイト、エンジェルナイツ セイントパワー、クライシャークォー、白木の盾を指定!!」
 
名前:エンジェルナイツ シャインディエイト
種類:CR クリエイティブ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のクリエイターが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のクリエイターのパワーを次の戦闘の間だけ1000上げる
   次に戦闘を行う自分のクリエイターが
   カテゴリ:エンジェルナイツを持っていた時、
   次の戦闘の間だけパワーをさらに800アップする
カテゴリ1:エンジェルナイツ カテゴリ2:スピリット
テキスト:降り注ぐ光が光の戦士の力をさらなる高みへと引き上げる!!

名前:エンジェルナイツ セイントパワー
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:コストで表になった時

名前:クライシャークォー
種類:CS クリエイト コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:白木の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

創造
モンスターゾーン  
クリスタルクラウドフォートレスゴーレム M コスト:4 パワー:3600
チャージゾーン
裏:2表:4

双我
モンスターゾーン
要塞ダ・パーデルワームの門璧 M コスト:2 パワー:1600
背鎌の戦士 バックサイズスラッシャー DM コスト:1 パワー:800
針踵の戦士 ハリオトシ M コスト:3 パワー:2500
チャージゾーン
裏:6表:0
 
 さて、どうする、この状況、
 確かに、すべてのカードが発動できれば、要塞ダ・パーデルワームの門璧でも大鳥 デクルマイアーに勝てるだろう、
 だが、創造がそれを許すか?最悪、デスティレイブのデモンウォーリアーズ ブレストエナジーだけ通されて他はすべてダメという可能性もあるな、デモンウォーリアーズ ブレストエナジーだけじゃ、要塞ダ・パーデルワームの門璧が大鳥 デクルマイアーに勝つことは出来ない、
 それなら、ここは静観する!!
 「宣言が無いなら先に行くぞ!!」
 創造が右手を振り上げる!!
 「1番戦闘!!行け!!大鳥 デクルマイアー!!
  クリスタルフィスト!!」
 
クリスタルクラウドフォートレスゴーレム M コスト:4 パワー:3600

VS

要塞ダ・パーデルワームの門璧 M コスト:2 パワー:1600
 
 クリスタルクラウドフォートレスゴーレムが真正面から門璧に向かって飛んで行く!!
 ドガッ!!
 いきなり、門璧の中央の鉄の板から鉄柱が飛び出す!!
 だが、この鉄柱をクリスタルクラウドフォートレスゴーレムは体の角度を少し変えるだけで避けた!!
 対する門璧が鉄柱を戻し、
 ドガッ!!ドガッ!!ドガッ!!
 さらに門璧が何回も鉄柱を撃ち出すが、クリスタルクラウドフォートレスゴーレムはそのことごとくを避ける!!
 そして、クリスタルクラウドフォートレスゴーレムが門璧に迫り、その右足を門璧に叩きつける!!
 ガッ!!
 クリスタルクラウドフォートレスゴーレムの足で門璧に傷が付く、が、それでも門璧は鉄柱をクリスタルクラウドフォートレスゴーレムに向かって撃ち出した!!
 鉄柱に驚き、あわてて左足で地を蹴り跳ぶクリスタルクラウドフォートレスゴーレム!!
 そのままクリスタルクラウドフォートレスゴーレムは後ろに跳んで門璧から離れ門璧の様子をうかがっている、
 と、もう一度、クリスタルクラウドフォートレスゴーレムが門璧の正面から門璧に向かって飛んで行く!!さらに、門璧から再度鉄柱が出てくる!!
 ドガッ!!ドガッ!!ドガッ!!
 鉄柱を続けて連発する門璧!!しかし、今度もこの門璧の鉄柱をクリスタルクラウドフォートレスゴーレムは体の角度を変えるだけで避けきった!!
 デクルマイアーはそのままさらに発射される鉄柱を体の角度を変えて避けつつ門璧に向かう!!
 そして、門璧の前までたどり着くと、門璧の前で両手を構え、立ち止まる、
 ドガッ!!
 この瞬間を見逃さず、門璧は鉄柱を発射した!!が、クリスタルクラウドフォートレスゴーレムは上に跳んで避け、
 ガシッ!!
 なんと、自身の両手で門璧の鉄柱を掴んだ!!
 鉄柱を戻していく門璧、
 だが、クリスタルクラウドフォートレスゴーレムはその両足に力を籠め、
 バキッ!!バキバキバキッ!!
 門璧から鉄柱を引っこ抜いた!!
 さらに、クリスタルクラウドフォートレスゴーレムは後ろに跳んで、
 鉄柱を取られたことで門璧の中央に空いた穴に向かって鉄柱を投げ、
 ドガァァァン!!
 門璧の残りの残骸を木端微塵に砕き、さらに、突っ込まれた鉄柱を右手で、残った根元の部分をかなり深く左手で掴み、
 ズガッ!!ズガガガガガ!!
 そのまま根元の部分を左足で引っこ抜いて上空に跳び、かなり上空まで来ると、右足の鉄柱と左足の門璧の根元を地上に投げ、
 ヒュゥウウウ!!ドガァァァン!!
 鉄柱もろとも門璧をさらに木端微塵にして爆発させ、闇に返した!!
 うわぁあああ!!
 観客から歓声が沸く!!
 ちぃ!!要塞ダ・パーデルワームの門璧がやられたか!!
 だが、2番戦闘と3番戦闘があるぜ!!
 まずは2番戦闘!!
 思い切り右手を前に振り上げる!!
 「2番戦闘!!行け!!背鎌の戦士 バックサイズスラッシャー!!
  破壊と戦いの鎌!!」
 
双輝 創造

攻撃

背鎌の戦士 バックサイズスラッシャー DM コスト:1 パワー:800
 
 創造の前までバックサイズスラッシャーが走っていく!!
 すると、創造の斜め上前に薄い光の壁が現れた!!
 バックサイズスラッシャーはそのまま薄い光の壁の前まで走っていくと、その背中の両鎌を思い切り振り上げ、薄い光の壁に向かってその両鎌を振り下ろした!!
 薄い光の壁は両鎌を受けて、両鎌が当たった部分から徐々にひび割れていき、
 ひび割れが全体に行きわたった頃、とうとう、両鎌が当たった部分から薄い光の壁が崩壊!!崩壊していく光の壁を通り、両鎌が創造の方に迫る!!
 が、しかし、薄い光の壁が崩壊したと同時に衝撃波が発生!!バックサイズスラッシャーはその衝撃波を受け、俺の方に飛ばされてきた!!
 一方、同じように衝撃波を受けた創造は、
 衝撃波を両手を顔の前に、右足を後ろに出した防御姿勢で耐え、
 衝撃波が収まった後、元は真ん中の、今は一番左にあるライフカードを右手で引き、
 引いたカードをチラリと見つつ左手の手札に移す、
 わぁぁぁああああああ!!
 観客が大きく沸く!!
 おっし!!それじゃあ、このまま突っ走るぜ!!
 一度右手を下げ、再度力強く振り上げる!!
 「3番戦闘!!行け!!針踵の戦士 ハリオトシ!!
  ハリカカト!!」
 
双輝 創造

攻撃

針踵の戦士 ハリオトシ M コスト:3 パワー:2500
 
 ハリオトシが創造の元まで勢いよく走り、天高く跳び上がった!!
 すると、ハリオトシを遮るように創造の斜め上前に薄い光の板が出現する!!
 しかし、ハリオトシはお構いなしに空中で右足を振り上げ、そのまま薄い光の板に踵落としを決め、薄い光の板を破壊し、創造に迫る!!
 が、薄い光の板が破壊されたことにより、衝撃波が発生!!ハリオトシは少し後ろに飛ばされ、ハリオトシの踵落としは創造の少し前の地面に決まった!!
 ハリオトシは衝撃波を受けて踵落としが空ぶって、目を細めた仕方なくといった表情になると、踵落としを空ぶった後もそのまま衝撃波を受け続けて後ろに移動、後ずさったまま俺の方に戻ってきた!!
 一方、同じく、薄い光の板が崩壊した時の衝撃波を受ける創造は、
 来たる衝撃波を両手を顔の前に出して右足を後ろに出した姿勢で耐え、
 衝撃波が収まった後に、右手で元は右から2番目の、今は一番左にあるライフカードを取り、取ったカードをチラリと見つつ左手の手札に加える
 わぁぁぁぁぁぁああああああ!!
 観客から歓声が巻き起こる!!
 と、創造が俺の方を見据え、
 「ターンエンド!!」
 「ターンエンド!!」
 俺と同時に宣言した!!
 「さぁ!!そろそろライフカードが減ってきたね!!
  2人とも!!負けないでね!!」
 だから・・・いや、もういいか!!
 「うぉう!!」
 「うんっ!!」
 遠果の声援に俺と創造が応え、7ターン目が終了する!!
 ようやくライフカードを減らせてきたぜ!!
 次のターン、このままとどめを、刺す
 
創造
デッキ:20枚 手札:4枚 ライフカード:1枚
チャージゾーン:6枚 トラッシュ:8枚
モンスターゾーン  
クリスタルクラウドフォートレスゴーレム M コスト:4 パワー:3600

VS

双我
デッキ:20枚 手札:1枚 ライフカード:1枚
チャージゾーン:6枚 トラッシュ:9枚
モンスターゾーン
無し
背鎌の戦士 バックサイズスラッシャー DM コスト:1 パワー:800
針踵の戦士 ハリオトシ M コスト:3 パワー:2500

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカード CVSD 12話/10 バトル!!創造者VS破壊者 カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカード クリエイターVSデストロイヤー
12話 バトル!!創造者VS破壊者10

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 8ターン目、このまま、攻めきってやる!!
 「リチャージ!!」
 「リチャージ!!」
 俺と創造は右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に返し、
 続けて、右手で山札の一番上のカードを引く!!
 「ドロー!!」
 「ドロー!!」
 俺が引いたカードはデモンウォーリアーズ バニシングエナジー!!
 よし!!このカードをチャージゾーンに置いて、1番には元要塞 パーデルワームを召喚するぜ!!
 引いたばかりで右手に持つデモンウォーリアーズ バニシングエナジーをチャージゾーンに裏側で置き、
 続けて、左手の手札から元要塞 パーデルワームのカードを引いて1番の場所に置く!!
 「セット!!」
 「セット!!」
 創造の光の板の方を見ると、確かに2番とチャージゾーンにカードが裏側で追加されているなっ!!
 なら、先にすすめるぜ!!
 俺と創造は右手で1番に裏側で置いてカードを持ち、表にする!!
 「オープン!!」
 「オープン!!」
 「紫の長大種よ!!その力を示し、敵を押しつぶせ!!召喚!!元要塞 パーデルワーム!!」
 「来い!!盾翼の戦士 シールドバサット!!」
 
名前:元要塞 パーデルワーム
種類:M モンスター
コスト:4 パワー:3700
効果の発動タイミング:オープン後
効果の発動条件:相手のモンスターゾーンか自分のモンスターゾーンに
        パワー500以下のモンスターが存在している時
        このモンスターを召喚したターンである時
効果:相手のモンスターゾーンと自分のモンスターゾーンにいる、
   パワー500以下のモンスターを全てトラッシュに送る
カテゴリ1:パーデルワーム カテゴリ2:巨大
テキスト:土の外にひょっこり姿を現した紫の軟体動物は悠々と進んでいく

名前:盾翼の戦士 シールドバサット
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1400
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次に戦闘をおこなう相手モンスターのパワーが2400以下の時
        次に戦闘をおこなうのがこのカードだった時
        自分のチャージゾーンに裏側表示のカードが1枚以上存在する時
効果:次の戦闘をスキップして、戦闘後に移行する
   自分のチャージゾーンにある裏側表示のカード1枚を表側表示にする
   表にしたカードの中でカテゴリ:エンジェルナイツを持つカード全て裏に戻す
   この効果で表にしたカードはコストで表にした扱いでは無く
   カードの効果の発動や召喚等を行えない
カテゴリ1:エンジェルナイツ カテゴリ2:立ちはだかる!!
テキスト:翼が硬質化し、盾のようになった戦士
     その盾で戦場に置いて守り手となる
 
 突如、俺の前の地面が豪快に隆起し、隆起した地面を砕きながら地面の下から巨大な紫のミミズが姿を現した!!
 その円柱の体はただひたすらに長く巨大で、ごつごつした紫の肌で体が覆われ、前の方には刃が360度に付いた赤い口が付いている!!
 とその紫のミミズがいきなり体を上に上げて一気に下の地面に打ち付けて辺りの地面を粉砕し、あたりに吹き飛ばした後、頭を大きく上に上げ、吠える真似をする!!
 創造の前、クリスタルクラウドフォートレスゴーレムの左側に、鋼の翼持つ白い騎士が現れた!!
 鍛え上げられた無数の鉄の羽を背中の鋼の翼に持つ白い騎士だが、
 その代わりにその鋼の翼に飛行能力はなさそうだ、
 さらに、その両手には武器も何も持たず、白い鎧を隙間なく着こんでいて、兜の目の上の部分に、鳥のくちばしのような黄色いパーツが付いている!!
 あっちはコスト2、こっちはコスト4のモンスター!!
 俺は2枚の、創造は4枚のカチャージゾーンのカードを右手を使い、それぞれ前に出す!!
 「それでいいな!!それじゃあ、表にするぜ!!」
 「いいだろう!!表にしよう!!」
 創造が俺の呼びかけに答え、前に出したカードを表にする!!
 それじゃあ、俺の方も表にするぜ!!
 続けて、俺の方も右手で前に出したカードを全て表にする!!
 まずは、俺が表にしたカード!!
 
名前:破壊の世界にすさぶ戦壊の風
種類:DS デストロイ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:黒き鱗の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:デモンウォーリアーズ グラップエナジー
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:闇夜にすさぶ破壊の風
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 続けて、創造が表にしたカード!!
 
名前:エンジェルナイツ セイントパワー
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:コストで表になった時

名前:白木の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

 創造が右手を前に出す!!
 「僕はエンジェルナイツ セイントパワーの効果を発動!!
  盾翼の戦士 シールドバサットのパワーを500上げる!!」
 シールドバサットが突如右拳を上に上げると、シールドバサットの上から光が降ってきて、シールドバサットの両翼に光が宿った!!
 
創造
モンスターゾーン  
クリスタルクラウドフォートレスゴーレム M コスト:4 パワー:3600
盾翼の戦士 シールドバサット M コスト:2 パワー:1400+500
チャージゾーン
裏:5表:2

双我
モンスターゾーン
元要塞 パーデルワーム M コスト:4 パワー:3700-300
背鎌の戦士 バックサイズスラッシャー DM コスト:1 パワー:800-300
針踵の戦士 ハリオトシ M コスト:3 パワー:2500-300
チャージゾーン
裏:3表:4
 
 クリスタルクラウドフォートレスゴーレムと元要塞 パーデルワーム、パワーはこちらの元要塞 パーデルワームの方が200低い!!
 だが、それぐらいならすぐ逆転できる!!
 右手でチャージゾーンのカードを1枚表にする!!
 「俺はデモンウォーリアーズ バーストエナジーの効果を発動!!
  元要塞 パーデルワームのパワーを600上げるぜ!!」
 創造の方が右手でチャージゾーンのカードを1枚表にしてきた!!
 「僕は試練の前の聖なる風の効果を発動!!
  デモンウォーリアーズ バーストエナジーの効果を相殺する!!」
 なら、これなら!!
 再び、右手でチャージゾーンのカードを1枚表にする!!
 「俺はデモンウォーリアーズ バニシングエナジーを発動!!
  元要塞 パーデルワームのパワーを800上げる!!」
 
名前:デモンウォーリアーズ バニシングエナジー
種類:DR デスティレイブ コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターもしくはデストロイヤーが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターもしくはデストロイヤーのパワーを
   次の戦闘が行われるまで800上げる
   次に戦闘を行う自分のモンスターもしくはデストロイヤーが
      カテゴリ:デモンウォーリアーズを持っていた時
   さらに次の戦闘が行われるまでパワーを700上げる
カテゴリ1:デモンウォーリアーズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:叩きつけろ!!叩きつけろ!!叩きつけろ!!
     唸り続ける叫びが破壊の力を増幅させ続ける!!
 
 「デスティレイブか!?
  だが、そんなものは許可しない!!」
 創造の方も右手でチャージゾーンのカードを表にしてきた!!
 「僕はエンジェルナイツ セイントオーラを発動!!
  デモンウォーリアーズ バニシングエナジーを相殺する!!」
 ちぃい!!相殺されたか!?だが、まだまだカードはあるぜ!!
 右手で別のカードを表に!!
 「なら、こっちはどうだ!!
  俺はデモンウォーリアーズ ブレストエナジーの効果を発動!!
  元要塞 パーデルワームのパワーを1200上げるぜ!!」
 
名前:デモンウォーリアーズ ブレストエナジー
種類:DR デスティレイブ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターもしくはデストロイヤーが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターもしくはデストロイヤーのパワーを
   次の戦闘が行われるまで1200上げる
   次に戦闘を行う自分のモンスターもしくはデストロイヤーが
      カテゴリ:デモンウォーリアーズを持っていた時
   さらに次の戦闘が行われるまでパワーを1000上げる
 
 「その効果は通す!!」
 創造の声が響く!!
 お?効果を相殺せず通してきたか!!それなら!!
 「俺はデモンウォーリアーズ ブレストエナジーのコストに
  黒き鱗の盾と破壊の世界にすさぶ戦壊の風を指定!!」
 
名前:黒き鱗の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:破壊の世界にすさぶ戦壊の風
種類:DS デストロイ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 これで1番戦闘は俺の勝ちだぜ!!
 このまま押し切って
 「僕はクライシャークォーの効果を発動!!
  さっき君がトラッシュに送った黒き鱗の盾をチャージゾーンに表側表示で戻し、
  元要塞 パーデルワームのパワーを大鳥 デクルマイアーと同じにし、
  そっちの2番にいる背鎌の戦士 バックサイズスラッシャーをトラッシュに送る!!」
 
名前:クライシャークォー
種類:CS クリエイト コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:前のターンの開始時に、相手のモンスターゾーンに
        モンスター・クリエイター・デストロイヤーが
        計3体以上存在していた時
        次の戦闘に参加する自分の
        モンスター・クリエイターのパワーが、
        次の戦闘に参加する相手の
        モンスター・クリエイター・デストロイヤーのパワーより
        1500以内で下の数値だった時
効果:次の戦闘に参加する相手の
   モンスター・クリエイター・デストロイヤーのパワーを
   次の戦闘に参加する自分の
   モンスター・クリエイターのパワーと同じにする、
   その後、次の戦闘に参加しない相手のコスト2以下の
   モンスター・クリエイター・デストロイヤー1体をトラッシュに送り、
   この戦闘前タイミングを終了する
カテゴリ1:アタック カテゴリ2:相打ち!!
テキスト:ハッ!!フッ!!おりゃあーーーーー!!
     渾身のカウンターが、今決まる!!
 
 な、なにっ!!
 創造が右手でチャージゾーンのカードを一枚表にしつつ宣言してきた!?
 クライシャークォー、あのカードは今まで使ってなかったはず・・・
 あ、前のターンで俺がモンスターゾーンにモンスターとデストロイヤーを3体並べたから発動条件を満たしちゃったのか!!
 ぐっ!!うかつだったぜ!!
 「さぁ!!これで元要塞 パーデルワームとクリスタルクラウドフォートレスゴーレムは相打ちだ!!」
 
クリスタルクラウドフォートレスゴーレム M コスト:4
パワー:3600 パワー合計:3600

VS

元要塞 パーデルワーム M コスト:4
パワー:3700-300+1200 3600にチェンジ パワー合計:3600
 
 クリスタルクラウドフォートレスゴーレムとパーデルワームが向かい合う!!
 ・・・あの、校庭いっぱいいっぱいなんだが・・・
 そんな俺の思惑つゆ知らず、両者、相手に向かって行く!!
 と、パーデルワームが頭を下げてその尾っぽを上に上げ、クリスタルクラウドフォートレスゴーレムに叩きつける!!額にパーデルワームの尾を受けるクリスタルクラウドフォートレスゴーレム!!
 クリスタルクラウドフォートレスゴーレムはひるむも、すぐに立ち直り、パーデルワームを見据える!!
 再び対峙するパーデルワームとクリスタルクラウドフォートレスゴーレム!!
 今度はパーデルワームが先に動いた!!いきなり自身の尾を振り回す!!
 グォウ!!
 俺達の頭上をパーデルワームの尾っぽが行き過ぎ、クリスタルクラウドフォートレスゴーレムに向かって行く!!
 ・・・当たっても大丈夫とわかっていても、これはすごい迫力というかなんというか・・・
 クリスタルクラウドフォートレスゴーレムは向かってきた尾っぽに対し、上前へ跳んで回避!!そのまま、上空からパーデルワームに向かって両足を向けて蹴りにいく!!
 対するパーデルワームはその口を上に向け、クリスタルクラウドフォートレスゴーレムに向かって行く!!
 ガッ!!
 だが、奮戦むなしく、その口の攻撃はクリスタルクラウドフォートレスゴーレムの足裏を少し削ったのみ、その代りに、自身の顔の上部にクリスタルクラウドフォートレスゴーレムの両足蹴りを喰らって吹っ飛ばされてしまった!!!!
 さらに、クリスタルクラウドフォートレスゴーレムが吹っ飛ばされたパーデルワームを追い、パーデルワームの尾を両手で掴む!!
 と、いきなりパーデルワームがその頭を振り上げ、そのままクリスタルクラウドフォートレスゴーレムに巻き付いた!!
 対するクリスタルクラウドフォートレスゴーレムが両手をパーデルワームから離し、右拳を自身に巻きついたパーデルワームに振るい、続けて左拳もパーデルワームに向かって振るい殴る!!
 殴られるパーデルワームだが、その胴体でクリスタルクラウドフォートレスゴーレムをさらに締め付ける!!対して、必死に脱出しようと両拳でパーデルワームを殴り続けていくクリスタルクラウドフォートレスゴーレム!!
 ・・・頼むから間違っても倒れないでくれよ!!と思ってしまうな・・・
 パーデルワームがクリスタルクラウドフォートレスゴーレムを締め続ける中、何処かから白い風が吹いてきたり、光が上から降ってきたり、地面から闇が立ち上ってきたりする!!
 しかし、状況は全く変わらない!!パーデルワームがクリスタルクラウドフォートレスゴーレムを締め続ける・・・
 いや!!パーデルワームの締め付けがぎゅうぎゅうと強くなっている!!そして、パーデルワームの締め付けが強くなるに比例して、クリスタルクラウドフォートレスゴーレムの殴る勢いも弱まっている!!
 このままいけばパーデルワームの勝ちだ!!
 と思った次の瞬間、クリスタルクラウドフォートレスゴーレムがバランスを崩し、空に浮遊している大地にパーデルワームごとぶつかった!!
 ゴガン!!
 思わずクリスタルクラウドフォートレスゴーレムを巻き付きから離すパーデルワーム!!
 クリスタルクラウドフォートレスゴーレムは巻き付きから解放されると即座に一旦後ろに跳び、勢いよくパーデルワームに向かって走りこむ!!
 一方のパーデルワーム、いきなり頭を振って気を持つ、どうやら、大地にぶつかった衝撃で、少し気をやっていたようだ、
 さらに、パーデルワームが、クリスタルクラウドフォートレスゴーレムの方を向き、クリスタルクラウドフォートレスゴーレムが近づいて来た時を見計らい、その頭をクリスタルクラウドフォートレスゴーレムの頭に向かって突き出した!!
 ゴン!!
 思い切り頭をぶつける両者!!
 さらに、そのままパーデルワームがクリスタルクラウドフォートレスゴーレムの首元に頭を伸ばして巻きつき、対するクリスタルクラウドフォートレスゴーレムが両手でパーデルワームの首元を握り、そのまま力を込め、握り潰していく!!
 ガジュッ!!
 と、両者の首元から何かがちぎれる音が聞こえて、両者、大地に倒れ伏し爆発!!
 クリスタルクラウドフォートレスゴーレムは光に、パーデルワームは闇に返った!!
 わぁあああ!!
 観客から歓声が沸き起こる!!
 「さぁ!!2番戦闘だ!!行け!!シールドバサット!!
  シールドセイントプレッシャー!!」
 
盾翼の戦士 シールドバサット M コスト:2 パワー:1400+500

攻撃

破壊 双我
 
 さっき、パーデルワームとデクルマイアーにぶつかった大地が割れて下の方に徐々に岩石を落としつつ崩壊する中、シールドバサットとバックサイズスラッシャーが対峙する!!
 そして、シールドバサットとバックサイズスラッシャーが相手に向かって走る!!そして、互いに背中の鎌と翼を振り上げ、相手に向かって振り降ろす!!
 キン!!
 澄んだ音がして、互いの背中の両翼と両鎌がぶつかり弾かれる!!
 そこに、バックサイズスラッシャーがその右手を握って振り上げ、シールドバサットに殴り掛かる!!!
 ガンッ!!
 とっさに出されたシールドバサットの両翼に、その拳が弾かれた!!
 だが、バックサイズスラッシャーはあきらめず、続けて、その右足を振り上げ、蹴りかかる!!
 ゴンッ!!
 やっぱり効いていない!!
 そのままバックサイズスラッシャーは左拳を突き出したり背中の両鎌を振り降ろしたりして攻撃を続ける!!しかし、シールドバサットの両翼にすべて弾かれる!!
 そうこうしているうちに、バックサイズスラッシャーの動きが鈍る、連続攻撃で少し疲労してしまったのか!?
 そこにシールドバサットが翼を解き、右手を握って殴り掛かってきた!!
 慌ててバックサイズスラッシャーがシールドバサットの右拳を後ろに跳んで避け、さらに、意地で右拳を握って、シールドバサットに殴り掛かり反撃に転じる!!
 対するシールドバサットも右拳を握り直して、バックサイズスラッシャーを殴り返していく、ぶつかる互いの右拳!!だが、疲労度の差か、バックサイズスラッシャーが吹っ飛んだ!!
 そして、バックサイズスラッシャーの上から何かが・・・
 ズドン!!
 バックサイズスラッシャーがいきなり上から降ってきた岩に潰された!!
 ああ、そういえば、上の大地が崩壊して岩が降ってきている途中だったっけ・・・
 あわれ、岩に潰されたバックサイズスラッシャーは、黒い爆発を起こし、闇へと帰った!!
 と、目標を見失ったシールドバサットが周りを見回すと突如、俺の方を向き、俺の方に向かってきて、俺の前で背中の両翼を上の方に振り上げた!!
 すると、俺の前に薄い闇の壁が現れる!!
 シールドバサットは俺の前にある薄い闇の壁に向かって背中の翼を振り下ろす!!
 薄い闇の壁はその両翼を受け、いとも簡単に3枚下ろしとなって破壊され、あたりに衝撃波を発生させた!!
 シールドバサットが薄い闇の壁が破壊された時の衝撃波を受け、後ずさりしつつ創造の方に戻っていく!!
 さぁ、こっちにも衝撃波が来るぜ!!
 迫り来た衝撃波を右腕を顔の前に出したままの防御姿勢で耐える!!
 そして、衝撃波が収まった後、元は一番左にあった、最後のライフカードを右手で取る!!
 出てきたのは連撃破強襲!!だ、
 このカードで、どうなるんだろうか、
 うぉおおおおお!!
 観客から歓声が湧く!!
 俺は引いたばかりの連撃破強襲!!を左手の手札に移すと、
 続けて、右手を力強く前に出し、
 「行くぜ!!3番戦闘!!行け!!針踵の戦士 ハリオトシ!!
  ハリカカト!!」
 
双輝 創造

攻撃

針踵の戦士 ハリオトシ M コスト:3 パワー:2500
 
 俺が宣言すると、ハリオトシが創造の方に走っていき、跳躍し、天高く舞い上がる!!
 すると、創造の斜め上前、ハリオトシを遮るように薄い光の壁が現れた!!
 だがっ!!現れた薄い光の壁に構わず、ハリオトシはそのまま空中で右足を振り上げ、そのまま踵落としを敢行!!
 ハリオトシの踵落としが薄い光の壁に決まり、さらに、ハリオトシの踵落としが薄い光の壁を貫通、創造に迫る!!
 しかし、ここで崩壊する薄い光の壁から衝撃波が発生!!ハリオトシを少し後ろに吹き飛ばした!!
 そして、薄い光の壁を貫通してまで敢行したハリオトシの踵落としは、創造ではなく、創造の直ぐ前の地面に向かって決まってしまった!!
 踵落としを外したハリオトシは創造を目前にし、目を細めて仕方ないといった表情をすると、発生し続ける薄い光の壁の衝撃波を受けてズルズルと吹き飛ばされ、後ずさりしながら俺の方にまで戻ってきた!!
 一方、同じく薄い光の壁から出た衝撃波を受ける創造、
 向かい来た衝撃波を両手を顔の前に出して右足を後ろに出した姿勢で耐え、
 衝撃波が収まった後、元は一番右にあった最後のライフカードを右手で取って、チラリと中を見、左手の手札に加え
 わぁぁぁあああああああああ!!
 観客の歓声が沸く中、俺の方を見据えると、
 「ターンエンド!!」
 「ターンエンド!!」
 俺と創造は同時に宣言する!!
 さて、これで8ターン目は終了だ!!
 ようやく創造のライフカードを0にまで追い詰めたぜ!!代わりにこっちもライフカードが0になっちまったがな!!
 このままいけば創造の勝ちだが、まだ、勝機はあるはずだ!!
 「さぁ!!泣いても笑っても、多分次が最後のターンだよ!!
  二人とも、準備は良い!?」
 「おぅ!!」
 「あぁ!!」
 遠果の声援に俺と創造が応え、9ターン目が、始まる!!
 
創造
デッキ:19枚 手札:4枚 ライフカード:0枚
チャージゾーン:6枚 トラッシュ:10枚
モンスターゾーン  
無し
盾翼の戦士 シールドバサット M コスト:2 パワー:1400
VS

双我
デッキ:19枚 手札:2枚 ライフカード:0枚
チャージゾーン:6枚 トラッシュ:12枚
モンスターゾーン
無し
無し
針踵の戦士 ハリオトシ M コスト:3 パワー:2500

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカード CVSD 12話/11 バトル!!創造者VS破壊者 カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカード クリエイターVSデストロイヤー
12話 バトル!!創造者VS破壊者11

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「リチャージ!!」
 「リチャージ!!」
 俺と創造は右手でチャージゾーンの表側表示のカードを裏に返し、
 互いに自分の山札に右手をかける、
 ・・・こいつがモンスターやデストロイヤーじゃなかったら2番戦闘で俺の負け、
 ただのモンスターやデストロイヤーでも、あっちがモンスターかクリエイターを出して来たら、2番戦闘で俺の負けだ!!
 さぁ、来い!!
 「ドロー!!」
 「ドロー!!」
 さらに、右手で山札から1枚引く!!
 さて、出てきたのは・・・来たぜ!!さぁ、こいつでとどめといこうじゃないか!!
 創造と俺は右手で左手の手札から1枚のカードをひいて1番の場所に裏側で置き、
 続けて、左手の手札から右手で1枚のカードをチャージゾーンに裏側で置いて、
 「セット!!」
 「セット!!」
 同時に宣言!!続けて、お互いに自身で1番に裏側で置いたカードを持ち、表に返す!!
 「オープン!!」
 「オープン!!」
 「来たれ!!勝利のクリエイター!!僕に勝利を作り出せ!!
  ビクトリークリエイトナイト!!召喚!!」
 「来い!!勝利の破壊者よ!!創造の勝利を破壊しろ!!
  ビクトリーデストロイウォーリアー!!召喚!!」
 
名前:ビクトリークリエイトナイト
種類:CM クリエイター
コスト:4 パワー:4000
召喚効果・チャージクリエイト1
   発動条件:このクリエイターを召喚した時
        自分のトラッシュにカードが1枚以上存在している時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
   自分のトラッシュあるカード1枚を裏側表示で自分のチャージゾーンに置く
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このクリエイターが戦闘で相手の
        モンスター、クリエイター、デストロイヤー
        いずれかに勝利した時
        相手のライフカードが0枚以下だった時
効果:このカードバトルに勝利する
カテゴリ1:エンジェルナイツ カテゴリ2:勝利
テキスト:勝利を創生せし白き騎士!!あまねく創造の力で勝利を創る!!

名前:ビクトリーデストロイウォーリアー
種類:DM デストロイヤー
コスト:4 パワー:4000
召喚効果・チャージデストロイ1
   発動条件:このデストロイヤーを召喚した時
        相手のチャージゾーンにカードが1枚以上存在している時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
   相手のチャージゾーンにあるカード1枚を相手のトラッシュに送る
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このデストロイヤーが戦闘で相手の
        モンスター、クリエイター、デストロイヤー
        いずれかに勝利した時
        相手のライフカードが0枚以下だった時
効果:このカードバトルに勝利する
カテゴリ1:デモンウォーリアーズ カテゴリ2:勝利
テキスト:敵の勝利を破壊する黒き戦士!!破壊の力は我らの勝利のために!!
 
 俺と創造の前に大きな雷が落ち、嵐が巻き起こる!!
 雷で世界が白く染まる中、嵐の横風が俺の体に吹きつける!!
 そして、雷で割れた大地から黒い右手が現れその黒い右手がその手の平を大地に打ち付け
 嵐の中心点に上空から薄緑の玉が降ってきて地上に着弾する!!
 大地に手の平を打ち付けた黒い右手が自身につながったものを引き上げていき、その姿を現していく!!
 黒い右手の左側からまず現れたのは、一本の角、前の方に曲がって生える角で、その角の根元から右に傾く黒い顔が現れた!!
 赤く鋭い瞳に割と高い鼻と上下から長く生える牙を持つ口を持つ堀の深い顔で、最初に見た右の方の角と対を成す角を、左側の方に持っている!!
 と、地上に着弾した薄緑色の球から爆風が起こり、あたりの嵐を吹き飛ばし、嵐が収まった後に純白に騎士が姿を現した!!
 全身に着こむは刃のような鋭い印象の残る白い鎧、さらにその背中には上下左右に扇風機の羽のように配置された大きな翼を持っている!!
 と、割れた大地から右手と黒い顔を見せていたものが大地にひっかけた右手を支えにさらにその姿を現していく!!
 筋肉質な黒い肉体を持ち、さらにその背中には3つ股の黒い骨に4枚の濃い灰色の皮で構成された両翼が存在している!!
 すると、純白に騎士が黒い肉体を持つものの方を見る!!
 その純白の騎士の胸部は1枚の逆三角の1枚のプレートに覆われ、
 腹部に着けた鎧は縦方向に3枚に分割されて腰部の前後左右にはそれぞれV字のようなプレートを持ち、
 その四肢に着けた鎧も動きやすいようにか、いくつかのパーツに分かれ、その額の部分には目の部分を覆いながら左右の後頭部にまで届くほどのVの字の装飾を持ち、その装飾の両端には白い翼の飾りがあり、
 さらにその両手首と両足首には、透明で半楕円の飾りをいくつも付けていて、その透明で半楕円の飾りは扇風機の様にくるくる回っている!!
 と、黒い肉体を持つものが右手のさらに外側の大地に右足を上げ、その右足を大地にひっかけて右足を伸ばし、その全身を現していく!!
 そこにいたのは一体の漆黒の戦士!!
 全身が漆黒の筋肉質の肉体を持ち、その背中に羽を、頭の左右に角持つ漆黒の戦士だ!!
 そして、漆黒の戦士が潔白の騎士をにらみ、両翼を羽ばたかせて宙に浮くと、
 同時に、潔白の騎士も漆黒の戦士をにらみ、両手首と両足首に付いた飾りを回して宙に浮く!!
 漆黒の戦士と潔白の騎士は互いににらみ合いながら、両腕を腰横に構え、両手と両足を後ろに引き下げつつ顔を大きく上に上げる!!
 次の瞬間、上空に雷雲が現れていくつもの雷が降り注ぎ、辺りにいくつもの嵐が巻き起こる!!
 しかし、漆黒の戦士と潔白の騎士がにらみ合いつつ両手と両足と顔を元に戻すと、嵐と雷が収まり、黒い雲も無くなる!!
 向こうはコスト4のクリエイター!!こっちはコスト4のデストロイヤー!!コスト相殺が起きるぜ!!
 どちらもコスト支払は無し!!さらに・・・
 突如、ビクトリークリエイトナイトが右手の飾りをくるくる回して風を溜めると、溜めた風を光の板、創造のデッキの俺から見て手前側にある、創造のトラッシュに向けて撃った!!
 と同時に、ビクトリーデストロイウォーリアーがその右手に力を込めて雷を発電させ、右手を突き出して発電した雷を創造のチャージゾーンに向けて撃った!!
 創造のトラッシュにあるカードの一枚がビクトリークリエイトナイトが発射した風によって舞い上がり、創造のチャージゾーンに飛んで行く!!
 しかし、次の瞬間、創造のチャージゾーンに向かったカードは、ビクトリーデストロイウォーリアーの右腕から発射された電撃を受け、トラッシュに舞い戻って行く!!
 カードを戻されたビクトリークリエイトナイトがビクトリーデストロイウォーリアーの方を見、
 ビクトリーデストロイウォーリアーが両腕を胸の前で組んでビクトリークリエイトナイトを見下した後、両腕を解いてビクトリークリエイトナイトの方を目を細めてにらみ直す!!
 そう、ビクトリーデストロイウォーリアーとビクトリークリエイトナイトには双方召喚効果があるが、
 召喚効果が同時に発動したことで、召喚効果が相殺されたのだ!!
 
創造
モンスターゾーン  
ビクトリークリエイトナイト CM コスト:4 パワー:4000
盾翼の戦士 シールドバサット M コスト:2 パワー:1400
チャージゾーン
裏:7表:0

双我
モンスターゾーン
ビクトリーデストロイウォーリアー DM コスト:4 パワー:4000
無し
針踵の戦士 ハリオトシ M コスト:3 パワー:2500
チャージゾーン
裏:7表:0
 
 「いけ~っ!!双我!!ほら!!みんなも!!」
 「負けるな!!創造!!みんなも応援して!!」
 「双我ぁ!!いけぇ!!」
 「創造!!負けるなよ!!」
 「やっちまぇ!!」
 「やれぇ!!」
 「ここが正念場だぁ!!」
 「ここで引くなんてすんなよ!!」
 姉貴たちの声援に、俺の後ろにいる奴らと創造の後ろにいる奴らが呼応し声を上げる!!
 「二人とも!!全力で、頑張って!!」
 遠果も俺達を見て応援してくれる!!
 遠果、お前の言葉が一番力になるぜ!!
 「何だこれ、クリエイター、デストロイヤー、それに・・・、
  これじゃ、まるで・・・じゃ、私と同じ位置にいるあいつは一体・・・?」
 なんか、姉貴たちのプロデューサーが目を見開いた驚いた表情でぶつぶつ言ってるな、
 この状況に水を差すようなことなんで言わないでほしいが、
 まぁ、何を考えてるかは後で聞けばいいか、それよりも、今は創造と決着をつけてやるぜ!!
 まずは、このカードだ!!
 チャージゾーンのカードを1枚、表にする!!
 「俺はデモンウォーリアーズ バニシングエナジーの効果を発動!!
  ビクトリーデストロイウォーリアーのパワーを1500上げるぜ!!」
 「残念だが、そうはいかないな!!僕はエンジェルナイツ セイントバーストの効果を発動!!
  デモンウォーリアーズ バニシングエナジーの効果を相殺する!!」
 ちぃ!!やっぱりそう来たか!!
 だが、これで勝つための条件は整った!!
 創造が右手でチャージゾーンのカードを1枚表にして相殺した後、俺は思考を巡らせる!!
 俺がチャージゾーンに置いたカードの事を考えれば、このまま行くほうが一番いい、だが、創造がこのままいかせてくれるか・・・?
 ・・・一度、ちょっとつついてみるか・・・
 「どうした?他のカードの効果を使わないのか?」
 「そっちこそ、このまま行っていいのかな?」
 なんだ?何言ってやがる、このまま行けば一見創造の勝ちだ、普通ならこのまま行きそうだが、相手は創造、やはりそう簡単にはいかなそうだな!!
 創造が右手でチャージゾーンのカードを1枚表にする!!
 「僕はエンジェルナイツ シャインディエイトの効果を発動!!
  ビクトリークリエイトナイトのパワーを1800上げる!!」
 おいおい、このままいけばあっちの勝ちだし、それに、こっちにはパワーの上昇量がさらに多いデモンウォーリアーズ ブレストエナジーがあるんだぜ、
 それでも発動してくるってことは、やっぱり何かあるとみた?
 なら、こうだ!!右手でチャージゾーンのカードを1枚表にする!!
 「俺はデモンウォーリアーズ ブレストエナジーの効果を発動!!
  エンジェルナイツ シャインディエイトの効果を相殺する!!」
 だが創造が右手で左手の手札からカードを1枚引いてこっちに見せ、
 「僕はバックステップ&フロントステップの効果を発動!!
  デモンウォーリアーズ ブレストエナジーを発動させた後に
  エンジェルナイツ シャインディエイトの効果を発動する!!」
 
名前:バックステップ&フロントステップ
種類:H ハンド コスト:0
効果の発動タイミング:相殺時
効果の発動条件:無し
効果:相殺を無効化して、相殺が行われた2枚のカードのうち
   相手のカードを発動させた後、自分のカードを発動させる、
   相手のカードの効果で自分のカードの発動条件が満たせなくなった場合
   自分のカードは発動しなくなる
   この効果の発動後、相殺した自分のカードも相手のカードも
   一度発動したものとして扱う
   相殺されたカードのコストが合計4以上なら、
   相殺を無効化する前に、自分のチャージゾーンの裏側表示のカードを
   1枚表にして、相手に見せ、すぐ裏に返す、
   自分のチャージゾーンに裏側表示のカードが無い場合は何もしない
   この効果で表にしたカードはコストで表にした扱いでは無く
   カードの効果の発動や召喚等を行えない
   この効果で発動させたカードのコストが合計0なら、
   相殺を無効化する前に、相手のチャージゾーンの裏側表示のカードを
   1枚こちらが指定して表にさせて、公開させ、すぐ裏に返す、
   相手のチャージゾーンに裏側表示のカードが無い場合は何もしない
   この効果で表にしたカードはコストで表にした扱いでは無く
   カードの効果の発動や召喚等を行えない
カテゴリ1:後 カテゴリ2:先
テキスト:後に下がり、直後、一気に間合いを詰める!!
     華麗なステップで相手をほんろうする!!
 
 上がるパワーこっちが多いのに、あんなカードまで使って来ただと!?
 ってことはますます怪しいぜ!!絶対何か狙ってやがるな!!
 ここは・・・いやがおうにも、絶対に相殺しきってやる!!
 左手の手札の最後のカードを創造に突きつける!!
 「俺はバックダッシュアンドダッシュの効果を発動!!
  バックステップ&フロントステップの効果を相殺だ!!」
 
名前:バックダッシュアンドダッシュ
種類:H ハンド コスト:0
効果の発動タイミング:相殺時
効果の発動条件:無し
効果:相殺を無効化して、相殺が行われた2枚のカードのうち
   相手のカードを発動させた後、自分のカードを発動させる、
   相手のカードの効果で自分のカードの発動条件が満たせなくなった場合
   自分のカードは発動しなくなる
   この効果の発動後、相殺した自分のカードも相手のカードも
   一度発動したものとして扱う
   相殺されたカードのコストが合計4以上なら、
   相殺を無効化する前に自分は手札1枚を相手に見せる、
   自分の手札が0の場合は何もしない
   相殺されたカードのコストが合計0なら、
   相殺を無効化する前に相手は手札1枚を自分に見せる、
   相手の手札が0の場合は何もしない
カテゴリ1:後 カテゴリ2:先
テキスト:うおっ!!後ろに下がったと思ったら、いきなり突進してきやがった!!
 
 「なっ!!」
 創造が目を見開き驚く!!
 この状況、俺も創造もはた目から見ればおかしなことやってるかもしれない、
 だが、それもこれも、創造に勝つためだ!!
 創造の方も俺に勝つために手を尽くしているに違いないっ!!
 「創造!!もう発動するカードは無いか?」
 「・・・無いが、それがどうした?」
 よし!!それなら、いける!!
 創造の目を細めてにらみながらのいぶかしげな声を聞きつつ、
 右手でチャージゾーンのカードを1枚表にする!!
 「俺は連撃破強襲!!の効果を発動!!
  コストには黒き鱗の盾と闇夜にすさぶ破壊の風を指定!!
  さらに、連撃破強襲!!の効果でデモンウォーリアーズ ブレストエナジーの効果を発動!!
  ビクトリーデストロイウォーリアーのパワーを2200上げるぜ!!
  こっちのコストはデモンウォーリアーズ バニシングエナジーとデモンウォーリアーズ バーストエナジーだ!!」
 
名前:連撃破強襲!!
種類:DS デストロイ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:自分のモンスターもしくはデストロイヤーが
        この戦闘で相手の、
        モンスター・デストロイヤー・クリエイターに敗北、
        または引き分けた時
        この戦闘前タイミングで1回以上
        カードの効果が相殺されていた時
        自分と相手のモンスターゾーンに
        発動したか相殺したかに関わらず
        発動条件と発動タイミングを満たす、
        モンスター・デストロイヤー・クリエイターがいなかった時
効果:戦闘を行った時のパワーまで戻し、戦闘前に戻りもう一度戦闘を行う、
   この時は戦闘のみ行い他のカードの全ての効果は発動出来ない、
   この時、自分は1枚だけ、
   戦闘前タイミング扱いで、発動タイミングと発動条件とコストを満たした
   リサイクル、スマッシュ、デスティレイブ、デストロイ、
   を相殺されたにかかわらず、コストを支払うことで発動出来る
   戦闘を行った後の戦闘後、相手は1度だけ、戦闘後タイミングの
   リサイクル、スマッシュ、デスティレイブ、デストロイ、
   クリエイティブ、クリエイトのカードを先に発動することができるが、
   発動しなかった場合、これらのカードはこの戦闘後に発動できなくなる
カテゴリ1:連撃 カテゴリ2:まだだ!!
テキスト:倒れそうになりながらも、その拳を幾度も叩き込む!!

名前:デモンウォーリアーズ ブレストエナジー
種類:DR デスティレイブ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターもしくはデストロイヤーが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターもしくはデストロイヤーのパワーを
   次の戦闘が行われるまで1200上げる
   次に戦闘を行う自分のモンスターもしくはデストロイヤーが
      カテゴリ:デモンウォーリアーズを持っていた時
   さらに次の戦闘が行われるまでパワーを1000上げる

名前:黒き鱗の盾
種類:R リサイクル コスト:0
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:闇夜にすさぶ破壊の風
種類:R リサイクル コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:デモンウォーリアーズ バニシングエナジー
種類:DR デスティレイブ コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:デモンウォーリアーズ バーストエナジー
種類:R リサイクル コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 これで・・・終わりだぜ!!
 「なっ、そんなカードが・・・!!」
 創造が目を見開き驚く!!
 しかし、右手でチャージゾーンのカードを1枚表にし、
 「ぐっ、だが、発動させるだけ、させる!!僕は連撃創烈襲!!の効果を発動!!
  エンジェルナイツ シャインディエイトを発動する!!
  その効果で、ビクトリークリエイトナイトのパワーを1800アップする!!
  コストには、エンジェルナイツ シャインディエイトのコストとして黒き拳の闘士 クライフィストーと背鎌の戦士 バックサイズスラッシャーを、
  連撃創烈襲!!のコストとして影鎧狼 シャドーアーマーウルフと要塞ダ・パーデルワームの門璧を指定!!」
 
名前:連撃創烈襲!!
種類:CS クリエイト コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:自分のモンスターもしくはクリエイターが
        この戦闘で相手の、
        モンスター・クリエイター・デストロイヤーに敗北、
        または引き分けた時
        この戦闘前タイミングで1枚以上、
        相殺無しでカードの効果が発動していた時
効果:戦闘を行った時のパワーまで戻し、戦闘前に戻りもう一度戦闘を行う、
   この時は戦闘のみ行い他のカードの全ての効果は発動出来ない、
   この時、自分は1枚だけ、
   戦闘前タイミング扱いで、発動タイミングと発動条件とコストを満たした
   リサイクル、スマッシュ、クリエイティブ、クリエイト、
   を相殺されたにかかわらず、コストを支払うことで発動出来る
   戦闘を行った後の戦闘後、相手は1度だけ、戦闘後タイミングの
   リサイクル、スマッシュ、クリエイティブ、クリエイト、
   デスティレイブ、デストロイのカードを先に使用することが出来るが、
   発動しなかった場合、これらのカードはこの戦闘後に発動できなくなる
カテゴリ1:連撃 カテゴリ2:ここから!!
テキスト:追い詰められながらも、疾風怒濤の大反撃!!

名前:黒き拳の闘士 クライフィストー
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1000

名前:背鎌の戦士 バックサイズスラッシャー
種類:DM デストロイヤー
コスト:1 パワー:800

名前:影鎧狼 シャドーアーマーウルフ
種類:M モンスター
コスト:1 パワー:1100

名前:要塞ダ・パーデルワームの門璧
種類:M モンスター
コスト:2 パワー:1600
 
 な!!あんなカードの発動を狙ってやがったのか!!
 だが・・・読みを誤ったな!!ほかに手が無いから無理やり発動させたんだろうが、
 そんなもん無理やり発動させても、
 連撃破強襲!!が発動した時点で俺の勝ちだ!!
 「創造!!もう発動するカードは無いな!!」
 「・・・無い!!」
 創造が歯を食いしばり、悔しそうな顔をしながら宣言した!!
 それなら、先に進むぜ!!
 右手を思い切り前に出す!!
 「1番戦闘!!行け!!ビクトリーデストロイウォーリアー!!
  ビクトリー雷連撃破強襲・ブレスト!!」
 
ビクトリークリエイトナイト CM コスト:4
パワー:4000+1800 パワー合計:5800

VS

ビクトリーデストロイウォーリアー DM コスト:4
パワー:4000+2200 パワー合計:6200
 
 ビクトリーデストロイウォーリアーとビクトリークリエイトナイトが対峙する、
 辺りに嵐の余韻の風と、雷の余韻のビリビリとした空気が張りつめる!!
 と、ビクトリーデストロイウォーリアーはその両腕両足に力を込めて、電気を溜め、
 ビクトリークリエイトナイトは両手首両足首の飾りを回してかぜを溜め、
 お互いに思い切り右手を突き出した!!
 右手から離れ、まっすぐ相手に向かう風と雷!!そして、お互いにぶつかり、弾けて消える!!
 だが、ビクトリーデストロイウォーリアーは続けて左手を前に突出して左手から雷を飛ばし、さらに、右足で回し蹴りを繰り出して右足から雷を飛ばすと、左足でも回し蹴りをして、雷を飛ばす!!
 一方のビクトリークリエイトナイト、こちらは、左足で蹴って風を撃ち出し、続けて、右足でも蹴って風を撃ち出し、、最後に左手を突出して、左手からも風を撃ちだす!!
 そして、互いに計3発撃ち出された、どちらの雷と風も、全弾、連続してぶつかり合い消える!!
 しかし、いつの間にか、ビクトリーデストロイウォーリアーとビクトリークリエイトナイトは、お互いの雷と風の後ろに付くように飛んで相手の方に迫っていた!!迫りあうビクトリーデストロイウォーリアーとビクトリークリエイトナイト!!
 ビクトリーデストロイウォーリアーとビクトリークリエイトナイトがそのままお互いに右拳を突き出していく!!互いにぶつかる右拳!!
 続けて、ビクトリーデストロイウォーリアーがその左足を振り上げる!!
 ビクトリークリエイトナイトはこのビクトリーデストロイウォーリアーの左足を右足で防御しつつ、ぶつかり合う右拳の右手首の飾りを回し始める!!対するビクトリーデストロイウォーリアーも、同じくぶつかったままの右拳の右腕に力を込めて、雷を溜める!!
 互いに右拳をぶつけたまま、溜めた風と雷を放射する両者!!双方ぶっ飛び、後ろに後ずさった!!
 後ずさった後、互いに再びにらみ合うビクトリーデストロイウォーリアーとビクトリークリエイトナイト!!
 すると、いきなりビクトリーデストロイウォーリアーが口を大きく開けて上に上げ、ビクトリークリエイトナイトが右手を大きく振り上げた!!
 ビクトリーデストロイウォーリアーの足元から黒いオーラがわき出て、ビクトリーデストロイウォーリアーはその黒いオーラをまとい、
 ビクトリークリエイトナイトの上から光が降ってきて、ビクトリークリエイトナイトはその右手に光を宿した!!
 闇を宿したビクトリーデストロイウォーリアー、光を宿したビクトリークリエイトナイト、ビクトリーデストロイウォーリアーが背の羽はばたかせ、ビクトリークリエイトナイトが背の翼を回し、互いに空中に、飛ぶ!!
 宙に飛んだビクトリーデストロイウォーリアーがいきなりビクトリークリエイトナイトの方に飛びつつ右手を握って振りかぶりビクトリークリエイトナイトを殴っていく!!
 対するビクトリークリエイトナイトもビクトリーデストロイウォーリアーの方に飛びながらそのビクトリーデストロイウォーリアーに向かって右手を握って突き出す!!
 すると、ビクトリーデストロイウォーリアーの闇の幻影を宿したその右拳のその闇が飛び出し、ビクトリークリエイトナイトの胴体を潜り抜け、ビクトリークリエイトナイトの背の翼を喰らう!!
 同時に、ビクトリークリエイトナイトの光を宿したその右拳のその宿った光が飛び出して、ビクトリーデストロイウォーリアーの胴体を潜り抜けると共に、ビクトリーデストロイウォーリアー背の翼を焼いた!!
 ビクトリーデストロイウォーリアーとビクトリーデストロイウォーリアーが互いに翼が傷つき、仕方なくといった感じで少し離れる、
 と、突如、ビクトリーデストロイウォーリアーが体に宿した闇を右手に集中させ、更に、口を大きく開けて上に上げた!!すると、辺りからビクトリーデストロイウォーリアーの上空に向かって雷雲が集まってきて、ビクトリーデストロイウォーリアーが右拳を振り上げ、上空の雷雲から右拳に雷を落とさせて雷を集め、自身の雷と合わせ、右拳に巨大な闇の雷球を作り出す!!
 対するビクトリークリエイトナイトが、背中の羽と両手両足の飾りを回して嵐を起こし、その嵐を自身の上空に集めていって、さらに、右拳を振り上げ、上空に集めた嵐を自身の右拳に集約させ、ビクトリークリエイトナイト自身の右手に宿した光と合わせ、巨大な光の風球を右拳に形成する!!
 ビクトリーデストロイウォーリアーとビクトリークリエイトナイトは、互いの右拳に作り出した、巨大な闇の雷球と巨大な光の風球を、右拳に集中集約させ、一気に殴り掛かる!!
 お互いの左ほほにぶつかる右拳と闇の雷球と光の風球!!弾ける闇と光、雷と風は連鎖反応を起こし、大爆発を引き起こした!!
 ビクトリーデストロイウォーリアーとビクトリークリエイトナイトはその爆発に巻き込まれ、地上に落ち、倒れる、だが、少しするとお互いに立ち上がって、ゆっくりと歩き出し、相手の方に向かう!!
 互いに背の翼はぼろぼろで、使い物になりそうにない!!
 ビクトリーデストロイウォーリアーがビクトリークリエイトナイトに歩いて近づくと、口を開けて吠える!!
 対するビクトリークリエイトナイトもビクトリーデストロイウォーリアーに近づくと、大きく上に上体をそらす!!
 続けてビクトリーデストロイウォーリアーがビクトリークリエイトナイトを見据えて右足を振り上げ、けりを撃ち込む!!
 ビクトリークリエイトナイトはその蹴りを自身の左脇腹で受ける!!しかし、次の瞬間、左脇腹に受けたビクトリーデストロイウォーリアーのその右足を左手で掴んだ!!
 だが、ビクトリーデストロイウォーリアーは右足を掴まれつつも体勢を低くし左足でビクトリークリエイトナイトの足に蹴りに入った!!右足を掴まれ続けるくらいならと危険を承知で攻めに入ったか!?
 この動きはビクトリークリエイトナイトも予期していなかったか足を取られすっ転ぶ!!さらに、ビクトリークリエイトナイトがすっころぶ最中にビクトリーデストロイウォーリアーがその左拳を突き出し、ビクトリークリエイトナイトの右頬にぶち当てた!!
 殴られ、上に吹っ飛ぶビクトリークリエイトナイト!!そのまま放物線を描きつつ地に落ち、背中を打ちつけるも、なんとか上体を起こして両手を地に着け、立ち上がる!!
 そして、ビクトリーデストロイウォーリアーに向かって右手握って振りかぶり走りこんでいく!!
 一方のビクトリーデストロイウォーリアーも両手を地に着け急いで立ち上がる!!
そこに、ビクトリークリエイトナイトが右拳を振り降ろし、突き出してきた!!
 ビクトリーデストロイウォーリアーはこのビクトリークリエイトナイトの右拳を後ろに跳んで避け、そこから自身の右拳をビクトリークリエイトナイトの胸部に向かって突き出し撃ち込んでいく!!
 が、この拳をビクトリークリエイトナイトが左手で受け止めた!!そのままビクトリークリエイトナイトはビクトリーデストロイウォーリアーの右拳を左手を持ちながら横に大回転する!!
 さらに、大回転の速度が一致以上に達したころ、ビクトリークリエイトナイトはビクトリーデストロイウォーリアーの右拳を左手から離してぶん投げた!!ビクトリーデストロイウォーリアーは地に落ち、胴を無残にすりむく!!
 だが、それでも両手を地に着け、立ち上がるビクトリーデストロイウォーリアー!!
 そして、ビクトリーデストロイウォーリアーは力を振り絞り、右腕に力を込め、右手に闇と雷を宿す!!
 対するビクトリークリエイトナイトも、右手首の飾りを精一杯回し、右手に風と光を宿す!!
 お互いに右手に闇と雷と風と光を宿したビクトリーデストロイウォーリアーとビクトリークリエイトナイトは、双方、相手に向かって走りこんでいき、三度、相手に向かってその右拳を突き出した!!
 さらに、ビクトリークリエイトナイトの右拳がビクトリーデストロイウォーリアーの左ほほに決まり、
 ビクトリーデストロイウォーリアーの右拳が、ビクトリークリエイトナイトの胸部に決まった!!
 ここでビクトリーデストロイウォーリアーが両足に力を込め踏ん張る!!そして、左ほほに拳を受けつつも、右拳に力を込めビクトリークリエイトナイトを真上に吹っ飛ばした!!
 そして、真上に飛んだ後、上昇が止まりつつ足が外側を反時計回りにまわって上下反転し落ちてくるビクトリークリエイトナイトに向かい、全身全霊でその右の拳を突き上げた!!
 右の拳は落ちてくるビクトリークリエイトナイトの背にものの見事にぶち当たり、その鎧を砕き、ビクトリークリエイトナイトにめり込む!!
 ビクトリークリエイトナイトは背に拳が刺さったままぐったりと動かなくなり、白い爆発を起こして光に返った!!
 うぉおおおおおお!!!
 さぁ!!準備はいいか!!
 観客の歓声が沸く中、右手を思い切り握り宣言する!!
 「俺は創造の勝利を破壊する!!
  ビクトリーデストロイウォーリアーの効果を発動!!
  ビクトリーデストロイ!!」
 
名前:ビクトリーデストロイウォーリアー
種類:DM デストロイヤー
コスト:4 パワー:4000
召喚効果・チャージデストロイ1
   発動条件:このデストロイヤーを召喚した時
        相手のチャージゾーンにカードが1枚以上存在している時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
   相手のチャージゾーンにあるカード1枚を相手のトラッシュに送る
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このデストロイヤーが戦闘で相手の
        モンスター、クリエイター、デストロイヤー
        いずれかに勝利した時
        相手のライフカードが0枚以下だった時
効果:このカードバトルに勝利する
 
 そして、宣言と同時に右の拳を突き出す!!
 すると、ビクトリーデストロイウォーリアーがゆっくりと創造の方に向かって行き、
 その雷と闇の宿った右の拳を振り上げ、創造に向かって叩きつけた!!
 「うわぁああああ!!」
 
勝者:破壊 双我
決め手:ビクトリーデストロイウォーリアー
    +デモンウォーリアーズ ブレストエナジー
    +連撃破強襲!!
    +デモンウォーリアーズ バニシングエナジー
    +バックダッシュアンドダッシュ
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカード CVSD 12話/12 バトル!!創造者VS破壊者 カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカード クリエイターVSデストロイヤー
12話 バトル!!創造者VS破壊者12

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「勝ったぜーーーーーー!!!!!!」
 とうとう創造に勝つことができたっ!!
 ここで前回のカードバトルに負けてから、カードを集め、強豪と戦い、ついにここまでたどり着いたぜ!!
 万感の思いを込め、右手と右の人差し指を創造に向かって突きつける!!
 「どうだ創造!!これで俺がお前より強いってことが証明されたぜ!!」
 「ふ、ふふ、あははは・・・」
 吹き飛ばされて腰を地に落とした姿勢から、いきなり顔を上げ笑い出す創造、
 おいおいどうしたんだ?俺に負けて気でも狂ったか?
 だが、創造は笑いながら顔を下げ、俺の方を目つきを鋭く細めて見据え、立ち上がる、
 「そうだ、そうでないとな!!それでこそ、だ!!」
 そのまま創造は左手で目の前にある消えかかった光の板の上の、カードの回収が終わり上下反転したデッキケースを取り、俺に突きつけてきた!!
 「さぁ!!もう一度だ!!双我!!今度は負けはしない!!」
 へっ!!どうやら気合が入り直したみたいだな!!
 いいぜ!!もう一度勝って、俺の方が強いと完全に証明してみせる!!
 わぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああ!!
 観客から今までにない歓声が沸く中、右手で目の前にある消えかかった闇の板の上から上下反転したデッキケースを取り、
 「その勝負!!オレ達に譲ってもらおうか!!」
 「その勝負!!ボク達に譲ってもらう!!」
 ん?なんだ?
 いきなり聞こえた声は学校の反対側、校門の方から聞こえてきた、
 全員が校門の方を向くと、遠果と姉貴たちの間を抜け、左側に黒髪の、右側に銀髪の奴が俺達の方に歩いてきた!!
 その黒髪の奴は、少し長めで上の方に揺らめき立つ黒髪を持ち、その両眼は黒く、少し丸みを帯びていて、だが、強い印象を持ち、
 顔立ちはシュッと鋭く、頭には黒のバンダナを巻き、
 体には黒いシャツを着て、その上に黒紫のジャケットを着け、
 下の方には、薄青いジーパンと黒いスニーカーをはき、
 腰元には黒いベルトを巻いていて、右腰には黒皮のウェストポーチを付けており、
 さらに、そのウェストポーチには、銀のドクロと銀の剣のストラップが付いている
 その銀髪の奴は、鋼のような色合いでトゲトゲした感じの銀髪を上の方に逆立たたせ、その瞳も鋼の色をしており、
 肌は生気を感じられないほどに白く、
 体に前ボタンの白いYシャツを着て、そのYシャツの上に銀色の分厚いジャケットを着、
 下の方には、白のジーパンに白の靴下と銀の革靴をはき、
 腰元には銀色のベルトを巻き、その銀色のベルトの左腰あたりには、銀のウェストポーチを付けていて、
 その銀のウェストポーチには、銀の剣と歯車のストラップが垂れ下がっている
 「ディクライン!!」
 「シィーデネスト!!」
 俺は思わず、そいつの名を叫ぶ!!と同時に、創造の奴も叫んだ!!
 そうだ、俺の前、2人の左側にいるのは間違いなくディクライン、今までに2回もカードバトルした相手で、俺の前で初めてジェイルを使いやがった奴だ!!
 だが、俺達の前の2人、その左側にいるのはディクラインだとして、もう一方、右側の奴はいったい?
 創造が名前らしきものを叫んでいたが・・・あれが名前だとするなら、シィーデネストっていうのか?
 っていうか、創造が名前を叫んでたとするなら、あのシィーデネストってやつ、創造の知り合いなのか?
 と、その二人がそれぞれ正面にいる俺と創造の方を見据える、
 「双我!!とりあえずおめでとう!!次はオレと戦ってもらう!!」
 「創造、君が負けるところなんて見たくなかったよ、でも、ボクが勝ったわけじゃないからね、次はボクと戦ってもらう!!」
 「けっ!!乱入ってことかよ、面白れぇ!!」
 「だが、あの2人とどうやって戦うんだ?ルールは?」
 ううんそうだな、やっぱり、俺とディクライン、創造とシィーデネストでカードバトルするのか?
 「2T1S5Tルール、2VS2だ!!」
 「相手は味方も含めて指定、
  パワーは合算、どちらも戦闘を行う者がいない場合のみダメージを受け、
  カードの効果で自分と書いてあるが自分を指定できないときは指定されてる者が効果を受ける!!
  設置したカードのパワーは味方含めて全員に作用する、
  チームはボクとディクライン、そして、そっちの2人だ!!」
 ディクラインが叫ぶと同時にシィーデネストが解説する!!
 なるほどな!!まずは景気づけに短めに、派手に行こうってことか!!
 「おもしれぇ!!やってやんぜ!!」
 「いいだろう!!受けて立つ!!」
 俺と創造は後ろに向かって跳びつつディクラインとシィーデネストと距離を取る!!
 そして、俺は右手に持ち、創造は左手に持っているデッキケースをそれぞれ4人の中心点の方に突きつける!!
 すると、ディクラインが右手で右腰に付いたウェストポーチのふたを開け、
 一方のシィーデネストも左手で左腰に付けたウェストポーチのふたを開け、それぞれ右手と左手でウェストポーチの中から長方体の何か出して4人の中心点に向かって突きつけてきた!!
 ディクラインの方の長方体は、黒の色合いを基調とし、角や端が銀のような金属でコーティングされ、
 前面には、中央には赤い宝石のような物がはまった銀の十時の剣が刃を下にして取り付けられ、
 剣の背景には、銀糸でドクロが描かれ、そのドクロの目の部分には、左右それぞれに赤い宝石がはまっている!!
 シィーデネストの方の長方体は、白の色合いを基調とし、角や端をこちらも銀のような金属で覆い、
 前面に、柄に青い宝石がはまった十字の銀の剣が、こちらは刃を上にして取りつけられ、
 剣の背景には、銀糸で歯車の刺繍が施され、その歯車の刺繍の中央。剣の後ろ側には、青い宝石がはまっている!!
 あれがあの二人のデッキケース!!
 ディクラインの方のは前から知ってたけど!!
 と、俺と創造、ディクラインとシィーデネストのデッキケースが一瞬光を放ち、俺達のまわりをオーロラの壁が覆う!!
 さらに、俺とディクラインの前には闇の塊のような闇の板が、創造とシィーデネストの前には大きな光の塊のような光の板が、それぞれ出現する!!
 そして、俺達が、それぞれの前に出現した闇と光の板の前にデッキケースを置くと、
 デッキケースがそれぞれ自分から見た左の方に動いていき、ある程度左の方に行くとデッキがデッキケースから外れ、デッキがシャッフルされて山札となって置かれ、
 デッキケースが上下反転しつつ山札のそれぞれ自分から見た左の方に置かれ、
 俺達は右手で山札からカードを引いて、チラリと見つつ左手に移して手札にし、それを1枚1枚繰り返し、計5枚のカードを手札にする!!
 と、向こうの方にいる遠果が両手を口元に持ってきて輪にして口元に当て、ディクラインとシィーデネストを避けるように背伸びして俺達の方を見、
 「双我、創造、二人とも!!絶対!!負けないで!!お願い!!」
 「当然だ!!」
 「当然だ!!」
 遠果のいつにない強い声援を受け、俺と創造は返事を返す!!
 ディクラインとシィーデネスト、ディクラインの奴には2度も勝ったが、油断のならない相手だ!!シィーデネストの奴も油断ならないんだろう、
 だが俺達は負けない!!絶対に、だ!!
 「それじゃあ4人とも!!」
 「準備は良い!?」
 姉貴たちが声を上げ、音頭を取る!!
 「カードバトル・・・」
 「カードバトル・・・」
 「スタート!!」
 「スタート!!」
 「スタート!!」
 「スタート!!」
 「「「「「「「スタート!!」」」」」」」
 姉貴たちの音頭を聞き、俺達4人とこの場の全員の声が唱和した!!
 さぁ、俺達4人の、カードバトルのスタートだ!!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Wカード CVSD 12話/13 バトル!!創造者VS破壊者 カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカード クリエイターVSデストロイヤー
12話 バトル!!創造者VS破壊者13

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 「リチャージ!!」
 「リチャージ!!」
 「リチャージ!!」
 「リチャージ!!」
 俺と創造、ディクラインとシィーデネストが何も置かれていないチャージゾーンに向かって宣言!!
 「僕はエンジェルナイツの資源採掘の効果を発動!!
  手札にある1枚のカードを双我に見せ、
  双我!!君の山札を4枚削らせてもらう!!」
 
名前:エンジェルナイツの資源採掘
種類:H ハンド コスト:0
効果の発動タイミング:ドロー前
効果の発動条件:手札にあるカテゴリ:エンジェルナイツを持つこのカード以外の
        カードを1枚、相手に見せる
        相手のトラッシュが見せたカードのコスト以下の枚数だった時
効果:見せたカードのコストの数だけ、
   相手の山札の上からカードを相手のトラッシュに送る
カテゴリ1:エンジェルナイツ カテゴリ2:採掘
テキスト:騎士たちは見つけた鉱脈で許可を得て採掘を開始した!!

名前:ビクトリークリエイトナイト
種類:CM クリエイター
コスト:4 パワー:4000
召喚効果・チャージクリエイト1
   発動条件:このクリエイターを召喚した時
        自分のトラッシュにカードが1枚以上存在している時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
   自分のトラッシュあるカード1枚を裏側表示で自分のチャージゾーンに置く
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このクリエイターが戦闘で相手の
        モンスター、クリエイター、デストロイヤー
        いずれかに勝利した時
        相手のライフカードが0枚以下だった時
効果:このカードバトルに勝利する
カテゴリ1:エンジェルナイツ カテゴリ2:勝利
テキスト:勝利を創生せし白き騎士!!あまねく創造の力で勝利を創る!!
 
 おい!!俺の山札かよ!!
 創造が左手の手札から右手で2枚引いてまわりに見せる
 突如、光と共に白いつるはしを持ち翼を生やした白い騎士が降りてくると、
 白い騎士が俺の山札に向かってつるはしを振り下ろした!!
 ガッ!!
 次の瞬間、つるはしに当たった俺の山札の上4枚がトラッシュに行く!!
 
名前:デモンウォーリアーズ ブレストエナジー
種類:DR デスティレイブ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターもしくはデストロイヤーが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターもしくはデストロイヤーのパワーを
   次の戦闘が行われるまで1200上げる
   次に戦闘を行う自分のモンスターもしくはデストロイヤーが
      カテゴリ:デモンウォーリアーズを持っていた時
   さらに次の戦闘が行われるまでパワーを1000上げる
カテゴリ1:デモンウォーリアーズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:叩きつける!!叩きつける!!叩きつける!!
     叫びが、唸りが、破壊の力を呼び覚ます!!

名前:デモンウォーリアーズ バニシングエナジー
種類:DR デスティレイブ コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターもしくはデストロイヤーが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターもしくはデストロイヤーのパワーを
   次の戦闘が行われるまで800上げる
   次に戦闘を行う自分のモンスターもしくはデストロイヤーが
      カテゴリ:デモンウォーリアーズを持っていた時
   さらに次の戦闘が行われるまでパワーを700上げる
カテゴリ1:デモンウォーリアーズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:叩きつけろ!!叩きつけろ!!叩きつけろ!!
     唸り続ける叫びが破壊の力を増幅させ続ける!!

名前:針打ちトラップ!!
種類:DR デスティレイブ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に相手の参加する
        モンスター・デストロイヤー・クリエイターのパワーが
        1000以上かつ、
        カテゴリか名前の中に「鳥」「翼」「バード」「ウイング」
        の言葉が入っていなかった時
効果:次の戦闘に参加する
   相手のモンスター・デストロイヤー・クリエイターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで1600下げる
   パワーを下げた後、パワーが0以下だった時、
   次の戦闘に参加する
   相手のモンスター・デストロイヤー・クリエイターを相手の手札に戻す
カテゴリ1:トラップ カテゴリ2:針
テキスト:下からいきなり針が飛び出てくる!?
     侵入者を捕らえるためだが、少々反応が遅いな・・・

名前:黒い陸原 ディサラワイドスポット
種類:J ジェイル
コスト:2 パワー:-1400
維持コスト支払いタイミング:リチャージ直後
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘がこのジェイルが置かれている場所で行われる時
        次の戦闘に自分のモンスターが参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで
   次の戦闘に参加する自分のモンスターのパワーを200上げる
カテゴリ1:陸原 カテゴリ2:スポット
テキスト:その場所はどこか生命が微妙に息づく場所

 「てめぇ!!どういうつもりだ創造!!」
 「味方に当てた方がいいカードの場合、味方にカード当てるのは基本よ、双我」
 げっ!!姉貴!!
 そういえば、2VS2のカードバトルで姉貴たちは日本一になったんだっけ・・・
 「双我君!!ごめんだけど、勝つためにもうちょっと我慢してね!!」
 「双我!!これが最善なんだ!!僕を信じてくれ!!」
 ぬぅ、しょうがないな・・・
 双輝姉弟の言葉に思わず黙ってしまった、
 だがな、負けたら承知しないぜ!!ったく・・・
 憮然とした気持ちを抱えつつ、右手で山札の一番上のカードを引く!!
 「ドロー!!」
 「ドロー!!」
 「ドロー!!」
 「ドロー!!」
 と同時に、創造とディクラインとシィーデネストも同じように山札からカードを引いた!!
 ん、このカードは・・・
 「ボクは手札にあるジャスティスディスペアー 土塊崩落のカードを発動!!
  手札から、ジャスティスディスペアーのカード5枚をディクラインに見せ、
  ディクラインの山札から5枚のカードを削る!!」
 
名前:ジャスティスディスペアー 土塊崩落
種類:H ハンド コスト:0
効果の発動タイミング:ドロー後
効果の発動条件:自分の手札に
        カテゴリ:ジャスティスディスペアーもしくは
        カテゴリ:ゴーレムを持つカードが
        このカードと同名のカード以外に5枚以上存在する時
        相手の山札が5枚以上ある時
        相手のトラッシュが5枚以下の時
効果:相手のトラッシュの上5枚を相手のトラッシュに送る
カテゴリ1:ジャスティスディスペアー カテゴリ2:ゴーレム
テキスト:くあーはっはっはっ、どうだこの山は!!さぁ!!掘り出すぞ!!
     その山はジャスティスディスペアーにとって宝の山だと彼は語った

名前:???

名前:???

名前:???

名前:???
 
 シィーデネストが右手で左手の手札から1枚のカードを右手で引いて俺達に見せ、
 残りの左手の手札を全てディクラインに見せる!!
 すると、上から卵型のボディと鉄の三角の翼を持つ戦闘機が現れ、その戦闘機がディクラインの山札の上に青く光る物体を落とし、
 その青い物体がディクラインの山札の上に着弾すると突如爆発、ディクラインの山札の上5枚を吹っ飛ばした!!
 
名前:デットブレイダーの地形適応
種類:H ハンド コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次に戦闘を行う自分のモンスターのコストと
        そのモンスターが存在している
        モンスターゾーンのジェイルのコストが同じ、かつ
        カテゴリ:獣装騎士もしくはカテゴリ:デットブレイダー
        を持っているモンスターを1体選択できた時
効果:発動条件で選択したモンスターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで1300アップする
カテゴリ1:獣装騎士 カテゴリ2:デットブレイダー
テキスト:地上に落とせばこちらのものだ!!
     空飛ぶのものの一体の頭部をハンマーでかち割りながら
     デットブレイダーの一人はそう言った

名前:領域拡大!!デットフィール!!
種類:DS デストロイ コスト:1
効果の発動タイミング:オープン後
効果の発動条件:このターン、オープン時にオープンしたカードが
        カテゴリ:デットブレイダーを持つ
        コスト4以上のデストロイヤーで
        モンスターゾーンに存在しており、
        そのデストロイヤーをオープンした自分の場所に
        オープンしたデストロイヤー以外のカードが存在していない時
        自分のチャージゾーンにある裏側表示のカードを1枚表にする
        表にしたカードがコスト2以下のジェイルカードだった時
        この発動条件で表にしたカードはコストで表にした扱いでは無く
        カードの効果の発動や召喚等を行えない
効果:このターン、オープン時にオープンした
   デストロイヤーのパワーをこのターン500上げる
   このカードのコストとして、発動条件で表にしたジェイルを指定する、
   指定したジェイルはコスト0扱いで
   オープン時にオープンしたデストロイヤーのいる場所に設置する
カテゴリ1:デットブレイダー カテゴリ2:領域
テキスト:大きく吠えたその場所に、力が広がっていく!!

名前:デットブレイバーディスフィールド
種類:J ジェイル
コスト:2 パワー:-1400
維持コスト支払いタイミング:リチャージ後
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このカードが設置されている場所に置かれている自分のモンスターが
        カテゴリ:デットブレイバーを持っていた時
        次の戦闘がこのジェイルに置かれている場所で行われるとき
効果:次の戦闘が行われるまで、
   このカードの置かれている場所にいる
   自分のモンスターのパワーを100上げる
   このカードが置かれている場所と同じ番号にいる
   相手モンスターのパワーが0以下だった場合、
   その相手モンスターをトラッシュに送る
カテゴリ1:デットブレイバー カテゴリ2:重圧陣
テキスト:発せられた陣に囚われ、動けなくなる、
     そこに一歩一歩近づくものが

名前:デットブレイバーサークルデット
種類:DS デストロイ コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する自分のモンスターもしくはデストロイヤーが、
        カテゴリ:デットブレイバーを持っていた時
        次の戦闘を行う場所に、カテゴリ:デットブレイバーを持つ、
        自分のジェイルカードが設置されていた時
効果:次に戦闘を行う場所にある自分のジェイルカードのパワーを、
   次の戦闘が行われるまで、更に-1200する
カテゴリ1:デットブレイバー カテゴリ2:スピリット
テキスト:吠える!!
     するとあたりに陣が広がり、その者たちの力となった

名前:デットブレイバーサークルデスト
種類:DS デストロイ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する自分のモンスターもしくはデストロイヤーが、
        カテゴリ:デットブレイバーを持っていた時
        次の戦闘を行う場所に、カテゴリ:デットブレイバーを持つ、
        自分のジェイルカードが設置されていた時
効果:次に戦闘を行う場所にある自分のジェイルカードのパワーを、
   次の戦闘が行われるまで、更に-1500する
カテゴリ1:デットブレイバー カテゴリ2:スピリット
テキスト:さらに力強く吠える!!
     すると強い力を放つ陣が広がり、その者たちのさらなる力となった!!
 
 おいおい、向こうも似たようなことやってるぜ、姉貴の言葉を受けて、ってわけじゃないか、
 この状況下で自然と相方に手札を見せられる、って意味じゃ有効なのかもしれないな、
 ま、創造のおかげでこのカードを引けたわけだし・・・
 おそらく、創造はビクトリークリエイトナイトを召喚しようとするだろう、
 だとするなら、今引いたこのカードこそがこの状況に最適なはずだ!!
 よし!!このカードを1番に置くぜ!!
 引いたばかりで右手に持つカードを1番に裏側で置き、
 残りの手札を一気にチャージゾーンに裏側で置く!!
 「セット!!」
 「セット!!」
 「セット!!」
 「セット!!」
 創造とディクラインとシィーデネストも1番とチャージゾーンにカードを置き終えたのか!?
 周りを見回すと、確かに3人とも1番に1枚、創造とシィーデネストがチャージゾーンに4枚ずつ、ディクラインがチャージゾーンに5枚、それぞれ裏側でカードを追加してるぜ!!
 よし!!それなら先に進むか!!
 右手で1番に裏側で置いたカードを持ち、表にする!!
 「オープン!!」
 「オープン!!」
 「オープン!!」
 「オープン!!」
 「現れろ、無慈悲なる機械、その正義を世界に示せ
  ジャスティスディスペアー ギガザイド」
 「現れろ!!猛き生命!!その強さを世界に知らしめろ!!
  デットブレイバー ギガトメラ!!」
 「来たれ!!勝利のクリエイター!!僕に勝利を創り出せ!!
  ビクトリークリエイトナイト!!召喚!!」
 「来い!!勝利の破壊者よ!!ディクラインとシィーデネストの勝利を破壊しろ!!
  ビクトリーデストロイウォーリアー!!召喚!!」
 
名前:ジャスティスディスペアー ギガザイド
種類:CM クリエイター
コスト:4 パワー:4000
召喚効果・モンスタークリエイト
   発動条件:このクリエイターを召喚した時、
        自分のトラッシュに存在するモンスターの
        召喚条件を持たないこのカードのパワー以下の
        モンスターカード1体を指定できた時
        自分のモンスターゾーンにある、戦闘の行えるカードが
        置かれていない場所が一つを指定できた時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
   指定したモンスターを自分のモンスターゾーンの指定した場所に
   コスト0扱いで召喚する
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このクリエイターが召喚したターン以外に
        相手のモンスター・クリエイター・デストロイヤーに勝利した時
        自分のトラッシュに存在するモンスターの
        このカードのパワー以下の召喚条件を持たない
        モンスターカード1体を指定できた時
        自分のモンスターゾーンにある戦闘の行えるカードが
        置かれていない場所一つを指定できた時
効果:指定したモンスターを自分のモンスターゾーンの
   指定した場所にコスト0扱いで召喚する
カテゴリ1:ジャスティスディスペアー カテゴリ2:機械
テキスト:あれは何だ!?
     その機械は周りに恐怖を振りまいた!!

名前:デットブレイダー ギガトメラ
種類:DM デストロイヤー
コスト:4 パワー:4000
召喚効果・モンスターデストロイ
   発動条件:このデストロイヤーを召喚した時
        このデストロイヤーと同じ場所にいる
        相手のモンスターのパワーが
        このカード以下のパワーだった時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
   このデストロイヤーと同じ場所にいる相手のモンスターを
   相手のトラッシュに送る
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このデストロイヤーが
        相手のモンスター・デストロイヤー・クリエイターに勝利した時
        このデストロイヤーと戦闘を行った、
        モンスター・デストロイヤー・クリエイター以外の
        相手のモンスターゾーンにいる
        このデストロイヤー以下のパワーを持つ
        モンスター1体を指定できた時
効果:指定したモンスターをトラッシュに送る
カテゴリ1:デットブレイダー カテゴリ2:生物
テキスト:何だあれは・・・!?
     その生物を見た者は恐怖した!!

名前:ビクトリークリエイトナイト
種類:CM クリエイター
コスト:4 パワー:4000
召喚効果・チャージクリエイト1
   発動条件:このクリエイターを召喚した時
        自分のトラッシュにカードが1枚以上存在している時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
   自分のトラッシュあるカード1枚を裏側表示で自分のチャージゾーンに置く
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このクリエイターが戦闘で相手の
        モンスター、クリエイター、デストロイヤー
        いずれかに勝利した時
        相手のライフカードが0枚以下だった時
効果:このカードバトルに勝利する
カテゴリ1:エンジェルナイツ カテゴリ2:勝利
テキスト:勝利を創生せし白き騎士!!あまねく創造の力で勝利を創る!!

名前:ビクトリーデストロイウォーリアー
種類:DM デストロイヤー
コスト:4 パワー:4000
召喚効果・チャージデストロイ1
   発動条件:このデストロイヤーを召喚した時
        相手のチャージゾーンにカードが1枚以上存在している時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
   相手のチャージゾーンにあるカード1枚を相手のトラッシュに送る
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このデストロイヤーが戦闘で相手の
        モンスター、クリエイター、デストロイヤー
        いずれかに勝利した時
        相手のライフカードが0枚以下だった時
効果:このカードバトルに勝利する
カテゴリ1:デモンウォーリアーズ カテゴリ2:勝利
テキスト:敵の勝利を破壊する黒き戦士!!破壊の力は我らの勝利のために!!
 
 大きな雷で大地が割れ、嵐が吹き荒れ、上から光の球が降ってきて、紫の雷と共にいくつもの紫の魔方陣が現れる!!
 紫の魔方陣が上から白い光を上げて来た雷を受けて壊れ、降ってきた光の球からあたりに水蒸気が噴出し、上から薄緑の球が降ってきて、割れた大地から黒い右手が現れ、
 黒い右手の右側に角が現れたと思ったら、向こうの方からガシャン、ガシャンと音を立てて水蒸気に2つの影を作りつつ、向こうに落ちる紫の雷を背景に何かが歩いてきて、薄緑の球が地上に着弾して嵐と水蒸気と魔方陣を吹き飛ばした!!
 水蒸気が吹き飛ばされ、そこに現れたのは全く違う姿を持つ2つの異形!!
 頭は灰色のショベルカーのパケットが上下に組み合わせてまるで肉食恐竜の顔の様になっていて、その頭は目に当たる部分が欠け、舌はベルトコンベアになっていて、
 体中の関節は内部の鉄の歯車と外側の鉄の装甲で出来ており、さらに内部に数本の赤と青のケーブルが見え、胴には大きな扉が付いていて、
 体や関節等、体中に無数の金属の杭が刺さってその金属の杭が絶え間なく動き、杭から時々水蒸気が噴き出ており、
 左腕はブルドーザーを無理矢理壊して手の形にして、その左腕の上には大きな杭打機を着けていて、右腕の方は壊したロードローラーを無理矢理手の形にして、その上に爪の付いた大きなドリルを付け、
 両肩は車を真っ二つにしてタイヤごとくしゃくしゃにしたような物が付いていて、
 右足はバイクを壊して足にしてくっつけたような物、左足の方は戦車だろうか、を壊して足にしたもので左足の外側から戦車の砲塔がこちらを向いており、
 背中の方には、俺から見た左がステルス戦闘機の翼、右が旅客ジェット機の翼が生えていて、その両翼の間には潜水艦を壊したようなものが付き、
 さらに、潜水艦のその下の方には、潜水艦の2つの砲門がのぞいていて、潜水艦の後ろにはジェットエンジンが付き、、
 潜水艦の下の先にも四角錘の新幹線のような装甲の中に数珠つなぎにつながったジェットエンジンが見え、その四角錘の新幹線のような装甲と中から見えるジェットエンジンが尻尾のようにしなっている
 その頭は狼の物、体は獅子の物でその頭と獅子の体を鮫肌で包み、その狼の目の部分は黄色い複眼で、その歯鮫の歯のようで、狼の頭の上には左右に前を向くように1本ずつ、計2本の角が前に伸び、
 その4足歩行の体の尾は先端に針の付いた蠍、背から生えた両翼、俺から見た左の羽はコウモリの羽で、右の羽は魚の背びれのようで、
 両のわき腹からはは鋭いカマキリの鎌が生え、
 右前足は茶色の熊、左前足は大きなはさみの付いた蟹の足をはさみを大きく開けて地に付け、右後ろ足は茶色い馬、左後ろ足は茶色いバッタの足になっている!!
 そして、嵐と水蒸気と魔方陣を吹き飛ばした爆風の発信源に一体の純白の騎士が立っていた!!
 刃のような鋭い印象の白い鎧を全身に着て、
 背中からは扇風機の羽のように、上下左右に配置された白い鎧に覆われた大きな翼を持ち、
 鎧の上半身は胸部を1枚の逆三角の1枚のプレートに覆われていて、
 腹部は縦に3枚に割れ、腹部の左右は緩やかにV字を描いているプレートによって覆われ、
 四肢も動きやすいようにいくつものパーツで分かれていて、
 顔の白い鎧には額の所に後頭部左右にまで届くほどの大きな黄色のVの字の装飾が付いていて、その装飾の左右両端には白い翼の飾りが付いており、
 さらに、その両手首足首にはいくつもの透明で半楕円の飾りが付き、その飾りがまるで扇風機のようにくるくると回っている!!
 大地に割れた右手に力が込められて体が引き上げられていき、徐々にその姿を表し始めた!!!
 その両の側頭部には前の方に曲がって生える角があり、
 赤く鋭い瞳と割と高い鼻、上下から長く生える牙を持つ口がある、堀の深い鬼のような顔を持ち、
 顔の下に筋肉質な黒い肉体を持ち、その肉体の背中には、3つ股の黒い骨と4枚の濃い灰色の皮で構成された両翼を持っていた!!
 と、その存在が、右手の外側に右足をひっかけてその右足に力を込め、体を全て引き上げ、大地に立った!!
 そして、姿を現した4体の存在が、いきなり顔を上に上げ、大きく吠える!!
 大きな雷が辺りに降り注ぎ、魔方陣が辺りに飛びまわり、嵐が吹き荒れる!!
 さらに、機械の存在が大きく右手を振り上げると、ハンマーのように地面を叩き、
 そのまま4体は中央に向かって走り出し、その右手と右前足を前に突き出し互いにぶち当て、
 ぶち当てた衝撃で大爆発を起こすと、俺達の前に戻ってきた!!
 俺とディクラインはコスト4のデストロイヤー!!
 創造とシィーデネストはコスト4のクリエイターだ!!
 ええと、この場合は・・・
 「僕は双我とコスト相殺だ!!双我っ!!それでいいな!!」
 「お、おぅ!!」
 「なら、ボクはディクラインとだ!!ディクライン、いいね!!」
 「あぁ!!」
 創造とシィーデネストがコスト相殺の宣言をし、俺は少し戸惑いながら、ディクラインはさも当然といった風に許諾する!!
 よし!!それじゃあ、次、行くぜ!!
 右手を前に出し、宣言する!!
 「俺はビクトリーデストロイウォーリアーの召喚効果・チャージデストロイ1の効果を発動!!
  ディクラインのカード1枚、それをトラッシュに送る!!」
 「ぐっ!!」
 
名前:ビクトリーデストロイウォーリアー
種類:DM デストロイヤー
コスト:4 パワー:4000
召喚効果・チャージデストロイ1
   発動条件:このデストロイヤーを召喚した時
        相手のチャージゾーンにカードが1枚以上存在している時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
   相手のチャージゾーンにあるカード1枚を相手のトラッシュに送る
 
 ディクラインのチャージゾーンにあるカード1枚を右手と右人差し指で差して指定すると、
 ディクラインがうめく中、ビクトリーデストロイウォーリアーが右腕に力を込めて電気を溜めた後、
 右手を握って俺が指定したカードに向かって飛ばす!!
 すると、俺が指定したカードにビクトリーデストロイウォーリアーが飛ばした電気が当たり、
 俺が指定したカードがディクラインのトラッシュに飛んだ!!
 
名前:デットブレイダーの地形適応
種類:H ハンド コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 「次は僕だ!!僕はビクトリークリエイトナイトの召喚効果・チャージクリエイト1発動!!
  エンジェルナイツの資源採掘をチャージゾーンに戻す!!」
 
名前:ビクトリークリエイトナイト
種類:CM クリエイター
コスト:4 パワー:4000
召喚効果・チャージクリエイト1
   発動条件:このクリエイターを召喚した時
        自分のトラッシュにカードが1枚以上存在している時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
   自分のトラッシュあるカード1枚を裏側表示で自分のチャージゾーンに置く

名前:エンジェルナイツの資源採掘
種類:H ハンド コスト:0
効果の発動タイミング:ドロー前
 
 創造が右手を前に出して宣言すると、
 ビクトリークリエイトナイトが右手の飾りを思い切り回して風を溜め、
 溜めた風を創造のトラッシュに向けた発射!!
 創造のトラッシュにあったカードをチャージゾーンに向けて飛ばし、
 飛ばされたカードは一回回ってチャージゾーンに裏側表示で着地した!!
 
シィーデネスト
モンスターゾーン  
ジャスティスディスペアー ギガザイド CM コスト:4 パワー:4000
チャージゾーン
裏:4表:0

ディクライン
モンスターゾーン
デットブレイダー ギガトメラ DM コスト:4 パワー:4000
チャージゾーン
裏:4表:0

創造
モンスターゾーン  
ビクトリークリエイトナイト CM コスト:4 パワー:4000
チャージゾーン
裏:5表:0

双我
モンスターゾーン
ビクトリーデストロイウォーリアー DM コスト:4 パワー:4000
チャージゾーン
裏:5表:0
 
 「続けて、僕だ!!」
 創造が右手でチャージゾーンのカードを2枚表にする!!
 「僕はクリエオーラファアルの効果を発動!!
  白い原野 シビックホワイトウェストを1番に設置し、
  ビクトリークリエイトナイトのパワーを600上げる!!
  コストには双我のデモンウォーリアーズ ブレストエナジーを指定!!」
 
名前:クリエオーラファアル
種類:CS クリエイト コスト:1
効果の発動タイミング:オープン後
効果の発動条件:このターン、オープン時にオープンしたカードが
        コスト4以上のクリエイターで
        モンスターゾーンに存在しており、
        そのクリエイターをオープンした自分の場所に
        オープンしたクリエイター以外のカードが存在していない時
        自分のチャージゾーンにある裏側表示のカードを1枚表にする
        表にしたカードがコスト2以下のインヴォークカードだった時
        この発動条件で表にしたカードはコストで表にした扱いでは無く
        カードの効果の発動や召喚等を行えない
効果:このターン、オープン時にオープンした
   クリエイターのパワーをこのターン600上げる
   発動条件で表にしたインヴォークをコスト0扱いで
   オープン時にオープンしたクリエイターのいる場所に設置する
カテゴリ1:設置 カテゴリ2:場所
テキスト:その波がその場所に広がっていく!!

名前:白い原野 シビックホワイトウェスト
種類:I インヴォーク
コスト:2 パワー:+1000
維持コスト支払いタイミング:リチャージ直後
戦闘直前効果・正義召喚
       発動条件:このインヴォークが置かれている場所で戦闘が行われる直前
            自分と相手のモンスターが次の戦闘に参加する時
            コスト:0
       発動後:このカードのあり方に変更なし
    次の戦闘が行われるまで
    次の戦闘に参加する相手のモンスターのパワーを1400下げる
効果の発動タイミング:無し 効果の発動条件:無し 効果:無し
カテゴリ1:原野 カテゴリ2:スポット
テキスト:その場所はどこか生命が微妙に息づく場所

名前:デモンウォーリアーズ ブレストエナジー
種類:DR デスティレイブ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 創造とビクトリークリエイトナイトの周りに白い原野が広がり、同時に原野の周りに青空が広がって、空の上にいるような錯覚に襲われる!!
 と、今度はシィーデネストが右手でチャージゾーンのカードを2枚表にし、
 「ならボクも行かせてもらおう!!
  ボクは領域拡張!!ジャスティスフィール!!の効果を発動!!
  コストにはディクラインの領域拡大!!デットフィール!! を指定し、
  ジャスティスディスペアー ギガザイドのパワーを1000上げ、
  正義と絶望の己を1番に設置!!」
 
名前:領域拡張!!ジャスティスフィール!!
種類:CS クリエイト コスト:1
効果の発動タイミング:オープン後
効果の発動条件:このターン、オープン時にオープンしたカードが
        カテゴリ:ジャスティスディスペアーを持つ
        コスト4以上のクリエイターで
        モンスターゾーンに存在しており、
        そのクリエイターをオープンした自分の場所に
        オープンしたクリエイター以外のカードが存在していない時
        自分のチャージゾーンにある裏側表示のカードを1枚表にする
        表にしたカードがコスト2以下のインヴォークカードだった時
        この発動条件で表にしたカードはコストで表にした扱いでは無く
        カードの効果の発動や召喚等を行えない
効果:このターン、オープン時にオープンした
   クリエイターのパワーをこのターン1000上げる
   発動条件で表にしたインヴォークをコスト0扱いで
   オープン時にオープンしたクリエイターのいる場所に設置する
カテゴリ1:ジャスティスディスペアー カテゴリ2:領域
テキスト:その存在感が、広がり、領域となす!!

名前:正義と絶望の己
種類:I インヴォーク
コスト:2 パワー:+1500
維持コスト支払いタイミング:リチャージ直後
戦闘直前効果・正義力アップ
       発動条件:次に戦闘を行う自分のモンスターが
            カテゴリ:ジャスティスディスペアーを持っている時
            次の戦闘がこのカードが置かれている場所で行われる時
            コスト:0
       発動後:このカードのあり方に変更なし
    次に戦闘を行う自分のモンスターのパワーを
    次の戦闘が行われるまで200上げる
効果の発動タイミング:無し 効果の発動条件:無し 効果:無し
カテゴリ1:ジャスティスディスペアー カテゴリ2:スピリット
テキスト:正義の己は折れない、例え自身が絶望を振りまく存在になろうとも、
     間違いに気づくまで、絶対に

名前:領域拡大!!デットフィール!!
種類:DS デストロイ コスト:1
効果の発動タイミング:オープン後
 
 シィーデネストとジャスティスディスペアー ギガザイドの足元に光が広がる!!
 と、さらに、ディクラインが右手でチャージゾーンのカードを2枚表にし、
 「じゃあ、オレも使わせてもらうか!!
  オレはセットで裏にしてチャージゾーンに置いていた領域拡大!!デットフィール!!の効果を発動!!
  コストにデットブレイバーディスフィールドを指定して、
  デットブレイバーディスフィールドを1番に設置!!
  さらに、デットブレイダー ギガトメラのパワーを800アップだ!!」
 
名前:領域拡大!!デットフィール!!
種類:DS デストロイ コスト:1
効果の発動タイミング:オープン後
効果の発動条件:このターン、オープン時にオープンしたカードが
        カテゴリ:デットブレイダーを持つ
        コスト4以上のデストロイヤーで
        モンスターゾーンに存在しており、
        そのデストロイヤーをオープンした自分の場所に
        オープンしたデストロイヤー以外のカードが存在していない時
        自分のチャージゾーンにある裏側表示のカードを1枚表にする
        表にしたカードがコスト2以下のジェイルカードだった時
        この発動条件で表にしたカードはコストで表にした扱いでは無く
        カードの効果の発動や召喚等を行えない
効果:このターン、オープン時にオープンした
   デストロイヤーのパワーをこのターン800上げる
   このカードのコストとして、発動条件で表にしたジェイルを指定する、
   指定したジェイルはコスト0扱いで
   オープン時にオープンしたデストロイヤーのいる場所に設置する
カテゴリ1:デットブレイダー カテゴリ2:領域
テキスト:大きく吠えたその場所に、力が広がっていく!!

名前:デットブレイバーディスフィールド
種類:J ジェイル
コスト:2 パワー:-1400
維持コスト支払いタイミング:リチャージ後
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:このカードが設置されている場所に置かれている自分のモンスターが
        カテゴリ:デットブレイバーを持っていた時
        次の戦闘がこのジェイルに置かれている場所で行われるとき
効果:次の戦闘が行われるまで、
   このカードの置かれている場所にいる
   自分のモンスターのパワーを100上げる
   このカードが置かれている場所と同じ番号にいる
   相手モンスターのパワーが0以下だった場合、
   その相手モンスターをトラッシュに送る
カテゴリ1:デットブレイバー カテゴリ2:重圧陣
テキスト:発せられた陣に囚われ、動けなくなる、
     そこに一歩一歩近づくものが
 
 ディクラインとデットブレイダー ギガトメラの足元から2重円の中いくつものに三角が飛び回り、2重円の間に意味不明な文字が書かれた紫の魔方陣が広がっていく!!
 ここは、俺も使った方がいいか!!
 右手でチャージゾーンのカードを2枚表にしつつ宣言する!!
 「俺はデストエナジーアプレースの効果を発動!!
  裏側表示の黒い陸原 ディサラワイドスポットをコストに指定し、
  黒い陸原 ディサラワイドスポットを1番に設置し、
  ビクトリーデストロイウォーリアーのパワーを500上げる!!」
 
名前:デストエナジーアプレース
種類:DS デストロイ コスト:1
効果の発動タイミング:オープン後
効果の発動条件:このターン、オープン時にオープンしたカードが
        コスト4以上のデストロイヤーで
        モンスターゾーンに存在しており、
        そのデストロイヤーをオープンした自分の場所に
        オープンしたデストロイヤー以外のカードが存在していない時
        自分のチャージゾーンにある裏側表示のカードを1枚表にする
        表にしたカードがコスト2以下のジェイルカードだった時
        この発動条件で表にしたカードはコストで表にした扱いでは無く
        カードの効果の発動や召喚等を行えない
効果:このターン、オープン時にオープンした
   デストロイヤーのパワーをこのターン500上げる
   このカードのコストとして、発動条件で表にしたジェイルを指定する、
   指定したジェイルはコスト0扱いで
   オープン時にオープンしたデストロイヤーのいる場所に設置する
カテゴリ1:設置 カテゴリ2:場所
テキスト:その力がその場所に広がる!!

名前:黒い陸原 ディサラワイドスポット
種類:J ジェイル
コスト:2 パワー:-1400
維持コスト支払いタイミング:リチャージ直後
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘がこのジェイルが置かれている場所で行われる時
        次の戦闘に自分のモンスターが参加する時
効果:次の戦闘が行われるまで
   次の戦闘に参加する自分のモンスターのパワーを200上げる
カテゴリ1:陸原 カテゴリ2:スポット
テキスト:その場所はどこか生命が微妙に息づく場所
 
 俺とビクトリーデストロイウォーリアーの足元に黒い陸地が広がり、空に黒い太陽が浮かぶ!!
 だが、まだ、パワーが足りてない!!
 こいつを発動させてもらうぜ!!
 右手でさらに、チャージゾーンのカードを1枚表にする!!
 「俺はデモンウォーリアーズ バニシングエナジーの効果を発動!!
  ビクトリーデストロイウォーリアーのパワーをさらに1500上げるぜ!!」
 「そうはいかないな!!
  デットブレイバーサークルデットの効果を発動!!
  もちろん、デモンウォーリアーズ バニシングエナジーの効果を相殺だ!!」
 
名前:デモンウォーリアーズ バニシングエナジー
種類:DR デスティレイブ コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターもしくはデストロイヤーが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターもしくはデストロイヤーのパワーを
   次の戦闘が行われるまで800上げる
   次に戦闘を行う自分のモンスターもしくはデストロイヤーが
      カテゴリ:デモンウォーリアーズを持っていた時
   さらに次の戦闘が行われるまでパワーを700上げる
カテゴリ1:デモンウォーリアーズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:叩きつけろ!!叩きつけろ!!叩きつけろ!!
     唸り続ける叫びが破壊の力を増幅させ続ける!!

名前:デットブレイバーサークルデット
種類:DS デストロイ コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する自分のモンスターもしくはデストロイヤーが、
        カテゴリ:デットブレイバーを持っていた時
        次の戦闘を行う場所に、カテゴリ:デットブレイバーを持つ、
        自分のジェイルカードが設置されていた時
効果:次に戦闘を行う場所にある自分のジェイルカードのパワーを、
   次の戦闘が行われるまで、更に-1200する
カテゴリ1:デットブレイバー カテゴリ2:スピリット
テキスト:吠える!!
     するとあたりに陣が広がり、その者たちの力となった
 
 ディクラインが右手でチャージゾーンのカードを1枚表にしてきた!!
 ちぃい!!やはりそう簡単にはいかないか!!
 「なら、次は僕だ!!
  クリエフォールオーラの効果を発動!!
  ビクトリークリエイトナイトのパワーを1500上げる!!」
 「おっと、そうはいかない、
  ボクはジャスティスディスペアーコーストレットの効果を発動!!
  もちろん、創造のクリエフォールオーラを相殺だ」
 
名前:クリエフォールオーラ
種類:CR クリエイティブ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスター・クリエイター・デストロイヤー
        のいずれかが参加する時
効果:次の戦闘に参加する
   自分のモンスター・クリエイター・デストロイヤー
   のパワーを、次の戦闘が行われるまで
   (((次の戦闘に参加する
    自分のモンスター・クリエイター・デストロイヤーのコスト))
    ×400)上げる
   このカードを使う前にカードの効果で
   次の戦闘に参加する
   自分のモンスター・クリエイター・デストロイヤー
   のパワーが下がっていたなら、さらに、
   ((((次の戦闘に参加する
    自分のモンスター・クリエイター・デストロイヤーのコスト)+1)
    -
   (下がっていたパワー÷800)(小数点以下切り捨て))×100)
   (上げる分マイナスの値になる場合は0になる)上げる
   望むなら、このカードのコストを+2まで上げてよい
   この戦闘前、このカードを除く
   このカードの発動後、リサイクル・クリエイティブ・デスティレイブ
   が相殺除いて発動した時次の戦闘時のみ
   自分が発動した時は
   自分のモンスター・クリエイター・デストロイヤーのパワーを500上げ
   相手のモンスター・クリエイター・デストロイヤーのパワーを400下げ
   相手が発動した時は
   自分のモンスター・クリエイター・デストロイヤーのパワーを100上げ
   さらに、このカードの発動前に発動した
   リサイクル・クリエイティブ・デスティレイブ分、
   自分のモンスター・クリエイター・デストロイヤーのパワーを100上げ
   相手のモンスター・クリエイター・デストロイヤーのパワーを400下げ
   パワーを増減させる
カテゴリ1:フォール カテゴリ2:スピリット
テキスト:風が吹く、空の世界に、風が吹く

名前:ジャスティスディスペアーコーストレット
種類:CS クリエイト コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する自分のモンスターもしくはクリエイターが、
        カテゴリ:ジャスティスディスペアーを持っていた時
        次の戦闘を行う場所に、
        カテゴリ:ジャスティスディスペアーを持つ、
        自分のインヴォークカードが設置されていた時
効果:次の戦闘が行われるまで、
   次の戦闘に参加する自分のモンスターもしくはクリエイターのパワーを
   ((次に戦闘を行う場所にある自分のインヴォークパワー)÷2)
   (小数点切り捨て)分上げる、
   この時、上げるパワーがマイナスの値だった時、
   マイナスを外して計算する
カテゴリ1:ジャスティスディスペアー カテゴリ2:スピリット
テキスト:吠える!!
     すると、その場所の力が彼に集まり力となる!!
 
 創造が右手でチャージゾーンのカードを1枚表にしたと同時に、
 シィーデネストが右手で1枚カードを表にしてきた!!
 まだ、届かないか!!だが、まだ手はあるぜ!!
 右手で1枚カードを表にする!!
 「俺は針打ちトラップ!!の効果を発動!!
  デットブレイダー ギガトメラのパワーを1600下げる!!」
 「おっと!!まだこっちにはこれがあるんだぜ!!
  オレはデットブレイバーサークルデストの効果を発動!!
  針打ちトラップ!!の効果を相殺だ!!」
 
名前:針打ちトラップ!!
種類:DR デスティレイブ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に相手の参加する
        モンスター・デストロイヤー・クリエイターのパワーが
        1000以上かつ、
        カテゴリか名前の中に「鳥」「翼」「バード」「ウイング」
        の言葉が入っていなかった時
効果:次の戦闘に参加する
   相手のモンスター・デストロイヤー・クリエイターのパワーを
   次の戦闘が行われるまで1600下げる
   パワーを下げた後、パワーが0以下だった時、
   次の戦闘に参加する
   相手のモンスター・デストロイヤー・クリエイターを相手の手札に戻す
カテゴリ1:トラップ カテゴリ2:針
テキスト:下からいきなり針が飛び出てくる!?
     侵入者を捕らえるためだが、少々反応が遅いな・・・

名前:デットブレイバーサークルデスト
種類:DS デストロイ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する自分のモンスターもしくはデストロイヤーが、
        カテゴリ:デットブレイバーを持っていた時
        次の戦闘を行う場所に、カテゴリ:デットブレイバーを持つ、
        自分のジェイルカードが設置されていた時
効果:次に戦闘を行う場所にある自分のジェイルカードのパワーを、
   次の戦闘が行われるまで、更に-1500する
カテゴリ1:デットブレイバー カテゴリ2:スピリット
テキスト:さらに力強く吠える!!
     すると強い力を放つ陣が広がり、その者たちのさらなる力となった!!
 
 まだ、ダメか、なら、これなら!!
 右手でチャージゾーンのカードを1枚表にする!!
 「俺はデモンウォーリアーズ ブレストエナジーの効果を発動!!」
 「僕はエンジェルナイツ シャインディエイトの効果を発動!!」
 
名前:デモンウォーリアーズ ブレストエナジー
種類:DR デスティレイブ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のモンスターもしくはデストロイヤーが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のモンスターもしくはデストロイヤーのパワーを
   次の戦闘が行われるまで1200上げる
   次に戦闘を行う自分のモンスターもしくはデストロイヤーが
      カテゴリ:デモンウォーリアーズを持っていた時
   さらに次の戦闘が行われるまでパワーを1000上げる
カテゴリ1:デモンウォーリアーズ カテゴリ2:スピリット
テキスト:叩きつける!!叩きつける!!叩きつける!!
     叫びが、唸りが、破壊の力を呼び覚ます!!

名前:エンジェルナイツ シャインディエイト
種類:CR クリエイティブ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:自分のクリエイターが次の戦闘に参加する時
効果:次に戦闘を行う自分のクリエイターのパワーを次の戦闘の間だけ1000上げる
   次に戦闘を行う自分のクリエイターが
   カテゴリ:エンジェルナイツを持っていた時、
   次の戦闘の間だけパワーをさらに800アップする
カテゴリ1:エンジェルナイツ カテゴリ2:スピリット
テキスト:降り注ぐ光が光の戦士の力をさらなる高みへと引き上げる!!
 
 俺が宣言すると同時に、創造も宣言してきた!!
 と、ディクラインがシィーデネストの方で横目で見る、
 「シィーデネスト!!相殺は!?」
 「無理だ、ボクが発動できるカードはジャスティスディスペアーコーストレイト1枚しかない、
  2枚とも止めるのは無理だ・・・」
 
名前:ジャスティスディスペアーコーストレイト
種類:CS クリエイト コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前
効果の発動条件:次の戦闘に参加する自分のモンスターもしくはクリエイターが、
        カテゴリ:ジャスティスディスペアーを持っていた時
        次の戦闘を行う場所に、
        カテゴリ:ジャスティスディスペアーを持つ、
        自分のインヴォークカードが設置されていた時
効果:次の戦闘が行われるまで、
   次の戦闘に参加する自分のモンスターもしくはクリエイターのパワーを
   次に戦闘を行う場所にある自分のインヴォークパワー分上げる、
   この時、上げるパワーがマイナスの値だった時、
   マイナスを外して計算する
カテゴリ1:ジャスティスディスペアー カテゴリ2:スピリット
テキスト:さらに力強く吠える!!
     すると、その場所の強い力が彼に集まりさらなる力となった!!

 相殺はなさそうだ!!それなら一気に行くぜ!!
 右手でチャージゾーンのカードを2枚表にする!!
 「俺はデモンウォーリアーズ ブレストエナジーのコストに
  針打ちトラップ!!とデモンウォーリアーズ バニシングエナジーを指定!!」
 
名前:針打ちトラップ!!
種類:DR デスティレイブ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:デモンウォーリアーズ バニシングエナジー
種類:DR デスティレイブ コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前
 
 創造が自身の右手と右人差し指で俺の闇の板の山札の向こう側にあるトラッシュを指し、
 「僕はエンジェルナイツ シャインディエイトのコストに、
  双我のトラッシュにある
  デモンウォーリアーズ バニシングエナジーとデモンウォーリアーズ ブレストエナジーを指定!!」

名前:デモンウォーリアーズ バニシングエナジー
種類:DR デスティレイブ コスト:1
効果の発動タイミング:戦闘前

名前:デモンウォーリアーズ ブレストエナジー
種類:DR デスティレイブ コスト:2
効果の発動タイミング:戦闘前

 すると、ディクラインとシィーデネストが俺達を目を細めてにらむように見据える、
 「ちくしょう!!勝てると思ったのに!!」
 「くそ・・・どうしてだ・・・」
 へっ!!俺達も相当危なかったぜ、だが、この1番戦闘、勝ったのは俺達だ!!
 思う存分、宣言させてもらう!!
 俺と創造は、思い切り右手を前に出す!!
 「1番戦闘!!行け!!ビクトリーデストロイウォーリアー!!
  ビクトリーブレストディサラザンダー!!」
 「1番戦闘!!行け!!ビクトリークリエイトナイト!!
  ビクトリーディエイトシビックトーム!!」
 
デットブレイダー ギガトメラ DM コスト:4 
ジャスティスディスペアー ギガザイド CM コスト:4 
パワー:4000+4000+1000+800-1400-1400-1400+1500+1500+1000+1000
パワー合計:10600
 
VS
 
ビクトリーデストロイウォーリアー DM コスト:4
ビクトリークリエイトナイト CM コスト:4
パワー:4000+4000+500+600-1400-1400-1400+1000+1000+1500+1500+2200+1800
パワー合計:13900
 
 黒い陸地の上、黒い太陽の下にビクトリーデストロイウォーリアーがたたずむ、
 宙に浮く白い陸地の上にビクトリークリエイトナイトがいる、
 紫の魔方陣の上にギガトメラがいる、
 広がった光の上にギガザイドがいる、
 4者はお互いに相手の方をにらみ、戦いの機会を伺う、
 と、ビクトリーデストロイウォーリアーが右腕に力を込めて電気を溜め、
 ビクトリークリエイトナイトが右手首の飾りを回し、風を溜める!!
 そして、ビクトリーデストロイウォーリアーとビクトリークリエイトナイトが同時に雷と風を発射した!!
 それぞれ雷はギガトメラに、風はギガザイドに向かって行く!!
 と、ギガトメラとギガザイドが同時に吠え、雷と風を打ち消した!!
 同時に、ギガトメラとギガザイドが飛ぶ!!そして、ギガザイドが右足の砲塔から射撃を、背中の砲塔からミサイルを発射した!!さらに、ギガトメラが一直線に飛ぶ!!ギガトメラの狙いは、ビクトリーデストロイウォーリアー!!
 ギガザイドがその左前足のはさみでビクトリーデストロイウォーリアーに掴みかかる!!あわててはさみの根元を右手で掴むビクトリーデストロイウォーリアー!!
 だが、はさみは着実にビクトリーデストロイウォーリアーに迫る!!さらに、ミサイルと射撃がビクトリーデストロイウォーリアーに向かって飛ぶ!!
 と思ったら、ミサイルと射撃が横風を受けて飛んで行き、続けて、ビクトリークリエイトナイトが横からギガトメラのわき腹を殴りギガトメラを吹っ飛ばした!!
 空中で再び対峙する4者、
 すると、ビクトリーデストロイウォーリアーが両腕両足に力を込めて電気を溜め、ビクトリークリエイトナイトが背中と両手両足首の羽を回し、あたりに嵐を巻き起こした!!
 ビクトリーデストロイウォーリアーが嵐に乗じて電気を乱射する!!
 ギガトメラとギガザイドは風に動きを阻まれ対応できず、雷のいくつかを受けた!!ギガトメラの体のいくつかが焼け焦げ、ギガザイドの体のパーツがいくつか吹っ飛ぶ!!
 が、ギガトメラとギガザイドがいきなり顔を上に上げ吠えると、ギガトメラが魔方陣のいくつかを体に纏い、ギガザイドが光の粒を従える!!
 さらに、2体は空を飛び、ビクトリーデストロイウォーリアーとビクトリークリエイトナイトの方に向かう!!雷と風がギガトメラとギガザイドを襲うも、体にまとった魔方陣と光が雷と風を受け、ギガトメラとギガザイドには届かない!!
 一方のビクトリーデストロイウォーリアーとビクトリークリエイトナイト、お互いに雷と嵐を周りに放出するのをやめて四肢に雷と風を溜めるいく!!
 さらに、ビクトリーデストロイウォーリアーは顔を上に上げて吠え、 ビクトリークリエイトナイトは右手を上に上げる、
 すると、ビクトリーデストロイウォーリアーの足元の地上から黒いオーラが噴出してきて、ビクトリーデストロイウォーリアーのはその黒いオーラを身に纏い、
 対するビクトリークリエイトナイトは上から光が降ってきて、ビクトリークリエイトナイトのその右手に光が宿る!!
 突如、ビクトリーデストロイウォーリアーが右手を下に出して雷を下に打ち出す!!すると、下の地面から大きな針が飛び出してきた!!
 しかし、空を飛ぶギガトメラとギガザイドには届かない!!
 改めてギガトメラとギガザイドの方を見据え、ギガトメラとギガザイドの方に向かっていくビクトリーデストロイウォーリアーとビクトリークリエイトナイト!!
 互いに右手と右前足を前に出し、激突する4者!!
 ここでギガザイドが上に飛んだ!!
 ギガザイドは至近距離から背中と右足の砲門から砲撃する!!
 そこにビクトリーデストロイウォーリアーが右手を思い切り出して電撃を発射する!!
 対するギガトメラはビクトリークリエイトナイトに噛みつきにかかる、
 だが、ビクトリークリエイトナイトはギガトメラに向かって最大風力で風を発射しギガトメラの動きを止めようとする!!
 一方のギガトメラは風にあおられながらもビクトリークリエイトナイトに向かって魔方陣を発射した!!
 あわてて後ろに飛び、魔方陣から逃げるビクトリークリエイトナイト!!
 が、飛ばされた魔方陣の一つにその右足を捕らえられる!!
 砲撃を抜けてきた電撃にギガザイドの光の一つが当たり光の一つが弾けて消えた!!
 すると、ギガザイドの光の一つがビクトリーデストロイウォーリアーに飛んで行き、その光の一つがビクトリーデストロイウォーリアーのそばまで来て爆発する!!
 思わず右手で爆発を防御するビクトリーデストロイウォーリアー!!
 続けて、ギガザイドがビクトリーデストロイウォーリアーに向かって飛んでくる!!体に電気を溜め、身構えるビクトリーデストロイウォーリアー!!
 と思ったら、いきなりギガザイドが方向転換、動けないビクトリークリエイトナイトの方に飛んで行く!!
 ギガザイドの意図に気付き、慌ててギガザイドを追うビクトリーデストロイウォーリアー!!だが、その横から後右足を思いきり動かし、宙を駆けるように飛んでいきなり現れたギガトメラの頭で頭突かれる!!
 思わずひるむビクトリーデストロイウォーリアー!!そのままギガトメラが右前足を振り上げ、叩きつけきた!!
 ギガトメラから離れつつ右腕を前に出し防御するビクトリーデストロイウォーリアー!!さらにギガトメラが左前足を下から突き出してきた!!これはビクトリーデストロイウォーリアーは腹にまともに喰らってしまったが踏みとどまる!!
 続けてギガトメラが尻尾をいきなり前に突き出す!!これも体を右に動かし避けるビクトリーデストロイウォーリアー!!
 するとギガトメラは、思い切り左後足を動かし、瞬時に宙を放物線を描くように変則的に飛んで、そのまま一気に突撃し、ビクトリーデストロイウォーリアーの左腕に噛みついた!!
 うめき、左腕を振る、ビクトリーデストロイウォーリアー、そのまま体の電気を放電しつつ、反撃とばかりにギガトメラに向かって右の拳で殴り掛かる!!
 対するビクトリークリエイトナイトにギガザイドが迫る!!さらに、ギガザイドが背中と右足の砲塔から弾を発射!!
 これをビクトリークリエイトナイトは両手から風を放出し、その風で吹き飛ばし防御!!続けてギガザイドはビクトリークリエイトナイトに近づき、左手のドリルをビクトリークリエイトナイトの顔に向かって叩きつける!!
 間一髪、首を左に動かしドリルを避けるビクトリークリエイトナイト!!だが、ドリルが顔にかすり鎧の一部が吹っ飛ぶ!!
 次の瞬間、ビクトリークリエイトナイトは左手首の飾りを回して風を溜め風のドリルを形成、ギガザイドの左腕のドリルに向かって左手の風のドリルをぶつける!!すると、ギガザイドの左腕のドリルは機能不全を起こしたのか、動かなくなる!!
 ギガザイドが続けて口を開け、ビクトリークリエイトナイトに噛みつきにかかる!!
 が、ビクトリークリエイトナイトは何とかギガザイドの顔を両手で持ち、思い切り離すように押しだした!!
 さらに、ギガザイドが右足に付いたタイヤを思い切り回しビクトリークリエイトナイトにぶつける!!ビクトリークリエイトナイトは左腕でこれを受けるも大きな摩擦音が鳴り、ビクトリークリエイトナイトの左腕が赤くなる!!
 これをビクトリークリエイトナイト、左腕の飾りを思い切り回して風のドリルを再度形成、そのまま巨大化させ、思い切り吹き飛ばした!!
 だが、ギガザイドが尻尾を振り回してきた!!ビクトリークリエイトナイトはこれを右のわき腹に喰らった!!
 しかし、次の瞬間、ビクトリークリエイトナイトはこの尻尾を右腕で掴み、右手首の飾りを回し、風を生み、右腕にも力を込めた!!
 バキッ!!
 ビクトリークリエイトナイトの右腕元、ギガザイドの尻尾から何かが折れた音がした!!
 そして、ギガザイドの尻尾の、ビクトリークリエイトナイトの持っていた部分あたりから宙ぶらりんになる!!ギガザイドがあわてて体を反時計回りに回し、ビクトリークリエイトナイトから尻尾を引き抜いた!!
 ギガザイドがそのまま一旦引き時計回りに回ってビクトリークリエイトナイトの方を見ると、少し前上の方に飛んで上の方からビクトリークリエイトナイトに向かって勢いを着けつつ突進、右手の杭打機をビクトリークリエイトナイトに打ち付ける!!
 右腕で防御するビクトリークリエイトナイト、だが防御した右腕の鎧が杭打機で砕ける!!
 一方、ビクトリーデストロイウォーリアーの殴り掛かりにも動じず噛みつき続けるギガトメラ!!
 だが、ここでビクトリーデストロイウォーリアーがギガトメラを掴み、飛ぶ!!
 対して、ビクトリークリエイトナイトが左手首の飾りを最大まで回し、風のドリルを作る!!そして、動けないながら風のドリルをまとった左拳でギガザイドに殴り掛かる!!
 ギガザイドこれを・・・受けない!!後ろにさがって避けた!!
 ビクトリークリエイトナイトの攻撃が空ぶる!!と思った次の瞬間、
 ドガッ!!
 ギガザイドが背後からギガトメラをぶち当てられた!!
 何が起きたのか、よく見てみるといつの間にかビクトリーデストロイウォーリアーがギガザイドの背後にいた、
 そうか、ビクトリーデストロイウォーリアーがいつの間にかギガトメラを引っ張ってギガザイドの背後まで飛んできていて、その引っ張って来ていたギガトメラをギガザイドの背後からぶち当てたんだな!!
 ビクトリークリエイトナイトが攻撃したのは後ろから来るビクトリーデストロイウォーリアーとギガトメラの事を気付かせないために気をそらすためか!!
 そのまま左足の魔方陣が消えるビクトリークリエイトナイト!!
 ぶつかり、動きの止まっているギガザイドとギガトメラ!!がすぐに動き出した!!
 次の瞬間、ビクトリークリエイトナイトが上に飛び、上からギガザイドに向かってタックル!!ギガザイド、これをまともに受けるもなんとか耐えていく!!
 ギガトメラがビクトリークリエイトナイトがギガザイドにタックルしているのを見、あわてて体にまとった魔方陣を速く飛ばし、ビクトリークリエイトナイトを捕まえようとする!!
 しかし、今度は自身の尾っぽをビクトリーデストロイウォーリアーに掴まれた!!
 そのままぐるぐる回されるギガトメラ!!いくら針の付いた尻尾とはいえ、掴まれて自由に動かせないのでは意味がない!!振り回されてるせいか、せっかく飛ばした魔方陣も消え去った!!
 対して、ビクトリークリエイトナイトのタックルに耐えていたギガザイド、しかし、ビクトリークリエイトナイトは一旦引いた後、背中の翼を大きく回して推進力を上げて再度突進!!、ギガザイドを地上に向かって叩き落す!!
 一方のビクトリーデストロイウォーリアー、ギガトメラぐるぐる回した後上に振り上げ、地上に落ちていくギガザイドに向かって思い切りたたきつけ投げた!!
 そのまま地上に叩き付けられ、動かなくなるギガトメラとギガザイド!!
 そして、その真上にビクトリーデストロイウォーリアーとビクトリークリエイトナイトが迫る!!
 ビクトリーデストロイウォーリアーは右手に、ビクトリークリエイトナイトは右手の光を左手に移し、そのまま左手に、
 それぞれ闇と雷、光と風を最大限に集め、それぞれの右手と左手を握って右拳と左拳とし、上空から思い切り速度を出してギガトメラとギガザイドを右拳と左拳で殴りにかかる!!
 気付き、あわてて動こうとするギガトメラとギガザイドだが、
 ギガザイドはギガトメラの体が邪魔をして、ギガトメラは振り回されたせいか目を回してろくに動けず、そのままビクトリーデストロイウォーリアーとビクトリークリエイトナイトの上空からの拳の一撃を受けた!!
 その一撃はギガザイドはギガトメラのみならず、その下の地面をも衝撃で真っ二つに割る!!
 当然、ギガザイドとギガトメラはそれぞれ、黒色と白色に爆発、闇と光に返った!!
 さぁ行くぜ!!俺と創造は思い切り右手を前に出す!!
 「俺はお前らの勝利を破壊する!!
  ビクトリーデストロイウォーリアーの効果を発動!!
  ビクトリーデストロイ!!」
 「いくぞ!!勝利をクリエイト!!
  ビクトリークリエイトナイトの効果を発動!!
  ビクトリークリエイト!!」
 
名前:ビクトリーデストロイウォーリアー
種類:DM デストロイヤー
コスト:4 パワー:4000
召喚効果・チャージデストロイ1
   発動条件:このデストロイヤーを召喚した時
        相手のチャージゾーンにカードが1枚以上存在している時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
   相手のチャージゾーンにあるカード1枚を相手のトラッシュに送る
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このデストロイヤーが戦闘で相手の
        モンスター、クリエイター、デストロイヤー
        いずれかに勝利した時
        相手のライフカードが0枚以下だった時
効果:このカードバトルに勝利する

名前:ビクトリークリエイトナイト
種類:CM クリエイター
コスト:4 パワー:4000
召喚効果・チャージクリエイト1
   発動条件:このクリエイターを召喚した時
        自分のトラッシュにカードが1枚以上存在している時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
   自分のトラッシュあるカード1枚を裏側表示で自分のチャージゾーンに置く
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このクリエイターが戦闘で相手の
        モンスター、クリエイター、デストロイヤー
        いずれかに勝利した時
        相手のライフカードが0枚以下だった時
効果:このカードバトルに勝利する
 
 ビクトリーデストロイウォーリアーとビクトリークリエイトナイトがディクラインとシィーデネストの方に飛び、
 ディクラインとシィーデネストの前に降り立つと、
 ビクトリーデストロイウォーリアーが右手を握り、ビクトリークリエイトナイトが左手を握り、
 ビクトリーデストロイウォーリアーが右手に電撃を溜め、ビクトリークリエイトナイトが左手に風を溜め、
 ビクトリーデストロイウォーリアーが右手に溜めた電気を思い切り放電させながら、ビクトリークリエイトナイトが左手に溜めた風をドリル状にして、
 それぞれ、ディクラインとシィーデネストに叩き
 次の瞬間、俺の視界は闇と光に包まれ、背中ににぶい衝撃が走った!!
 
WカードCVSD12話 バトル!!創造者VS破壊者
終了!!
WカードCVSD13話 にぶい衝撃が走り、に続く!!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Wカード CVSD 12話/14 バトル!!創造者VS破壊者 カードゲームライトノベル Wカード

カードゲームライトノベル Wカード クリエイターVSデストロイヤー
12話 バトル!!創造者VS破壊者14

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

カード紹介コーナーCVSD 第12回
ビクトリーデストロイウォーリアー
 
 破壊 双我(以下 双我)「よぉし!!それじゃあ行くぜぇ!!」
 双輝 創造(以下 創造)「いつになく気合が入ってるな・・・」
 空相 遠果(以下 遠果)「すごい気合だね!!」
 双我「早速、カードを紹介したいところだが、まずは注意事項だ!!
    このコーナーのキャラクターは本編と一切関係ない!!
    あらかじめ了承しておけよ!!」
 創造「まぁ、勝った勢いで言うべきことをすっぽかさなかったことは誉めてやろう」
 遠果「やっぱり、意気が違うよね!!」
 双我「へっ!!当たり前だろ!!勝ちたかった相手にようやく勝ったんだ、勢いが出ないと嘘になる!!」
 創造「僕の時は初回だったから、色々言わなきゃならないこともあって、
    あんまり勢い出せなかったんだけど・・・」
 遠果「でも、勢いがあっても、
    今の本編の流れ切ってこのコーナーを入れるっていうのもなんかねぇ」
 双我「はん!!今の本編の流れに負けないぐらい熱い紹介をしてやるぜ!!
    というわけで、今日紹介するカードはこれだ!!」
 
名前:ビクトリーデストロイウォーリアー
種類:DM デストロイヤー
コスト:4 パワー:4000
召喚効果・チャージデストロイ1
   発動条件:このデストロイヤーを召喚した時
        相手のチャージゾーンにカードが1枚以上存在している時
   コスト:無し 発動後:カードの在り方に変更無し
   相手のチャージゾーンにあるカード1枚を相手のトラッシュに送る
効果の発動タイミング:戦闘後
効果の発動条件:このデストロイヤーが戦闘で相手の
        モンスター、クリエイター、デストロイヤー
        いずれかに勝利した時
        相手のライフカードが0枚以下だった時
効果:このカードバトルに勝利する
カテゴリ1:デモンウォーリアーズ カテゴリ2:勝利
テキスト:敵の勝利を破壊する黒き戦士!!破壊の力は我らの勝利のために!!

 双我「コスト4のデストロイヤー、
    チャージゾーンのカード4枚は痛いが、パワー4000、更に召喚効果・チャージデストロイ1もある!!」
 創造「このチャージデストロイ1で相手のチャージゾーンのカードをトラッシュに送れる、
    相手のチャージゾーンのカードを直接トラッシュに遅れる例は少ないから、
    使い方次第でかなり強力になるだろうな」
 遠果「でも、どういう風に使うの?」
 双我「相手のチャージゾーンにカードが1枚以上あればいいから、このカードを召喚するだけで大抵チャージデストロイ1は発動出来るぜ!!
    具体的な使い方としては相手がよく使うカードを潰すのはもとより、
    このターン、チャージゾーンに置かれたばかりのカードをトラッシュに送って不確定要素を無くす、
    チャージゾーンにある、相手の後続をトラッシュに送る、
    とかいう使い方もできるぜ!!」
 創造「この効果を使えば、クリエイターを召喚するためにカードも溜められるが、
    ま、割りには合わないな」
 双我「それは仕方ないぜ!!
    だが、相手がクリエイターを同時に召喚して来たら・・・」
 創造「コスト相殺でコストが軽減される、だろ?
    しかし、それは向こうも同じことだ」
 遠果「それじゃあ、オープンの時に召喚するのがいいってこと?」
 双我「いいや、そうとも限らないぜ!!」
 創造「ビクトリークリエイトナイトにもいえることだが、
    3番やに召喚して召喚効果を積極的に狙った上、相手がうかつに召喚できないような壁にする、という手も使えるな」
 双我「コストで表にした時の召喚なら、
    相手がある程度カードを使っていて、カードの情報を収集でき、そのおかげでカードも選びやすいくなってるかもからな!!」
 創造「まぁ、召喚しやすいとは言いづらいけどね・・・」
 遠果「なるほど!!2人とも、ありがとう!!」
 双我「いいってことさ!!」
 創造「当然のことをしたまでさ!!」
 双我「ってわけで、そろそろこれぐらいでいいか!!」
 創造「うん!!それじゃあ」
 双我「改めて、WカードCVSD13話にぶい衝撃が走り、に、続く!!」
 創造「改めて、WカードCVSD13話にぶい衝撃が走り、に、続く!!」
 遠果「次回をお楽しみにっ!!この流れは止まらない!!勝利を・・・」
 双我「この流れは止めさせないっ!!必ず、勝利して見せる!!」
 創造「この流れは止めさせないっ!!必ず、勝利して見せる!!」
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――